epohedimg005

EPO九州 メールマガジン 「えぽねっと九州」vol.臨時号

■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■
EPO九州 メールマガジン 「えぽねっと九州」vol.臨時号

2013年6月18日発行
発行:九州環境パートナーシップオフィス EPO九州
URL:http://epo-kyushu.jp  E-mail:
協力:環境省 九州地方環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/
■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■

※ 本メールマガジンはEPO九州と情報交換等をさせて頂いた方々に送ら
 せて頂いております。
※本メールマガジンはBCCにて配信いたしております。
※今後、EPO九州からの配信が不要の方は、本メールの末尾のご案内を
お読みください。

------------------------------------------------------------------------------------------------
【EPO九州より】
□今回は環境月間臨時号として、直近のイベントをご案内いたします。
本日より熊本市国際交流会館では、環境月間パネル展を開催中。
今週末は「6月は環境月間!くまモンとエコまナビ環境学習会」も開催いたします。
ぜひ足を運んでみてくださいね!

□全国の環境情報が掲載されているサイト「環境らしんばん」(http://www.geoc.jp/rashinban/)!
イベントや助成金、公募情報などなど、様々な情報が入手できます。
こちらもぜひチェックしてみてください!

□仙台にオフィスがあるEPO東北では、「3.11 あの時」と題し、東日本大震災後、
環境活動に携わってきた方々へのインタビューを続けられています。このたび、
2012年度版冊子「3.11 あの時stage 2012~そしてこれから~」を発行されました。
あれから2年。九州に住む私たちが東北から学ぶことはたくさんあります。EPO九州
にも冊子を置かせていただいております。ぜひお問い合わせくださいませ。
EPO東北HP→http://www.epo-tohoku.jp
「3.11あの時stage2012」PDFデータ
http://www.epo-tohoku.jp/3.11/index.html


□Facebook EPO九州ページにて情報発信中!
EPO九州のFacebookページ(http://www.facebook.com/epokyushu
では、EPO九州の日々のできごとやみなさまからのお知らせを発信
しています。


【もくじ】
■EPO九州からのご案内
□6月は環境月間!エコまナビ環境学習会(熊本)

■九州地方環境事務所からのご案内
□「平成25年度 環境白書を読む会」(鹿児島)の開催について
□「地球温暖化防止とサンゴ礁保全に関する国際会議」(沖縄)の開催について


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃EPO九州からのご案内
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□6月は環境月間!くまモンとエコまナビ環境学習会!!
6月は環境月間です。環境について学びを深めてみませんか?くまモンと一緒に
楽しいワークショップに参加して、環境について理解を深めませんか?また、同時
開催のパネル展を通して、身近なエコに取り組む地域の政策について学んでみま
しょう!皆様のご参加、お待ちしております。
【ワークショップ】
■日時:平成25年6月22日(土) 13:30~15:30
■場所:熊本市国際交流会館 2階 交流ラウンジ
( 熊本県熊本市中央区花畑町4番18号 2階)
■対象:環境に関心のある小学生以上の方 40名程度(親子での参加も可)
■主催:環境省九州地方環境事務所、九州環境パートナーシップオフィスEPO九州 
■共催:熊本県、熊本市、熊本市国際交流振興事業団
■協力:熊本県環境センター、熊本市環境総合センター
■プログラム内容
13:30~ 九州地方環境事務所挨拶
13:35~ 阿蘇の草原 ぬりえ・絵画コンクール表彰式
14:00~  まるわかり環境学習会
・押し花のしおりづくり
・紫外線とUVビーズづくり
15:15~ まとめ「エコなくらしづくりに大切なこと」
15:30   終了

【パネル展】
〇熊本会場
■日時:平成25年6月18日(火)~30日(日) 
■場所:熊本市国際交流会館1階ロビー
(熊本県熊本市中央区花畑町4番18号 2階)
■展示内容
・阿蘇の草原 ぬりえ・絵画コンクール入賞作品
・荒尾干潟デジタル写真コンクール入賞作品
・環境省/熊本県/熊本市の取組む環境政策について、ほか



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃九州地方環境事務所からのご案内
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□「平成25年度 環境白書を読む会」(鹿児島会場)を開催します!
平成25年6月4日、「平成25年版環境・循環型社会・生物多様性白書」の閣議決定
がなされ、国会に提出されました。今回の白書は、「真に豊かな社会を子供達へ 
~震災復興の中でともに考える持続可能な未来~」をテーマとし、グリーン復興など
の東日本大震災からの復旧・復興の取組に加え、持続可能で真に豊かな社会の
構築のための低炭素社会・自然共生社会・循環型社会、グリーン経済を目指した取組
を記述しています。環境省では、環境・循環型社会・生物多様性白書の内容について、
広く国民の皆様に知っていただくため、白書編集担当者が直接解説する「白書を読む会」
を毎年開催しており、本年も全国8カ所において開催します。
九州地域については、鹿児島市において以下の日程で開催します。
■日時:平成25年7月10日(水)18:00~20:00(受付開始 17:30~)
■会場:かごしま県民交流センター 大研修室 第1(東棟3F)
鹿児島県鹿児島市山下町14-50   TEL: 099-221-6640
■定員:60名(入場無料・先着順)
■議題・参加申し込みについて  詳しくは、こちらをご覧下さい。
http://kyushu.env.go.jp/pre_2013/0614a.html
■問い合わせ先:九州地方環境事務所 環境対策課(担当:足立)
TEL:096-214-0332  FAX:096-214-0349
E-Mail:
URL:http://kyushu.env.go.jp/



□地球温暖化防止とサンゴ礁保全に関する国際会議の開催について
地球温暖化や生物多様性・生態系サービス(自然の恵み)の喪失といった問題について、
島しょ地域においては環境収容力が小さく、被害も顕著となるた め、特有の取組が必要
とされます。こうした独特の島しょ生態系を有する地域として、沖縄県内の先進的事例を
紹介しながら、温暖化防止やサンゴ礁保全への対応についての国際的な動向を踏まえ
つつ、環境と共生した持続可能なシマの社会のあるべき姿を検討し世界に発信していく
ために、国際会議を開催します。
■日時:6月29日(土)13:00~17:00、30日(日)8:30~15:00
■場所:沖縄科学技術大学院大学(OIST)(〒904-0495 沖縄県国頭郡恩納村字谷茶1919-1)
■主催:環境省、沖縄県
■共催:沖縄科学技術大学院大学、琉球大学
■協賛:(株)イーエーシー、イオン琉球(株)、いであ(株)、(有)沖縄環 境地域コンサルタント、
(株)沖縄環境保全研究所、一般財団法人沖縄観光コンベンションビューロー、沖縄県衣類
縫製品工業組合、一般財団法人沖縄県環境科 学センター、沖縄県生コンクリート工業組合、
 (株)沖縄チャンドラー、沖縄電力(株)、オリオンビール(株)、(株)建設技術研究所沖縄支社、
(株)南西環境研究所、日本工営(株)沖縄事務所、 (株)パスコ 沖縄支店、八千代エンジ
ニヤリング(株)沖縄事務所
■後援:NHK沖縄放送局、(株)エフエム沖縄、(株)沖縄タイムス社、沖縄テレビ放送(株)、
 宮古新報(株)、(株)宮古毎日新聞社、
(株)八重山日報社、(株)八重山毎日新聞、 (株)ラジオ沖縄、琉球朝日放送(株)、
(株)琉球新報社、琉球放送(株)
■プログラム
(1) 6月29日(土):一般向けシンポジウム(会場:OIST講堂)(敬称略)
○挨拶等
石原 伸晃(環境大臣)
仲井眞 弘多(沖縄県知事)
ジョナサン・ドーファン(沖縄科学技術大学院大学学長)
○基調講演(ラジェンドラ・パチャウリ(IPCC議長))
○パネルディスカッション
 司会:涌井 史郎(東京都市大学環境情報学部教授)
パネリスト:アンドリュー・スキート(オーストラリア・グレートバリアリーフ海洋公園局部長)
エルブエル・サダン(パラオ共和国・官房長官/環境保護協会理事)
大城 肇(琉球大学学長)
開 梨香(NPO法人日本エコツーリズム協会理事)
マリヤム・シャキーラ(モルディブ・環境エネルギー大臣)
(2) 6月30日(日):専門家による分科会、総括
○分科会
以下の4テーマについて、それぞれ5名程度の専門家から取り組み内容等について御発
表頂き、議論します。
パート1
[1]サンゴ礁保全(会場:セミナールームC209)
[2]沖縄、島しょ地域における温暖化対策(会場:セミナールームC210)
パート2
[3]沖縄、島しょ地域におけるエコツーリズム(会場:セミナールームC209)
[4]温暖化影響への適応(会場:セミナールームC210)
○サイドイベント 持続可能な島しょに向けた気候変動及び災害リスク軽減のための自然を
基礎とする対策
○各分科会からの報告、議長総括、閉会
■参加申込みについて
6月29日及び30日とも一般公開で行います。日・英の同時通訳が入ります。参加にあたっては、
事前申込みが必要です。下記申込み先に必要事項をお送りください。ホームページには会議の
詳細に係る情報や、29日公開シンポジウムを撮影した動画へのリンクについても順次 掲載する
予定です。
○地球温暖化防止とサンゴ礁の保全に関する国際会議専用ホームページ
    http://www.env.go.jp/nature/biodic/coralreefs/iccccrc2013/
■申込要領
・E-mail又はFAXでお申込みください(電話でのお申込みはご遠慮ください)。
・お申込みの際には、表題に「地球温暖化防止とサンゴ礁の保全に関する国際会議参加申込み」
と明記 し、[1]氏名
(日本語及びローマ字表記)、[2]所属、[3]住所、[4]電話番号、[5]メールアドレス又はFAX番号、
[6]参加希望日程(29日 のみ、
30日のみ又は両日 ※30日に参加希望の場合は参加予定の分科会番号も含む)、[7]交通手段
(借り上げバス、空港リムジンバス、
自家用車、徒 歩・自転車)を記載願います(いずれか記載がない場合、受け付けできないことがあり
ます)。なお、複数名のお申込みの
場合も、お一人ずつお申込みくださ い。
・申込締切は、平成25年6月24日(月)17時必着です。
・こちらからの返信を傍聴券といたしますので、当日必ずお持ちくださるようお願いいたします。(電子
メールでお申込みいただいた方は、
こちらからの返信を印刷のうえ御持参ください。) また、当日は身分証明書の提示をお願いします。
・借り上げバスについては、29日に沖縄県庁(沖縄県議会前~県民広場前)11:20発 →OIST12:30着、
OIST17:30発→沖縄県庁18:40着、30日に沖縄県庁6:50発→OIST8:00着、OIST15:30発→沖縄県庁16:40着
という時刻で運行予定です。
乗車可能人数に限りがありますので、御利用頂ける方についてはその旨を傍聴券に記載します。
・金属探知機及び荷物検査についてご協力を御願いすることがあります。また、傘及びペットボトル、刃物等に
ついても持ち込みができない場合があります。






----------------------------------------------------------------
当メルマガへの登録は、
http://www.epo-kyushu.jp/pc/content/view/13/28/
のフォーム(リンク)からどうぞ。
----------------------------------------------------------------
環境パートナーシップに関するご質問、当メルマガへのご意見、ご感想
などがございましたらまでどうぞ!
----------------------------------------------------------------
配信停止・配信先変更をご希望の方はまでご連絡
下さい。
----------------------------------------------------------------

【発行】
九州環境パートナーシップオフィス EPO九州
〒860-0806 熊本市中央区花畑町4-8 熊本市国際交流会館2F
http://epo-kyushu.jp
E-mail:
TEL:096-312-1884  FAX:096-312-1894
開館日 火~土曜日(10:00~19:00)
休業日 日・月曜日、祝日、年末年始。熊本市国際交流会館休館日。

※九州環境パートナーシップオフィス EPO九州は、平成23年度環境省
請負業務に基づき、NPO法人環境ネットワークくまもと
http://www.kankuma.jp)が運営しています。


【リンク】
九州地方環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/

那覇自然環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/naha/

国立公園 http://www.env.go.jp/park/

地球環境基金の情報館 http://www.erca.go.jp/jfge/index.html

地球環境パートナーシッププラザ http://www.geoc.jp/

環境らしんばん http://www.geoc.jp/rashinban/

Default Image
2020年07月31日

九州・沖縄各県の環境政策情報(7月下旬)…

令和2年7月上旬の九州、沖縄各県の環境に関する行政情報を掲載しています。 ぜひ御覧ください。 ★ご注意 ※詳細はリンク先を必ずご確認ください。 ※公開が終了している場合があります。…
2020年07月31日

環境省…

環境省による、使用済製品や有用金属等を国内で効率良く回収、リユース・リサイクルするための情報プラット…
2020年07月31日

環境省…

環境省による「気候変動×デジタル」プロジェクト検討結果が取りまとめられ公表されました。…
2020年07月31日

【8/26開催】環境省…

環境省は、「新・湯治」に賛同いただける方を「チーム 新・湯治」としてネットワーク化する取組を行ってい…
2020年07月31日

【後日資料公開】第13回 国立…

環境省が推進する「国立公園満喫プロジェクト」にあたり、有識者会議が予定されています。…