epohedimg005

EPO九州 メールマガジン 「えぽねっと九州」vol.210, Thu Feb 18 2021

九州・沖縄のタイムリーな環境情報をお届けする

「EPOねっと九州」vol.210


□□EPO九州から

全国ユース環境活動発表大会をご存知ですか?

持続可能な社会の実現(地域循環共生圏(ローカルSDGs))の構築に向けた環境活動を行う高校生に対し、相互交流や実践発表の機会を提供することで、活動の更なる充実を支援することを目的として環境再生保全機構が実施している大会です。
先日行われた全国大会では、全国8地方大会の審査を経選抜された高校生がその取組を発表しました。

速報として、 第6回 全国ユース環境活動発表大会の受賞学校が公表。九州・沖縄地域からの進出学校について、下記の通り表彰内容が報告されています。
受賞された皆様、おめでとうございます。

九州・沖縄地域でも、ユースの環境活動やSDGsへの取り組みが進んでいることを、とても頼もしく感じます。


【環境再生保全機構理事長賞】
長崎県立諫早農業高等学校 食品科学部


【優秀賞】
福岡県立伝習館高等学校 自然科学部


【情報公開中】第6回 全国ユース環境活動発表大会
https://youth-eapc.net/



それでは第210号を御覧ください。





【目次】

□□EPO九州から

□□環境パートナーシップ情報

□□助成金に関する情報

□□持続可能な開発のための教育(ESD)に関する情報

 □地域ESD拠点情報

 □資料公開

 □開催・募集


□□新型コロナウイルス感染症に関する情報


□□地域循環共生圏推進の取組み

 ◎まずはここから!地域循環共生圏

 □関連セミナー等

 □資料提供等

 □関連公募等


□□環境省・九州地方環境事務所からのご案内

 □情報の提供

 □開催等

 □公募・募集等










┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃EPO九州・ESD活動支援センターからのお知らせ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■「魚町銀天街 SDGs cafe online」開催

SDGs商店街として積極的に活動を行う、北九州市の魚町銀天街による、オンラインカフェが令和3年2月4日から9日までの6日間、毎日配信され、ライブトークやワークショップなど多彩なプログラムが提供されます。

ライブトークゲストとしてEPO九州コーディネーターが2月5日(金)出演。バックナンバーとして動画公開中です。

https://uomachi.or.jp/event/entry-369.html
_______________________________________________________

■【資料公開】GEOC『地域の力をつないで持続可能な社会をつくる』

EPO(環境パートナーシップオフィス)は全国8箇所のネットワークにて活動を行っています。
地域循環共生圏の創造に向け、EPOは地域のステークホルダーと協働し、取組モデルの形成を支援してきました。
今回、地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)は、各地方EPOとGEOCの機能や支援プロジェクトをまとめた冊子『地域の力をつないで持続可能な社会をつくる』を作成し公開しました。

EPO九州による地域での事例として「災害時に活きるネットワーク地域をつなぐビジターセンターの連携~」として、雲仙諏訪の池VC大向様からのコメントを含め、各ビジターセンターのみなさまとEPO九州とのネットワーク事例を掲載しております。
その他、地域循環共生圏構築に繋がる全国各地の事例についても掲載されておりますので、ご覧いただけますと幸いです。

https://epo-kyushu.jp/epo-topix/environment-partnership-2/2126-geoc-2.html
_______________________________________________________

■新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う対応について(開所時間変更等)
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、九州地方環境パートナーシップオフィスが入居する熊本市国際交流会館では、2階フロアの利用が制限されています。この措置に伴い、九州地方環境パートナーシップオフィス及び九州地方ESD活動支援センターの業務時間を9:00-18:00といたします。何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

☆状況によって変更の場合もございますので、下記リンクにて最新の情報をお知らせしています。
https://epo-kyushu.jp/epo-topix/news-of-epo-kyushu/1538-2020-04-24-01-36-39.html
_______________________________________________________

■九州・沖縄各県の環境政策情報(2月上旬)

近日の九州、沖縄各県の環境に関する行政情報を掲載しています。
EPO九州では2月前半の九州・沖縄各県の環境政策情報をまとめて公開しています。

九州・沖縄各県の環境政策情報(2月上旬)
https://epo-kyushu.jp/news-list/kyushu-news/2188-2021-02-17-10-07-00.html


★ご留意ください
※詳細はリンク先を必ずご確認ください。
※公開が終了している場合があります。
※表示順、日程は前後する場合があります。
※各県の情報はEPO九州で選択したものを公開しています。






┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃環境パートナーシップ情報
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■【結果公表】「持続可能な社会づくり活動表彰」2020年度受賞団体の公表

公益社団法人 環境生活文化機構は、地域社会・国際社会への貢献、資源循環、環境教育及び生物多様性保全活動等、豊かな環境を引き継ぐため、環境、経済、社会が一体となった持続可能な社会づくりに資する活動を行う企業・団体を表彰する「持続可能な社会づくり活動表彰」を実施しています。
2020年度の受賞団体として、佐賀県の特定非営利活動法人伊万里はちがめプランを始め、各賞の受賞活動が公表されています。

https://epo-kyushu.jp/news-list/related-news/2180-2020-5.html
_______________________________________________________

■【2/27開催】GEOC 森里川海トークセッション「自給自足×コミュニティで考えるサステナブルな住み方」

GEOC(地球環境パートナーシッププラザ)は、環境省の「つなげよう、支えよう森里川海プロジェクト」の一環として、トークセッションを年7回開催しています。
セッションの第5回として、2/27(土)「これからの住み方」を考えるオンラインイベントが開催されます。
現在、参加者が募集されています。※ZOOM&Youtubeにて参加可能

https://epo-kyushu.jp/news-list/related-news/2179-2-27-geoc.html
_______________________________________________________

■【3/13開催】「日本自然保護大賞2021」授賞記念シンポジウム

自然保護と生物多様性保全に貢献した、個人と団体、企業、自治体等を表彰する「日本自然保護大賞の各表彰、入選者が決定の授賞を決定、2021年3月13日(土)に「授賞記念シンポジウム」がオンライン開催されます。
シンポジウムの模様は、YouTube ライブで配信され申込みは不要です。
九州地域から保護実践部門大賞を熊本県の吉崎和美さん、特別賞を長崎県諫早農業高等学校食品科学部が受賞されています。
また、入選者として筑後川まるごと博物館運営委員会(福岡県)、熊本県が選定されています。

https://epo-kyushu.jp/news-list/related-news/2172-3-13-2021.html




┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃助成金に関する情報
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■【2/24締切】令和3年度 ユネスコ活動費補助金(SDGs達成の担い手育成(ESD)推進事業)の公募

https://kyushu.esdcenter.jp/2021/02/05/r3_unescokatsudou_hojo/
_______________________________________________________

■【2/26締切】公益信託地球環境日本基金 2021年度の募集

一般財団法人 地球人間環境フォーラムは、運営協力を行う公益信託地球環境日本基金の2021年度の募集について、下記の通り公表しています。地球環境保全を目的に、開発途上地域において実施されるさまざまな活動を支援するために設立された公益信託として、幅広い活動に資金助成を行うものです。

https://epo-kyushu.jp/news-list/grant-recruitment/2174-2-26-2021.html





┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃持続可能な開発のための教育(ESD)に関する情報
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

□地域ESD拠点 関連情報

■再春館「一本の木」財団キッズクラブメンバー募集

地域ESD拠点にご登録いただいております、再春館「一本の木」財団による、キッズクラブメンバーの募集が行われています。
このクラブは1年間を通して熊本の自然にふれあいながら学ぶことで、自然や生き物を愛し感謝する気持ちを育む活動を行っています。。

【募集期間】令和3年2月15日(月)~令和3年3月31日(水)
【募集人数】14名
 ※定員を超える申込みがあった場合は4月1日(木)に抽選を行い、ご連絡させて頂きます。
【申込み方法】財団ホームページにある専用フォームより申込み。もしくは申込用紙の郵送。
【お問合せ先】

https://ipponnoki.jp/kids-club/
_______________________________________________________

■【オンライン講座】第20期国際協力NGOカレッジ「SDGsと私たちの生活」

地域ESD拠点にご登録いただいておりますNGO福岡ネットワークによる連続オンライン講座が実施されています。
新しいNGOカレッジにぜひご参加ください。

https://sento-funn-online4.peatix.com/?fbclid=IwAR0a1tfz6e-cyE9_coPHlzXdmatY85OHYMsu0UkkHiSGzXtndaqGaH1-88k
_______________________________________________________

■鹿島市「ラムサール条約登録5周年記念シンポジウム~有明海から環境を考える~」のYoutube動画公開中

地域ESD拠点にご登録いただいております、鹿島市ラムサール条約推進室によるシンポジウムが開催され、その模様がYoutube公開されています。

肥前鹿島干潟がラムサール条約に登録されて、5周年の節目の年に当たることから、その集大成のシンポジウムとして、佐賀大学による有明海海域環境調査の研究、有明海のカモの種類と数の一斉調査、カモによる海苔の被害調査の結果を報告されています。

https://www.city.saga-kashima.lg.jp/main/21958.html

_______________________________________________________

■地域ESD活動推進拠点(地域ESD拠点)登録について

地域や社会の課題解決に関する学びや活動に取り組んでいらっしゃる学校現場・社会教育の現場等の皆様へ、ESDを支援・推進する団体として、「地域ESD活動推進拠点(以下「地域 ESD拠点」)のご登録を募っております。
ご関心をお持ちの方、まずは下記へご連絡ください。

〈お問合せ〉九州地方ESD活動支援センター
TEL:096-223-7422 FAX:096-312-1894
E-mail:
(〒860-0806 熊本市中央区花畑町4-18 熊本市国際交流会館2F EPO九州内 )



□ESD資料公開

■【資料掲載】菊地南中学校 ESD実践研究発表資料の公開(教育課程研究指定校)

熊本県の菊池市立菊地南中学校は、国立教育政策研究所の実施する「教育課程研究指定校事業」の指定を受け、令和元年度・2年度に渡り、ESDの実践研究を行っています。
その研究成果が先日研究協議会で発表され、現在同校Webサイトにて資料掲載されています。
研究主題や推進体制、取り組みの詳細について紹介されており、学校として、また学校と連携してESDの推進に取り組まれる皆さんのご参考となる資料となっておりますので、ぜひ御覧ください。

https://kyushu.esdcenter.jp/2021/02/05/kikuchiminami_jhs_esd_r1_r2/
_______________________________________________________

■ユネスコ「持続可能な開発目標のための教育-学習目標-」(日本語版資料)の公開

https://kyushu.esdcenter.jp/2020/10/09/unesuko_esd_sdgs_learningobjectives/
_______________________________________________________

■環境省 環境教育等促進法に基づく「体験の機会の場」の新規認定 いまり「こまなきの里山」
 ※九州から初、佐賀県からのご登録です。

https://epo-kyushu.jp/news-list/related-news/2021-2020-11-17-08-05-31.html



□ESD関連の開催・募集

■【2/24締切】令和3年度 ユネスコ活動費補助金(SDGs達成の担い手育成(ESD)推進事業)の公募

文部科学省は、ESD(持続可能な開発のための教育)を実施・支援する団体の提案を募集し、必要となる経費へ補助を行う事業の募集を開始しました。補助対象事業はカリキュラム等開発実践、教師教育の推進、教育(学習)効果の評価と普及、ユース世代の活動の推進となっています。

https://kyushu.esdcenter.jp/2021/02/05/r3_unescokatsudou_hojo/
_______________________________________________________

■【2/26開催】第52回全国小中学校環境教育研究大会(東京大会)
       第56回東京都小中学校環境教育研究発表会

全国小中学校環境教育研究会による第52回となる研究大会、そして第56回となる東京都小中学校環境教育発表会が開催されます。
研究主題を『21世紀「環境の世紀」の提言』として、令和3年2月26日(金)にオンライン開催されます。
講演には国谷裕子氏を招き、福岡県の曽根東小学校の誌上発表など事例紹介も予定されています。
※研究紀要代として参加費用がかかります。
九州、沖縄地域の教育関係者のみなさま、ぜひご参加ください。

https://kyushu.esdcenter.jp/2021/01/20/kankyokyoiku_online_20210226/
_______________________________________________________

■【3/2締切】持続可能な開発のための教育(ESD)に関する2021年ユネスコ/日本ESD賞の公募

「ユネスコ/日本ESD賞」は、2014年に創設され、ESD for 2030の枠組みの中機関又は団体が実施する優れたESD事業を表彰するものです。※2020年-2025年の6年間は隔年で実施されています。
日本政府の支援を得て、3件の受賞機関又は団体には各50,000USドルが贈られる公募となっています。
選考基準、申請要件をご参考に、令和3年3月2日(火曜日)12時正午までにお申し込みください。

https://kyushu.esdcenter.jp/2021/02/13/2021unesco_japan_esd/
_______________________________________________________

■【3/13開催】「日本自然保護大賞2021」授賞記念シンポジウム(YoutubeLive)

自然保護と生物多様性保全に貢献した、個人と団体、企業、自治体等を表彰する「日本自然保護大賞の各表彰、入選者が決定の授賞を決定、2021年3月13日(土)に「授賞記念シンポジウム」がオンライン開催されます。
シンポジウムの模様は、YouTube ライブで配信され申込みは不要です。
九州地域から保護実践部門大賞を熊本県の吉崎和美さん、特別賞を長崎県諫早農業高等学校食品科学部が受賞されています。
また、入選者として筑後川まるごと博物館運営委員会(福岡県)、熊本県が選定されています。

https://kyushu.esdcenter.jp/2021/02/02/nacsj_award2021/






┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃新型コロナウイルス感染症に関する情報
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■環境省 新型コロナウイルスに関連した感染症対策

環境省ホームページでは、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、同感染症への対応に係る情報発信の重点化を行っております。
環境省関連の対応状況取りまとめ情報の他、事業者向け情報、国立公園・国民公園等における取組等が紹介されています。ぜひ御覧ください。

https://epo-kyushu.jp/news-list/related-news/1548-2020-04-24-09-46-18.html
________________________________________________________

■文部科学省 学校・子供応援サポーター人材バンクの開設について

文部科学省では、学校再開後、各地域において、学校をサポートしていただける人材が必要となる機会も多くなるため、教育委員会等が必要な人材をすぐに探すことができるよう、人材バンクを開設しました。
休校明けの学校は、子供たちの学習指導や心のケア、感染症対策等、沢山の大人たちのサポートが必要になります。
この人材バンク登録には教育免許は不要で、退職教員、教員免許取得を目指す方、大学生、塾講師、NPOなどの教育関係者だけでなく、ICTサポートや事務作業、消毒サポートなど幅広い人材が募集されています。

https://kyushu.esdcenter.jp/2020/06/11/mext_covic19_jinzaibank/





┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃地域循環共生圏推進の取組み
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◎まずはここから!地域循環共生圏

□地域循環共生圏について
環境省は、2018年4月に閣議決定した第五次環境基本計画において、「SDGs」や「パリ協定」といった世界を巻き込む国際な潮流や複雑化する環境・経済・社会の課題を踏まえ、複数の課題の統合的な解決というSDGsの考え方も活用した「地域循環共生圏」を提唱しました。
「地域循環共生圏」とは、各地域が美しい自然景観等の地域資源を最大限活用しながら自立・分散型の社会を形成しつつ、地域の特性に応じて資源を補完し支え合うことにより、地域の活力が最大限に発揮されることを目指す考え方です。「地域循環共生圏」は、農山漁村も都市も活かす、我が国の地域の活力を最大限に発揮する構想であり、その創造によりSDGsやSociety5.0の実現にもつながるものです。「地域循環共生圏」の創造による持続可能な地域づくりを通じて、環境で地方を元気にするとともに、持続可能な循環共生型の社会を構築していきます。

https://epo-kyushu.jp/epo-topix/environment-partnership-2.html



■「環境省ローカルSDGs」ポータルサイト
https://epo-kyushu.jp/epo-topix/environment-partnership-2/1525-sdgs.html
________________________________________________________

■地域循環共生圏づくり プラットフォーム活動団体
http://chiikijunkan.env.go.jp/tsunagaru/chiiki_ichiran_r1/ 
________________________________________________________

■「環境省ローカルSDGs」実践地域等登録制度
http://chiikijunkan.env.go.jp/tsunagaru/
_______________________________________________________

■【機能追加】環境省ローカルSDGs公式サイト パートナー検索機能の追加
https://epo-kyushu.jp/epo-topix/environment-partnership-2/1974-sdgs-2.html
_______________________________________________________

■環境省 地域循環共生圏づくりプラットフォームにおける「企業等登録制度」
http://chiikijunkan.env.go.jp/deau/kigyo_list/






《今月の地域循環共生圏ピックアップ》

■【2/24締切】環境省 令和3年度地域循環共生圏づくりプラットフォームの構築に向けた地域循環共生圏の創造に取り組む活動団体の公募開始

環境省は、地域循環共生圏の創造に向け、主体として環境整備に一緒に取り組んでいただける団体の公募を開始しました。
全国における地域循環共生圏の創造を、強力に推進する「地域循環共生圏づくりプラットフォーム」を構築することを目的としています。
公募実施期間は令和3年1月26日(火)~同年2月24日(水)です。

https://epo-kyushu.jp/epo-topix/environment-partnership-2/2129-2-25.html





□地域循環共生圏 関連セミナー等

■【連続開催】令和2年度 SDGsローカルツアー開催

環境省は、環境課題を中心に様々な地域課題の解決に取り組みたいと考える方を対象にオンラインセミナーを連続開催します。
オンラインセミナー"SDGsローカルツアー2021"と題し、全9回で実施されます。現地会場参加のほか、オンラインにて視聴可能です。
宮崎県児湯郡をはじめ、全国各地の実践者と有識者による対談が行われます。

https://epo-kyushu.jp/epo-topix/environment-partnership-2/2187-sdgs-9.html
________________________________________________________

■【3/13開催】「令和2年度ローカルSDGsリーダー研修プログラム "migakiba(ミガキバ)" 」成果発表会(オンライン)

環境省が実施しているローカルSDGs実現に取り組むリーダー育成プログラム"migakiba(ミガキバ)"の成果発表会とトークセッションがオンラインにて行われます。
専用フォームから事前のお申込が必要です。

https://epo-kyushu.jp/news-list/related-news/2191-3-13-2-sdgs-migakiba.html



□地域循環共生圏 資料提供等

■「環境で地方を元気にする地域循環共生圏づくり 構想策定の手引き(ver.1.1)」の公開
http://chiikijunkan.env.go.jp/manabu/
________________________________________________________

■環境省 環境ビジネスの先進事例集の公開
https://epo-kyushu.jp/epo-topix/environment-partnership-2/1791-2020-07-14-04-25-42.html
________________________________________________________

■環境省 令和元年度 持続可能なローカルSDGsビジネスの先進的実例と成功のポイントの公開
https://epo-kyushu.jp/epo-topix/environment-partnership-2/1728-2020-06-27-07-12-39.html
________________________________________________________

■環境省 「気候変動時代に公的機関ができること~「再エネ100%」への挑戦~」(公的機関のための再エネ調達実践ガイド)の公表
https://epo-kyushu.jp/epo-topix/environment-partnership-2/1709-100-2.html
________________________________________________________

■「森里川海からはじめる地域づくり-地域循環共生圏構築の手引き-」Ver2.0の公開
https://epo-kyushu.jp/epo-topix/environment-partnership-2/1632-ver2-1.html
________________________________________________________

■環境省 地域循環共生圏 先進事例集2の公開
https://epo-kyushu.jp/epo-topix/environment-partnership-2/1634-2020-05-23-06-48-6.html
________________________________________________________

■「SDGsの達成に向けたパートナーシップでひらく地域づくり-ICT等の活用がもたらす新たな価値創造-」発行
https://epo-kyushu.jp/epo-topix/environment-partnership-2/1660-sdgs-ict-2.html
________________________________________________________

■事業者のための「生物多様性民間参画 事例集 」及び生物多様性・自然資本に関する 「企業情報開示のグッドプラクティス集」の公表
https://epo-kyushu.jp/epo-topix/environment-partnership-2/1658-2020-05-28-08-38-43.html
________________________________________________________

■地域循環共生圏に関するリーフレットの公開
https://epo-kyushu.jp/epo-topix/environment-partnership-2/1566-2020-05-07-00-26-8.html
________________________________________________________

■環境省 企業の脱炭素経営の促進について公開
https://epo-kyushu.jp/epo-topix/environment-partnership-2/1699-2020-06-11-03-25-49.html
________________________________________________________

■環境省 グリーン・バリューチェーンプラットフォーム
https://epo-kyushu.jp/epo-topix/environment-partnership-2/2119-2021-01-22-02-43-47.html




┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃環境省・九州地方環境事務所からのご案内
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

□開催情報

■【2/21開催】環境省 子どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル調査)「第10回エコチル調査シンポジウム」のオンライン開催

環境省及び国立環境研究所は、平成23年1月から実施している「子どもの健康と環境に関する全国調査」(エコチル調査)のこれまでの10年を振り返り、成果やその活用方法お伝えするシンポジウムを令和3年2月21日(日)にライブ配信にて開催します。

https://epo-kyushu.jp/news-list/related-news/2113-2-21-10.html
________________________________________________________

■【Web開催】環境省 令和2年度ニホンジカ・イノシシ保護及び管理に関する検討会(第2回)の開催

環境省は、都道府県における特定計画の作成及び実施に技術的な支援を行うため、ニホンジカ及びイノシシに係る特定計画作成のためのガイドライン改定に関する検討会を令和3年1月25日(月)及び2月8日(月)に開催します。
検討会の模様は、環境省自然環境局野生生物課 YouTubeチャンネルにて視聴可能です。

https://epo-kyushu.jp/news-list/related-news/2083-web-3.html
________________________________________________________

■【3/3開催】環境省 令和2年度海洋プラスチックごみ学術シンポジウムの開催及び講演者の公募

環境省は、令和3年3月3日(水)に海洋プラスチックごみの現状発信と、研究推進を目的としたシンポジウムを開催します。

https://epo-kyushu.jp/news-list/grant-recruitment/2079-2021-01-15-01-12-13.html
________________________________________________________

■【3/6開催】シンポジウム「生物多様性とライフスタイル ~新しい日常に向けてわたしたちができること~」の開催

環境省は、生物多様性保全のための意識の向上や、行動変容につながるヒントとなる取組・実践事例から、わたしたち一人ひとりに何ができるのかを考えるシンポジウムを開催します。
令和3年3月4日(木)までのお申し込みが必要です。

https://epo-kyushu.jp/news-list/related-news/2183-3-6.html
________________________________________________________

■【3/9開催】CDP水セキュリティレポート2020報告会×Water Project

環境省は、環境分野に取り組む国際NGOであるCDPと「CDP水セキュリティレポート2020報告会×Water Project」をWebにて共催します。健全な水循環の重要性について理解や関心をより高めることを目的に、企業の水リスクへの対応に関する調査結果や優良事例を発表する他、Water Projectの取組事例が行われます。
報告会では、熊本市の持続可能な地下水保全に関する官民連携の取組について紹介されます。
3月8日までのお申込みが必要です。

https://epo-kyushu.jp/news-list/related-news/2189-3-9-cdp-2020-water-project.html
________________________________________________________

■【3/11開催】サプライチェーン・アジア・サミット2021の開催

環境省は脱炭素に向けた社会的機運を受け、サプライチェーン全体でのネットゼロを求める動きに対応した企業、投資家などの取り組み紹介を行うイベントを開催します。
3月5日(金)までのお申込みが必要です。

https://epo-kyushu.jp/news-list/related-news/2190-3-11-2021.html
________________________________________________________

■【3/17開催】環境省他 第4回温泉を活かした新しい健康づくりフォーラム開催

公益社団法人日本理学療法士協会、上田市(長野県)及び環境省は、国民保養温泉地等の振興・活性化並びに国民の健康増進に資する取組の普及を図る「温泉を活かした新しい健康づくりフォーラム」を開催します。
上田市での現地開催のほか、オンライン配信が予定されています。※3/10までのお申込みが必要です。

https://epo-kyushu.jp/news-list/related-news/2176-3-17.html
________________________________________________________

■【3/17開催】Green Startup Pitchの開催および環境スタートアップ大賞の受賞者発表

環境省は新たなロールモデル創出と、事業機会の拡大の支援を目的に、「環境スタートアップ大賞」を創設しています。
今回、応募申請の審査により受賞者が決定し、受賞者のピッチ(プレゼンテーション)及び表彰を行う「Green Startup Pitch」が開催され、会場視聴のほかWeb参加も可能となっています。

https://epo-kyushu.jp/news-list/related-news/2185-3-17-green-startup-pitch.html



□情報提供・公表

■【資料公表】環境省 報告書「ナッジとEBPM ~環境省ナッジ事業を題材とした実践から好循環へ~」の公表

環境省は、日本版ナッジ・ユニットBESTによる、ナッジとEBPM(エビデンス(根拠)に基づく政策立案 Evidence-based Policymaking)に関する議論報告について、下記の通り公表しました。
この報告書は、広く多くの方々に知っていただけることを目的として作成されています。
ナッジ(nudge:そっと後押しする)とは、行動科学の知見(行動インサイト)の活用により、「人々が自分自身にとってより良い選択を自発的に取れるように手助けする政策手法」です。

https://epo-kyushu.jp/news-list/related-news/2177-ebpm.html
________________________________________________________

■【結果公表】環境省 環境大臣杯全国高等学校Re-Style DANCE CUP!2020 結果発表

環境省では、ユースの環境保全活動の関心を高める目的の一環として、高校生たちを"環境の視点"から応援する"環境×高校生プロジェクトを2020年に発足させています。
資源の大切さ、3Rをテーマに、全国の高校生たちがパフォーマンスを競い合う「環境大臣杯 全国高等学校Re-Style DANCE CUP!2020」全国大会が予定されていましたが残念ながら中止となり、パフォーマンス動画による審査が実施され、各賞の受賞チームが決定しました。

https://epo-kyushu.jp/news-list/related-news/2175-re-style-dance-cup-2020.html
________________________________________________________

■【情報公開】環境省「日本の国立公園めぐりスタンプラリー」アプリのリリース

環境省では、全国各地の国立公園の利用促進のためスマートフォン向けアプリをリリースしました。
全国34箇所の国立公園のスポットを巡るデジタルスタンプラリーを楽しむことができます。

https://epo-kyushu.jp/news-list/related-news/2016-2020-11-17-07-20-24.html
_______________________________________________________

■【資料公表】環境省 令和二年度「ウォームビズ」について

環境省は「COOL CHOICE」の主要施策として提唱している「ウォームビズ」について、今年度も各取り組みを行います。
また会員企業による取り組み推進や、様々なツールを使用した普及啓発も行われる予定です。

https://epo-kyushu.jp/news-list/related-news/1993-2020-11-06-06-57-47.html
________________________________________________________

■【資料公開】「地方公共団体のための登録・認証等制度ガイドライン」の公開

地方創生SDGs金融調査・研究会は、地方公共団体のための登録・認証等制度ガイドライン 2020年度【第一版】が公開されました。
このガイドラインは地方創生にあたり、SDGs金融を通じた自律的好循環を形成するために、地方公共団体が地域事業者のSDGsに関する取り組みについて登録、認証制度構築をする際のガイドとして作成されました。
地方公共団体が地域の実情に応じて、制度を構築するための支援ツールとなっています。ぜひご活用ください。

https://epo-kyushu.jp/news-list/related-news/1963-2020-10-22-05-47-27.html
_______________________________________________________

■【動画公開】環境省 令和2年版環境白書を解説するYoutubeコンテンツ

環境省は令和2年度版環境白書を解説する動画コンテンツをYoutubeチャンネルにて公開しました。
「気候変動時代における私たちの役割」をテーマに、ナレーションと動画によって、第1部総説の5章が4本の動画にて解説されています。
環境政策やSDGs、ESGに関する潮流などにご関心のある方は、ぜひ動画をご視聴ください。

https://epo-kyushu.jp/news-list/related-news/2011-2-youtube.html



□公募・募集

◎事業公募

■【随時受付】令和2年度グリーンボンド各種事業に係る登録支援者の登録申請受付開始

環境省では、我が国におけるグリーンボンド等の発行等促進に向け、「グリーンボンド発行促進体制整備支援事業」及び「適応プロジェクト等のグリーンプロジェクトの活性化に向けたグリーンボンド・グリーンローン等の発行促進体制整備支援事業」を実施します。

https://epo-kyushu.jp/news-list/grant-recruitment/1551-2.html



◎意見募集(パブリックコメント)

■【2/26締切】鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律施行規則の一部を改正する省令案に対する意見の募集

環境省は、公表したレッドリスト2020を踏まえ、長崎県対馬市に分布する個体に限るシベリアイタチについて「希少鳥獣」に指定、また指定に伴う「狩猟鳥獣」見直しに関して、令和3年1月28日(木)~同年2月26日(金)までパブリックコメントを実施します。

https://epo-kyushu.jp/news-list/grant-recruitment/2147-2-26.html
Tags:
Default Image
2021年10月28日

九州・沖縄各県の環境政策情報(10月下旬…

令和2年8月下旬の九州、沖縄各県の環境に関する行政情報を掲載しています。 ぜひ御覧ください。 ★ご注意 ※詳細はリンク先を必ずご確認ください。 ※公開が終了している場合があります。…
2021年10月28日

【11/19開催】熊本連携中枢…

熊本連携中枢都市圏は、18市町村共同で『熊本から起こす「脱炭素ドミノ」~2050年温室効果ガス排出量…
2021年10月28日

【11/19締切】大分県・国民…

大分県は、来年開催の第45回全国育樹祭の記念行事として、日田市にて表題のシンポジウムを開催します。パ…
2021年10月28日

【環境省】令和4年度概算要求時…

環境省は、令和4年度の環境保全経費の概算要求額をとりまとめ、公表しました。環境保全経費とは、政府の経…
2021年10月28日

気候変動適応計画の閣議決定及び…

環境省は、令和3年10 月22…