epohedimg005

EPO九州 メールマガジン 「えぽねっと九州」vol.204, Tue Nov 17 2020

九州・沖縄のタイムリーな環境情報をお届けする

「EPOねっと九州」vol.204

□□EPO九州から

いつもご覧いただきありがとうございます。

環境白書、ご覧になったことはありますか?

国内外の環境社会、循環型社会、そして生物多様性の状況などを年次ごとに環境省がとりまとめ公開しています。

先日、環境省は令和2年度版環境白書を解説する動画コンテンツをYoutubeチャンネルにて公開しました。

「気候変動時代における私たちの役割」をテーマに、ナレーションと動画によって、第1部総説の5章が4本の動画にて解説されています。

・第1章 気候変動問題をはじめとした地球環境の危機

https://youtu.be/9KFslvf6oCU

・第2章 政府・自治体・企業等による社会変革に向けた取組

https://youtu.be/Hs0qkjdKUd4

・第3章 一人一人から始まる社会変革に向けた取組

https://youtu.be/gjtIqFyzyko

・第4章 東日本大震災からの復興と環境再生の取組

・第5章 新型コロナウイルス感染症に対する環境行政の対応

https://youtu.be/lHIF_NEgmns

環境政策やSDGs、ESGに関する潮流などにご関心のある方は、ぜひ動画をご視聴ください。

【動画公開】環境省 令和2年版環境白書を解説するYoutube動画公開

https://epo-kyushu.jp/news-list/related-news/2011-2-youtube.html

それでは第204号を御覧ください。

【目次】

□□EPO九州から

□□持続可能な開発のための教育(ESD)に関する情報

□地域ESD拠点情報

□資料公開

□開催・募集

□□新型コロナウイルス感染症に関する情報

□□地域循環共生圏推進の取組み

◎まずはここから!地域循環共生圏

□関連セミナー等

□資料提供等

□関連公募等

□□環境省・九州地方環境事務所からのご案内

□情報の提供

□開催等

□公募・募集等

□□助成金に関する情報

□□その他開催、募集情報

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃EPO九州・ESD活動支援センターからのお知らせ

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う対応について(開所時間変更等)

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、九州地方環境パートナーシップオフィスが入居する熊本市国際交流会館では、2階フロアの利用が制限されています。この措置に伴い、九州地方環境パートナーシップオフィス及び九州地方ESD活動支援センターの業務時間を9:00-18:00といたします。何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

☆状況によって変更の場合もございますので、下記リンクにて最新の情報をお知らせしています。

https://epo-kyushu.jp/epo-topix/news-of-epo-kyushu/1538-2020-04-24-01-36-39.html

_______________________________________________________

■【活動掲載】菊池農業高等学校SDGs学習の情報掲載

令和2年9月にEPO九州(九州ESDセンター)が実施しました、熊本県立菊池農業高等学校のSDGs学習の場について、当日取材いただいたJA菊池の広報誌「いぶき」12月号に掲載されました。

広報誌のPDFが公開されています。

https://kyushu.esdcenter.jp/2020/11/11/jakikuchi_ibuki_kikunosdgs/

【実施レポート】菊池農業高等学校SDGsワークショップを実施しました

https://kyushu.esdcenter.jp/2020/10/13/kikuno_sdgsws_20200918/

_______________________________________________________

■九州・沖縄各県の環境政策情報(11月上旬)

近日の九州、沖縄各県の環境に関する行政情報を掲載しています。

ぜひ御覧ください。

【ピックアップ】

福岡県:ふくおかプラごみ削減協力店!プラスチックごみ削減に取り組む店舗を紹介します

熊本県:「中小企業のための利益を出す省エネ・再エネ導入セミナー」のご案内

鹿児島県:かごしまCO2吸収量認証制度の認証状況について

https://epo-kyushu.jp/news-list/kyushu-news/2024-11-6.html

★ご注意

※詳細はリンク先を必ずご確認ください。

※公開が終了している場合があります。

※表示順、日程は前後する場合があります。

※各県の情報はEPO九州で選択したものを公開しています。

□□持続可能な開発のための教育(ESD)に関する情報

□地域ESD拠点情報

【11/21開催】

環境省は「地球温暖化防止活動環境大臣表彰」を今年度より「気候変動アクション環境大臣表彰」へリニューアルしました。

気候変動の緩和及び気候変動への適応に顕著な功績のあった個人又は団体への顕彰事業として、初代の受賞者が決定し公表されました。

このうち、地域ESD活動推進拠点に登録されている大牟田市教育委員会の、大牟田市立明治小学校が普及・促進部門の緩和分野で樹y奏されています。

https://epo-kyushu.jp/news-list/related-news/1990-11-21.html

■地域ESD活動推進拠点(地域ESD拠点)登録について

地域や社会の課題解決に関する学びや活動に取り組んでいらっしゃる学校現場・社会教育の現場等の皆様へ、ESDを支援・推進する団体として、「地域ESD活動推進拠点(以下「地域 ESD拠点」)のご登録を募っております。

ご関心をお持ちの方、まずは下記へご連絡ください。

〈お問合せ〉九州地方ESD活動支援センター

TEL:096-223-7422 FAX:096-312-1894

E-mail:

(〒860-0806 熊本市中央区花畑町4-18 熊本市国際交流会館2F EPO九州内 )

□資料公開

■ユネスコ「持続可能な開発目標のための教育−学習目標−」(日本語版資料)の公開

「Education for Sustainable Development Goals: Learning Objectives」の日本語版として、「持続可能な開発目標のための教育−学習目標−」がユネスコのライブラリで公開されています。

この資料はユネスコが著し、岡山大学大学院教育学研究科 ESD 協働推進室および公益財団法人ユネスコ・アジア文化センター(ACCU)が翻訳し、これら 3 つの機関が 2020 年に共同で発行したものとなります。

https://kyushu.esdcenter.jp/2020/10/09/unesuko_esd_sdgs_learningobjectives/

_______________________________________________________

■【新規登録】環境省 環境教育等促進法に基づく「体験の機会の場」の新規認定 いまり「こまなきの里山」

環境教育等促進法による「体験の機会の場」認定制度に基づき、九州地方では初めての認定が行われました。(佐賀県)

今回の認定により全国22箇所で、品質の高い環境教育と、安心して参加できる体験活動の機会の提供が行われます。

・名称:いまり「こまなきの里山」

http://www.asahi-tc.jp/main/569.html

・所在地:佐賀県伊万里市大川町駒鳴2515番地

・申請者:朝日テクノ株式会社 代表取締役 法村孝樹

・認定者:佐賀県知事

・事業内容:豊かな自然環境で木登り・キャンプ・生物と触れ合う機会や参加者同士のコミュニケーションを通じて環境保全等の気づきを促すための体験の機会を提供する。

https://epo-kyushu.jp/news-list/related-news/2021-2020-11-17-08-05-31.html

□開催・募集

■【Web実施】環境省 令和2年度環境人づくりセミナーの開催

環境省は、企業において、積極的に環境保全の視点を経営の実現を支える人材について、組織として育成、活躍の機会の場創出をテーマにセミナーを開催します。

期間中、申込者にはURLが案内されるWeb公開の形式となっています。動画視聴期間は2020年12月18日(金)です。

https://epo-kyushu.jp/news-list/related-news/2022-web-2.html

_______________________________________________________

■【11/20締切】「第6回全国ユース環境活動発表大会」の募集開始

全国ユース環境活動発表大会実行委員会は、全国の環境活動を行う高校生を対象に、活動のWeb発表大会を開催します。

8ブロックの地方大会、そして全国大会が行われます。

https://kyushu.esdcenter.jp/2020/09/12/erca_youth_boshu2020/

________________________________________________________

■【12/6開催】第12回ユネスコスクール全国大会・ESD研究大会

2014年に採択された「ユネスコスクール岡山宣言」から5年以上が経過した今、ESDの推進拠点として活動してきたユネスコスクールの活動を検証するとともに、2030年の教育を目指した今後の展望を探ります。また、学習指導要領で進めようとしている教科等横断的な学びを創るカリキュラム・マネジメント、主体的・対話的で深い学びへの授業改善などとESDのつながりに言及していきます。

http://www.jp-esd.org/conference2020/

_______________________________________________________

■【研修情報】 令和2年度 教職員等環境教育・学習推進リーダー育成研修

持続可能な社会の構築を目指し、さらにSDGsという世界共有の未来の価値を相互に磨き合う協働・共創を通して、学校や地域における質の高い環境教育・ESDを実践・推進するリーダーとなる人材を育成する研修事業が募集されています。

https://kyushu.esdcenter.jp/2020/10/29/r2_ee_kenshu/

_______________________________________________________

■【結果公表】環境省 Newドギーバッグアイデアコンテスト

消費者が自己責任で料理を持ち帰ることが習慣となるような機運を醸成するため、優れたバッグのネーミングとパッケージデザインを募集する「Newドギーバッグアイデアコンテスト」を実施し、広く持ち帰りのアイデアを募集し、その結果がこの度公表されました。

https://kyushu.esdcenter.jp/2020/10/29/new_doggy_bag2020/

_______________________________________________________

■【結果公表】環境省&TABETE “No-Foodloss!” Youth Action Projectの選定

環境省による新規プロジェクトとして、民間企業とと協働したユース向けプロジェクトが始動し、テーマは食品ロスの削減で、課題解決につながる活動、または学生のみなさんを募集し、取り組みの実現を応援します。

今回募集結果が公表され、5件のプロジェクトが全国各地でスタートします。

https://kyushu.esdcenter.jp/2020/10/29/tabete_no_foodloss_yap/

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃新型コロナウイルス感染症に関する情報

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■環境省 新型コロナウイルスに関連した感染症対策

環境省ホームページでは、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、同感染症への対応に係る情報発信の重点化を行っております。

環境省関連の対応状況取りまとめ情報の他、事業者向け情報、国立公園・国民公園等における取組等が紹介されています。ぜひ御覧ください。

https://epo-kyushu.jp/news-list/related-news/1548-2020-04-24-09-46-18.html

________________________________________________________

■文部科学省 学校・子供応援サポーター人材バンクの開設について

文部科学省では、学校再開後、各地域において、学校をサポートしていただける人材が必要となる機会も多くなるため、教育委員会等が必要な人材をすぐに探すことができるよう、人材バンクを開設しました。

休校明けの学校は、子供たちの学習指導や心のケア、感染症対策等、沢山の大人たちのサポートが必要になります。

この人材バンク登録には教育免許は不要で、退職教員、教員免許取得を目指す方、大学生、塾講師、NPOなどの教育関係者だけでなく、ICTサポートや事務作業、消毒サポートなど幅広い人材が募集されています。

https://kyushu.esdcenter.jp/2020/06/11/mext_covic19_jinzaibank/

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃地域循環共生圏推進の取組み

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◎まずはここから!地域循環共生圏

□地域循環共生圏について

環境省は、2018年4月に閣議決定した第五次環境基本計画において、「SDGs」や「パリ協定」といった世界を巻き込む国際な潮流や複雑化する環境・経済・社会の課題を踏まえ、複数の課題の統合的な解決というSDGsの考え方も活用した「地域循環共生圏」を提唱しました。

「地域循環共生圏」とは、各地域が美しい自然景観等の地域資源を最大限活用しながら自立・分散型の社会を形成しつつ、地域の特性に応じて資源を補完し支え合うことにより、地域の活力が最大限に発揮されることを目指す考え方です。「地域循環共生圏」は、農山漁村も都市も活かす、我が国の地域の活力を最大限に発揮する構想であり、その創造によりSDGsやSociety5.0の実現にもつながるものです。「地域循環共生圏」の創造による持続可能な地域づくりを通じて、環境で地方を元気にするとともに、持続可能な循環共生型の社会を構築していきます。

https://epo-kyushu.jp/epo-topix/environment-partnership-2.html

《今月のピックアップ》

■【機能追加】環境省ローカルSDGs公式サイト パートナー検索機能の追加

環境省が推進する「地域循環共生圏」のポータルサイトにて、その実践や取り組み支援を行う主体の参加、登録が進んでいます。

実践地域等登録制度と企業等登録制度により登録いただいた主体を、活動地域や活動領域から、検索できるページがこの度追加されました。

https://epo-kyushu.jp/epo-topix/environment-partnership-2/1974-sdgs-2.html

■「環境省ローカルSDGs」ポータルサイトのご紹介

https://epo-kyushu.jp/epo-topix/environment-partnership-2/1525-sdgs.html

________________________________________________________

■地域循環共生圏づくり プラットフォーム活動団体(令和元年度採択団体)の紹介

http://chiikijunkan.env.go.jp/tsunagaru/chiiki_ichiran_r1/

________________________________________________________

■「環境省ローカルSDGs」実践地域等登録制度

http://chiikijunkan.env.go.jp/tsunagaru/

_______________________________________________________

■環境省 地域循環共生圏づくりプラットフォームにおける「企業等登録制度」

http://chiikijunkan.env.go.jp/deau/kigyo_list/

□関連セミナー等

■【12/3開催】地域循環共生圏ESG金融フォーラム(配信あり)

岩手県盛岡市にて、環境省が提唱する「地域循環共生圏」を地域で展開する上で欠かせない金融機関の役割と、新型コロナウイルス感染拡大からのグリーンリカバリーの実践について共有するフォーラムが開催されます。

地域循環共生圏の構築につながる先導的な動きを共有するため、岩手県内の産官学民による多様な事例発表が行われます。

当日はYoutubeによるオンライン配信も予定されています。

参加には事前のお申込みが必要です。

https://epo-kyushu.jp/epo-topix/environment-partnership-2/2010-12-3-esg.html

_______________________________________________________

■【12/12開催】新たな知と方法を生む地方創生セミナー「未来を拓くローカルSDGs〜環境・経済・社会から考える地域の可能性〜」

(一財)地域活性化センターは、地域資源のより効果的な活用方法を実践的に学ぶため、各地の事例と「地域循環共生圏」についての講義・グループワークを通して、地域連携や政策立案へ繋がるセミナーを開催します。

SDGsを踏まえた行政の取組を模索し、地域課題解決に取り組む方、または地域循環共生圏プラットフォームに興味をお持ちの方はぜひお申し込みをご検討ください。

※参加有料のため、事前のお申し込みが必要です。

https://epo-kyushu.jp/epo-topix/environment-partnership-2/1988-12-12-sdgs.html

□資料提供等

■「環境で地方を元気にする地域循環共生圏づくり 構想策定の手引き(ver.1.1)」の公開

http://chiikijunkan.env.go.jp/manabu/

________________________________________________________

■環境省 環境ビジネスの先進事例集の公開

https://epo-kyushu.jp/epo-topix/environment-partnership-2/1791-2020-07-14-04-25-42.html

________________________________________________________

■環境省 令和元年度 持続可能なローカルSDGsビジネスの先進的実例と成功のポイントの公開

https://epo-kyushu.jp/epo-topix/environment-partnership-2/1728-2020-06-27-07-12-39.html

________________________________________________________

■環境省 「気候変動時代に公的機関ができること〜「再エネ100%」への挑戦〜」(公的機関のための再エネ調達実践ガイド)の公表

https://epo-kyushu.jp/epo-topix/environment-partnership-2/1709-100-2.html

________________________________________________________

■「森里川海からはじめる地域づくり−地域循環共生圏構築の手引き−」Ver2.0の公開

https://epo-kyushu.jp/epo-topix/environment-partnership-2/1632-ver2-1.html

________________________________________________________

■環境省 地域循環共生圏 先進事例集2の公開

https://epo-kyushu.jp/epo-topix/environment-partnership-2/1634-2020-05-23-06-48-6.html

________________________________________________________

■「SDGsの達成に向けたパートナーシップでひらく地域づくり-ICT等の活用がもたらす新たな価値創造-」発行

https://epo-kyushu.jp/epo-topix/environment-partnership-2/1660-sdgs-ict-2.html

________________________________________________________

■事業者のための「生物多様性民間参画 事例集 」及び生物多様性・自然資本に関する 「企業情報開示のグッドプラクティス集」の公表

https://epo-kyushu.jp/epo-topix/environment-partnership-2/1658-2020-05-28-08-38-43.html

________________________________________________________

■地域循環共生圏に関するリーフレットの公開

https://epo-kyushu.jp/epo-topix/environment-partnership-2/1566-2020-05-07-00-26-8.html

________________________________________________________

■環境省 企業の脱炭素経営の促進について公開

https://epo-kyushu.jp/epo-topix/environment-partnership-2/1699-2020-06-11-03-25-49.html

□関連公募等

■【12/25締切】環境省 集え!未来の漫画家たち!"全国高等学校COOLCHOICE漫画グランプリ2020"

環境省では、様々な分野で活躍する高校生たちを"環境の視点"から応援する"環境×高校生プロジェクト"を発足させ、このたび、プロジェクト企画の第一弾として、"地球温暖化"等をテーマに全国の高校生たちから漫画作品を募集する「全国高等学校COOL CHOICE漫画グランプリ」を開催します。

https://epo-kyushu.jp/epo-topix/environment-partnership-2/1701-coolchoice-2021.html

________________________________________________________

■【12/28締切】環境省 令和2年度地域ESG融資促進利子補給事業に係る指定金融機関の公募

環境省では、"E"に着目したインパクトのある地域ESG融資を拡げるとともに、民間資金による地球温暖化対策の促進を図り、地域循環共生圏の創出に繋げる「地域ESG融資促進利子補給事業」を実施します。

https://epo-kyushu.jp/epo-topix/environment-partnership-2/1617-2020-05-20-01-34-30.html

________________________________________________________

■【1/31開催】「環境大臣杯 全国高等学校Re-Style DANCE CUP!2020」について

環境省では、環境教育等促進法等に基づき、ユース層等の若年層に対して環境保全の理解と関心等を促進するため、様々な分野で活躍する高校生たちを"環境の視点"から応援する"環境×高校生プロジェクトを発足させました。

このたび、プロジェクト企画として開催中の「環境大臣杯 全国高等学校Re-Style DANCE CUP!2020」の全国大会を2020年1月31日に渋谷ストリームホールにて開催することが決定しましたのでお知らせします。

https://epo-kyushu.jp/epo-topix/environment-partnership-2/1906-1-31-re-style-dance-cup-2021.html

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃環境省・九州地方環境事務所からのご案内

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

□情報の提供・資料の公表

■【結果公表】環境省 令和2年秋の叙勲受章者について

環境省は今年度秋の叙勲受章者について、環境省関係者16名について下記の通り公表しました。

九州地域からもお二人の方が受章されています。

https://epo-kyushu.jp/news-list/related-news/1995-2020-11-06-07-35-51.html

________________________________________________________

■【結果公表】環境省 令和2年秋の褒章受章者について

環境省は今年度秋の褒章受章者について、環境省関係者16名について下記の通り公表しました。

九州地域からも5名の方が受章されています。

https://epo-kyushu.jp/news-list/related-news/1996-2020-11-06-07-39-27.html

________________________________________________________

■【SNS】九州地方環境事務所「屋久島国立公園公式SNS(Facebook)」の開設について

環境省では、国立公園への訪日外国人増加を目標とする「国立公園満喫プロジェクト」を、平成28年度から推進しています。この度、全世界へ屋久島国立公園の魅力を発信することを目的に、屋久島国立公園公式SNS(Facebook)を開設しました。

http://kyushu.env.go.jp/to_2020/snsfacebook.html

_______________________________________________________

■【情報公開】環境省「日本の国立公園めぐりスタンプラリー」アプリのリリース

環境省では、全国各地の国立公園の利用促進のためスマートフォン向けアプリをリリースしました。

全国34箇所の国立公園のスポットを巡るデジタルスタンプラリーを楽しむことができます。

https://epo-kyushu.jp/news-list/related-news/2016-2020-11-17-07-20-24.html

_______________________________________________________

■【結果公表】環境省と国際連合工業開発機関(UNIDO)の環境協力に関する共同宣言の署名

環境省は、国際連合工業開発機関(UNIDO)は、ステークホルダーと連携し、SDGs達成を共通目標に、緊密な協力を促進するため、共同宣言の署名を行いました。

気候変動やグリーンプロダクトなど、多様な分野で両者の連携協力が期待されます。

https://epo-kyushu.jp/news-list/related-news/2007-unido.html

_______________________________________________________

■【結果公表】環境省 令和2年度地方公共団体による食品ロス削減・食品リサイクル推進モデル事業等に係る実施市区町村の決定

環境省は食品ロスの削減と食品リサイクルに取り組む市町村支援を目的に、実現可能性調査事業を実施する市区町村の公募を行い、4つの市の選定結果を公表しました。

https://epo-kyushu.jp/news-list/related-news/2023-2020-11-17-08-26-57.html

_______________________________________________________

■【結果公表】環境省 令和2年度サステナビリティ・リンク・ローン等モデル創出事業に係るモデル事例等の選定

環境省では、「サステナビリティ・リンク・ローン等」を普及させることを目的に「グリーンローン及びサステナビリティ・リンク・ローンガイドライン2020年版」(以下「ガイドライン」という。)を策定・公表しています。

このガイドラインに関係し、新たな資金調達の先駆的事例について情報発信等を行う事業公募が行われ、結果1件の選定が行われました。

https://epo-kyushu.jp/news-list/related-news/2014-2020-11-17-05-24-33.html

_______________________________________________________

■【結果公表】環境省 中小企業の中長期の削減目標に向けた取組可能な対策行動の可視化モデル事業に係る対象事業者の二次採択

環境省はSBT(Science Based Targets)、または準じた中長期目標を設定する中小企業の支援事業について、追加募集の審査を行い、採択結果を公表しました。

https://epo-kyushu.jp/news-list/related-news/2019-2020-11-17-07-42-13.html

_______________________________________________________

■【結果公表】環境省 令和2年度脱炭素社会を支えるプラスチック等資源循環システム構築実証事業の公募結果

環境省は二次公募、三次公募を行っていたプラスチック等資源循環システムに関する実証事業公募の選定結果について下記の通り公開しました。

https://epo-kyushu.jp/news-list/related-news/2017-2-6.html

_______________________________________________________

■【試行実施】環境省 「霞が関版20%ルール」の試行的実施

環境省は「霞が関20%ルール」を施行実施し、業務時間の一部を担当業務以外の環境政策に寄与する活動に充てられる仕組みを開始します。

この仕組みにより分野の開拓や、課室の枠を超え、既存の組織の枠にとらわれない新たな政策を実現することを目指しています。

https://epo-kyushu.jp/news-list/related-news/1998-2020-11-06-08-25-49.html

_______________________________________________________

■【資料公表】とかげもどき属及びいぼいもり属のワシントン条約附属書?への掲載要請

環境省は奄美、沖縄諸島の固有種について、ワシントン条約事務局に対し条約附属書?に掲載の要請を行いました。

掲載後は、7種の違法捕獲や、密輸出を防止するため、取引時の個体原産国の確認が行われるようになります。

https://epo-kyushu.jp/news-list/related-news/2001-2020-11-07-08-15-25.html

_______________________________________________________

■【結果公表】読本『森里川海大好き!』読書感想文コンクール2020の受賞者が決定

環境省は平成30年に制作した読本『森里川海大好き!』について、読書感想文コンクールを実施し、選考委員会を経て、入賞者、審査員特別賞が決定しました。

今年度はナショナル ジオグラフィックが企画する「ナショジオ オープンキャンパス」と連携したコンクールとなっています。

https://epo-kyushu.jp/news-list/related-news/1999-2020-4.html

_______________________________________________________

■【結果公表】環境省 第13回アジアEST地域フォーラムの結果

環境省が先日開催した第13回アジアESD地域フォーラムについて、概要と成果が下記の通り公開されています。

ESTは環境的に持続可能な交通(Environmentally Sustainable Transport)の略称で、このフォーラムは国際連合地域開発センター(UNCRD)と連携したハイレベル対話を目的に平成17年に設立されています。

https://epo-kyushu.jp/epo-topix/environment-partnership-2/2012-13-est.html

_______________________________________________________

■【結果公表】外来生物法に基づき特定外来生物に指定されるハヤトゲフシアリ等14種類に係る同法施行規則の一部改正

環境省は外来生物法に基づいて、特定外来生物14種類が新たに追加指定されることに伴う所要の改正について公表しています。

https://epo-kyushu.jp/news-list/related-news/1991-14.html

________________________________________________________

■【資料公表】環境省 令和二年度「ウォームビズ」について

環境省は「COOL CHOICE」の主要施策として提唱している「ウォームビズ」について、今年度も各取り組みを行います。

また会員企業による取り組み推進や、様々なツールを使用した普及啓発も行われる予定です。

https://epo-kyushu.jp/news-list/related-news/1993-2020-11-06-06-57-47.html

________________________________________________________

■【資料公開】「地方公共団体のための登録・認証等制度ガイドライン」の公開

地方創生SDGs金融調査・研究会は、地方公共団体のための登録・認証等制度ガイドライン 2020年度【第一版】が公開されました。

このガイドラインは地方創生にあたり、SDGs金融を通じた自律的好循環を形成するために、地方公共団体が地域事業者のSDGsに関する取り組みについて登録、認証制度構築をする際のガイドとして作成されました。

地方公共団体が地域の実情に応じて、制度を構築するための支援ツールとなっています。ぜひご活用ください。

https://epo-kyushu.jp/news-list/related-news/1963-2020-10-22-05-47-27.html

________________________________________________________

■【結果公表】「農林水産省×環境省」連携合意

環境省と農林水産省は、社会課題、コロナ危機、気候危機に直面するにあたって、SDGs対応や国土、地域づくりのため農林水産政策と環境政策の連携が不可欠であることから、一層の連携を強化することで合意を行いました。

今後農林水産省では、農林水産業と食品産業を環境創造型産業へ進化させ、各イノベーションの実現のため「みどりの食料システム戦略」を策定。また環境省は地域資源を活用した自律分散型社会「地域循環共生圏」の創造に現在取り組んでいます。

脱炭素社会、循環経済、分散型社会への移行とともに、国際交渉における連携など、多様な場面で相互の連携が期待されます。

https://epo-kyushu.jp/news-list/related-news/1981-2020-10-28-02-19-29.html

□開催等

■【11/25?26開催】環境省 オンラインセミナー「世界のグリーン公共調達と環境ラベルの最新動向」の開催

グリーン公共調達(GPP)を活用した政策に取り組むに当たり、環境基準を満たしていることを示す「環境ラベル」が世界では広く活用されています。

環境省では、欧州地域の専門家がGPPと環境ラベルの最新動向を紹介するオンラインセミナー「世界のグリーン公共調達と環境ラベルの最新動向」を開催します。

オンラインセミナーとして実施されるほか、事前のお申込が必要です。

https://epo-kyushu.jp/news-list/related-news/2015-11-25-26.html

_______________________________________________________

■【11/20開催】産業構造審議会産業技術環境分科会 合同会議(第51回)の開催

産業構造審議会産業技術環境分科会が、Web会議により開催され、事前のお申込みによりオンラインによる傍聴が可能です。

資料等も事前に公開予定となっています。

https://epo-kyushu.jp/news-list/related-news/2005-11-20-51.html

________________________________________________________

■【12/15まで】環境省「選ぼう!3Rキャンペーン2020」

環境省では、「第四次循環型社会形成推進基本計画」に基づき、ライフサイクル全体の最適化を図るために、小売事業者及びメーカーと連携した取組「選ぼう!3Rキャンペーン」を実施しています。

4年目となる今年は、「リデュース」につながる省資源商品や「リサイクル」などに関連した商品などを中心に、参加メーカーや実施店舗など、昨年より大幅にスケールアップして、10月1日(木)から、全国のスーパー、ドラッグストア等、およそ12,000店舗でスタートします!

https://epo-kyushu.jp/news-list/related-news/1930-12-15-2020.html

_______________________________________________________

■【12/16開催】「第4回食品ロス削減全国大会」の開催

毎年食品ロス削減の日のイベントとして行われている、「食品ロス削減全国大会」について、第4回が令和2年12月16日(水)、富山県にて開催されます。

https://epo-kyushu.jp/news-list/related-news/1945-12-16-4.html

□公募・募集等

■【11/25締切】「エコライフ・フェア2020 Online」バーチャルブース出展募集

環境省はオンラインにて「エコライフ・フェア2020Online」を開催、バーチャル出展者の募集を行っています。

企業と団体等、NGOとNPO等の2つの部門で募集され、出典に関する説明会も予定されています。

https://epo-kyushu.jp/news-list/related-news/1992-11-25-2020-online.html

_______________________________________________________

■【11/30締切】令和2年度低炭素型の行動変容を促す情報発信(ナッジ)等による家庭等の自発的対策推進事業委託業務の二次公募

環境省は二次公募として、コロナ禍に対応した地域循環共生圏の構築と脱炭素社会実現に向け、ライフスタイルの自発的な変革を創出する政策手法の検証を行う事業公募を行います。

https://epo-kyushu.jp/news-list/grant-recruitment/2003-11-30.html

_______________________________________________________

■【11/30締切】令和2年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(脱フロン・低炭素社会の早期実現のための省エネ型自然冷媒機器導入加速化事業)の四次公募

環境省による二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金の執行団体である、一般財団法人日本冷媒・環境保全機構が補助金の公募を開始します。

省エネ型自然冷媒機器を導入する事業に要する経費の一部を補助する事業です。

https://epo-kyushu.jp/news-list/grant-recruitment/2004-11-31.html

_______________________________________________________

■【11/30締切】環境省 令和2年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金

(中小事業者による排出量算定・排出量削減のための環境経営体制構築支援事業)の公募

環境省は、環境経営の専門家である支援相談人を派遣し、環境省が策定した「エコアクション21 CO2削減プログラム(Eco-CRIP)」の手引きに基づき、中小事業者のCO2排出量削減活動に資する環境経営システムの構築を支援する事業の公募を行います。

https://epo-kyushu.jp/news-list/grant-recruitment/1752-2020-07-07-02-37-34.html

_______________________________________________________

■【11/30締切】環境省 第16回エコツーリズム大賞の募集

環境省では、エコツーリズム推進法に基づき、エコツーリズムの普及、定着のための様々な取組を進めています。

この一環として、エコツーリズムに取り組む事業者、団体、自治体などを対象とした「第16 回エコツーリズム大賞」の募集を開始いたします。

https://epo-kyushu.jp/news-list/related-news/1929-11-30-16.html

________________________________________________________

■【12/2締切】「慶良間諸島国立公園の海域公園地域内における行為の許可基準の特例を定める件」(環境省告示)(案)に対する意見募集

環境省では、「慶良間諸島国立公園の海域公園地域内における行為の許可基準の特例 」を定めるに当たり、 広く国民からの意見を募集するパブリックコメントを実施します。

https://epo-kyushu.jp/news-list/grant-recruitment/1986-12-2.html

________________________________________________________

■【12/9締切】ラムサール条約実施に関する国別報告書(案)に対する意見の募集

環境省はラムサール条約締約国会議の勧告に基づいて提出する国別報告書作成にあたって、パブリックコメントを実施します。

https://epo-kyushu.jp/news-list/grant-recruitment/2018-2020-11-17-07-36-14.html

_______________________________________________________

■【12/21締切】「環境 人づくり企業大賞2020」募集開始

環境省は、環境配慮経営を目的とした社員育成を行う企業の取り組みと、その成果を表彰する顕彰事業を行います。

大企業、中小企業の2つの区分で募集され、「人づくり」による成果と「人づくり」の基盤形成のための取組が総合的に評価されます。

https://epo-kyushu.jp/news-list/grant-recruitment/1984-12-21-2020.html

________________________________________________________

■【12/23締切】 「サステナアワード2020 伝えたい 日本の"サステナブル"」の募集

環境省は、農林水産省、消費者庁と連携し、「サステナアワード2020伝えたい日本の“サステナブル”」を実施します。

食と農林水産業に関わる取り組み動画を募集し、表彰の上発信に活用します。

https://epo-kyushu.jp/news-list/grant-recruitment/1994-11-23-2020.html

_______________________________________________________

■【12/25締切】全国高等学校 COOLCHOICE漫画グランプリ2020 審査員と掲載サイトの決定

環境省現在作品募集を行っている「全国高等学校COOL CHOICE漫画グランプリ」について、最終審査の審査員、並びに選考作品が掲載されるWeb漫画サイトが決定し、公表されています。

https://epo-kyushu.jp/news-list/grant-recruitment/1839-coolchoice-2020.html

________________________________________________________

■【12/28締切】環境省 「環境スタートアップ大賞」の募集

環境省は環境スタートアップ大賞を創設し、環境大臣賞を含む表彰を行い、ステージを問わない有望な環境系スタートアップ企業への表彰等により、新たなロールモデルを創出します。

https://epo-kyushu.jp/news-list/grant-recruitment/2020-12-28.html

_______________________________________________________

■【2021/1/14締切】環境省 日本の国立公園フォトコンテスト2020の開催

環境省では、「その自然には、物語がある。」をスローガンとし、自然と人の暮らしが共に息づく日本の国立公園の魅力を広く発信しています。この一環として、東京カメラ部とのタイアップ企画として、"日本の国立公園"をテーマとしたフォトコンテストを開催し、国立公園ならではの景観・環境や地域の伝統文化が伝わる写真など、魅力あふれる情景を募集します。

https://epo-kyushu.jp/news-list/related-news/1733-2020-2.html

________________________________________________________

■【2021/1/15締切】環境省 令和2年度サステナビリティ・リンク・ローン等モデル創出事業に係るモデル事例等の募集について

環境省では、特に環境面においてモデル性を有すると考えられるサステナビリティ・リンク・ローン又はサステナビリティ・リンク・ボンドのモデル事例や、その他の先駆的事例を創出し、情報発信等を通じて、これらを国内に普及させることを目的とする事業を実施し、本事業に係るモデル事例又は先駆的事例の公募を行います。

https://epo-kyushu.jp/news-list/grant-recruitment/1679-2-6.html

________________________________________________________

■【2021/1/29締切】環境省 令和2年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(電動化対応トラック・バス導入加速事業)の公募

環境省では国土交通省と連携して、電動化対応トラック・バスの普及を促進し、運輸部門におけるCO2排出削減を図ることを目的として、「令和2年度電動化対応トラック・バス導入加速事業」を実施します。

本件について、執行団体である公益財団法人日本自動車輸送技術協会において、本補助金の公募が開始されました。

https://epo-kyushu.jp/news-list/grant-recruitment/1673-2020-06-06-03-56-11.html

_______________________________________________________

■【2021/1/31締切】環境省 令和2年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(低炭素型ディーゼルトラック等普及加速化事業)の公募

環境省では、投資余力の少ない中小トラック運送業者を対象に、燃費性能の高い最先端の低炭素型ディーゼルトラック等の導入を促進し、トラック輸送におけるCO2排出削減を図ることを目的として、「令和2年度低炭素型ディーゼルトラック等普及加速化事業」を国土交通省との連携事業として実施します。

https://epo-kyushu.jp/news-list/grant-recruitment/1648-2020-05-30-01-28-14.html

________________________________________________________

■【随時受付】令和2年度グリーンボンド各種事業に係る登録支援者の登録申請受付開始

環境省では、我が国におけるグリーンボンド等の発行等促進に向け、「グリーンボンド発行促進体制整備支援事業」及び「適応プロジェクト等のグリーンプロジェクトの活性化に向けたグリーンボンド・グリーンローン等の発行促進体制整備支援事業」を実施します。

https://epo-kyushu.jp/news-list/grant-recruitment/1551-2.html

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃助成金に関する情報

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■【11/25締切】ちゅうでん教育振興助成の開始(高等専門学校)

公益財団法人ちゅうでん教育振興財団による全国の小・中学校、高等専門学校における優れた教育上の試み、および全国の小・中学校、高等専門学校の教職員を対象とした研究集会やセミナーなどへ事前に助成する事業が募集されています。

・高等専門学校の部 応募締切:2020年11月25日(水)

https://epo-kyushu.jp/news-list/grant-recruitment/1577-2020-05-08-05-22-36.html

_______________________________________________________

■【12/18締切】九電みらい財団 環境分野の 次世代育成支援活動助成事業の募集

一般財団法人九電みらい財団は、九州の自然環境を未来につなげ、子どもたちの体験活動を通じた成長を目的に取り組む活動について、助成を行います。

今回から次世代育成支援活動のうち、「子どもたちの自然を大切にする心を育む活動」への助成が行われます。

https://epo-kyushu.jp/news-list/grant-recruitment/2008-12-18.html

_______________________________________________________

■【12/28締切】エフピコ 2021年度環境基金募集

2020年3月に創設されたエフピコ環境基金では、環境問題をテーマとする活動への当基金による助成を通じて、持続可能な社会の構築を地域の皆様とともに進める活動を行っており、助成団体の募集が行われています。

https://epo-kyushu.jp/news-list/grant-recruitment/1947-12-28-2021.html

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃その他開催、募集情報

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■【10/1から】北九州市 エコライフステージ2020開催

環境活動に取り組む市民団体・NPO・企業・行政などが、さまざまなエコライフを提案する「北九州エコライフステージ」は、19回目を迎える今年、大小さまざまなエコイベントを10月〜11月の期間中にオンラインで開催します。

https://epo-kyushu.jp/news-list/related-news/1926-10-1-2020.html

________________________________________________________

■【11/29開催】生物多様性シンポジウムin福津市

SDGs未来都市に選定されている福岡県福津市にて、生物多様性に関するシンポジウムが開催されます。

環境省自然環境局の講演や、各活動分野の皆様の事例紹介など、多彩な内容で実施されるシンポジウムとなっております。

生物多様性や環境保全、環境教育等にご関心のある皆さま、ぜひご参加ください。

https://epo-kyushu.jp/news-list/kyushu-news/2009-11-29-in.html

_______________________________________________________

■【12/12開催】「緑のふるさと協力隊」募集説明会開催

1年間農山村に住み、地域づくりに取り組む「緑のふるさと協力隊」の募集説明会が行われます。

「緑のふるさと協力隊」は地域おこし協力隊のモデルにもなったプログラムです。

説明会では、活動体験談のほか、農山村の暮らしについて詳しく紹介されます。

九州地域では12月12日、福岡県にて開催です。※事前の申込みが必要です。

https://epo-kyushu.jp/news-list/kyushu-news/1869-12-12.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【発 行】

九州地方環境パートナーシップオフィス EPO九州

https://epo-kyushu.jp  E-mail:

九州地方ESD活動支援センター

https://kyushu.esdcenter.jp  E-mail:

EPO・ESDセンターのフェイスブックを更新中!

https://www.facebook.com/EPOkyushu

〒860−0806 熊本市中央区花畑町4-18 熊本市国際交流会館2F

TEL:096-312-1884  FAX:096-312-1894

開所日 火〜土曜日(10:00〜19:00)

休所日 日・月曜日、祝日、年末年始。熊本市国際交流会館休館日。

【リンク】

九州地方環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/

沖縄奄美自然環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/okinawa/

国立公園 http://www.env.go.jp/park/

地球環境基金の情報館 http://www.erca.go.jp/jfge/index.html

地球環境パートナーシッププラザ http://www.geoc.jp/

環境らしんばん http://www.geoc.jp/rashinban/

九十九島ビジターセンター http://www.kujukushima-visitorcenter.jp/

雲仙お山の情報館 http://unzenvc.com/

平成新山ネイチャーセンター http://heiseinc.com/

雲仙諏訪の池ビジターセンター http://suwanoikevc.web.fc2.com/

長者原ビジターセンター http://kyushu.env.go.jp/nature/tyojyabaru/

阿蘇草原保全活動センター 草原学習館 http://aso-sougencenter.jp/

南阿蘇ビジターセンター http://www.minamiaso-vc.go.jp/

えびのエコミュージアムセンター http://www.ebino-ecomuseum.go.jp/

重富海岸自然ふれあい館 なぎさミュージアム http://www.nagisa-museum.com/

対馬野生生物保護センター http://kyushu.env.go.jp/twcc/

漫湖水鳥・湿地センター http://www.manko-mizudori.net/

やんばる野生生物保護センター http://www.ufugi-yambaru.com/

西表野生生物保護センター http://iwcc.a.la9.jp/

さんごゆんたく館 https://www.facebook.com/sangoyuntakuvc/

----------------------------------------------------------------

当メルマガへの登録・退会は、大変お手数でございますが

https://epo-kyushu.jp/contact.html

のフォームからご連絡をお願いいたします。

----------------------------------------------------------------

環境パートナーシップに関するご質問、当メルマガへのご意見、ご感想

などがございましたらまでどうぞ!

----------------------------------------------------------------
taisei shizen rekishi2021
2021年05月06日

【7/30必着】公益信託…

公益信託 大成建設自然・歴史環境基金は、自然・歴史環境の保全活動や研究を行う非営利団体への助成を行っています。 今年度の募集は令和3年5月11日に要項が基金のWebサイトへ情報掲載予定です。…
2021年05月01日

九州・沖縄各県の環境政策情報(…

令和3年4月下旬の九州、沖縄各県の環境に関する行政情報を掲載しています。 ぜひ御覧ください。…
2021年05月01日

【8/31締切】環境生活文化機…

公益社団法人…
2021年05月01日

【結果公表】環境省…

環境省では、エコツーリズムを活用した地域活性化を推進する活動に対して「エコツーリズム地域活性化支援事…
2021年05月01日

【資料公表】環境省…

農林水産省と環境省は、令和2年度の「コロナ後の経済社会の再設計(Redesign)に向けた「農林水産…