epohedimg005

EPO九州 メールマガジン 「えぽねっと九州」vol.153 Thu, 15 Nov 2018

中間支援あるある♯
情報化が浸透した今だからこそ問われる膝詰めと現場の醍醐味。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 九州・沖縄のタイムリーな環境情報をお届けする
                「EPOねっと九州」vol.153

◇EPO九州より
11月も半ばになり日が暮れるのが早くなりましたね。車を運転するドライバーにとって、前方の見通しが悪くなったり、年の瀬に向けて交通量が少しずつ増えたりと、気持ちが焦っていまう時期でもあります。
11月は「エコドライブ推進月間」。いつもよりも注意をすることはもちろん、「やさしい発進」や車間距離にゆとりをもって「加速・減速の少ない運転」など、エコドライブをこころがけてみましょう。
http://www.env.go.jp/air/info/ecodrive_m/


【もくじ】

■EPO九州・ESD活動支援センターからのお知らせ

  □【11/17開催】第9回 世界遺産学習全国サミット in むなかた

 □【11/30・12/1開催】ESD推進ネットワーク 全国フォーラム2018

  □【12/5開催】地域創生×SDGsセミナー:地域の取組みが世界を変える〜「産官学金民」のSDGs取組事例を中心に〜

 □【募集中】地域ESD活動推進拠点(地域ESD拠点)登録について



■ビジターセンターからのお知らせ

 <九十九島ビジターセンター>

 <雲仙諏訪の池ビジターセンター>

 <阿蘇草原保全活動センター 草原学習館>

 <南阿蘇ビジターセンター>



■九州地方環境事務所からのご案内

  □ アクティブ・レンジャー日記



■関連情報

 □第五次環境基本計画英訳版のホームページ公開
 
 □【11/20締切】平成30年度地域の環境課題解決に向けたSDGs人材研修

 □【12/10締切】「積水ハウスマッチングプログラム2019年度」助成団体公募

 □【12/22開催】平成30年度森林ボランティア活動報告会・交流会

 □【2019/1/10締切】「2019年度 未来につなぐふるさと基金」募集開始



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃EPO九州・ESD活動支援センターからのお知らせ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□【11/17開催】第9回 世界遺産学習全国サミット in むなかた

「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群世界文化遺産登録1周年記念事業として、「第9回 世界遺産学習全国サミット in むなかた 〜九州・宗像で、学び合い、発信しよう!わがふるさとに愛着と誇りをもつために〜」を宗像ユリックスを会場に開催します。
午前の部では、6つの分科会に分かれて全国の取組を発表。午後の全体会では、子どもたちによる実践発表や子どもサミット、記念講演が開催されます。九州地方ESD活動支援センターは本サミットを後援しています。みなさまのご参加をお待ちしております。

■日 時:2018年11月17日(土)9:30から16:30
■会 場:宗像ユリックス・イベントホール
     (福岡県宗像市久原400番地)
■主 催:宗像市教育委員会、宗像市、世界遺産学習連絡協議会
■定 員:午前の部は要事前申し込み、午後の部は参加自由
■料 金:無料

◆詳しい内容や申込方法は以下をご参照ください。
http://www.city.munakata.lg.jp/w041/030/010/070/20180926102449.html

___________________________________________________________


□【11/30・12/1開催】ESD推進ネットワーク 全国フォーラム2018

3回目となる今回は、「SDGs(持続可能な開発目標)を地域で達成していくための人づくり:地域ESD拠点の可能性」と題し、SDGsを地域で達成していくための人づくりとしてのESDと、ESD推進ネットワークにおいて重要な役割を担う地域ESD活動推進拠点(地域ESD拠点)に焦点を当て、意見交換を行います。

■主 催 ESD活動支援センター、文部科学省、環境省
■共 催 独立行政法人国立青少年教育振興機構
■後 援 日本ユネスコ国内委員会
■協 力 情報共有コーナー出展団体、等(セッション2出展団体)
■日 時 平成30年11月30日(金)13:00-18:00
         12月 1日(土)9:30-14:30
■会 場 国立オリンピック記念青少年総合センター(東京都渋谷区代々木神園町3番1号)
     全体会:カルチャー棟 小ホール
     分科会:分科会用会議室(カルチャー棟、センター棟)
■アクセス
 ◆小田急線「参宮橋」駅下車 徒歩約7分
 ◆地下鉄千代田線「代々木公園」駅下車 徒歩約10分(代々木公園方面4番出口)

■参加費 無料
※1日目全体会終了後、同会場にて懇親会(18:30-20:00 会費制)を予定しています。

◆詳しい内容や申込方法は以下をご参照ください。
https://kyushu.esdcenter.jp/2018/10/16/esd_zenkoku_forum2018/

___________________________________________________________

□【12/5開催】地域創生×SDGsセミナー:地域の取組みが世界を変える〜「産官学金民」のSDGs取組事例を中心に〜

熊本県において、自治体、民間企業、市民、大学・研究機関、金融機関等を対象に、SDGsについて理解を深め、いかにSDGsを好機として捉えていくか、そのヒントを探ることを目的として、産・官・学・金・民それぞれの立場からSDGsの取組み事例を紹介するセミナーが開催。九州地方ESD活動支援センターは後援しています。

■日 時:2018年12月5日(水)13:30から17:30
■会 場:くまもと県民交流館パレア 会議室8
     (熊本市中央区手取本町8-9)
■主 催:ジェトロ熊本・ジェトロ・アジア経済研究所・JICA九州
■定 員:60名(先着順)
■参加費:無料
■申込締切:2018年11月30日(金)

◆詳しい内容や申込方法は以下をご参照ください。
https://kyushu.esdcenter.jp/2018/11/15/sdgsseminar/



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ビジターセンター等からのお知らせ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<九十九島ビジターセンター>━━━━━━━━
□九十九島サロン5『美しい湾 九十九島の思い出』
不思議がいっぱいの西海国立公園のことを専門家がわかりやすく解説します。

■日  時 12月16日(日)14:00〜16:00
■場  所 九十九島ビジターセンター
■講  師 遠藤清明 氏(鹿子前地区在住)
■参 加 費 無料
■対  象 どなたでも
※事前申込み不要


□うみかぜガイドウォーク
九十九島パールシーリゾート内にあるうみかぜ広場を自然観察しながら歩きます。

■日  程 随時(要相談)
■時  間 1時間程度(要相談)
■集合場所 九十九島ビジターセンター
■参 加 費 無料
■対  象 4歳以上(小学3年生以下は保護者も参加)
■定  員 20名程度


□長尾半島ガイドウォーク
九十九島ビジターセンターから歩いて15分の長尾半島を自然散策しながら歩きます。
■日  程 随時(要相談)
■時  間 2時間程度(要相談)
■集合場所 九十九島ビジターセンター
■参 加 費 無料
■対  象 小学生以上(小学3年生以下は保護者も参加)
■定  員 20名程度

【申込・問合せ先】
西海国立公園 九十九島ビジターセンター
? 0956-28-7919 FAX 0956-28-7351
URL:http://www.kujukushima-visitorcenter.jp

https://epo-kyushu.jp/news-list/kyushu-news/1230-2018-11-06-02-12-20.html



<雲仙諏訪の池ビジターセンター>━━━━━━━━
□星空観察会
■日 程:毎週金から日曜日、12月31日から1月3日の晴天時
■時 間:19:30から21:00
■参加費:無料
■申込方法:当日の20:30までにセンターに直接お越しください。
■準備物:特になし
■備 考 
 雨天・曇天・雷の場合は中止 当日の開催状況はブログにてお知らせします。


□太陽観察会
■日 程:平成30年12月8日(土)平成30年1月1日(火)
■時 間:10:00から11:30
■参加費:無料
■申込方法:当日の11:15までにセンターに直接お越しください。
■準備物:特になし
■備 考 
 雨天・曇天・雷の場合は中止 当日の開催状況はブログにてお知らせします。


□お手軽バードウォッチング
■日 程    
 平成30年11月17日(土)24日(土)、12月9日(日)16日(日)22日(土)24日(月)29日(土)〜31日(月)
 ※雨天中止
■時 間
 10:00から15:00の好きな時間(15:00までの受付)
 コース・・・60分、90分、120分の好きなコースをお選びください
■参加費:無料
■申し込み方法  
 お電話かカウンターで前日までにお申し込み下さい。
■備 考
 定 員 1回1グループ 2名より実施(10名以上は、事前申し込み)
 団体が入っている場合は、お断りすることがあります。


□諏訪の池でバードウォッチング
■日 程:平成30年12月23日(日)※雨天中止
■時 間:10:00から15:00(途中参加はできません)
■参加費:800円(昼食代・保険代込み)
■申し込み方法  
 12月16日(日)までにお電話にて申し込み下さい。
■定 員:10名(先着順・要予約)


【申込・問合せ先】
雲仙諏訪の池ビジターセンター
TEL:0957-76-5010
URL:http://suwanoikevc.web.fc2/com/

https://epo-kyushu.jp/news-list/kyushu-news/1235-2018-11-15-06-44-58.html


<阿蘇草原保全活動センター 草原学習館>━━━━━━━━
□野焼き支援ボランティア2018年度初心者研修会研修会
春の野焼きに参加するための『野焼き支援ボランティア初心者研修会』を下記の日程で行います。研修を受講して、阿蘇千年の草原を守る『草原保全の応援団』として一緒に活動しましょう。

■日 程:
 第1回 2019年1月12日(土)
 第2回 2019年1月20日(日)
 第3回 2019年2月2日(土)
 第4回 2019年2月6日(水)
■会 場:阿蘇草原保全活動センター『草原学習館』
     阿蘇市小里656(内牧の国道212号線を挟んで“はな阿蘇美”の道向かいになります。)
TEL0967−32−4193   マップコード 256 786 557

■時 間:10:00〜16:00(受付 9:30)
■参加費:1,000円(資料代、昼食代)
■申込方法: 
 ?HP http://www.asogreenstock.com/ からWEBで申し込み
 ?添付ファイルのチラシ(裏面)の申込書に必要事項を記入のうえFAX又は郵送で申し込み   
■準備物:火消棒作りを屋外で行いますので、防寒対策の上動きやすい服装でさんかしてください。また、作業用の手袋(革手袋又は軍手)を用意してください。
■備 考:不明な点はご遠慮なくお問い合わせください。


【主催・問合せ先】
公益財団法人阿蘇グリーンストック
TEL:0967-32-3500 FAX:0967-32-2255
URL:http://www.asogreenstock.com/

https://epo-kyushu.jp/news-list/kyushu-news/1229-2018-11-06-01-38-53.html



<南阿蘇ビジターセンター>━━━━━━━━
□フォトサークル根子岳会員の写真展開催中
■日 程:11月3日(土)〜11月30日(火)
■備 考:南阿蘇ビジターセンター内多目的ホールにて
 

□「あなたの作品を展示しませんか?」と題して作品展示される方募集中!
概ね2m程のスペースを持ち分として展示して頂けます。
絵画・写真・俳句・絵手紙等、手法は自由。テーマとして、阿蘇の自然に関する物(少なくとも1点は必要です)
■展示期間:12月10日(月)〜平成31年1月31日(木)
■申込締切:11月25日(日)

◆詳しくは下記連絡先までお電話ください。
南阿蘇ビジターセンター
TEL・FAX 0967-62-0911



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃九州地方環境事務所からのご案内
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

□アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]を随時更新しています!

アクティブ・レンジャーとは、自然保護官の補佐役として、国立公園等のパトロール、調査、利用者指導、自然解説などの業務を担う環境省の職員です。
管内には、瀬戸内海、西海、雲仙天草、阿蘇くじゅう、霧島錦江湾、屋久島、慶良間諸島、西表石垣、やんばる、奄美群島国立公園があります。
アクティブ・レンジャー日記では、各国立公園での活動情報などを担当官が紹介しています。

アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]トップページ
http://kyushu.env.go.jp/blog/index.html
※随時更新されています。過去の記事は上記ウェブサイトにアクセスしていただき、ページ右側のカレンダー等から閲覧することができます。



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃関連情報
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

□第五次環境基本計画英訳版のホームページ公開

この度、第五次環境基本計画の本文及び概要版の英訳版が完成し、以下のとおりホームページに公開されました。

●日本語版ホームページリンク(資料 → 参考資料 → 英訳版)
https://www.env.go.jp/policy/kihon_keikaku/plan/plan_5.html
●英語版ホームページリンク(Issues → Environmental Plan → The Fifth Basic Environment Plan)
http://www.env.go.jp/en/policy/index.html

___________________________________________________________


□【11/20締切】平成30年度地域の環境課題解決に向けたSDGs人材研修

環境省では、環境課題にSDGsの視点を取り入れ、環境の面からだけではなく経済及び社会の面から総合的なアプローチをすることにより、2030年に向けた持続可能な社会の実現や、地域循環共生圏の形成を目指した環境課題を中心とする地域課題の解決に取り組む人材(SDGs人材)育成のための研修を行います。


■研修日程
 (1)事前研修
    平成30年12月1日(土)東京都内
 (2)現地研修    
   ・平成30年12月8日(土)〜9日(日)北海道余市町内
   ・平成30年12月15日(土)〜16日(日)広島県安芸太田町内
   ・平成31年1月5日(土)〜6日(日)愛媛県宇和島市内
    ※上記のうちのいずれか1つに参加
 (3)事後研修
    平成31年1月26日(土)東京都内
■募集期間:平成30年11月20日(火)正午まで
■募集人数:各研修地につき10名程度
■参加条件:原則として現在、民間企業等に勤務している若手社会人(35歳以下を想定)で、事前・現地・事後の全ての研修日程に参加できる者

◆詳しい内容や申込方法は以下をご参照ください。
https://www.env.go.jp/press/106125.html

___________________________________________________________


□【12/10締切】「積水ハウスマッチングプログラム2019年度」助成団体公募


「積水ハウスマッチングプログラムの会」では、2019年度助成 団体公募を実施いたします。積水ハウスグループの役員及び従業員から拠出金を募り、同額の積水ハウス株式会社からのマッチングギフトを実施し、サステナブル社会の構築に寄与する社会的活動を支援します。
今回は、国連が進める社会課題の解決(SDGs)につながる市民団体の事業の支援も行うこととします。ご応募をお待ちしております!

■募集期間:2018年12月10日(月)17時まで
■対  象
・「積水ハウスこども基金」…次世代を担うこどもたちを育成することを目的とし、こどもたちの健全な育成に関わる活動を支援。
・「積水ハウス環境基金」…環境問題の解決に寄与することを目的とし、温暖化防止、生態系保全や資源循環に関わる活動を支援。
・「積水ハウス住・コミュニティ基金」…地域に根差した豊かな住環境の創造を目的とし、まちづくりや地域コミュニティに関わる活動を支援。

◆詳しい内容や申込方法は以下をご参照ください。
http://www.sekisuihouse.co.jp/matching/

___________________________________________________________


□【12/22開催】平成30年度森林ボランティア活動報告会・交流会


熊本県主催で行われる「平成30年度森林ボランティア活動報告会・交流会〜森林を守るために私たちが出来ること〜」。第1部の基調講演後の第2部において、EPO九州より「SDGs時代の森づくりと地域づくり」と題して話題提供をいたします。ぜひ、ご参加ください。

■日 時:2018年12月22日(土)13:30から17:30(受付13:00〜)
■会 場:ホテル熊本テルサ
     (熊本市中央区水前寺公園28-51)
■定 員:100名
■料 金:無料
■問合せ・申込先
 公益社団法人 熊本県緑化推進委員会
 TEL:096‐387‐6260 FAX:096‐387‐6218
 メールアドレス: 
 HP: http://www.midori-no-mori.net

https://epo-kyushu.jp/epo-topix/news-of-epo-kyushu/1232-12-22-30.html

___________________________________________________________


□【2019/1/10締切】「2019年度 未来につなぐふるさと基金」募集開始

パブリックリソース財団とキヤノンマーケティングジャパンが立ち上げた「未来につなぐふるさと基金」では、生物多様性に関する市民参加型プログラムを協働で実施する団体を募集しています。

■募集期間:2019年1月10日(木)まで
■対象団体:NPO法人、一般法人、公益法人、任意団体などの市民活動団体
■募集団体数:5団体
◆詳しい内容や申込方法は以下をご参照ください。
http://www.public.or.jp/PRF/fund/fund_03/index.html



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発 行】
九州地方環境パートナーシップオフィス EPO九州
https://epo-kyushu.jp    E-mail:

九州地方ESD活動支援センター
http://kyushu.esdcenter.jp  E-mail:

EPO・ESDセンターのフェイスブックを更新中!
https://www.facebook.com/EPOkyushu

〒860−0806 熊本市中央区花畑町4-18 熊本市国際交流会館2F
TEL:096-312-1884  FAX:096-312-1894
開所日 火〜土曜日(10:00〜19:00)
休所日 日・月曜日、祝日、年末年始。熊本市国際交流会館休館日。



【リンク】
九州地方環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/

那覇自然環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/naha/

国立公園 http://www.env.go.jp/park/

地球環境基金の情報館 http://www.erca.go.jp/jfge/index.html

地球環境パートナーシッププラザ http://www.geoc.jp/

環境らしんばん http://www.geoc.jp/rashinban/

九十九島ビジターセンター http://www.kujukushima-visitorcenter.jp/

雲仙お山の情報館 http://unzenvc.com/

平成新山ネイチャーセンター http://heiseinc.com/

雲仙諏訪の池ビジターセンター http://suwanoikevc.web.fc2.com/

長者原ビジターセンター  http://kyushu.env.go.jp/nature/tyojyabaru/

阿蘇草原保全活動センター 草原学習館 http://aso-sougencenter.jp/

南阿蘇ビジターセンター http://www.minamiaso-vc.go.jp/

えびのエコミュージアムセンター http://www.ebino-ecomuseum.go.jp/

重富海岸自然ふれあい館 なぎさミュージアム http://www.nagisa-museum.com/

対馬野生生物保護センター http://kyushu.env.go.jp/twcc/

漫湖水鳥・湿地センター http://www.manko-mizudori.net/

やんばる野生生物保護センター http://www.ufugi-yambaru.com/

西表野生生物保護センター http://iwcc.a.la9.jp/

さんごゆんたく館 https://www.facebook.com/sangoyuntakuvc/

----------------------------------------------------------------
当メルマガへの登録・退会は、
http://epo-kyushu.jp/about/magazine.html
もしくは、退会用URL: http://epo-kyushu.jp/xmailinglist/eponews/
のフォームからお願いいたします。
----------------------------------------------------------------
環境パートナーシップに関するご質問、当メルマガへのご意見、ご感想
などがございましたらまでどうぞ!
----------------------------------------------------------------

Tags: ,
Default Image
2019年03月15日

九州・沖縄各県の環境政策情報(3月上旬)…

3月上旬の九州・沖縄各県の環境政策情報の一覧です。…
2019年03月14日

【参加募集】長者原ビジターセン…

大分県の長者原ビジターセンターから、春のイベント情報が届きました。 ぜひご参加ください!…
2019年03月13日

『野焼き支援ボランティア活動2…

野焼き支援ボランティア活動20周年記念祭~阿蘇の大草原を永遠に~…
2019年03月13日

 平成30年度長崎県再生可能エ…

長崎県では、再生可能エネルギーを活かした産業振興、雇用創出や低炭素化、グリーン化に向け、県内各地域に…
2019年03月13日

「エコライフ・フェア2019」…

環境省は6月の環境月間にあわせて、幅広い年齢層の方が環境問題について楽しみながら学び、体験する場を提…