epohedimg005

EPO九州 メールマガジン 「えぽねっと九州」vol.150 Fri, 28 Sep 2018

環境団体あるある♯
ニーズが高い「食」からの体験活動アプローチ。
まずは安全性を確保して実践しよう。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 九州・沖縄のタイムリーな環境情報をお届けする
                「EPOねっと九州」vol.150

◇EPO九州より
10月は、リデュース・リユース・リサイクル推進月間(略称:3R推進月間)です。最近では、買い物をする時にマイバッグ持参する人もずいぶん増えてきました。普段から必要な分だけを購入する、地域で生産された商品を買うなど、環境にやさしい買い物を心がけることも大切です。
“3R”(廃棄物等の発生抑制(Reduce)、再使用(Reuse)、再生利用(Recycle))を実践し、循環型社会の形成に向けた取組を推進していきましょう。
https://www.env.go.jp/recycle/circul/3r_gekkan/


【もくじ】

■EPO九州・ESD活動支援センターからのお知らせ

□【10/11開催】エコテクノ2018「SDGsセミナー」参加者募集

□【募集】第4回全国ユース環境活動発表大会

□【参加募集】平成31年度 地球環境基金 助成金説明会 〈佐賀会場〉

□【募集中】地域ESD活動推進拠点(地域ESD拠点)登録について


■地域ESD活動推進拠点

□【10/7開催】第19回日中韓環境教育ネットワーク(TEEN)シンポジウム

□第32回肥後の水とみどりの愛護賞 表彰式・講演会のご案内


■九州・沖縄地域の環境政策情報


■関連情報

□【募集】「日本自然保護大賞2019」活動募集!

□【募集】「第14回エコツーリズム大賞」




┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃EPO九州・ESD活動支援センターからのお知らせ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


□【10/11開催】エコテクノ2018「SDGsセミナー」参加者募集
2018年10月10日(水)から12日(金)まで、北九州市で開催される『エコテクノ2018~地球環境ソリューション展/エネルギー先端技術展~』。九州地域の特徴ある環境・エネルギー関連企業や先進的製品・技術を一堂に紹介するほか、SDGs達成への取り組みに関する情報発信やさまざまな専門技術のセミナー、イベントなどが実施されます。

10月11日(木)には、「SDGsセミナー 」が開催。
九州のSDGs未来都市である福岡県北九州市、長崎県壱岐市、熊本県小国町の取組が発表されるほか、EPO九州が環境省 SDGs活用ガイドの紹介をする予定です。
この3自治体はいずれも、特に先導的な取組をしている「自治体SDGsモデル事業」としても選定されています。

九州におけるSDGsの達成に向けた取り組みについて一度に聴講できる機会、ぜひお誘いあわせの上ご参加ください。

■日 時:平成30年10月11日(木) 10:30から12:20
■会 場:エコテクノ2018会場内 セミナー会場B
     (西日本総合展示場 新館 北九州市小倉北区浅野3-8-1)
■対 象:環境技術企業、各種団体、大学機関等
■プログラム:
 10:30 開会 九州地方環境事務所
 10:35 環境省SDGs活用ガイドの紹介 EPO九州
 10:45 SDGs未来都市(自治体)の取組みについて
 10:50 北九州市の取組:北九州市企画調整局政策調整課長 酒井 俊哉 氏
 11:10 小国町の取組:小国町政策課 審議員 白浜 真治 氏
 11:30 壱岐市の取組:壱岐市企画振興部政策企画課 主幹 小川 和伸 氏
 11:50 意見交換
 12:20 閉会
■セミナー申込:
 下記URLから、「SDGsセミナー」内の「このセミナーを申し込む」をクリックください。
 http://www.eco-t.net/seminar.html?aLink=semi02
■実施主体:
 主催 環境省九州地方環境事務所
 共催 公益財団法人北九州観光コンベンション協会
 協力 九州地方環境パートナーシップオフィス

◆詳しい内容は以下をご参照ください。
https://epo-kyushu.jp/epo-topix/news-of-epo-kyushu/1212-10-11-2018-sdgs.html

___________________________________________________________


□【募集】第4回全国ユース環境活動発表大会
環境省では、環境活動を行っている全国の高校生を対象とする「全国ユース環境活動発表大会」について、募集を開始しましたので、お知らせします。
全国8地区で実施する地方大会では、優れた活動発表を行った団体に対して地方環境事務所長賞等を授与。また、受賞者の中から特に優れた活動については全国大会へ出場。優良な取組を行っている高校に対しては、環境大臣賞等の授与を行います。

■日程等:
 〈地方大会〉
  日時:2018年11月11日(日)、11月18日(日)、12月9日(日)、12月16日(日)の4日間
  場所:各地方大会会場(北海道、東北、関東、中部、近畿、中国、四国、九州・沖縄の8ブロック)
  内容:高校生等による活動発表、ワークショップ、表彰式

 〈全国大会〉
  日時:2019年2月9日(土)から10日(日)
  場所:国連大学 ウ・タント国際会議場
  内容:(1日目) 全国ユース環境フォーラム
     (2日目)高校生等による活動発表、表彰式
■募集対象:
  高校生等の環境活動
 (1)地球温暖化対策、低炭素、生物多様性の保全、自然共生、資源循環など「環境」に関わる活動であって「持続可能な開発目標(SDGs)」の目標達成にも資する活動のことを指します。
 (2)授業での課題研究なども応募可とします。
 (3)過去の受賞歴・未発表・既発表は問いません。
   ※ただし、今年度または前年度に、いずれかのコンクールにおいて「環境大臣賞」を受賞した同一の活動は不可とします。
■応募締切:
   2018年10月29日(月)18時
■実施主体:
 主催 全国ユース環境活動発表大会実行委員会 
 (環境省/独立行政法人環境再生保全機構/国連大学サステイナビ リティ高等研究所)
 後援 読売新聞東京本社
 協力 地方環境パートナーシップオフィス(EPO)、地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)、ESD活動支援センター
 協賛 キリン株式会社、協栄産業株式会社、SGホールディングス株式会社、三井住友海上火災保険株式会社
■問合せ先:
 連絡先
    環境省大臣官房環境経済課民間活動支援室
    室長   佐藤 隆史
    室長補佐 長谷川 学
    直通 03-3406-5181

◆詳しい内容や応募方法については以下をご参照ください。
https://kyushu.esdcenter.jp/2018/09/20/youth/

___________________________________________________________


□【参加募集】平成31年度 地球環境基金 助成金説明会 〈佐賀会場〉
独立行政法人環境再生保全機構 地球環境基金部では、環境保全活動を行う環境NGO・NPOへ、資金の助成などの支援を行っています。
九州・沖縄地域では、10月25日に佐賀市で説明会を開催します。
「平成31年度 地球環境基金助成金」募集について、助成メニューの説明や要望書作成のポイント、活動計画のの立て方などの紹介を行います。
環境保全活動の資金獲得に向けて、ぜひこの機会をご利用ください。

■日時:2018年10月25日(木)18:30~20:45
■会場:佐賀市市民活動プラザ4階 大会議室
■定員:40名(参加無料、要事前申込み)
■対象:NPO等の資金獲得に関心のある方(任意団体にもおすすめです)

◆詳しい内容や申込み方法については以下をご参照ください。
https://epo-kyushu.jp/epo-topix/news-of-epo-kyushu/1215-31.html

___________________________________________________________


□【募集中】地域ESD活動推進拠点(地域ESD拠点)登録について
地域や社会の課題解決に関する学びや活動に取り組んでいらっしゃる学校現場・社会教育の現場等の皆様へ、ESDを支援・推進する団体として、「地域ESD活動推進拠点(以下「地域 ESD拠点」)のご登録を募っております。
九州地方ESD活動支援センターでは、ご登録いただいた団体をパートナーとして、当センターや他の地域ESD拠点と連携し、各地域・各分野で取り組まれるESDの支援やこれからESD活動を始められる主体への支援を「ESD推進ネットワーク」の中で果たしていきたいと考えています。
ご関心をお持ちの団体様は、まずは下記へご連絡ください。

ESD(Education for Sustainable Development)とは、持続可能な開発のための人と地域を育てる教育をさします。

■お問合せ 九州地方ESD活動支援センター
      TEL:096-223-7422 FAX:096-312-1894
      E-mail
(〒860-0806 熊本市中央区花畑町4-18 熊本市国際交流会館2F EPO九州内 )



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃地域ESD活動推進拠点
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

□【10/7開催】第19回日中韓環境教育ネットワーク(TEEN)シンポジウム
本シンポジウムでは、SDGs を軸に日本・中国・韓国の事例から、多様な主体による持続可能な地域づくりと日中韓の連携について考える本シンポジウム。元NHK「クローズアップ現代」キャスターの国谷裕子さんによる基調講演、日中韓からの事例報告、パネルディスカッションなどが開催されます。ぜひご参加ください。

■日時 10月7日(日) 13:30から17:00(13:00受付開始)
■場所 北九州国際会議場メインホール(小倉北区浅野3-9-30)
■内容
 ・テーマ 多様な主体による持続可能な地域づくり ~SDGsの達成に向けて~
 ・登壇者
 (発  表) 日中韓学識者等による報告
 (基調講演) 国谷 裕子 氏(元クローズアップ現代キャスター)
 (歓迎挨拶) 北橋市長(国谷氏登壇の前)
■参加費 無料
■主催:環境省、TEEN
■共催:北九州市、北九州ESD協議会(地域ESD拠点)

◆詳しい内容や応募方法などは以下をご参照ください。
https://kyushu.esdcenter.jp/2018/09/14/19_teen_symposium/

___________________________________________________________


□第32回肥後の水とみどりの愛護賞 表彰式・講演会のご案内
くまもとの水と緑の保全活動を実施されている団体・個人に贈る「肥後の水とみどりの愛護賞」は32回目を迎えました。
本年も愛護賞表彰式・講演会を開催いたしますので、お誘い合わせの上ご来場ください。

■開催日 平成30年10月17日(水) 13:30から15:30
■会 場 肥後銀行本店ビル2階大会議室(熊本市中央区練兵町1番地)
■参加費 無料
■講演会
 演題:『SDGsで読み解く熊本の持続可能な水とみどり』
 講師:蟹江 憲史氏 慶応義塾大学大学院 政策・メディア研究所 教授

公益財団法人 肥後の水とみどりの愛護基金(地域ESD拠点)
TEL 096-351-3882  FAX096-351-3885
http://www.mizutomidori.jp/

◆詳しい内容や応募方法などは以下をご参照ください。
http://kyushu.esdcenter.jp/2018/09/14/32_higo_aigosyo/


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃九州・沖縄地域の環境政策情報
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

新たな情報発信としまして、九州・沖縄各県の環境政策情報一覧を
EPO九州のHPに掲載しています。
県別に、ニュース、公募、イベントなど様々な情報が発信されています。
ぜひご覧ください。

 ★ご注意
詳細はリンク先を必ずご確認ください。
公開が終了している場合があります。
表示順、日程は前後する場合があります。
各県の情報はEPO九州で選択したものを公開しています。

・九州・沖縄各県の環境政策情報(9月上旬)
https://epo-kyushu.jp/news-list/kyushu-news/1206-9-3.html

・九州・沖縄各県の環境政策情報(9月下旬)
https://epo-kyushu.jp/news-list/kyushu-news/1214-9-5.html



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃関連情報
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□【募集】「日本自然保護大賞2019」活動募集!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
公益財団法人日本自然保護協会では、自然保護と生物多様性保全に大きく貢献する取り組みに対し、
その成果と尽力を表彰する「日本自然保護大賞2019」の活動募集をスタートしました。
全国各地、子どもから大人まで個人・グループ・法人が対象です。
5回目となる今回は「SDGs」や「生物文化多様性」への関心や行動の高まりなどを踏まえ、より幅広いジャンルから募集し、次の時代につながる意義ある賞をめざします。たくさんのご応募をお待ちしています。

■応募部門
 (1) 保護実践部門
 市民、大学生、専門家、企業、行政などがそれぞれの立場と特性を活かし、
 具体的な自然保護の実績をあげた活動、研究
 (2) 教育普及部門
 自然観察をはじめ、広く自然保護を目的とした教育・普及活動bw_a.jpg
 (3) 子ども・学生部門
 小学生から高校生まで、子どもが主体的に取り組んだ活動、研究
■応募方法
 自薦、他薦を問いません。3部門あり、複数の部門にご応募いただけます。
 他薦の場合は、候補者本人の了解を得てご推薦ください。
 下記webページの応募フォームよりご応募ください。
 https://www.nacsj.or.jp/form-sys/awardform/
■応募締切
 2018年10月31日(必着)
■お問合せ・郵送応募はこちらまで
 公益財団法人日本自然保護協会
 日本自然保護大賞2019担当/鶴田、芝小路
 〒104-0033東京都中央区新川1-16-10ミトヨビル2F
 TEL 03-3553-4101  
 E-mail:

◆詳しい内容や応募方法などは以下をご参照ください。
https://epo-kyushu.jp/news-list/grant-recruitment/1207-2019-2.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□【募集】「第14回エコツーリズム大賞」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
環境省では、エコツーリズム推進法に基づき、エコツーリズムの普及、定着のための様々な取組を推進。この一環として、エコツーリズムに取り組む事業者、団体、自治体などを対象とした「第14回エコツーリズム大賞」の募集を行っています。

■応募資格
 以下の活動に取り組んでいる事業者、団体、自治体などを対象とします。自薦、他薦は問いません。(例:ツアー事業者、宿泊事業者、交通事業者、コンサルタント、協議会、教育機関、学生団体、地方公共団体など)
 (1)地域の自然環境や歴史文化を保全しつつそれらを体験する「エコツーリズム」に関連する環境保全活動を取り入れた取組や様々な自然体験の取組。
 (2)環境保全、地域活性化、自然体験提供等の優れた活動。
 ※自然体験には、農林水産業体験や生活文化体験を通じた自然環境への理解につながる活動などを含みます。
■応募期限
 平成30年11月16日(金)まで ※必着
■主 催
 環境省、NPO法人日本エコツーリズム協会

◆詳しい内容や応募方法などは以下をご参照ください。
https://epo-kyushu.jp/news-list/grant-recruitment/1208-2018-09-20-01-47-37.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発 行】
九州地方環境パートナーシップオフィス EPO九州
https://epo-kyushu.jp    E-mail:

九州地方ESD活動支援センター
http://kyushu.esdcenter.jp  E-mail:

EPO・ESDセンターのフェイスブックを更新中!
https://www.facebook.com/EPOkyushu

〒860-0806 熊本市中央区花畑町4-18 熊本市国際交流会館2F
TEL:096-312-1884  FAX:096-312-1894
開所日 火~土曜日(10:00~19:00)
休所日 日・月曜日、祝日、年末年始。熊本市国際交流会館休館日。



【リンク】
九州地方環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/

那覇自然環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/naha/

国立公園 http://www.env.go.jp/park/

地球環境基金の情報館 http://www.erca.go.jp/jfge/index.html

地球環境パートナーシッププラザ http://www.geoc.jp/

環境らしんばん http://www.geoc.jp/rashinban/

九十九島ビジターセンター http://www.kujukushima-visitorcenter.jp/

雲仙お山の情報館 http://unzenvc.com/

平成新山ネイチャーセンター http://heiseinc.com/

雲仙諏訪の池ビジターセンター http://suwanoikevc.web.fc2.com/

長者原ビジターセンター  http://kyushu.env.go.jp/nature/tyojyabaru/

阿蘇草原保全活動センター 草原学習館 http://aso-sougencenter.jp/

南阿蘇ビジターセンター http://www.minamiaso-vc.go.jp/

えびのエコミュージアムセンター http://www.ebino-ecomuseum.go.jp/

重富海岸自然ふれあい館 なぎさミュージアム http://www.nagisa-museum.com/

対馬野生生物保護センター http://kyushu.env.go.jp/twcc/

漫湖水鳥・湿地センター http://www.manko-mizudori.net/

やんばる野生生物保護センター http://www.ufugi-yambaru.com/

西表野生生物保護センター http://iwcc.a.la9.jp/

さんごゆんたく館 https://www.facebook.com/sangoyuntakuvc/

----------------------------------------------------------------
当メルマガへの登録・退会は、
http://epo-kyushu.jp/about/magazine.html
もしくは、退会用URL: http://epo-kyushu.jp/xmailinglist/eponews/
のフォームからお願いいたします。
----------------------------------------------------------------
環境パートナーシップに関するご質問、当メルマガへのご意見、ご感想
などがございましたらまでどうぞ!
----------------------------------------------------------------
Tags: ,
Default Image
2019年01月10日

九州・沖縄各県の環境政策情報(1月上旬)…

1月上旬の九州・沖縄各県の環境政策情報の一覧です。…
2019年01月05日

第28回くまもと環境賞募集

「くまもと環境賞」は、熊本県環境基本条例に基づいて、平成3年度に創設しました。より豊かな環境の保全・…
2018年12月26日

九州・沖縄各県の環境政策情報(…

12月下旬の九州・沖縄各県の環境政策情報の一覧です。…
2018年12月14日

九州・沖縄各県の環境政策情報(…

12月上旬の九州・沖縄各県の環境政策情報の一覧です。…
2018年12月14日

【参加募集】第5回地球温暖化に…

12月2日からポーランドで開催されている国連気候変動枠組条約第24回締約国会議(COP24)をテーマ…