epohedimg005

EPO九州 メールマガジン 「えぽねっと九州」vol.133

環境団体あるある♯
越冬中の蛹や幼虫。見つけても、そっとしておいてね。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 九州・沖縄のタイムリーな環境情報をお届けする
                「EPOねっと九州」vol.133

◇地域拠点からの情報
◆ ピックアップ!南阿蘇ビジターセンター
◆ 九十九島ビジターセンター
◆ 雲仙諏訪の池ビジターセンター
◆ 長者原ビジターセンター
◆ 阿蘇草原保全活動センター 草原学習館
◆ えびのエコミュージアムセンター
◆ 漫湖水鳥・湿地センター

◇EPO九州より
来る1月31日は、スペシャルな月が見れる日です。
月が青っぽく見えるブルームーンの日で、準スーパームーン(月がやや大きく見える)でもあります。
更に、ブラッドムーン(赤胴色)が見れる皆既月食の日!
(部分食29:481〜、皆既食21:51〜、食の最大22:30頃。)
天気がよければじっくり観察できると思いますので、お楽しみに!

国立天文台 https://www.nao.ac.jp/astro/feature/lunar-eclipse20180131/


◆「メールマガジンに関するアンケート」協力のお願い◆
この度、EPO九州のメルマガをご購読いただいている皆様へ情報発信についてのアンケートを実施することとなりました。
お手数ですが、下記のリンク先から回答へのご協力お願い申し上げます。
https://goo.gl/forms/oFSc65DtmM79Pc4O2
※Googleフォームを利用しています。
セキュリティ等で回答ができない場合は、下記アドレスまでご連絡ください。



【もくじ】
■EPO九州・ESD活動支援センターからのお知らせ
□【登録開始】地域ESD活動推進拠点(地域ESD拠点)登録について
□【開催案内】九州環境教育ミーティング2018
「自然災害と生きるための環境教育」〜経験を学び、次世代へ伝える〜
□「第3回 全国ユース環境活動発表大会」のお知らせ
□【開催報告】ビジターセンター意見交換会 2017

■ビジターセンター等からのお知らせ
□ ピックアップ! <南阿蘇ビジターセンター>

<九十九島ビジターセンター>
□ 九十九島サロン 6『佐世保の埋蔵文化財』
□ 九十九島サロン 7『平戸藩旧蔵の伊能図-松浦静山と楽歳堂文庫の概要-』

<雲仙諏訪の池ビジターセンター>
□ 星空観察会
□ お手軽バードウォッチング

<長者原ビジターセンター>
□ タデ原の自然観察会
□ タデ原のミニガイドウォーク

<阿蘇草原保全活動センター 草原学習館>
□ 環境省 アクティブ・レンジャーパネル展
□ 野焼き支援ボランティア初心者研修会 参加募集!

<えびのエコミュージアムセンター>
□「野生動物写真コンテスト」入賞作品展

<漫湖水鳥・湿地センター>
□ 世界湿地の日関連イベント「野鳥観察会&マングローブ観察会」
□「漫湖みんなでミュージアム2017」コンクール受賞作品展

■九州地方環境事務所からのご案内
□ アクティブ・レンジャー日記


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃EPO九州・ESD活動支援センターからのお知らせ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□【登録開始】地域ESD活動推進拠点(地域ESD拠点)登録について

地域や社会の課題解決に関する学びや活動に取り組んでいらっしゃる学校現場・社会教育の現場等の皆様へ、ESDを支援・推進する団体として、「地域ESD活動推進拠点(以下「地域 ESD拠点」)のご登録を募っております。
九州地方ESD活動支援センターでは、ご登録いただいた団体をパートナーとして、当センターや他の地域ESD拠点と連携し、各地域・各分野で取り組まれるESDの支援やこれからESD活動を始められる主体への支援を「ESD推進ネットワーク」の中で果たしていきたいと考えています。
ご関心をお持ちの団体様は、まずは下記へご連絡ください。

ESD(Education for Susutainaobl Developmante)とは、持続可能な開発のための人と地域を育てる教育をさします。

■お問合せ 九州地方ESD活動支援センター
      TEL:096-223-7422 FAX:096-312-1894
      E-mail contact☆kyushu-esdcenter.jp
(〒860-0806 熊本市中央区花畑町4-18 熊本市国際交流会館2F EPO九州内)
______________________________
□【開催案内】九州環境教育ミーティング2018
 「自然災害と生きるための環境教育」〜経験を学び、次世代へ伝える〜

熊本地震や九州北部豪雨を始めとする、様々な自然災害とともに生きてきた地域に根づく環境教育について、その経験から学び伝える場として、22回目となる九州環境教育ミーティングを下記要領にて開催いたします。
どうぞご参加ください。

■日 程 2018年2月3日(土)・4日(日)
■会 場 火の国ハイツ(熊本市東区石原2丁目2-8)
■締 切 1月20日(土)まで
■参加費 13,000円(宿泊・交流会含む)、宿泊なしの方は8,000円
■内 容 2/3 12:00 事前学習フィールドワーク(希望者のみ)
        15:00 開会(受付14:30〜)
        15:15 話題提供&意見交換会
        19:00 交流会(21:30頃終了)
     2/4  9:00 参加者グループ意見交換
        11:30 閉会   
■主 催:九州環境教育ミーティング
■共 催:九州地方環境パートナーシップオフィス、九州地方ESD活動支援センター
■申込先:申込フォーム https://my.formman.com/t/UMfD/
メールの場合、下記必要事項を記入の上、E-mail までご送信下さい。
郵便番号・住所・氏名・フリガナ・性別・生年月日(保険加入のため)・連絡先(TEL・FAX・メールアドレス・携帯番号)・所属を明記して下記へお送り下さい。
※受付後、確認メール等をお送りいたします。
※お申し込み後、約1週間以内にフォームからの確認メールが届かない際には、お手数ですが下記へお問い合わせ先へご連絡下さい。

■問合せ
九州地方環境パートナーシップオフィス内
九州環境教育ミーティング事務局 係
〒860-0806 熊本市中央区花畑町 4-18
TEL 096-312-1884 FAX 096-312-1894
E-mail
___________________________
□「第3回 全国ユース環境活動発表大会」のお知らせ

「全国ユース環境活動発表大会」は、高校生の活動充実及び将来の活動ビジョン具体化を支援することを目的して、高校生の環境活動を全国から募集し、各地の選考を経た上で、その活動成果を発表する機会を提供するものです。
特に優れた活動発表に対しては、環境大臣賞等の授与を行います。
全国100高校から応募があり、九州からは、佐賀県立佐賀商業高等学校の「さが学美舎」が全国大会に選出されています。

■日  時 2018年2月3日(土)〜4日(日)
■会  場 国連大学 ウ・タント国際会議場
      (東京都渋谷区神宮前5-53-70)
■対  象 高校生の環境活動 
■応募方法 独立行政法人 環境保全機構 地球環境基金部内
      全国ユース環境ネットワーク事務局HPをご覧ください。
      https://www.erca.go.jp/jfge/youth/form/
______________________________
□【開催報告】ビジターセンター意見交換会 2017

平成29年12月18日(日)・19日(月)、鹿児島県姶良市・鹿児島市をフィールドにビジターセンター意見交換会を実施しました。
九州各県のビジターセンター等施設の職員の皆様を対象に、ESD推進についての周知ならびに連携、博物館等専門機関等との連携についての情報交換・交流の場とする目的です。
1日目の「重富海岸自然ふれあい館 なぎさミュージアム」では、姶良カルデラという海域カルデラが霧島錦江湾国立公園に指定された経緯や、公園内にある重富海岸でのESD活動などを伺いました。
2日目は、桜島ビジターセンターにて、NPO法人桜島ミュージアム理事長の福島氏より、桜島と展示についての解説とガイドツアーを受けました。
観光の視点を取り入れた運営や今後の展望についての取組紹介は、先進的取組として大変参考になりました。
ビジターセンターでどのようなESD活動ができるのか、また日頃の活動にどのようなESD的な要素があるのかについて共有することができ、活動の大きなヒントが得られた2日間となりました。

詳しくはこちら
https://epo-kyushu.jp/epo-topix/esd-promotion-business/1052-29.html

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ビジターセンター等からのお知らせ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Pick up!
<南阿蘇ビジターセンター>━━━━━━━━━━━

 南阿蘇ビジターセンターは、阿蘇の火山の成り立ちや草原と人との営み、阿蘇の生き物について楽しみながら学べる施設です。
 今、南阿蘇ビジターセンターの野草園は、静かな雪化粧です。でも愛らしい冬鳥たちの訪問があり、ヒレンジャク、アオジ、カシラダカ、ミヤマホオジロなどの姿を見ることができます。
館内では、カルデラ実験、DVD等による阿蘇の自然をご堪能いただけます。
また、下記のワークショップなども楽しめます。
・木の実などを使ったクラフト作り(100円)
・本格的に墨と顔彩で描く絵手紙 (100円)
・折り紙(50円)
ご希望の方には、ロープワークも無料で講習しております。
 寒いこの時期、是非館内でもお楽しみ下さい。

■南阿蘇ビジターセンター
 TEL 0967-62-0911
 http://www.minamiaso-vc.go.jp/

<九十九島ビジターセンター>━━━━━━━━━━━━━━━
□ 九十九島サロン 6『佐世保の埋蔵文化財』

不思議がいっぱいの西海国立公園のことを専門家がわかりやすく解説します。
今年度第6回目は「埋蔵文化財」をテーマにお話しをしていただきます。
 
■日  時 1月21日(日)14:00〜16:00
■場  所 九十九島ビジターセンター
■講  師 久村貞男氏(佐世保地区連合史跡保存会 会長)
■参 加 費 無料
■対  象 どなたでも ※事前申込み不要


□ 九十九島サロン 7『平戸藩旧蔵の伊能図-松浦静山と楽歳堂文庫の概要-』

不思議がいっぱいの西海国立公園のことを専門家がわかりやすく解説します。
今年度第7回目は平戸藩松浦家所蔵の伊能図についてお話しをしていただきます。
 
■日  時 2月6日(火)14:00〜16:00
■場  所 九十九島ビジターセンター
■講  師 久家孝史氏(松浦資料博物館 学芸員)
■参 加 費 無料
■対  象 どなたでも ※事前申込み不要


■お問合せ 九十九島ビジターセンター
      TEL 0956-28-7919 
      http://www.kujukushima-visitorcenter.jp/

<雲仙諏訪の池ビジターセンター>━━━━━━━━━━━━━
□ 星空観察会

■日 程 毎週土曜日の晴天時
     2月11日(日)の晴天時
■時 間 19:30〜21:30
     ※雨天・曇天・雷の場合中止
■参加費 無料
■対 象 どなたでも
■予 約 不要(21:00までに受付をすませてください)


□ お手軽バードウォッチング

諏訪の池ビジターセンター周辺で、ビジターセンターのスタッフと一緒にお散歩をしませんか?
身近な自然がたっぷりの諏訪の池で、いろいろな野鳥をさがしましょう!
30分〜120分コースの好きなコースを選んでくださいね。
※団体やイベントが入っている場合は、お断りする事もあります(お申込みは3日前まで)。
※開催時間内の好きな時間を選んで頂けますが、1グループずつのガイドとになり、先着順になります(同時間に2つ以上の開催はできません)。


■日 程 平成30年1月20日(土)21日(日)26日(金)〜28日(日)
     2月2日(金)〜4日(日)9日(金)〜12日(月)16日(金)23日(金)〜25日(日)
     ※雨天、降雪時中止
■時 間 9:30〜16:00の好きな時間(受付は15:00まで)
■コース 60分、90分、120分の好きなコースをお選びください。
■参加費 無料
■定  員 1回1グループ 2名より実施
■申込み 3日前までに、お電話かカウンターで直接お申し込み下さい。
■備 考 団体が入っている場合は、お断りすることがあります。事前に予約していただくと、確実にお伺いすることができます。


■お問合せ 雲仙諏訪の池ビジターセンター
      TEL 0957-76-5010 FAX 0957-74-9051
      http://suwanoikevc.web.fc2.com/

<長者原ビジターセンター>━━━━━━━━━━━━━━━━
□ タデ原の自然観察会

ラムサール条約登録湿地・タデ原(たでわら)の木道やその周辺を、くじゅうの自然や歴史の話をしながらゆっくり歩きます。案内人は「九重の自然を守る会」のボランティアガイドの方々。
冬のタデ原も、花の季節とは一味違っていいものですよ。暖かくしてお越しください。

■主  催 九重の自然を守る会・長者原ビジターセンター
■日  時 1月28日(日)、2月11日(日)、25日(日)
      いずれも10:00〜12:00
■申し込み 朝10:00までに長者原ビジターセンターの受付までお越しください。
      個人参加の場合、予約は不要です。
      団体参加の場合は事前にご相談ください。
■参 加 費 無料
 

□ タデ原のミニガイドウォーク
 
長者原ビジターセンターの職員が、木道約800mのコースを歩きながら、タデ原湿原やくじゅう連山の冬ならではの見どころを30分程度に詰め込んでお伝えします。
短い時間でタデ原湿原を楽しみたい人におすすめです。

■主  催 長者原ビジターセンター
■日  時 毎日11:00〜/14:00〜 各30分程度
■申し込み 当日出発時刻までに、長者原ビジターセンターの受付までお越しください。
      都合により中止にすることもありますので、
      参加希望の方はなるべく事前にお問い合わせください。
■参 加 費 1人100円(保険料込み)


■申し込み・お問合せ 長者原ビジターセンター
      TEL:0973-79-2154
      http://kyushu.env.go.jp/nature/tyojyabaru/

<えびのエコミュージアムセンター>━━━━━━━━━━━━
□「野生動物写真コンテスト」入賞作品展

一般財団法人 自然公園財団主催「第9回 野生動物写真コンテスト(平成28年度)」には、北海道から九州・沖縄まで、自然公園とその周辺の自然界に生きる多様な野生動物たちの姿を捉えた作品が数多く集まりました。
応募総数1,110点の中から選ばれた入賞作品38点の展示会です。豊かな自然の中で生きる野生動物たちの命と営みをぜひご覧ください。

■開催期間 2018年2月1日〜2月25日
■会館時間 9:00〜17:00

第9回 野生動物写真コンテストHP
http://www.bes.or.jp/information/photo/h28_exhibition.html


■お問合せ  えびのエコミュージアムセンター
      TEL 0984-33-3002
      http://www.ebino-ecomuseum.go.jp/

<漫湖水鳥・湿地センター>━━━━━━━━━━━━━━━━
□ 世界湿地の日関連イベント「野鳥観察会&マングローブ観察会」

毎年2月2日は「世界湿地の日」。『都市の湿地を守ろう〜持続可能な未来のために〜』が今年のテーマです。
漫湖は那覇市と豊見城市の境目に位置し、都会の中にある湿地ですが、街の喧騒から離れて自然のなかでほっと一息ついたり、いろんな生き物を観察したり、あるいは環境教育の実践の場として、多くの方々に幅広く利用されています。
ちょうど渡り鳥の多いこの時期、野鳥やマングローブの観察を一緒にしませんか。

■開 催 日 平成30年2月3日(土)・4日(日)
■開催時間 10:00〜12:00 野鳥観察会
      13:00〜15:00 マングローブ観察会

※詳細やお申し込みについては、センターへ直接お問い合わせください。
※イベント日時や内容は天候や講師の都合等により一部変更や中止になる場合があります。


□「漫湖みんなでミュージアム2017」コンクール受賞作品展

昨年公募した“漫湖の自然や生きもの、センターの見学・観察会での体験や思い出を題材にした作品”の受賞作品展(絵画、作文、写真)を下記にて開催中です。
是非ご覧ください。

○漫湖水鳥・湿地センター 1月6日(土)〜1月21日(日)
〇沖縄県庁 1Fロビー   1月24日(水)〜2月2日(金)
○那覇市役所1Fロビー    2月7日(水)〜2月16日(金)
○豊見城市役所1Fロビー  2月21日(水)〜3月2日(金)


■お問合せ 漫湖水鳥・湿地センター  
       Tel 098-840-5121  
       http://www.manko-mizudori.net/


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃九州地方環境事務所からのご案内
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□ アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]を随時更新しています!

アクティブ・レンジャーとは、自然保護官の補佐役として、国立公園等のパトロール、調査、利用者指導、自然解説などの業務を担う環境省の職員です。
管内には、瀬戸内海、西海、雲仙天草、阿蘇くじゅう、霧島錦江湾、屋久島、慶良間諸島、西表石垣、やんばる、奄美群島国立公園があります。
アクティブ・レンジャー日記では、各国立公園での活動情報などを担当官が紹介しています。
最新の掲載記事は次のとおりです。

【12月】
■冬のやんばると春に向けた準備【やんばる地域】(やんばる)
■野鳥たちが飛来【石垣地域】(西表石垣)
■みんなで守ろう、カンムリワシ!【石垣地域】(西表石垣)
■アメリカハマグルマの駆除をしました!【屋久島地域】(屋久島)

アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]トップページ
http://kyushu.env.go.jp/blog/index.html
※随時更新されています。過去の記事は上記ウェブサイトにアクセスしていただき、ページ右側のカレンダー等から閲覧することができます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発 行】
九州地方環境パートナーシップオフィス EPO九州
https://epo-kyushu.jp    E-mail:

九州地方ESD活動支援センター
http://kyushu.esdcenter.jp  E-mail:

〒860−0806 熊本市中央区花畑町4-18 熊本市国際交流会館2F
TEL:096-312-1884  FAX:096-312-1894
開所日 火〜土曜日(10:00〜19:00)
休所日 日・月曜日、祝日、年末年始。熊本市国際交流会館休館日。



【リンク】
九州地方環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/

那覇自然環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/naha/

国立公園 http://www.env.go.jp/park/

地球環境基金の情報館 http://www.erca.go.jp/jfge/index.html

地球環境パートナーシッププラザ http://www.geoc.jp/

環境らしんばん http://www.geoc.jp/rashinban/

九十九島ビジターセンター http://www.kujukushima-visitorcenter.jp/

雲仙お山の情報館 http://unzenvc.com/

平成新山ネイチャーセンター http://heiseinc.com/

雲仙諏訪の池ビジターセンター http://suwanoikevc.web.fc2.com/

長者原ビジターセンター  http://kyushu.env.go.jp/nature/tyojyabaru/

阿蘇草原保全活動センター 草原学習館 http://aso-sougencenter.jp/

南阿蘇ビジターセンター http://www.minamiaso-vc.go.jp/

えびのエコミュージアムセンター http://www.ebino-ecomuseum.go.jp/

重富海岸自然ふれあい館 なぎさミュージアム http://www.nagisa-museum.com/

対馬野生生物保護センター http://kyushu.env.go.jp/twcc/

漫湖水鳥・湿地センター http://www.manko-mizudori.net/

やんばる野生生物保護センター http://www.ufugi-yambaru.com/

西表野生生物保護センター http://iwcc.a.la9.jp/

----------------------------------------------------------------
当メルマガへの登録・退会は、
http://epo-kyushu.jp/about/magazine.html
もしくは、退会用URL: http://epo-kyushu.jp/xmailinglist/eponews/
のフォームからお願いいたします。
----------------------------------------------------------------
環境パートナーシップに関するご質問、当メルマガへのご意見、ご感想
などがございましたらまでどうぞ!
----------------------------------------------------------------
r2minactionaward
2020年06月03日

環境省…

環境省が平成10年度より実施してきた「地球温暖化防止活動環境大臣表彰」を「気候変動アクション環境大臣表彰」としてリニューアルし、気候変動の「緩和」及び気候変動への「適応」に顕著な功績のあった個人又は団…
2020年06月03日

【SDGs】SDGs169ター…

SDGs(持続可能な開発目標)において、原文が英語で書かれていいるターゲットについて、「SDGs16…
2020年06月03日

【助成金】公益財団法人再春館「…

地域ESD推進拠点にご登録いただいております、公益財団法人…
2020年06月03日

【助成金】瀬戸内オリーブ基金…

瀬戸内海周辺一帯で、ゆたかなふるさとを守り、育て、次世代に引き継ぐ活動費用を支援する瀬戸内オリーブ基…
2020年05月30日

九州・沖縄各県の環境政策情報(…

5月下旬の九州、沖縄各県の環境に関する行政情報を掲載しています。 ぜひ御覧ください。 ★ご注意…