epohedimg005

EPO九州 メールマガジン 「えぽねっと九州」vol.119

中間支援あるある#
異なる意見が協働のチャンス! 1+1を3に、4に。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 九州・沖縄のタイムリーな環境情報をお届けする
                「EPOねっと九州」vol.119

◇今月の施設情報
◆ 九十九島ビジターセンター
◆ 雲仙諏訪の池ビジターセンター
◆ 長者原ビジターセンター
◆ 漫湖水鳥湿地センター

◇EPO九州より
1年で最も昼が長い夏至に向けて、日が長くなってきました。
梅雨時期に重なり、本格的な暑さが始まる季節の到来です。
本格的な暑さの前に、体力向上も心がけましょう。
夏至の日の太陽の動きを紹介します。

仙台市天文台 夏至の太陽の動き(2011年6月22日撮影)



【もくじ】
■EPO九州からのお知らせ
□ 平成29年度地域活性化に向けた協働取組の加速化事業
  公募結果のお知らせ
□ グリーンギフト地球元気プログラム第1弾 開催報告(宮崎、熊本)

■ESD のご紹介

■ビジターセンターからのお知らせ
<九十九島ビジターセンター>
□ 渋柿染め〜身近な植物を知ろう〜
□ うみかぜガイドウォーク

<雲仙諏訪の池ビジターセンター>
□ 星空観察会

<長者原ビジターセンター>
□ タデ原の自然観察会
□ タデ原のミニガイドウォーク

<漫湖湿地センター>
□ 夏休みスペシャルプログラム『 漫湖自然学校 』

■九州地方環境事務所からのご案内
□アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]を随時更新しています!

■関連情報
□ 第107回エコ塾in福岡『エネルギービジネスの新たな挑戦』

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃EPO九州からのお知らせ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

□ 平成29年度地域活性化に向けた協働取組の加速化事業
  公募結果のお知らせ

環境省では、地域における課題解決や地域活性化の上で重要な役割を果
たしているNPOの活動、ソーシャルサービス等人材、資金、信頼性向上の
点から支援するために、中間支援組織の体制強化や地域における協力・
連携体制の整備等を促進する「地域活性化に向けた協働取組の加速化
事業」を実施しています。

今年度は3月31日までの間、全国から実施事業を募集したところ、
30件の応募があり審査の結果8事業が採択されました。

公募結果(下記URL)
http://www.env.go.jp/press/104124.html

九州・沖縄ブロックからは、(特非)おきなわグリーンネットワーク
「おきなわ地域"美ら島・美ら海"連携プロジェクト」が採択されました。

-----------------------------------------------------------------
□ グリーンギフト地球元気プログラム第1弾 開催報告(宮崎、熊本)

グリーンギフト地球元気プログラムとは、東京海上日動火災保険株式会社
が、契約時にお客様が約款等をホームページで閲覧する方法を選択される
ことにより削減される紙資源使用額の一部で、環境保護活動をサポート
するものです。
この活動に、EPO九州も協力しています。

Green Gift地球元気プログラム HP:
http://www.tokiomarine-nichido.co.jp/world/greengift/internal_activity/

<宮崎>
■北川に学ぶ洪水対策とホタル観賞(6/3、延岡市)
延岡市北川町にて、延岡・宮崎双方から約25名ずつの子どもと保護者
(合計約50名)を迎え、家田地区の霞堤や湿原を見学。洪水対策が生物多
様性に繋がっているていることを学びました。
交流会後のホタルを観賞では、集団で光りだすゲンジボタルに子どもた
ちの歓声が上がりました。
プログラムの主催は、NPO法人大淀川流域ネットワーク。 豊かな自然と
生活との共存を学んだ1日でした。

<熊本>
■自然の中で木と楽しむ一日(6/10、御船町)
熊本県御船町の滝尾小学校にて、親子約30名が参加し、ツリーイングと
秘密基地づくりにチャレンジしました。
プログラムの主催はNPO法人みずのとらベル隊。
自分の学校の校庭にある木に親しみ、木と友だちになる一日でした!
御船町も熊本地震によって大きな被害がでた地域の一つです。今回の
プログラムが子どもたちに笑顔と元気を届ける機会になりました。



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ESD のご紹介
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「ESD (Education for Sustainable Development:持続可能な開発のため
の教育)」とは、2002年のヨハネスブルグサミットにおいて日本が提案し
国際的な取り組みとして、各国で進められている“地域を活かし人を育
てる”多様な学びをあらわす考え方です。

ESDは持続可能な未来や社会づくりのために行動できる人の育成を目的と
しており、環境、人権、健康福祉、多文化共生、まちづくりなど様々な
テーマを含んでいます。

環境省では、文部科学省の協力の下、平成25〜27年度にESDの視点を取り
入れた小中学生向けの「ESD環境教育プログラム」ガイドブックを
を作成するなど、普及啓発に取り組んでいます。

みなさんの日々の活動の中にある、持続可能な地域づくりの考え方を、
次の世代に広げ、問題解決に必要な能力・態度を身に付けるための
工夫を継続していくことが求められています。

117号でご紹介したSDG's(持続可能な開発目標)とも連動し、今後の活動
のキーワードとなってきます。
地域で協力し、未来の人材を育んでいきましょう。


ESDって何だろう?
https://edu.env.go.jp/whatesd.html

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ビジターセンターからのお知らせ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<九十九島ビジターセンター>━━━━━━━━━━━━━━━━━━

□ 渋柿染め〜身近な植物を知ろう〜

しぶ〜い柿と身近な植物の葉っぱを使って染め、オリジナルの作品を
作ります。まずは外に出て材料集めから!
夏休みの自由研究にいかがですか?
 
■日  時 7月29日(土)?10:00〜12:00 ?14:00〜16:00 
■開催場所 九十九島ビジターセンター
■参 加 費 300円/人
■対  象 小学生以上(小学3年生以下は保護者も参加)
■定  員 各回10名
■募集締切 7月14日(金)
 

□うみかぜガイドウォーク

九十九島パールシーリゾート内にあるうみかぜ広場を自然観察しながら
歩きます。

■日  程 随時(要相談)
■時  間 1時間程度(要相談)
■集合場所 九十九島ビジターセンター
■参 加 費 無料
■対  象 4歳以上(小学3年生以下は保護者も参加)
■定  員 20名程度
 
※お時間のある方は「長尾半島ガイドウォーク」(2時間程度)
 もあるのでご相談ください。
 
■お問合せ 九十九島ビジターセンター
 TEL 0956-28-7919 
 http://www.kujukushima-visitorcenter.jp/
 
<雲仙諏訪の池ビジターセンター>━━━━━━━━━━━━━━━━

□ 星空観察会

■日 程 毎週土曜日の晴天時
     及び7月23日(日)〜8月25日(金)の期間
■時 間 19:30〜21:30
     ※雨天・曇天・雷の場合中止
■参加費  無料
■対 象 どなたでも
■予 約 不要(21:00までに受付をすませてください)
■休館日 毎週水曜日

■お問合せ 雲仙諏訪の池ビジターセンター
 TEL 0957-76-5010
 http://suwanoikevc.web.fc2.com/

<長者原ビジターセンター>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

□ タデ原の自然観察会

初夏のタデ原の息吹を感じよう!
ラムサール条約登録湿地・タデ原(たでわら)から森林に続く木道を、
自然の話をしながらゆっくり歩きます。
年間700人以上の参加者がいる、人気のイベントです。

■主 催 九重の自然を守る会・長者原ビジターセンター
■日 時 6月18日(日)、25日(日)、
     7月2日(日)、9日(日)、16日(日)、17日(月・祝)、
     23日(日)、30日(日)
     いずれも10:00〜12:00
■受 付 朝10:00までに長者原ビジターセンターの受付までお越
     しください。
     個人参加の場合、予約は不要です。
     団体参加の場合は事前にご相談ください。
■参加費 無料


□ タデ原のミニガイドウォーク

長者原ビジターセンターの職員が、木道約800mのコースを、旬な生き物
や見どころをギュッと詰め込んでお伝えします。
短い時間でタデ原湿原を楽しみたい人におすすめです。

■主 催 長者原ビジターセンター
■日 時 毎日11:00〜/14:00〜
     各30分程度
■受 付 都合により中止にすることもありますので、参加希望の方は
     事前にお問い合わせください。
■参加費 1人100円(保険料込み)


■お問合せ 長者原ビジターセンター
 TEL:0973-79-2154
 http://kyushu.env.go.jp/nature/tyojyabaru/


< 漫湖湿地センター>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

□ 夏休みスペシャルプログラム『 漫湖自然学校 』

 開催期間:平成29年7月22日(土)〜8月27日(日)
 開催場所:漫湖水鳥・湿地センター(沖縄県豊見城市) 

※開催期間中は、毎週末イベントを開催しています。
 詳細やお申し込みについては、以下のウェブサイトをご参照願います。
 なお、ウェブサイトでの情報は順次掲載する予定ですが、掲載されて
 いない場合は、直接下記の電話番号にお問い合わせください。

■お問合せ 漫湖水鳥・湿地センター
 Tel:098-840-5121  
  http://www.manko-mizudori.net/

※イベント日時や内容は天候や講師の都合等により一部変更や中止にな
 る場合があります。
※期間中は毎日開館しています。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃九州地方環境事務所からのご案内
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□ アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]を随時更新しています!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
アクティブ・レンジャーとは、自然保護官の補佐役として、国立公園等の
パトロール、調査、利用者指導、自然解説などの業務を担う環境省の職員
です。
管内には、瀬戸内海、西海、雲仙天草、阿蘇くじゅう、霧島錦江湾、屋久
島、慶良間諸島、西表石垣、やんばる、奄美群島国立公園があります。

アクティブ・レンジャー日記では、各国立公園での活動情報などを担当官
が紹介しています。最新の掲載記事は次のとおりです。
http://kyushu.env.go.jp/blog/index.html

※随時更新されています。過去の記事は上記ウェブサイトにアクセス
していただき、ページ右側のカレンダー等から閲覧することができます。

■舟志の森自然観察会、交通安全キャンペーン(対馬市上対馬町舟志)
 (対馬)
■奄美群島国立公園指定記念イベントが行われました!【徳之島】
 (徳之島)
■環境の日!パークボランティア海岸清掃【屋久島地域】(屋久島)
■アジサシの季節がやって来ました!!【やんばる地域】(やんばる)
■西表島で、オオヒキガエル捕まる!!(西表石垣)
■リベンジ!父ヶ岳登山(西海)
■阿蘇くじゅう国立公園からの近況報告【阿蘇地域】(阿蘇くじゅう)
■アカウミガメの産卵上陸が始まっています(屋久島)
■シャクナゲシーズン到来!パークボランティア活動報告【屋久島地域】
 (屋久島)
■牧ノ戸峠登山道整備清掃活動(阿蘇くじゅう)
■竹富町の小学5年生 西表野生生物保護センター見学(西表石垣)
■カンムリワシの『悠々』放鳥【石垣地域】(西表石垣)
■縄文杉北側展望デッキオープン!(屋久島)
■今年もミヤマキリシマシーズンへ(阿蘇くじゅう)
■藺牟田池 ベッコウトンボ頭数調査(出水)
■0.1%の中に...【やんばる地域】(やんばる)
■やんばるにおけるロードキル発生防止に関する様々な取り組み
 【やんばる地域】(やんばる)

アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]トップページ
http://kyushu.env.go.jp/blog/index.html

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃関連情報
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□ 第107回エコ塾in福岡『エネルギービジネスの新たな挑戦』

K-RIP及び九州経済産業局では、九州の環境・エネルギー産業の振興を
目的に人脈形成・ビジネスマッチングを図るため、毎月環境エネルギー
分野に特化した異業種交流会「エコ塾」を開催しています。
企業・団体、行政、大学、学生等、どなたでもご参加できます。

詳細・講演内容等はコチラ!
http://www.k-rip.gr.jp/news/?p=8684

■日 時 平成29年6月23日(金)
     講演会:17時00分〜18時30分、懇親会:18時30分〜19時30分
■場 所 講演会:カンファレンスASC 1階セミナー室
     福岡市博多区博多駅東1丁目16-25アスクビル
     http://asc1.jp/access/
     懇親会:会場付近
■参加費 無料(懇親会三千円程度)
■概 要 関連企業3社の取り組みを紹介
 1.「小型風力発電とその活用について」 株式会社ウィンドレンズ
 代表取締役 高田 佐太一 氏
 2.「太陽光発電(HOUSE-e)でゼロエネルギー農業と魅力ある新しい
  農業を実現」
 ユニバーサリー電工株式会社 代表取締役 中川 博文 氏
 3.「島嶼地域沖縄県における、エネルギービジネスの新たな挑戦!」
 株式会社スマートエナジー沖縄 代表取締役 小山 聡宏 氏
■申込み方法
WEB:下記URLから申込ページにご入力の上、お申し込み下さい
  https://entry.k-rip.gr.jp/k-rip/reserves/input/7698
FAX:下記URLから「ご案内&申込書」をダウンロードの上、お申し込み
  下さい
  http://www.k-rip.gr.jp/news/?p=8684

■お問合せ
九州環境エネルギー産業推進機構(K-RIP) 担当:杉迫
 TEL:092-474-0042  FAX:092-472-6609
九州経済産業局 資源エネルギー環境課 担当:金山・鶴丸
 TEL:092-482-5499

----------------------------------------------------------------
当メルマガへの登録・退会は、
http://epo-kyushu.jp/about/magazine.html
もしくは、退会用URL: http://epo-kyushu.jp/xmailinglist/eponews/
のフォームからお願いいたします。
----------------------------------------------------------------
環境パートナーシップに関するご質問、当メルマガへのご意見、ご感想
などがございましたらまでどうぞ!
----------------------------------------------------------------


【発行】
九州環境パートナーシップオフィス EPO九州
〒860−0806 熊本市中央区花畑町4-18 熊本市国際交流会館2F
http://epo-kyushu.jp
E-mail:
TEL:096-312-1884  FAX:096-312-1894
開館日 火〜土曜日(10:00〜19:00)
休業日 日・月曜日、祝日、年末年始。熊本市国際交流会館休館日。



【リンク】
九州地方環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/

那覇自然環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/naha/

国立公園 http://www.env.go.jp/park/

地球環境基金の情報館 http://www.erca.go.jp/jfge/index.html

地球環境パートナーシッププラザ http://www.geoc.jp/

環境らしんばん http://www.geoc.jp/rashinban/

九十九島ビジターセンター http://www.kujukushima-visitorcenter.jp/

雲仙お山の情報館 http://unzenvc.com/

平成新山ネイチャーセンター http://heiseinc.com/

雲仙諏訪の池ビジターセンター http://suwanoikevc.web.fc2.com/

長者原ビジターセンター  http://kyushu.env.go.jp/nature/tyojyabaru/

阿蘇草原保全活動センター 草原学習館 http://aso-sougencenter.jp/

南阿蘇ビジターセンター http://www.minamiaso-vc.go.jp/

えびのエコミュージアムセンター http://www.ebino-ecomuseum.go.jp/

重富海岸自然ふれあい館 なぎさミュージアム http://www.nagisa-museum.com/

対馬野生生物保護センター http://kyushu.env.go.jp/twcc/
2019年11月20日

【募集】生物多様性ユースアンバサダー

来年中国で開かれる生物多様性条約のCOP15は、2010年名古屋のCOP10において採択された愛知目標の約束年のタイミングになります。…
2019年11月20日

【福岡】フォトジャーナリスト安…

地域ESD活動推進拠点である特定非営利法人NGO福岡ネットワークからのご案内です。…
2019年11月19日

【福岡】2019年水フォーラム…

水をめぐる国際と地域のつながりを考える「九州水フォーラム2019」が福岡県にて開催されます。水に関す…
2019年11月16日

【宮崎】公開フォーラムin綾町…

宮崎県綾町にて、公開フォーラム「綾照葉樹林の生物多様性と恵み」が開催されます。…
2019年11月15日

【開催情報】南阿蘇ビジターセン…

南阿蘇ビジターセンターからのお知らせです。…