epohedimg005

EPO九州 メールマガジン 「えぽねっと九州」vol.56

■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■
EPO九州 メールマガジン 「えぽねっと九州」vol.56

2014年1月31日発行
発行:九州環境パートナーシップオフィス EPO九州
URL:http://epo-kyushu.jp  E-mail:
協力:環境省 九州地方環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/
■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■

※本メールマガジンはEPO九州と情報交換等をさせて頂いた方々に送ら
 せて頂いております。
※本メールマガジンはBCCにて配信いたしております。
※今後、EPO九州からの配信が不要の方は、本メールの末尾のご案内を
 お読みください。

-------------------------------------------------------------
【EPO九州より】
□もうすぐ節分ですね!節分といえば、豆まき。その昔、みんなを困らせていた鬼を退治するために、豆を鬼の目に投げたそうです。“鬼=魔”。「魔(ま)を滅(め)する」という言葉から、その年が無病息災で過ごせるようにと、豆をまくようになったと言われています。EPO九州も、節分で1年の無病息災を願い、2月もまめまめしくイベントを開催していきます!皆さまのご参加とご応募、お待ちしております!

□全国の環境情報が掲載されているサイト「環境らしんばん」
http://www.geoc.jp/rashinban/)イベントや助成金、公募情報etc...
こちらもぜひチェックしてみてください!

□Facebook EPO九州ページにて情報発信中!
EPO九州のFacebookページ(http://www.facebook.com/epokyushu
では、EPO九州の日々のできごとやみなさまからのお知らせを発信
しています。



【もくじ】
■EPO九州からのご案内
□ESD学びあいフォーラムin宮古島
□九州環境市民フォーラムin福岡・新宮
□2014九州環境教育ミーティングin波野


■九州地方環境事務所からのご案内
【参加者募集】
□平成25年度カーボン・オフセット特定地域協議会によるマッチングイベント
□自然に親しむ「冬鳥観察と巨木巡り」開催
□生物多様性シンポジウム~世界農業遺産の先進事例に学ぶ~
□平成26年度地球温暖化対策基礎自治体関係予算等説明会開催


【公募】
□平成25年度学校給食用牛乳びんの導入支援に向けたモデル事業実施地域の第2次公募について
□平成26年度CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業の公募について


【情報提供】
□平成26年度アクティブ・レンジャー(自然保護官補佐)の募集について


■関連情報
□【開催間近!】教職員対象 ESD研修会
□平成26年度「緑化を伴うヒートアイランド対策」と「子供たちの環境学習活動」の助成について

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃EPO九州からのご案内
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□ESD学びあいフォーラムin宮古島
~環境モデル都市の人づくり・地域づくりをまなぶ~
持続可能な地域を担う人。その人をはぐくむのに必要な「まなび」とは、どのようなものでしょうか?
今回は、環境モデル都市・宮古島における離島ならではの「次の世代へつなげる地域づくり」について意見交換をします。
私たちにどんな取り組みができるのか、考えてみませんか?
皆さまのご参加をお待ちしております!

※ESDとは、Education for sustainable developmentを省略した用語で、持続可能な地域社会のための学びあいを意味します。2014年は、「国連ESDの10年」最終年。11月には、愛知県名古屋市と岡山市で、「ESDに関するユネスコ世界会議」が開催されます。
■日時:平成26年2月16日(日) 10:00~11:45(受付9:30~)
■会場:宮古島マリンターミナル 大研修室(宮古島市平良下里108-11)
■定員:30名程度
■参加費:無料
■主催:九州環境パートナーシップオフィスEPO九州 
■プログラム内容
○基調講演
「地域とつながるESD」北九州市立大学 法学部 教授 三宅 博之先生
○ワークショップ&意見交換会
*終了後は軽食をご用意しております。
■申込み・問合せ先:環境省九州環境パートナーシップオフィスEPO九州
ご氏名・年齢・ご所属・ご連絡先等を明記の上、下記連絡先にお申込みください。
E-mail:  FAX:096-312-1894



□九州環境市民フォーラムin福岡・新宮開催
(旧九州環境ボランティア会議)
2002年、九州各地から環境市民団体が集まり、多様な分野や立場を超えて
交流や情報交換、ネットワークづくりを行う場として始まった「九州環境ボランティ
ア会議」。その後、多くの人の手によって毎年1回九州各県で開催して来ました。
第10回目となる今回は、玄界灘海岸の「楯の松原」でも有名な福岡県の新宮町で開催。新宮町の人々の想いが形となった“人丸公園”を入り口として、
幅広い環境について感じて学ぶ2日間。どなたでもお楽しみいただけるよう、
選べるウォーキングや個性豊かな分科会など多数ご用意してお待ちしています!
■日時:平成26年2月22日(土)~23日(日)
※22日(土)13:00~17:30 (受付12:00~)
  23日(日)9:00~15:00 (受付8:30~)
■会場:22日(土)シーオーレ新宮(〒811-0112福岡県糟屋郡新宮町大字下府425-1)
23日(日)そぴあしんぐう(〒811-0117福岡県糟屋郡新宮町上府1121-1)
■参加費:一般1,500円/学生500円/高校生以下無料
※九州環境サポートセンター会員1,000円
■お申込方法:
チラシ裏面の申込書にご記入のうえ、メールまたはFAXでお申込みください。
お電話でも受付可能です。
※ちらし掲載ページ
・九州環境サポートセンター HP
http://www.q-support.org/sample2013-fukuoka.html
・九州環境サポートセンター FB
https://www.facebook.com/events/658713310833720/
※申込締切:平成26年2月19日(水)

○プログラム<1日目>
■日程:平成26年2月22日(土)13:00~17:30
■基調講演:
「豊かな生活と自然を育む環境市民の役割を考える
~新宮町と人丸神社の魅力とまちづくりを事例に~」
九州大学准教授 朝廣 和夫 氏
■人丸公園エコウォーキング:
(1)生きものコース
(2)歴史コース
(3)健脚コース
※申込書にご希望の番号をお書き下さい。
■懇親会 ※希望者のみ 参加費:3,500円

○プログラム<2日目>
■日程:平成26年2月23日(日)9:00~15:00
■分科会:
(1)和白干潟はみんなの宝
(2)白砂青松を次世代に!松原からはじマル第一歩
(3)環境活動の「きく・かく・はなす」
(4)身近な自然のセンス・オブ・ワンダー
(5)洗剤メーカーが奨める洗剤に頼らない生活術
(6)解決!「地球温暖化ってなぁに?」と聞かれたら
(7)「資源循環・食」部会
※申込書にご希望の番号をお書き下さい。

■お問い合わせ先:
「第10回九州環境市民フォーラムin福岡・新宮」実行委員会事務局
 (NPO法人九州環境サポートセンター事務局内)
 〒860-0805熊本県熊本市中央区桜町2-37錦桜町ビル3階A号
TEL:096-277-9660(平日9:30-18:30)
FAX:096-277-9655
メール:



□2014九州環境教育ミーティンクグin波野
波野の日々は並じゃない!
~波野の昔・今・未来 波野からムラの未来を考える~
九州環境教育ミーティングは、九州を中心とした環境教育に関心や興味のある個人・団体の出会いの場として、毎年3月に開催されております。本年度の開催で18回目を迎えます。
今回の舞台は、熊本県阿蘇市・波野。阿蘇の外輪山を望み、昔から火山や台風などの影響を受けながら、どのように人と自然とが関わり、これまでの地域のなりわいを形成してきたのか。いわば九州の縮図とも言える波野から、九州のムラの未来を考えます。みなさまのご参加をお待ちしております!
■日時:2014年3月1日(土)12:30~2日(日)13:00まで
■会場:なみの高原やすらぎ交流館(熊本県阿蘇市波野大字小地野663--1)
    http://www.aso-yasuragi.com/
■定員 :80名
■参加費:13,000円(1泊2食宿泊費、資料代を始めとする大会経費一式を含む)
■プログラム
◎分科会
1 阿蘇の波野でセンスオブワンダー
2 波野の地形と伝統がつくる農業
3 草原を守る牛と人の物語
4 生活にいきづくことわざの知恵と物語
5 フットパスでめぐる波野のくらし
6 そばと寄り添う半世紀~身近な環境教育を「波野そば」から考える~
■申込方法
○ウェブフォームからの申込:http://www.keem.info/
○E-MAIL:sanka@keem.info
○九州環境教育ミーティングホームページ http://www.keem.info/
○郵送・FAX申込
本部事務局
九州環境パートナーシップオフィス(EPO九州)
〒860-0806熊本市花畑町4-8-2F(国際交流会館内)
TEL:096-312-1884 FAX:096-312-1894
担当:澤、平野



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃九州地方環境事務所からのご案内
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【参加者募集】
□平成25年度カーボン・オフセット特定地域協議会によるマッチングイベント
環境省では、カーボン・オフセットの普及及びJ-クレジット等の市場活性化を目指し、各地域においてカーボン・オフセットやJ-クレジット等の売り手と買い手のマッチング支援を実施する特定地域協議会を運営する事業者を採択しております。
九州・沖縄地域では、「九州地域カーボン・オフセット推進協議会」、「有明海関係県地域カーボン・オフセット推進ネットワーク」、「沖縄・島嶼地域カーボン・オフセット推進ネットワーク」の3者が採択され、カーボン・オフセット及びJ-クレジット等の普及啓発や情報発信、具体的なカーボン・オフセットの取組方に関するアドバイスやコンサルティングを行います。
各特定地域協議会が主催するマッチングイベント(2月開催分)についてご案内します。
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=17453

(1)有明海関係県地域カーボン・オフセット推進ネットワーク
○開催概要
①マッチングセミナーin長崎 
■日時:平成26年2月13日(木)13:30~17:00
■会場:長崎商工会議所 会議室 (長崎市桜町4-1)
 http://www.nagasaki-cci.or.jp/nagasaki/gaiyo/02_access.html

②マッチングセミナーin熊本 
■日時:平成26年2月14日(金)13:30~17:00
■会場:熊本商工会議所 会議室 (熊本市中央区横紺屋町10)
 http://www.kmt-cci.or.jp/access.php

■参加申込・問い合わせ先
有明海関係県地域カーボン・オフセット推進ネットワーク事務局 北御門(きたみかど)
FAX : 092-432-8586  E-mail:

(2)九州地域カーボン・オフセット推進協議会
○開催概要
①マッチングセミナーin北九州
■日時:平成26年2月7日(金)13:30~17:00
■会場:北九州テクノセンター 会議室(福岡県北九州市戸畑区中原新町2-1)
 http://www.kitakyu-techno-ctr.co.jp/access.html
■共催:九州オフセット推進協議会、公益財団法人北九州産業学術推進機構、
    北九州テレワークセンター

②マッチングセミナーin宮崎 
■日時:平成26年2月22日(土)13:30~17:00
■会場:みやざき県民協働支援センター会議室
 (宮崎県宮崎市錦町1-10宮崎グリーンスフィア壱番館(KITEN)3F)
 http://miyazaki-ksc.org/access.html
■共催:NPO法人宮崎文化本舗

■参加申込・問い合わせ先
NPO法人地域環境ネットワーク
TEL:050-7548-6795  E-mail:



□自然に親しむ「冬鳥観察と巨木巡り」開催
環境省では、多くの人々が自然に親しみ自然への理解を深めることを目的として、各種行事を実施しています。
今回は霧島錦江湾国立公園の御池及び御池野鳥の森において、講師の自然解説をうけながらイチイガシやカヤなどが生える森の散策とカモの仲間やジョウビタキなどの冬鳥の観察を通して、冬の霧島の自然を身近に感じてみませんか。
■日時:平成26年2月9日(日)9:45~14:00(9:30~受付)
■場所:宮崎県高原町御池 御池及び御池野鳥の森
■定員:20名
■集合場所:宮崎県高原町御池キャンプ村駐車場
■参加費:300円(保険料等)
■お申込み:事前にFAXでお申し込みください。
えびの自然保護官事務所
TEL:0984-33-1108 FAX:0984-33-6160(平日の8:30~17:15受付)
※詳しくは下記リンクをご覧ください。
http://kyushu.env.go.jp/pre_2014/0122a.html



□生物多様性シンポジウム~世界農業遺産の先進事例に学ぶ~
昨年5月、国東半島宇佐市域の6市町村が『世界農業遺産』に認定されました。
認定の基準を全てクリアしたこの地域の先人たちや現役世代の知恵と行動力が
“世界基準”で認められました。そして、『世界農業遺産』に認定されたからには、
そのチャンスや恩恵を継続するためにも、この基準をクリアし続けなければなりません。

今回、世界農業遺産の先輩である佐渡市の取組(生きものを大切にする農業に
よるブランド化の実践など)や、日本における“生きものブランド化”を含む、
生物多様性を保全していく『環境保全型農業』の先進事例を、県内で学ぶ機会を
得ることになりました。
 これらの事例を学ぶことは、世界農業遺産地域の方はもちろんのこと、
“未来志向の農業”を目指している県内の農林水作業方々、行政、支援企業、
学校、NPOなど、ご関心のある県民の方々にもお役に立つのではないでしょうか。みなさんのご参加をお待ちしています!
■日時:平成26年2月8日(土)10:00~15:00
■会場:大分農業文化公園(交流研修館)
〒大分県杵築市山香街大字目指1-1
■参加費:無料 ※当日参加も可能です(定員150名)
■お問い合わせ先
大分県農林水産部 農林水産企画課 世界農業遺産推進班 TEL:097-506-3525
大分県生活環境部 生活環境企画課 自然保護・温泉班 TEL:097-506-3021
日本文理大学 工学部 杉浦研究室 TEL:097-524-2735
http://www.city.bungotakada.oita.jp/kikaku/page_00171.html



□平成26年度地球温暖化対策基礎自治体関係予算等説明会開催
環境省では地球温暖化防止推進法に基づき、様々な政策を展開しており、これらの政策の策定や改正時には説明会を開催するなど、国民への周知を図っています。今般、国民の一層の理解を深め、各種政策の円滑な推進を図ることを目的に、平成26年度の地球温暖化対策関係予算の説明会を、地方公共団体のご担当者等を対象に開催します。
■開催日:平成26年2月28日(金)13:3O~15:30
■開催場所:アクロス福岡7階大会議室(福岡市)
■対象:地方公共団体の担当者等
※詳細は、後日、九州地方環境事務所HP上でお知らせする予定です。
http://kyushu.env.go.jp/



【公募】
□平成25年度学校給食用牛乳びんの導入支援に向けたモデル事業実施地域の第2次公募について
環境省では平成22年度から、びんリユースシステムの成立要件や推進方策の整理を行うことを目的に「我が国におけるびんリユースシステムの在り方に関する検討会」(以下「検討会」)を設置し、平成23、24年にはびんリユースの利用促進を図るための実証事業を実施しました。
今年度はこれまでの実証事業に加え、びんリユースシステムのさらなる普及・促進を目的に、学校給食におけるびん入り牛乳の導入支援を予定しており、下記のとおり実施団体を募集します。
■公募締切:2月5日(水)(当日必着)
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=17662



□平成26年度CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業の公募について
環境省では、将来的な地球温暖化対策の強化につながる技術開発・実証を、「CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業」により、実施することとしております。この度、平成26年度新規課題の公募を開始することとしましたので、お知らせします。
■公募締切:2月11日(火)17:00~
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=17606



【情報提供】
□平成26年度アクティブ・レンジャー(自然保護官補佐)の募集について
環境省九州地方環境事務所は、雲仙天草、阿蘇くじゅう、霧島錦江湾及び屋久島各国立公園の現地管理体制強化及びツシマヤマネコの保護管理のため、地域内のパトロール、自然解説、各種調査などの業務に携わるアクティブ・レンジャー(自然保護官補佐)を募集します。
http://kyushu.env.go.jp/to_2014/0115a.html



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃関連情報
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□【開催間近!】教職員対象 ESD研修会
NPO法人くすの木自然館では、鹿児島県内の学校の先生向けのESD(持続可能な開発のための教育)の研修会を行います。また、学校の先生でなくとも、先生の経験のある方、今後、先生になりたいと思っている方、先生を育てる方など、「小中学校の先生」に関わりのある方ならどなたでも、ESDという言葉をご存じなかった方もどうぞ!
「ESD」とは何かを学び、ESDを地域で実践するために必要なことを話し合います。
■日時:平成26年2月8日(土)15:00~2月9日(日)12:00
■会場:鹿児島県アジア太平洋農村研修センター(カピックセンター)
■対象:鹿児島県の小中学校の教職員・教員育成に携わっている大学教員
その他教育現場に携わる方
■定員:30名(先着順)
■参加費:無料
■共催:九州環境パートナーシップオフィス(EPO九州)
■お問い合わせ・お申込み
重富干潟小さな博物館(NPO法人くすの木自然館内)
TEL:0995-55-5666
メール:
*詳しくは、下記リンクをご覧ください。
http://www.kusunokishizenkan.com/news/190.html



□平成26年度「緑化を伴うヒートアイランド対策」と「子供たちの環境学習活動」の助成について
■概要:(公財)高原環境財団では①屋上緑化等の都市緑化への取組、②子供の環境保全体験・学習活動取組の2つで助成を行います。①は法人等が、②は環境NPOや学校、町内会等の地域活動団体が主に対象になります。
■募集期間:2014年2月1日(土)から2014年5月23日(金)まで(必着)
■主催:公益財団法人高原環境財団
■詳細:http://takahara-env.or.jp/bosyu/index.html


----------------------------------------------------------------
当メルマガへの登録は、
http://www.epo-kyushu.jp/pc/content/view/13/28/
のフォーム(リンク)からどうぞ。
----------------------------------------------------------------
環境パートナーシップに関するご質問、当メルマガへのご意見、ご感想
などがございましたらまでどうぞ!
----------------------------------------------------------------
配信停止・配信先変更をご希望の方はまでご連絡
下さい。
----------------------------------------------------------------

【発行】
九州環境パートナーシップオフィス EPO九州
〒860-0806 熊本市中央区花畑町4-8 熊本市国際交流会館2F
http://epo-kyushu.jp
E-mail:
TEL:096-312-1884  FAX:096-312-1894
開館日 火~土曜日(10:00~19:00)
休業日 日・月曜日、祝日、年末年始。熊本市国際交流会館休館日。



【リンク】
九州地方環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/

那覇自然環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/naha/

国立公園 http://www.env.go.jp/park/

地球環境基金の情報館 http://www.erca.go.jp/jfge/index.html

地球環境パートナーシッププラザ http://www.geoc.jp/

環境らしんばん http://www.geoc.jp/rashinban/
r2minactionaward
2020年06月03日

環境省…

環境省が平成10年度より実施してきた「地球温暖化防止活動環境大臣表彰」を「気候変動アクション環境大臣表彰」としてリニューアルし、気候変動の「緩和」及び気候変動への「適応」に顕著な功績のあった個人又は団…
2020年06月03日

【SDGs】SDGs169ター…

SDGs(持続可能な開発目標)において、原文が英語で書かれていいるターゲットについて、「SDGs16…
2020年06月03日

【助成金】公益財団法人再春館「…

地域ESD推進拠点にご登録いただいております、公益財団法人…
2020年06月03日

【助成金】瀬戸内オリーブ基金…

瀬戸内海周辺一帯で、ゆたかなふるさとを守り、育て、次世代に引き継ぐ活動費用を支援する瀬戸内オリーブ基…
2020年05月30日

九州・沖縄各県の環境政策情報(…

5月下旬の九州、沖縄各県の環境に関する行政情報を掲載しています。 ぜひ御覧ください。 ★ご注意…