epohedimg005

EPO九州 メールマガジン 「えぽねっと九州」vol.55

■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■
EPO九州 メールマガジン 「えぽねっと九州」vol.55

2013年12月28日発行
発行:九州環境パートナーシップオフィス EPO九州
URL:http://epo-kyushu.jp  E-mail:
協力:環境省 九州地方環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/
■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■

※本メールマガジンはEPO九州と情報交換等をさせて頂いた方々に送ら
 せて頂いております。
※本メールマガジンはBCCにて配信いたしております。
※今後、EPO九州からの配信が不要の方は、本メールの末尾のご案内を
 お読みください。

-------------------------------------------------------------
【EPO九州より】
□今年も残りわずかとなりました。この1年もEPO九州にご協力いただきまして、誠にありがとうございました。来年も皆様にとって素晴らしい1年になりますよう願っております。来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。


□年末年始のお知らせ
EPO九州では、年末年始につきまして、下記の期間休館させていただきます。
ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解のほど、どうぞよろしくお願いいたします。
■年末年始休館日:平成25年1月29日~平成26年1月4日


□全国の環境情報が掲載されているサイト「環境らしんばん」
http://www.geoc.jp/rashinban/)イベントや助成金、公募情報etc...
こちらもぜひチェックしてみてください!

□Facebook EPO九州ページにて情報発信中!
EPO九州のFacebookページ(http://www.facebook.com/epokyushu
では、EPO九州の日々のできごとやみなさまからのお知らせを発信
しています。



【もくじ】
■EPO九州からのご案内
□環境教育・ESDパネル展
□「第5回環境イノベーションフォーラム」のご案内
□環境NPO必見 地球環境基金助成金説明会
~想いを「お金」につなげてみよう~九州・鹿児島会場


■九州地方環境事務所からのご案内
【参加者募集】
□燃料電池バス走行実証モニター募集のお知らせ
□「とことんバードウォッチング~まるごと諏訪の池~」開催のお知らせ
□「環境影響評価に関するシンポジウム」開催のお知らせ
□平成25年度カーボン・オフセット特定地域協議会によるマッチングイベント
□「J-クレジット制度全国説明会」の追加開催について


【公募】
□【再掲】持続可能な地域づくりを担う人材育成事業に係るESDの視点を取り入れた環境教育プログラムの公募について
□【再掲】「ESD KIDS FES!!!」の開催に向けた参加者募集について
□環境・社会に"良い暮らし"を募集する「グッドライフアワード」が始まります
□平成26年度環境技術実証事業 閉鎖性海域における水環境改善技術分野
実証対象技術への選定希望技術の募集について
□平成25年度学校給食用牛乳びんの導入支援に向けたモデル事業実施地域の公募
□平成25年度 特殊自動車における低炭素化促進事業の4次公募について


■関連情報
□グリーン購入セミナーin福岡2013

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃EPO九州からのご案内
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□環境教育・ESDパネル展
2014年は、「国連ESDの10年」最終年。2014年11月には、愛知県名古屋市と岡山市で、「ESDに関するユネスコ世界会議」が開催されます。

ESD(=Education for Sustainable Development)とは、持続可能な開発ための教育の略称です。たくさんの山や海、里に囲まれた自然あふれる場所―九州・沖縄。先人たちが私たちに残してくれたように、次の時代によりよい環境をつなぐには、どうしたらいいのでしょうか。今起きている世界のさまざまな課題に自ら向き合い、仲間とともに、学校や地域の人たち、企業や行政などと手を取り合って身近なことから、チャレンジすること。そのようなチャレンジができる人を育むことが、ESDです。今回のパネル展では、九州・沖縄でESDに取り組む団体や事例を紹介します。
■日時:平成26年1月7日(火)~18日(土)
■場所:くまもと県民交流館 パレアロビー
(熊本市中央区手取本町8-9 テトリアくまもとビル9F)



□「第5回環境イノベーションフォーラム」のご案内
石炭、石油、天然ガス、ウラン等の枯渇性エネルギーに対し、太陽光、風力、水力、地熱、バイオマス等再生可能エネルギーは、温室効果ガスの排出を低減できる国産エネルギー資源として有望です。また、我が国のエネルギー政策においては固定価格買い取り制度が始まり再生可能エネルギーの導入が進められており、多様で柔軟なエネルギー需給構造の構築が重要となってきています。
特に農山漁村には、豊富な再生可能エネルギー資源とそれらを活用できる場があり、「省コスト・省資源の実現」や「新たなビジネスチャンスの創出」が期待できます。
このようなことから、第5回イノベーションフォーラムでは農山漁村への再生可能エネルギーの導入をテーマとし、基調講演や、九州内企業によるプレゼンテーションを実施します。
■日時:2014年 1月28日(火) 14:00~17:20
■会場:鹿児島東急イン2F オリオン
■参加費:セミナーのみ参加の場合は参加費無料
交流会参加の場合は会費2,000円
■プログラム:
○基調講演「農山漁村における再生可能エネルギーの導入促進について」
     講師 農林水産省再生可能エネルギーグループ長  信夫隆生氏
○再生可能エネルギー別のプレゼンテーション(先進事例の紹介)
太陽光:(株)正興電機製作所
地熱:(一社)小浜温泉エネルギー
風力:A-WING(株)
水力:エネフォレスト(株)
バイオマス:(株)大橋
■お問い合わせ先:
九州地域環境・リサイクル産業交流プラザ(K-RIP)
   〒812-0013福岡市博多区博多駅東2丁目13-24
     一般財団法人九州産業技術センター内
   TEL:092-474-0042  e-mail:
■共催:(一般)九州産業技術センター、九州地域環境・リサイクル産業プラザ(K-RIP)、(社)九州経済連合会、環境省九州環境パートナーシップオフィス(EPO九州)
■お申込み等、詳しくはこちら↓をご覧ください。
http://www.k-rip.gr.jp/news/?p=3453



□環境NPO必見 地球環境基金助成金説明会
~想いを「お金」につなげてみよう~九州・鹿児島会場
■日時:2014年1月29日(水) 18:30~20:30
■会場:かごしま県民交流センター中研修室第2(東棟3F)
〒892-0816 鹿児島市山下町14-50
■定員 :30名(参加無料)
■プログラム
助成金説明の部:平成26年度地球環境基金助成金についての説明(特徴、スケジュール、審査ポイントについて)
申請書について:助成金申請書の書き方でありがちな失敗パターンを事例に解説。参加者同士で実際の申請事例などについて意見交換も行います。
NPOの資金獲得に関心のある方ならどなたでもご参加いただけます。
■主催:独立行政法人 環境再生保全機構 地球環境基金
■共催:九州環境パートナーシップオフィス(EPO九州)、九州環境サポートセンター
■お申込:お名前、ご所属、電話番号、E-mail をご記入の上、FAXまたはE-mailでお申込み下さい。
E-mail :     FAX: 096-312-1894
いただいた個人情報は、当セミナー開催管理、企画団体からのお知らせに限り使用いたします。





┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃九州地方環境事務所からのご案内
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【参加者募集】
□燃料電池バス走行実証モニター募集のお知らせ
トヨタ自動車九州株式会社では、環境省委託事業「低炭素地域づくり集中支援モデル事業・燃料電池バスを利用した低炭素交通システム実証事業」を2012年度から実施しています。
2014年1月に、福岡市西区や福岡市~熊本市の一部区間について燃料電池バスの実証走行を行いますので、体験乗車をしていただく無料モニターを募集いたします。
http://www.toyota-kyushu.com/news/20131213290.html

○対象区間1.九州大学伊都キャンパス~JR九大学研都市駅 <お申し込み不要、無料>
■対象日:2014年1月10日(金)~16日(木)
■乗車方法:バス停(九大工学部前、九大ビッグオレンジ前、JR九大学研都市駅)でご自由にお乗りいただけます。
■乗車定員:25名
■その他:乗り心地など簡単なアンケートへの回答をお願いする場合があります。

○対象区間2.福岡~熊本の一部区間 <応募が必要、無料>
■対象日:2014年1月18日(土)
■募集内容:
(1)午前に福岡市中心部を出発、一部区間を体験後、高速バス(営業路線)で福岡市内に戻るコース
(2)午後に熊本市中心部を出発、一部区間を体験後、貸切バスで熊本市内に戻るコース
■募集人数:各20名
■応募方法:応募用紙に必要事項を記入いただき、FAXでお申し込みください。
http://www.toyota-kyushu.com/info/pdf/131216_monitor.pdf
■応募締切12月23日(月)17:00
※空席があれば締切後でも受け付けます。
詳しくは事務局までお問い合わせください。
■応募条件:乗り心地など簡単なアンケートにご協力いただきます。
■問い合わせ先:トヨタ自動車九州 燃料電池バス走行実証事務局
090-1161-9600(受付時間 平日9:00~17:00)



□平成25年度 自然ふれあい行事
「とことんバードウォッチング~まるごと諏訪の池~」開催のお知らせ
九州地方環境事務所では、自然とのふれあいを目的として、休暇村雲仙との共催により、雲仙諏訪の池ビジターセンターにおいて「とことんバードウォッチング~まるごと諏訪の池~」を開催します。
今回は長崎県野鳥の会より講師をお招きし、諏訪の池周辺に越冬のために訪れた様々な野鳥を対象に、その観察方法や特徴、生態などについて学びます。バードウォッチングが初めての方や親子向けの内容になっておりますので、お気軽にご参加下さい。
■日時:平成26年1月26日(日)10:00~15:00
■集合場所:雲仙諏訪の池ビジターセンター(9:40より受付開始)
■対象:小学生以上(但し、小学校3年生以下は保護者同伴)
■定員:20名(定員になり次第締め切ります。)
■参加費:800円(昼食代、保険代等)
■申込方法:1月21日(火)までに電話にてお申し込み下さい。
■お申し込み・お問い合わせ先:雲仙諏訪の池ビジターセンター
 電話:0957-76-5010(9:00-17:00)
http://kyushu.env.go.jp/pre_2013/1210a.html



□「環境影響評価に関するシンポジウム」
“スモールアセス”持続可能な都市開発のために(開催のお知らせ)
九州地方環境事務所では、環境アセスメントが義務づけられていない中小規模の事業の環境配慮を「スモール・アセスメント」や「ミニ・アセスメント」と称される簡易な環境アセスメントを中心に、都市開発における環境配慮のあり方について共に考え、持続可能な開発を目指して、シンポジウムを開催します。お誘い合わせの上、ふるってご参加ください!
■日時:平成26年1月30日(木)  13:30~17:00
■場所:レソラNTT夢天神ホール
■開催案内(チラシ):http://kyushu.env.go.jp/pre_2013/data/1216aa.pdf
■定員(先着順):150名
■参加費:無料
■申込方法・プログラム等:http://kyushu.env.go.jp/pre_2013/1216a.html



□平成25年度カーボン・オフセット特定地域協議会によるマッチングイベント
環境省では、カーボン・オフセットの普及及びJ-クレジット等の市場活性化を目指し、各地域においてカーボン・オフセットやJ-クレジット等の売り手と買い手のマッチング支援を実施する特定地域協議会を運営する事業者を採択しております。
九州・沖縄地域では、「九州地域カーボン・オフセット推進協議会」、「有明海関係県地域カーボン・オフセット推進ネットワーク」、「沖縄・島嶼地域カーボン・オフセット推進ネットワーク」の3者が採択され、カーボン・オフセット及びJ-クレジット等の普及啓発や情報発信、具体的なカーボン・オフセットの取組方に関するアドバイスやコンサルティングを行います。また、各特定地域協議会が主催するマッチングイベントについてご案内します。
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=17453

(1)有明海関係県地域カーボン・オフセット推進ネットワーク
○開催概要
①カーボン・オフセットシンポジュウム
■日時:平成26年1月18日(土)10:00~17:00
 http://kcoa.eco.coocan.jp/kyogikai2.html (事前申込制)
■場所:久留米ビジネスプラザ アルカディアホール(福岡県久留米市宮ノ陣四丁目29番11号)
 http://www.kurumebp.jp/folder1/post-40.html

②マッチングセミナーin長崎
■日時:平成26年2月13日(木)13:30~17:00
■場所:長崎商工会議所 会議室 (長崎市桜町4-1)
 http://www.nagasaki-cci.or.jp/nagasaki/gaiyo/02_access.html

③マッチングセミナーin熊本 
■日時:平成26年2月14日(金)13:30~17:00
■場所:熊本商工会議所 会議室 (熊本市中央区横紺屋町10)
 http://www.kmt-cci.or.jp/access.php

■参加申込・問い合わせ先
有明海関係県地域カーボン・オフセット推進ネットワーク事務局 北御門(きたみかど)
FAX : 092-432-8586  E-mail:


(2)九州地域カーボン・オフセット推進協議会
○開催概要
①「九州エコライフポイント」推進フォーラム+マッチング・イベント
■日時:平成26年1月31日(金)13:30~15:30(開場13時)
http://q-ecolife.com/h2601131/ (事前申込制)
■場所:電気ビルみらいホール/福岡県福岡市中央区渡辺通二丁目1-82電気ビル共創館4F
 http://www.denki-b.co.jp/company/map27.html

②マッチングセミナーin北九州
■日時:平成26年2月7日(金)13:30~17:00
■場所:北九州テクノセンター 会議室(福岡県北九州市戸畑区中原新町2-1)
http://www.kitakyu-techno-ctr.co.jp/access.html
共催:九州オフセット推進協議会、公益財団法人北九州産業学術推進機構、北九州テレワークセンター

③マッチングセミナーin宮崎
■日時:平成26年2月22日(土)13:30~17:00
■場所:みやざき県民協働支援センター会議室
 (宮崎県宮崎市錦町1-10宮崎グリーンスフィア壱番館(KITEN)3F)
http://miyazaki-ksc.org/access.html
共催:NPO法人宮崎文化本舗
■参加申込・問い合わせ先
NPO法人地域環境ネットワーク
TEL:050-7548-6795  E-mail:


(3)沖縄・島嶼地域カーボン・オフセット推進ネットワーク
○開催概要
オフセットを活用した地域活性・観光振興に係るパネルディスカッション
他府県離島における事例紹介。
■日時:平成26年1月31日(金)14:00~16:30
■会場:沖縄県立博物館・美術館(2階講堂)(沖縄県那覇市おもろまち3丁目1番1号)
http://www.museums.pref.okinawa.jp/guidance/access_price/index.html
■参加申込・問い合わせ先
一般財団法人沖縄県環境科学センター 古家(ふるいえ)、迫田(さこだ)
TEL:098-875-5208  E-mail:



□「J-クレジット制度全国説明会」(参加費無料)の追加開催について
環境省では、平成25年4月から開始した「J-クレジット制度」に関する説明会を、全国5箇所で追加開催いたします。本説明会では、J-クレジット制度の概要に加え、最近の動きとして、森林管理分野の方法論の改定状況、また、事業者支援事業のポイントについても御説明いたします。

なお、J-クレジットの創出に係る事業者支援事業についても、引き続き募集を
続けていますので、J-クレジット制度への参加を検討されている事業者の方に対する
個別相談会も併せて開催いたします。
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=17520
■日時:平成26年1月30日(木)13:30~16:00
■場所:福岡 TKPカンファレンスシティ博多(TKPホール)(132名)
 Http://www.kashikaigishitsu.net/search-rooms/access?id=134
 福岡市博多区博多駅前3-19-5博多石川ビル 1F
■参加申込・問い合わせ先
 説明会への参加は事前登録制です。
 参加を希望される方は、以下の申込ウェブサイトから御登録ください。
 http://www.murc.jp/j-credit/seminer/2013/apply5.html
■連絡先:三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社
(担当:綿引(わたひき)、山口、竹田)
〒105-8501 東京都港区虎ノ門6-11-2 オランダヒルズ森タワー
TEL :03-6733-3400 / E-mail :



【公募】
□【再掲】持続可能な地域づくりを担う人材育成事業に係るESDの視点を取り入れた環境教育プログラムの公募について
環境省は、持続可能な地域づくりを担う人材づくりの先進地域を速やかに形成することを目的とした取組の一環として、ESD(持続可能な開発のための教育)の視点を取り入れた小学生又は中学生向けのモデル的な環境教育プログラムを作成することとしています。

この度、環境教育プログラムの基とするため、全国から、ESD の視点を取り入れた環境教育プログラム(ESDプログラム)を募集します。
お問合せ等は、「ESDプログラム選定委員会事務局」 まで。
■公募内容:国内で実施実績のある(原則として、小中学校における実施実績)、小学生又は中学生向けのESDプログラムを公募します。応募されたESDプログラムの中から、20プログラム程度を選定することとしています。
■公募期間:2013年11月26日~2014年1月10日(必着)
https://www.eeel.go.jp/news/?news_id=2512



□【再掲】「ESD KIDS FES!!!」の開催に向けた参加者募集について
環境省では、全国における「持続可能な開発のための教育」(Education for Sustainable Development:以下、ESD)の活性化を図り、2014年11月に開催される「持続可能な開発のための教育(ESD)に関するユネスコ世界会議」を盛り上げるため、子どもたちから大人たちへ伝える環境保全活動に対するアイデアやメッセージをテーマに「ESD KIDS FES!!!」を開催します。

 「ESD KIDS FES!!!」では、子どもたちが体験した全国の企業やNPO等の環境保全活動等の取組について、実際に取り組んだ小中学生のみなさんにその内容を発表してもらい、その中から優秀事例を表彰します。

※応募要項を変更し、よりご応募しやすくなりました!
・締め切りは 12月27日 → 1月20日 延期されました。
・事例発表者は、「子どもだけ」 → 「子ども+大人」でもOKになりました。子どもは1名でもかまいません。
・発表者の交通費は、「子供2名、大人1名まで」 → 必要に応じて5人程度まで(子ども2名まで、大人は企業やNGO等の担当者の加えて、必要であれば、保護者、学校の担任の精製など)までOKです。
・小学生、中学生に加えて、高校生も活動の対象となる事例となりました。
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=17239



□環境・社会に"良い暮らし"を募集する「グッドライフアワード」が始まります。
環境省は、環境や社会に"良い暮らし"を発掘することを目的として、「グッドライフアワード」を創設します。このアワードでは、地域や個人、企業等の各主体で実践されている"良い暮らし"やこれを支える取組を募集します。このたび、アワードのウェブサイトをオープンし、募集を開始しましたのでお知らせ致します。

■「グッドライフアワード」について
本アワードは、持続可能な社会の実現を目指し、一人ひとりが現在のライフスタイルを見つめ直すきっかけを作るため、「環境や社会に良い暮らし」やこれを支える取組(ボランティア活動、サービス・技術など)を募集・応援する事業です。
■応募資格:企業、自治体、市民団体(NGO/NPO)、学校、個人など
■応募期間:平成25年12月9日(月)~平成26年2月3日(月)
http://iine-japan.f-navigation.jp/goodlifeaward/



□平成26年度環境技術実証事業 閉鎖性海域における水環境改善技術分野
実証対象技術への選定希望技術の募集について (お知らせ)
環境省では、平成26年度環境技術実証事業 閉鎖性海域における水環境改善技術分野の実施に当たり、平成25年12月9日(月)から平成26年1月17日(金)まで、平成26年度の実証対象技術への選定を希望する技術を募集します。
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=17466



□平成25年度学校給食用牛乳びんの導入支援に向けたモデル事業実施地域の公募
環境省では平成22年度から、びんリユースシステムの成立要件や推進方策の整理を行うことを目的に「我が国におけるびんリユースシステムの在り方に関する検討会」を設置し、平成23、24年にはびんリユースの利用促進を図るための実証事業を実施しました。
今年度はこれまでの実証事業に加え、びんリユースシステムのさらなる普及・促進を目的に、学校給食におけるびん入り牛乳の導入支援を予定しており、下記のとおり実施団体を募集します。
■公募期間:平成25年12月17日(火)~平成26年1月10日(金)(当日必着)
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=17508



□平成25年度 特殊自動車における低炭素化促進事業の4次公募について (お知らせ)
環境省では、「平成25年度特殊自動車における低炭素化促進事業」の4次公募を開始します。
本事業は、低炭素化・低公害化が遅れており、1台当たりのCO2排出量が多いオフロード車について、大幅な燃料消費量の削減が見込めるハイブリッドオフロード車等を新規導入する事業に対して支援を行うものです。
■公募期間:1月8日(水)~1月15日(水)(当日消印有効)
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=17467




┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃関連情報
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□グリーン購入セミナーin福岡2013
地球温暖化などの環境問題は益々深刻化しており、私達ひとり一人が「地球規模で考え足元から行動する」ことが求められています。グリーン購入は、私達が日常生活の中で容易に取り組むことのできる環境配慮行動であり、グリーン購入の普及拡大は、環境に配慮した社会経済システムの形成に大きく貢献し、引いては持続可能な社会を実現します。このような観点に立ち、グリーン購入の具体的な実践方法や先進的な取組事例に関するセミナーを開催します。

○基調講演「グリーン購入の実践と応用」
講師:グリーン購入ネットワーク事務局次長 深津 学治氏
○先進事例「デコスファイバー&デコスドライ工法におけるカーボンマーケティングを通じたグリーンコンシューマーの拡大」
講師:株式会社デコス 田所 憲一氏
○先進事例「地域から日本を照らそう「芋焼酎 水俣あかり」市民協働で休耕地等を活用した焼酎づくりで、環境に配慮し持続可能な資源循環型社会の構築を目指す」
講師:水俣特産焼酎づくり実行委員会・水俣市環境モデル都市推進課参事 大崎 伸也氏
○講演:九州GPNの活動と今後の取組
九州GPNのこれまでの活動と環境をめぐる昨今の状況を踏まえた今後の取組について報告する。
講師:北九州市立大学教授・九州GPN代表 二渡 了氏

■日時:平成26年1月30日(木)14:00~16:50
■会場:福岡市博多区博多駅前2-1-1「福岡朝日ビル」B1F 13~14号室
 http://www.asahibuilding.co.jp/fukuoka_access.html
■主催:九州グリーン購入ネットワーク
■定員:100名程度
■参加無料、要事前申込み(1月23日まで)





----------------------------------------------------------------
当メルマガへの登録は、
http://www.epo-kyushu.jp/pc/content/view/13/28/
のフォーム(リンク)からどうぞ。
----------------------------------------------------------------
環境パートナーシップに関するご質問、当メルマガへのご意見、ご感想
などがございましたらまでどうぞ!
----------------------------------------------------------------
配信停止・配信先変更をご希望の方はまでご連絡
下さい。
----------------------------------------------------------------

【発行】
九州環境パートナーシップオフィス EPO九州
〒860-0806 熊本市中央区花畑町4-8 熊本市国際交流会館2F
http://epo-kyushu.jp
E-mail:
TEL:096-312-1884  FAX:096-312-1894
開館日 火~土曜日(10:00~19:00)
休業日 日・月曜日、祝日、年末年始。熊本市国際交流会館休館日。



【リンク】
九州地方環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/

那覇自然環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/naha/

国立公園 http://www.env.go.jp/park/

地球環境基金の情報館 http://www.erca.go.jp/jfge/index.html

地球環境パートナーシッププラザ http://www.geoc.jp/

環境らしんばん http://www.geoc.jp/rashinban/
Default Image
2020年07月31日

九州・沖縄各県の環境政策情報(7月下旬)…

令和2年7月上旬の九州、沖縄各県の環境に関する行政情報を掲載しています。 ぜひ御覧ください。 ★ご注意 ※詳細はリンク先を必ずご確認ください。 ※公開が終了している場合があります。…
2020年07月31日

環境省…

環境省による、使用済製品や有用金属等を国内で効率良く回収、リユース・リサイクルするための情報プラット…
2020年07月31日

環境省…

環境省による「気候変動×デジタル」プロジェクト検討結果が取りまとめられ公表されました。…
2020年07月31日

【8/26開催】環境省…

環境省は、「新・湯治」に賛同いただける方を「チーム 新・湯治」としてネットワーク化する取組を行ってい…
2020年07月31日

【後日資料公開】第13回 国立…

環境省が推進する「国立公園満喫プロジェクト」にあたり、有識者会議が予定されています。…