epohedimg003

宮崎県の高校生が子ども用木製おもちゃを市に贈呈(ESD拠点支援事業)

平成29年にオープン予定の宮崎県日南市子育て支援センター「ことこと」。その開設にあたり、市では市のシンボル飫肥杉(おびすぎ)の利活用促進と木育の推進による子育て支援に取組んでいます。
そのような中で、施設に置く“木製おもちゃ”を高校生が提案する「高校生木育デザイン・プロジェクト」が発足し、県内の高校生が挑みました。

自ら課題を設定し解決する「ESD」の視点に立ち、美術やインテリアを学んでいる高校生が地域の資源である飫肥杉や木工業界の現状を視察し、プロのデザイナーや児童心理学の大学教授とのワークショップを経て、少しずつ自分たちのアイディアを具体的な形にしていきました。その成果発表会が、3月5日、日南市の交流施設「油津Yotten」で開催され、関係者約60人を前に、7チームがプレゼンテーションを行いました。
宮崎プレゼンテーションの様子
高校生たちは、試作品を作るだけでなく、改良過程をパワーポイントで説明したり実験データを示したりと、プロジェクト開始当初よりプレゼン力が内容・発表姿勢共に格段に向上しており、大人たちを驚かせていました。

審査の結果、2案が選出され、高校生から﨑田日南市長に試作品が贈呈されました。今後、製品化が図られる予定です。
日南市へ贈呈試作品サウンドガーデン
「贈呈されたサウンドガーデン」

日南市へ贈呈試作品オビスギかるた

「贈呈されたオビスギかるた」


高校生からは、「普段は個人制作が多いので、(他校も含め)協力して制作する経験が出来てよかった。」「大人の(プロの)人たちと一緒に出来てよかった。」などの意見が聞かれました。

支援センター「ことこと」は、4月8日にオープンします。高校生たちの作品も展示されますので、是非ご覧ください。

宮崎試作品と制作学生

Tags: , ,
Default Image
2019年06月29日

地域創生×SDGsセミナー「地域の取組み…

「持続可能な開発目標(SDGs)」は「誰一人取り残さない」を理念に掲げ、日本を含む全ての国が対象となります。その達成には政府だけでなく、自治体の取組みや民間の技術・知見・資金の活用が不可欠です。日本政…
2019年06月29日

令和元年度地球温暖化防止活動環…

環境省では、平成10年度から、地球温暖化対策を推進するための一環として、毎年、地球温暖化防止月間であ…
2019年06月29日

九州・沖縄各県の環境政策情報(…

6月上旬の九州、沖縄各県の環境に関する行政情報を掲載しています。 ぜひ御覧ください。…
2019年06月14日

【ピックアップ】重富海岸自然ふ…

重富海岸自然ふれあい館なぎさミュージアムは、干潟が広がる重富海岸を中心に錦江湾奥部の自然環境について…
2019年06月14日

【参加募集】雲仙諏訪の池ビジタ…

長崎県雲仙市の雲仙諏訪池ビジターセンターから夏にかけてのイベントのお知らせです。…