epohedimg003

宮崎県の高校生が子ども用木製おもちゃを市に贈呈(ESD拠点支援事業)

平成29年にオープン予定の宮崎県日南市子育て支援センター「ことこと」。その開設にあたり、市では市のシンボル飫肥杉(おびすぎ)の利活用促進と木育の推進による子育て支援に取組んでいます。
そのような中で、施設に置く“木製おもちゃ”を高校生が提案する「高校生木育デザイン・プロジェクト」が発足し、県内の高校生が挑みました。

自ら課題を設定し解決する「ESD」の視点に立ち、美術やインテリアを学んでいる高校生が地域の資源である飫肥杉や木工業界の現状を視察し、プロのデザイナーや児童心理学の大学教授とのワークショップを経て、少しずつ自分たちのアイディアを具体的な形にしていきました。その成果発表会が、3月5日、日南市の交流施設「油津Yotten」で開催され、関係者約60人を前に、7チームがプレゼンテーションを行いました。
宮崎プレゼンテーションの様子
高校生たちは、試作品を作るだけでなく、改良過程をパワーポイントで説明したり実験データを示したりと、プロジェクト開始当初よりプレゼン力が内容・発表姿勢共に格段に向上しており、大人たちを驚かせていました。

審査の結果、2案が選出され、高校生から﨑田日南市長に試作品が贈呈されました。今後、製品化が図られる予定です。
日南市へ贈呈試作品サウンドガーデン
「贈呈されたサウンドガーデン」

日南市へ贈呈試作品オビスギかるた

「贈呈されたオビスギかるた」


高校生からは、「普段は個人制作が多いので、(他校も含め)協力して制作する経験が出来てよかった。」「大人の(プロの)人たちと一緒に出来てよかった。」などの意見が聞かれました。

支援センター「ことこと」は、4月8日にオープンします。高校生たちの作品も展示されますので、是非ご覧ください。

宮崎試作品と制作学生

Tags: , ,
mizu junkan
2017年11月10日

【お知らせ】「熊本県沿岸域再生官民連携フ…

近年、豊かな漁場として有名な有明海や八代海の水質の悪化などにより、漁業への影響が見られるようになりました。このため、「有明海及び八代海等を再生するための特別措置法」を制定し、国、自治体、大学などが調査…
2017年11月08日

【募集】自然資源を活かすエコツ…

環境省では、「国立公園満喫プロジェクト」の先導的役割を果たす8つの国立公園をはじめとする自然公園地域…
2017年10月20日

【開催案内】公開セミナー「気候…

10月22日(日)に福岡市で公開セミナー「気候変動による生活への影響」(九州地方環境事務所及び福岡市…
2017年10月04日

【開催案内】熊本県自然環境講座…

熊本県では、熊本の自然の特性や生物多様性について理解を深め、県民の皆様が、それぞれの立場や地域で、自…
2017年09月29日

【開催案内】サステイナブル・ツ…

長崎県の島原半島にて、サステイナブル・ツーリズム国際認証に関するフォーラムを開催します。島原半島を事…