epohedimg003

NPO法人 九州バイオマスフォーラム

【活動地域】熊本県阿蘇
 【EPO九州との主な連携】環境月間イベント (2011)
  繋げよう九州!広げようEPOの輪! インタビュー 中坊 真さん(2011)
  環境イノベーションフォーラム(2012)

 木を伐る森林保全 薪ビジネスの可能性に挑む!
 九州バイオマスフォーラムは、「研究会」などの広報啓発だけなく、実践を大切に、自らバイオマスを作り、使ってみることに取組みながら広く発信する団体として、バイオマス研究の最前線で関わっている大学の先生や研究者の方、環境関連のNPO・NGOの方々が賛同され設立されました。  

  【NPO法人九州バイオマスフォーラム
 〒869-2612
 熊本県阿蘇市一の宮町宮地5816
 電話:0967-22-1013
 IP電話:050-3305-6577
 FAX:0967-22-1014

img_2486.jpgimg_7459.jpgmaki.jpg    

当団体では、草と木を中心としたバイオマスを利活用しています。阿蘇に事務所を構えており、採算面からも身近で調達できるものに取り組んでいます。 みんなが資源と思っていなかったものを資源にする、通常は儲からない資源を、何とか儲かるように工夫して利用することで、バイオマスの利用が促進されると考えています。 最近では、木質バイオマスである薪の普及活動に取組み、ビジネス化に取り組んでいます。

 林地残材と呼ばれる、森や林に残された木材を積極的に活用するしくみとして、薪ストーブの燃料化を進めています。森林の「落穂ひろい」として、地域の方々が集めてくる木々が、薪ボイラー燃料などをとおして温暖化防止に 貢献するとともに、地域活性化につながります。 課題は、薪を買ってくれる人を増やすことにあります。手軽に気軽に薪を買える仕組みとして、オンライン販売システムを構築し、自宅から注文し、 届けられるようにしています。また、環境イベントに積極的に出展し薪ストーブ 実機を展示し、相談会を開いています。

kbf276415_165553680178055_437577_n.jpg




Default Image
2019年07月16日

九州・沖縄各県の環境政策情報(7月下旬)…

7月上旬の九州、沖縄各県の環境に関する行政情報を掲載しています。 ぜひ御覧ください。…
2019年06月29日

地域創生×SDGsセミナー「地…

「持続可能な開発目標(SDGs)」は「誰一人取り残さない」を理念に掲げ、日本を含む全ての国が対象とな…
2019年06月29日

令和元年度地球温暖化防止活動環…

環境省では、平成10年度から、地球温暖化対策を推進するための一環として、毎年、地球温暖化防止月間であ…
2019年06月29日

九州・沖縄各県の環境政策情報(…

6月上旬の九州、沖縄各県の環境に関する行政情報を掲載しています。 ぜひ御覧ください。…
2019年06月14日

【ピックアップ】重富海岸自然ふ…

重富海岸自然ふれあい館なぎさミュージアムは、干潟が広がる重富海岸を中心に錦江湾奥部の自然環境について…