epohedimg003

環境省が環境教育等促進法に基づく協働取組を推進していくため、地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)及び地方環境パートナーシップオフィス(EPO)を支援事務局として、全国・各地域から申請、採択されたモデル事業の実証を行っています。(公募の案内につきましては、こちらのページをご覧ください。※本年度は募集終了)

EPO九州の取り組みと成果創出

EPO PS

EPO PSline

今年度、九州ブロックで採択された団体は「NPO法人おきなわグリーンネットワーク」さんです。

 

おきなわ地域“美ら島・美ら海”連携プロジェクト
特定非営利活動法人おきなわグリーンネットワーク

沖縄県では、地域特有の土壌である赤土等の流出がサンゴ礁などの自然環境に悪影響を及ぼしており、農業、漁業、観光業など地域産業への影響も懸念されています。特に赤土等流出の割合が大きい農地での対策・普及について、平成27~28年度に実施した北部地域での活動における協働のノウハウを、本年度は農業環境コーディネーターというコアメンバーと協働することで本島内全域に広げ、農家だけでなく、漁協や小学校、地域との協働および行政との横断的な連携をとおして、持続的に取り組み、支援する仕組みづくりを実現し、対策の普及・加速化を目指します。

 

おきなわ地域“美ら島・美ら海”連携プロジェクト

平成29年度の取組(採択団体)

平成28年度の取組(採択団体)

平成27年度の取組(採択団体)

平成26年度の取組(採択団体)

平成25年度の取組(採択団体)


平成27年度地域活性化に向けた協働取組の加速化事業の採択事業「やんばる地域”美ら島・美ら海”連携プロジェクト」の取組をご紹介します。

実施団体:NPO法人おきなわグリーンネットワーク

 

■赤土流出を防止するグリーンベルト活動

本事業では、農地から赤土等が流出し、川や海の環境に悪影響をおよぼすことを防ぐため、畑の周辺などに草木を帯状に植えるグリーンベルト活動を行っています。実施地域は沖縄県北部の東村(ひがしそん)と大宜味村(おおぎみそん)の二村です。実施主体であるNPO法人おきなわグリーンネットワークは地元自治体や両村の赤土対策協議会、WWFジャパン、観光協会や地元小学校など、さまざまな主体と連携し「協働」で事業に取組んでいます。

平成27年度地域活性化に向けた協働取組の加速化事業の採択事業「錦江湾奥湿地ネットワーク活性化事業」の取組をご紹介します。

実施団体:NPO法人くすの木自然館

■ 錦江湾奥の広域協働がスタート

 平成27年度地域活性化に向けた協働取組の加速化事業に採択された、NPO法人くすの木自然館が取り組む錦江湾奥湿地ネットワーク活性化の取組に関連して、今年度最初の懇話会が開催されました。
 錦江湾奥地域は、海水面が国立公園に指定され、姶良市・霧島市が面しています。また、海に面する地域自治会の活動も活発であり、そうした住民、行政をはじめとする沿岸の関係主体のネットワーク化により、クロツラヘラサギをはじめとする希少種の生態系保全や環境保全が取組のテーマとなっています。

平成27年度 地域活性化に向けた協働取組の加速化事業で採択された、九州・沖縄地域における2つの事業をご紹介いたします。

■NPO法人くすの木自然館(鹿児島県)

事業名:錦江湾奥湿地ネットワーク活性化事業
団体HP:http://www.kusunokishizenkan.com/

Default Image
2019年04月16日

九州・沖縄各県の環境政策情報(4月下旬)…

★ご注意※詳細はリンク先を必ずご確認ください。※公開が終了している場合があります。※表示順、日程は前後する場合があります。※各県の情報はEPO九州で選択したものを公開しています。 福岡県…
2019年04月12日

【参加募集】雲仙諏訪の池ビジタ…

雲仙諏訪の池ビジターセンターからイベント情報が届きました。ぜひご参加ください! 星空観察会…
2019年04月10日

【参加募集】九十九島ビジターセ…

西海国立公園 九十九島ビジターセンターから、自然教室開催の情報が届きました。ぜひご参加ください!…
2019年03月27日

九州・沖縄各県の環境政策情報(…

3月下旬の九州・沖縄各県の環境政策情報の一覧です。…
2019年03月15日

九州・沖縄各県の環境政策情報(…

3月上旬の九州・沖縄各県の環境政策情報の一覧です。…