epohedimg003

環境省が環境教育等促進法に基づく協働取組を推進していくため、地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)及び地方環境パートナーシップオフィス(EPO)を支援事務局として、全国・各地域から申請、採択されたモデル事業の実証を行っています。(公募の案内につきましては、こちらのページをご覧ください。※本年度は募集終了)

EPO九州の取り組みと成果創出

EPO PS

EPO PSline

今年度、九州ブロックで採択された団体は「NPO法人おきなわグリーンネットワーク」さんです。

 

おきなわ地域“美ら島・美ら海”連携プロジェクト
特定非営利活動法人おきなわグリーンネットワーク

沖縄県では、地域特有の土壌である赤土等の流出がサンゴ礁などの自然環境に悪影響を及ぼしており、農業、漁業、観光業など地域産業への影響も懸念されています。特に赤土等流出の割合が大きい農地での対策・普及について、平成27~28年度に実施した北部地域での活動における協働のノウハウを、本年度は農業環境コーディネーターというコアメンバーと協働することで本島内全域に広げ、農家だけでなく、漁協や小学校、地域との協働および行政との横断的な連携をとおして、持続的に取り組み、支援する仕組みづくりを実現し、対策の普及・加速化を目指します。

 

おきなわ地域“美ら島・美ら海”連携プロジェクト

平成29年度の取組(採択団体)

平成28年度の取組(採択団体)

平成27年度の取組(採択団体)

平成26年度の取組(採択団体)

平成25年度の取組(採択団体)


「地域活性化に向けた協働取組の加速化事業」の第1回連絡会が6月25日(木)に九州地方環境事務所(熊本市)にて開催されました。
本事業は、地域における課題解決や地域活性化のために、多様な主体が相互に協力して取組む協働事業で、審査の結果、九州・沖縄地域からはNPO法人くすの木自然館(鹿児島県)とNPO法人おきなわグリーンネットワーク(沖縄県)の2団体が採択されています。EPO九州は、九州・沖縄地域における地方支援事務局として、採択団体への中間支援活動を行い、各団体におけるネットワーク構築の支援ならびに協働の加速化を行います。
連絡会では、採択団体と九州地方環境事務所、EPO九州が出席し、次の事項の確認や意見交換が行われました。

Tags:

環境省では、地域における課題解決や地域活性化の上で重要な役割を果たしているNPOの活動、ソーシャル・ビジネス等人材、資金、信頼性の向上の点から支援するために、中間支援組織の体制強化や地域における協力・連携体制の整備等を促進する「地域活性化に向けた協働取組の加速化事業」を実施しています。

 環境省では、地域での協働取組を促進するため、協定の締結や具体的な取組を加速化させる先導的な取組形成について、ノウハウ構築、普及や共有を目的とした協働事業を公募いたします。
 下記にて、「平成27年度地域活性化に向けた協働取組の加速化事業」公募のお知らせ、及び九州地方説明会開催のご案内をいたします。


<<平成27年度地域活性化に向けた協働取組の加速化事業の公募について(お知らせ)>>
 
1.事業の目的
 本事業は、民間団体、企業、自治体等の異なる主体による協働取組を実証するとともに、地球環境パートナーシッププラザ(以下、「GEOC/EPO」という。)及び地方環境パートナーシップオフィス(以下「地方EPO」という。)に設置する「支援事務局」の助言等を受けつつ、協働取組の過程等を明らかにし、協働取組を加速化していくうえでの様々な手法や留意事項等を明らかにして、協働取組を行おうとする者の参考資料として共有することを目的としています。

2. 公募対象事業
 全国を対象とした全国事業(1事業程度)と、特定の地域を対象とした地方事業(16事業程度)について協働取組の進行状況に合わせ、AタイプとBタイプに分けて応募します。また、該当するテーマについて低炭素社会・循環型社会・自然共生社会・その他に該当するものを選んでください。

■事業地域
【全国事業】 1事業程度(請負額1事業あたり1,000万円を上限)
【地方事業】 16事業程度(請負額1事業あたり250万円を上限)

■進捗状況
【Aタイプ】 すでに一定程度の協働取組の実績はあるが、協働取組の成功事例にまで発展するまでの支援を要望する事業

【Bタイプ】 法に基づく協定等の締結や連携を超えた協働取組を展開するには至っておらず、支援を要望する事業

■テーマ
【低炭素社会】 気候に悪影響を及ぼさない水準で大気中温室効果ガス濃度の安定化などをテーマにした取組

【循環型社会】 廃棄物などの発生抑制や循環資源の利用などをテーマにした取組


【自然共生社会】生物多様性の保全や社会経済活動を自然との調和したものなどをテーマにした取組

【そ の 他】 環境保全活動並びにその促進のための意欲を増進させることをテーマにした取組

■対象者
ア 環境関係の活動を行う団体(NPO法人、一般社団法人、一般財団法人等)
イ 地域で環境保全に係る事業を行う協議会
ウ その他法人で、国との請負契約者となりうる者

■実施期間
Aタイプ、Bタイプともに実施期間は平成27年3月まで。
(取組状況により次年度の応募を妨げません)

3.応募の方法
 応募の方法については、下記HPの「平成27年度地域活性化に向けた協働取組の加速化事業公募要領」等をご覧ください。
 なお、本事業の実施については、平成27年度予算の成立を前提としています。

■応募締切:平成27年3月31日(火)17時必着

4.お問合せ先
■全国事業窓口:
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前5-53-67コスモス青山B1階
環境省総合環境政策局環境経済課民間活動支援室
Tel:03-3406-5181 Fax:03-3406-5064

■地方事業窓口:
九州:(福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県)
〒860-0047熊本県熊本市西区春日2-10-1熊本地方合同庁舎B棟4階
九州地方環境事務所環境対策課
Tel:096-322-2411 Fax: 096-322-2446

■詳細など:http://www.env.go.jp/press/100316.html



<< 「平成27年度地域活性化に向けた協働取組の加速化事業」九州地方説明会>>

【開催概要】
■日 時: 平成27年2月13日(金)  15:30~16:30
■会 場: 福岡朝日ビル 地下2階多目的ホールA(福岡市博多区博多駅前2-1-1)
■主 催: 九州環境パートナシップオフィス

【プログラム】
・公募概要について
・本事業の特徴について
・質疑応答

■説明会のお申込み・お問合せ
参加をご希望される方は、ご氏名・ご所属・ご連絡先を添えて下記へ事前にお申し込みください。
九州環境パートナシップオフィス EPO九州
TEL:096-312-1884 MAIL:

みなさんこんにちは。いよいよ梅雨が明け、夏本番という感じの季節になりました。

さて、EPO九州では、平成26年度「地域活性化に向けた協働取組の加速化事業」(協働取組加速化事業)の九州ブロックにおける第1回連絡会を開催しました。

(昨年度の開催概要はこちらhttp://www.geoc.jp/partnership

スクリーンショット 6
2019年02月16日

長者原ビジターセンター イベント情報

大分県の長者原ビジターセンターからイベント情報です。 ぜひご参加ください! □タデ原の自然観察会 ■日 程 2月24日(日)、3月3日(日)、10日(日)、17日(日) ■時 間…
2019年02月16日

【2/25まで】野生動物写真コ…

□野生動物写真コンテスト入賞作品展■日 程 2月1日(金)~2月25日(月)■会館時間 9:00~1…
2019年02月16日

九州・沖縄各県の環境政策情報(…

2月上旬の九州・沖縄各県の環境政策情報の一覧です。…
2019年02月16日

雲仙諏訪の池ビジターセンター

長崎県の島原半島にある諏訪の池湖畔の雲仙諏訪の池ビジターセンターから、イベントのお知らせです。ぜひ遊…
2019年02月16日

九十九島ビジターセンターからの…

長崎県佐世保市の九十九島ビジターセンターから、3月のイベント情報が届きました。ぜひご参加ください!…