231 対象のタグ "福岡県"

  • 「合宿で身につける『ファシリテーショングラフィック』」参加者募集のお知らせ

    会議やワークショップで「意見出しにくくて沈黙ばかり」「お互いの意見がすれちがう」「脱線が多くて時間オーバー」「せっかくの結論が会議後に忘れられてしまう」ということ,ありませんか?
    こんな時「ファシリテーショングラフィック(板書)」が役に立ちます。ファシリテーショングラフィックとは,出てくる意見やアイデアをみんなが見えるように書きとめること。出席者の声を受けとめ,みんなで共有しやすくすることで,話し合い&学び合いの場面をよりよいものにします。

    特定非営利活動法人グリーンシティ福岡では、ファシリテーショングラフィックを学ぶ1泊2日の合宿を開催します。「いろんなタイプの会議実習」と「個別フィードバック」を行う実践的な内容です。ペンの持ち方や各種の図表から,聴き方や立ち居振る舞い,議論のプロセスへの視点といった内容にも触れます。実習を重ねる中で「その場の出席者に貢献する板書」を一緒に学んでいきましょう。

    開催案内

    ◆と き:平成29年5月27日(土)13時30分~28日(日)15時00分

    ◆ところ:背振少年自然の家(福岡市早良区板屋530) 
    ※車でのアクセスが難しい方は,西鉄大橋駅での事務局ピックアップもしくは乗り合わせを調整します。

    ◆参加費:一般価格:¥20,000-/下記以外の方
           割引価格:¥15,000-/学生,非営利団体の職員等 ※宿泊費と食費(3食)を含みます。宿泊は相部屋です。

    ◆対 象:20人(本申込みの先着順)
        ※当フォームでの仮申込み後,振込先等のご案内を差し上げます。
        ※参加費のお振込をもって本申込みとさせていただきます。

    ◆スケジュール(予定):
       27日(土)
        13:00 受付開始
        13:30 あいさつと参加者紹介
        14:00 セッション1(書き方に慣れる)
        15:00 セッション2(聞いて書く)
        16:00 セッション3(ミニ会議・型を覚える1)
        17:30 夕食と自由時間
        19:00 セッション4(ミニ会議・型を覚える2)
        20:30 初日終了~自由時間・懇親会
       28日(日)
         9:00 セッション5(応用実習)
        12:00 昼食
        13:00 セッション6(応用実習とふりかえり)
        15:00 講座終了

    ◆講師:志賀壮史(しが・そうし) 特定非営利活動法人グリーンシティ福岡 理事
       1996年よりまちづくりや環境保全活動等に取り組む。その実践を通じて
       身に付けたファシリテーショングラフィックの技術を会議、イベント、
       研修等に応用している。2003年よりNPO法人グリーンシティ福岡の理事
       として、自然環境の保全や地域づくりの業務に携わる。博士(芸術工学)。
    ◆主催:特定非営利活動法人グリーンシティ福岡
       みどりのまちづくりや環境保全・環境教育に取り組むNPOです。
       まちづくりの話し合いや人材育成・交流,環境保全活動や自然観察など,
       人と身近な自然が豊かにつながっていくまちを目指して
       「対話と体験の場づくり」に取り組んでいます。
    ◆共催:背振少年自然の家

    申込みや問合せ先はこちら http://www.greencity-f.org/category/1381528.html

  • 「地域活性化に向けた協働取組の加速化事業」いよいよスタート!

    「地域活性化に向けた協働取組の加速化事業」の第1回連絡会が6月24日(金)に開催されました。


    本事業は、地域における課題解決や地域活性化のために、異なる主体が相互に協力して取組む協働事業で、九州・沖縄地域からは福岡と沖縄の2団体が採択されました。この第1回連絡会を機に、事業がいよいよスタートします。採択団体の活動や事業内容をご紹介しますので、ぜひともご覧ください。

    20160624協働取組 第1回連絡会

     

    ~採択団体・事業紹介~

  • 「家電リサイクルプラントツアー」参加者を募集します

    家電リサイクル法をご存じでしょうか?
    家庭で日常的に利用している家電四品目(テレビ、エアコン、洗濯機・衣類乾燥機、冷蔵庫・冷凍庫)を廃棄する際には、家電リサイクル法で定められた方法で処理し、リサイクルすることとなっています。
    しかしながら、無料回収業者に引き渡すなど、不正に処理されている廃家電が多数存在している実態も見受けられます。
    そこで今回、家電リサイクルの必要性と処理の実際等について深くご理解いただけるよう、消費者及び家電小売店の方々等を対象とし、「家電リサイクルプラント見学ツアー」を開催します。

    kaden※イメージ画像

    開催概要

    ■開催日時 平成28年11月29日(火)11:30~17:30
    ■見学先 西日本家電リサイクル株式会社(福岡県北九州市若松区響町1-62北九州エコタウン内)
     ※集合場所 福岡合同庁舎〈福岡市博多区博多駅東2-11-1)

     

    お問合せ

    九州経済産業局 資源エネルギー環境部 環境・リサイクル課
    〒812-8546 福岡市博多区博多駅東2-11-1
    e-mail:
    電話:092-482-5472 FAX:092-482-5554

    詳細はこちら http://www.kyushu.meti.go.jp/event/1610/161020_1.html

  • 「平成27年度地域活性化に向けた協働取組の加速化事業」九州地方説明会 開催のご案内

    環境省では、地域での協働取組を促進するため、協定の締結や具体的な取組を加速化させる先導的な取組形成について、ノウハウ構築、普及や共有を目的とした協働事業を公募いたします。

  • 「森里川海からはじめる地域づくり-地域循環共生圏構築の手引き-」Ver2.0の公開

     

    「森里川海からはじめる地域づくり-地域循環共生圏構築の手引き-」がVer2.0に更新され、「環境省ローカルSDGs -地域循環共生圏づくり プラットフォーム」のWebサイトにて公開されました。

    地域での取組を事例に、地域循環共生圏の概念を説明するとともに、具体化するための考え方やプロセス、直面しうる課題とその解決方法を紹介する手引きとなっており、九州地域からは佐賀県鹿島市、福岡県宗像市での事例が紹介されています。

     

     

    環境省ローカルSDGs -地域循環共生圏づくり プラットフォーム-
    http://chiikijunkan.env.go.jp/

     

    ktebikiall2

  • 「森里川海からはじめる地域づくり-地域循環共生圏構築の手引き-」Ver2.0の公開

     「森里川海からはじめる地域づくり-地域循環共生圏構築の手引き-」がVer2.0に更新され、「環境省ローカルSDGs -地域循環共生圏づくり プラットフォーム」のWebサイトにて公開されました。

    地域での取組を事例に、地域循環共生圏の概念を説明するとともに、具体化するための考え方やプロセス、直面しうる課題とその解決方法を紹介する手引きとなっており、九州地域からは佐賀県鹿島市、福岡県宗像市での事例が紹介されています。

  • 「福岡市地球温暖化対策実行計画」素案について 市民意見を募集します

    福岡市では、市民や事業者の皆様とともに温暖化対策を総合的・計画的に推進するため,「福岡市地球温暖化対策実行計画」の素案をとりまとめました。本計画の策定にあたり,市民の皆様のご意見を募集します。

    discussion※イメージ画像

    意見募集期間

      平成28年10月6日(木) ~ 平成28年11月4日(金)※郵送の場合は当日消印有効

    詳細はこちら http://www.city.fukuoka.lg.jp/kankyo/ondan/opinion/001_2.html

  • 「福岡県生物多様性戦略2022-2026」策定のお知らせ

    福岡県は、生物多様性の保全に関する今後5年間の取組や施策をとりまとめた「福岡県生物多様性戦略2022-2026」を策定しました。
    豊富な資料やコラムを交え、生物多様性を語るうえで非常にわかりやすくまとまった内容となっていますので、福岡県以外にお住まいの方もぜひ一度ご覧ください。

     


     

     福岡県では、生物多様性を守り、その恵みを持続的に利用する視点から、2050年に実現を目指す社会の将来像を掲げるとともに、今後5年間の取組の方向性や実施すべき施策をとりまとめた「福岡県生物多様性戦略2022-2026」を策定しました。
     この社会を実現するためには、行政はもとより、県民、NPO・ボランティア団体、事業者など多様な主体が、互いに連携・協働して取り組んでいくことが大切です。
     県民の皆さまと生物多様性に関する認識を共有し、自然と共生する社会の実現を目指します。

    1 計画期間

     2022(令和4)年度から2026(令和8)年度までの5年間

    2 福岡県生物多様性戦略2022-2026

       

     〇福岡県生物多様性戦略2022-2026(全体版) [PDFファイル/17.12MB]

         〇分割版
       表紙 [PDFファイル/1.53MB]
       はじめに・目次 [PDFファイル/1.74MB]
       第1章 福岡県生物多様性戦略の策定にあたって [PDFファイル/13.08MB]
       第2章 福岡県の生物多様性の特徴 [PDFファイル/16.83MB]
       第3章 福岡県の生物多様性の現状と課題 [PDFファイル/20.55MB]
       第4章 目指す社会と目標 [PDFファイル/6.44MB]
       第5章 行動計画 [PDFファイル/25.29MB]
       第6章 推進体制と進行管理 [PDFファイル/3.34MB]
       資料編 [PDFファイル/26.47MB]
       裏表紙 [PDFファイル/970KB]
     〇福岡県生物多様性戦略2022‐2026 概要版 [PDFファイル/4.99MB]

    3 策定の経緯

    (1)福岡県生物多様性戦略専門委員会の開催情報
     第1回福岡県生物多様性戦略専門委員会(令和3年3月17日開催)
     第2回福岡県生物多様性戦略専門委員会(令和3年7月30日開催)
     第3回福岡県生物多様性戦略専門委員会(令和3年11月4日開催)
     第4回福岡県生物多様性戦略専門委員会(令和4年1月21日開催)

    (2)意見募集(パブリックコメント)について
    本戦略の策定に当たり、2021(令和3)年11月30日(火曜日)から12月13日(月曜日)にかけて広く県民の皆様のご意見をお伺いしました。
    いただいたご意見とその対応は以下のとおりです。
     「次期福岡県生物多様性戦略(案)」に対する意見募集の結果について

    (3)自然環境保全団体等及び県政モニターアンケート結果
    2021(令和3)年8月、自然環境保全団体等及び県政モニターに対するアンケートを実施しました。
    アンケートの結果については、 「福岡県生物多様性戦略2022-2026」資料編22ページから32ページに掲載しています。

    参考(これまでの計画)

     福岡県生物多様性戦略(平成25年3月策定)

    関連情報

     2022(令和4)年2月、県内の生物多様性に関する情報を統合し、一元的に発信・提供するホームページを開設しました。
     生物多様性について学ぶ・活用する・参加する等のきっかけとなる便利な機能を掲載しています。ぜひご活用ください。

     生物多様性情報総合プラットフォーム「福岡生きものステーション」

    このページに関するお問い合わせ先

    自然環境課
    環境部自然環境課野生生物係
    Tel:092-643-3367
    Fax:092-643-3222

     

    fukuoka biodiversity

     

    福岡県 「福岡県生物多様性戦略2022-2026」を策定しました ~生きものを支え、生きものに支えられる幸せを共感できる社会を目指して~
    https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/fukuokaprefefurebiodiversity2022-2026.html

  • 『第3回環境・グローバル人材育成講座』 ~海外展開のリスクマジメントやビジネス英会話を学ぶ~のご案内

      海外展開を志向する企業が増えている中、K-RIPでは企業のグローバル人材化を図るため、海外展開に役立つ知識や出張等で使えるビジネス英会話を学ぶ『環境・グローバル人材育成講座』を開設しました。  
      対象は海外展開に関心のある経営者・新入社員等どなたでもOKです! また、第一部のセミナーのみ、第二部の英語塾のみの参加も可能です。  

    第3回環境グローバル人材育成講座※チラシはページ下部よりダウンロードできます。

  • 【10/11開催】エコテクノ2018「SDGsセミナー」参加者募集

    2018年10月10日(水)から12日(金)まで、北九州市で開催される『エコテクノ2018~地球環境ソリューション展/エネルギー先端技術展~』。九州地域の特徴ある環境・エネルギー関連企業や先進的製品・技術を一堂に紹介するほか、SDGs達成への取り組みに関する情報発信やさまざまな専門技術のセミナー、イベントなどが実施されます。

    10月11日(木)には、「SDGsセミナー 」が開催。EPO九州が環境省SDGs活用ガイドの紹介をするほか、九州のSDGs未来都市である福岡県北九州市、長崎県壱岐市、熊本県小国町の取組が発表されます。この3自治体はいずれも、特に先導的な取組をしている「自治体SDGsモデル事業」としても選定されています。
    九州におけるSDGsの達成に向けた取り組みについて一度に聴講できる機会、ぜひお誘いあわせの上ご参加ください。

     

    主旨

    環境技術企業、自治体、研究機関などが出展するエコテクノ展において、SDGsの普及啓発と実践主体による先駆的な取組を紹介し、中小企業をはじめとする各主体によるSDGsの推進に向けた取組みのすそ野を広げる。
    一般企業におけるSDGsに関する認知、ビジネスへの活用はこれからの段階であり、行政(SDGs未来都市)の動向、民間団体における人材育成など、取組みの参考となる情報提供を行う場づくりとする。

     

    開催日時

    平成30年10月11日(木) 10:30から12:20

     

    会  場 

    エコテクノ2018会場内 セミナー会場B
    西日本総合展示場 新館 〒802-0001 北九州市小倉北区浅野3-8-1)

     

    対  象

    環境技術企業、各種団体、大学機関等

     

    プログラム

    10:30 開会 九州地方環境事務所
    10:35 環境省SDGs活用ガイドの紹介 EPO九州
    10:45 SDGs未来都市(自治体)の取組みについて
    10:50 北九州市の取組:北九州市企画調整局政策調整課長 酒井 俊哉 氏
    11:10 小国町の取組:小国町政策課 審議員 白浜 真治 氏
    11:30 壱岐市の取組:壱岐市企画振興部政策企画課 主幹 小川 和伸 氏
    11:50 意見交換
    12:20 閉会

     

    セミナー申込

    下記URLから、「SDGsセミナー」内の「このセミナーを申し込む」をクリックください。
    http://www.eco-t.net/seminar.html?aLink=semi02

     

    実施主体

    主  催 環境省九州地方環境事務所
    共  催 公益財団法人北九州観光コンベンション協会
    協  力 九州地方環境パートナーシップオフィス

    ecotechno2018

  • 【10/22開催】福岡県省エネ補助金セミナーin小倉の開催について

    福岡県では、県内事業所における補助制度の活用促進とエネルギー削減への寄与を目的に、国の補助制度や申請準備の仕方のほか、実際に補助金を活用した成功事例を紹介する「省エネ補助金セミナー」を開催します。
    10月開催は北九州市で行われ、参加費は無料ですが、定員に限りがありますので、ぜひお早めにお申し込みください。

     


     

    県内事業所における補助金の活用促進及びエネルギー使用量の削減に寄与することを目的に、国が実施する省エネ補助金の紹介や申請に向けた準備のポイント、注意事項などを解説するセミナーを開催します。

    福岡市内・北九州市内でそれぞれ1回ずつ開催予定です。(福岡市は2月を予定しています)
    省エネ補助金セミナーin小倉 現在、申込受付中です!(令和3年10月22日開催)

    (1)日時

    令和3年10月22日(金曜) 10時00分~16時00分

    (2)会場

    パークサイドビル9階 大会議場(北九州市小倉北区堺町1-6-13)

    (3)定員

    50名

    (4)プログラム

    <第1部>運輸部門
    10:00~10:30 運輸部門における環境対策について 九州運輸局 交通政策部

    環境・物流課
    10:30~11:30
    省エネ補助金活用と最新動向について【運輸部門】

    (株)アーストーンコンサルティング 鍬田 隆史氏
    11:30~12:00
    省エネ補助金活用事例紹介【運輸部門】

    (株)アーストーンコンサルティング 鍬田 隆史氏
    <第2部>工場・ビル部門
    13:00~13:30 エネルギー対策特別融資制度について 福岡県 企画・地域振興部総合政策課

    エネルギー政策室
    13:30~15:30
    省エネ補助金活用と最新動向【工場・ビル・住宅部門】

    (株)アーストーンコンサルティング 鍬田 隆史氏
    15:30~16:00
    省エネ補助金活用事例紹介【工場・ビル・住宅部門】

    (株)アーストーンコンサルティング 鍬田 隆史氏


    (5)参加費

    無料

    (6)主催

    福岡県省エネルギー推進会議、福岡県

    (7)申込方法

    ・福岡県電子申請システム

    「福岡県電子申請システム」からお申込みください。
    お申し込みは、こちらです。(新しいウインドウで開きます)

    ・FAX/メール

    案内チラシ(裏面が申込用紙になっています)をダウンロードし、必要事項を記入の上、FAXまたは電子メールによりお申込みください。

    fukuoka syouene

    省エネ補助金セミナーin小倉チラシ(R3年度) [PDFファイル/2.15MB]

    (8)申込先・問い合わせ先

     福岡県環境部 環境保全課地球温暖化対策係 
     TEL:092-643-3356
     FAX:092-643-3357
     E-mail:

     

    福岡県 省エネに関する各種講座を開催しています!
    https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/eco-seminar.html

  • 【10/31申込締切】令和3年度 北九州市環境首都検定の受検者募集

    SDGs未来都市に選定されている北九州市は、環境首都を目指す取り組みや魅力の再発見、実践的な環境行動のきっかけづくりとして「北九州市環境首都検定」を実施します。2021年10月31日まで、受験者の募集が行われています。

    今年度から、全受検区分でWeb受検も可能となっております。

    小学生から大人まで、広く受験が可能となっておりますので、環境分野にご関心のあるみなさま、ぜひお申し込みください。

     

    また受験のための公式テキストも販売中です。

    【ご参考】

     令和3年度「北九州市環境首都検定」公式テキストを販売しています - 北九州市
    https://www.city.kitakyushu.lg.jp/kankyou/00300312.html

     


     

    令和3年度 北九州市環境首都検定の受検者募集を開始します


    r3 kitakyushu syutokentei


     北九州市環境首都検定は、世界の環境首都を目指す北九州市の取り組みや魅力を再発見し、実践的な環境行動につながるきっかけづくりとして平成20年度から始まり、今年で開催14回目になります。本年度から、全受検区分(ジュニア編・中高生編・一般編・上級編)Web受検が始まります。

    (注)新型コロナウイルス感染症等の状況によっては、変更・中止になる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。また、会場受検が中止になった場合、会場受検にお申込みの方も、Web受検に変更して受検することができます。その際のお手続きは不要です。


    令和3年度 北九州市環境首都検定の概要

     

    令和3年度北九州市環境首都検定について

     

    項目内容
    タイトル 令和3年度 北九州市環境首都検定
    実施日 令和3年12月12日(日曜日)10時開始
    受検方法 新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、ご自宅で受検できるWeb受検を推奨しています。3密を避けるためにも、可能な方はWeb受検をお願いします。

    Web受検(推奨)(全受検区分)

    会場受検

    Web受検 本年度より自宅で気軽に受検ができるWeb受検がすべての受検区分で、できるようになりました。

    詳しくは令和3年度「北九州市環境首都検定」Web受検のやり方(PDF形式:247KB)を参照ください。

    会場受検 ・西日本総合展示場新館
    ・北九州市環境ミュージアム
    ・志井市民センター
    ・島郷市民センター

    市民センターと環境ミュージアムには、人数制限を設けています。そのためWeb受検、または他の会場への移行をお願いする場合があります。その際は、受検票にて会場をお知らせします。

    申込 ・郵送、FAX
    募集要項は10月1日から、市内各所に設置します。
    令和3年度募集要項(PDF形式:1.15MB)をクリック・ダウンロード後、記入して郵送かFAXでも申込できます。
    ・インターネットの場合は、下記リンクをクリックして申込ができます。
    【個人で申し込み】(外部リンク)
    【グループで申し込み】(外部リンク)

    申込期間 令和3年10月1日(金曜日)から10月31日(日曜日)
    受検料 無料
    対象者 どなたでも
    受検区分 1.ジュニア編(小学校5・6年生レベル)
    ・問題数  25問
    ・45分(4択マークシート形式)
    ・出題範囲
    「みんなで守ろう!!きれいな地球」 第7版 北九州市小学校高学年用環境教育副読本

    みどりのノート高学年用

    時事問題 1問 

    ・小学校受検も実施しています。
    学校の授業時間などを使って受検が可能です。
    詳しくは、環境学習課までお問い合わせください。

    2.中高生編(主に中学生・高校生向け)

    ・問題数  40問 
    ・45分(4択マークシート形式)
    ・出題範囲
    (1)「みんなで守ろう!!きれいな地球」 第7版 北九州市小学校高学年用環境教育副読本

    (2)「北九州市環境首都検定公式テキスト2021年改訂版」

    (3)時事問題 3問程度

    ・学校受検も実施しています。
    学校の授業時間などを使って受検が可能です。詳しくは、環境学習課までお問い合わせください。

    3.一般編(主に高校生以上向け)
    ・問題数  40問 

    ・60分(4択マークシート形式)
    ・出題範囲
    「北九州市環境首都検定公式テキスト2021年改訂版」

    4.上級編(一般編合格者向け)
    ・問題数  50問 
    ・60分(4択マークシート形式)
    ・出題範囲
    (1)「北九州市環境首都検定公式テキスト2021年改訂版」
    (2)環境省ホームページ
    (3)北九州市ホームページ

    35問/50問は、一般編と共通問題で(1)から出題します。
    15問/50問は、(1)(2)(3)の中から出題します。

    合格証 北九州市環境首都検定オリジナル合格証
    表彰 令和4年2月下旬以後の日曜日をを予定しています。 

    ・合格は70点以上です。
    ・受検すると、ていたんポイントなどの特典があります!
    ・合格すると、検定応援団(参考:令和2年度)から特典やサービスを受けることができます!
    ・昨年度の検定結果は令和2年度北九州市環境首都検定 結果報告をクリック! 

     

     

    【情報引用元】

    令和3年度 北九州市環境首都検定の受検者募集を開始します - 北九州市
    https://www.city.kitakyushu.lg.jp/kankyou/00300306.html

     

  • 【11/15締切】(福岡都市圏)海洋ごみ問題シンポジウムを開催します

    福岡都市圏では、11月29日に海洋ごみ問題を取り上げたシンポジウムが開催し、河川・海を共有する市民・企業・行政が自治体の境を越えて協力していくことを呼びかけています。
    会場は福岡市天神のアクロス福岡ですが、福津市市役所と糸島市市役所にて会場の様子が中継されます。また、Youtubeでもライブ配信されます。
    福岡都市圏にお住まいの方は、ぜひお近くの会場・またはオンラインでご参加ください。

     


     

    海洋ごみ問題の解決には、河川・海を共有する市民・企業・行政が自治体の境を越えて協力していくことが必要です。そこで、ラブアース・クリーンアップ福岡地区実行委員会、福岡都市圏広域行政推進協議会では、国連ハビタット福岡本部と協力し、福岡都市圏(17市・町)の住民を対象にした海洋ごみ問題シンポジウムを開催します。

    福岡都市圏 海洋ごみ問題シンポジウム ~同じ川、同じ海で私たちはつながっている

    1.日時

    令和3年11月29日 月曜日
    午後1時30分から午後3時(午後1時 受付開始)

    2.場所

    アクロス福岡 7階 大会議室 (福岡市中央区天神1-1-1)
    糸島市役所と福津市役所で、アクロス会場の様子を中継します。

    ※新型コロナウイルス感染症拡大状況に応じオンライン開催に変更となる場合があります。

    3.定員

    福岡市会場(アクロス福岡) 70名
    糸島市会場(糸島市役所) 30名
    福津市会場(福津市役所) 15名
    ※いずれも先着順

    4.申込方法

    応募フォーム
    https://www.shinsei.elg-front.jp/fukuoka-City/uketsuke/sform.do?id=1634200233450
    より、必要事項をご入力のうえお申し込みください。

    申込期間:令和3年11月1日から11月15日まで

    ※応募フォームでのお申し込みができない場合は、「氏名」「フリガナ」「電話番号」
    「希望の会場」「お住まいの市町名」を明記のうえ、シンポジウム事務局
    )宛てにメールにてお申し込みください。

    5.オンライン配信について

    シンポジウムの様子はYouTube Liveでも配信します。(11月中旬頃にリンク先を追加します。)

    出演講師、講演内容

    国際連合人間居住計画(ハビタット)福岡本部 本部長補佐官 星野 幸代 氏
    「世界からみた海洋ごみ問題」

    九州大学大学院工学研究院 准教授 清野 聡子 氏
    「福岡都市圏はアジアの海洋ごみ問題解決のホットスポット ~九州・福岡の海洋ごみ問題とその発生源~」

    一般社団法人ふくおかFUN 代表 大神 弘太朗 氏
    「今日からあなたも!海を伝える現場から~福岡での海洋ごみ問題への取り組み~」

     

    fukuoka fukutsu kaiyougomi

     

    福津市 (福岡都市圏)海洋ごみ問題シンポジウムを開催します
    https://www.city.fukutsu.lg.jp/soshiki/machi/keiei/9116.html

  • 【11/7締切】海岸の清掃活動イベント「スポGOMI大会」開催のお知らせ

    11月14日、福岡県有明海沿岸で初めてスポーツGOMI拾い(スポGOMI)イベントが開催されます。スポGOMIはチームに分かれてゴミ拾いを行い、集めたゴミの量と種類でポイント数を競う、子どもから高齢者まで誰でも参加できる新しいスポーツです。
    ぜひ有明海をきれいにしながらさわやかな汗を流してみてください。

     


     

    皆さんはスポGOMI(スポーツGOMI拾い)を知っていますか?
    スポGOMIとは、企業や団体が取り組む従来型のごみ拾いに、「スポーツ」のエッセンスを加え、今までの社会奉仕活動を「競技」へと変換させた日本発祥の全く新しいスポーツで、2008年から現在まで日本全国各地で行われています(競技内容については下記リンク「スポGOMI」を御覧ください)。
    競技内容は至って簡単。予め定められたエリアで、制限時間内に、チーム毎にごみを拾い、集めたごみの量と種類でポイントを競い合うスポーツとして、大人から子供まで参加が可能です。

    今年は11月14日に、福岡県では初めて、有明海沿岸で開催します。
    現在、このイベントへの参加チームを大募集!20組100名程度(1チーム3~5名以内)募集いたします!
    スポーツの秋、柳川市大和干拓海岸で爽やかな汗を流して、美しい海を守りませんか?
    皆さんの御応募をお待ちしております!(お申込みの受付は下記 株式会社エフエム福岡のホームページで行っております。)

    ≪競技概要≫
    【競技時間】60分
    【募集チーム数】20組100名 程度(1チーム 3~5名以内)
     ※応募者多数の場合は抽選になります。
       当選の発表は「招待状」の発送をもってかえさせていただきます。
     ※当日はスポーツに適した服装(ジャージ、スニーカーなど)で御参加ください。
     ※小学生以下の参加については保護者(1名以上)との混合メンバーでの参加とさせていただきます。
     ※荒天中止の場合は、前日13時ごろまでにチーム代表者へ連絡をします。
    【募集締切】11月7日(日)
    【運営】株式会社エフエム福岡
    【協力】柳川市、一般社団法人ソーシャルスポーツイニシアチブ 

    開催期間

    2021年11月14日 ~2021年11月14日

    開催時間

    【当日スケジュール(予定)】
    9時30分 ~ 受付
    10時00分 ~ 開会式
    10時30分 ~ 競技スタート
    11時30分 ~ 競技終了・ごみ計量
    12時10分 ~ 閉会式・表彰式
    12時40分 ~ 解散
    ※ 雨天等により順延した場合 → 順延日: 11月28日

    応募期間

    2021年10月22日 ~2021年11月7日

    開催場所

    【開催場所(競技エリア)】
     柳川市大和干拓海岸(福岡県柳川市大和町大坪366番地) 

    料金

    無料 ※要招待状

    主催

    福岡県(運営:株式会社エフエム福岡)

    この情報に関する申込先はこちらです

    株式会社エフエム福岡(下記リンクを御覧ください)

    申込み先(株式会社エフエム福岡 ホームページ内 イベント情報)

    スポGOMI(一般社団法人ソーシャルスポーツイニシアチブ ホームページ)


    この情報に関するお問い合わせ先はこちらです。

    環境部  廃棄物対策課
    Tel:092-643-3363
    Fax:092-643-3365

     

    supogomi fukuoka

     

    福岡県 「スポGOMI大会」有明海沿岸で初開催!~海岸の清掃活動イベントへの参加を募集します~
    https://www.pref.fukuoka.lg.jp/event-info/spogomi-yamatokantakukaigan.html

  • 【12/10から】「環境フェスティバルふくおか2021」オンライン開催のお知らせ

    福岡市は、「環境フェスティバルふくおか2021」を初のオンラインイベントとして開催します。
    本年は「SDGsと脱炭素」をメインテーマに、エコ実験ワークショップや音楽ライブ配信など、楽しみながら学べる催しが多数用意されています。
    特設サイトの公開は12月10日予定です。ぜひお気軽にご参加ください。

     


     

    子どもから大人まで環境について楽しみながら学べるイベント、「環境フェスティバル」!
    今年は初のオンライン開催です。

    身近にあるものを再利用しておうちで一緒に作れる「ワークショップ動画」やアーティストによる「ステージイベント」などオンラインでは定番になりつつある配信型のコンテンツにとどまらず、プレゼントが当たる「環境クイズ」や「エコ実験」など参加型コンテンツも充実!
    楽しく環境に触れていただけます。

    また、人気イラストレーターのざしきわらし氏のイラストをメインビジュアルに起用し、
    私たちが目指すもの、わたしたちにできること」
    をキーフレーズに、一緒に環境フェスティバルを盛り上げていただきます!

    開催期間は、令和3年12月10日(金曜日)から令和4年1月10日(祝日)の1ヶ月間を予定しています。
    現在、特設サイト構築中!

    開催期間

    令和3年12月10日(金曜日)から令和4年1月10日(祝日)※予定

    場所

    環境フェスティバルふくおか2021特設サイト(12月10日公開予定)

    ご協賛(50音順、敬称略)

    イオン九州株式会社、エフコープ生活協同組合、花王グループカスタマーマーケティング株式会社、株式会社NTTドコモ九州支社、株式会社NTTファシリティーズ、株式会社カステラ本家福砂屋、株式会社西日本シティ銀行、株式会社福岡銀行、株式会社福岡クリーンエナジー、九州電力株式会社、公益財団法人自動車リサイクル促進センター、公益財団法人ふくおか環境財団、公益社団法人福岡県産業資源循環協会 福岡支部、コカ・コーラ ボトラーズジャパン株式会社、西部ガス株式会社、福岡市地球温暖化対策市民協議会
      

    お問い合わせ先

    部署: 環境局 環境政策部 環境政策課
    住所: 福岡市中央区天神1丁目8の1
    電話番号: 092-733-5381
    FAX番号: 092-733-5592
    E-mail: 

    fukuoka kankyou festival

     

    福岡市 環境フェスティバルふくおか2021」は12月からオンライン開催します!
    https://www.city.fukuoka.lg.jp/kankyo/k-seisaku/hp/kyouiku-shien/kankyofestival_2021_1.html

  • 【12/13締切】「次期福岡県生物多様性戦略(案)」への意見を募集します

    福岡県環境部自然環境課は、「福岡県生物多様性戦略」の策定にあたって広く県民から意見を募集しています。
    本戦略は県の指針である「福岡県総合計画」「福岡県環境総合ビジョン」を踏まえつつ、COP15における「ポスト2020生物多様性枠組」採択への議論や「次期生物多様性国家戦略」の方向性等と整合を図っています。
    福岡県民の皆さまはぜひご意見をお寄せください。

     


     

     福岡県では、本県の生物多様性の保全及び持続可能な利用に関する施策の総合的かつ計画的な推進を図るための基本計画として、次期福岡県生物多様性戦略の策定を進めています。
     策定に当たり、広く県民の皆様のご意見をお伺いします。
     お寄せいただいたご意見は、同戦略策定の参考としますので、ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

    1 意見募集の対象

    次期福岡県生物多様性戦略(案) [PDFファイル/9.73MB]

    2 意見提出期限

     令和3年11月30日(火曜日)から12月13日(月曜日)まで

    3 意見の提出方法

     所定の様式に記入のうえ、持参、郵送、ファクシミリ又は電子メールにて提出してください。
     なお、ご意見を正確に把握する必要があるため、電話による口頭でのご意見はお受けできません。

     意見書様式(ワード) [Wordファイル/16KB]
     意見書様式(PDF) [PDFファイル/31KB]

    4 意見書の提出先

    福岡県環境部自然環境課野生生物係
    (住所)〒812-8577 福岡市博多区東公園7番7号
    (ファクシミリ)092-643-3222
      (電子メール)

    5 次期福岡県生物多様性戦略(案)閲覧場所

     次期福岡県生物多様性戦略(案)については、県庁ホームページからご覧ください。
     なお、下記場所でもご覧いただけます。
     ※閲覧可能な時間は平日の8時30分から17時15分までです。

    ・県民情報センター(福岡市博多区東公園7-7 県庁行政棟1階)
    ・北九州県民情報コーナー(北九州市小倉北区城内7-8 小倉総合庁舎内)
    ・筑後県民情報コーナー(久留米市合川町1642-1 久留米総合庁舎内)
    ・筑豊県民情報コーナー(飯塚市新立岩8-1 飯塚総合庁舎内)
    ・京築県民情報コーナー(行橋市中央1-2-1 行橋総合庁舎内)

    6 留意事項

    1 意見を提出できるのは以下の方です。
    • 県内に住所を有している方
    • 県内に事務所等を有している個人及び法人その他の団体
    • 県内に所在する事務所等に勤務している方
    • 県内に所在する学校に在学している方

    2 提出していただく意見は、日本語に限ります。
    3 提出された意見の概要については、後日、一定期間福岡県庁ホームページに掲載します。なお、類似の意見はまとめて掲載することがあります。
    4 意見を提出された方の氏名(法人等にあってはその名称)その他の情報は公表しません。
    5 氏名、連絡先等の個人情報につきましては、適正に管理し、ご意見の内容に不明な点があった場合の連絡・確認といった、 本案に対する意見募集に関する業務にのみ利用いたします。
    6 意見に対する個別の回答はいたしかねますので、あらかじめご了承ください。

     

    お問い合わせ

    福岡県自然環境課
    野生生物係
    Tel:092-643-3367
    Fax:092-643-3222

     

    fukuoka tayousei pc

     

    福岡県 「次期福岡県生物多様性戦略(案)」への意見を募集します
    https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/f-seibutsutayousei-3rd-pub.html

  • 【3/26開催】 オンラインシンポジウム「糸島半島の生物多様性と自然共生圏構想~糸島をSDGsのモデル地域に~」

    九州大学アジア・オセアニア研究教育機構(Q-AOS)による糸島半島の生物多様性とSDGsに関する取り組みを紹介するオンラインシンポジウムが開催されます。
    このシンポジウムでは、糸島エリアの海域や鳥獣問題を焦点に、生物多様性を守り、学び、活かす取り組みについて議論していきます。

     


     

    概要

    九州大学アジア・オセアニア研究教育機構(Q-AOS)は、SDGs(国連持続可能な開発目標)を基軸としてアジア・オセアニア地域を中心とした社会課題の解決と学融合による世界水準の研究を推進することを使命としています。
    また、研究の成果を広く社会と共有することで、持続可能な社会への転換を後押しすることを目指しています。
    今回のシンポジウムでは、多発する自然災害やコロナ禍を通じて明らかとなった自然共生社会の必要性を踏まえ、糸島半島の生物多様性とSDGsの取組を紹介します。
    皆様の御参加お待ちしております。

    【主催】アジア・オセアニア研究教育機構(Q-AOS)
    【協力】九州大学病院アジア遠隔医療開発センター(TEMDEC)
    【後援】九州オープンユニバーシティ、糸島市

    開催日時・スケジュール

    2022年3月26日(土)
     13:30-13:40 開会の挨拶(原⽥明/ 九州⼤学副学⻑)
     13:40-14:00 イントロダクション(⽥中俊徳/ 九州⼤学准教授)
     14:00-15:30 基調講演
            ・⽣物多様性の現状と未来(奥⽥直久/ 環境省⾃然環境局⻑)
            ・⽷島半島の⽣物多様性(⽮原徹⼀/ 福岡市科学館館⻑・九州⼤学名誉教授)
            ・⽷島半島の海と沿岸(清野聡⼦/ 九州⼤学准教授)
            ・⽷島半島の⿃獣問題とジビエ(安⽥章⼈/ 九州⼤学准教授)
     15:30-17:00 パネル・ディスカッション
            「⽣物多様性を守る取組・学ぶ取組・活かす取組」

    申込受付

    https://temdec-med-kyushu-u-ac-jp.zoom.us/webinar/register/WN_gpp0P8E1RlmLqiFI5ulNwg
    参加費:無料

    お問合せ先

    担当:入江 佳那恵
    TEL:092-802-2607
    Website
     ・アジア・オセアニア研究教育機構 https://q-aos.kyushu-u.ac.jp/
     ・研究室 https://www.toshitanaka-lab.com/

     

    itoshima symposium

     

    九州大学アジア・オセアニア研究教育機構 「糸島半島の生物多様性と自然共生圏構想~糸島をSDGsのモデル地域に~」
    https://q-aos.kyushu-u.ac.jp/topics/%e3%82%aa%e3%83%b3%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%bb%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%83%9d%e3%82%b8%e3%82%a6%e3%83%a0%e3%80%8c%e7%b3%b8%e5%b3%b6%e5%8d%8a%e5%b3%b6%e3%81%ae%e7%94%9f%e7%89%a9%e5%a4%9a%e6%a7%98/

  • 【5/25開催】第139回エコ塾『九州の脱炭素を はじめよう!』のご案内

    九州環境エネルギー産業推進機構は、環境ビジネスの創出・ビジネスマッチング・人脈形成を目的に、九州経済産業局と連携して「エコ塾」を開催しています。
    講演会と交流会の2部構成となっており、第1部では、環境関連企業、自治体、NPO等による自社製品・各種施策の紹介等実施しています。第2部の交流会では、講演者と参加者と事務局で気軽に意見交換を行い、出会いの場として実施しています。
    5月25日開催の第139回エコ塾では、脱炭素をテーマに、事業者の皆さまに向けた情報発信を行います。

     


     

    「CNって何?」という予習の時間は過ぎ去りました。
    取り組まないリスクもみんな何となく分かっているはず。でも、だからこそ「どうやって取組を始めたらいいの?」と新しい悩みが生まれます。そこで、九州のCN推進施策、自治体の取組、企業の先進的な取組や新しく取組を始めた事例まで幅広く情報発信します。
     エコ塾はみなさんのCN取組のヒントになる情報をお届けしていきます!

    お申し込みはこちらから

    開催日時

    令和4年5月25日(水) 開 場 14:30
      講 演 15:00~17:45 
          会場参加 先着申込 30名
         リモ-ト参加(事前登録制)
      懇親会 18:00~19:30

    ※会場申込は各社最大2名まででお願いします
    ※コロナ禍で、十分な人数が会場で確保できないためTEAMSによるリモ-トも含めたハイブリッドで開催を行います。
    ※コロナウイルス感染状況によって、完全オンラインでの開催となる場合もございます。
    ※お車での来場はできません。公共交通機関をご利用ください。

    会場

    講演会:株式会社正興電機製作所 本館 5階会議室
       (福岡県福岡市博多区東光二丁目7-25)
    懇親会:株式会社正興電機製作所 別館8階食堂

    ※お車での来場はできません。公共交通機関をご利用ください。
    会場周辺地図

    参加費

    講演会:無料
    懇親会:2,500円

    プログラム

    経済産業省 九州経済産業局 政府施策
    15:05~15:30  
    『九州地域のカーボンニュートラル推進に向けて』
     資源エネルギー環境部 環境・エネルギー産業担当参事官 
     カーボンニュートラル推進・エネルギー広報室長 仁田 純一 氏           

    2050年CN実現に向けて九州地域の推進及び広報を担うため、当室が新設されました。今回のエコ塾では、これから脱炭素化に向けた取組を検討されるみなさまにご活用いただける、政府の取組や関連施策について、当室の役割も含めて解説いたします。

    15:30~15:45
    『支援メニュー紹介(事業再構築補助金)』
     産業部 経営支援課 経営支援係長 中岡 廣治 氏

    思い切った事業再構築に意欲を有する中小企業等の挑戦を支援する事業再構築補助金について、第6回公募より新設の「グリーン成長枠」を中心にご紹介します。

    自治体事例 佐賀市
    15:50~16:20
    『脱炭素社会における地域バイオマスを活用した地域産業創出への取り組み』
     企画調整部 バイオマス産業推進課 課長 江島 英文氏   

    世界の課題となっている脱炭素社会の構築については、国連のSDGsにもある持続可能な社会を目指す上でも非常に重要な課題となっています。そのような中、佐賀市ではバイオマス産業都市の取り組みとして、資源循環による地域産業の創出による脱炭素社会への貢献を目指しています。佐賀市からは清掃工場と下水浄化センターを中心した資源循環の取組をご紹介します。   
               
    ◆企業事例1(16:20~16:45)—————————-
     講演概要確認中
    バイオマスリサーチ株式会社 代表取締役社長 菊池貞雄 氏

    ◆企業事例2(16:45~17:10)—————————-
    技術の棚卸から始めるカーボンニュートラル ~ キーワードは不易流行 ~
    株式会社くりんか 代表取締役社長 楳木真一 氏

    CN・DX・SDGsと横文字ばかり並ぶ昨今の環境ビジネス。時代に付いていくには資金・時間・開発力が途方もなく必要な感じがしませんか?目的は時代に付いて行くことではありません。
    現実から目を背けるのではなく、強みを精査することで見えてくるものがあるはずです。
    弊社はカーボンニュートラルの対局である石炭火力発電所から発生する石炭灰を活用した環境舗装を展開しています。猛烈な逆風の中、固定概念から「離れること」・時代が変わっても「変わらないもの」と「変えていくもの」を整理することで次の一手が見えてきます。

    ◆トークセッション(17:15~17:45)————————-
    九州の脱炭素化に向けて
    九州の脱炭素化に向けて、各登壇者に国・自治体・企業それぞれの立場から語っていただき、課題や今後の方向性についてセッションします。

    お問合せ先

    ▼K-RIP(九州環境エネルギー産業推進機構)担当:野見山
    TEL:092-474-0042  FAX:092-985-0055
    https://k-rip.gr.jp/

    お申し込み、申込締切

    上部「お申し込みはこちらから」リンク先に必要事項をご入力のうえ、お申し込み下さい。
    申込締切 令和4年5月24日(火)
    FAX:下記「第139回エコ塾参加申込書」に必要事項をご記入の上、お申し込み下さい。

    139回エコ塾参加申込書

    eco crammer carbonneutral

     

    九州環境エネルギー産業推進機構 【ご案内】第139回エコ塾『九州の脱炭素を はじめよう!』
    https://k-rip.gr.jp/event/eco139/

  • 【6/30締切】令和2年度ふくおか共助社会づくり表彰(福岡県知事賞)募集

    福岡県NPO・ボランティアセンターでは、福岡県において地域課題解決に取り組むNPO、企業、市町村を募集し、表彰を行います。

    締切は令和2年6月30日(火曜日)です。

     


     

    【表彰】令和2年度ふくおか共助社会づくり表彰(福岡県知事賞)募集 ~優れた協働の取組を募集しています~

     

    PromoteDetail 27096 file

     

    福岡県では、共助社会の実現に向け、NPO・ボランティア(以下、「NPO等」という)、企業その他団体の公益的活動を促進するとともに、地域課題を解決するサービスの担い手として期待されるNPO等の社会的な信頼性を高めることを目的として、「ふくおか共助社会づくり表彰」を実施しています。

    令和2年度も、ふくおか共助社会づくり表彰を下記のとおり募集します。ぜひ皆様のご応募又はご推薦をお待ちしています!

     

     

    ■募集する取組

    NPO等(※1)が、ボランティア団体と企業、行政その他団体(※2)と、地域の課題を解決するために行う優れた協働の取組

    ※1)NPO等
     NPO法人及びボランティア団体のほか、公益社団法人・公益財団法人、一般社団法人・一般財団法人が該当します。

    ※2)その他団体
     大学、社会福祉法人、生活協同組合、農業協同組合、地域の自治会・コミュニティ等の団体一般が該当します。

    ■対象団体

    次の(1)から(3)のいずれかの団体
    (1)県内に事務所があるNPO等
    (2)県内に本社、支社又は営業所等がある企業及び県内に本部又は支部等がある団体
    (3)県、県内の市町村

    ■応募の方法

    〇自薦、他薦を問いません(どちらでも可)。
    〇応募書に必要事項を記入の上、当センターまで郵送またはご持参ください。

    ↓↓↓各種様式ダウンロード↓↓↓

    https://www.nvc.pref.fukuoka.lg.jp/promotes/detail/537

     

    ■募集期間

    令和2年4月1日(水曜日)から令和2年6月30日(火曜日)※当日消印有効

    ■表彰団体の決定

    外部有識者を中心に構成する「ふくおか共助社会づくり表彰選考委員会」の選考を経て決定します。
    受賞した取組は、福岡県のホームページや各種広報媒体、イベント等で広くPRします。

    ■表彰式

    令和3年1~2月頃を予定

     

    【お問い合わせ先】

    福岡県NPO・ボランティアセンター 協働班
    〒812-0046 福岡市博多区吉塚本町13-50
    福岡県吉塚合同庁舎5階
    Tel:092-631-4415
    Fax:092-631-4413
    E-mail:

     

    【表彰】令和2年度ふくおか共助社会づくり表彰(福岡県知事賞)募集 ~優れた協働の取組を募集しています~ - 福岡県NPO・ボランティアセンター

    https://www.nvc.pref.fukuoka.lg.jp/promotes/detail/537

     

  • 【7/1開催】エコテクノ展2021 「ローカルSDGs推進セミナー~地域と連携したSDGsの推進~」

    エコテクノ展2021
    「ローカルSDGs推進セミナー~地域と連携したSDGsの推進~」
    セミナー開催

     

    この度、九州地方環境事務所ならびにEPO九州では、北九州市で開催されるエコテクノ展2021において、セミナーを開催します。

    九州地域のローカルSDGs推進の機会として企画しました。

    セミナー参加につきまして、下記フォームよりお申し込みお願いいたします。

    ※ZOOMを利用したオンラインでのご参加も可能です。

     

    ◎対面(会場にて参加)ご希望のみなさまへ

    会場にてご参加の場合は、セミナー申込みとは別途、エコテクノ2021の事前来場登録が必要です。
    ご自身でのご登録作業をお願いいたします。
    https://eco-t.solution-expo.jp/moshikomi.php

     

    セミナー申込フォーム

    https://forms.gle/WTqfnQoYCStxCcHf8

     

    〇エコテクノ展とは
    福岡県、北九州市、公益財団法人北九州観光コンベンション協会の3者による主催のもと、地球環境時代にふさわしい低炭素・温暖化防止技術、浄化・汚染防止技術などの環境ソリューション製品・技術と、創エネ・省エネ・蓄エネによる新たなエネルギー社会の実現に向けたエネルギー関連製品・技術を一堂に紹介し、環境・エネルギー産業への新規参入やビジネスマッチング、開発製品の市場化等を支援することにより、新たな環境・エネルギー産業を育成し、産業・地域振興に寄与することを目的に開催します。

    ご参考:エコテクノ2021 ~地球環境ソリューション展/エネルギー先端技術展~
    https://eco-t.solution-expo.jp/

     

    et2021 epok

EasyTagCloud v2.8

tsushima action plan
2022年05月20日

対馬市SDGsアクションプランの策定につ…

SDGs未来都市である対馬市は、市民に対してSDGsの具体的な取り組みの方向性や行動などを示すロードマップとして、SDGsアクションプラン案を取りまとめました。今般、対馬市ウェブサイトにて公開され、ま…
2022年05月20日

【6/3締切】令和4年度ローカ…

環境省は、海洋ごみ問題について一層の対策を進めていくにあたり、自治体と企業等が連携した海洋ごみ対策の…
2022年05月14日

九州・沖縄地域SDGs未来都市…

内閣府地方創生推進室は、…
2022年05月14日

九州・沖縄各県の環境政策情報(…

令和4年5月上旬の九州、沖縄各県の環境に関する行政情報を掲載しています。ぜひ御覧ください。★ご注意※…
2022年05月14日

【5/25開催】第139回エコ…

九州環境エネルギー産業推進機構は、環境ビジネスの創出・ビジネスマッチング・人脈形成を目的に、九州経済…