135 対象のタグ "熊本県"

  • 熊本県 生物多様性くまもとセミナー 参加募集のお知らせ

    本講座は、熊本の自然の特性や生物多様性について理解を深め、県民の皆様が、それぞれの立場や地域で、自然環境を守る活動に参加していただくために開催するものです。

    benkyoukai

    1 対象

    地域で自然環境保全活動を行っている方、事業所において環境分野の地域貢献等を担当される方、自然環境問題に興味があって今後何らかの活動に取り組みたいと考えている方、環境教育に取り組む教育関係者やNPO関係者などの県民の皆様を対象としています。

    2 募集定員

    60人

    3 開講日及び会場

    講座1、2....平成28年11月26日(土曜日):熊本県立大学
    講座3..... 平成28年12月10日(土曜日):熊本県林業研究指導所・立田山周辺(座学、フィールドワーク)

     

  • 熊本県 荒尾・玉名地域にて公開モデル授業の実施について

    荒尾干潟、小岱山、菊池川、県民発電所、エコアくまもと・・・荒尾・玉名地域には、環境教育の素材となる地域資源がたくさんあります。また、様々な環境活動を行い、その道に精通した人材も多くいます。 熊本県では、エコアくまもとを県北の拠点と位置付け、こうした地域資源を活用した環境教育を、学校や地域において展開しております。
     地域資源を活用した環境教育への関心を高め、今後の小・中学校のカリキュラム等に取り入れていただくようPRするため、先生方を対象とする公開モデル授業を行います。

    詳細はこちら http://www.pref.kumamoto.jp/kiji_17668.html

    discussion※イメージ画像

     

  • 熊本県天草ビジターセンター指定管理者の募集について

    熊本県では、天草地域の優れた自然の風景地の保護思想の高揚とその利用の増進を図るため、公の施設として天草ビジターセンターを設置しています。 この施設については、平成18年度から指定管理者制度を導入しているところですが、平成28年度末で指定管理期間が満了することから、以下のとおり第5期の指定管理者を募集します。

    1 施設の概要

     所在 熊本県上天草市松島町合津6311番1号地内
     名称 熊本県天草ビジターセンター
     

    2 指定の期間

     平成29年4月1日から平成32年3月31日まで(3年間)
  • 熊本県沿岸域再生官民連携フォーラム設立総会が開催されました

    P1250619

     

    熊本県沿岸域再生官民連携フォーラム(以下「熊本フォーラム」という。)の設立総会が開催されました。平成29年12月1日(金)、熊本テルサで170名の参加により、盛大に執り行われました。
  • 環境省 アクティブ・レンジャーパネル展 【熊本県阿蘇市】

    環境省 アクティブ・レンジャーパネル展 
    アクティブ・レンジャーってどんな仕事?
    ~知れば知るほど見えてくる! 九州の多彩な自然と生き物~

    【期間】平成30年1月9日(火)から1月30日(水)まで
    【公開時間】午前9時から午後5時まで
    【場所】阿蘇草原保全センター『草原学習館』
        阿蘇市小里656-6 (阿蘇内牧、はな阿蘇美向かい)
    【内容】アクティブレンジャーとは、自然保護官の補佐役として、国立公園等のパトロール、調査、利用者指導などの業務を担う環境省の職員です。
    阿蘇をはじめ、屋久島、雲仙などの九州各地域の美しい自然や、現在ある問題、自然環境保全の活動などを紹介します。

    【お問合せ】
    ■阿蘇草原保全活動センター 草原学習館
    〒869-2307 熊本県阿蘇市小里656
    TEL 0967-32-4193 FAX 0967-32-0888
    http://aso-sougencenter.jp/

     

    ar 001

  • 第28回くまもと環境賞募集

     

    「くまもと環境賞」は、熊本県環境基本条例に基づいて、平成3年度に創設しました。より豊かな環境の保全・創造に関する活動に顕著な功績が  あった個人、団体、教育機関、事業者をたたえ、活動の一層の発展を図るとともに、その意識や活動をより多くの県民に広げ、ひいては生活の豊かさと環境の保全・創造に資することを目的としています。 本賞は、「くまもとストップ温暖化賞」、「くまもと循環型社会賞」、「くまもと自然共生賞」、「くまもと水の国賞」、「くまもと環境教育賞」の5部門に加え、今回から新たに「くまもと環境賞 地域貢献賞」を創設し、表彰を行います。

     地域や職場で、省エネ、3Rの推進、豊かな自然の保全、地下水涵養、環境教育の推進など、くまもとの環境を良くするために、頑張っていらっしゃる皆様、「くまもと環境賞」にぜひ、御応募ください。

     自薦他薦を問いません。たくさんの御応募をお待ちしております!

     

    募集について

    1 募集期間     

      平成30年12月17日(月曜日) ~ 平成31年1月31日(木曜日)

    2 対象者      

      ・活動の功績が顕著である個人、団体、教育機関、及び事業者の方々 
       ※過去に県又は国により表彰(「くまもと環境賞」含む知事表彰制度、大臣表彰制度等)を受けた方についても、活動の発展がみられる部分については表彰の対象となります。

      ・対象活動を行った期間が、次の期間以上であること
       個  人:5年
       団  体:3年
       教育機関:3年
       事 業 者 :3年

    3 対象活動  

      次のいずれかに該当するもので、他の模範となり、推奨できるものであること。
      ※地域や学校、職場における環境保全活動のほか、省エネ製品などの技術開発・製品化及び先導的な導入などが対象となります。

     

    対象となる活動や応募方法については下記から御覧ください。

    第28回くまもと環境賞募集のお知らせ / 熊本県
    https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_25855.html

  • 第7回有明海再生シンポジウム 森里川海の物語のご案内

    熊本県荒尾市にて、第7回有明海再生シンポジウムが開催されます。

  • 肥後の水とみどりの愛護基金による「環境講座」の開催(参加費無料)

    公益財団法人 肥後の水とみどりの愛護基金では、環境省九州地方環境事務所と連携して3回連続の講座を企画しました。
    ■時間帯:金曜日 13:30-15:00
    ■場 所:肥後の里山ギャラリー (肥後銀行本店1階RKK通り側)

    ■第1回:平成29年7月28日(金)
    「阿蘇くじゅう国立公園の保護と利用の概要(満喫プロジェクト含む)」
    講師:家入 勝次氏(国立公園課長補佐)

    ■第2回:平成29年10月6日(金)
    「野生生物業務の取組、ラムサール条約の取組、阿蘇地域の希少動植物」
    講師:横田 寿男氏(野生生物課長)

  • 自然保護・環境保全活動団体等への助成事業のご案内について(平成29年度上期分)

    公益財団法人再春館「一本の木」財団では、熊本の豊かな自然を守るための自然保護活動や環境保全活動等に取り組んでいる団体等の皆さまに助成を行っていますが、平成29年度上期分の募集を下記のとおり行います。

  • 農林水産省 外国人旅行者受入体制構築事業 ニッポン・グリーンツーリズム2014 九州セミナー

    農山漁村での体験交流活動-ニッポンの“グリーンツーリズム”を世界へ。グリーンツーリズムの先進事例と海外旅行者の動向をもとに、効果的なインバウンド受け入れ体制をつくり、元気なニッポンを世界に発信する、プロジェクトを九州で開催します。

    開催概要

    【日 時】2014年10月9日(木)10:00〜17:00

    【スケジュール】

     9:30  開場・受付開始
    10:00 基調講演
     「九州における外国人向けのグリーンツーリズムの可能性について(仮)」
     養父信夫氏(九州ムラたび応援団団長、「九州のムラ」編集長)
    11:00 実践報告
     ①「国際交流・協力事業とグリーンツーリズム事業 ―九州とアジアを結ぶ!! (仮)」
     大野博之氏(認定NPO法人地球市民の会(TPA)専務理事)

     ②「阿蘇における外国人向け滞在・交流型観光とグリーンツーリーズムの可能性(仮)」
     吉澤寿康氏(ゲスト・ハウス「阿蘇び心」主宰)

     ③「南阿蘇で農業者が実践する国際交流とグリーンツーリズム(仮)」
     大津愛梨氏(O2Farm、NPO法人田舎のヒロインズ理事長)

    12:00 昼休憩
    13:00 フォーラムその1.
     <テーマ>九州でのグリーンツーリズムの魅力を海外へ売る!!
     各実践者らがパネリストとなり、課題やインバウンド導入に向けての展望について話します。
     パネラー:養父氏、大野氏、吉澤氏、大津氏、梅崎靖志(日本エコツーリズムセンター)
     コーディネーター:浜本奈鼓氏(NPO法人くすの木自然館代表理事)

    14:00 ワークショップ
     各パネリストごとに参加者がグループに分かれ分科会形式で。

    15:00 フォーラムその2.
     各ディスカッションをまとめ、九州GTとインバウンドの展望を見据えます。

    16:00 外国人受入グリーン・ツーリズム実践相談会
     個別に、地域での状況や課題について、専門家・実践者へ直接相談できます。

     


    【会 場】 国立阿蘇青少年交流の家本館 2F 大研修室
    熊本県阿蘇市一の宮町宮地6029−1

    【参加費】無料(定員・先着100名)

    【セミナーの対象者】
     ◎グリーンツーリズムに取り組む自治体、地域協議会、観光協会
     ◎宿泊施設・体験施設、NPO団体
     ◎田舎で働き隊員、地域おこし協力隊員
     など、現在グリーンツーリズムに関わる事業を企画・実施・コーディネートし、現在または今後、インバウンド受け入れを行ないたい団体・個人の皆さまです。

    【お問合せ】日本エコツーリズムセンター
     TEL:03-5834-7966 Fax:03-5834-7972

    【お申込み】下記のお申込みフォームから、お名前、住所、性別、住所、ご連絡先電話番号、所属・肩書き、メールアドレスを入力の上、お申込ください。
     http://www.ecotourism-center.jp/article.php/sympo_gt2014kyushu

    このプロジェクトは農林水産省都市農村共生・対流総合対策交付金共生・対流促進計画 (広域ネットワーク推進対策)外国人旅行者向けの受入体制の構築事業です。

  • 農林水産省 農山漁村における再生可能エネルギーの取組事例を紹介

    農山漁村に豊富に存在する太陽光、風力、地熱、バイオマス、小水力といった未利用の資源を活用した再生可能エネルギー電気の発電の取組事例を紹介します。

    詳細はこちら http://www.maff.go.jp/j/shokusan/renewable/energy/zirei.html#ikkatu

    fuuryoku hatsuden再生可能エネルギーの例:風力発電

  • 野焼き支援ボランティア2018年度初心者研修会研修会

    熊本県阿蘇市で活動する、阿蘇グリーンストック様による「野焼き支援ボランティア初心者研修会」が企画されています。

     

    草千里 A3

     

    初心者研修会案内裏

     

    (公財)阿蘇グリーンストックでは、春の野焼きに参加するための『野焼き支援ボランティア初心者研修会』を下記の日程で行います。研修を受講して、阿蘇千年の草原を守る『草原保全の応援団』として一緒に活動しましょう。

    研修会は、座学で阿蘇の草原の現状や野焼きについて学ぶほか、昼食をとりながら現にボランティアとして活動しているボランティリーダーとの交流や地元牧野の組合長の話などを盛り込んだ内容です。その後、ボランティアリーダーの指導のもと火消棒を作り、火消棒の使い方やジェットシューター(背負式消火用具)の使い方を研修します。


    ■日    程 : 第1回 1月12日(土)、 第2回 1月20日(日)、 第3回 2月2日(土)、 第4回 2月6日(水)

     

    ■会   場 : 阿蘇草原保全活動センター 『草原学習館』
              阿蘇市小里656 (内牧の国道212号線を挟んで“はな阿蘇美”の道向かいになります。)
                                           0967-32-4193   マップコード 256 786 557

     

    ■時    間 : 10:00~16:00 (受付 9:30)

     

    ■参 加  費 : 1000円(資料代、昼食代)

     

    ■申込方法 : 

    ❶ HP http://www.asogreenstock.com/ からWEBで申し込み
    ❷ pdfチラシ(裏面)の申込書82.71 KBに必要事項を記入のうえFAX又は郵送で申し込み   

     

    ■準 備  物 : 火消棒作りを屋外で行いますので、防寒対策の上動きやすい服装で参加してください。
    また、作業用の手袋(革手袋又は軍手)を用意してください。

     

    ■備   考 : 不明な点はご遠慮なくお問い合わせください。

     

    公益財団法人 阿蘇グリーンストック
    http://www.asogreenstock.com/

     

  • 野焼き支援ボランティア初心者研修会 参加募集!

    草原学習館では、野焼き支援ボランティアの養成講座『野焼き支援ボランティア初心者研修会』を行っています。
    あなたも阿蘇千年の草原を守る『野焼き支援ボランティア活動』に参加しませんか?
    参加要領や注意事項、事前準備などを行う研修会です(事前申し込み要)。
    詳しくは、下記HPの情報(10/13付)をご覧ください。
    http://www.asogreenstock.com/

    ■日時 第2回:2018年 1月21日(日)(国立阿蘇青少年交流の家に前泊・交流会あり)
        第3回:2018年 2月 3日(土)
        第4回:2018年 2月10日(土)
        第5回:2018年 2月22日(木)
        いずれも10:00~16:00(受付 9:30より)
    ■内容 ・阿蘇の草原と野焼きの役割、参加要領と注意事項について
        ・ボランティアリーダーとの交流
        ・消火用道具の火消し棒作り、その他
    ■申込み HPの申込みチラシを参照のうえ、メールかFAXにてお申し込みください。


    ■問合せ 阿蘇草原保全活動センター 草原学習館
         TEL 0967-32-4193 FAX 0967-32-0888
         http://aso-sougencenter.jp/

    全画面キャプチャ 20180106 150700

  • 阿蘇草原保全活動センター 草原学習館からのお知らせ(2月~)

    阿蘇草原保全活動センター 草原学習館 http://aso-sougencenter.jp/

    〒869-2307 熊本県阿蘇市小里656
    TEL 0967-32-4193

    下記イベントの詳細は、上記センターへお問合せください。

    3月~

    □ はなとちょうのモビールづくり@草原学習館

    ススキのクキを使った、ユラユラゆれるモビールをづくり。つるすのは、はなとちょうのイラスト。イラストにはきれいな色をぬろう。
    草原学習館 モビールづくり
    ■日 時  平成29年3月25日(土)開始時間 午後1時30分、午後3時
    ■場 所  阿蘇草原保全活動センター 草原学習館(熊本県阿蘇市)
    ■参加費  無料
    ■お申込み 不要
    ■お問合せ 阿蘇草原保全活動センター 草原学習館
     電話 0967-32-4193
    詳細はこちら http://aso-sougencenter.jp/category/events/

  • 阿蘇草原保全活動センター 草原学習館からのお知らせ(7月~)

    阿蘇草原保全活動センター 草原学習館 http://aso-sougencenter.jp/

    〒869-2307 熊本県阿蘇市小里656
    TEL 0967-32-0100

    下記イベントの詳細は、上記センターへお問合せください。

     

    7月~

    □ 夏の特別イベント@草原学習館

    野焼きで使う火消し棒で風船を割る競争(火消大会)や、草原の植物オギを使ってミニほうきをつくる楽しい活動です。みんな集まれ~!

EasyTagCloud v2.8

Default Image
2019年07月16日

九州・沖縄各県の環境政策情報(7月下旬)…

7月上旬の九州、沖縄各県の環境に関する行政情報を掲載しています。 ぜひ御覧ください。…
2019年06月29日

地域創生×SDGsセミナー「地…

「持続可能な開発目標(SDGs)」は「誰一人取り残さない」を理念に掲げ、日本を含む全ての国が対象とな…
2019年06月29日

令和元年度地球温暖化防止活動環…

環境省では、平成10年度から、地球温暖化対策を推進するための一環として、毎年、地球温暖化防止月間であ…
2019年06月29日

九州・沖縄各県の環境政策情報(…

6月上旬の九州、沖縄各県の環境に関する行政情報を掲載しています。 ぜひ御覧ください。…
2019年06月14日

【ピックアップ】重富海岸自然ふ…

重富海岸自然ふれあい館なぎさミュージアムは、干潟が広がる重富海岸を中心に錦江湾奥部の自然環境について…