127 対象のタグ "EPO"

  • 【開催終了】地球環境基金助成金説明会 鹿児島会場

    鹿児島県で開催される2020年度地球環境基金の助成金説明会がいよいよ本日開催となりました!
    日頃、環境保全活動を実践している団体や環境問題などに意識的に動かれている方には、助成金について詳しく知るチャンスです!
    当日は、今注目の「SDGs(持続可能な開発目標)」や鹿児島県での環境活動をされている団体のお話、活動計画の立て方など、
    充実した内容を聞くことができます。
    また、ご自身の団体の活動に関する個別相談会も承ります。

    s 地球環境基金 NEW pages to jpg 0001

    詳細は、下記ページをご確認ください。
    https://epo-kyushu.jp/epo-topix/news-of-epo-kyushu/1371-2020.html

    ご予約は、下記フォームから可能です。
    https://forms.gle/3XqGEz52SZUCpp4H8

    ぜひ、この機会にぜひご参加ください。

     

    ■お問合せ
    九州地方環境パートナーシップオフィス(EPO九州)
    TEL:096-312-1884 FAX:096-312-1894

    主催:独立行政法人 環境再生保全機構 地球環境基金部
    協力:九州地方環境パートナーシップオフィス(EPO九州)
           一般社団法人 九州環境地域づくり

  • 2017九州環境教育ミーティングin九十九島 開催のご案内

    KEEMでは、環境教育、環境保全、地域づくりなどに関心のある個人・団体・企業・行政などが交流し、お互いに学びあうことを目的として、九州各地で年1回大会を開催しています。
    大会当日は分科会のテーマごとに地域への学びを深める活動を行います。
    2017KEEMチラシ表
    ■テーマ
    「きこえるかい 波のささやき 木々のうた ~未来に残そう島々の森と海~」

    ■KEEMの3つのコンセプト
    ・ゆるやかで実りのあるネットワークの構築
    ・多様な立場の人々が共存できる開かれた環境教育の場の創造
    ・ニュートラルの保持
  • 2017九州環境教育ミーティングin九十九島 開催報告

    テーマ 『きこえるかい 波のささやき 木々のうた~未来に残そう 島々の森と海~』
    開催日 平成29年3月4日(土)、3月5日(日)
    会場 長崎県佐世保市内
    主催 九州環境教育ミーティング
    共催 EPO九州、公益社団法人 日本環境教育フォーラム

    「九州環境教育ミーティング」は、九州において環境教育、環境保全、地域づくりに関心のある個人・団体の経験交流・出会いの場として、毎年3月に開催しており今年で21回目を迎えました。今回の舞台である佐世保市の歴史的特徴や九十九島の周辺の自然の恵みなどをテーマとしたそれぞれの分科会をとおして、環境教育への理解を深め、様々な団体や個人と交流しました。
    大谷センター長講演「開会式 九十九島ビジターセンター 大谷センター長による話題提供」

  • 8月の臨時閉所日のお知らせ

     

    平素は九州地方環境パートナーシップオフィスの活動を応援いただき誠にありがとうございます。

     

    直近のお知らせとなりましたが、8月10日(月)は月曜・祝日のため、翌8月11日(火)は熊本市国際交流会館休館のため閉所となります。

    加えまして8月13日(木)は、所用のため臨時閉所となりますのでご了承下さい。

    何卒宜しくお願い申し上げます。

     

    ※EPO九州の閉所日は、日曜日・月曜日・祝日となっております。

     

    九州地方環境パートナーシップオフィス

  • Airbnb 社会貢献体験プログラム:体験プログラムの提供による新しい課題解決のカタチ

    Airbnb社会貢献体験プログラムは、Airbnb利用者にまち歩き、ワークショップなどの体験活動を通じて社会課題に触れ、より深く学ぶキッカケをつくるプログラムです。

    社会貢献体験プログラムを非営利団体として企画した場合は、体験プログラム参加者からの参加費がAirbnbの社会貢献により100%寄付されるしくみになっています。
    体験を通じて団体の活動を深く伝えるきっかけに、また資金調達の機会にもなります。

    社会貢献体験プログラムとは?
    Airbnbは、世界191カ国6万5千以上の都市においてアパートやヴィラから城やツリーハウスにいたるまで、何百万というユニークな部屋などの民泊仲介を行っています。また宿泊とは異なる地域のコミュニティや異文化に触れる「体験」をプログラムとして提供しています。例えば、街歩き、アートワークショップ、ごみ拾い、施設訪問、路上生活者への支援活動など・・

    社会貢献体験プログラムとは、Airbnb利用者に体験を通じて社会課題について楽しく深く伝える機会になります。
    また、通常プログラムの参加者からの参加費は、20%がAirbnb手数料になりますが、非営利団体の企画はAirbnbの社会貢献として100%団体への寄付になります。

    ◆どうすると体験プログラムが実施できるの?
    Airbnbの企画づくりの基準がありますので、そちらをご確認の上、お申込みください。
    体験プログラムは、対象開催地域は、全国になります。
    また、対象の非営利団体は、テックスープに登録しているNPO法人、公益社団法人、公益財団法人、社会福祉法人、一般社団法人(非営利型)です。

    >>詳細はテックスープ Airbnb社会貢献体験プログラムをご覧ください。
    https://www.techsoupjapan.org/airbnb

    airbnb
  • EPO九州 メールマガジン 「えぽねっと九州」vol.113

    中間支援あるある#
    いろんな立場で見ることが、仲介役の第一歩。
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     九州・沖縄のタイムリーな環境情報をお届けする
                    「EPOねっと九州」vol.113

    ◇今月の施設情報
    ◆漫湖水鳥・湿地センター(施設紹介)
    ◆九十九島ビジターセンター
    ◆雲仙諏訪の池ビジターセンター
    ◆阿蘇草原保全活動センター 草原学習館
    ◆重富海岸自然ふれあい館 なぎさミュージアム


    ◇EPO九州より
    3月7日、国内34カ所目の国立公園として「奄美群島国立公園」が新たに誕生しました。
    奄美群島は鹿児島県南部に位置する8つの有人島及びその周辺の無人島のことで、
    照葉樹林照葉樹林、アマミノクロウサギなどの固有種、海岸部のサンゴ礁、それらの
    自然から生まれたくらしや風習などが特長です。この機会に、ぜひ奄美群島国立公園に
    ついて調べてみませんか。
    http://www.env.go.jp/nature/np/amamigunto.html

    また、九州地区の国立公園については、「アクティブ・レンジャー日記」からも知ること
    ができます。
    九州地方環境事務所からの記事に紹介されていますので、こちらもぜひご覧ください。

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    発行日:平成29年 3月15日発行
    発 行:九州環境パートナーシップオフィス EPO九州
    URL:http://epo-kyushu.jp   E-mail:
    Facebook:http://www.facebook.com/epokyushu
    協 力:環境省 九州地方環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/
        環境省 九州・沖縄管内ビジターセンター 他
    -------------------------------------------------------------


    【もくじ】
    ■EPO九州からのご案内
    □ 平成29年度地域活性化に向けた協働取組の加速化事業の公募について

    ■ビジターセンター等のご紹介
    □ 漫湖水鳥・湿地センター

    ■ビジターセンターからのお知らせ
    <九十九島ビジターセンター>
    □ トビカズラウォーク~神秘の花を歩いて発見!~

    <雲仙諏訪の池ビジターセンター>
    □ 星空観察会

    <阿蘇草原保全活動センター 草原学習館>
    □ はなとちょうのモビールづくり@草原学習館
    □ 春休みお楽しみ企画@草原学習館

    <重富海岸自然ふれあい館 なぎさミュージアム>
    □ 真夜中のランデブー(ゴカイの生殖行動観察会)

    ■九州地方環境事務所からのご案内
    □ アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]を随時更新しています!




    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃EPO九州からのご案内
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □ 平成29年度地域活性化に向けた協働取組の加速化事業の公募について

    環境省では、地域における課題解決や地域活性化の上で重要な役割を果たして
    いるNPO等の活動、中間支援組織の体制強化や地域における協力・連携体制の
    整備等を促進し、協働取組を実証するための「地域活性化に向けた協働取組の
    加速化事業」を実施しています。
    平成29年度の新たな事業が募集されていますので、お知らせします。

    ■公募対象事業
    地域を対象とした地方事業(8事業程度)について協働取組の進行状況に合わせ、
    AタイプとBタイプに分けて応募します。また、該当するテーマについて低炭素
    社会・循環型社会・自然共生社会・その他に該当するものを選んでください。

    ■事業地域 【地方事業】 8事業(請負額250万円未満)

    ■応募締切 平成29年3月31日(金)17時必着

    詳細はこちら http://www.env.go.jp/press/103620.html


    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃ビジターセンター等のご紹介
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    <漫湖水鳥・湿地センター>

    ラムサール条約登録湿地である漫湖は、那覇の中心街に近く、都会の中にある
    貴重な湿地です。鳥類は、約200種がこれまで観察されています。この中には、
    絶滅が心配されるクロツラヘラサギなどの種も含まれます。1年をとおして、多く
    の渡り鳥が訪れ100羽近くのムナグロやギンムクドリの群れが見られることもあり
    ます。水鳥たちの餌となるカニや貝、ゴカイなどの底生生物も豊富で、夏の時期、
    干潟一面のカニの群れは圧巻です。マングローブ林を通る木道は、環境教育や
    自然観察などのフィールド、市民の憩いの場として、幅広く利用されています。


    ■漫湖水鳥・湿地センター
    〒901-0241 沖縄県豊見城市字豊見城982
    Tel:098-840-5121
    http://www.manko-mizudori.net/




    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃ビジターセンターからのお知らせ
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    <九十九島ビジターセンター>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    □ トビカズラウォーク~神秘の花を歩いて発見!~

    トビカズラは、日本では4か所での生育が確認されている植物で、そのうち1か所が
    九十九島のトコイ島です。
    トコイ島の種から育てた花を長尾半島へ見に行きませんか?

    ■日  程 平成29年4月23日(日)
    ■時  間 10:00~12:00
    ■開催場所 長尾半島(九十九島ビジターセンター 集合)
    ■参 加 費 200円/人
    ■対  象 小学生以上(小学3年生以下は保護者も参加)
    ■定  員 20名
    ■募集締切 平成29年4月14日(金)必着
    ■備  考 小雨決行

    ■お問合せ 九十九島ビジターセンター
    http://www.kujukushima-visitorcenter.jp/
    TEL 0956-28-7919



    <雲仙諏訪の池ビジターセンター>━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    □ 星空観察会

    ■日  程 毎週土曜日及び3月19日(日)の晴天時
    ■時  間 19:30~21:30
           ※雨天・曇天・雪・積雪の場合中止

    ■参加費  無料
    ■対  象 どなたでも
    ■予  約 不要(21:00までに受付をすませてください)

    ■お問合せ 雲仙諏訪の池ビジターセンター
    http://suwanoikevc.web.fc2.com/
    TEL 0957-76-5010


    <阿蘇草原保全活動センター 草原学習館>━━━━━━━━━━━━━━━

    □ はなとちょうのモビールづくり@草原学習館

    ススキのクキを使った、ユラユラゆれるモビールをづくり。つるすのは、はなとちょう
    のイラスト。イラストにはきれいな色をぬろう。

    ■日 時  平成29年3月25日(土)開始時間 13:30、15:00
    ■場 所  阿蘇草原保全活動センター 草原学習館(熊本県阿蘇市)
    ■参加費  無料
    ■お申込み 不要
    ■お問合せ 阿蘇草原保全活動センター 草原学習館
     電話 0967-32-4193

    詳細はこちら http://aso-sougencenter.jp/category/events/


    ________________________________

    □ 春休みお楽しみ企画@草原学習館

    草原学習館の展示を巡りながらクイズの答えを探すクイズラリーや、春の野の花や
    草原を描いたぬりえに挑戦しよう!完成させると、ミニプレゼントのクジが引けるよ。

    ■日 時  平成29年3月26日(日)~4月9日(日)開館時間:9:00~17:00
    ■場 所  阿蘇草原保全活動センター 草原学習館(熊本県阿蘇市)
    ■参加費  無料
    ■お申込み 不要
    ■お問合せ 阿蘇草原保全活動センター 草原学習館
     電話 0967-32-4193
    詳細はこちら http://aso-sougencenter.jp/category/events/


    <重富海岸自然ふれあい館 なぎさミュージアム>━━━━━━━━━━━━

    □ 真夜中のランデブー(ゴカイの生殖行動観察会)

    今年もやってきました!
    くすの木自然館のエコツアー「真夜中のランデブー」、春の大潮の夜にいつもは
    砂の中にいるゴカイ達が泳ぎ出て生殖群泳をおこないます。
    ゴカイたちの真夜中のランデブーをそっと観察してみませんか?


    ■日  時 平成29年3月27日(月) 19:00~21:00、 3月28日(火) 19:30~21:30
    ■料  金 500円
    ■対  象 小学生以上※中学生以下は保護者同伴
    ■定  員 10名(先着順)
    ■集合場所 重富海岸自然ふれあい館なぎさミュージアム

    ■お申込み
    NPO法人くすの木自然館
    電話  0995-67-6042 メール 



    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃九州地方環境事務所からのご案内
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □ アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]を随時更新しています!

    アクティブ・レンジャーとは、自然保護官の補佐役として、国立公園等のパトロール、
    調査、利用者指導、自然解説などの業務を担う環境省の職員です。
    管内には、瀬戸内海、西海、雲仙天草、阿蘇くじゅう、霧島錦江湾、屋久島、
    慶良間諸島、西表石垣、やんばる、奄美群島国立公園があります。

    アクティブ・レンジャー日記では、各国立公園での活動情報などを担当官が紹介
    しています。
    最新の掲載記事は次のとおりです。
    http://kyushu.env.go.jp/blog/index.html
    ※随時更新されています。過去の記事は上記ウェブサイトにアクセス
    していただき、ページ右側のカレンダー等から閲覧することができます。

    ■やんばる国立公園指定記念行事が開催されました!【やんばる地域】(やんばる)
    ■渡嘉敷島 見花原遊歩道開通式典(慶良間)
    ■春の訪れ~猪の瀬戸湿原野焼き~【くじゅう地域】(阿蘇くじゅう)
    ■出前授業に行ってきました!【石垣地域】(西表石垣)
    ■案内標識の塗装【石垣地域】(西表石垣)
    ■九州特産物リレー 出水の海苔【出水地域】(出水)
    ■阿蘇中岳噴火警戒レベル1へ引き下げについて【阿蘇地域】(阿蘇くじゅう)
    ■平久保エコロード自然観察会【石垣地域】(西表石垣)
    ■冬の五島は快適な居場所!「野鳥たちの住まい拝見」(西海)
    ■祝!!重富なぎさミュージアム「第4回かごしま・人・まち・デザイン賞」大賞
    受賞!!(霧島・錦江湾)


    アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]トップページ
    http://kyushu.env.go.jp/blog/index.html







    ----------------------------------------------------------------
    当メルマガへの登録・退会は、
    http://epo-kyushu.jp/about/magazine.html
    もしくは、退会用URL: http://epo-kyushu.jp/xmailinglist/eponews/
    のフォームからお願いいたします。
    ----------------------------------------------------------------
    環境パートナーシップに関するご質問、当メルマガへのご意見、ご感想
    どうぞ!
    ----------------------------------------------------------------


    【発行】
    九州環境パートナーシップオフィス EPO九州
    〒860-0806 熊本市中央区花畑町4-18 熊本市国際交流会館2F
    http://epo-kyushu.jp
    E-mail:
    TEL:096-312-1884  FAX:096-312-1894
    開館日 火~土曜日(10:00~19:00)
    休業日 日・月曜日、祝日、年末年始。熊本市国際交流会館休館日。



    【リンク】
    九州地方環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/

    那覇自然環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/naha/

    国立公園 http://www.env.go.jp/park/

    地球環境基金の情報館 http://www.erca.go.jp/jfge/index.html

    地球環境パートナーシッププラザ http://www.geoc.jp/

    環境らしんばん http://www.geoc.jp/rashinban/

    九十九島ビジターセンター http://www.kujukushima-visitorcenter.jp/

    雲仙お山の情報館 http://unzenvc.com/

    平成新山ネイチャーセンター http://heiseinc.com/

    雲仙諏訪の池ビジターセンター http://suwanoikevc.web.fc2.com/

    長者原ビジターセンター  http://kyushu.env.go.jp/nature/tyojyabaru/

    阿蘇草原保全活動センター 草原学習館 http://aso-sougencenter.jp/

    南阿蘇ビジターセンター http://www.minamiaso-vc.go.jp/

    えびのエコミュージアムセンター http://www.ebino-ecomuseum.go.jp/

    重富海岸自然ふれあい館 なぎさミュージアム http://www.nagisa-museum.com/

    対馬野生生物保護センター http://kyushu.env.go.jp/twcc/
  • EPO九州 メールマガジン 「えぽねっと九州」vol.114

    ESDあるある#
    異なる見方や意見から広がる新しい可能性
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     九州・沖縄のタイムリーな環境情報をお届けする
                    「EPOねっと九州」vol.114

    ◇今月のPICK UP!
    ◆宮崎県の高校生が子ども用木製おもちゃを市に贈呈(ESD拠点支援事業)
    ◆国立公園「雲仙」と島原半島世界ジオパーク ~雲仙岳の秘めたるパワー~
    のホームページ掲載について(お知らせ)
    ◆「第2回全国ユース環境活動発表大会」開催結果について

    ◇EPO九州より
    いよいよ桜の季節。熊本地震で被害を受けた熊本城では、桜並木の行幸坂が
    特別に一般公開されています。熊本城周辺は、毎年多くの花見客でにぎわっていた
    ため、今年はどうなるのかと心配していましたが、特別公開されとてもうれしいです。
    また、桜と人のにぎわいによって、地域がもっと元気になればと思います。

    さて、本年度は本号が最後となります。
    EPO九州は今後も地域の環境団体の活動サポートをとおして、引き続き地域づくり
    に貢献してまいります。次年度もどうぞよろしくお願いいたします。

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    発行日:平成29年 3月28日
    発 行:九州環境パートナーシップオフィス EPO九州
    URL:http://epo-kyushu.jp   E-mail:
    Facebook:http://www.facebook.com/epokyushu
    協 力:環境省 九州地方環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/
        環境省 九州・沖縄管内ビジターセンター 他
    -------------------------------------------------------------

    【もくじ】
    ■EPO九州からのご案内
    □ 宮崎県の高校生が子ども用木製おもちゃを市に贈呈(ESD拠点支援事業)
    □ 2017九州環境教育ミーティングin九十九島 開催報告

    ■九州地方環境事務所からのご案内
    <九州地方環境事務所からのお知らせ>
    □ 国立公園「雲仙」と島原半島世界ジオパーク ~雲仙岳の秘めたるパワー~
    のホームページ掲載について(お知らせ)

    <環境省本省からのお知らせ>
    □ 34カ所目となる国立公園「奄美群島国立公園」が誕生
    □ 「第2回全国ユース環境活動発表大会」開催結果について
    □ 各種調査結果の公表について






    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃EPO九州からのご案内
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □ 宮崎県の高校生が子ども用木製おもちゃを市に贈呈(ESD拠点支援事業)

    平成29年4月にオープン予定の宮崎県日南市子育て支援センター「ことこと」。その
    開設にあたり、市では市のシンボル飫肥杉(おびすぎ)の利活用促進と木育の
    推進による子育て支援に取組んでいます。
    そのような中で、施設に置く“木製おもちゃ”を高校生が提案する「高校生木育
    デザイン・プロジェクト」が発足し、県内の高校生が挑みました。

    詳細はこちら
    http://epo-kyushu.jp/epo-topix/environment-partnership/esd-promotion-business/992-esd-8.html


    ________________________________

    □ 2017九州環境教育ミーティングin九十九島 開催報告

    「九州環境教育ミーティング」は、九州において環境教育、環境保全、地域づくりに
    関心のある個人・団体の経験交流・出会いの場として、毎年3月に開催しており今年
    で21回目を迎えました。今回の舞台である佐世保市の歴史的特徴や九十九島周辺
    の自然の恵みなどをテーマとしたそれぞれの分科会をとおして、環境教育への
    理解を深め、様々な団体や個人と交流しました。
    EPO九州は第7分科会「ユースがつながる、ひろがる、高めあうエコ・アクション!」
    を担当。ESDの視点から、学生・ユースの環境団体が活動発表を通じた情報共有・
    意見交換する場を設けました。

    当日の様子はこちら
    http://epo-kyushu.jp/epo-topix/environment-partnership/esd-promotion-business/989-2017-in.html


    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃九州地方環境事務所からのご案内
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    <九州地方環境事務所からのお知らせ>━━━━━━
    □ 国立公園「雲仙」と島原半島世界ジオパーク ~雲仙岳の秘めたるパワー~
    のホームページ掲載について(お知らせ)

     長崎県、島原半島の中央部に位置する雲仙岳は、様々な方角、場所から眺める
    事のできる山です。島原半島が3方を海に囲まれているため、山麓から・海を越え
    て・更に陸を越えて、様々な眺めを楽しむことができます。その「水陸の大展望」が
    評価され、雲仙地域は昭和9年3月16日に日本初の国立公園に指定されました。
    また、平成21年8月22日には日本初の世界ジオパークにも認定されています。
     【国立公園「雲仙」と島原半島世界ジオパーク~雲仙岳の秘めたるパワー~】
    では、雲仙岳の火山活動・生物多様性・美しい自然・食文化・歴史・伝承等、これ
    まであまり知られていなかったことも含め、様々な角度から雲仙岳を紹介しています。

     以下のリンクより、ぜひ、ご覧ください。
     http://www.env.go.jp/park/unzen/data/index.html

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://kyushu.env.go.jp/to_2017/post_87.html


    <環境省本省からのお知らせ>━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    □ 34カ所目となる国立公園「奄美群島国立公園」が誕生

     平成29年3月7日(火)、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、喜界島、徳之島、
    沖永良部島及び与論島で構成される奄美群島が国内で34カ所目の国立公園「奄美
    群島国立公園」として、新たに指定されました。
     奄美群島は、国内最大規模の亜熱帯照葉樹林が広がり、大陸や日本本土との
    分離・結合を繰り返した島々の地史を背景に、アマミノクロウサギをはじめとする
    多種多様な固有で希少な動植物が生息・生育するとともに、世界有数の速度で今も
    隆起するサンゴ礁段丘、琉球石灰岩の海食崖やカルスト地形、世界的北限に位置
    するサンゴ礁のほか、マングローブや干潟など多様な自然環境を有する地域です。
     また、奄美群島国立公園に含まれる奄美大島及び徳之島は、昨年4月に公園
    区域の大規模拡張を行った西表石垣国立公園の西表島、昨年9月に新たにやん
    ばる国立公園として指定した沖縄島北部とともに、世界自然遺産候補地にもなって
    います。
     魅力あふれる「奄美群島国立公園」に、ぜひ、足を運んでみてはいかがでしょうか。

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://www.env.go.jp/press/103716.html

    ________________________________
    □ 「第2回全国ユース環境活動発表大会」開催結果について

     第2回全国ユース環境活動発表大会(主催:環境省、独立行政法人環境再生
    保全機構、国連大学サステイナビリティ高等研究所)を平成29年2月4日(土)~
    5日(日)に国連大学にて開催しました。
     特に優れた環境活動を行う高校生・大学生の発表に山本環境大臣より環境大臣
    賞が授与されましたので、お知らせします。
     九州・沖縄地域では、長崎県立諫早農業高等学校 食品科学部が環境大臣賞を
    受賞されました。

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://www.env.go.jp/press/103724.html

    ________________________________
    □ 各種調査結果の公表について

      環境省が実施している各種調査結果について以下のとおり公表しております
    ので、お知らせします。

     ■政府実行計画に基づく温室効果ガス総排出量削減の取組の実施結果(平成26年度)
    http://www.env.go.jp/press/103834.html
     ■平成26年度大気汚染物質排出量総合調査結果
    http://www.env.go.jp/press/103715.html
     ■平成27年度大気汚染防止法施行状況調査結果
    http://www.env.go.jp/press/103755.html
     ■平成27年度PRTRデータの概要等について -化学物質の排出量・移動量の
    集計結果等-
    http://www.env.go.jp/press/103698.html
     ■平成27年度海洋ごみ調査結果 http://www.env.go.jp/press/103845.html
     ■日本海沿岸地域等への廃ポリタンク等の漂着状況調査結果(平成27年度分)
     http://www.env.go.jp/press/103844.html
     ■平成27年度容器包装リサイクル法に基づく市町村の分別収集及び再商品化実績
    http://www.env.go.jp/press/103766.html
     ■平成28年度地中熱利用状況調査結果 http://www.env.go.jp/press/103827.html
     ■平成28年度電気事業分野における地球温暖化対策の進捗状況の評価結果
    http://www.env.go.jp/press/103850.html
     ■環境経済観測調査(環境短観)平成28年12月調査結果
    http://www.env.go.jp/press/103673.html
     ■平成28年熊本地震の被災地におけるアスベスト大気濃度調査(第4次)結果
     http://www.env.go.jp/press/103823.html







    ----------------------------------------------------------------
    当メルマガへの登録・退会は、
    http://epo-kyushu.jp/about/magazine.html
    もしくは、退会用URL: http://epo-kyushu.jp/xmailinglist/eponews/
    のフォームからお願いいたします。
    ----------------------------------------------------------------
    環境パートナーシップに関するご質問、当メルマガへのご意見、ご感想
    どうぞ!
    ----------------------------------------------------------------


    【発行】
    九州環境パートナーシップオフィス EPO九州
    〒860-0806 熊本市中央区花畑町4-18 熊本市国際交流会館2F
    http://epo-kyushu.jp
    E-mail:
    TEL:096-312-1884  FAX:096-312-1894
    開館日 火~土曜日(10:00~19:00)
    休業日 日・月曜日、祝日、年末年始。熊本市国際交流会館休館日。



    【リンク】
    九州地方環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/

    那覇自然環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/naha/

    国立公園 http://www.env.go.jp/park/

    地球環境基金の情報館 http://www.erca.go.jp/jfge/index.html

    地球環境パートナーシッププラザ http://www.geoc.jp/

    環境らしんばん http://www.geoc.jp/rashinban/

    九十九島ビジターセンター http://www.kujukushima-visitorcenter.jp/

    雲仙お山の情報館 http://unzenvc.com/

    平成新山ネイチャーセンター http://heiseinc.com/

    雲仙諏訪の池ビジターセンター http://suwanoikevc.web.fc2.com/

    長者原ビジターセンター  http://kyushu.env.go.jp/nature/tyojyabaru/

    阿蘇草原保全活動センター 草原学習館 http://aso-sougencenter.jp/

    南阿蘇ビジターセンター http://www.minamiaso-vc.go.jp/

    えびのエコミュージアムセンター http://www.ebino-ecomuseum.go.jp/

    重富海岸自然ふれあい館 なぎさミュージアム http://www.nagisa-museum.com/

    対馬野生生物保護センター http://kyushu.env.go.jp/twcc/
  • EPO九州 メールマガジン 「えぽねっと九州」vol.131

    中間支援あるある♯
    プロセスを共有し、課題解決の糸口へ。
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     九州・沖縄のタイムリーな環境情報をお届けする
                    「EPOねっと九州」vol.131

    ◇地域拠点からの情報
    ◆ Pick up! 阿蘇草原保全活動センター 草原学習館
    ◆ 九十九島ビジターセンター
    ◆ 雲仙諏訪の池ビジターセンター
    ◆ 長者原ビジターセンター
    ◆ えびのエコミュージアムセンター
    ◆ 漫湖水鳥・湿地センター

    ◇EPO九州より
    現在EPO九州に、関東EPOから1名、1週間のインターンシップで人材交流中。
    九州・沖縄ならではの地域課題や協働取組、ESDやネットワークづくりについて肌身で体験研修。
    違う土地の空気を吸い、九州の美味しいものも吸収しながら、業務のブラッシュアップにつなげます。

    【もくじ】
    ■EPO九州・ESD活動支援センターからのお知らせ
    □【登録開始】地域ESD活動推進拠点(地域ESD拠点)登録について

    ■ビジターセンター等からのお知らせ
    □ Pick up! <阿蘇草原保全活動センター 草原学習館>
    □ 野焼き支援ボランティア初心者研修会 参加募集!

    <九十九島ビジターセンター>
    □ 九十九島サロン?
    『どうする?海洋プラスチックごみ 長崎県の海岸漂着ごみ』

    <雲仙諏訪の池ビジターセンター>
    □ 星空観察会
    □ お手軽バードウォッチング

    <長者原ビジターセンター>
    □ タデ原の自然観察会
    □ タデ原のミニガイドウォーク

    <えびのエコミュージアムセンター>
    □ 企画展「九州ジオパーク巡り 〜赤色立体とジオアート〜」

    <漫湖水鳥・湿地センター>
    □ 第23回国場川水あしび
    □ 12月の野鳥観察会&自然講座

    ■九州地方環境事務所からのご案内
    □ アクティブ・レンジャー日記

    ■関連情報
    □ K−RIP 第112回エコ塾 in 長崎


    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃EPO九州・ESD活動支援センターからのお知らせ
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □【登録開始】地域ESD活動推進拠点(地域ESD拠点)登録について

     地域や社会の課題解決に関する学びや活動に取り組んでいらっしゃる学校現場・社会教育の現場等の皆様へ、
    ESDを支援・推進する団体として、「地域ESD活動推進拠点(以下「地域 ESD拠点」)のご登録を募っております。
     九州地方ESD活動支援センターでは、ご登録いただいた団体をパートナーとして、当センターや他の地域ESD拠点と連携し、
    各地域・各分野で取り組まれるESDの支援やこれからESD活動を始められる主体への支援を「ESD推進ネットワーク」の中で果たしていきたいと考えています。
    ご関心をお持ちの団体様は、まずは下記へご連絡ください。

    ESD(Education for Susutainaobl Developmante)とは、持続可能な開発のための人と地域を育てる教育をさします。

    ■お問合せ 九州地方ESD活動支援センター
          TEL:096-223-7422 FAX:096-312-1894
          E-mail contact☆kyushu-esdcenter.jp
    (〒860-0806 熊本市中央区花畑町4-18 熊本市国際交流会館2F EPO九州内)


    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃ビジターセンター等からのお知らせ
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    Pick up!
    <阿蘇草原保全活動センター 草原学習館>━━━━━━━━━━

     草原学習館は、阿蘇の草原と人々との営みの歴史や草原が環境に果たす役割等について学ぶ施設です。
     展示スペースでは、近隣の小学生が学校行事の一環として学習館を訪れて草原について学習すると共に、野草を使ったクラフト体験を通して草原と親しんでいます。
     また、阿蘇の広大な草原で活躍する野焼き支援ボランティアの初心者研修会を行っています。
    人手不足で手伝いを必要とする牧野組合と野焼き支援ボランティアとを繋ぎ、草原保全活動の役割を担っています。

    ■阿蘇草原保全活動センター 草原学習館
    〒869-2307 熊本県阿蘇市小里656
    TEL 0967-32-4193 FAX 0967-32-0888
    http://aso-sougencenter.jp/


    □ 野焼き支援ボランティア初心者研修会 参加募集!

    草原学習館では、野焼き支援ボランティアの養成講座『野焼き支援ボランティア初心者研修会』を行っています。
    あなたも阿蘇千年の草原を守る『野焼き支援ボランティア活動』に参加しませんか?
    参加要領や注意事項、事前準備などを行う研修会です(事前申し込み要)。
    詳しくは、下記HP(新着情報10/13付)をご覧ください。
    http://www.asogreenstock.com/

    ■日 時 第2回:2018年 1月21日(日)(国立阿蘇青少年交流の家に前泊・交流会あり)
         第3回:2018年 2月 3日(土)
         第4回:2018年 2月10日(土)
         第5回:2018年 2月22日(木)
         いずれも10:00〜16:00(受付 9:30より)
    ■内 容 ・阿蘇の草原と野焼きの役割、参加要領と注意事項について
         ・ボランティアリーダーとの交流
         ・消火用道具の火消し棒作り、その他
    ■申込み HPの申込みチラシを参照のうえ、メールかFAXにてお申し込みください。

    ■お問合せ 阿蘇草原保全活動センター 草原学習館
          TEL 0967-32-4193 FAX 0967-32-0888
          http://aso-sougencenter.jp/

    <九十九島ビジターセンター>━━━━━━━━━━━━━━━
    □ 九十九島サロン?
    『どうする?海洋プラスチックごみ 長崎県の海岸漂着ごみ』

    不思議がいっぱいの西海国立公園のことを、専門家がわかりやすく解説します。
    今年度第5回目は「漂着物」をテーマにお話しをしていただきます。

    ■日 時 12月17日(日)14:00〜16:00
    ■場 所 九十九島ビジターセンター
    ■講 師 矢野博巳氏(長崎県環境保健研究センター 所長)
    ■参加費 無料
    ■対 象 どなたでも
    ※事前申込み不要

    ■お問合せ 九十九島ビジターセンター
          TEL 0956-28-7919 
          http://www.kujukushima-visitorcenter.jp/

    <雲仙諏訪の池ビジターセンター>━━━━━━━━━━━━━
    □ 星空観察会

    ■日 程 毎週土曜日の晴天時
         12月31日(日)〜1月3日(水)、7日(日)の晴天時
    ■時 間 19:30〜21:30
         ※雨天・曇天・雷の場合中止
    ■参加費 無料
    ■対 象 どなたでも
    ■予 約 不要(21:00までに受付をすませてください)


    □ お手軽バードウォッチング

    諏訪の池ビジターセンター周辺で、ビジターセンターのスタッフと一緒にお散歩をしませんか?
    身近な自然がたっぷりの諏訪の池で、いろいろな野鳥をさがしましょう!
    30分〜120分コースの好きなコースを選んでくださいね。
    ※団体やイベントが入っている場合は、お断りする事もあります。(お申込みは3日前まで。)
    ※開催時間内の好きな時間を選んで頂けますが、1グループずつのガイドとになり、先着順になります(同時間に2つ以上の開催はできません。)

    ■日 程 平成29年12月8日(金)〜10日(日)、15日(金)、16日(土)午前中のみ、17日(日)、22日(金)、23日(土)、30日(土)、31日(日)
         平成30年1月1日(月)〜3日、5日(金)〜8日(月)、12日(金)14日(日)、20日(土)、21日(日)、26日(金)〜28日(日)
    ■時 間 9:30〜16:00の好きな時間(受付は15:00まで)
    ■コース 60分、90分、120分の好きなコースをお選びください。
    ■参加費 無料
    ■定  員 1回1グループ 2名より実施
    ■申込み 3日前までに、お電話かカウンターで直接お申し込み下さい。
    ■備 考 団体が入っている場合は、お断りすることがあります。事前に予約していただくと、確実にお伺いすることができます。
         ※雨天、降雪時の場合は中止


    ■お問合せ 雲仙諏訪の池ビジターセンター
          TEL 0957-76-5010 FAX 0957-74-9051
          http://suwanoikevc.web.fc2.com/

    <長者原ビジターセンター>━━━━━━━━━━━━━━━━
    □ タデ原の自然観察会

    ラムサール条約登録湿地・タデ原(たでわら)の木道やその周辺を、くじゅうの自然や歴史の話をしながらゆっくり歩きます。
    案内人は「九重の自然を守る会」のボランティアガイドの方々。冬のタデ原も、花の季節とは一味違っていいものですよ。
    暖かくしてお越しください。

    ■主  催 九重の自然を守る会・長者原ビジターセンター
    ■日  時 12月17日(日)、23日(土・祝)、
          1月8日(月・祝)、14日(日)、28日(日)
          いずれも10:00〜12:00
    ■申し込み 朝10:00までに長者原ビジターセンターの受付までお越しください。
          個人参加の場合、予約は不要です。
          団体参加の場合は事前にご相談ください。
    ■参 加 費 無料
    ■主  催 九重の自然を守る会・長者原ビジターセンター


    □ タデ原のミニガイドウォーク

    長者原ビジターセンターの職員が、木道約800mのコースを歩きながら、タデ原湿原やくじゅう連山の冬ならではの見どころを30分程度に詰め込んでお伝えします。
    短い時間でタデ原湿原を楽しみたい人におすすめです。

    ■主  催 長者原ビジターセンター
    ■日  時 毎日11:00〜/14:00〜 各30分程度
    ■申し込み 当日出発時刻までに、長者原ビジターセンターの受付までお越しください。
          都合により中止にすることもありますので、
          参加希望の方はなるべく事前にお問い合わせください。
    ■参 加 費 1人100円(保険料込み)


    ■申し込み・お問合せ 長者原ビジターセンター
          TEL 0973-79-2154
          http://kyushu.env.go.jp/nature/tyojyabaru/

    <えびのエコミュージアムセンター>━━━━━━━━━━━━
    □ 企画展「九州ジオパーク巡り 〜赤色立体とジオアート〜」

    九州のジオパークを赤色立体とジオアートを使って紹介します。

    ■展示期間 2017年12月26日〜1月28日
    ■会館時間 9:00〜17:00

    ■お申込み・お問合せ えびのエコミュージアムセンター
          TEL 0984-33-3002
          http://www.ebino-ecomuseum.go.jp/

    <漫湖水鳥・湿地センター>━━━━━━━━━━━━━━━━
    □ 第23回国場川水あしび 〜たのしく、漫湖をキレイにしてみませんか〜

    ■日 時 平成29年12月16日(土)9:30〜15:00
    ■会 場 漫湖水鳥・湿地センター
    ■主 催 国場川水あしび実行委員会(那覇市、豊見城市、南風原町、八重瀬町、糸満市、南城市、与那原町、環境省那覇自然環境事務所)
    ■申 込 当日受付
    ■参加費 無料
    ■プログラム
     ?漫湖周辺のごみ拾い・マングローブの稚樹抜き
     ?軽食・舞台イベント(エイカーズミニショー&南部市町のキャラ
      クターたち)
     ?自然体験型ゲーム・展示ブース    
    ※ゴミ袋、軍手は事務局で準備いたします。清掃のできる軽装にてご参加ください。
    ※マングローブの稚樹抜きは高校生以上の健康な方が対象。希望する方は長袖・長ズボン着用をお願いします。

    ■お問合せ 南風原町住民環境課内  
      Tel:098-889-1797  
     http://www.manko-mizudori.net/wp-content/uploads/2017/11/20171114125950.pdf


    □ 12月の野鳥観察会&自然講座

    野鳥観察会:漫湖に渡ってくる鳥は何羽くらい?寒い日は鳥たちはどこにいるんだろう?
    漫湖の鳥たちの生活は、知れば知るほどフシギがいっぱい。
    聞きたくても聞けなかった鳥のギモンなど鳥の学校でお待ちしています。

    自然講座:沖縄では様々な生活の場面で馴染みのある植物「月桃」。
    その月桃を使って、沖縄の伝統玩具「星っころ」を一緒に作ってみませんか。
    その他にも、クリスマス飾りにピッタリなちっちゃな星のオーナメントを作ります。

    ■日時 平成29年12月17日(日)
        野鳥観察会「鳥の学校」10:00〜12:00
        自然講座「月桃で編む星のオーナメント」14:00〜16:00
    ※イベント日時や内容は天候や講師の都合等により一部変更や中止になる場合があります。


    ■お問合せ 漫湖水鳥・湿地センター  
           Tel 098-840-5121  
           http://www.manko-mizudori.net/

    ※新春野鳥観察会を1月14日(日)10:00〜12:00で予定しています。
    詳細は上記ウェブサイトにてお知らせいたします。


    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃九州地方環境事務所からのご案内
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □ アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]を随時更新しています!

    アクティブ・レンジャーとは、自然保護官の補佐役として、国立公園等のパトロール、調査、利用者指導、自然解説などの業務を担う環境省の職員です。
    管内には、瀬戸内海、西海、雲仙天草、阿蘇くじゅう、霧島錦江湾、屋久島、慶良間諸島、西表石垣、やんばる、奄美群島国立公園があります。

    アクティブ・レンジャー日記では、各国立公園での活動情報などを担当官が紹介しています。
    最新の掲載記事は次のとおりです。
    http://kyushu.env.go.jp/blog/index.html
    ※随時更新されています。過去の記事は上記ウェブサイトにアクセスしていただき、ページ右側のカレンダー等から閲覧することができます。

    【12月】
    ■カンムリワシ放鳥とミサゴ救護中(西表石垣)
    ■みんなで楽しく外来種駆除イベント!(やんばる)
    ■沖縄で開かれる講演会のご案内(やんばる)
    【11月】
    ■思い出日記Part1:ハナシノブの検討会を開催しました!【阿蘇地域】(阿蘇くじゅう)
    ■草刈りとカダヤシ駆除(霧島・錦江湾)
    ■ゴイシツバメシジミの生息地も色づきました!(九州地方環境事務所)
    ■屋久島の紅葉(屋久島)
    ■根子岳の紅葉【阿蘇地域】(阿蘇くじゅう)

    アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]トップページ
    http://kyushu.env.go.jp/blog/index.html


    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃関連情報
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
    □ K−RIP 第112回エコ塾 in 長崎
     『一次産業活性に役立つ環境エネルギービジネス』

    ・平成30年1月24日(水) 14:00〜 リソル佐世保
    ・平成30年1月25日(木) 10:00〜 バス見学ツアー

    K-RIP及び九州経済産業局では、九州の環境・エネルギー産業の振興を目的に、人脈形成・ビジネスマッチングを図るため、
    毎月一回程度、環境・エネルギー分野に特化した異業種交流会「エコ塾」を開催しています。
    1月の第112回エコ塾は「一次産業活性に役立つ環境エネルギービジネス」をテーマに、基調講演のほか4社による取組事例等をご紹介致します。

    ■日 時 平成30年平成30年1月24日(水) 講演会:14時00分〜17時20分
                       懇親会:17時30分〜19時00分
         (バス見学)1月25日(木)10時00分発〜16時30分解散予定
    ■場 所 リソル佐世保 5階 マリンホール(佐世保市白南風町8-17)
    ■参加費 講演会:無料(懇親会は4千円)
         バス見学:参加無料(昼食代別途)

    詳細・講演内容等はコチラ!
     http://www.k-rip.gr.jp/news/?p=10791

    ■お問合せ先
     九州環境エネルギー産業推進機構(K-RIP) 担当:杉迫
      TEL:092-474-0042  FAX:092-472-6609
     九州経済産業局 資源エネルギー環境課 担当:清水、岡田
      TEL:092-482-5499

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    【発 行】
    九州地方環境パートナーシップオフィス EPO九州
    https://epo-kyushu.jp    E-mail:

    九州地方ESD活動支援センター
    http://kyushu.esdcenter.jp  E-mail:

    〒860−0806 熊本市中央区花畑町4-18 熊本市国際交流会館2F
    TEL:096-312-1884  FAX:096-312-1894
    開所日 火〜土曜日(10:00〜19:00)
    休所日 日・月曜日、祝日、年末年始。熊本市国際交流会館休館日。



    【リンク】
    九州地方環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/

    那覇自然環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/naha/

    国立公園 http://www.env.go.jp/park/

    地球環境基金の情報館 http://www.erca.go.jp/jfge/index.html

    地球環境パートナーシッププラザ http://www.geoc.jp/

    環境らしんばん http://www.geoc.jp/rashinban/

    九十九島ビジターセンター http://www.kujukushima-visitorcenter.jp/

    雲仙お山の情報館 http://unzenvc.com/

    平成新山ネイチャーセンター http://heiseinc.com/

    雲仙諏訪の池ビジターセンター http://suwanoikevc.web.fc2.com/

    長者原ビジターセンター  http://kyushu.env.go.jp/nature/tyojyabaru/

    阿蘇草原保全活動センター 草原学習館 http://aso-sougencenter.jp/

    南阿蘇ビジターセンター http://www.minamiaso-vc.go.jp/

    えびのエコミュージアムセンター http://www.ebino-ecomuseum.go.jp/

    重富海岸自然ふれあい館 なぎさミュージアム http://www.nagisa-museum.com/

    対馬野生生物保護センター http://kyushu.env.go.jp/twcc/

    漫湖水鳥・湿地センター http://www.manko-mizudori.net/

    やんばる野生生物保護センター http://www.ufugi-yambaru.com/

    西表野生生物保護センター http://iwcc.a.la9.jp/

    ----------------------------------------------------------------
    当メルマガへの登録・退会は、
    http://epo-kyushu.jp/about/magazine.html
    もしくは、退会用URL: http://epo-kyushu.jp/xmailinglist/eponews/
    のフォームからお願いいたします。
    ----------------------------------------------------------------
    環境パートナーシップに関するご質問、当メルマガへのご意見、ご感想
    などがございましたらまでどうぞ!
    ----------------------------------------------------------------
  • EPO九州 メールマガジン 「えぽねっと九州」vol.134

    中間支援あるある♯
    年度末に向けてカウントダウン! 早めの準備と確認を。
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     九州・沖縄のタイムリーな環境情報をお届けする
                    「EPOねっと九州」vol.134
    ◇今月のPICK UP!
    ◆EPO九州「メールマガジンに関するアンケート」協力のお願い
    ◆「阿蘇地域の創造的復興に向けた地域循環共生圏の構築に関する協定」の締結について
    ◆持続可能な開発目標(SDGs)フォーラム in 長崎

    ◇EPO九州より
    毎年2月2日は「世界湿地の日」です。1971年2月2日にラムサール条約が採択されたことを記念して定められました。
    今年のテーマは「都市の湿地を守ろう〜持続可能な未来のために〜街の暮らしを支える湿地」。
    さて、九州・沖縄には、いくつのラムサール登録湿地があるかご存知ででしょうか?
    答えは、巻末をご覧ください!

    ◆EPO九州より「メールマガジンに関するアンケート」協力のお願い◆
    この度、メルマガをご購読いただいている皆様へ情報発信についてのアンケートを実施することとなりました。
    お手数ですが、下記のリンク先から回答へのご協力お願い申し上げます。
    https://goo.gl/forms/oFSc65DtmM79Pc4O2
    ※Googleフォームを利用しています。
    セキュリティ等で回答ができない場合は、下記アドレスまでご連絡ください。



    【もくじ】
    ■EPO九州・ESD活動支援センターからのお知らせ
    □【登録開始】地域ESD活動推進拠点(地域ESD拠点)登録について
    □【開催案内】協働ギャザリング2018〜環境×協働の未来を考える〜
    □【開催報告】第2回ESD教育人材育成事業研修会(対馬市)

    ■九州地方環境事務所からのご案内
    <お知らせ>
    □ 鹿児島県出水市のツル越冬地でのマイカー規制の試験的実施について
    □ 霧島錦江湾国立公園満喫プロジェクト佐多岬展望台の一部開放について
    □「阿蘇地域の創造的復興に向けた地域循環共生圏の構築に関する協定」の締結について
    <公募>
    □ 平成30年度におけるCO2排出削減対策、環境保全等に関する事業の公募について
    <セミナー等>
    □ 平成29年度フロン排出抑制法に関する説明会の開催(2/14(金)福岡市)
    □ 平成29年度「グリーン購入法」及び「環境配慮契約法」基本方針説明会の開催(3/13(火)福岡市)
    <各種調査結果>
    □ 産業廃棄物の排出及び処理状況等(平成27年度)等

    ■関連情報
    □ 持続可能な開発目標(SDGs)フォーラム in 長崎
    □ K−RIP 第113回エコ塾 in 佐賀「食品産業×環境エネルギービジネス」


    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃EPO九州・ESD活動支援センターからのお知らせ
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □【登録開始】地域ESD活動推進拠点(地域ESD拠点)登録について

    地域や社会の課題解決に関する学びや活動に取り組んでいらっしゃる学校現場・社会教育の現場等の皆様へ、ESDを支援・推進する団体として、「地域ESD活動推進拠点(以下「地域 ESD拠点」)のご登録を募っております。
    九州地方ESD活動支援センターでは、ご登録いただいた団体をパートナーとして、当センターや他の地域ESD拠点と連携し、各地域・各分野で取り組まれるESDの支援やこれからESD活動を始められる主体への支援を「ESD推進ネットワーク」の中で果たしていきたいと考えています。
    ご関心をお持ちの団体様は、まずは下記へご連絡ください。

    ESD(Education for Susutainaobl Developmante)とは、持続可能な開発のための人と地域を育てる教育をさします。

    ■お問合せ 九州地方ESD活動支援センター
          TEL:096-223-7422 FAX:096-312-1894
          E-mail contact☆kyushu-esdcenter.jp
    (〒860-0806 熊本市中央区花畑町4-18 熊本市国際交流会館2F EPO九州内 )
    ______________________________
    □【開催案内】協働ギャザリング2018〜環境×協働の未来を考える〜
    (環境省「平成29年度地域活性化に向けた協働取組の加速化事業」)

    「協働取組」とは市民、NPO、企業、行政など様々なセクターが共通の目的を持ち、対等の立場でパートナーシップを組み、課題解決にあたることを意味します。
    平成29年度、環境省は協働取組のモデル事例として全国で8事業を選定し、各地で実践が行われてまいりました。
    この度、全8団体が東京に一堂に会す報告会と合わせて、SDGsを活用して地域にある複数課題に対してマルチステークホルダープロセスで取り組むことの必要性や、「環境分野における協働取組の未来」について発表・議論する場を開催いたします。
    すでにNPO、行政、企業等において協働事業に取り組まれている方、これから協働事業を始めようと考えられている方、取組そのものに関心のある方、多くの方々のご参加をお待ちしています。

    ■日 程 2018年2月17日(土) 10:00〜18:00(会場9:30〜)
    ■会 場 国連大学2階レセプション・ホール
         (東京都渋谷区神宮前5丁目53-70)
    ■定 員 100名
    ■締 切 2月9日(金)
    ■問合せ 地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)
         TEL:03-3407-8107 FAX:03-3407-8164
         E-mail:   
         (担当:江口、村尾、山本)

    詳細・お申込み方法はこちら
    http://www.geoc.jp/activity/domestic/26437.html
    ______________________________
    □【参加報告】第2回ESD教育人材育成事業研修会(対馬市)

    平成30年1月23日(火)、平成29年度第2回ESD教育人材育成事業研修会が長崎県対馬市にて開催されました。
    本事業はESDのカリキュラム作成や学校での実践、およびESDネットワークの構築等を目的に、長崎県とNPO法人環境カウンセリング協会長崎が協働で取り組んでいる事業です。
    当日は、対馬市立厳原北小学校を会場に、小中学校、高等学校での8つの実践発表が行われ、先生方を中心に学校教育関係者、行政関係者が参加し、今年度の取組内容や成果等の共有を行いました。
    対馬には国の天然記念物に指定されているツシマヤマネコをはじめ、希少な動植物が多数生息していますが、そのような自然や動植物、文化、歴史など身近な題材をテーマとしたESD教育の取組が進められています。
    子どもたちの意識や行動の変容を図る工夫も随所に見られ、学習前後の日記やウェビング図の比較などをとおして、テーマに対する理解の深まりや行動する意欲が増進していることがわかりました。
    これからも、対馬市でのESD教育に注目していきたいと思います。


    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃九州地方環境事務所からのご案内
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    <お知らせ>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □ 鹿児島県出水市のツル越冬地でのマイカー規制の試験的実施について

    日本最大のツル渡来地である鹿児島県出水市において、平成30年1月27-28日、2月17-18日の4日間、試験的にツル越冬地へのマイカーの通行を規制しますのでお知らせします。

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://kyushu.env.go.jp/to_2018/post_124.html
    ______________________________
    □ 霧島錦江湾国立公園満喫プロジェクト佐多岬展望台の一部開放について

    九州地方環境事務所では、霧島錦江湾国立公園の佐多地区において、錦江湾、太平洋、開聞岳、屋久島、種子島等が眺望できる展望台を整備しています。
    現在、施設の主要な部分の完成に伴い、供用を開始していますので、お知らせします。ぜひお越しください。

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://kyushu.env.go.jp/pre_2018/post_76.html
    ______________________________
    □「阿蘇地域の創造的復興に向けた地域循環共生圏の構築に関する協定」の締結について

    環境省は、熊本県及び東海大学と、南阿蘇村の立会いの下、「阿蘇地域の創造的復興に向けた地域循環共生圏の構築に関する協定」を締結しましたので、お知らせします。

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://www.env.go.jp/press/105017.html

    < 公募 >━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □ 平成30年度におけるCO2排出削減対策、環境保全等に関する事業の公募について

    環境省では平成30年度におけるCO2排出削減対策、環境保全等に関する事業の公募を受け付けていますのでお知らせします。

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     (CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業)
      http://www.env.go.jp/press/105001.html
     (低炭素型の行動変容を促す情報発信(ナッジ)等による家庭等の自発的対策推進事業)
      http://www.env.go.jp/press/105039.html
     (環境技術実証事業)
      http://www.env.go.jp/press/105033.html
       
    <セミナー等>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □ 平成29年度フロン排出抑制法に関する説明会の開催(2/14(金)福岡市)

    環境省は、フロン類の使用の合理化及び管理の適正化に関する法律に関する説明会を開催し、同法に基づき、業務用冷凍空調機器のユーザーが守るべき事項や漏えい防止対策によるメリット等を説明します。
    参加対象者の制限はありませんので、ぜひご参加ください。

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://www.env.go.jp/press/104990.html
    ______________________________
    □ 平成29年度「グリーン購入法」及び「環境配慮契約法」基本方針説明会の開催(3/13(火)福岡市)

    環境省は、国、地方公共団体や事業者等の皆様を対象として、グリーン購入法及び環境配慮契約法の趣旨や基本方針等に関する説明会を開催します。
    ぜひ、ご参加ください。

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://www.env.go.jp/press/105006.html

    <各種調査結果の公表>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    環境省が実施している各種調査結果を以下のとおり公表しておりますのでお知らせします。

    □産業廃棄物の排出及び処理状況等(平成27年度)
    http://www.env.go.jp/press/105043.html
    □産業廃棄物の不法投棄等の状況(平成28年度)
    http://www.env.go.jp/press/104888.html
    □廃家電の不法投棄等の状況(平成28年度)
    http://www.env.go.jp/press/105058.html
    □海洋ごみ調査結果(平成28年度)
    http://www.env.go.jp/press/104995.html
    □西表石垣国立公園 石西礁湖のサンゴ白化現象の調査結果(平成29年12月)
    http://www.env.go.jp/press/105023.html
    □モニタリングサイト1000サンゴ礁調査(速報)(平成29年度)
    http://www.env.go.jp/press/105015.html
    □化学物質環境実態調査結果(概要)(平成28年度)
    http://www.env.go.jp/press/104960.html
    □建設リサイクル法に係る全国一斉パトロールに伴うフロン排出抑制法の遵守状況等(平成29年10月)
    http://www.env.go.jp/press/104976.html
    □スギ雄花花芽調査結果(平成29年度)
    http://www.env.go.jp/press/104966.html
    □公共用水域水質測定結果(平成28年度)
    http://www.env.go.jp/press/104955.html
    □地下水質測定結果(平成28年度)
    http://www.env.go.jp/press/104922.html
    □環境経済観測調査(環境短観)(速報値)(平成29年12月)
    http://www.env.go.jp/press/104948.html


    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃関連情報
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □ 持続可能な開発目標(SDGs)フォーラム in 長崎

    長崎市は、環境負荷の少ない循環型で持続可能な低炭素社会の実現に向け「長崎市地球温暖化対策実行計画」を策定し、取り組んでいます。
    本フォーラムでは、 全世界で取組みが進められている「持続可能な開発目標(SDGs:エスディジーズ)」について、低炭素社会の構築に向けた今後の日本の取組みや気候変動の影響と適応策、地域エネルギー事業など、環境の側面から身近な事例を紹介することで、市民・事業者の方への理解を深め、共有を図ります。
    ぜひお気軽にご参加ください。

    ■日 時 平成30年2月14日(水曜日)13:30〜16:30(開場 13:00)
    ■場 所 長崎市市民生活プラザホール(メルカつきまち5階)
    ■参加費 無料(申込不要)

    詳しくはこちら
    http://www.city.nagasaki.lg.jp/shimin/170000/171000/p030759.html
    ______________________________ 
    □ K−RIP 第113回エコ塾 in 佐賀

    K-RIP及び九州経済産業局では、九州の環境・エネルギー産業の振興を目的に、人脈形成・ビジネスマッチングを図るため、
    毎月一回程度、環境・エネルギー分野に特化した異業種交流会「エコ塾」を開催しています。
    平成30年2月のエコ塾では「食品産業×環境エネルギービジネス」をテーマに、基調講演のほか、4社による取組事例等を紹介するとともに、懇親会を開催します。

    ■日 時 平成30年2月8日(木) 講演会:14時00分〜17時20分、懇親会:17時40分〜19時00分
    ■場 所 佐賀市エコプラザ 2階セミナー室(佐賀市高木瀬町大字長瀬2369)
    ■参加費 講演会:無料(懇親会は3千円)

    詳細・講演内容等はコチラ!
    http://www.k-rip.gr.jp/news/?p=11100

    ■お問合せ先
     九州環境エネルギー産業推進機構(K-RIP) 担当:杉迫
      TEL:092-474-0042  FAX:092-472-6609
     九州経済産業局 資源エネルギー環境課 担当:清水、岡田
      TEL:092-482-5499

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ◆◆九州・沖縄地域のラムサール条約登録湿地(2017年末時点:11箇所)◆◆
    佐賀県:東よか干潟(佐賀市)、肥前鹿島干潟(鹿島市)
    熊本県:荒尾干潟(荒尾市)
    大分県:くじゅう坊ガツル・タデ原湿原(竹田市・九重町)
    鹿児島県:藺牟田池(薩摩川内市)、屋久島永田浜(屋久町)、
    沖縄県:漫湖(那覇市・豊見城市)、慶良間諸島海域(渡嘉敷村・座間味村)、久米島の渓流・湿地(久米島町)、名蔵アンパル(石垣市)、与那覇湾(宮古島市)

    ラムサール条約と登録湿地(環境省) http://www.env.go.jp/nature/ramsar/conv/


    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    【発 行】
    九州地方環境パートナーシップオフィス EPO九州
    https://epo-kyushu.jp    E-mail:

    九州地方ESD活動支援センター
    http://kyushu.esdcenter.jp  E-mail:

    〒860−0806 熊本市中央区花畑町4-18 熊本市国際交流会館2F
    TEL:096-312-1884  FAX:096-312-1894
    開所日 火〜土曜日(10:00〜19:00)
    休所日 日・月曜日、祝日、年末年始。熊本市国際交流会館休館日。



    【リンク】
    九州地方環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/

    那覇自然環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/naha/

    国立公園 http://www.env.go.jp/park/

    地球環境基金の情報館 http://www.erca.go.jp/jfge/index.html

    地球環境パートナーシッププラザ http://www.geoc.jp/

    環境らしんばん http://www.geoc.jp/rashinban/

    九十九島ビジターセンター http://www.kujukushima-visitorcenter.jp/

    雲仙お山の情報館 http://unzenvc.com/

    平成新山ネイチャーセンター http://heiseinc.com/

    雲仙諏訪の池ビジターセンター http://suwanoikevc.web.fc2.com/

    長者原ビジターセンター  http://kyushu.env.go.jp/nature/tyojyabaru/

    阿蘇草原保全活動センター 草原学習館 http://aso-sougencenter.jp/

    南阿蘇ビジターセンター http://www.minamiaso-vc.go.jp/

    えびのエコミュージアムセンター http://www.ebino-ecomuseum.go.jp/

    重富海岸自然ふれあい館 なぎさミュージアム http://www.nagisa-museum.com/

    対馬野生生物保護センター http://kyushu.env.go.jp/twcc/

    漫湖水鳥・湿地センター http://www.manko-mizudori.net/

    やんばる野生生物保護センター http://www.ufugi-yambaru.com/

    西表野生生物保護センター http://iwcc.a.la9.jp/

    ----------------------------------------------------------------
    当メルマガへの登録・退会は、
    http://epo-kyushu.jp/about/magazine.html
    もしくは、退会用URL: http://epo-kyushu.jp/xmailinglist/eponews/
    のフォームからお願いいたします。
    ----------------------------------------------------------------
    環境パートナーシップに関するご質問、当メルマガへのご意見、ご感想
    などがございましたらまでどうぞ!
    ----------------------------------------------------------------
  • EPO九州 メールマガジン 「えぽねっと九州」vol.135, Thu Feb 15

    ESDあるある♯
    取組んできた活動が、気づけばESDだった。
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     九州・沖縄のタイムリーな環境情報をお届けする
                    「EPOねっと九州」vol.135

    ◇地域拠点からの情報
    ◆ ピックアップ!えびのエコミュージアムセンター
    ◆ 九十九島ビジターセンター
    ◆ 雲仙諏訪の池ビジターセンター
    ◆ 長者原ビジターセンター
    ◆ 南阿蘇ビジターセンター
    ◆ 漫湖水鳥・湿地センター

    ◇EPO九州より
    鹿児島県、トカラ(吐?喇)列島をご存知ですか?
    大河ドラマ「西郷どん」の舞台ともなる奄美大島と屋久島の間に並ぶ島々に、東シナ海でのタンカー沈没事故により流出した重油が漂着しています(奄美群島にも漂着しています)。
    鹿児島県では回収作業についてのマニュアルを作成するなど、対応を進めています。
    まずは関心を持っていただきたいと思います。
    https://www.pref.kagoshima.jp/aq01/aabura.html


    ◆「メールマガジンに関するアンケート」協力のお願い◆
    この度、EPO九州のメルマガをご購読いただいている皆様へ情報発信についてのアンケートを実施することとなりました。
    お手数ですが、下記のリンク先から回答へのご協力お願い申し上げます。
    https://goo.gl/forms/oFSc65DtmM79Pc4O2
    ※Googleフォームを利用しています。
    セキュリティ等で回答ができない場合は、下記アドレスまでご連絡ください。



    【もくじ】
    ■EPO九州・ESD活動支援センターからのお知らせ
    □【開催案内】島しょ地域ESD交流会
    □【登録開始】地域ESD活動推進拠点(地域ESD拠点)登録について
    □【参加報告】自然体験施設ネットワーク研修会・交流会

    ■ビジターセンター等からのお知らせ
    □ ピックアップ! <えびのエコミュージアムセンター>

    <九十九島ビジターセンター>
    □ 長尾半島ガイドウォーク
    □ 九十九島サロン8『人間と野生動物は共存できる?』

    <雲仙諏訪の池ビジターセンター>
    □ 星空観察会
    □ お手軽バードウォッチング

    <長者原ビジターセンター>
    □ タデ原の自然観察会
    □ タデ原のミニガイドウォーク

    <南阿蘇ビジターセンター>
    □ 南阿蘇ガイドウォーク「春はビジターがおもしろい!!」
    □ 館内ワークショップ等

    <漫湖水鳥・湿地センター>
    □ 漫湖水鳥観察会〜観察した水鳥のオリジナル缶バッジをつくろう!〜

    ■九州地方環境事務所からのご案内
    □ アクティブ・レンジャー日記

    ■関連情報
    □【ご案内】〜中小企業の課題解決に大学等の技術を活用!〜
     大学・公的研究機関等の環境技術シーズ活用セミナー


    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃EPO九州・ESD活動支援センターからのお知らせ
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □【開催案内】島しょ地域ESD交流会

    環境省と文部科学省では、ESDを推進するためのネットワークの構築のため、民間団体と連携し、平成28年に「ESD活動支援センター」(東京都)を開設、平成29年度には全国8地域に「地方ESD活動支援センター」を設置しました。
    九州ブロックでは、九州地方環境事務所により「九州地方ESD活動支援センター」(熊本市)が開設されました。
    本センターは、九州・沖縄地域におけるESDを推進するためのネットワークの構築を目指しています。
    今交流会は、島しょ地域においてESD活動に取り組む多様な主体が、地域や分野を超えて交流し、取組を共有することを目的に開催します。

    ■日 時 2018年3月24日(土) 13:30〜16:30
    ■会 場 福岡県中小企業振興センター(福岡市吉塚駅すぐ)会議室
    ■対 象 ESD活動実践者、有識者、および自治体・教育委員会関係者
    ■参加費 無料
    ■内 容 (1)ESDについての話題提供
         (2)島しょ地域における活動紹介(1地域20分程度)
         (3)意見交換ワークショップ
         (4)「地域ESD拠点」登録制度の紹介

    ■お問合せ 九州地方ESD活動支援センター
          TEL:096-223-7422 FAX:096-312-1894
          E-mail contact☆kyushu-esdcenter.jp
    (〒860-0806 熊本市中央区花畑町4-18 熊本市国際交流会館2F EPO九州内 )
    ___________________________
    □【登録開始】地域ESD活動推進拠点(地域ESD拠点)登録について

     地域や社会の課題解決に関する学びや活動に取り組んでいらっしゃる学校現場・社会教育の現場等の皆様へ、
    ESDを支援・推進する団体として、「地域ESD活動推進拠点(以下「地域 ESD拠点」)のご登録を募っております。
     九州地方ESD活動支援センターでは、ご登録いただいた団体をパートナーとして、当センターや他の地域ESD拠点と連携し、
    各地域・各分野で取り組まれるESDの支援やこれからESD活動を始められる主体への支援を「ESD推進ネットワーク」の中で果たしていきたいと考えています。
    ご関心をお持ちの団体様は、まずは下記へご連絡ください。

    ESD(Education for Susutainaobl Developmante)とは、持続可能な開発のための人と地域を育てる教育をさします。

    ■お問合せ 九州地方ESD活動支援センター
          TEL:096-223-7422 FAX:096-312-1894
          E-mail contact☆kyushu-esdcenter.jp
    (〒860-0806 熊本市中央区花畑町4-18 熊本市国際交流会館2F EPO九州内 )
    ___________________________
    □【参加報告】自然体験施設ネットワーク研修会・交流会

    平成30年2月7日(水)・8日(木)、「自然体験施設ネットワーク冬期プログラム研修会」に参加しました。会場は、雲仙・諏訪の池ビジターセンター。
    プログラムでは、各施設からの冬期プログラム紹介をはじめ、たびら昆虫自然園元園長の西澤正隆講師からは、冬ならではの自然観察の利点を熱く語っていただきました。
    視点を変えると、他シーズンよりやり易いことや面白い側面があることに気づかせてもらいました!
    また、諏訪の池ビジターセンターからは、敷地内のフィールド案内とセンターが誇る天体望遠鏡による星の観察も紹介していただきました。
    2日目は、グループ毎に考案した「五感を使った冬期自然観察」プログラムの発表ワーク。互いに参加対象者になり、感想やアドバイスも出し合い刺激になりました。
    他の人の視点や感じ方、プログラムの工夫など、大変参考になり充実した研修会でした。
    今後とも皆さんと交流や意見交換、そしてワークショップ等をとおし、知見やノウハウを蓄積しEPOの活動に活かしていきたいと思います。


    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃ビジターセンター等からのお知らせ
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    Pick up!
    <えびのエコミュージアムセンター>━━━━━━━━━━━

    今年は雪が多いえびの高原。
    エコミュージアムセンターの2階からは雪化粧をした美しい韓国岳が「どーん!」とそびえ、多くの方が記念撮影をしています。特に外国人観光客が喜んで撮影している姿が目立ちます。
    例年冬はスケートを楽しみに来られる親子連れで賑わいますが、エコミュージアムセンターもスケート場に負けずに雪の滑り台を作って子どもたちを呼び込んでいます。
    ソリのレンタルもはじめ、手ぶらで来ても楽しめるようにしています。スケートや雪遊びに疲れたら、足湯の駅で一休み・・・。
    「何度来ても楽しい!」と思ってもらえるえびの高原になるよう他施設と連携して活動中です!


    □「野生動物写真コンテスト」入賞作品展 開催中!

    一般財団法人 自然公園財団主催「第9回 野生動物写真コンテスト(平成28年度)」には、北海道から九州・沖縄まで、自然公園とその周辺の自然界に生きる多様な野生動物たちの姿を捉えた作品が数多く集まりました。
    応募総数1,110点の中から選ばれた入賞作品38点の展示会です。豊かな自然の中で生きる野生動物たちの命と営みをぜひご覧ください。

    ■開催期間 2018年2月25日まで
    ■会館時間 9:00〜17:00

    第9回 野生動物写真コンテストHP
    http://www.bes.or.jp/information/photo/h28_exhibition.html


    ■えびのエコミュージアムセンター
     〒889-4302 宮崎県えびの市末永1495-5
     TEL 0984-33-3002
     http://www.ebino-ecomuseum.go.jp/


    <九十九島ビジターセンター>━━━━━━━━━━━━━━━
    □ 長尾半島ガイドウォーク

    ビジターセンターから一般道を通る、約1.2?のコースを自然観察しながら歩きます。

    ■日  程 3月3日(土)14:00〜16:00
    ■集合場所 九十九島ビジターセンター
    ■参 加 費 無料
    ■対  象 小学生以上(小学生は保護者も参加)
    ■定  員 20名
     
     
    □九十九島サロン8『人間と野生動物は共存できる?』

    不思議がいっぱいの西海国立公園のことを専門家がわかりやすく解説します。
    今年度第8回目はシカなど野生動物による被害の現状などについてお話しをしていただきます。
     
    ■日  時 3月4日(日)14:00〜16:00
    ■場  所 九十九島ビジターセンター
    ■講  師 半田浩志 氏(環境省 佐世保自然保護官)
    ■参 加 費 無料
    ■対  象 どなたでも
    ※事前申込み不要


    ■お問合せ 九十九島ビジターセンター
          TEL 0956-28-7919 
          http://www.kujukushima-visitorcenter.jp/


    <雲仙諏訪の池ビジターセンター>━━━━━━━━━━━━━
    □ 星空観察会

    ■日 程 毎週土曜日の晴天時
    ■時 間 19:30〜21:30
         ※雨天・曇天・雷の場合中止
    ■参加費 無料
    ■対 象 どなたでも
    ■予 約 不要(21:00までに受付をすませてください)


    □ お手軽バードウォッチング

    諏訪の池ビジターセンター周辺で、ビジターセンターのスタッフと一緒にお散歩をしませんか?
    身近な自然がたっぷりの諏訪の池で、いろいろな野鳥をさがしましょう!
    30分〜120分コースの好きなコースを選んでくださいね。
    ※団体やイベントが入っている場合は、お断りする事もあります(お申込みは3日前まで)。
    ※開催時間内の好きな時間を選んで頂けますが、1グループずつのガイドとになり、先着順になります(同時間に2つ以上の開催はできません)。

    ■日 程 平成30年2月16日(金)、23日(金)〜25日(日)
         3月3日(土)、9日(金)〜11日(日)、16日(金)、18日(日)、23日(金)〜25日(日)
         ※雨天、降雪時中止
    ■時 間 9:30〜16:00の好きな時間(受付は15:00まで)
    ■コース 60分、90分、120分より好きなコースをお選びください。
    ■参加費 無料
    ■定  員 1回1グループ 2名より実施
    ■申込み 3日前までに、お電話かカウンターで直接お申し込み下さい。


    ■お問合せ 雲仙諏訪の池ビジターセンター
          TEL 0957-76-5010 FAX 0957-74-9051
          http://suwanoikevc.web.fc2.com/


    <長者原ビジターセンター>━━━━━━━━━━━━━━━━
    □ タデ原の自然観察会

    ラムサール条約登録湿地・タデ原(たでわら)の木道やその周辺を、くじゅうの自然や歴史の話をしながらゆっくり歩きます。案内人は「九重の自然を守る会」のボランティアガイドの方々。
    冬のタデ原も、花の季節とは一味違っていいものですよ。暖かくしてお越しください。

    ■主 催 九重の自然を守る会・長者原ビジターセンター
    ■日 時 2月25日(日)、3月4日(日)、11日(日)、18日(日)、21日(水・祝)、25日(日)
         いずれも10:00〜12:00
    ■申込み 朝10:00までに長者原ビジターセンターの受付までお越しください。
         個人参加の場合、予約は不要です。
         団体参加の場合は事前にご相談ください。
    ■参加費 無料
     

    □ タデ原のミニガイドウォーク
     
    長者原ビジターセンターの職員といっしょに、タデ原湿原の木道約800mのコースを30分ほどかけて歩きます。
    普段は気が付かないタデ原の見どころやこぼれ話などが満載です。
    タデ原やくじゅう連山の冬の魅力を感じませんか?

    ■主 催 長者原ビジターセンター
    ■日 時 毎日11:00〜/14:00〜 各30分程度
    ■申込み 当日出発時刻までに、長者原ビジターセンターの受付までお越しください。
         都合により中止にすることもありますので、参加希望の方はなるべく事前にお問い合わせください。
    ■参加費 1人100円(保険料込み)


    ■お問合せ 長者原ビジターセンター
          TEL 0973-79-2154
          http://kyushu.env.go.jp/nature/tyojyabaru/


    <南阿蘇ビジターセンター>━━━━━━━━━━━
    □ 南阿蘇ガイドウォーク「春はビジターがおもしろい!!」

    春は動植物がいろいろ観察できる時期です。
    南阿蘇ビジターセンターでは、バードウオッチング、阿蘇野草園散策、上色見熊野座神社詣り、奇岩ジオサイトのらくだ山歩き、高森殿の杉見学を実施予定です。
    どうぞお越しください。

    ■日  時 3月25日からの毎日曜日
    ■集合場所 休暇村南阿蘇 玄関(阿蘇郡高森町高森3219)
    ■参 加 費 無料
    ■準 備 物 らくだ山歩き・高森殿の杉見学の方は、運動靴でお越しください。
    ※ご希望のコースによって、所要時間などが異なります。詳細はビジターセンターへご連絡ください。


    □ 館内ワークショップ等

    南阿蘇ビジターセンターの館内では、カルデラ実験、DVDなどで阿蘇の自然をご紹介しています。
    以下のワークショップも常時を行っていますので、ご希望の方は受付にてお申込みください。

    ・木の実などを使ったクラフト作り(100円)
    ・本格的に墨と顔彩で描く絵手紙 (100円)
    ・折り紙(50円)
    ・ロープワーク(無料)


    ■申込み・お問合せ 南阿蘇ビジターセンター
              TEL 0967-62-0911
              http://www.minamiaso-vc.go.jp/


    <漫湖水鳥・湿地センター>━━━━━━━━━━━━━━━━
    □ 漫湖水鳥観察会〜観察した水鳥のオリジナル缶バッジをつくろう!〜
     
    漫湖水鳥観察会では、水鳥を観察するだけでなく、水鳥シールを使って観察マップをつくるほか、印象に残った水鳥の絵を描き、それを元に缶バッジをつくります。
    あなただけのオリジナル缶バッジが作成できますので、ぜひご参加ください。
     
    ■期 日 平成30年2月24日(土) ※小雨決行
    ■時 間 第1回:10:00〜12:00 受付  9:30〜
         第2回:13:00〜15:00  受付 12:30〜
         ※観察会は同じ内容で2回開催します。
    ■場 所 漫湖水鳥・湿地センター
    ■申込み 事前申込不要( 開催時間前に直接センターへお越し下さい。)
    ■参加費 無料
    ■持ち物 動きやすい服装、防寒具、飲み物、筆記用具、かっぱ(※双眼鏡は貸し出し有)
     
    ■お問合せ 株式会社 南西環境研究所(環境省業務請負業者)
          電話番号 098-835-8411(担当:石田) 

    ■観察会当日の連絡先 漫湖水鳥・湿地センター  
          TEL 098-840-5121
           http://www.manko-mizudori.net/


    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃九州地方環境事務所からのご案内
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □ アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]を随時更新しています!

    アクティブ・レンジャーとは、自然保護官の補佐役として、国立公園等のパトロール、調査、利用者指導、自然解説などの業務を担う環境省の職員です。
    管内には、瀬戸内海、西海、雲仙天草、阿蘇くじゅう、霧島錦江湾、屋久島、慶良間諸島、西表石垣、やんばる、奄美群島国立公園があります。
    アクティブ・レンジャー日記では、各国立公園での活動情報などを担当官が紹介しています。
    最新の掲載記事は次のとおりです。

    【2月】
    ■五島探鳥会 福江島に飛来した冬鳥に会いに行こう!【五島地域】(西海)
    ■コウノトリが飛来!!(西表石垣)
    【1月】
    ■冬真っ盛りのくじゅう連山【くじゅう地域】(阿蘇くじゅう)
    ■国際サンゴ礁年2018【石垣地域】(西表石垣)
    ■冬にしか見ることできない阿蘇の景色【阿蘇地域】(阿蘇くじゅう)
    ■初冠雪@鹿児島【鹿児島地域】(霧島・錦江湾)
    ■出水のツル羽数調査(出水)

    アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]トップページ
    http://kyushu.env.go.jp/blog/index.html
    ※随時更新されています。過去の記事は上記ウェブサイトにアクセスしていただき、ページ右側のカレンダー等から閲覧することができます。


    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃関連情報
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □【ご案内】〜中小企業の課題解決に大学等の技術を活用!〜
     大学・公的研究機関等の環境技術シーズ活用セミナー
     
    九州管内の大学・公的研究機関等の環境技術シーズやその活用方法をとりまとめた「産業公害防止等技術シーズ集」を紹介するとともに、技術シーズを活用した中小企業等の取り組みを紹介するセミナーを開催します。
    課題解決や新たな事業展開をご検討の中小企業の皆様、産学連携関係者等ご関心のある方はぜひご参加ください(参加者には当日、技術シーズ集も配布します)。

    ■日 時 平成30年2月21日(水)13:30〜16:30
    ■場 所 リファレンス大博多ビル 11階 1109 (福岡市博多区博多駅前2丁目20-1)
    ■参加費  無料(定員100名:先着順)
    ■プログラム
    ○産学連携の推進と技術シーズ集の活用
    ○産学連携事例
     事例(1) 搾汁残渣を活かした機能性食品の開発《企業+大学》
     事例(2) めっき排水からの有価金属回収技術開発《企業+公設試》
    ○連携支援の取り組み
     (1)熊本大学の取り組み
     (2)鹿児島工業高等専門学校の取り組み
     (3)福岡工業技術センターの取り組み
    ■申込み・詳細
     参加ご希望の方は、氏名、会社名・所属部署・連絡先など必要事項を本業務の委託事業者である環境テクノス(株)まで、FAXまたはメールにてお知らせください。
     申込みには、以下の九州経済産業局Webサイトの「セミナー案内チラシ」をご利用ください。
    http://www.kyushu.meti.go.jp/press/1801/180123_1.html
    ■お問合せ
    《請負事業者》
     環境テクノス株式会社 コンサルタント事業部  担当:蓮井、松田、岩本
      電話:093−883−0150 FAX:093−883−0701
     九州経済産業局 資源エネルギー環境部 環境・リサイクル課 担当:今泉、久保
      電話:092−482−5544



    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    【発 行】
    九州地方環境パートナーシップオフィス EPO九州
    https://epo-kyushu.jp    E-mail:

    九州地方ESD活動支援センター
    http://kyushu.esdcenter.jp  E-mail:

    〒860−0806 熊本市中央区花畑町4-18 熊本市国際交流会館2F
    TEL:096-312-1884  FAX:096-312-1894
    開所日 火〜土曜日(10:00〜19:00)
    休所日 日・月曜日、祝日、年末年始。熊本市国際交流会館休館日。



    【リンク】
    九州地方環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/

    那覇自然環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/naha/

    国立公園 http://www.env.go.jp/park/

    地球環境基金の情報館 http://www.erca.go.jp/jfge/index.html

    地球環境パートナーシッププラザ http://www.geoc.jp/

    環境らしんばん http://www.geoc.jp/rashinban/

    九十九島ビジターセンター http://www.kujukushima-visitorcenter.jp/

    雲仙お山の情報館 http://unzenvc.com/

    平成新山ネイチャーセンター http://heiseinc.com/

    雲仙諏訪の池ビジターセンター http://suwanoikevc.web.fc2.com/

    長者原ビジターセンター  http://kyushu.env.go.jp/nature/tyojyabaru/

    阿蘇草原保全活動センター 草原学習館 http://aso-sougencenter.jp/

    南阿蘇ビジターセンター http://www.minamiaso-vc.go.jp/

    えびのエコミュージアムセンター http://www.ebino-ecomuseum.go.jp/

    重富海岸自然ふれあい館 なぎさミュージアム http://www.nagisa-museum.com/

    対馬野生生物保護センター http://kyushu.env.go.jp/twcc/

    漫湖水鳥・湿地センター http://www.manko-mizudori.net/

    やんばる野生生物保護センター http://www.ufugi-yambaru.com/

    西表野生生物保護センター http://iwcc.a.la9.jp/

    ----------------------------------------------------------------
    当メルマガへの登録・退会は、
    http://epo-kyushu.jp/about/magazine.html
    もしくは、退会用URL: http://epo-kyushu.jp/xmailinglist/eponews/
    のフォームからお願いいたします。
    ----------------------------------------------------------------
    環境パートナーシップに関するご質問、当メルマガへのご意見、ご感想
    などがございましたらまでどうぞ!
    ----------------------------------------------------------------
  • EPO九州 メールマガジン 「えぽねっと九州」vol.138, Fri Mar 30

    ESDあるある♯
    ESDは共通言語。SDGsを達成するための教育にも!
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     九州・沖縄のタイムリーな環境情報をお届けする
                    「EPOねっと九州」vol.138
    ◇今月のPICK UP!
    ◆【開催案内】Green Gift 地球元気プログラム 熊本
    ◆ 風力発電事業に係る計画段階環境配慮書に対する環境大臣意見の提出について
    ◆ 海洋ユース・イノベーション・チャレンジ募集のお知らせ

    ◇EPO九州より
    環境省では、通勤・通学・買い物・旅行等の、"移動"をエコにするライフスタイル「smart move(スマートムーブ)」を推進しています。
    近所の買い物は"徒歩"で――。
    天気がいい日の通勤・通学は"自転車"で――。
    みんなと行く、お花見やおでかけは"電車"で――。
    気がついたときは、トライしてみませんか?


    【もくじ】
    ■EPO九州・ESD活動支援センターからのお知らせ
    □【開催案内】Green Gift 地球元気プログラム 熊本
    □【開催報告】島にまなぶ持続可能な地域づくり交流フォーラム
    □【登録開始】地域ESD活動推進拠点(地域ESD拠点)登録について

    ■九州地方環境事務所からのご案内
    <お知らせ>
    □ 風力発電事業に係る計画段階環境配慮書に対する環境大臣意見の提出について
    □「風力発電に係る地方公共団体によるゾーニングマニュアル」の公表について
    □「環境省 再エネ加速化・最大化促進プログラム 2018年版」の公表について
    <公募>
    □ 平成30年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(廃棄物焼却施設の余熱等を利用した地域低炭素化モデル事業)
    □「風力発電に係るゾーニング実証事業」の公募
    <各種調査結果>
    □ 奄美大島における油状物質の漂着に係る水質モニタリング結果等

    ■関連情報
    □ 海洋ユース・イノベーション・チャレンジ募集のお知らせ


    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃EPO九州・ESD活動支援センターからのお知らせ
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □【開催案内】Green Gift 地球元気プログラム 熊本

    Green Gift地球元気プログラムとは、東京海上日動火災保険株式会社が、契約時にお客様が約款等をホームページで閲覧する方法を選択されることにより削減される紙資源使用額の一部で、環境保護活動をサポートするものです。
    この活動に、EPO九州も協力しています。
    Green Gift地球元気プログラム
    http://www.tokiomarine-nichido.co.jp/world/greengift/internal_activity/

    普段上から見るだけの川で実際にEボートに乗ってツーリングをしながら、身近な自然の素晴らしさを体験し、環境のことも楽しみながら学びます。

    ■日時 平成30年4月29日(日)9:00〜12:00
    ■会場 緑川水上スポーツエリア(嘉島町)
    ■主催 NPO法人みずのとらベル隊
    ■共催 認定NPO法人 日本NPOセンター
    ■協力 九州環境パートナーシップオフィス(EPO九州)
    ■協賛 東京海上日動火災保険株式会社

    ■お問合せ:NPO法人みずのとらベル隊
     〒861-3908 熊本県上益城郡山都町長崎361
     TEL 0967-83-0249 FAX 0967-83-0200
     E-mail:
     http://mizutora.fukukake.com/
    __________________________
    □【開催報告】島にまなぶ持続可能な地域づくり交流フォーラム

    平成30年3月24日(土)、九州地方ESD活動支援センターでは、島しょ地域において、教育活動、環境保全活動、ツーリズム等に取組む組織・団体が、活動地域や活動分野を超えて交流し、持続可能な地域づくりに向けた活動を共有することを目的に、「島にまなぶ持続可能な地域づくり交流フォーラム」を開催しました。
    島ごとに自然環境や地域課題は異なるものの、島という限定された環境ならではの共通の課題やテーマもあり、島という視点で課題意識を共有することで、島固有の地域資源や自然環境を守りながら、活用していくための手がかりを共有する機会となりました。

    詳しくはこちらをご覧ください。
    http://kyushu.esdcenter.jp/2018/03/28/島にまなぶ持続可能な地域づくり交流フォーラム
    ______________________________
    □【登録開始】地域ESD活動推進拠点(地域ESD拠点)登録について

    地域や社会の課題解決に関する学びや活動に取り組んでいらっしゃる学校現場・社会教育の現場等の皆様へ、ESDを支援・推進する団体として、「地域ESD活動推進拠点(以下「地域 ESD拠点」)のご登録を募っております。
    九州地方ESD活動支援センターでは、ご登録いただいた団体をパートナーとして、当センターや他の地域ESD拠点と連携し、各地域・各分野で取り組まれるESDの支援やこれからESD活動を始められる主体への支援を「ESD推進ネットワーク」の中で果たしていきたいと考えています。
    ご関心をお持ちの団体様は、まずは下記へご連絡ください。

    ESD(Education for Susutainaobl Developmante)とは、持続可能な開発のための人と地域を育てる教育をさします。

    ■お問合せ 九州地方ESD活動支援センター
          TEL 096-223-7422 FAX 096-312-1894
          E-mail
    (〒860-0806 熊本市中央区花畑町4-18 熊本市国際交流会館2F EPO九州内 )


    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃九州地方環境事務所からのご案内
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    <お知らせ>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □ 風力発電事業に係る計画段階環境配慮書に対する環境大臣意見の提出について

    環境省は、「(仮称)北鹿児島(西地区・東地区)風力発電事業」及び「 (仮称)西海江島洋上風力発電事業」に係る計画段階環境配慮書に対する環境大臣意見を経済産業大臣に提出しましたので、お知らせします。

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     北鹿児島http://www.env.go.jp/press/105306.html
     西海江島http://www.env.go.jp/press/105195.html
    ______________________________
    □「風力発電に係る地方公共団体によるゾーニングマニュアル」の公表について

    環境省では、風力発電の導入を促進しうるエリア、環境保全を優先するエリア等を設定するゾーニング手法に関するマニュアルを公表しましたので、お知らせいたします。

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://www.env.go.jp/press/105276.html
    ______________________________
    □「環境省 再エネ加速化・最大化促進プログラム 2018年版」の公表について

    環境省では、再エネ導入の課題とその幅広い解決策について整理・検討して参りました。今般、検討結果を「環境省 再エネ加速化・最大化促進プログラム」として取りまとめましたので、お知らせいたします。

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://www.env.go.jp/press/105221.html

    < 公募 >━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □ 平成30年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(廃棄物焼却施設の余熱等を利用した地域低炭素化モデル事業)

    環境省では標記事業を4月20日(金)まで公募しておりますので、お知らせします。

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://www.env.go.jp/press/105239.html

    なお、平成30年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金については、以下のウェブサイトで公募情報を随時更新していますので、ぜひご確認ください。
     http://kyushu.env.go.jp/earth/SubsidyLog.html

    □「風力発電に係るゾーニング実証事業」の公募

    環境省では、環境保全と両立した形で風力発電の導入促進を図るため、ゾーニングの実効性を確保し、具体化するための仕組みについて実証等を行う地方公共団体を公募しますので、お知らせします。

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://www.env.go.jp/press/105277.html

    < 各種調査結果 >━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    環境省が実施している各種調査結果を以下のとおり公表しておりますのでお知らせします。

    ■奄美大島における油状物質の漂着に係る水質モニタリング結果
    http://www.env.go.jp/press/105217.html
    ■奄美大島における油状物質の漂着に係る大気モニタリング結果
    http://www.env.go.jp/press/105220.html
    ■奄美大島等における油状の物の漂着による沿岸生態系への影響把握調査の結果
    http://www.env.go.jp/press/105284.html
    ■SANCHI号からの流出油に関する水質モニタリング結果
    http://www.env.go.jp/press/105268.html
    ■港湾におけるヒアリ確認調査(平成30年2月)
    http://www.env.go.jp/press/105187.html
    ■フロン類算定漏えい量(平成28年度)
    http://www.env.go.jp/press/105297.html
    ■光化学大気汚染の概要−注意報等発令状況、被害届出状況−(平成29年)
    http://www.env.go.jp/press/105287.html
    ■水環境における放射性物質のモニタリング結果(平成28年度)
    http://www.env.go.jp/press/105272.html
    ■大気汚染状況(一般環境大気測定局、自動車排出ガス測定局の測定結果)(平成28年度)
    http://www.env.go.jp/press/105288.html
    ■大気汚染防止法の施行状況(平成28年度)
    http://www.env.go.jp/press/105244.html
    ■水質汚濁防止法等の施行状況(平成28年度)
    http://www.env.go.jp/press/105197.html
    ■悪臭防止法施行状況調査(平成28年度)
    http://www.env.go.jp/press/105184.html
    ■騒音規制法等施行状況調査(平成28年度)
    http://www.env.go.jp/press/105182.html
    ■振動規制法施行状況調査(平成28年度)
    http://www.env.go.jp/press/105181.html
    ■PRTRデータの概要等について−化学物質の排出量・移動量の集計結果等−(平成28年度)
    http://www.env.go.jp/press/105185.html
    ■浄化槽の設置状況等(平成28年度)
    http://www.env.go.jp/press/105299.html
    ■容器包装リサイクル法に基づく市町村の分別収集等の実績(平成28年度)
    http://www.env.go.jp/press/105234.html


    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃関連情報
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □ 海洋ユース・イノベーション・チャレンジ募集のお知らせ

    今年の秋にカナダでG7サミットの開催が予定されています。そこで海洋のセッションも予定されています。
    そのセッションにて、G7の大臣に向け、海洋課題の解決のアイディアをプレゼンテーションするユース(18−25歳)を募集しています。
    課題解決のアイディアを2分の動画にしてツイッターに投稿した上で、応募することになります。
    選ばれた1名がG7でのプレゼンテーションに招待されます。

    ■課題のカテゴリーは以下の6分野です。
    プラスチック
    海岸
    レジリエントな社会
    気候
    クリーンエネルギー
    魚類

    ■締め切り 5月15日(火)

    詳しくは下記サイトをご覧ください。英語サイトが開きます(日本語あり)。
    https://www.canada.ca/en/environment-climate-change/services/climate-change/youth-engagement/oceans-youth-innovation-challenge.html

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    【発 行】
    九州地方環境パートナーシップオフィス EPO九州
    https://epo-kyushu.jp    E-mail:

    九州地方ESD活動支援センター
    http://kyushu.esdcenter.jp  E-mail:

    〒860−0806 熊本市中央区花畑町4-18 熊本市国際交流会館2F
    TEL:096-312-1884  FAX:096-312-1894
    開所日 火〜土曜日(10:00〜19:00)
    休所日 日・月曜日、祝日、年末年始。熊本市国際交流会館休館日。



    【リンク】
    九州地方環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/

    那覇自然環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/naha/

    国立公園 http://www.env.go.jp/park/

    地球環境基金の情報館 http://www.erca.go.jp/jfge/index.html

    地球環境パートナーシッププラザ http://www.geoc.jp/

    環境らしんばん http://www.geoc.jp/rashinban/

    九十九島ビジターセンター http://www.kujukushima-visitorcenter.jp/

    雲仙お山の情報館 http://unzenvc.com/

    平成新山ネイチャーセンター http://heiseinc.com/

    雲仙諏訪の池ビジターセンター http://suwanoikevc.web.fc2.com/

    長者原ビジターセンター  http://kyushu.env.go.jp/nature/tyojyabaru/

    阿蘇草原保全活動センター 草原学習館 http://aso-sougencenter.jp/

    南阿蘇ビジターセンター http://www.minamiaso-vc.go.jp/

    えびのエコミュージアムセンター http://www.ebino-ecomuseum.go.jp/

    重富海岸自然ふれあい館 なぎさミュージアム http://www.nagisa-museum.com/

    対馬野生生物保護センター http://kyushu.env.go.jp/twcc/

    漫湖水鳥・湿地センター http://www.manko-mizudori.net/

    やんばる野生生物保護センター http://www.ufugi-yambaru.com/

    西表野生生物保護センター http://iwcc.a.la9.jp/

    ----------------------------------------------------------------
    当メルマガへの登録・退会は、
    http://epo-kyushu.jp/about/magazine.html
    もしくは、退会用URL: http://epo-kyushu.jp/xmailinglist/eponews/
    のフォームからお願いいたします。
    ----------------------------------------------------------------
    環境パートナーシップに関するご質問、当メルマガへのご意見、ご感想
    などがございましたらまでどうぞ!
    ----------------------------------------------------------------
  • EPO九州 メールマガジン 「えぽねっと九州」vol.139, Sat Apr 14

    情報発信あるある♯
    軽めの情報が思わぬ反響を呼ぶことも。
    受け手に立ったインフォメーションを。

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     九州・沖縄のタイムリーな環境情報をお届けする
                    「EPOねっと九州」vol.139

    ◇EPO九州より
    4月になり、いよいよ2018年度が始まりました。
    新天地で次なる目標へ飛躍されている方も多いのでは。
    そんな新しい環境では、体調を崩しやすいことも。
    いきなり無理をせず、明るくスタートを切っていきましょう。

    【もくじ】

    ■EPO九州・ESD活動支援センターからのお知らせ
    □【公募案内】平成30年度持続可能な開発目標(SDGs)を活用した地域の環境課題と社会課題を同時解決するための民間活動支援事業
    □【開催報告】島にまなぶ持続可能な地域づくり交流フォーラム
    □【登録開始】地域ESD活動推進拠点(地域ESD拠点)登録について

    ■ビジターセンター等からのお知らせ
    ☆Pick up!<対馬野生生物保護センター >

    <九十九島ビジターセンター>

    <雲仙諏訪の池ビジターセンター>

    <長者原ビジターセンター>

    <重富海岸自然ふれあい館なぎさミュージアム>


    ■九州地方環境事務所からのご案内
    □ アクティブ・レンジャー日記

    ■関連情報
    □「トヨタ環境活動助成プログラム」2018年度募集


    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃EPO九州・ESD活動支援センターからのお知らせ
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □【公募案内】平成30年度持続可能な開発目標(SDGs)を活用した地域の環境課題と社会課題を同時解決するための民間活動支援事業

    環境省では、地域における環境課題への取組を、SDGsを活用することにより他の社会課題の取組と統合的に進めることで、それぞれの課題との関係の深化、ステークホルダーの拡大、課題解決の加速化等を促進することを目的に「平成30年度持続可能な開発目標(SDGs)を活用した地域の環境課題と社会課題を同時解決するための民間活動支援事業」を実施します。

    公募内容等、詳細は下記EPO九州のHPをご覧ください。
    https://epo-kyushu.jp/news-list/grant-recruitment/1092-30-sdgs.html
    ___________________________

    □【開催報告】島にまなぶ持続可能な地域づくり交流フォーラム
    島しょ地域においてESD活動に取り組む多様な主体が、地域や分野を超えて交流し、取組を共有することを目的に開催しました。
    各地域ごとに自然環境や地域課題は異なるものの、島という限定された環境ならではの共通の課題がありました。
    「島」という視点で問題意識を語り、地域資源を活用していくための手がかりを共有しました。

    ■日 時 平成30年3月24日(土) 13:30〜16:30
    ■会 場 福岡県中小企業振興センター401会議室A
    ■内 容 (1)当センターからのESDについての話題提供
         (2)島しょ地域における活動紹介(1地域20分程度)
             対馬・五島列島(長崎)、甑島・奄美大島(鹿児島)、石垣島(沖縄)
         (3)意見交換ワークショップ
         (4)「地域ESD拠点」登録制度の紹介

    開催レポート詳細は、こちらをご覧ください。
    http://kyushu.esdcenter.jp/2018/03/28/simanimanabu20180324/

    ■お問合せ 九州地方ESD活動支援センター
          TEL:096-223-7422 FAX:096-312-1894
          E-mail
    (〒860-0806 熊本市中央区花畑町4-18 熊本市国際交流会館2F EPO九州内 )
    ___________________________

    □【登録開始】地域ESD活動推進拠点(地域ESD拠点)登録について
    地域や社会の課題解決に関する学びや活動に取り組んでいらっしゃる学校現場・社会教育の現場等の皆様へ、ESDを支援・推進する団体として、「地域ESD活動推進拠点(以下「地域 ESD拠点」)のご登録を募っております。
    九州地方ESD活動支援センターでは、ご登録いただいた団体をパートナーとして、当センターや他の地域ESD拠点と連携し、各地域・各分野で取り組まれるESDの支援やこれからESD活動を始められる主体への支援を「ESD推進ネットワーク」の中で果たしていきたいと考えています。
    ご関心をお持ちの団体様は、まずは下記へご連絡ください。

    ESD(Education for Sustainable Development)とは、持続可能な開発のための人と地域を育てる教育をさします。

    ■お問合せ 九州地方ESD活動支援センター
          TEL:096-223-7422 FAX:096-312-1894
          E-mail
    (〒860-0806 熊本市中央区花畑町4-18 熊本市国際交流会館2F EPO九州内 )


    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃ビジターセンター等からのお知らせ
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    Pick up!
    <対馬野生生物保護センター>━━━━━━

    対馬野生生物保護センターは、ツシマヤマネコをはじめとする野生生物の生態やその現状についての解説、野生生物保護への理解を深めていただくための普及啓発活動や希少野生生物の保護事業などを実施しています。
    飼育展示しているツシマヤマネコの「福馬」はこの四月で14歳となり、ヤマネコの年齢で考えると、もうおじいちゃんですが、まだまだ元気いっぱいです!!
    館内は職員の手作り展示やさまざまな生き物の標本もあり、生き物について楽しく学ぶことができます。

    季節のイベントやヤマネコの情報は職員日誌や当センターHPで発信中!
    http://kyushu.env.go.jp/twcc/
    是非チェックしてみて下さい。

    施設、ツシマヤマネコの写真はEPO九州のHPでもご紹介しています。
    https://epo-kyushu.jp/news-list/kyushu-news/1108-2018-04-12-07-34-50.html

    ■施設情報
    〒817-1603 長崎県対馬市上県町棹崎公園
    TEL/FAX:0920-84-5577/0920-84-5578  
    E-mail:twcc2011@yahoo.co.jp
    休館日:毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日)・年末年始


    <九十九島ビジターセンター>━━━━━━━━━━━━━━━
    □カヤックで長尾半島〜親子の絆を深めよう〜
    親子2人1組でカヤックに乗って九十九島に漕ぎ出そう!
    ビジターセンター対岸の長尾半島上陸後はお弁当を食べて、ゆっくり自然の不思議を楽しみます。
     
    ■日  時 5月12日(土)10:00〜16:00
    ■集合場所 九十九島ビジターセンター
    ■参 加 費 2,000円/人
    ■対  象 小学3年生以上の親子ペア
    ■定  員 10組20名
    ■申込締切 4月27日(金)必着
     
     
    □新緑の冷水岳を歩こう
    のんびりと春の自然を楽しみながら、広々とした冷水岳の山頂広場で遊んで春を満喫しましょう。
    ここから見る新緑の九十九島も格別です!
     
    ■日  時 5月19日(土)11:00〜13:30
    ■集合場所 冷水岳展望台駐車場(物産館前)
    ■参 加 費 300円/人
    ■対  象 小学生以上(児童は保護者も参加)
    ■定  員 20名
    ■申込締切 5月7日(月)必着


    ■お問合せ 九十九島ビジターセンター
          TEL 0956-28-7919 
          http://www.kujukushima-visitorcenter.jp/


    <雲仙諏訪の池ビジターセンター>━━━━━━━━━━━━━
    □星空観察会
     ※4月6日(金)から、毎週金〜日曜日の晴天時の開催に変わります。

    ■日 程 毎週金〜日曜日の晴天時
    4月29日(日)、5月3日(木)〜5日(土)
    ■時 間 19:30〜21:30
          ※雨天・曇天・雷の場合中止
    ■参加費  無料
    ■対 象 どなたでも
    ■予 約 不要(21:00までに受付をすませてください)

    □諏訪の池で散歩
    ビジターセンター周辺の林や諏訪の池周辺でスタッフと一緒に、いろんな自然を楽しみながらゆっくりと散歩しませんか?

    ■日 程 平成30年4月21日(土)22日(日)28日(日)〜30日(月)
         5月3日(木)〜6日(日)12日(土)20日(日)26日(土)※雨天中止
    ■時 間 10:00〜15:00の好きな時間    ※15:00までの受付
    ■コース 30分、60分の好きなコースをお選びください
    ■参加費 無料
    ■定 員 1回1グループ 2名より実施 (10名以上は、事前申し込み)
    ■申 込 スタッフ駐在中は、随時開催しています。カウンターで直接お申し込み下さい。

    ■備 考 団体が入っている場合は、お断りすることがあります。
         前もって予約していただくと、確実にお伺いすることができます。

    ■お問合せ 雲仙諏訪の池ビジターセンター
          TEL 0957-76-5010 FAX 0957-74-9051
          http://suwanoikevc.web.fc2.com/


    <長者原ビジターセンター>━━━━━━━━━━━━━━━━
    □タデ原の自然観察会
    ラムサール条約登録湿地・タデ原(たでわら)の木道やその周辺を、くじゅうの自然や歴史の話をしながらゆっくり歩きます。案内人は「九重の自然を守る会」のボランティアガイドの方々。野焼きを終えたタデ原は、草花も芽吹きはじめて、日々ようすを変えていきます。その日ならではの「春」を感じながら歩きませんか?

    ■主 催 九重の自然を守る会・長者原ビジターセンター
    ■日 時 4月15日(日)、22(日)、29日(日)、30日(月・祝)
         5月3日(木・祝)、4日(金・祝)、5日(土・祝)、6日(日)、13日(日)
         いずれも10:00〜12:00
    ■申 込 朝10:00までに長者原ビジターセンターの受付までお越しください。
         個人参加の場合、予約は不要です。
         団体参加の場合は事前にご相談ください。
    ■参加費 無料
     

    □タデ原のミニガイドウォーク
    長者原ビジターセンターの職員といっしょに、タデ原湿原の木道約800mのコースを30分ほどかけて歩きます。普段は気が付かないタデ原の見どころや、一年を通したうつりかわりなど、いろいろな話が満載です。

    ■主 催 長者原ビジターセンター
    ■日 時 毎日11:00〜/14:00〜 各30分程度
    ■申 込 当日出発時刻までに、長者原ビジターセンターの受付までお越しください。
         都合により中止にすることもありますので、参加希望の方はなるべく事前にお問い合わせください。
    ■参加費 1人100円(保険料込み)


    ■お問合せ 長者原ビジターセンター
          TEL 0973-79-2154
          http://kyushu.env.go.jp/nature/tyojyabaru/


    <重富海岸自然ふれあい館なぎさミュージアム>━━━━━━━━
    □ゴールデンウィークは干潟で遊ぼう!
    ゴールデンウィークは干潟で遊んでみませんか?
    「自分たちだけで遊ぶより、詳しい人の話を聞きながら生き物を見たい!!」
    「子供たちの『この生き物なに?』に答えてあげたい!」
    そんな方におすすめの、あなただけのツアーをお作りします。

    ■時間:1時間 料金:1人500円
    ・2名様以上でのお申し込みをお願いします。
    ・中学生以下の方は保護者の同伴が必要です。
    ※潮の干潮によってご希望にそえないこともございます。まずはお問い合わせください。
    ■お受けできる時間帯☆
    4月28日(土) 10:30〜14:30
    4月29日(日) 11:00〜15:00
    4月30日(月) 11:30〜15:30
    5月3日(木) 12:00〜16:00
    5月4日(金) 14:00〜17:00
    5月5日(土) 14:30〜17:00
    5月6日(日) 15:00〜17:00

    ■お問い合わせ くすの木自然館
            TEL/0995-67-6042
            
     

    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃九州地方環境事務所からのご案内
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □ アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]を随時更新しています!
    アクティブ・レンジャーとは、自然保護官の補佐役として、国立公園等のパトロール、調査、利用者指導、自然解説などの業務を担う環境省の職員です。
    管内には、瀬戸内海、西海、雲仙天草、阿蘇くじゅう、霧島錦江湾、屋久島、慶良間諸島、西表石垣、やんばる、奄美群島国立公園があります。
    アクティブ・レンジャー日記では、各国立公園での活動情報などを担当官が紹介しています。

    アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]トップページ
    http://kyushu.env.go.jp/blog/index.html
    ※随時更新されています。過去の記事は上記ウェブサイトにアクセスしていただき、ページ右側のカレンダー等から閲覧することができます。


    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃関連情報
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □「トヨタ環境活動助成プログラム」2018年度募集
    トヨタ自動車(株)(以下、トヨタ)は、「持続可能な発展」のための環境改善や保全に向けた活動を助成する「トヨタ環境活動助成プログラム」の2018年度助成対象の募集を開始します。
    このプログラムは、トヨタが1999年に国連環境計画から「グローバル500賞」を受賞したことを契機に、環境分野での課題解決と、次世代を担う人材育成の一助にしようとの想いから、2000年度より実施しており、今年で19年目になります。
    助成対象テーマは「生物多様性」「気候変動」とし、それぞれ実践的なプロジェクトを推進するNPO等の民間非営利団体(学校は対象外)・グループに助成を行います。
    また、この活動は「トヨタ環境チャレンジ2050」実現に向けた取り組みの一環です。

    「トヨタ環境活動助成プログラム」2018年度募集概要は、以下をご確認ください。
    https://newsroom.toyota.co.jp/jp/corporate/22005938.html

    ■問い合わせ先
    トヨタ環境活動助成プログラム事務局
    TEL 03-3817-9238(受付対応:月〜金10:00〜17:00)
    E-mail 
    URL http://www.toyota.co.jp/jpn/sustainability/environment/challenge6/ecogrant/


    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    【発 行】
    九州地方環境パートナーシップオフィス EPO九州
    https://epo-kyushu.jp    E-mail:

    九州地方ESD活動支援センター
    http://kyushu.esdcenter.jp  E-mail:

    EPO・ESDセンターのフェイスブックを更新中!
    https://www.facebook.com/EPOkyushu

    〒860−0806 熊本市中央区花畑町4-18 熊本市国際交流会館2F
    TEL:096-312-1884  FAX:096-312-1894
    開所日 火〜土曜日(10:00〜19:00)
    休所日 日・月曜日、祝日、年末年始。熊本市国際交流会館休館日。



    【リンク】
    九州地方環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/

    那覇自然環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/naha/

    国立公園 http://www.env.go.jp/park/

    地球環境基金の情報館 http://www.erca.go.jp/jfge/index.html

    地球環境パートナーシッププラザ http://www.geoc.jp/

    環境らしんばん http://www.geoc.jp/rashinban/

    九十九島ビジターセンター http://www.kujukushima-visitorcenter.jp/

    雲仙お山の情報館 http://unzenvc.com/

    平成新山ネイチャーセンター http://heiseinc.com/

    雲仙諏訪の池ビジターセンター http://suwanoikevc.web.fc2.com/

    長者原ビジターセンター  http://kyushu.env.go.jp/nature/tyojyabaru/

    阿蘇草原保全活動センター 草原学習館 http://aso-sougencenter.jp/

    南阿蘇ビジターセンター http://www.minamiaso-vc.go.jp/

    えびのエコミュージアムセンター http://www.ebino-ecomuseum.go.jp/

    重富海岸自然ふれあい館 なぎさミュージアム http://www.nagisa-museum.com/

    対馬野生生物保護センター http://kyushu.env.go.jp/twcc/

    漫湖水鳥・湿地センター http://www.manko-mizudori.net/

    やんばる野生生物保護センター http://www.ufugi-yambaru.com/

    西表野生生物保護センター http://iwcc.a.la9.jp/

    さんごゆんたく館 https://www.facebook.com/sangoyuntakuvc/

    ----------------------------------------------------------------
    当メルマガへの登録・退会は、
    http://epo-kyushu.jp/about/magazine.html
    もしくは、退会用URL: http://epo-kyushu.jp/xmailinglist/eponews/
    のフォームからお願いいたします。
    ----------------------------------------------------------------
    環境パートナーシップに関するご質問、当メルマガへのご意見、ご感想
    などがございましたらまでどうぞ!
    ----------------------------------------------------------------
  • EPO九州 メールマガジン 「えぽねっと九州」vol.148 Fri, 31 Aug

    環境団体あるある♯
    フィールドは楽しさと共に危険もいっぱい。
    危険な生物に関する知識と対処法を準備しよう。


    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     九州・沖縄のタイムリーな環境情報をお届けする
                    「EPOねっと九州」vol.148

    ◇EPO九州より
    毎年9月1日~30日の1ヵ月間は、「オゾン層保護対策推進月間」です。オゾン層は太陽光からの有害な紫外線を吸収し私たち地上の生物を守っていますが、フロン類はこのオゾン層を破壊し、しかも地球温暖化を促進してしまう化学物質。
    フロン類を大気中に放出しないよう、ノンフロン製品(フロン類を用いない製品)を選択するなど、私たちにできることを心がけてみましょう。
    http://www.env.go.jp/earth/ozone/month/index.html


    【もくじ】

    ■EPO九州・ESD活動支援センターからのお知らせ
    □【開催レポート】平成30年度 地域ESD学びあいフォーラム

    ■地域ESD活動推進拠点
    □【参加者募集】親子の自然体験学習会「荒尾干潟の野鳥観察会」

    ■九州・沖縄地域の環境政策情報

    ■関連情報


    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃EPO九州・ESD活動支援センターからのお知らせ
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □【開催レポート】平成30年度 地域ESD学びあいフォーラム
    本年度も、九州地方ESD活動支援センターは、福岡県大牟田市に於いて「地域ESD学びあいフォーラム」を開催しました。
    持続可能な地域づくりに向け、ESDに積極的に取り組む九州の高校生が、その課題意識や解決への実践について活動紹介を行いました。
    大牟田市教育委員会によるESD全国実践交流会の分科会として行われたことから、多数の教育関係者にも聴講いただき、ESDについての学びが深まったフォーラムとなりました。
    生徒の皆さんの思いや、助言を頂いたアドバイザーの声をまとめたレポートをお届けします

    http://kyushu.esdcenter.jp/2018/08/31/manabiai_forum_report_2018/



    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃地域ESD活動推進拠点
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    拠点登録を頂いております公益財団法人 再春館一本の木財団による学習会が開催されます。

    □【参加者募集】親子の自然体験学習会「荒尾干潟の野鳥観察会」
    荒尾干潟の学習や野鳥ビンゴを楽しみながらの野鳥観察を行います。
    集合は再春館製薬所駐車場に集合し、大型バスで現地まで移動します。

    ■日程:平成30年12月8日
    ■時間:10:00~15:00
    ■対象:小学生と保護者
    ■募集人数:60人
    ■参加費等:無料
    ■その他:昼食(財団準備) 傷害保険加入
    ■申込方法:財団ホームページをご覧ください。(お申込みは先着順)
    https://ipponnoki.jp/kids-club/#study-group

    詳細は下記から
    http://kyushu.esdcenter.jp/2018/08/24/arao_yacho_kansatsu/

    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃九州・沖縄地域の環境政策情報
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    新たな情報発信としまして、九州・沖縄各県の環境政策情報一覧を
    EPO九州のHPに掲載しています。
    県別に、ニュース、公募、イベントなど様々な情報が発信されています。
    ぜひご覧ください。

     ★ご注意
    詳細はリンク先を必ずご確認ください。
    公開が終了している場合があります。
    表示順、日程は前後する場合があります。
    各県の情報はEPO九州で選択したものを公開しています。

    ・九州・沖縄各県の環境政策情報(8月上旬)
    https://epo-kyushu.jp/news-list/kyushu-news/1189-8-2.html

    ・九州・沖縄各県の環境政策情報(8月下旬)
    https://epo-kyushu.jp/news-list/kyushu-news/1196-8-3.html


    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃関連情報
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □ESD環境学習プログラム研修会(in岡山県)
     「既存の公共施設を、見学施設からESDの視点を取り入れた環境学習の拠点施設へ変身させるノウハウを学ぶ!」
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    持続可能な社会づくりに向けた人材育成を推進することを目的として、子どもの関心や気づき、行動を促す環境学習プログラムの実践につなげる研修会を開催します。
    ESD(Education for Sustainable Development:持続可能な開発のための教育)の視点からデザインした施設展示や指導方法のポイント、学校との連携など、地域ESD拠点施設の津山クリーンセンター・リサイクルプラザでそのノウハウを学びます。

    ■開催日時 2018年10月18日(木)13:30-16:30
    ■開催場所 津山圏域クリーンセンター・リサイクルプラザ
    (岡山県津山市領家1446番地)
    ■主催 中国地方ESD 活動支援センター
    ■定 員 40名(先着順)
    ■参加費 無料
    ■申込・問い合わせ先
    中国地方ESD活動支援センター(担当:松田、松原)
    FAX:082-511-0723   Email:
    TEL:082-555-2278

    詳細はこちら
    http://kyushu.esdcenter.jp/2018/08/23/okayama_esd_kensyu/




    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    【発 行】
    九州地方環境パートナーシップオフィス EPO九州
    https://epo-kyushu.jp    E-mail:

    九州地方ESD活動支援センター
    http://kyushu.esdcenter.jpp  E-mail:

    EPO・ESDセンターのフェイスブックを更新中!
    https://www.facebook.com/EPOkyushu

    〒860-0806 熊本市中央区花畑町4-18 熊本市国際交流会館2F
    TEL:096-312-1884  FAX:096-312-1894
    開所日 火~土曜日(10:00~19:00)
    休所日 日・月曜日、祝日、年末年始。熊本市国際交流会館休館日。



    【リンク】
    九州地方環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/

    那覇自然環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/naha/

    国立公園 http://www.env.go.jp/park/

    地球環境基金の情報館 http://www.erca.go.jp/jfge/index.html

    地球環境パートナーシッププラザ http://www.geoc.jp/

    環境らしんばん http://www.geoc.jp/rashinban/

    九十九島ビジターセンター http://www.kujukushima-visitorcenter.jp/

    雲仙お山の情報館 http://unzenvc.com/

    平成新山ネイチャーセンター http://heiseinc.com/

    雲仙諏訪の池ビジターセンター http://suwanoikevc.web.fc2.com/

    長者原ビジターセンター  http://kyushu.env.go.jp/nature/tyojyabaru/

    阿蘇草原保全活動センター 草原学習館 http://aso-sougencenter.jp/

    南阿蘇ビジターセンター http://www.minamiaso-vc.go.jp/

    えびのエコミュージアムセンター http://www.ebino-ecomuseum.go.jp/

    重富海岸自然ふれあい館 なぎさミュージアム http://www.nagisa-museum.com/

    対馬野生生物保護センター http://kyushu.env.go.jp/twcc/

    漫湖水鳥・湿地センター http://www.manko-mizudori.net/

    やんばる野生生物保護センター http://www.ufugi-yambaru.com/

    西表野生生物保護センター http://iwcc.a.la9.jp/

    さんごゆんたく館 https://www.facebook.com/sangoyuntakuvc/

    ----------------------------------------------------------------
    当メルマガへの登録・退会は、
    http://epo-kyushu.jp/about/magazine.html
    もしくは、退会用URL: http://epo-kyushu.jp/xmailinglist/eponews/
    のフォームからお願いいたします。
    ----------------------------------------------------------------
    環境パートナーシップに関するご質問、当メルマガへのご意見、ご感想
    などがございましたらまでどうぞ!
    ----------------------------------------------------------------

  • EPO九州 メールマガジン 「えぽねっと九州」vol.149 Sat, 15 Sep

    中間支援あるある♯
    異分野の相互理解のためにはまず言葉選びから。
    そのフレーズ、正しく相手に伝わりますか?

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     九州・沖縄のタイムリーな環境情報をお届けする
                    「EPOねっと九州」vol.149

    ◇EPO九州より

    今月も九州各地課から環境政策、体験活動に関する情報がたくさん寄せられました。
    まずは参加してみて、身近な自然を体験、または環境について思いを馳せる時間を作ってみましょう。



    【もくじ】

    ■地域ESD活動推進拠点の情報

     □【10/7開催】第19回日中韓環境教育ネットワーク(TEEN)シンポジウム

     □第32回肥後の水とみどりの愛護賞 表彰式・講演会のご案内



    ■ビジターセンター等からのお知らせ

     <九十九島ビジターセンター>

     <雲仙諏訪の池ビジターセンター>

     <対馬野生生物保護センター>

     <長者原ビジターセンター>

     <南阿蘇ビジターセンター>


    ■九州地方環境事務所からのご案内

     □イベント「県民環境フェア2018inなは」開催について

     □「リサイクルプラント見学ツアー」開催について

     □イベント「環境白書及び環境基本計画を読む会」開催について

     □ アクティブ・レンジャー日記




    ■関連情報

     □【9/29開催】平成30年度水俣環境アカデミアシンポジウム~水俣から発信する持続可能な地域社会づくり~

     □「2018年全労済地域貢献助成事業」のご案内

     □【参加募集】10月8日(祝) UNDB-J第8回生物多様性全国ミーティング&生物多様性自治体ネットワークフォーラムin鹿児島





    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃地域ESD活動推進拠点の情報
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    □【10/7開催】第19回日中韓環境教育ネットワーク(TEEN)シンポジウム
    「誰一人取り残さない」地域や社会を実現するためには、多様な主体がお互いに手を取り合うことが必要不可欠です。
    北九州市には、公害を克服してきた歴史があり、市民参加による持続可能な地域づくりを目指してきた経験があります。
    本シンポジウムでは、SDGs を軸に日本・中国・韓国の事例から、多様な主体による持続可能な地域づくりと日中韓の連携について考えます。

    ■日時 10月7日(日) 13:30から17:00(13:00受付開始)
    ■場所 北九州国際会議場メインホール(小倉北区浅野3-9-30)
    ■内容
    ・テーマ 多様な主体による持続可能な地域づくり ~SDGsの達成に向けて~
    ・登壇者
    (発  表) 日中韓学識者等による報告
    (基調講演) 国谷 裕子 氏(元クローズアップ現代キャスター)
    (歓迎挨拶) 北橋市長(国谷氏登壇の前)
    ■参加費 無料
    ■主催:環境省、TEEN
    ■共催:北九州市、北九州ESD協議会(地域ESD拠点)

    ◆詳しい内容や応募方法などは以下をご参照ください。
    http://kyushu.esdcenter.jp/2018/09/14/19_teen_symposium/


    □第32回肥後の水とみどりの愛護賞 表彰式・講演会のご案内
    くまもとの水と緑の保全活動を実施されている団体・個人に贈る「肥後の水とみどりの愛護賞」は32回目を迎えました。
    本年も愛護賞表彰式・講演会を開催いたしますので、お誘い合わせの上ご来場ください。

    ■開催日 平成30年10月17日(水) 13:30から15:30
    ■会 場 肥後銀行本店ビル2階大会議室(熊本市中央区練兵町1番地)
    ■参加費 無料
    ■講演会
    演題:『SDGsで読み解く熊本の持続可能な水とみどり』
    講師:蟹江 憲史氏 慶応義塾大学大学院 政策・メディア研究所 教授

    公益財団法人 肥後の水とみどりの愛護基金(地域ESD拠点)
    TEL 096-351-3882  FAX096-351-3885
    http://www.mizutomidori.jp/

    ◆詳しい内容や応募方法などは以下をご参照ください。
    http://kyushu.esdcenter.jp/2018/09/14/32_higo_aigosyo/




    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃ビジターセンター等からのお知らせ
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


    <九十九島ビジターセンター>━━━━━━━━━━━━━
    □安満岳・鯛ノ鼻ガイドウォーク
    安満岳は潜伏キリシタン関連遺産として2018年6月末に世界文化遺産に登録されました。信仰によって守られた聖地を歩き、山頂から見える生月や五島の景色を楽しみましょう。
    ■日  程 10月20日(土)
    ■時  間 9:45~14:30
    ■集合場所 安満岳登山口駐車場
    ■参 加 費 300円/人
    ■対  象 小学3年生以上(3年生は保護者も参加)
    ■定  員 20名程度
    ■申込締切 10月1日(月)必着


    □うみかぜガイドウォーク
    九十九島パールシーリゾート内にあるうみかぜ広場を自然観察しながら歩きます。
    ■日  程 随時(要相談)
    ■時  間 1時間程度(要相談)
    ■集合場所 九十九島ビジターセンター
    ■参 加 費 無料
    ■対  象 4歳以上(小学3年生以下は保護者も参加)
    ■定  員 20名程度


    □長尾半島ガイドウォーク
    九十九島ビジターセンターから歩いて15分の長尾半島を自然散策しながら歩きます。
    ■日  程 随時(要相談)
    ■時  間 2時間程度(要相談)
    ■集合場所 九十九島ビジターセンター
    ■参 加 費 無料
    ■対  象 小学生以上(小学3年生以下は保護者も参加)
    ■定  員 20名程度


    【申込・問合せ先】
    西海国立公園 九十九島ビジターセンター
    ? 0956-28-7919 FAX 0956-28-7351
    http://www.kujukushima-visitorcenter.jp
    https://epo-kyushu.jp/news-list/kyushu-news/1199-2018-09-14-01-58-05.html



    <雲仙諏訪の池ビジターセンター>━━━━━━━━
    □名月観察会(中秋の名月・後の名月)
    ■日 程 
     9月24日(月)中秋の名月 
     10月21日(日)後の名月
    ■時 間 20:00~21:30
    ■参加費 無料
    ■申込方法 当日の21:00までにセンターへお越しください
    ■準備物 特になし
    ■備 考 
    雨天・曇天・雷の場合は中止、当日の開催状況はブログにてお知らせします。


    □十人十色あなた色~秋色に染めよう~
    ■日 程 9月30日(日)
    ■時 間 13:30~15:30
    ■参加費 2,000円(材料費込み)
    ■申込方法 9月18日(日)までにお電話にて申し込みください
    ■準備物 エプロン、手袋、汚れてもいい格好
    ■備 考 
     要予約
     染めるもの:ブラウス、のれん、オーガニックコットンマフラーから一つお選びください。


    □星空観察会
    ■日 程 毎週金~日曜日の晴天時
    ■時 間 19:30~21:00
    ■参加費 無料
    ■申込方法 当日の20:30までにセンターに直接お越しください。
    ■準備物 特になし
    ■備 考 
     雨天・曇天・雷の場合は中止 当日の開催状況はブログにてお知らせします。


    □諏訪の池で散歩
    ■日 程
     平成30年9月17日(月)22日(土)23日(日)29日(土) 
     10月7日(日)8日(月)20日(土)27日(土)28日(日)
     ※雨天中止
    ■時 間 
     10:00から15:00の好きな時間(15:00までの受付) 
     コース・・・30分60分の好きなコースをお選びください
    ■参加費 無料
    ■申し込み方法  
     スタッフ駐在中は、随時開催しています。カウンターで直接お申し込み下さい。
    ■備 考
     定 員 1回1グループ 2名より実施(10名以上は、事前申し込み)
     団体が入っている場合は、お断りすることがあります。


    □島原半島よかとこ歩き隊 
    ■日 程 10月14日(日)
    ■時 間 9:30~13:30
    ■参加費 1200円(昼食代込み)
    ■申込方法 
     10月7日(日)までにお電話にて申し込みください
    ■準備物 長袖、長ズボン、運動靴、水筒、帽子、タオル
    ■備 考 少雨決行


    【申込・問合せ先】
    施設名 雲仙諏訪の池ビジターセンター
    ?:0957-76-5010
    URL:http://suwanoikevc.web.fc2/com/
    https://epo-kyushu.jp/news-list/kyushu-news/1200-2018-09-14-02-31-38.html




    <対馬野生生物保護センター>━━━━━━━━
    10月8日は「ツシマヤマネコの日」。長崎県対馬では、お祭りが開催されます!

    □とらやま祭り
    ■日 程 10月8日(月・祝)
    ■時 間 10:00から15:30 
    ■参加費 無料
    ■申込方法 下記のお問い合わせ先にお電話ください。
    ■備 考 
    場所は上県町佐護の旧佐護小中学校体育館で行います。


    【申込・問合せ先】
    施設名  対馬野生生物保護センター
    TEL・FAX 0920-84-5577
    URL  http://kyushu.env.go.jp/twcc/
    https://epo-kyushu.jp/news-list/kyushu-news/1201-10-3.html


    <長者原ビジターセンター>━━━━━━━━
    □タデ原の自然観察会
    ■日 程
     9月16日(日)、17日(月・祝)、23日(日)、24日(月・祝)、30日(日)、
     10月7日(日)、8日(月・祝)、14日(日)
    ■時 間  いずれの日程も、午前10時~12時
    ■参加費 無料
    ■申込方法 
     当日午前10時までに長者原ビジターセンターの受付カウンターでお申し込みください。
     個人(ファミリー等の少人数)の場合は、事前予約は不要ですが、団体の場合は事前にご相談ください。
    ■準備物 歩きやすい服装と履き物
    ■備 考 
     ラムサール条約登録湿地・タデ原(たでわら)の木道やその周辺を、くじゅうの自然や歴史の話をしながらゆっくり歩きます。
     案内人は「九重の自然を守る会」のボランティアガイドのみなさんです。


    □タデ原のミニガイドウォーク
    ■日 程 毎日2回 
    ■時 間 午前11時/午後2時  各30分程度
    ■参加費 一人100円(保険料、資料代込み)
    ■申込方法 
     当日出発時刻までに、長者原ビジターセンターの受付までお越しください。
     都合により中止にすることもありますので、参加希望の方はなるべく事前にお問い合わせください。
    ■準備物 歩きやすい服装と履き物
    ■備 考 
     長者原ビジターセンターの職員といっしょに、タデ原湿原の木道約800mのコースを30分ほどかけて歩きます。 普段は気が付かないタデ原の見どころや、一年を通したうつりかわりなど、いろいろな話が満載です。


    【申込・問合せ先】
    長者原ビジターセンター
    TEL・FAX : 0973-79-2154
    http://kyushu.env.go.jp/nature/tyojyabaru/
    https://epo-kyushu.jp/news-list/kyushu-news/1198-10-2.html




    <南阿蘇ビジターセンター>━━━━━━━━
    □タデ原の自然観察会
    デッキにパラソルとゆったりイスがつきました。
    野草園散策後にお弁当を開くもよし、ゆったりと座って山の景色を眺めるもよし。どうぞご利用下さい。
    https://epo-kyushu.jp/news-list/kyushu-news/1204-2018-09-15-04-21-57.html
    ・ふれあいプログラムは続行中です。
    ・野草園散策
    ・高森殿の杉
    ・らくだ山上色見熊野座神社
    いずれかご予約いただければご案内致します。

    【申込・問合せ先】
    南阿蘇ビジターセンター
    TEL/FAX : 0967-62-0911
    E-MAIL :
    URL : http://www.minamiaso-vc.go.jp/




    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃九州地方環境事務所からのご案内
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    □イベント「県民環境フェア2018inなは」開催について
    「自然と都市が調和した環境に優しいまちづくり」をテーマに環境保全及びクール
    チョイスに取り組む契機として、イベントを開催

    ■開催日時:平成30年10月6日(土)10:00~17:00
    ■開催場所:県立武道館アリーナ棟(那覇市奥武山町52番地)
    ■主  催:沖縄県


    □「リサイクルプラント見学ツアー」開催について
    ごみ減量・再資源化など3R推進に関する理解を深め、ごみゼロ社会の実現や循環型
    社会の形成に向けた取組をさらに推進することを目的に開催

    ■開催日時:平成30年10月10日(水)13:00~16:00
    ■開催場所:拓琉金属株式会社(豊崎工場、浦添本社工場)
    ■主  催:沖縄総合事務局環境資源課、那覇自然環境事務所環境対策課、沖縄県
    ■定  員:30名程度
    ■申 込 先:沖縄総合事務局経済産業部サイト
           http://www.ogb.go.jp/keisan/3353/180903_01


    □イベント「環境白書及び環境基本計画を読む会」開催について
    環境省では、白書の内容を広く国民の皆様に知っていただくため、そのテーマ
    やねらいなどを環境省職員が直接解説する「白書を読む会」を毎年開催しており、
    今年度は、第五次環境基本計画についても解説をします。


    ■開催日時:平成30年9月26日(水)18:30~20:00 (入場無料)
    ■開催場所:大分県日田市 市民文化会館パトリアギャラリー
            (大分県日田市三本松1丁目8?11)
    ■申し込み:事前申し込みは必要ありません。 
    ■主  催:九州地方環境事務所、日田市
    ■問い合せ先:九州地方環境事務所 環境対策課(担当:森、惠島)
    ■電話 :096-322-2411
    ■詳細:http://kyushu.env.go.jp/to_2018/30_6.html





    □ アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]を随時更新しています!
    アクティブ・レンジャーとは、自然保護官の補佐役として、国立公園等のパトロール、調査、利用者指導、自然解説などの業務を担う環境省の職員です。
    管内には、瀬戸内海、西海、雲仙天草、阿蘇くじゅう、霧島錦江湾、屋久島、慶良間諸島、西表石垣、やんばる、奄美群島国立公園があります。
    アクティブ・レンジャー日記では、各国立公園での活動情報などを担当官が紹介しています。

    アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]トップページ
    http://kyushu.env.go.jp/blog/index.html
    ※随時更新されています。過去の記事は上記ウェブサイトにアクセスしていただき、ページ右側のカレンダー等から閲覧することができます。


    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃関連情報
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    □【9/29開催】平成30年度水俣環境アカデミアシンポジウム~水俣から発信する持続可能な地域社会づくり~
    このシンポジウムは、水俣市が持続可能な地域社会の形成に向けてどのような取組みを行っていけばよいかをテーマに開催します。
    お誘いあわせの上、ぜひご参加ください。

     ■日  程:平成平成30年9月29日(土)13:30~15:00
     ■会  場:水俣環境アカデミア(旧水俣高校跡)
     ■参 加 費:無料 ※要事前予約
     ■プログラム
     【基調講演】
      テーマ「自治体が取り組むSDGs」
      福岡大学名誉教授 浅野 直人氏

     【パネルディスカッション】
      テーマ「水俣から発信する持続可能な地域社会づくり」
      ●コーディネーター
      熊本県環境センター館長(熊本県立大学名誉教授) 篠原 亮太氏
      ●パネリスト
      環境省環境保健部水銀対策推進室室長補佐 斉藤 貢氏
      鹿児島県長島町地方創生統括監補佐(熊本県立大学名誉教授) 明石 照久氏
      摂津工業株式会社代表取締役社長 摂津 隆祐氏
      天の製茶園 天野 浩氏
      ●コメンテーター
      福岡大学名誉教授 浅野 直人氏

    ◆詳しい内容や申込方法は以下をご参照ください。
    https://minamata-web.jp/academia/Diary/Pub/Shosai.aspx?AUNo=1531&KjNo=24
    https://epo-kyushu.jp/news-list/kyushu-news/1197-9-29-30.html



    □「2018年全労済地域貢献助成事業」のご案内
    全労済は、社会貢献活動の一環として、1992年より環境問題などに取り組む団体を対象に助成事業を行っています。
    本年も、防災・減災活動、環境活動および子育て・子育ち支援活動に携わる市民団体等を対象に、下記要領にて「全労済地域貢献助成事業」を実施します。
    皆さまからの多数の応募をお待ちしております。

     ■助 成 総  額:2,000万円(上限)予定
     ■助成対象期間:2019年1月1日~2019年12月31日に実施・完了する活動が対象
     ■応 募 方  法
      所定の申請書に記入のうえ、必要書類を下記応募書類提出先へ各2部を送付してください。
      可能な限り、データをメールでもご送付いただきますようお願いいたします。
      FAX、持参による提出は受付しておりません。
      ※詳しい応募要項、申請書は下記URLからダウンロードください。
      https://www.zenrosai.coop/zenrosai/topics/2018/23377.html
     ■応 募 期  間:2018年9月21日(金)~ 10月5日(金)必着
     ■応募書類提出先
      〒151-8571 東京都渋谷区代々木2-12-10
      全労済 本部 経営企画部内 地域貢献助成事業事務局宛

    ◆詳しい内容や申込方法は以下をご参照ください。
    https://www.zenrosai.coop/zenrosai/topics/2018/23377.html
    https://epo-kyushu.jp/news-list/grant-recruitment/1202-2018-3.html




    □【参加募集】10月8日(祝) UNDB-J第8回生物多様性全国ミーティング&生物多様性自治体ネットワークフォーラムin鹿児島
    環境省は、「国連生物多様性の10 年日本委員会(UNDB-J)」と鹿児島市とともに、10月8日(月?祝)に鹿児島市中央公民館(鹿児島県鹿児島市)において、「国連生物多様性の10年日本委員会(UNDB-J)第8回生物多様性全国ミーティング&生物多様性自治体ネットワークフォーラム」を開催します。
    地球いきもの応援団である高木美保氏による講演のほか、明治維新から150年を数える今年は、「歴史・文化を支える生物多様性」をテーマとしたパネルディスカッション等を実施します。

     ■開催日時     平成30年10月8日(月?祝)13:00から17:00(開場12:00)
     ■会  場     鹿児島市中央公民館(鹿児島県鹿児島市山下町5-9)
     ■主 催  等   
      主催:国連生物多様性の10年日本委員会(UNDB-J)、環境省、鹿児島市
      共催:生物多様性自治体ネットワーク
     ■定 員     400名程度
     ■費 用     無料


    ◆詳しい内容や申込方法は以下をご参照ください。
    http://undb.jp/event/4675/
    https://epo-kyushu.jp/news-list/related-news/1203-10-8-undb-j-in.html






    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    【発 行】
    九州地方環境パートナーシップオフィス EPO九州
    https://epo-kyushu.jp   E-mail:

    九州地方ESD活動支援センター
    http://kyushu.esdcenter.jp E-mail:

    EPO・ESDセンターのフェイスブックを更新中!
    https://www.facebook.com/EPOkyushu

    〒860-0806 熊本市中央区花畑町4-18 熊本市国際交流会館2F
    TEL:096-312-1884  FAX:096-312-1894
    開所日 火~土曜日(10:00~19:00)
    休所日 日・月曜日、祝日、年末年始。熊本市国際交流会館休館日。



    【リンク】
    九州地方環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/

    那覇自然環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/naha/

    国立公園 http://www.env.go.jp/park/

    地球環境基金の情報館 http://www.erca.go.jp/jfge/index.html

    地球環境パートナーシッププラザ http://www.geoc.jp/

    環境らしんばん http://www.geoc.jp/rashinban/

    九十九島ビジターセンター http://www.kujukushima-visitorcenter.jp/

    雲仙お山の情報館 http://unzenvc.com/

    平成新山ネイチャーセンター http://heiseinc.com/

    雲仙諏訪の池ビジターセンター http://suwanoikevc.web.fc2.com/

    長者原ビジターセンター  http://kyushu.env.go.jp/nature/tyojyabaru/

    阿蘇草原保全活動センター 草原学習館 http://aso-sougencenter.jp/

    南阿蘇ビジターセンター http://www.minamiaso-vc.go.jp/

    えびのエコミュージアムセンター http://www.ebino-ecomuseum.go.jp/

    重富海岸自然ふれあい館 なぎさミュージアム http://www.nagisa-museum.com/

    対馬野生生物保護センター http://kyushu.env.go.jp/twcc/

    漫湖水鳥・湿地センター http://www.manko-mizudori.net/

    やんばる野生生物保護センター http://www.ufugi-yambaru.com/

    西表野生生物保護センター http://iwcc.a.la9.jp/

    さんごゆんたく館 https://www.facebook.com/sangoyuntakuvc/

    ----------------------------------------------------------------
    当メルマガへの登録・退会は、
    http://epo-kyushu.jp/about/magazine.html
    もしくは、退会用URL: http://epo-kyushu.jp/xmailinglist/eponews/
    のフォームからお願いいたします。
    ----------------------------------------------------------------
    環境パートナーシップに関するご質問、当メルマガへのご意見、ご感想
    などがございましたらまでどうぞ!
    ----------------------------------------------------------------

  • EPO九州 メールマガジン 「えぽねっと九州」vol.150 Fri, 28 Sep 2018

    環境団体あるある♯
    ニーズが高い「食」からの体験活動アプローチ。
    まずは安全性を確保して実践しよう。



    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     九州・沖縄のタイムリーな環境情報をお届けする
                    「EPOねっと九州」vol.150

    ◇EPO九州より
    10月は、リデュース・リユース・リサイクル推進月間(略称:3R推進月間)です。最近では、買い物をする時にマイバッグ持参する人もずいぶん増えてきました。普段から必要な分だけを購入する、地域で生産された商品を買うなど、環境にやさしい買い物を心がけることも大切です。
    “3R”(廃棄物等の発生抑制(Reduce)、再使用(Reuse)、再生利用(Recycle))を実践し、循環型社会の形成に向けた取組を推進していきましょう。
    https://www.env.go.jp/recycle/circul/3r_gekkan/


    【もくじ】

    ■EPO九州・ESD活動支援センターからのお知らせ

    □【10/11開催】エコテクノ2018「SDGsセミナー」参加者募集

    □【募集】第4回全国ユース環境活動発表大会

    □【参加募集】平成31年度 地球環境基金 助成金説明会 〈佐賀会場〉

    □【募集中】地域ESD活動推進拠点(地域ESD拠点)登録について


    ■地域ESD活動推進拠点

    □【10/7開催】第19回日中韓環境教育ネットワーク(TEEN)シンポジウム

    □第32回肥後の水とみどりの愛護賞 表彰式・講演会のご案内


    ■九州・沖縄地域の環境政策情報


    ■関連情報

    □【募集】「日本自然保護大賞2019」活動募集!

    □【募集】「第14回エコツーリズム大賞」




    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃EPO九州・ESD活動支援センターからのお知らせ
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


    □【10/11開催】エコテクノ2018「SDGsセミナー」参加者募集
    2018年10月10日(水)から12日(金)まで、北九州市で開催される『エコテクノ2018~地球環境ソリューション展/エネルギー先端技術展~』。九州地域の特徴ある環境・エネルギー関連企業や先進的製品・技術を一堂に紹介するほか、SDGs達成への取り組みに関する情報発信やさまざまな専門技術のセミナー、イベントなどが実施されます。

    10月11日(木)には、「SDGsセミナー 」が開催。
    九州のSDGs未来都市である福岡県北九州市、長崎県壱岐市、熊本県小国町の取組が発表されるほか、EPO九州が環境省 SDGs活用ガイドの紹介をする予定です。
    この3自治体はいずれも、特に先導的な取組をしている「自治体SDGsモデル事業」としても選定されています。

    九州におけるSDGsの達成に向けた取り組みについて一度に聴講できる機会、ぜひお誘いあわせの上ご参加ください。

    ■日 時:平成30年10月11日(木) 10:30から12:20
    ■会 場:エコテクノ2018会場内 セミナー会場B
         (西日本総合展示場 新館 北九州市小倉北区浅野3-8-1)
    ■対 象:環境技術企業、各種団体、大学機関等
    ■プログラム:
     10:30 開会 九州地方環境事務所
     10:35 環境省SDGs活用ガイドの紹介 EPO九州
     10:45 SDGs未来都市(自治体)の取組みについて
     10:50 北九州市の取組:北九州市企画調整局政策調整課長 酒井 俊哉 氏
     11:10 小国町の取組:小国町政策課 審議員 白浜 真治 氏
     11:30 壱岐市の取組:壱岐市企画振興部政策企画課 主幹 小川 和伸 氏
     11:50 意見交換
     12:20 閉会
    ■セミナー申込:
     下記URLから、「SDGsセミナー」内の「このセミナーを申し込む」をクリックください。
     http://www.eco-t.net/seminar.html?aLink=semi02
    ■実施主体:
     主催 環境省九州地方環境事務所
     共催 公益財団法人北九州観光コンベンション協会
     協力 九州地方環境パートナーシップオフィス

    ◆詳しい内容は以下をご参照ください。
    https://epo-kyushu.jp/epo-topix/news-of-epo-kyushu/1212-10-11-2018-sdgs.html

    ___________________________________________________________


    □【募集】第4回全国ユース環境活動発表大会
    環境省では、環境活動を行っている全国の高校生を対象とする「全国ユース環境活動発表大会」について、募集を開始しましたので、お知らせします。
    全国8地区で実施する地方大会では、優れた活動発表を行った団体に対して地方環境事務所長賞等を授与。また、受賞者の中から特に優れた活動については全国大会へ出場。優良な取組を行っている高校に対しては、環境大臣賞等の授与を行います。

    ■日程等:
     〈地方大会〉
      日時:2018年11月11日(日)、11月18日(日)、12月9日(日)、12月16日(日)の4日間
      場所:各地方大会会場(北海道、東北、関東、中部、近畿、中国、四国、九州・沖縄の8ブロック)
      内容:高校生等による活動発表、ワークショップ、表彰式

     〈全国大会〉
      日時:2019年2月9日(土)から10日(日)
      場所:国連大学 ウ・タント国際会議場
      内容:(1日目) 全国ユース環境フォーラム
         (2日目)高校生等による活動発表、表彰式
    ■募集対象:
      高校生等の環境活動
     (1)地球温暖化対策、低炭素、生物多様性の保全、自然共生、資源循環など「環境」に関わる活動であって「持続可能な開発目標(SDGs)」の目標達成にも資する活動のことを指します。
     (2)授業での課題研究なども応募可とします。
     (3)過去の受賞歴・未発表・既発表は問いません。
       ※ただし、今年度または前年度に、いずれかのコンクールにおいて「環境大臣賞」を受賞した同一の活動は不可とします。
    ■応募締切:
       2018年10月29日(月)18時
    ■実施主体:
     主催 全国ユース環境活動発表大会実行委員会 
     (環境省/独立行政法人環境再生保全機構/国連大学サステイナビ リティ高等研究所)
     後援 読売新聞東京本社
     協力 地方環境パートナーシップオフィス(EPO)、地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)、ESD活動支援センター
     協賛 キリン株式会社、協栄産業株式会社、SGホールディングス株式会社、三井住友海上火災保険株式会社
    ■問合せ先:
     連絡先
        環境省大臣官房環境経済課民間活動支援室
        室長   佐藤 隆史
        室長補佐 長谷川 学
        直通 03-3406-5181

    ◆詳しい内容や応募方法については以下をご参照ください。
    https://kyushu.esdcenter.jp/2018/09/20/youth/

    ___________________________________________________________


    □【参加募集】平成31年度 地球環境基金 助成金説明会 〈佐賀会場〉
    独立行政法人環境再生保全機構 地球環境基金部では、環境保全活動を行う環境NGO・NPOへ、資金の助成などの支援を行っています。
    九州・沖縄地域では、10月25日に佐賀市で説明会を開催します。
    「平成31年度 地球環境基金助成金」募集について、助成メニューの説明や要望書作成のポイント、活動計画のの立て方などの紹介を行います。
    環境保全活動の資金獲得に向けて、ぜひこの機会をご利用ください。

    ■日時:2018年10月25日(木)18:30~20:45
    ■会場:佐賀市市民活動プラザ4階 大会議室
    ■定員:40名(参加無料、要事前申込み)
    ■対象:NPO等の資金獲得に関心のある方(任意団体にもおすすめです)

    ◆詳しい内容や申込み方法については以下をご参照ください。
    https://epo-kyushu.jp/epo-topix/news-of-epo-kyushu/1215-31.html

    ___________________________________________________________


    □【募集中】地域ESD活動推進拠点(地域ESD拠点)登録について
    地域や社会の課題解決に関する学びや活動に取り組んでいらっしゃる学校現場・社会教育の現場等の皆様へ、ESDを支援・推進する団体として、「地域ESD活動推進拠点(以下「地域 ESD拠点」)のご登録を募っております。
    九州地方ESD活動支援センターでは、ご登録いただいた団体をパートナーとして、当センターや他の地域ESD拠点と連携し、各地域・各分野で取り組まれるESDの支援やこれからESD活動を始められる主体への支援を「ESD推進ネットワーク」の中で果たしていきたいと考えています。
    ご関心をお持ちの団体様は、まずは下記へご連絡ください。

    ESD(Education for Sustainable Development)とは、持続可能な開発のための人と地域を育てる教育をさします。

    ■お問合せ 九州地方ESD活動支援センター
          TEL:096-223-7422 FAX:096-312-1894
          E-mail
    (〒860-0806 熊本市中央区花畑町4-18 熊本市国際交流会館2F EPO九州内 )



    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃地域ESD活動推進拠点
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    □【10/7開催】第19回日中韓環境教育ネットワーク(TEEN)シンポジウム
    本シンポジウムでは、SDGs を軸に日本・中国・韓国の事例から、多様な主体による持続可能な地域づくりと日中韓の連携について考える本シンポジウム。元NHK「クローズアップ現代」キャスターの国谷裕子さんによる基調講演、日中韓からの事例報告、パネルディスカッションなどが開催されます。ぜひご参加ください。

    ■日時 10月7日(日) 13:30から17:00(13:00受付開始)
    ■場所 北九州国際会議場メインホール(小倉北区浅野3-9-30)
    ■内容
     ・テーマ 多様な主体による持続可能な地域づくり ~SDGsの達成に向けて~
     ・登壇者
     (発  表) 日中韓学識者等による報告
     (基調講演) 国谷 裕子 氏(元クローズアップ現代キャスター)
     (歓迎挨拶) 北橋市長(国谷氏登壇の前)
    ■参加費 無料
    ■主催:環境省、TEEN
    ■共催:北九州市、北九州ESD協議会(地域ESD拠点)

    ◆詳しい内容や応募方法などは以下をご参照ください。
    https://kyushu.esdcenter.jp/2018/09/14/19_teen_symposium/

    ___________________________________________________________


    □第32回肥後の水とみどりの愛護賞 表彰式・講演会のご案内
    くまもとの水と緑の保全活動を実施されている団体・個人に贈る「肥後の水とみどりの愛護賞」は32回目を迎えました。
    本年も愛護賞表彰式・講演会を開催いたしますので、お誘い合わせの上ご来場ください。

    ■開催日 平成30年10月17日(水) 13:30から15:30
    ■会 場 肥後銀行本店ビル2階大会議室(熊本市中央区練兵町1番地)
    ■参加費 無料
    ■講演会
     演題:『SDGsで読み解く熊本の持続可能な水とみどり』
     講師:蟹江 憲史氏 慶応義塾大学大学院 政策・メディア研究所 教授

    公益財団法人 肥後の水とみどりの愛護基金(地域ESD拠点)
    TEL 096-351-3882  FAX096-351-3885
    http://www.mizutomidori.jp/

    ◆詳しい内容や応募方法などは以下をご参照ください。
    http://kyushu.esdcenter.jp/2018/09/14/32_higo_aigosyo/


    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃九州・沖縄地域の環境政策情報
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    新たな情報発信としまして、九州・沖縄各県の環境政策情報一覧を
    EPO九州のHPに掲載しています。
    県別に、ニュース、公募、イベントなど様々な情報が発信されています。
    ぜひご覧ください。

     ★ご注意
    詳細はリンク先を必ずご確認ください。
    公開が終了している場合があります。
    表示順、日程は前後する場合があります。
    各県の情報はEPO九州で選択したものを公開しています。

    ・九州・沖縄各県の環境政策情報(9月上旬)
    https://epo-kyushu.jp/news-list/kyushu-news/1206-9-3.html

    ・九州・沖縄各県の環境政策情報(9月下旬)
    https://epo-kyushu.jp/news-list/kyushu-news/1214-9-5.html



    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃関連情報
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □【募集】「日本自然保護大賞2019」活動募集!
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    公益財団法人日本自然保護協会では、自然保護と生物多様性保全に大きく貢献する取り組みに対し、
    その成果と尽力を表彰する「日本自然保護大賞2019」の活動募集をスタートしました。
    全国各地、子どもから大人まで個人・グループ・法人が対象です。
    5回目となる今回は「SDGs」や「生物文化多様性」への関心や行動の高まりなどを踏まえ、より幅広いジャンルから募集し、次の時代につながる意義ある賞をめざします。たくさんのご応募をお待ちしています。

    ■応募部門
     (1) 保護実践部門
     市民、大学生、専門家、企業、行政などがそれぞれの立場と特性を活かし、
     具体的な自然保護の実績をあげた活動、研究
     (2) 教育普及部門
     自然観察をはじめ、広く自然保護を目的とした教育・普及活動bw_a.jpg
     (3) 子ども・学生部門
     小学生から高校生まで、子どもが主体的に取り組んだ活動、研究
    ■応募方法
     自薦、他薦を問いません。3部門あり、複数の部門にご応募いただけます。
     他薦の場合は、候補者本人の了解を得てご推薦ください。
     下記webページの応募フォームよりご応募ください。
     https://www.nacsj.or.jp/form-sys/awardform/
    ■応募締切
     2018年10月31日(必着)
    ■お問合せ・郵送応募はこちらまで
     公益財団法人日本自然保護協会
     日本自然保護大賞2019担当/鶴田、芝小路
     〒104-0033東京都中央区新川1-16-10ミトヨビル2F
     TEL 03-3553-4101  
     E-mail:

    ◆詳しい内容や応募方法などは以下をご参照ください。
    https://epo-kyushu.jp/news-list/grant-recruitment/1207-2019-2.html


    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □【募集】「第14回エコツーリズム大賞」
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    環境省では、エコツーリズム推進法に基づき、エコツーリズムの普及、定着のための様々な取組を推進。この一環として、エコツーリズムに取り組む事業者、団体、自治体などを対象とした「第14回エコツーリズム大賞」の募集を行っています。

    ■応募資格
     以下の活動に取り組んでいる事業者、団体、自治体などを対象とします。自薦、他薦は問いません。(例:ツアー事業者、宿泊事業者、交通事業者、コンサルタント、協議会、教育機関、学生団体、地方公共団体など)
     (1)地域の自然環境や歴史文化を保全しつつそれらを体験する「エコツーリズム」に関連する環境保全活動を取り入れた取組や様々な自然体験の取組。
     (2)環境保全、地域活性化、自然体験提供等の優れた活動。
     ※自然体験には、農林水産業体験や生活文化体験を通じた自然環境への理解につながる活動などを含みます。
    ■応募期限
     平成30年11月16日(金)まで ※必着
    ■主 催
     環境省、NPO法人日本エコツーリズム協会

    ◆詳しい内容や応募方法などは以下をご参照ください。
    https://epo-kyushu.jp/news-list/grant-recruitment/1208-2018-09-20-01-47-37.html


    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    【発 行】
    九州地方環境パートナーシップオフィス EPO九州
    https://epo-kyushu.jp    E-mail:

    九州地方ESD活動支援センター
    http://kyushu.esdcenter.jp  E-mail:

    EPO・ESDセンターのフェイスブックを更新中!
    https://www.facebook.com/EPOkyushu

    〒860-0806 熊本市中央区花畑町4-18 熊本市国際交流会館2F
    TEL:096-312-1884  FAX:096-312-1894
    開所日 火~土曜日(10:00~19:00)
    休所日 日・月曜日、祝日、年末年始。熊本市国際交流会館休館日。



    【リンク】
    九州地方環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/

    那覇自然環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/naha/

    国立公園 http://www.env.go.jp/park/

    地球環境基金の情報館 http://www.erca.go.jp/jfge/index.html

    地球環境パートナーシッププラザ http://www.geoc.jp/

    環境らしんばん http://www.geoc.jp/rashinban/

    九十九島ビジターセンター http://www.kujukushima-visitorcenter.jp/

    雲仙お山の情報館 http://unzenvc.com/

    平成新山ネイチャーセンター http://heiseinc.com/

    雲仙諏訪の池ビジターセンター http://suwanoikevc.web.fc2.com/

    長者原ビジターセンター  http://kyushu.env.go.jp/nature/tyojyabaru/

    阿蘇草原保全活動センター 草原学習館 http://aso-sougencenter.jp/

    南阿蘇ビジターセンター http://www.minamiaso-vc.go.jp/

    えびのエコミュージアムセンター http://www.ebino-ecomuseum.go.jp/

    重富海岸自然ふれあい館 なぎさミュージアム http://www.nagisa-museum.com/

    対馬野生生物保護センター http://kyushu.env.go.jp/twcc/

    漫湖水鳥・湿地センター http://www.manko-mizudori.net/

    やんばる野生生物保護センター http://www.ufugi-yambaru.com/

    西表野生生物保護センター http://iwcc.a.la9.jp/

    さんごゆんたく館 https://www.facebook.com/sangoyuntakuvc/

    ----------------------------------------------------------------
    当メルマガへの登録・退会は、
    http://epo-kyushu.jp/about/magazine.html
    もしくは、退会用URL: http://epo-kyushu.jp/xmailinglist/eponews/
    のフォームからお願いいたします。
    ----------------------------------------------------------------
    環境パートナーシップに関するご質問、当メルマガへのご意見、ご感想
    などがございましたらまでどうぞ!
    ----------------------------------------------------------------
  • EPO九州 メールマガジン 「えぽねっと九州」vol.153 Thu, 15 Nov 2018

    中間支援あるある♯
    情報化が浸透した今だからこそ問われる膝詰めと現場の醍醐味。


    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     九州・沖縄のタイムリーな環境情報をお届けする
                    「EPOねっと九州」vol.153

    ◇EPO九州より
    11月も半ばになり日が暮れるのが早くなりましたね。車を運転するドライバーにとって、前方の見通しが悪くなったり、年の瀬に向けて交通量が少しずつ増えたりと、気持ちが焦っていまう時期でもあります。
    11月は「エコドライブ推進月間」。いつもよりも注意をすることはもちろん、「やさしい発進」や車間距離にゆとりをもって「加速・減速の少ない運転」など、エコドライブをこころがけてみましょう。
    http://www.env.go.jp/air/info/ecodrive_m/


    【もくじ】

    ■EPO九州・ESD活動支援センターからのお知らせ

      □【11/17開催】第9回 世界遺産学習全国サミット in むなかた

     □【11/30・12/1開催】ESD推進ネットワーク 全国フォーラム2018

      □【12/5開催】地域創生×SDGsセミナー:地域の取組みが世界を変える〜「産官学金民」のSDGs取組事例を中心に〜

     □【募集中】地域ESD活動推進拠点(地域ESD拠点)登録について



    ■ビジターセンターからのお知らせ

     <九十九島ビジターセンター>

     <雲仙諏訪の池ビジターセンター>

     <阿蘇草原保全活動センター 草原学習館>

     <南阿蘇ビジターセンター>



    ■九州地方環境事務所からのご案内

      □ アクティブ・レンジャー日記



    ■関連情報

     □第五次環境基本計画英訳版のホームページ公開
     
     □【11/20締切】平成30年度地域の環境課題解決に向けたSDGs人材研修

     □【12/10締切】「積水ハウスマッチングプログラム2019年度」助成団体公募

     □【12/22開催】平成30年度森林ボランティア活動報告会・交流会

     □【2019/1/10締切】「2019年度 未来につなぐふるさと基金」募集開始



    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃EPO九州・ESD活動支援センターからのお知らせ
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □【11/17開催】第9回 世界遺産学習全国サミット in むなかた

    「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群世界文化遺産登録1周年記念事業として、「第9回 世界遺産学習全国サミット in むなかた 〜九州・宗像で、学び合い、発信しよう!わがふるさとに愛着と誇りをもつために〜」を宗像ユリックスを会場に開催します。
    午前の部では、6つの分科会に分かれて全国の取組を発表。午後の全体会では、子どもたちによる実践発表や子どもサミット、記念講演が開催されます。九州地方ESD活動支援センターは本サミットを後援しています。みなさまのご参加をお待ちしております。

    ■日 時:2018年11月17日(土)9:30から16:30
    ■会 場:宗像ユリックス・イベントホール
         (福岡県宗像市久原400番地)
    ■主 催:宗像市教育委員会、宗像市、世界遺産学習連絡協議会
    ■定 員:午前の部は要事前申し込み、午後の部は参加自由
    ■料 金:無料

    ◆詳しい内容や申込方法は以下をご参照ください。
    http://www.city.munakata.lg.jp/w041/030/010/070/20180926102449.html

    ___________________________________________________________


    □【11/30・12/1開催】ESD推進ネットワーク 全国フォーラム2018

    3回目となる今回は、「SDGs(持続可能な開発目標)を地域で達成していくための人づくり:地域ESD拠点の可能性」と題し、SDGsを地域で達成していくための人づくりとしてのESDと、ESD推進ネットワークにおいて重要な役割を担う地域ESD活動推進拠点(地域ESD拠点)に焦点を当て、意見交換を行います。

    ■主 催 ESD活動支援センター、文部科学省、環境省
    ■共 催 独立行政法人国立青少年教育振興機構
    ■後 援 日本ユネスコ国内委員会
    ■協 力 情報共有コーナー出展団体、等(セッション2出展団体)
    ■日 時 平成30年11月30日(金)13:00-18:00
             12月 1日(土)9:30-14:30
    ■会 場 国立オリンピック記念青少年総合センター(東京都渋谷区代々木神園町3番1号)
         全体会:カルチャー棟 小ホール
         分科会:分科会用会議室(カルチャー棟、センター棟)
    ■アクセス
     ◆小田急線「参宮橋」駅下車 徒歩約7分
     ◆地下鉄千代田線「代々木公園」駅下車 徒歩約10分(代々木公園方面4番出口)

    ■参加費 無料
    ※1日目全体会終了後、同会場にて懇親会(18:30-20:00 会費制)を予定しています。

    ◆詳しい内容や申込方法は以下をご参照ください。
    https://kyushu.esdcenter.jp/2018/10/16/esd_zenkoku_forum2018/

    ___________________________________________________________

    □【12/5開催】地域創生×SDGsセミナー:地域の取組みが世界を変える〜「産官学金民」のSDGs取組事例を中心に〜

    熊本県において、自治体、民間企業、市民、大学・研究機関、金融機関等を対象に、SDGsについて理解を深め、いかにSDGsを好機として捉えていくか、そのヒントを探ることを目的として、産・官・学・金・民それぞれの立場からSDGsの取組み事例を紹介するセミナーが開催。九州地方ESD活動支援センターは後援しています。

    ■日 時:2018年12月5日(水)13:30から17:30
    ■会 場:くまもと県民交流館パレア 会議室8
         (熊本市中央区手取本町8-9)
    ■主 催:ジェトロ熊本・ジェトロ・アジア経済研究所・JICA九州
    ■定 員:60名(先着順)
    ■参加費:無料
    ■申込締切:2018年11月30日(金)

    ◆詳しい内容や申込方法は以下をご参照ください。
    https://kyushu.esdcenter.jp/2018/11/15/sdgsseminar/



    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃ビジターセンター等からのお知らせ
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    <九十九島ビジターセンター>━━━━━━━━
    □九十九島サロン5『美しい湾 九十九島の思い出』
    不思議がいっぱいの西海国立公園のことを専門家がわかりやすく解説します。

    ■日  時 12月16日(日)14:00〜16:00
    ■場  所 九十九島ビジターセンター
    ■講  師 遠藤清明 氏(鹿子前地区在住)
    ■参 加 費 無料
    ■対  象 どなたでも
    ※事前申込み不要


    □うみかぜガイドウォーク
    九十九島パールシーリゾート内にあるうみかぜ広場を自然観察しながら歩きます。

    ■日  程 随時(要相談)
    ■時  間 1時間程度(要相談)
    ■集合場所 九十九島ビジターセンター
    ■参 加 費 無料
    ■対  象 4歳以上(小学3年生以下は保護者も参加)
    ■定  員 20名程度


    □長尾半島ガイドウォーク
    九十九島ビジターセンターから歩いて15分の長尾半島を自然散策しながら歩きます。
    ■日  程 随時(要相談)
    ■時  間 2時間程度(要相談)
    ■集合場所 九十九島ビジターセンター
    ■参 加 費 無料
    ■対  象 小学生以上(小学3年生以下は保護者も参加)
    ■定  員 20名程度

    【申込・問合せ先】
    西海国立公園 九十九島ビジターセンター
    ? 0956-28-7919 FAX 0956-28-7351
    URL:http://www.kujukushima-visitorcenter.jp

    https://epo-kyushu.jp/news-list/kyushu-news/1230-2018-11-06-02-12-20.html



    <雲仙諏訪の池ビジターセンター>━━━━━━━━
    □星空観察会
    ■日 程:毎週金から日曜日、12月31日から1月3日の晴天時
    ■時 間:19:30から21:00
    ■参加費:無料
    ■申込方法:当日の20:30までにセンターに直接お越しください。
    ■準備物:特になし
    ■備 考 
     雨天・曇天・雷の場合は中止 当日の開催状況はブログにてお知らせします。


    □太陽観察会
    ■日 程:平成30年12月8日(土)平成30年1月1日(火)
    ■時 間:10:00から11:30
    ■参加費:無料
    ■申込方法:当日の11:15までにセンターに直接お越しください。
    ■準備物:特になし
    ■備 考 
     雨天・曇天・雷の場合は中止 当日の開催状況はブログにてお知らせします。


    □お手軽バードウォッチング
    ■日 程    
     平成30年11月17日(土)24日(土)、12月9日(日)16日(日)22日(土)24日(月)29日(土)〜31日(月)
     ※雨天中止
    ■時 間
     10:00から15:00の好きな時間(15:00までの受付)
     コース・・・60分、90分、120分の好きなコースをお選びください
    ■参加費:無料
    ■申し込み方法  
     お電話かカウンターで前日までにお申し込み下さい。
    ■備 考
     定 員 1回1グループ 2名より実施(10名以上は、事前申し込み)
     団体が入っている場合は、お断りすることがあります。


    □諏訪の池でバードウォッチング
    ■日 程:平成30年12月23日(日)※雨天中止
    ■時 間:10:00から15:00(途中参加はできません)
    ■参加費:800円(昼食代・保険代込み)
    ■申し込み方法  
     12月16日(日)までにお電話にて申し込み下さい。
    ■定 員:10名(先着順・要予約)


    【申込・問合せ先】
    雲仙諏訪の池ビジターセンター
    TEL:0957-76-5010
    URL:http://suwanoikevc.web.fc2/com/

    https://epo-kyushu.jp/news-list/kyushu-news/1235-2018-11-15-06-44-58.html


    <阿蘇草原保全活動センター 草原学習館>━━━━━━━━
    □野焼き支援ボランティア2018年度初心者研修会研修会
    春の野焼きに参加するための『野焼き支援ボランティア初心者研修会』を下記の日程で行います。研修を受講して、阿蘇千年の草原を守る『草原保全の応援団』として一緒に活動しましょう。

    ■日 程:
     第1回 2019年1月12日(土)
     第2回 2019年1月20日(日)
     第3回 2019年2月2日(土)
     第4回 2019年2月6日(水)
    ■会 場:阿蘇草原保全活動センター『草原学習館』
         阿蘇市小里656(内牧の国道212号線を挟んで“はな阿蘇美”の道向かいになります。)
    TEL0967−32−4193   マップコード 256 786 557

    ■時 間:10:00〜16:00(受付 9:30)
    ■参加費:1,000円(資料代、昼食代)
    ■申込方法: 
     ?HP http://www.asogreenstock.com/ からWEBで申し込み
     ?添付ファイルのチラシ(裏面)の申込書に必要事項を記入のうえFAX又は郵送で申し込み   
    ■準備物:火消棒作りを屋外で行いますので、防寒対策の上動きやすい服装でさんかしてください。また、作業用の手袋(革手袋又は軍手)を用意してください。
    ■備 考:不明な点はご遠慮なくお問い合わせください。


    【主催・問合せ先】
    公益財団法人阿蘇グリーンストック
    TEL:0967-32-3500 FAX:0967-32-2255
    URL:http://www.asogreenstock.com/

    https://epo-kyushu.jp/news-list/kyushu-news/1229-2018-11-06-01-38-53.html



    <南阿蘇ビジターセンター>━━━━━━━━
    □フォトサークル根子岳会員の写真展開催中
    ■日 程:11月3日(土)〜11月30日(火)
    ■備 考:南阿蘇ビジターセンター内多目的ホールにて
     

    □「あなたの作品を展示しませんか?」と題して作品展示される方募集中!
    概ね2m程のスペースを持ち分として展示して頂けます。
    絵画・写真・俳句・絵手紙等、手法は自由。テーマとして、阿蘇の自然に関する物(少なくとも1点は必要です)
    ■展示期間:12月10日(月)〜平成31年1月31日(木)
    ■申込締切:11月25日(日)

    ◆詳しくは下記連絡先までお電話ください。
    南阿蘇ビジターセンター
    TEL・FAX 0967-62-0911



    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃九州地方環境事務所からのご案内
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    □アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]を随時更新しています!

    アクティブ・レンジャーとは、自然保護官の補佐役として、国立公園等のパトロール、調査、利用者指導、自然解説などの業務を担う環境省の職員です。
    管内には、瀬戸内海、西海、雲仙天草、阿蘇くじゅう、霧島錦江湾、屋久島、慶良間諸島、西表石垣、やんばる、奄美群島国立公園があります。
    アクティブ・レンジャー日記では、各国立公園での活動情報などを担当官が紹介しています。

    アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]トップページ
    http://kyushu.env.go.jp/blog/index.html
    ※随時更新されています。過去の記事は上記ウェブサイトにアクセスしていただき、ページ右側のカレンダー等から閲覧することができます。



    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃関連情報
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    □第五次環境基本計画英訳版のホームページ公開

    この度、第五次環境基本計画の本文及び概要版の英訳版が完成し、以下のとおりホームページに公開されました。

    ●日本語版ホームページリンク(資料 → 参考資料 → 英訳版)
    https://www.env.go.jp/policy/kihon_keikaku/plan/plan_5.html
    ●英語版ホームページリンク(Issues → Environmental Plan → The Fifth Basic Environment Plan)
    http://www.env.go.jp/en/policy/index.html

    ___________________________________________________________


    □【11/20締切】平成30年度地域の環境課題解決に向けたSDGs人材研修

    環境省では、環境課題にSDGsの視点を取り入れ、環境の面からだけではなく経済及び社会の面から総合的なアプローチをすることにより、2030年に向けた持続可能な社会の実現や、地域循環共生圏の形成を目指した環境課題を中心とする地域課題の解決に取り組む人材(SDGs人材)育成のための研修を行います。


    ■研修日程
     (1)事前研修
        平成30年12月1日(土)東京都内
     (2)現地研修    
       ・平成30年12月8日(土)〜9日(日)北海道余市町内
       ・平成30年12月15日(土)〜16日(日)広島県安芸太田町内
       ・平成31年1月5日(土)〜6日(日)愛媛県宇和島市内
        ※上記のうちのいずれか1つに参加
     (3)事後研修
        平成31年1月26日(土)東京都内
    ■募集期間:平成30年11月20日(火)正午まで
    ■募集人数:各研修地につき10名程度
    ■参加条件:原則として現在、民間企業等に勤務している若手社会人(35歳以下を想定)で、事前・現地・事後の全ての研修日程に参加できる者

    ◆詳しい内容や申込方法は以下をご参照ください。
    https://www.env.go.jp/press/106125.html

    ___________________________________________________________


    □【12/10締切】「積水ハウスマッチングプログラム2019年度」助成団体公募


    「積水ハウスマッチングプログラムの会」では、2019年度助成 団体公募を実施いたします。積水ハウスグループの役員及び従業員から拠出金を募り、同額の積水ハウス株式会社からのマッチングギフトを実施し、サステナブル社会の構築に寄与する社会的活動を支援します。
    今回は、国連が進める社会課題の解決(SDGs)につながる市民団体の事業の支援も行うこととします。ご応募をお待ちしております!

    ■募集期間:2018年12月10日(月)17時まで
    ■対  象
    ・「積水ハウスこども基金」…次世代を担うこどもたちを育成することを目的とし、こどもたちの健全な育成に関わる活動を支援。
    ・「積水ハウス環境基金」…環境問題の解決に寄与することを目的とし、温暖化防止、生態系保全や資源循環に関わる活動を支援。
    ・「積水ハウス住・コミュニティ基金」…地域に根差した豊かな住環境の創造を目的とし、まちづくりや地域コミュニティに関わる活動を支援。

    ◆詳しい内容や申込方法は以下をご参照ください。
    http://www.sekisuihouse.co.jp/matching/

    ___________________________________________________________


    □【12/22開催】平成30年度森林ボランティア活動報告会・交流会


    熊本県主催で行われる「平成30年度森林ボランティア活動報告会・交流会〜森林を守るために私たちが出来ること〜」。第1部の基調講演後の第2部において、EPO九州より「SDGs時代の森づくりと地域づくり」と題して話題提供をいたします。ぜひ、ご参加ください。

    ■日 時:2018年12月22日(土)13:30から17:30(受付13:00〜)
    ■会 場:ホテル熊本テルサ
         (熊本市中央区水前寺公園28-51)
    ■定 員:100名
    ■料 金:無料
    ■問合せ・申込先
     公益社団法人 熊本県緑化推進委員会
     TEL:096‐387‐6260 FAX:096‐387‐6218
     メールアドレス: 
     HP: http://www.midori-no-mori.net

    https://epo-kyushu.jp/epo-topix/news-of-epo-kyushu/1232-12-22-30.html

    ___________________________________________________________


    □【2019/1/10締切】「2019年度 未来につなぐふるさと基金」募集開始

    パブリックリソース財団とキヤノンマーケティングジャパンが立ち上げた「未来につなぐふるさと基金」では、生物多様性に関する市民参加型プログラムを協働で実施する団体を募集しています。

    ■募集期間:2019年1月10日(木)まで
    ■対象団体:NPO法人、一般法人、公益法人、任意団体などの市民活動団体
    ■募集団体数:5団体
    ◆詳しい内容や申込方法は以下をご参照ください。
    http://www.public.or.jp/PRF/fund/fund_03/index.html



    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    【発 行】
    九州地方環境パートナーシップオフィス EPO九州
    https://epo-kyushu.jp    E-mail:

    九州地方ESD活動支援センター
    http://kyushu.esdcenter.jp  E-mail:

    EPO・ESDセンターのフェイスブックを更新中!
    https://www.facebook.com/EPOkyushu

    〒860−0806 熊本市中央区花畑町4-18 熊本市国際交流会館2F
    TEL:096-312-1884  FAX:096-312-1894
    開所日 火〜土曜日(10:00〜19:00)
    休所日 日・月曜日、祝日、年末年始。熊本市国際交流会館休館日。



    【リンク】
    九州地方環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/

    那覇自然環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/naha/

    国立公園 http://www.env.go.jp/park/

    地球環境基金の情報館 http://www.erca.go.jp/jfge/index.html

    地球環境パートナーシッププラザ http://www.geoc.jp/

    環境らしんばん http://www.geoc.jp/rashinban/

    九十九島ビジターセンター http://www.kujukushima-visitorcenter.jp/

    雲仙お山の情報館 http://unzenvc.com/

    平成新山ネイチャーセンター http://heiseinc.com/

    雲仙諏訪の池ビジターセンター http://suwanoikevc.web.fc2.com/

    長者原ビジターセンター  http://kyushu.env.go.jp/nature/tyojyabaru/

    阿蘇草原保全活動センター 草原学習館 http://aso-sougencenter.jp/

    南阿蘇ビジターセンター http://www.minamiaso-vc.go.jp/

    えびのエコミュージアムセンター http://www.ebino-ecomuseum.go.jp/

    重富海岸自然ふれあい館 なぎさミュージアム http://www.nagisa-museum.com/

    対馬野生生物保護センター http://kyushu.env.go.jp/twcc/

    漫湖水鳥・湿地センター http://www.manko-mizudori.net/

    やんばる野生生物保護センター http://www.ufugi-yambaru.com/

    西表野生生物保護センター http://iwcc.a.la9.jp/

    さんごゆんたく館 https://www.facebook.com/sangoyuntakuvc/

    ----------------------------------------------------------------
    当メルマガへの登録・退会は、
    http://epo-kyushu.jp/about/magazine.html
    もしくは、退会用URL: http://epo-kyushu.jp/xmailinglist/eponews/
    のフォームからお願いいたします。
    ----------------------------------------------------------------
    環境パートナーシップに関するご質問、当メルマガへのご意見、ご感想
    などがございましたらまでどうぞ!
    ----------------------------------------------------------------

  • EPO九州 メールマガジン 「えぽねっと九州」vol.154 Fri, 30 Nov 2018

    環境団体あるある♯
    落葉の季節。植物を間近で観察できる季節でもあります。
    色鮮やかな紅葉を楽しく利用してみましょう。



    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     九州・沖縄のタイムリーな環境情報をお届けする
                    「EPOねっと九州」vol.154

    ◇EPO九州より
    12月を迎えるといよいよ冬も本番。暖房機具が手放せない季節になります。環境省では冬期の地球温暖化対策のひとつとして、暖房時の室温を20℃(目安)で快適に過ごすライフスタイル『WARM BIZ(ウォームビズ)』を呼びかけています。
    ウォームビズの特設サイトでは、普段の生活で実践できるウォームビズのポイントや、ひとつの部屋に集まって温まりながら楽しむ「ご当地鍋レシピ」、日めくりトリビアなど、読んでいるだけで心も体も温まる情報が満載です!ぜひご覧ください♪
    https://ondankataisaku.env.go.jp/coolchoice/warmbiz/


    【もくじ】

    ■EPO九州・ESD活動支援センターからのお知らせ

    □【募集中】地域ESD活動推進拠点(地域ESD拠点)登録について


    ■地域ESD活動推進拠点

    □再春館「一本の木」財団による助成金公募開始

    □第24回くまもと自然保護講演会「有明海の食物連鎖」


    ■九州・沖縄地域の環境政策情報


    ■関連情報

      □【12/22開催】平成30年度森林ボランティア活動報告会・交流会(熊本県)

     □【12/23開催】狩猟の魅力まるわかりフォーラム(宮崎県)

     □【2019/1/10締切】「2019年度 未来につなぐふるさと基金」募集

     □【2019/2/6開催】平成30年度廃棄物エネルギーの地域での利活用促進に関する説明会−第2期−(福岡会場)



    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃EPO九州・ESD活動支援センターからのお知らせ
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


    □【募集中】地域ESD活動推進拠点(地域ESD拠点)登録について
    地域や社会の課題解決に関する学びや活動に取り組んでいらっしゃる学校現場・社会教育の現場等の皆様へ、ESDを支援・推進する団体として、「地域ESD活動推進拠点(以下「地域 ESD拠点」)のご登録を募っております。
    九州地方ESD活動支援センターでは、ご登録いただいた団体をパートナーとして、当センターや他の地域ESD拠点と連携し、各地域・各分野で取り組まれるESDの支援やこれからESD活動を始められる主体への支援を「ESD推進ネットワーク」の中で果たしていきたいと考えています。
    ご関心をお持ちの団体様は、まずは下記へご連絡ください。

    ESD(Education for Sustainable Development)とは、持続可能な開発のための人と地域を育てる教育をさします。

    ■お問合せ 九州地方ESD活動支援センター
          TEL:096-223-7422 FAX:096-312-1894
          E-mail
    (〒860-0806 熊本市中央区花畑町4-18 熊本市国際交流会館2F EPO九州内 )



    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃地域ESD活動推進拠点
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    地域ESD活動推進拠点の公益財団法人再春館「一本の木」財団による以下の活動が発信されました。

    □再春館「一本の木」財団による助成金公募開始
    熊本の豊かな自然を守るため、自然環境保全等に取り組んでおられる団体等を対象に助成を行っています。
    2019年度上期分について、下記のとおり公募します。

    ■受付期間:平成30年12月1日〜平成31年1月31日(当日の消印有効)
    ■事業実施期間:2019年度上期(2019年4月1日から2019年9月30日まで)
            及び2019年度中の期間(2019年4月1日から2020年3月31日まで)

    ※助成は、財団の運営委員会での審議を経て決定します。
     詳しくは下記をご覧ください。
     https://epo-kyushu.jp/news-list/grant-recruitment/1239-2018-11-30-08-08-55.html


    □第24回くまもと自然保護講演会「有明海の食物連鎖」
    熊本県自然保護関係団体協議会では、熊本の豊かな自然を護り育むため、毎年自然保護に関する講演会を開催しています。
    ■日時:平成31年1月14日(月曜日)(成人の日)
       (受付)午後1時30分〜(講演)午後2時〜4時
    ■会場:熊本県民交流館パレア9階 会議室1
    ■演題:「有明海の食物連鎖」
    ■講師:熊本大学名誉教授 浮遊生物学専門 弘田 禮一郎 氏
        ※詳細については、募集案内をご覧ください。
    ■申込み:不要
    ■参加費:無料

    詳しくは下記からご確認ください。
    https://kyushu.esdcenter.jp/2018/11/30/kumamoto_shizennhogo_kouen/



    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃九州・沖縄地域の環境政策情報
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    新たな情報発信としまして、九州・沖縄各県の環境政策情報一覧を
    EPO九州のHPに掲載しています。
    県別に、ニュース、公募、イベントなど様々な情報が発信されています。
    ぜひご覧ください。

     ★ご注意
    詳細はリンク先を必ずご確認ください。
    公開が終了している場合があります。
    表示順、日程は前後する場合があります。
    各県の情報はEPO九州で選択したものを公開しています。

    ・九州・沖縄各県の環境政策情報(11月上旬)
    https://epo-kyushu.jp/news-list/kyushu-news/1231-11-2.html

    ・九州・沖縄各県の環境政策情報(11月下旬)
    https://epo-kyushu.jp/news-list/kyushu-news/1237-11-3.html



    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃関連情報
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □【12/22開催】平成30年度森林ボランティア活動報告会・交流会(熊本県)
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    熊本県主催で行われる「平成30年度森林ボランティア活動報告会・交流会〜森林を守るために私たちが出来ること〜」。第1部の基調講演後の第2部において、EPO九州より「SDGs時代の森づくりと地域づくり」と題して話題提供をいたします。ぜひ、ご参加ください。

    ■日 時:2018年12月22日(土)13:30から17:30(受付13:00〜)
    ■会 場:ホテル熊本テルサ
         (熊本市中央区水前寺公園28-51)
    ■定 員:100名
    ■料 金:無料
    ■問合せ・申込先
     公益社団法人 熊本県緑化推進委員会
     TEL:096‐387‐6260 FAX:096‐387‐6218
     メールアドレス: 
     HP: http://www.midori-no-mori.net

    https://epo-kyushu.jp/epo-topix/news-of-epo-kyushu/1232-12-22-30.html


    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □【12/23開催】狩猟の魅力まるわかりフォーラム(宮崎県)
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ニホンジカ等の野生鳥獣による生態系や農林水産業への被害が深刻化するとともに、鳥獣保護管理の担い手となる狩猟者の減少と高齢化が進んでいます。そこで環境省では、将来の鳥獣保護管理の担い手確保を目的とした「狩猟の魅力まるわかりフォーラム」を開催。
    大人気ハンター漫画「山賊ダイアリー」とのコラボ企画による来場者への豪華特典もご用意しています。ぜひご参加ください。

    ■日 程:2018年12月23日(日)13:00から17:00
    ■場 所:JA・AZMホール本館
         (宮崎県宮崎市霧島1-1)
    ■参加申込:参加無料、事前申込み不要
    http://www.env.go.jp/press/106188.html


    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □【2019/1/10締切】「2019年度 未来につなぐふるさと基金」募集
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    パブリックリソース財団とキヤノンマーケティングジャパンが立ち上げた「未来につなぐふるさと基金」では、生物多様性に関する市民参加型プログラムを協働で実施する団体を募集しています。

    ■募集期間:2019年1月10日(木)まで
    ■対象団体:NPO法人、一般法人、公益法人、任意団体などの市民活動団体
    ■募集団体数:5団体

    ◆詳しい内容や申込方法は以下をご参照ください。
    http://www.public.or.jp/PRF/fund/fund_03/index.html


    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □【2019/2/6開催】平成30年度廃棄物エネルギーの地域での利活用促進に関する説明会−第2期−(福岡会場)
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    平成30年6月に廃棄物処理施設整備計画が閣議決定され、気候変動対策に向けた廃棄物エネルギーの利活用に関する計画策定や、地域に新たな価値を創出する廃棄物処理施設の整備などの方向性が打ち出されました。
     本説明会では、市町村の担当者(廃棄物処理、温暖化対策、エネルギー、まちづくり政策など)や民間事業者等を対象として、廃棄物エネルギーの利活用に向けた計画策定のあり方や、廃棄物エネルギーの利活用に係る各地域の先進的な取組事例などを紹介します。

    <福岡会場>
    ■日 程:2019年2月6日(水)13:30から16:30
    ■場 所: 福岡県中小企業振興センター 2階大ホール
         (福岡県福岡市博多区吉塚本町9-15)
    ■定 員:90名
    ■参加費:無料

    ◆詳しい内容や申込方法は以下をご参照ください。
    http://www.env.go.jp/press/106181.html

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    【発 行】
    九州地方環境パートナーシップオフィス EPO九州
    https://epo-kyushu.jp    E-mail:

    九州地方ESD活動支援センター
    http://kyushu.esdcenter.jp  E-mail:

    EPO・ESDセンターのフェイスブックを更新中!
    https://www.facebook.com/EPOkyushu

    〒860−0806 熊本市中央区花畑町4-18 熊本市国際交流会館2F
    TEL:096-312-1884  FAX:096-312-1894
    開所日 火〜土曜日(10:00〜19:00)
    休所日 日・月曜日、祝日、年末年始。熊本市国際交流会館休館日。



    【リンク】
    九州地方環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/

    那覇自然環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/naha/

    国立公園 http://www.env.go.jp/park/

    地球環境基金の情報館 http://www.erca.go.jp/jfge/index.html

    地球環境パートナーシッププラザ http://www.geoc.jp/

    環境らしんばん http://www.geoc.jp/rashinban/

    九十九島ビジターセンター http://www.kujukushima-visitorcenter.jp/

    雲仙お山の情報館 http://unzenvc.com/

    平成新山ネイチャーセンター http://heiseinc.com/

    雲仙諏訪の池ビジターセンター http://suwanoikevc.web.fc2.com/

    長者原ビジターセンター  http://kyushu.env.go.jp/nature/tyojyabaru/

    阿蘇草原保全活動センター 草原学習館 http://aso-sougencenter.jp/

    南阿蘇ビジターセンター http://www.minamiaso-vc.go.jp/

    えびのエコミュージアムセンター http://www.ebino-ecomuseum.go.jp/

    重富海岸自然ふれあい館 なぎさミュージアム http://www.nagisa-museum.com/

    対馬野生生物保護センター http://kyushu.env.go.jp/twcc/

    漫湖水鳥・湿地センター http://www.manko-mizudori.net/

    やんばる野生生物保護センター http://www.ufugi-yambaru.com/

    西表野生生物保護センター http://iwcc.a.la9.jp/

    さんごゆんたく館 https://www.facebook.com/sangoyuntakuvc/

    ----------------------------------------------------------------
    当メルマガへの登録・退会は、
    http://epo-kyushu.jp/about/magazine.html
    もしくは、退会用URL: http://epo-kyushu.jp/xmailinglist/eponews/
    のフォームからお願いいたします。
    ----------------------------------------------------------------
    環境パートナーシップに関するご質問、当メルマガへのご意見、ご感想
    などがございましたらまでどうぞ!

  • EPO九州 メールマガジン 「えぽねっと九州」vol.155 Fri, 14 Dec 2018

    環境活動あるある♯
    温暖な九州でもそろそろ冠雪。
    高地へ出かける際は準備を万全に。


    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     九州・沖縄のタイムリーな環境情報をお届けする
                    「EPOねっと九州」vol.155

    ◇EPO九州より
    12月に入り、ようやく冬らしい寒さを感じるようになりました。
    22日には一年でもっとも昼の時間が短い「冬至」を迎え、それからは毎日少しずつ日が長くなっていきます。
    しかし、寒さはこれからが本番。
    冬至には、これからの厳しい寒さに向けて栄養価が高いかぼちゃを食べて、ゆずを浮かべたゆず湯で心身を温めて無病息災を祈りましょう!



    【もくじ】

    ■EPO九州・ESD活動支援センターからのお知らせ
     
      □【実施レポート】平成30年度ビジターセンター意見交換会

     □【募集中】地域ESD活動推進拠点(地域ESD拠点)登録について
     


    ■地域ESD活動推進拠点

     □【2019/1/31締切】再春館「一本の木」財団による助成金公募開始

     □【2019/1/14開催】第24回くまもと自然保護講演会「有明海の食物連鎖」



    ■ビジターセンター等からのお知らせ
     
     ☆Pick up!<平成新山ネイチャーセンター>

     <九十九島ビジターセンター>

     <雲仙諏訪の池ビジターセンター>

     <長者原ビジターセンター>



    ■九州地方環境事務所からのご案内

      □ アクティブ・レンジャー日記

     □ 第5回地球温暖化に関する九州カンファレンス〜COP24交渉結果と我が国の将来を考える〜



    ■九州・沖縄地域の環境政策情報



    ■関連情報

     □12月は大気汚染防止推進月間です

      □【12/22開催】平成30年度森林ボランティア活動報告会・交流会(熊本県)
     
     □【2019/1/18開催】第5回地球温暖化に関する九州カンファレンス(in 福岡市)

     □【2019/1/18開催】ESDカリキュラム・デザイン研修会(in 長崎県島原市)




    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃EPO九州・ESD活動支援センターからのお知らせ
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


    □【実施レポート】平成30年度ビジターセンター意見交換会
    EPO九州では、2018年12月4日・5日の二日間に渡り、熊本県水俣市において「平成30年度ビジターセンター意見交換会」を実施いたしました。今回で4回目となり、九州地域のESDネットワーク推進に向け九州管内のビジターセンターとの関係促進・ネットワークづくりを目的として企画している意見交換会です。

    今年度は、「水俣から学ぶ」をテーマに、環境学習や教育旅行を企画・実施し、県内外へ発信している関係者からの学びの場を設け、ビジターセンターで活用できる、教育旅行受け入れ体制や手法、地元との連携ノウハウについて共有する内容を設定。各センター職員間の情報交換と経験交流が加速し、知見や情報が共有された意見交換会となりました。

    ◆詳しい実施内容については、こちらをご覧ください。
    https://epo-kyushu.jp/epo-topix/news-of-epo-kyushu/1241-30.html

    ___________________________________________________________


    □【募集中】地域ESD活動推進拠点(地域ESD拠点)登録について
    地域や社会の課題解決に関する学びや活動に取り組んでいらっしゃる学校現場・社会教育の現場等の皆様へ、ESDを支援・推進する団体として、「地域ESD活動推進拠点(以下「地域 ESD拠点」)のご登録を募っております。
    九州地方ESD活動支援センターでは、ご登録いただいた団体をパートナーとして、当センターや他の地域ESD拠点と連携し、各地域・各分野で取り組まれるESDの支援やこれからESD活動を始められる主体への支援を「ESD推進ネットワーク」の中で果たしていきたいと考えています。
    ご関心をお持ちの団体様は、まずは下記へご連絡ください。

    ESD(Education for Sustainable Development)とは、持続可能な開発のための人と地域を育てる教育をさします。

    ■お問合せ 九州地方ESD活動支援センター
          TEL:096-223-7422 FAX:096-312-1894
          E-mail
    (〒860-0806 熊本市中央区花畑町4-18 熊本市国際交流会館2F EPO九州内 )



    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃ビジターセンター等からのお知らせ
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    Pick up!

    今月のピックアップ情報は平成新山ネイチャーセンター。

    長崎県島原市にある、平成新山を間近に眺望できる『平成新山ネイチャーセンター』。
    施設内では雲仙火山の歴史や平成新山の誕生のしくみ、火山と共生する動植物などの紹介のほか、屋外では雄大な自然の中での火砕流堆積物の様子が観察できます。
    ダイナミックな自然を体感できるイベントを随時開催されているので、ぜひご参加ください!

    センターからは、絶滅危惧種のシマバライチゴについて情報をお寄せていただいております。
    https://epo-kyushu.jp/news-list/kyushu-news/1247-2018-12-14-05-39-13.html


    <平成新山ネイチャーセンター>━━━━━━━━
    □冬のノルディックウォーク
    ■日 程 1月26日(土)
    ■時 間 10:00から12:00(9:30受付開始)
    ■参加費 大人500円、子供 300円(ポールレンタル料 別途 200円)
    ■申込方法 1月12日 (土)9:00より電話受付
    ■準備物 動きやすい服装、防寒着、帽子、ポール(あれば)、雨具など
    ■備 考 島原の路地裏を散策しながらノルディックウォークを体験してもらいます。

    【申込・問合せ先】
    平成新山ネイチャーセンター
    TEL:0957-63-6752 FAX:0957-63-6753
    URL: http://heiseinc.com/

    https://epo-kyushu.jp/news-list/kyushu-news/1243-2018-12-13-01-56-47.html



    <九十九島ビジターセンター>━━━━━━━━
    □九十九島サロン5『美しい湾 九十九島の思い出』
    不思議がいっぱいの西海国立公園のことを専門家がわかりやすく解説します。
    今年度第5回目は、九十九島の海で生まれ育って80年、鹿子前地区の生き字引の方を講師に迎え、「世界で最も美しい湾クラブ」に加盟した九十九島周辺の思い出話を紹介していただきます。
     
    ■日  時 12月16日(日)14:00から16:00
    ■場  所 九十九島ビジターセンター
    ■講  師 遠藤清明 氏(鹿子前地区在住)
    ■参 加 費 無料
    ■対  象 どなたでも
    ※事前申込み不要
     
     
    □九十九島羽根つき
    正月遊びとして、九十九島で見られる鳥のイラスト入りの「羽子板」と、ミサゴの羽で作った「羽根」を使って「羽根つき」体験をします。
     
    ■日  時 2019年1月2日(水)13:00から15:00、3日(木)10:00から12:00
    ■場  所 九十九島ビジターセンター裏 デッキ
    ■参 加 費 無料
    ■対  象 どなたでも(小学生以下は保護者同伴)
    ※事前申込み不要
     
     
    □冬の野鳥を見よう
    講師に日本野鳥の会長崎県支部の今里順一郎氏を招き、野鳥が多く飛来する江楯池で冬によく見られるオシドリなどのカモ類やカワウなどを観察します。

    ■日  程 2019年1月19日(土)10:00から11:00
    ■集合場所 江楯池駐車場
    ■参 加 費 300円/人
    ■対  象 小学3年生以上(小学3年生は保護者も参加)
    ■定  員 15名
     
     
    □うみかぜガイドウォーク
    九十九島パールシーリゾート内にあるうみかぜ広場を自然観察しながら歩きます。

    ■日  程 随時(要相談)
    ■時  間 1時間程度(要相談)
    ■集合場所 九十九島ビジターセンター
    ■参 加 費 無料
    ■対  象 4歳以上(小学3年生以下は保護者も参加)
    ■定  員 20名程度
     
     
    □長尾半島ガイドウォーク
    九十九島ビジターセンターから歩いて15分の長尾半島を自然散策しながら歩きます。

    ■日  程 随時(要相談)
    ■時  間 2時間程度(要相談)
    ■集合場所 九十九島ビジターセンター
    ■参 加 費 無料
    ■対  象 小学生以上(小学3年生以下は保護者も参加)
    ■定  員 20名程度

    【申込・問合せ先】
    西海国立公園 九十九島ビジターセンター
    ? 0956-28-7919 FAX 0956-28-7351
    URL:http://www.kujukushima-visitorcenter.jp

    https://epo-kyushu.jp/news-list/kyushu-news/1244-2018-12-13-02-31-14.html



    <雲仙諏訪の池ビジターセンター>━━━━━━━━
    □星空観察会
    ■日 程 毎週金から日曜日、12月31日から1月3日の晴天時
    ■時 間 19:30から21:00
    ■参加費 無料
    ■申込方法 当日の20:30までにセンターに直接お越しください。
    ■準備物 特になし
    ■備 考 雨天・曇天・雷の場合は中止 当日の開催状況はブログにてお知らせします。

     
    □太陽観察会
    ■日 程 平成31年1月1日(火)2月9日(土)
    ■時 間 10:00から11:30
    ■参加費 無料
    ■申込方法 当日の11:15までにセンターに直接お越しください。
    ■準備物 特になし
    ■備 考 雨天・曇天・雷の場合は中止 当日の開催状況はブログにてお知らせします。


    □お手軽バードウォッチング
    ■日 程
      平成30年12月22日(土)24日(月)29日(土)〜31日(月)
      平成31年1月2日(水)3日(木)5日(金)6日(土)12日(土)〜14日(月)26日(土)27日(日)
      ※雨天中止
    ■時 間
      10:00から15:00の好きな時間(15:00までの受付)
     コース・・・60分、90分、120分の好きなコースをお選びください
    ■参加費 無料
    ■申込方法
     お電話かカウンターで前日までにお申し込み下さい。
    ■定  員 1回1グループ 2名より実施(10名以上は、事前申し込み)
     団体が入っている場合は、お断りすることがあります。


    □十人十色あなた色〜サザンカの花びら染〜
    ■日 程 平成31年2月3日(日)※雨天中止
    ■時 間 10:30から14:00(途中参加はできません)
    ■参加費  1500円(材料費・保険代込み)
    ■申込方法:1月20日(日)までにお電話にて申し込み下さい。
    ■定 員 10名(先着順・要予約)


    【申込・問合せ先】
    雲仙諏訪の池ビジターセンター
    TEL:0957-76-5010
    URL:http://suwanoikevc.web.fc2.com/


    <長者原ビジターセンター>━━━━━━━━
    大分県九重町にある長者原ビジターセンターは、阿蘇くじゅう国立公園の雄大な山々が望める場所にあります。タデ原のを歩きながら、自然観察を楽しみましょう!


    □タデ原の自然観察会
    ■日 程 12月16日(日)、23日(日・祝)、24日(月・祝)、
         1月13日(日)、14日(月・祝)、27日(日)
    ■時 間 いずれの日程も、午前10時〜12時
    ■参加費 無料
    ■申込方法 当日午前10時までに長者原ビジターセンターの受付カウンターでお申し込みください
           個人(ファミリー等の少人数)の場合は、事前予約は不要ですが、団体の場合は事前にご相談ください。
    ■準備物 歩きやすい服装と履き物
    ■備 考 ラムサール条約登録湿地・タデ原(たでわら)の木道やその周辺を、くじゅうの自然や歴史の話をしながらゆっくり歩きます。
    案内人は「九重の自然を守る会」のボランティアガイドのみなさんです。


    □タデ原のミニガイドウォーク
    ■日 程 毎日2回 
    ■時 間 午前11時/午後2時  各30分程度
    ■参加費 一人100円(保険料、資料代込み)
    ■申込方法 当日出発時刻までに、長者原ビジターセンターの受付までお越しください。
                      都合により中止にすることもありますので、参加希望の方はなるべく事前にお問い合わせください。
    ■準備物 歩きやすい服装と履き物
    ■備 考 長者原ビジターセンターの職員といっしょに、タデ原湿原の木道約800mのコースを30分ほどかけて歩きます。
    普段は気が付かないタデ原の見どころや、一年を通したうつりかわりなど、いろいろな話が満載です。


    【申込・問合せ先】
    長者原ビジターセンター
    TEL・FAX : 0973-79-2154
    URL:http://kyushu.env.go.jp/nature/tyojyabaru/

    https://epo-kyushu.jp/news-list/kyushu-news/1246-2018-12-13-03-44-30.html



    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃九州地方環境事務所からのご案内
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    □第5回地球温暖化に関する九州カンファレンス〜COP24交渉結果と我が国の将来を考える〜
     12月2日からポーランドで開催されている国連気候変動枠組条約第24回締約国会議(COP24)をテーマに第5回地球温暖化に関する九州カンファレンスを開催します。 
     COP24では「パリ協定」を運用するルールブック(実施指針)が採択される予定であり、今後の世界的な地球温暖化防止に向け重要な会議となります。
     本カンファレンスでは、COP24の交渉結果をはじめ各国の動向、及び国内の方向性等の最新情報を提供いたします。

    ■日 時:平成31年1月18日(金)13:30〜17:00 (開場及び受付開始13:00)
    ■会 場:TKPガーデンシティ博多新幹線口5階プレミアムホール
    ■定 員:120名

    お申込み・詳細はこちらから
    http://kyushu.env.go.jp/to_2018/cop24.html


    □アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]を随時更新しています!

    アクティブ・レンジャーとは、自然保護官の補佐役として、国立公園等のパトロール、調査、利用者指導、自然解説などの業務を担う環境省の職員です。
    管内には、瀬戸内海、西海、雲仙天草、阿蘇くじゅう、霧島錦江湾、屋久島、慶良間諸島、西表石垣、やんばる、奄美群島国立公園があります。
    アクティブ・レンジャー日記では、各国立公園での活動情報などを担当官が紹介しています。

    アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]トップページ
    http://kyushu.env.go.jp/blog/index.html
    ※随時更新されています。過去の記事は上記ウェブサイトにアクセスしていただき、ページ右側のカレンダー等から閲覧することができます。



    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃九州・沖縄地域の環境政策情報
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


    九州・沖縄各県の環境政策情報(12月上旬)
    https://epo-kyushu.jp/news-list/kyushu-news/1249-2018-12-14-08-41-39.html

    ★ご注意
    ※詳細はリンク先を必ずご確認ください。
    ※公開が終了している場合があります。
    ※表示順、日程は前後する場合があります。
    ※各県の情報はEPO九州で選択したものを公開しています。


    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃関連情報
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    □12月は大気汚染防止推進月間です

    例年、12月は自動車交通量の増加、ビルや家庭の暖房の他、気象条件の影響等により、大気汚染物質濃度が高くなる傾向があります。
    環境省では、毎年12月を大気汚染防止推進月間として、きれいな空を守ることの大切さを呼びかけています。この機会に大気汚染の防止について、みんなで考えてみましょう!

    http://www.env.go.jp/air/osen/gekkan/

    ___________________________________________________________


     □【12/22開催】平成30年度森林ボランティア活動報告会・交流会(熊本県)

    熊本県主催で行われる「平成30年度森林ボランティア活動報告会・交流会〜森林を守るために私たちが出来ること〜」。第1部の基調講演後の第2部において、EPO九州より「SDGs時代の森づくりと地域づくり」と題して話題提供をいたします。ぜひ、ご参加ください。

    ■日 時:2018年12月22日(土)13:30から17:30(受付13:00〜)
    ■会 場:ホテル熊本テルサ
         (熊本市中央区水前寺公園28-51)
    ■定 員:100名
    ■料 金:無料
    ■問合せ・申込先
     公益社団法人 熊本県緑化推進委員会
     TEL:096‐387‐6260 FAX:096‐387‐6218
     メールアドレス: 
     HP: http://www.midori-no-mori.net

    https://epo-kyushu.jp/epo-topix/news-of-epo-kyushu/1232-12-22-30.html


    ___________________________________________________________


    □【2019/1/18開催】第5回地球温暖化に関する九州カンファレンス(in 福岡市)


    12月2日からポーランドで開催されている国連気候変動枠組条約第24回締約国会議(COP24)をテーマに、「第5回地球温暖化に関する九州カンファレンス〜COP24交渉結果と我が国の将来を考える〜」を開催します。

    ■日 時 平成31年1月18日(金)13:30から17:00 (開場及び受付開始13:00)
    ■会 場 TKPガーデンシティ博多新幹線口5階プレミアムホール
         (福岡県福岡市博多区博多駅中央街5-14 福さ屋本社ビル)
    ■定 員 120名
    ■プログラム
     1.開会挨拶
     2.COP24の成果、パリ協定実施ルールと各国の動き(仮題) 
       東京大学 国際高等研究所(UTIAS)
       サステイナビリティ学連携研究機構(IR3S) 教授 高村 ゆかり 氏
     3.COP24を踏まえた国内動向、環境省の施策展開(仮題)
       環境省 地球環境局
       国際地球温暖化対策担当参事官  小川 眞佐子 氏
     4.地球温暖化1.5℃上昇のリスクと対策(仮題)
       福岡大学名誉教授   浅野 直人 氏
     5.パネルディスカッション、意見交換    
       モデレーター:浅野 直人 氏
       パネリスト:高村 ゆかり氏、 小川 眞佐子 氏
     6.閉会
    ■主 催 九州地方環境事務所


    ◆詳しい内容や申込方法は以下をご参照ください。
    http://kyushu.env.go.jp/to_2018/cop24.html

    ___________________________________________________________


    □【2019/1/18開催】ESDカリキュラム・デザイン研修会(in 長崎県島原市)

    環境教育を教育現場で推進するリーダー人材である教員等を対象に、教科縦断型のカリキュラム・デザイン力や実践力を高めることを目的とした研修会です。
    講師のアドバイスを受けならがらESDカレンダー作成に取り組みます。

    ■日 時 2019年1月18日(金)13:00から17:00
    ■会 場 有明総合文化会館 視聴覚室
         (長崎県島原市有明町大三東戉1382)
    ■対象者 ?小中学校教員 定員50名
         ?行政職員、地域の環境教育施設等(オブザーバー参加)
    ■主 催 長崎県環境部環境政策課
    ※環境省主催、文科省協力の講師派遣型研修

    ◆詳しい内容や申込方法は以下をご参照ください。
    http://www.kankyokatsudo-e.net/webroot/EventDetail.php?id=393

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    【発 行】
    九州地方環境パートナーシップオフィス EPO九州
    https://epo-kyushu.jp    E-mail:

    九州地方ESD活動支援センター
    http://kyushu.esdcenter.jp  E-mail:

    EPO・ESDセンターのフェイスブックを更新中!
    https://www.facebook.com/EPOkyushu

    〒860−0806 熊本市中央区花畑町4-18 熊本市国際交流会館2F
    TEL:096-312-1884  FAX:096-312-1894
    開所日 火〜土曜日(10:00〜19:00)
    休所日 日・月曜日、祝日、年末年始。熊本市国際交流会館休館日。



    【リンク】
    九州地方環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/

    那覇自然環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/naha/

    国立公園 http://www.env.go.jp/park/

    地球環境基金の情報館 http://www.erca.go.jp/jfge/index.html

    地球環境パートナーシッププラザ http://www.geoc.jp/

    環境らしんばん http://www.geoc.jp/rashinban/

    九十九島ビジターセンター http://www.kujukushima-visitorcenter.jp/

    雲仙お山の情報館 http://unzenvc.com/

    平成新山ネイチャーセンター http://heiseinc.com/

    雲仙諏訪の池ビジターセンター http://suwanoikevc.web.fc2.com/

    長者原ビジターセンター  http://kyushu.env.go.jp/nature/tyojyabaru/

    阿蘇草原保全活動センター 草原学習館 http://aso-sougencenter.jp/

    南阿蘇ビジターセンター http://www.minamiaso-vc.go.jp/

    えびのエコミュージアムセンター http://www.ebino-ecomuseum.go.jp/

    重富海岸自然ふれあい館 なぎさミュージアム http://www.nagisa-museum.com/

    対馬野生生物保護センター http://kyushu.env.go.jp/twcc/

    漫湖水鳥・湿地センター http://www.manko-mizudori.net/

    やんばる野生生物保護センター http://www.ufugi-yambaru.com/

    西表野生生物保護センター http://iwcc.a.la9.jp/

    さんごゆんたく館 https://www.facebook.com/sangoyuntakuvc/

    ----------------------------------------------------------------
    当メルマガへの登録・退会は、
    http://epo-kyushu.jp/about/magazine.html
    もしくは、退会用URL: http://epo-kyushu.jp/xmailinglist/eponews/
    のフォームからお願いいたします。
    ----------------------------------------------------------------
    環境パートナーシップに関するご質問、当メルマガへのご意見、ご感想
    などがございましたらまでどうぞ!
    ----------------------------------------------------------------
     
  • EPO九州 メールマガジン 「えぽねっと九州」vol.166, Fri May 31 2019

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     九州・沖縄のタイムリーな環境情報をお届けする
                    「EPOねっと九州」vol.166

    EPO九州より
    早くも5月最後のメールマガジンをお届けします。
    新しい元号を迎て1ヶ月が経ちました。
    マスコミ、チラシ、ニュースレターによる情報の伝達から、メールマガジン、HP、SNSと情報発信の手段も刻々と変化していきます。
    環境パートナーシップを築く中で、九州・沖縄地域の様々な情報を発信するのも私達、EPO九州の責務です。
    膝詰めの対話を重視しながらも、時流に敏感に対応し、最適な情報発信の手法を模索したいと考ています。




    【もくじ】

    EPO九州・ESD活動支援センターからのお知らせ

     ★EPO九州のinstagramアカウントを開設しました。

     □「繋げよう九州!広げようEPOの輪!! インタビュー」を掲載しています

     □【募集中】地域ESD活動推進拠点(地域ESD拠点)登録について



    ■地域ESD拠点からのお知らせ

     ☆拠点登録情報:NGO福岡ネットワーク

     □【環境講座】熊本地震後の地下水の変化 (第二回・第三回)

     □【公募開始】2019「肥後の水とみどりの愛護賞」募集

      □【公募開始】公益財団法人一本の木財団 助成事業下期分公募



    九州地方環境事務所からのご案内

     □地域循環共生圏に関する支援メニューの公開

     □平成31年度 地域循環共生圏づくりプラットフォームの構築に向けた地域循環共生圏の創造に取り組む活動団体の選定結果の公開

     □「環境教育等による環境保全の取組の促進に関する法律施行規則の一部を改正する省令」等について

     □環境教育体験活動の優良事例について

     □【参加募集】諏訪の池で魚(ウオ)ッチング~水生生物観察会~

      □ アクティブ・レンジャー日記



    九州・沖縄地域の環境政策情報

     □九州・沖縄各県の環境政策情報(5月下旬)



    ■関連情報

     □【公募開始】第30期プロ・ナトゥーラ・ファンド助成募集

    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    EPO九州・ESD活動支援センターからのお知らせ
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    EPO九州のinstagramアカウントを開設しました。
    少しずつ投稿をしています。
    まだ活用を模索中ではありますが、ぜひフォローをお願いします。
    https://www.instagram.com/epo_kyushu/


    ______________________________________________________

    □「繋げよう九州!広げようEPOの輪!! インタビュー」を掲載しています。

    九州・沖縄地域でESD推進や環境保全活動にに取り組んでいる皆さんへのインタビューを掲載しています。

    ●『北九州まなびとESDステーション』特任教員 宮原昌宏さんインタビュー
    https://epo-kyushu.jp/epo-topix/interview/1280-epo-esd-2.html

    ●『NPO法人循環生活研究所』理事長 たいら由以子さんインタビュー
    https://epo-kyushu.jp/epo-topix/interview/1281-epo-npo-2.html

    ●『NPO法人みずのとらベル隊』山下 吉弘さんインタビュー
    https://epo-kyushu.jp/epo-topix/interview/1264-epo-npo.html

    ________________________________________________________

    □【募集中】地域ESD活動推進拠点(地域ESD拠点)登録について

    地域や社会の課題解決に関する学びや活動に取り組んでいらっしゃる学校現場・社会教育の現場等の皆様へ、ESDを支援・推進する団体として、「地域ESD活動推進拠点(以下「地域 ESD拠点」)のご登録を募っております。
    九州地方ESD活動支援センターでは、ご登録いただいた団体をパートナーとして、当センターや他の地域ESD拠点と連携し、各地域・各分野で取り組まれるESDの支援やこれからESD活動を始められる主体への支援を「ESD推進ネットワーク」の中で果たしていきたいと考ています。
    ご関心をお持ちの団体様は、まずは下記へご連絡ください。

    ESD(Education for Sustainable Development)とは、持続可能な開発のための人と地域を育てる教育をさします。

    ■お問合せ 九州地方ESD活動支援センター
          TEL:096-223-7422 FAX:096-312-1894
          E-mail
    (〒860-0806 熊本市中央区花畑町4-18 熊本市国際交流会館2F EPO九州内 )



    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃地域ESD拠点からのお知らせ
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


    ☆新たに九州・沖縄地域から、NPO法人NGO福岡ネットワークが地域ESD拠点に登録されました。

     [所在地]福岡県福岡市博多区
     [URL]https://ngofukuoka.net/

     【登録一覧】https://esdcenter.jp/kyoten/#kyushu


    ________________________________________________________


    【環境講座】熊本地震後の地下水の変化

    熊本地震からまもなく3年が経過します。
    熊本の地下水は、地震後にどのように変化したのか、影響があったのかといったことが学術的に解明されてまいりました。
    そこで今年度は、大学の先生方による「環境講座」を、下記のとおり企画いたしました。

    ■第2回
    講師:嶋田 純 熊本大学名誉教授
    7月19日(金)13:30~15:00

    ■第3回
    講師:市川 勉 東海大学特任教授
    9月20日(金)13:30~15:00

    ■参加費:無料
    ■定 員:50人(先着)
    ■場 所:肥後の里山ギャラリー (肥後銀行本店 1階)

    【お申込み・お問い合わせ先】
    公益財団法人 肥後の水とみどりの愛護基金 TEL 096-351-3882

    https://epo-kyushu.jp/news-list/kyushu-news/1297-2019-04-26-07-51-33.html


    ________________________________________________________


    □【公募開始】2019「肥後の水とみどりの愛護賞」募集

    ■表彰の目的
    熊本地域における、水とみどりの保全活動への関心の高まりや、継続的実践行動の広がりを目的とし、支援助成するものです。

    ■表彰の対象
    熊本県内で以下のような着実かつ実効につながる実践活動を最低 2 年以上継続している、県内の自治体(県を除く)、企業、ボランティア団体、学校、個人など。なお、過去の表彰先でも、5年以上経過した先は対象となります。
     1.水資源の涵養・保全・節水
     2.水質汚染防止
     3.緑化推進

    ■募集期間
    令和元年5月20日~7月31日

    ■主催
    公益財団法人 肥後の水とみどりの愛護基金、熊本日日新聞社、熊本県、肥後銀行

    ■お問合せ先
     公益財団法人 肥後の水とみどりの愛護基金
      〒860-0012 熊本市中央区紺屋今町 1-23
      TEL096-351-3882 FAX096-351-3885
      URL http://www.mizutomidori.jp/

    応募、推薦の詳細は下記からご確認ください。
    https://kyushu.esdcenter.jp/2019/05/31/aigosyo_2019/


    ________________________________________________________


    □【公募開始】公益財団法人一本の木財団 助成事業下期分公募

    公益財団法人 一本の木財団は、熊本の豊かな自然を守るため、自然環境保全等に取り組んでおられる団体等を対象に助成を行っています。
    令和元年度下期分について、下記のとおり公募します。

    ■受付期間:令和元年6月1日~令和元年7月31日(当日の消印有効)

    ■事業の実施期間:令和元年度下期(令和元年10月1日から令和2年3月31日まで)
             ※助成は、財団の運営委員会での審議を経て決定します。

    ■助成対象団体等
     ?目的、組織、代表者団体の運営に必要な事項についての定めがあること。
     ?国、地方公共団体及び企業等が資本金、基本金その他これらに準ずるものを出資した法人でないこと。
     ?非営利団体であること。

    ■助成対象事業
     ?多様な野生動植物の保護保全等
     ?森や水などの自然環境・地域環境の保護保全
     ?地域の景観整備などの保全、環境美化活動等
     ?子どもたちを対象とした環境教育事業
     上記に関する事業であること及び非営利かつ政治又は宗教活動に関わりのない事業


    応募の詳細は下記からご確認ください。
    https://kyushu.esdcenter.jp/2019/05/31/2019_shimoki_ipponnoki_josei/



    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    九州地方環境事務所からのご案内
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    □地域循環共生圏に関する支援メニューの公開

    環境省による地域循環共生圏に関する支援メニューページが公開されました。

    2018年4月に閣議決定した第五次環境基本計画では、国連「持続可能な開発目標」(SDGs)や「パリ協定」といった世界を巻き込む国際な潮流や複雑化する環境・経済・社会の課題を踏ま複数の課題の統合的な解決というSDGsの考方も活用した「地域循環共生圏」を提唱しました。
    「地域循環共生圏」とは、各地域が美しい自然景観等の地域資源を最大限活用しながら自立・分散型の社会を形成しつつ、地域の特性に応じて資源を補完し支合うことにより、地域の活力が最大限に発揮されることを目指す考方です。 
    「地域循環共生圏」は、農山漁村も都市も活かす、我が国の地域の活力を最大限に発揮する構想であり、その創造によりSDGsやSociety5.0の実現にもつながるものです。
    「地域循環共生圏」の創造による持続可能な地域づくりを通じて、環境で地方を元気にするとともに、持続可能な循環共生型の社会を構築していきます。

    https://epo-kyushu.jp/news-list/related-news/1311-2019-05-31-09-31-34.html

     ___________________________________________________________


    □平成31年度 地域循環共生圏づくりプラットフォームの構築に向けた地域循環共生圏の創造に取り組む活動団体の選定結果の公開

    平成31年度 地域循環共生圏づくりプラットフォームの構築に向けた地域循環共生圏の創造に取り組む活動団体について公募を行ったところ、66件の応募があり、審査の結果35件を選定しました。

    ■事業の概要
    本事業は、地域循環共生圏の構築に向け、今回選定された活動団体と連携し「地域の総合的な取組となる経済合理性と持続可能性を有する構想策定及びその構想を踏また事業計画の策定」、「地域の核となるステークホルダーの組織化」等の環境整備に一緒に取り組むとともに、地域循環共生圏づくりに資するプロフェッショナル人材や情報の集約、地域と企業等とのマッチング支援など、地域循環共生圏の創造を強力に推進する「地域循環共生圏づくりプラットフォーム」の構築を行うものです。

    九州・沖縄地域からは下記の9団体が選定されました。※【】は活動地域
      宗像国際環境会議実行委員会 【福岡県宗像市】
      一般社団法人 九州循環共生協議会 【福岡県朝倉市】
      鹿島市ラムサール条約推進協議会 【佐賀県鹿島市】
      小国町(熊本県) 【熊本県阿蘇郡小国町】
      熊本県、南阿蘇村 【熊本県阿蘇郡南阿蘇村】
      奄美市 【鹿児島県奄美市】
      徳之島地区自然保護協議会 【鹿児島県大島郡徳之島町】
      宮古島市 【沖縄県宮古島市】
      国頭村 【沖縄県国頭郡国頭村】

    https://epo-kyushu.jp/news-list/related-news/1312-31.html

    ___________________________________________________________


    □「環境教育等による環境保全の取組の促進に関する法律施行規則の一部を改正する省令」等について

     体験の機会の場の認定制度とは、所有又は賃貸借契約等を結んで使用している土地又は建物を、自然体験活動等の体験の機会の場として提供する場合、申請を受けて、都道府県知事等が認定する制度です(申請方法等については、各都道府県等にお問合せください。)。
     認定した体験の機会の場をインターネットを通じて公表することにより、自然体験活動等へ参加しようとする人による、ニーズに合った場へのアクセスを円滑化することなどを目的としています。
     環境教育等による環境保全の取組の促進に関する法律施行規則の一部を改正する省令が公布されました。省令の改正について、別添のとおり「「環境教育等による環境保全の取組の促進に関する法律施行規則の一部を改正する省令」等について」を通知しました。
     また、体験の機会の場について、環境教育等促進法第20条の8の規定により、国に申請する場合の申請・認定手続を定めている「体験の機会の場申請要領」及び「環境教育等による環境保全の取組の促進に関する法律に基づく体験の機会の場の認定に関する運用について」(いずれも関係各省申合せ)も改正しました。
     改正後の要領については、以下のウェブサイトを御参照ください。

    【環境省_体験の機会の場の認定に係る申請について | 環境教育・環境学習・環境保全活動】
    https://edu.env.go.jp/system/opportunity.html

    ___________________________________________________________


    □環境教育体験活動の優良事例について

     昨年6月に閣議決定した環境教育等促進法に基づく基本方針で、体験活動の促進が重要とされたことから、優良な事例を広く集め、公表することとしました。
     平成30年度は、試行的に、関係省庁で、既存資料等を基に収集し、掲載しました。今年度も収集・公表について継続する予定です(方法等は今後検討します)。
     体験の機会の場の認定事業者についても、取組事例を掲載いたしました。今後も、未掲載の事業者について、掲載していきたいと考ております。
     また、体験の機会の場について、基本方針を踏また体験の機会の場の積極的活用についての資料を掲載しましたので、御活用ください。

    【環境省_各種認定、登録、指定など | 環境教育・環境学習・環境保全活動】
    https://edu.env.go.jp/system.html

    __________________________________________________________


    □【参加募集】諏訪の池で魚(ウオ)ッチング~水生生物観察会~

    九州地方環境事務所では、雲仙諏訪の池ビジターセンターにおいて休暇村雲仙との共催により「諏訪の池で魚(ウオ)ッチング~水生生物観察会~」を開催します。
    今回は、長崎県生物学会会長の松尾公則氏、自然観察指導員の上田浩平氏の両名を講師にお招きし、諏訪の池の水辺環境に関する講演の後、水生生物の種類や生態、水生生物の観察方法について学びます。
    初めての方や子ども向け、親子向けの内容になっていますので、お気軽にご参加ください。

    ■開催日時:令和元年6月29日(土)10:00~13:00

    ■集合場所:雲仙諏訪の池ビジターセンター(9:40より受付開始)

    ■講  師:松尾公則氏(長崎県生物学会会長)上田浩平氏(自然観察指導員)

    ■対  象:小学生以上(但し、小学校3年生以下は保護者同伴)

    ■定  員:20名(抽選・結果は、後日文書にて連絡)

    ■参 加 費:300円(資料代、保険代等)

    ■持 ち 物:動きやすい服装(長袖・長ズボン)・着替・筆記用具・運動靴・替の靴・帽子?雨具・水筒・タオル等

    ■申込方法:5月27日(月)受付開始。6月20日(木)まで電話にてお申し込み下さい。(その後、抽選)

    ■お申し込み・お問い合わせ先
    雲仙諏訪の池ビジターセンター(担当:大向)
    電話:0957-76-5010(9:00-17:00)毎週水曜日休館

    https://epo-kyushu.jp/news-list/kyushu-news/1308-2019-05-31-08-31-40.html
    ___________________________________________________________

    □アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]を随時更新しています!

    アクティブ・レンジャーとは、自然保護官の補佐役として、国立公園等のパトロール、調査、利用者指導、自然解説などの業務を担う環境省の職員です。
    管内には、瀬戸内海、西海、雲仙天草、阿蘇くじゅう、霧島錦江湾、屋久島、慶良間諸島、西表石垣、やんばる、奄美群島国立公園があります。
    アクティブ・レンジャー日記では、各国立公園での活動情報などを担当官が紹介しています。

    アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]トップページ
    http://kyushu.env.go.jp/blog/index.html
    ※随時更新されています。過去の記事は上記ウェブサイトにアクセスしていただき、ページ右側のカレンダー等から閲覧することができます。




    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    九州・沖縄地域の環境政策情報
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


    九州・沖縄各県の環境政策情報(5月下旬)
    https://epo-kyushu.jp/news-list/kyushu-news/1314-2019-05-31-10-31-49.html


    ★ご注意
    ※詳細はリンク先を必ずご確認ください。
    ※公開が終了している場合があります。
    ※表示順、日程は前後する場合があります。
    ※各県の情報はEPO九州で選択したものを公開しています。




    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃関連情報
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    □【公募開始】第30期プロ・ナトゥーラ・ファンド助成募集

    プロ・ナトゥーラ・ファンド助成は,国内外の自然環境の保全を目指した調査・研究,および市民活動に対する助成プログラムです。
    第30期(2019年)は,総額約2,350万円の助成を予定しております。
    助成カテゴリーは,国内研究助成,国内活動助成,海外助成,特定テーマ助成の4つです。

    ■募集期間: 2019年5月27日(月)~2019年7月12日(金)正午(郵送の場合は必着)

    ■助成期間: 2019年10月~2020年9月末 ※国内研究助成2年プロジェクトおよび特定テーマ助成2年プロジェクトは2021年9月末まで

    ■問い合わせ・申請書送付先:
    公益財団法人自然保護助成基金 プロ・ナトゥーラ・ファンド助成担当係
    Tel: 03-5454-1789 Fax: 03-5454-2838
    Email: office[at]pronaturajapan.com ([at]を@に変換して下さい)

    https://epo-kyushu.jp/news-list/grant-recruitment/1313-30-2.html



    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    【発 行】
    九州地方環境パートナーシップオフィス EPO九州
    https://epo-kyushu.jp    E-mail:info@epo-kyushu.jp

    九州地方ESD活動支援センター
    http://kyushu.esdcenter.jp  E-mail:contact@kyushu-esdcenter.jp

    EPO・ESDセンターのフェイスブックを更新中!
    https://www.facebook.com/EPOkyushu

    〒860-0806 熊本市中央区花畑町4-18 熊本市国際交流会館2F
    TEL:096-312-1884  FAX:096-312-1894
    開所日 火~土曜日(10:00~19:00)
    休所日 日・月曜日、祝日、年末年始。熊本市国際交流会館休館日。



    【リンク】
    九州地方環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/

    那覇自然環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/naha/

    国立公園 http://www.env.go.jp/park/

    地球環境基金の情報館 http://www.erca.go.jp/jfge/index.html

    地球環境パートナーシッププラザ http://www.geoc.jp/

    環境らしんばん http://www.geoc.jp/rashinban/

    九十九島ビジターセンター http://www.kujukushima-visitorcenter.jp/

    雲仙お山の情報館 http://unzenvc.com/

    平成新山ネイチャーセンター http://heiseinc.com/

    雲仙諏訪の池ビジターセンター http://suwanoikevc.web.fc2.com/

    長者原ビジターセンター  http://kyushu.env.go.jp/nature/tyojyabaru/

    阿蘇草原保全活動センター 草原学習館 http://aso-sougencenter.jp/

    南阿蘇ビジターセンター http://www.minamiaso-vc.go.jp/

    びのコミュージアムセンター http://www.ebino-ecomuseum.go.jp/

    重富海岸自然ふれあい館 なぎさミュージアム http://www.nagisa-museum.com/

    対馬野生生物保護センター http://kyushu.env.go.jp/twcc/

    漫湖水鳥・湿地センター http://www.manko-mizudori.net/

    やんばる野生生物保護センター http://www.ufugi-yambaru.com/

    西表野生生物保護センター http://iwcc.a.la9.jp/

    さんごゆんたく館 https://www.facebook.com/sangoyuntakuvc/

    ----------------------------------------------------------------
    当メルマガへの登録・退会は、
    http://epo-kyushu.jp/about/magazine.html
    もしくは、退会用URL: http://epo-kyushu.jp/xmailinglist/eponews/
    のフォームからお願いいたします。
    ----------------------------------------------------------------
    環境パートナーシップに関するご質問、当メルマガへのご意見、ご感想
    などがございましたらinfo@epo-kyushu.jpまでどうぞ!
    ----------------------------------------------------------------
  • EPO九州 メールマガジン 「えぽねっと九州」vol.169,Tue 16 Jul 2019

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    九州・沖縄のタイムリーな環境情報をお届けする

    「EPOねっと九州」vol.169

    ◇EPO九州より

    7月14日は祝日である「海の日」でした。
    7月20日の印象が強い方も多いかと思いますが2003年に現在の7月の第3月曜日に変更されました。
    「海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う」を趣旨としています。
    水質の汚染、海洋生態系の保全やマイクロプラスチックの問題など、近年海に関する環境問題は深刻化しています。
    島しょ部も多く、海や沿岸部が身近な九州・沖縄地域です。
    祝日を機に、私達の生活を支える海について、より深く考えてみませんか?

    【もくじ】

    ■EPO九州・ESD活動支援センターからのお知らせ

    □ 九州大学 水素エネルギー国際研究センターが地域ESD拠点登録
    □【募集中】地域ESD活動推進拠点(地域ESD拠点)登録について

    ★EPO九州instagramアカウントを開設しました。


    ■ビジターセンター等からのお知らせ
    ☆Pick up!
    <対馬野生生物保護センター>
    <九十九島ビジターセンター>
    <雲仙諏訪の池ビジターセンター>

    ■九州地方環境事務所からのご案内
    □SDGs未来都市及び自治体SDGsモデル事業の選定について(内閣府地方創生推進事務局)
    □環境省_ENVIRONMENT NEWSの発行
    □第5回全国ユース環境活動発表大会のお知らせ
    □環境省_令和元年版環境白書・循環型社会白書・生物多様性白書の閣議決定について
    □環境教育体験活動の優良事例について
    □ アクティブ・レンジャー日記

    ■九州・沖縄地域の環境政策情報(7月上旬)


    ■関連情報
    □第6回ESD日本ユース・コンファレンス(10月13〜14日・東京)参加者募集中
    □【公募開始】2019「肥後の水とみどりの愛護賞」募集

    □【公募開始】公益財団法人一本の木財団 助成事業下期分公募
    □【公募開始】TOYO TIRE グループ環境保護基金 募集開始
    □公益信託 大成建設 自然・歴史環境基金 2019年度助成金募集のご案内

    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ┃EPO九州・ESD活動支援センターからのお知らせ

    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    □九州大学 水素エネルギー国際研究センターが地域ESD拠点登録
    福岡県内から新たなESD拠点登録をいただきました。
    九州大学 水素エネルギー国際研究センターは、脱炭素社会実現に向けたキーテクノロジーである水素エネルギーに関する世界的な研究教育拠点です。
    最先端研究だけでなく、水素ステーションを伊都キャンパス内で運営し「水素社会ショールーム」を設け、見学・視察を受け入れ社会受容性向上やSDGsの普及啓発に努めておられます。

    詳細はこちら
    https://esdcenter.jp/kyoten_h2-kyushu-u/

    ________________________________________________________

    □【募集中】地域ESD活動推進拠点(地域ESD拠点)登録について
    地域や社会の課題解決に関する学びや活動に取り組んでいらっしゃる学校現場・社会教育の現場等の皆様へ、ESDを支援・推進する団体として、「地域ESD活動推進拠点(以下「地域 ESD拠点」)のご登録を募っております。
    九州地方ESD活動支援センターでは、ご登録いただいた団体をパートナーとして、当センターや他の地域ESD拠点と連携し、各地域・各分野で取り組まれるESDの支援やこれからESD活動を始められる主体への支援を「ESD推進ネットワーク」の中で果たしていきたいと考えています。
    ご関心をお持ちの団体様は、まずは下記へご連絡ください。
    ESD(Education for Sustainable Development)とは、持続可能な開発のための人と地域を育てる教育をさします。

    ■お問合せ 九州地方ESD活動支援センター
    TEL:096-223-7422 FAX:096-312-1894
    E-mail
    (〒860-0806 熊本市中央区花畑町4-18 熊本市国際交流会館2F EPO九州内 )

    ________________________________________________________

    ★EPO九州instagramアカウントを開設しました。
    少しずつ投稿をしています。ぜひフォローをお願いします。
    https://www.instagram.com/epo_kyushu/

    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ┃ビジターセンター等からのお知らせ

    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    Pick up!
    <対馬野生生物保護センター>
    今月のピックアップ情報は、<重富海岸自然ふれあい館なぎさミュージアム>です。
    対馬にのみ自生する黄金色のオニユリ「オウゴンオニユリ」の咲く季節となりました。
    ビジターセンター玄関にも咲いているので、是非見に来て下さい♪
    公開ツシマヤマネコ?福馬?は体調不良により公開を休止しています。
    現在は映像や写真、剥製の展示のみとなっています。
    対馬野生生物保護センターへお越しの際は、あらかじめご了承ください。

    □夏休み特別企画!!生き物クイズラリー
    ■日 程 8月10日(土)〜12日(月・祝)
    ■時 間 10:00~16:00(開館時間 随時実施)
    ■参加費 無料
    ■申込方法 当日受付にて
    ■準備物 なし
    ■備 考  なし
    ■申込・問合せ先

    対馬野生生物保護センター
    〒817-1603 長崎県対馬市上県町棹崎公園
    TEL/FAX:0920-84-5577/0920-84-5578
    開館時間:10:00〜16:30(受付は16:00まで)
    休館日:毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日)、年末年始

    <九十九島ビジターセンター>━━━━━━━━
    □九十九島なんでもクイズ
    ビジターセンター館内やパールシーリゾートをセルフガイドでまわり、
    レベル別クイズを解いていこう。全レベル制覇できるかな?

    ■日程 7月13日(土)〜8月31日(土)
    ■時間 9:00〜16:00 (随時受付)
    ■参加費 無料
    ■申込方法 不要
    ■対象 どなたでも

    □九十九島こどもサロン
    さまざまな分野の専門家を招いて、九十九島サロンを行います。
    今回は、講師に長崎女子短期大学特別専任教授 松尾 公則氏をお呼びして、
    長崎県のカエル全般を話しから、現在叫ばれている生物多様性や環境問題にせまる話をしていただきます。

    ■日程 8月4日(日)
    ■時間 14:30〜16:00
    ■参加費 無料
    ■申込方法 不要
    ■対象 どなたでも
    ■場所 九十九島ビジターセンター2階
    ■申込・問い合わせ先
    施設名  西海国立公園 九十九島ビジターセンター
    Tel・Fax Tel0956-28-7919 Fax0956-28-7351
    URL   http://www.kujukushima-visitorcenter.jp/

    <雲仙諏訪の池ビジターセンター>━━━━━━━━

    □星空観察会
    ■日程 毎週金〜日曜日の晴天時及び7月19日〜8月25日(日)の晴天時
    ■時間 19:30~21:00
    ■参加費 無料
    ■申込方法 当日の20:30までにセンターに直接お越しください。
    ■準備物 特になし
    ■備 考 雨天・曇天・雷の場合は中止 夏休み期間は休館日をのぞく 当日の開催状況はブログにてお知らせします。

    □諏訪の池で散歩
    ■日程 8月14(日)〜17日(土) ※雨天中止
    ■時間 10:00-15:00の好きな時間※15:00までの受付
    ■コース 30分60分の好きなコースをお選びください
    ■参加費 無料
    ■申込 スタッフ駐在中は、随時開催しています。カウンターで直接お申し込み下さい。
    ■定員 1回1グループ 2名より実施(10名以上は、事前申し込み)
    団体が入っている場合は、お断りすることがあります。

    □太陽観察会

    ■日 程 7月20日(土)8月12日(月)
    ■時 間 13:30〜15:00
    ■参加費 無料
    ■申込方法 当日の14:45までにセンターに直接お越しください。
    ■準備物 特になし
    ■備 考 雨天・曇天・雷の場合は中止
    ■申込・問合せ先
    施設名 雲仙諏訪の池ビジターセンター
    電話番号:0957-76-5010
    URL:http://suwanoikevc.web.fc2/com/

    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ┃九州地方環境事務所からのご案内

    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    □SDGs未来都市及び自治体SDGsモデル事業の選定について(内閣府地方創生推進事務局)
    内閣府による「SDGs未来都市」及び「自治体SDGsモデル事業」の選定結果が発表され、全国で31都市、10事業が選ばれました。
    九州・沖縄地域では下記の6自治体、3事業が選定されています。

    ○SDGs未来都市選定都市(6市町村)
    福岡県大牟田市
    福岡県福津市
    熊本県熊本市
    鹿児島県大崎町
    鹿児島県徳之島町
    沖縄県恩納村

    ○自治体SDGsモデル事業選定都市(3市町村)
    熊本県熊本市
    鹿児島県大崎町
    沖縄県恩納村
    https://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/kankyo/teian/sdgs_2019sentei.html

    □環境省_ENVIRONMENT NEWSの発行
    環境行政のトピックを紹介するニュースレターが公開されました。
    https://www.env.go.jp/guide/newsletter/

    □環境省_令和元年版環境白書・循環型社会白書・生物多様性白書の閣議決定について
    令和元年版環境白書・循環型社会白書・生物多様性白書は、本日6月7日(金)に閣議決定され、国会に提出されました。
    本年の白書は、「持続可能な未来のための地域循環共生圏―気候変動影響への適応とプラスチック資源循環の取組―」をテーマとして、第5次環境基本計画(平成30年4月閣議決定)で提唱した「地域循環共生圏」の観点を交え、気候変動への適応とプラスチック資源循環について、各地域、各主体の取組や、ライフスタイルの転換に向けた取組事例等を紹介しています。
    https://www.env.go.jp/press/106862.html

    □第5回全国ユース環境活動発表大会のお知らせ
    「全国ユース環境ネットワーク促進事業」は、ユースネットワーク構築を促し、そこで相互研鑽や情報共有を通じ、ユースの更なる可能性を引き出し、もって持続可能な社会の担い手を育む大きな流れを作ることを目的として行っています。
    今年度も全国8ヶ所で地方大会を開催します。地方大会で選ばれた高校は2020年2月に実施する全国大会へ出場となります。
    (応募期間は2019年9月中旬〜10月15日(火)の予定)

    全国ユース環境ネットワーク|地球環境基金の情報館|独立行政法人環境再生保全機構
    https://www.erca.go.jp/jfge/youth/challenge/ear_05.html

    ___________________________________________________________

    □環境教育体験活動の優良事例について
    昨年6月に閣議決定した環境教育等促進法に基づく基本方針で、体験活動の促進が重要とされたことから、優良な事例を広く集め、公表することとしました。
    平成30年度は、試行的に、関係省庁で、既存資料等を基に収集し、掲載しました。今年度も収集・公表について継続する予定です(方法等は今後検討します)。
    体験の機会の場の認定事業者についても、取組事例を掲載いたしました。今後も、未掲載の事業者について、掲載していきたいと考えております。
    また、体験の機会の場について、基本方針を踏まえた体験の機会の場の積極的活用についての資料を掲載しましたので、御活用ください。

    【環境省_各種認定、登録、指定など | 環境教育・環境学習・環境保全活動】
    https://edu.env.go.jp/system.html

    ___________________________________________________________

    □アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]を随時更新しています!
    アクティブ・レンジャーとは、自然保護官の補佐役として、国立公園等のパトロール、調査、利用者指導、自然解説などの業務を担う環境省の職員です。
    管内には、瀬戸内海、西海、雲仙天草、阿蘇くじゅう、霧島錦江湾、屋久島、慶良間諸島、西表石垣、やんばる、奄美群島国立公園があります。
    アクティブ・レンジャー日記では、各国立公園での活動情報などを担当官が紹介しています。
    アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]トップページ
    http://kyushu.env.go.jp/blog/index.html

    ※随時更新されています。過去の記事は上記ウェブサイトにアクセスしていただき、ページ右側のカレンダー等から閲覧することができます。

    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ┃九州・沖縄地域の環境政策情報

    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    九州・沖縄各県の環境政策情報(7月上旬)
    https://epo-kyushu.jp/news-list/kyushu-news/1330-7-6.html

    ★ご注意
    ※詳細はリンク先を必ずご確認ください。
    ※公開が終了している場合があります。
    ※表示順、日程は前後する場合があります。
    ※各県の情報はEPO九州で選択したものを公開しています。

    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ┃関連情報

    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    □第6回ESD日本ユース・コンファレンス(10月13〜14日・東京)参加者募集中
    環境や社会の様々な課題を解決し、みんなが幸せに暮らせる持続可能な社会を育むためには、どうすればよいのか?
    そのために「教育」や「人づくり」を通して、私たちは何ができるのか?
    ESD日本ユース・コンファレンスは、このような問題意識をもつ全国の次世代リーダーが、業種や分野を越えてつながり、学び合い、連携しながら未来を変えるアクションを生み出していく合宿形式のイベントです。
    SDGs(持続可能な開発目標)の達成に向けた国際的な教育ムーブメントであるESD(持続可能な開発のための教育)の推進を目的に、2014年から開催している本コンファレンスには、学生、教育機関、NPO、行政、企業などから、毎年選抜された約50名が参加し、互いに応援し合い、協働するコミュニティ「ESD日本ユース」として継続的に活動しています。
    志ある同世代の仲間と出会い、未来を共につくる活動に関心のある方は、ふるってご参加ください!
    本事業は2019年度日本/ユネスコパートナーシップ事業です。

    <募集概要>
    〇 開催期間:2019年10月13日(日)10:30−10月14日(祝・月)16:00
    〇 開催場所:クロス・ウェーブ府中 (東京都府中市日鋼町1-40)
    〇 募集人数:50名程度
    〇 参 加 費:無料(宿泊、食事を提供)。会場までの交通費は個人負担となります。
    *遠方からの参加者には交通費補助制度があります。

    〇 応募要件:
    1.18歳−35歳の方(2019年7月31日時点)で、持続可能な社会に貢献する人づくりや教育啓発活動に取り組んでいる方。また、そのような活動に関心がある方。
    2.日本在住で、日本語での議論が可能な方。(国籍は問いません)
    3.開催趣旨を理解し、積極的に会議の成果に寄与し、その後も「ESD日本ユース」のコミュニティのメンバーとして活動を継続していこうという意思のある方。
    4.10月13日(日)−14日(祝・月)全てのプログラムに必ず参加出来る方。
    5.さらに、事前のオンライン・ミーティング(10月2日(水)または10月5日(土)のいずれか)、およびユース・コンファレンスのフォローアップとして開催するコミュニティ・ミーティング(2020年2月16日(日)/会場(東京)またはオンラインのいずれか)に参加できる方。

    〇 募集締切:2019年7月31日(水)必着
    〇 選考結果:2019年8月30日(金)までにEメールで通知します。
    https://www.goipeace.or.jp/news/20190601/

    ________________________________________________________

    □【公募開始】2019「肥後の水とみどりの愛護賞」募集
    ■表彰の目的
    熊本地域における、水とみどりの保全活動への関心の高まりや、継続的実践行動の広がりを目的とし、支援助成するものです。
    ■表彰の対象
    熊本県内で以下のような着実かつ実効につながる実践活動を最低 2 年以上継続している、県内の自治体(県を除く)、企業、ボランティア団体、学校、個人など。なお、過去の表彰先でも、5年以上経過した先は対象となります。
    1.水資源の涵養・保全・節水
    2.水質汚染防止
    3.緑化推進
    ■募集期間
    令和元年5月20日〜7月31日
    ■主催
    公益財団法人 肥後の水とみどりの愛護基金、熊本日日新聞社、熊本県、肥後銀行
    ■お問合せ先
    公益財団法人 肥後の水とみどりの愛護基金
    〒860-0012 熊本市中央区紺屋今町 1-23
    TEL096-351-3882 FAX096-351-3885
    URL http://www.mizutomidori.jp/

    応募、推薦の詳細は下記からご確認ください。
    https://kyushu.esdcenter.jp/2019/05/31/aigosyo_2019/

    ________________________________________________________

    □【公募開始】公益財団法人一本の木財団 助成事業下期分公募
    公益財団法人 一本の木財団は、熊本の豊かな自然を守るため、自然環境保全等に取り組んでおられる団体等を対象に助成を行っています。
    令和元年度下期分について、下記のとおり公募します。

    ■受付期間:令和元年6月1日〜令和元年7月31日(当日の消印有効)
    ■事業の実施期間:令和元年度下期(令和元年10月1日から令和2年3月31日まで)
    ※助成は、財団の運営委員会での審議を経て決定します。
    ■助成対象団体等
    ・目的、組織、代表者団体の運営に必要な事項についての定めがあること。
    ・国、地方公共団体及び企業等が資本金、基本金その他これらに準ずるものを出資した法人でないこと。
    ・非営利団体であること。
    ■助成対象事業
    ・多様な野生動植物の保護保全等
    ・森や水などの自然環境・地域環境の保護保全
    ・地域の景観整備などの保全、環境美化活動等
    ・子どもたちを対象とした環境教育事業

    上記に関する事業であること及び非営利かつ政治又は宗教活動に関わりのない事業
    応募の詳細は下記からご確認ください。
    https://kyushu.esdcenter.jp/2019/05/31/2019_shimoki_ipponnoki_josei/


    ___________________________________________________________

    □【公募開始】TOYO TIRE グループ環境保護基金 募集開始
    TOYO TIRE グループ環境保護基金は、環境保護活動を行う非営利団体を資金面で支援することを目的として1992年に設置され、これまで延べ889団体に対し、累計5億4,500万円(2019年4月末現在)の助成を行ってきました。
    本基金は TOYO TIRE グループ従業員有志からの寄付金に会社が同額を上乗せして拠出するマッチングギフト方式をとっています。

    助成対象とする団体・事業と助成枠
    01)公益に資する事業を計画している団体。
    02)環境保護・環境保全関連の事業活動。
    (1)里山・森林・緑化整備運動
    (2)生態系保護活動
    (3)水・河川環境保全活動
    (4)地域環境整備活動
    (5)リサイクル活動
    (6)環境教育・体験学習活動
    (7)啓発活動・イベント活動
    (8)研究・開発活動
    (9)その他

    03)2020年4月1日から2021年3月31日までの間における1年間の事業活動。
    04)助成金額上限:150万円

    その他詳細は下記から
    https://www.philanthropy.or.jp/toyotires/

    ___________________________________________________________

    □公益信託 大成建設 自然・歴史環境基金 2019年度助成金募集のご案内
    これからの地球社会の健全で持続的な発展のためには、自然環境の保全や再生、歴史的建造物等の歴史的・文化的な環境の保存や活用が必要とされています。
    本基金は、“人がいきいきとする環境を創造する”という大成建設グループの理念を踏まえ、こうした活動や研究を応援することを目的に設立されました。

    ■助成対象
    国内ならびに開発途上国の自然・歴史環境の保全活用にかかわる活動や研究。
    ■助成要件
    国内に拠点を置き、自然?歴史環境の保全活用のために、活動や研究を行う非営利団体(個人による申請は不可)で適正な運営、会計処理、情報公開を行っていることが要件です。
    なお、大学の研究室が応募する場合には、地域社会等と連携した活動であることも要件となります。
    また、助成を受けた場合、「助成活動・研究報告書」および「助成金収支報告書」を助成金が振込まれた年の翌々年の1月末までに提出すること。なお、団体の機関誌・報告書・ホームページに「公益信託大成建設自然・歴史環境基金2019年度助成金による」と明記するとともに、当該活動の成果をホームページ等に可能な限り掲載すること。
    ■応募締切日
    『助成金申請書』は、2019年7月31日(水)事務局必着

    その他詳細は下記から
    https://www.taisei.co.jp/about_us/society/kikin/html/gist.html

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    【発 行】
    九州地方環境パートナーシップオフィス EPO九州
    https://epo-kyushu.jp    E-mail:info@epo-kyushu.jp

    九州地方ESD活動支援センター
    http://kyushu.esdcenter.jp  E-mail:contact@kyushu-esdcenter.jp

    EPO・ESDセンターのフェイスブックを更新中!
    https://www.facebook.com/EPOkyushu

    〒860-0806 熊本市中央区花畑町4-18 熊本市国際交流会館2F
    TEL:096-312-1884  FAX:096-312-1894
    開所日 火~土曜日(10:00~19:00)
    休所日 日・月曜日、祝日、年末年始。熊本市国際交流会館休館日。



    【リンク】
    九州地方環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/

    那覇自然環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/naha/

    国立公園 http://www.env.go.jp/park/

    地球環境基金の情報館 http://www.erca.go.jp/jfge/index.html

    地球環境パートナーシッププラザ http://www.geoc.jp/

    環境らしんばん http://www.geoc.jp/rashinban/

    九十九島ビジターセンター http://www.kujukushima-visitorcenter.jp/

    雲仙お山の情報館 http://unzenvc.com/

    平成新山ネイチャーセンター http://heiseinc.com/

    雲仙諏訪の池ビジターセンター http://suwanoikevc.web.fc2.com/

    長者原ビジターセンター  http://kyushu.env.go.jp/nature/tyojyabaru/

    阿蘇草原保全活動センター 草原学習館 http://aso-sougencenter.jp/

    南阿蘇ビジターセンター http://www.minamiaso-vc.go.jp/

    びのコミュージアムセンター http://www.ebino-ecomuseum.go.jp/

    重富海岸自然ふれあい館 なぎさミュージアム http://www.nagisa-museum.com/

    対馬野生生物保護センター http://kyushu.env.go.jp/twcc/

    漫湖水鳥・湿地センター http://www.manko-mizudori.net/

    やんばる野生生物保護センター http://www.ufugi-yambaru.com/

    西表野生生物保護センター http://iwcc.a.la9.jp/

    さんごゆんたく館 https://www.facebook.com/sangoyuntakuvc/

    ----------------------------------------------------------------
    当メルマガへの登録・退会は、
    http://epo-kyushu.jp/about/magazine.html
    もしくは、退会用URL: http://epo-kyushu.jp/xmailinglist/eponews/
    のフォームからお願いいたします。
    ----------------------------------------------------------------
    環境パートナーシップに関するご質問、当メルマガへのご意見、ご感想
    などがございましたらinfo@epo-kyushu.jpまでどうぞ!
    ----------------------------------------------------------------

EasyTagCloud v2.8

Default Image
2021年03月04日

【結果公表】第6回全国ユース環境活動発表…

環境活動を行っている全国の高校生を対象とする「第6回全国ユース環境活動発表大会」全国大会の審査結果が公表されました。全国8地区の地方大会から審査委員による選考等を経た、高校生等の発表動画を審査する全国…
2021年03月03日

九州・沖縄各県の環境政策情報(…

令和3年2月下旬の九州、沖縄各県の環境に関する行政情報を掲載しています。 ぜひ御覧ください。…
2021年02月19日

【3/5締切】熊本連携中枢都市…

熊本市環境政策課は熊本連携中枢都市圏地球温暖化対策実行計画(素案)に関するパブリックコメントを募集し…
2021年02月19日

【3/13開催】第27期…

特定非営利活動法人…
2021年02月17日

【3/13開催】「令和2年度ロ…

環境省が実施しているローカルSDGs実現に取り組むリーダー育成プログラム"migakiba(ミガキバ…