33 対象のタグ "新型コロナウイルス感染症関連"

  • “Sustainable Forest Action 2020”の参加者募集

     下記の通り林野庁による森林づくりにおける課題解決事業の募集が開始されましたのでお知らせします。

     


     

    このたび、林業人材と異分野の事業開発経験者とのオープンイノベーションで森林づくりの課題を解決する課題解決型事業共創プログラム『SUSTAINABLE FOREST ACTION 2020(SFA2020)』の林業人材参加者の募集が4月22日から開始されましたので、お知らせします。
    なお、新型コロナウイルス感染症予防対策として、イベントの開催方法については、オンライン上で実施するなど今後変更になる可能性があります。

    1.趣旨

    日本の国土の約7割を占める森林は、木材の生産、土砂崩れの防止、水源涵養、生物多様性の維持など重要な役割を担っています。その森林の約4割を占める人工林の多くは、戦後に植林され約50~70年の伐採適齢期に達しており、伐採面積が増加することが見込まれています。林業を持続可能な形で行うには、伐採跡地に再び木を植えて育てていくことが不可欠です。

    一方、木を植える「植林」や植林した木の生育を阻害する雑草木を除去する「下刈り」等の「造林作業」は、その大部分が人力による作業であり、多くの人手や費用を必要とするほか、急斜面・炎天下での過酷な作業となっており、担い手不足も深刻化してきている状況です。

    林野庁では、このような造林分野の課題の解決に資する異分野技術等の導入・活用を推進し、造林分野におけるイノベーションを促進するため「造林分野への異分野の技術等の導入促進事業」を実施しており、本事業では、株式会社Speroが、林業人材と異分野の事業開発経験者とのオープンイノベーションで森林づくりの課題を解決する課題解決型事業共創プログラム『SUSTAINABLE FOREST ACTION 2020(SFA2020)』を実施します。なお、本プログラムは、昨年度に続き、2期目の開催となるものです。

    2.”SUSTAINABLE FOREST ACTION 2020(SFA2020)”の概要と応募方法

    (1)概要

    『SUSTAINABLE FOREST ACTION 2020』では、募集期間をわけて、林業人材と事業開発経験者をそれぞれ募集し、チームを構成します。約2ヶ月間の課題解決型事業共創プログラムを通じて、アイデア創出から事業プランまで練り上げていきます。デモデイでは、投資家・事業会社などが参加する審査会にてプレゼンテーションを行い、事業化や資金の獲得機会を提供します。

     

    (2)応募方法

    募集要項など、詳細は下記の特設WEBサイトをご参照ください。

    (特設WEBサイト)https://www.sustainable-forest-action.net/[外部サイト]

     

    プログラムイメージの詳細、連絡先等については下記の林野庁HPをご覧ください。

    “Sustainable Forest Action 2020”の参加者募集について:林野庁
    https://www.rinya.maff.go.jp/j/press/seibi/200423.html

    rinyachosutainable2020

     

  • 「トヨタ環境活動助成プログラム」2020年度 助成プロジェクトの募集【4/6-9/3】

    「トヨタ環境活動助成プログラム」2020年度 助成プロジェクトの募集が開始され、新型コロナウイルス感染症が応募を検討中の団体・グループの活動に影響があることを踏まえ募集期間、助成期間について次の赤字部分のとおり変更されています。

    募集期間 2020年4月6日(月)9月3日(木)必着
    助成期間 2021年4月から2年以内

     


     

    R2 toyota ecogrant

     

    プログラムの目的

    トヨタは、豊かな社会の実現とその持続的な発展のため、社会の幅広い層と力を合わせ、持てる資源を有効に活用しながら、次の世代を担う人材の育成と社会的課題の解決に向け、各国・各地域の実情に合わせた活動を展開することを社会貢献の基本理念としています。

    このような基本理念に基づき、トヨタ環境活動助成プログラムは、環境保全のための次の世代を担う人材の育成と環境問題の解決を目指す民間非営利団体等が実施するプロジェクトを助成しています。

     

    助成対象

    トヨタ自動車は、「ものづくりは人づくり」と考え、技術開発、生産活動を通じた人材育成を企業活動の中心においてきました。本プログラムは、「ものづくりは人づくり」という視点から、環境課題の解決に取り組む人材育成、実践的に環境課題解決に資するプロジェクトやESDを推進する民間非営利団体の活動を助成します。

     

    助成対象テーマ

    「生物多様性」・「気候変動」。

     

    応募資格

    民間非営利団体を助成対象とします。

    NPO・NGO、公益法人および法人格を持たない任意団体やグループを含みます。

    [営利企業、国、地方自治体、学校(幼稚園から大学を含む)、国際機関(政府間協定で成立した機関)等は、助成対象外とします]

     

    助成枠

    海外プロジェクト
    日本国内在住の団体、または日本国内在住団体と海外在住団体の協働によるプロジェクトを助成します。海外在住団体のみでの活動は対象外です。ただし、弊社海外事業体との協働の活動は対象とします。
     

    国内プロジェクト

    日本国内在住団体による、環境を保全するための地域に根差した活動を助成します。

     

    国内小規模プロジェクト
    今まで当助成プログラムで助成を受けたことがない日本国内在住団体による、環境を保全するための地域に根差した活動を助成します。

     

    その他募集要項・申請書式・覚書様式等は下記よりご確認ください。

    環境活動助成プログラム | Challenge 6 人と自然が共生する未来づくりへのチャレンジ | 環境チャレンジ2050 | ESG(環境・社会・ガバナンス)に基づく取り組み | サステナビリティ | トヨタ自動車株式会社 公式企業サイト
    https://global.toyota/jp/sustainability/esg/challenge2050/challenge6/ecogrant/

     

  • 「新型コロナウイルス」支援組織社会連帯(CIS)活動のご紹介

    「新型コロナウイルス」支援組織社会連帯(CIS)は、昨今の新型コロナウイルス感染拡大に関する困難な状況を乗り切るため、全国のNPO支援センターがそれぞれの取り組みを持ち寄り、情報共有しながら、NPOを支援していくためのプラットフォームです。
     
    共同アクションやキャンペーンを通じて、全国のNPOが一丸となってお互いの活動継続や社会課題の解決を図ることをめざしています。

    新型コロナウイルスによって影響を受けているNPO(市民活動団体)に役立つ情報をお知らせすることを目的に、認定NPO法人茨城NPOセンター・コモンズ が作成したお役立ちサイトがこの度リニューアルオープンしています。


    資金調達や経費減免に関する支援情報や、IT活用手法に関する情報が横断的に掲載されています。

    ぜひご覧ください。

     

    市民活動団体のための新型コロナウィルス対応お役立ちサイト - 市民活動団体のための新型コロナウィルス対応お役立ちサイト
    https://stopcovid19-for-npo.jp/

     

    cis20200508

     

     

  • 【10/30締切】大和証券グループ未来応援ボンド こども支援団体サステナブル基金の募集

    2020年10月30日まで、NPO法人、一般社団法人、社会福祉法人、公益法人などの非営利組織を対象とした「大和証券グループ未来応援ボンド こども支援団体サステナブル基金」の募集が行われています。

    大和証券グループは「大和証券グループ 夢に向かって!こどもスマイルプロジェクト」の一環として、今般の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による緊急事態を受け、公益財団法人パブリックリソース財団と協働し、「大和証券グループ未来応援ボンド こども支援団体サステナブル基金」を新たに創設しました。

    新型コロナウイルスのような感染症流行、自然災害の発生時においても、子どもたちが必要な支援を継続的に受けることができるよう、子ども支援団体が平時より団体運営の持続可能性とレジリエンスを高めることを応援する内容となっています。

     

     


    大和証券グループは2017年から、持続可能な社会の実現に向けて貢献する活動として、貧困状況下にある子どもの環境改善や貧困の連鎖を防止することを目的に、「大和証券グループ 夢に向かって!こどもスマイルプロジェクト」を開始しました。その一環として、今般の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による緊急事態を受けて、公益財団法人パブリックリソース財団と協働し、「大和証券グループ未来応援ボンド こども支援団体サステナブル基金」を新たに創設しました。2020年6月に発行した社債「大和証券グループ未来応援ボンド」の手取金の一部を、本基金への寄付金に充当しています。

    本基金は、新型コロナウイルスのような感染症の流行や、昨今の豪雨災害、また今後予期される首都直下型地震・南海トラフ地震等の自然災害の発生時においても、子どもが必要な支援を継続的に受けることができるよう、子ども支援団体が平時より団体運営の持続可能性とレジリエンスを高めることを応援してまいります。

     

    大和証券グループの子どもの貧困問題の取組みについて

     

    ​<基金の目的>

    経済的に困難な状況下にある子どもの環境改善や貧困の連鎖の防止を目指す団体が、自然災害の発生や感染症の拡大が生じた際にも受益者に対して持続的に支援を届けられるよう、事業継続性を高め組織としてのレジリエンスを向上させることを支援します。
    助成対象団体に対し、年間350万円程度の助成金を提供することを通じ、経済的に困難な状況下にいる子どもに対して、継続的に支援ができる事業モデル・組織モデルを構築することを目的とします。
    民間非営利セクターや政府セクターに対し、広報活動を通じ、基金の活動成果の共有を図ります。

     

    支援内容と支援対象

    支援内容

    ■1件350万円を上限とする助成金
    (申請内容によって、申請金額を査定させていただく可能性があります。)

    ■単年度の助成

    ■支援団体数:8団体程度

    支援対象

    ■NPO法人、一般社団法人、社会福祉法人、公益法人などの非営利組織を対象とします。
    ※国、地方自治体、宗教法人、個人、営利を目的とした株式会社・有限会社、趣旨や活動が政治・宗教・思想・営利などの目的に偏る団体は除きます。

    ■助成金は、経済的に困難な状況下にある子どもの生活環境、成長環境の改善や支援事業を実施する団体の、感染症拡大や災害発生時など非常時においても活動を継続できるよう、その基盤づくり(職場のリモートワークや事業のオンライン化、ファンドレイジングのオンライン化、BCP(Business Continuity Plan)の策定などを含む)を目的として、事業実施の継続を可能とする取り組みを対象とします。

    ■初年度である本年度は、「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)」が依然影響を及ぼしていることを踏まえ、新型コロナ感染拡大に対応する事業実施も支援の対象とします。新型コロナウイルスの感染拡大においても、受益者に対して継続的に支援を実施するための組織の基盤等の整備が対象です。

    ■本基金では、団体がメインに捉える受益者が18歳までの子どもを対象としていることを重視しますが、限定するものではありません。

    ■支援対象となる申請事業の例(あくまでも一例です)

    (1)通常実施しているプロジェクトに対して

    ・オンライン相談支援の実施やSNSでの情報提供の強化
    ・事業やイベントのオンライン化の推進、オンラインコンテンツの作成
    ・受益者へのデバイスおよびWi-Fi環境の提供
    ・コロナ等の感染症に配慮した食料支援のシステムの構築
    ・コロナによって実施方法等の変更を余儀なくされた事業の継続実施の基盤整備
    ・コロナ禍で実施した活動のノウハウ化、モデル化   など

    (2)組織に対して

    ・職員のリモートワーク環境の整備
    ・支援者に対するよりアクティブな情報提供とファンドレイジングのオンライン化
    ・BCP(Business Continuity Plan)の検討、策定
    ・感染予防ガイドライン、防災マニュアルの策定
    ・第二波・第三波に備えた感染予防対策
    ・コロナの影響を受けた組織基盤や活動の建て直し
    ・緊急対応用のネットワーク構築、コンソーシアム立ち上げ   など

     

    応募要件

    ​詳細は募集要項をご覧ください

    経済的に困難な状況下にある子どもを支援する非営利法人(任意団体も可)である
    国、地方自治体、宗教法人、個人、営利を目的とした株式会社・有限会社・合同会社ではない
    団体の所在地が日本国内であり、日本国内を活動の拠点としている
    1年以上の通常事業実績のあること
       - 創業・事業活動開始が2019(令和元年)年10月以前である
    反社会的勢力(暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業・団体、総会屋等、社会運動等標ぼうゴロ、特殊知能暴力集団、その他これらに準ずる者をいう)に該当しないし、関わっていない
    ネットワークビジネス、マルチ商法、宗教、保険、同業者による勧誘などを目的としていない
    特定の政治団体・宗教団体に該当しない
    過去 3 年間の間に、団体の役員が禁固以上の判決を受けていない
    助成対象となった場合、団体名や活動内容を公表されることを了承する
    助成開始後に、インタビューや写真・動画の提供をお願いした際に、これに協力する
    後日、助成金の活用状況や活動の状況について報告を提出する

     

    審査方法と審査基準

    審査方法

    (1)審査方法

    第三者の専門家による公平・中立な審査委員会を設置し、書面による一次審査およびオンラインプレゼンテーションによる二次審査を行います。
    ※必要に応じて事務局による電話、メール等によるヒアリングをさせていただく場合があります。
    ※二次審査の日程は応募受付後にお知らせいたします。12月中旬となる予定です。

     

    (2)審査結果の通知・公表

    全応募団体にメールにて選考結果を通知します。また、採択された団体名および事業活動の内容は、大和証券グループ本社およびグループ企業、パブリックリソース財団等のウェブサイト等で公表します。
    なお、採否の理由などに関するお問い合わせには一切応じかねます。

     

    審査基準

    団体の信頼性(応募要件をクリアしていること等)
     -適切な組織運営がなされているか
     -適切な情報公開が行われているか など
    申請団体の既存事業の課題認識とロジックモデルが明確か
    申請事業の実施内容と目標は本助成の目的に合致しているか
    申請事業の計画は妥当か、実現可能か
    申請事業がモデルとなり他団体への波及効果が期待できるか

     

    応募手続きとスケジュール

    応募期間

    2020年10月13日(火)〜 2020年10月30日(金)17 : 00まで

     

    応募方法

    下記「申請フォームはこちら」ボタンよりオンライン申請センターに移動し、案内に沿って応募内容の登録をしてください。
    郵送やメールでの応募は受付対象外となります。必ず応募ページ(上記)からご応募ください。

     

    応募に関する問い合わせ先

    応募に関してのお問い合わせは、本サイト内のお問い合わせフォームからお問い合わせください。
    ※個人情報の取り扱いについてはパブリックリソース財団の個人情報保護方針(http://www.public.or.jp/PRF/privacy/)をご覧ください。

     

    スケジュール

    2020年

    10月13日~10月30日 公募

    11月 1日~12月24日 審査(二次審査会日程は追ってお知らせいたします)

    12月25日以降     審査結果通知開始(覚書締結後より事業開始可能)

    2021年

    1月初旬 助成金振り込み開始

    1月以降 東京都内にて贈呈式(情勢によって判断)

    ※上記スケジュールに変更が生じる場合があります。

    *助成対象事業・活動の終了後1か月以内に報告書を提出いただきます。

    手続き等

    助成決定後、応募団体とパブリックリソース財団は「覚書」を取り交わし、所定の手続きを経て助成を開始します。
    助成金は、上記の助成手続き完了後1カ月以内に振り込みます。
    助成開始後翌月より、3ヵ月ごとに「活動報告書」を提出いただきます。
    7カ月以内に6カ月間の「中間報告書」を、1年間の活動終了後1カ月以内に「終了報告書」を提出いただきます。また、報告会で活動報告していただく場合があります。
    助成開始後に組織概要や活動状況等を大和証券グループ本社およびグループ企業、パブリックリソース財団のウェブサイト等にて公開します。
    助成開始後、当基金事務局より、インタビューや写真・動画の提供をお願いすることがありますので、ご協力ください。
    助成開始後、当基金事務局および大和証券グループ本社より、複数回現場のご訪問をさせていただく場合がありますので、ご協力ください。

     

    daiwagrp 2020 kikin

    大和証券グループ未来応援ボンド こども支援団体サステナブル基金|パブリックリソース財団
    https://www.info.public.or.jp/kodomo-sustainable

     

  • 【11/2開催】第5回エコ・ファーストシンポジウム「コロナウィルス後の世界と循環経済」の開催

    環境省は、エコ・ファースト推進協議会と、オンラインによる「第5回エコ・ファーストシンポジウム」を共催します。
    テーマは「コロナウィルス後の世界と循環経済」で、基調講演や事例発表が予定されています。
    お申し込みが必要となりますので、10/23(金)までに、下記登録フォームからお申込みください。
     ※ZoomのIDを発行します。当日はZoomからご参加ください。
     https://ecofirst.info

     

     


    環境省・エコ・ファースト推進協議会共催シンポジウム

    eco1st symposium2020 2

    eco1st symposium2020 2

     

    「エコ・ファースト推進協議会」は、日本における環境分野の各業界トップランナー企業として、常に現在及び将来の環境課題を探求し活動しています。

    このシンポジウムでは、これから起こり得る環境課題を想定し、その地球レベルでの状況や対応策などの情報を共有することで循環型経済を始めとするビジネスの可能性を見出し企業での事業に反映させていくことを目指します。

     企業の方はもちろん、未来を生きる学生の皆さんのご参加をお待ちしております。

    テーマは、「コロナウィルス後の世界と循環経済」です。

    メインスピーカーとして、中部大学教授 細田 衛士氏のご登壇も予定されています。今回はオンライン開催です。是非、ご参加ください。

     

     

    日 時

    11月2日(月) 13:00~16:30

     

    定 員

    先着 500名

     

    参加費

    無 料

     

    主 催

    環境省、エコ・ファースト推進協議会 共催

     

    プログラム

    13:00 開会の辞 エコ・ファースト推進協議会

    議長 今井 雅則 (戸田建設株式会社 代表取締役社長)

     

    13:05 ご挨拶 環境省

     

    13:20〜14:10 [50分]

    基調講演 中部大学 経営情報学部長 (環境省政策評価委員会委員)
    教授 細田 衛士 氏

    14:20〜15:20 [60分]

    企業発表 エコ・ファースト推進協議会 加盟企業

    ◆ 株式会社タケエイ 代表取締役社長 阿部 光男
    ◆ 西松建設株式会社 技術研究所 環境技術グループ グループ長 山崎 将義
    ◆ 株式会社ブリヂストン サステナビリティ推進部 部長 稲継 明宏
    ◆ ライオン株式会社 CSV推進部 部長 小和田 みどり

    15:30〜16:30 [60分]

    パネルディスカッション エコ・ファースト推進協議会 加盟企業

    ◆ 三洋商事株式会社 地球環境・未来創造部 部長 石田 公希
    ◆ 株式会社滋賀銀行 総合企画部 サステナブル戦略室 室長 嶋﨑 良伸
    ◆ 積水ハウス株式会社 ESG経営推進本部 環境推進部長 近田 智也
    ◆ ビックカメラグループ 株式会社フューチャー・エコロジー 代表取締役社長 山崎 昌明

     

    ファシリテーター

    株式会社オルタナ
    代表取締役社長 兼 編集長 森 摂 氏

     

    ※基調講演後、パネルディスカッションにもご参加いただきます。

    中部大学 経営情報学部長・教授 細田 衛士 氏

     

    16:30 閉 会

     

     

    ECO FIRST
    https://www.eco1st.jp/index.html

     

  • 【8/4開催】環境省 中央環境審議会地球環境部会(第145回)の開催

    中央環境審議会地球環境部会(第145 回)を開催します。
    なお、本部会は、新型コロナウイルスの感染の発生状況を踏まえ、感染拡大の防止の観点から、傍聴者なしのWEB 型式による開催を予定しております。

    1.日時

     令和2年8月4日(火)15:0017:00

    2.議事(予定)

    (1)気候変動国際交渉等の状況について

    (2)新型コロナウイルス感染症による影響を踏まえた今後の気候変動対策について

    (3)その他

    3.公開に関する取扱

    (1)本部会は、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、動画チャンネルでライブ配信を行います。傍聴希望の方は以下のURLから御覧いただきますようよろしくお願いします。

    【環境省 Youtubeチャンネル】

      https://www.youtube.com/channel/UC_uw3aBQk9bBjb1_4BQzTCQ

    (2)本部会の資料については、開催までに以下の環境省ウェブサイトに掲載いたします。

      http://www.env.go.jp/council/06earth/post_101.html

    (3)WEB会議システムにより開催するため、取材等の受付はいたしておりません。

    連絡先

    環境省地球環境局総務課

    • 代表03‐3581‐3351
    • 直通03‐5521‐8356

     

     

    環境省_中央環境審議会地球環境部会(第145回)の開催について
    https://www.env.go.jp/press/108255.html

    chuokankyoshingikai145

  • 【8/7締切】環境省 令和2年度ナッジを活用した飲食店等の集客等の評価検証事業委託業務の公募

    環境省は、 高機能換気設備等の高効率機器等の導入支援に伴い、導入支援先の店舗集客等について、ナッジ等を活用した評価検証事業を行う民間団体等の公募を開始しました。

     

    【参考1】

    ナッジ(nudge:そっと後押しする)とは、行動科学の知見(行動インサイト)の活用により、「人々が自分自身にとってより良い選択を自発的に取れるように手助けする政策手法」

    人々が選択し、意思決定する際の環境をデザインし、それにより行動をもデザインする

    選択の自由を残し、費用対効果の高いことを特徴として、欧米をはじめ世界の200を超える組織が、あらゆる政策領域(SDGs & Beyond)に行動インサイトを活用

    我が国では2018年に初めて成長戦略や骨太方針にナッジの活用を環境省事業とともに位置付け(2019年の成長戦略、骨太方針、統合イノベ戦略、AI戦略等にも位置付け)

    (引用)環境省_日本版ナッジ・ユニット(BEST)について
    http://www.env.go.jp/earth/ondanka/nudge.html

     

    【参考2】

    環境省_令和2年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(大規模感染リスクを低減するための高機能換気設備等の導入支援事業)の公募開始について
    https://www.env.go.jp/press/108122.html

     


     

    令和2年度ナッジを活用した飲食店等の集客等の評価検証事業委託業務の公募について

    この度、高機能換気設備等の高効率機器等の導入支援に伴い、飲食店等の環境配慮行動が適切に評価される社会の実現に向けて、導入支援先の飲食店等の集客等についてナッジ等を活用した評価検証事業を行うこととし、本事業を実施する民間団体等の公募を開始いたしましたので、お知らせします。

     

    1.事業の概要


     環境省では、不特定多数の人が集まる飲食店等の業務用施設に対して、密閉空間とならないよう、換気能力が高く、同時に建築物の省CO2化促進にも資する高機能換気設備等の高効率機器等の導入を支援する事業(導入支援事業)を実施しています。https://www.env.go.jp/press/108122.html

     飲食店等の環境配慮行動が適切に評価される社会の実現に向け、導入支援事業の補助対象事業者等の協力を得て、効果を検証するとともに、導入支援事業等から得られるデータを用いて、環境や「3密」対策等をする飲食店等がその取組をどのように訴求することで利用客や売り上げ等に良い影響を与えられるかについてナッジ(英語nudge:そっと後押しする)等を活用して検証を行います。

    2.公募実施期間


    令和2年7月13日(月) ~ 同年8月7日(金)17時まで

    3.対象等


    対象:民間団体等

    内容:委託

    4.予算及び実施期間


    1事業当たりの事業費について5千万円〜1億円程度を想定し、外部有識者から成る審査委員会を経て採択します(1~2件程度の採択を想定)。令和2年度末までの単年度事業です。

    5.応募方法


    本事業へ応募される場合には、URL(http://www.env.go.jp/guide/kobo.html)から応募様式、概要資料等をダウンロードし、公募要領・作成要領に従って必要事項を記載の上、所定の方法で提出してください。

    連絡先

    環境省地球環境局地球温暖化対策課脱炭素ライフスタイル推進室

    • 代表03-3581-3351
    • 直通03-5521-8341

    r2nudgeinsyokutenkenshou

     

  • 【9/13開催】Webセミナー コロナ禍 時代を生き抜くヒント ~助成金合同セミナー 同時開催~

    セブン-イレブン記念財団では環境市民団体の活動を支援するために、「助成金セミナー」を開催しており、それぞれの助成制度の特徴や助成申請のポイントについて、わかりやすく説明が行われています。

    今回は新型コロナウイルス感染拡大に伴いWebセミナー形式で行われるほか、新たな日常に対応するための基調講演に加え、4件の助成金制度について解説が行われる予定です。

     


     

    711joseikinseminar2020

     

    セブン-イレブン記念財団では環境市民団体の活動を支援するために、「助成金セミナー」を開催しています。
    セミナーでは助成制度を有効に活用していただくために、財団・企業や行政などの助成担当者が、それぞれの助成制度の特徴や助成申請のポイントをわかりやすく説明します。
    また環境に携わる団体による基調講演もあり、毎年多くの反響を呼んでます。

    助成金セミナー開催プログラム

     

    新型コロナウイルス感染拡大の影響により、「Zoom生配信」にて開催いたします。

    『Webセミナー コロナ禍 時代を生き抜くヒント ~助成金合同セミナー 同時開催~』

     

    ■日 時 : 2020年9月13日(日)10:00~13:00

    ■ZOOM生配信

     

    ■参加費 : 無料

     

    ■内 容 :

    《第一部》

    基調講演①「オンラインでの参加型の学びの場つくり」公益社団法人 日本環境教育フォーラム
    理事長 川島 直 氏
     
    基調講演②「感染症や自然災害などを織り込んだ組織基盤拡充のポイント」IIHOE[人と組織と地球のための国際研究所]
    代表者 川北 秀人 氏

     

    《第二部》

    ※助成制度説明会
    公益財団法人 コメリ緑育成財団「コメリ緑資金」
    TOTO株式会社「TOTO水環境基金」
    独立行政法人 環境再生保全機構「地球環境基金」
    一般財団法人 セブン‐イレブン記念財団「環境市民活動助成」

     

    ※制度説明のまとめ・助成金申請のポイントIIHOE[人と組織と地球のための国際研究所]
    代表者 川北 秀人 氏

     

    助成金セミナー申し込みについて

     

    ■申込方法 : Web申込

    1)こちらの申込ページより、お申込みください。
           ⇒ https://ws.formzu.net/dist/S75384254/2)自動返信メールが届いたら、申込み完了です。
    3)9/9(水)に参加URLのメールが届きます。
    4)当日、参加URLにアクセスしてアプリを起動してください。

    ※お願い
    パソコン、ネットワーク、セキュリティ環境などの理由で、ご利用いただけない場合もありますので、セミナー開催前に「Zoom」の動作環境のご確認をお願いいたします。

     

    助成金セミナー|一般財団法人セブン‒イレブン記念財団
    https://www.7midori.org/event/seminar/jyosei/2020/index.html

     

     



    ■申込締切 :

    8月31日(月)まで

    ■セミナーに関するお問い合わせ先
    一般財団法人 セブン-イレブン記念財団  環境市民活動助成担当
    TEL:03-6238-3872 FAX:03-3261-2513(受付時間 9:30~17:00 ※土・日を除く)
    E-mail:

    セブン-イレブン記念財団の環境市民活動助成について

    • 詳しい助成情報は、2020年9月1日より当財団のホームページに掲載します。
      環境市民活動助成パンフレット:2020年9月1日より掲載予定
      専用申請書:2020年9月23日より掲載予定
    • お問い合わせ先
      一般財団法人 セブン-イレブン記念財団  環境市民活動助成担当
      TEL:03-6238-3872   FAX:03-3261-2513
       (電話受付時間 9:30~17:00   ※土・日を除く)
      Eメール: (2020年10月1日から開設)

     

  • 【9/14締切】環境省 令和2年度低炭素型の行動変容を促す情報発信(ナッジ)等による家庭等の自発的対策推進事業委託業務の公募

    環境省は、コロナ禍にも対応した地域循環共生圏の構築及び脱炭素社会に向け、自発的な行動変容を促し、ライフスタイルの変革を創出する、自由度のある新たな政策手法の検証を行う業務の公募を行っています。

     

    【参考】環境省_日本版ナッジ・ユニット(BEST)について
    http://www.env.go.jp/earth/ondanka/nudge.html

     

     


     

    令和2年度低炭素型の行動変容を促す情報発信(ナッジ)等による家庭等の自発的対策推進事業委託業務の公募について

    この度、コロナ禍にも対応した地域循環共生圏の構築及び脱炭素社会に向けて、一人ひとりの自発的な行動変容を促し、ライフスタイルの自発的な変革を創出する、対象者にとって自由度のある新たな政策手法の検証を行うため、「令和2年度低炭素型の行動変容を促す情報発信(ナッジ)等による家庭等の自発的対策推進事業委託業務」の公募を行うこととしましたので、お知らせします。

    1.事業の概要


    家庭・業務・運輸部門等のCO2排出実態に係るデータを収集、解析し、情報を個々にカスタマイズしてフィードバックし、コロナ禍にも対応した低炭素型・脱炭素型の行動変容を促す等、CO2排出削減に資する行動変容のモデルを構築するとともに、地方公共団体等との連携の下、当該モデルの我が国への介入効果の中長期的な持続的に関する実証や属性情報等に基づく介入効果の異質性に関する検証を実地にて行います。

    2.公募期間


    令和2年8月25日(火)~同年9月14日(月)

    3.対象等


    対象:民間団体等

    内容:委託

    4.予算及び実施期間


    令和2年度は、事業当たりの事業費について5千万円〜2億円程度を想定とし、外部有識者から成る審査委員会を経て採択します(1~2件程度の採択を想定)。令和3年度以降の各年度については、当該年度の予算の範囲内で上限を設けますが、応募の際には、令和2年度の事業費の上限額にかかわらず、事業の実施に当たり必要な金額を記載することとし、かつ、令和3年度以降の各年度の間でなるべく平準化を図ってください。

    実施期間は原則として3年を上限とします(ただし令和4年度末まで)。

    5.すでに採択された案件との重複の排除について


    これまでに実施した公募の採択案件は、主に家庭部門(電気、ガス、灯油等)、運輸部門(自動車燃料等)、業務部門等、また、学校教育や医療・健康等の現場を対象に事業を実施しています。エネルギー起源CO2排出削減に資することはもとより、他分野とのシナジー・コベネフィットが得られる取組も対象となります。審査に当たっては、すでに採択された案件との内容の重複の有無、重複がある場合には内容の優劣等も踏まえることとし、既に採択された案件と同じ部門を対象にする場合には少なくとも既に採択された案件にはない新規性や、既に採択された案件よりも優れていることが認められる必要があります。

    なお、これまでに実施した公募の採択案件の概要については、以下の環境省のwebサイトに記載されています。こちらに記載されている以上の内容については、お答えできかねますので御容赦ください。

    http://www.env.go.jp/press/103926.html

    http://www.env.go.jp/press/104736.html

    http://www.env.go.jp/press/105325.html

    http://www.env.go.jp/earth/ondanka/nudge.html(日本版ナッジ・ユニット連絡会議の資料を参照のこと)

    6.応募方法


    本事業へ応募される場合には、URL(http://www.env.go.jp/guide/kobo.html)から応募様式、概要資料等をダウンロードし、公募要領・作成要領に従って必要事項を記載の上、所定の方法で提出してください。

    連絡先

    環境省地球環境局地球温暖化対策課脱炭素ライフスタイル推進室

    • 代表03-5521-3351
    • 直通03-5521-8341

     

    r2 lc nudge

    環境省_令和2年度低炭素型の行動変容を促す情報発信(ナッジ)等による家庭等の自発的対策推進事業委託業務の公募について
    https://www.env.go.jp/press/108363.html

     

  • 【9/14締切】環境省 令和2年度低炭素型の行動変容を促す情報発信(ナッジ)等による家庭等の自発的対策推進事業委託業務の公募

    環境省は、コロナ禍にも対応した地域循環共生圏の構築及び脱炭素社会に向け、自発的な行動変容を促し、ライフスタイルの変革を創出する、自由度のある新たな政策手法の検証を行う業務の公募を行っています。

     

    【参考】環境省_日本版ナッジ・ユニット(BEST)について
    http://www.env.go.jp/earth/ondanka/nudge.html

     

  • 【9/3配信】環境省 新型コロナウィルスからの復興と気候変動・環境対策に関する「オンライン・プラットフォーム」閣僚会合の開催及び「Platform for Redesign 2020」の立ち上げ

    各国における新型コロナウイルスからの復興と気候変動・環境対策に関する具体的な行動や知見共有を目的に、令和2年9月3日(木)にオンラインの閣僚級会合が開催されます。
    会合では、小泉環境大臣が全体議長を務め、世界各国の大臣や代表をはじめ、ノンステートアクターの代表等が参加します。
    また、会合に合わせ情報プラットフォーム「Platform for Redesign 2020」が立ち上がり、各国大臣さらには国際機関、地方自治体、産業界、市民などからのビデオメッセージが同サイトに順次掲載されます。

     


     

    新型コロナウィルスからの復興と気候変動・環境対策に関する「オンライン・プラットフォーム」閣僚会合の開催及び「Platform for Redesign 2020」の立ち上げについて

    新型コロナウイルスからの復興に関連する気候変動・環境対策に関する具体的な行動や知見を共有するため、9月3日にオンラインの閣僚級会合を開催するとともに、オンライン・プラットフォーム「Platform for Redesign 2020」を立ち上げます。

     

    1 概要

     新型コロナウイルスと気候変動という二つの危機に対処する上では、世界の全ての国が協力、連帯して取り組むことが不可欠です。こうした考えの下、希望する全ての国が参加できる形で、各国における新型コロナウイルスからの復興と気候変動・環境対策に関する具体的な行動や知見を共有するため、令和2年9月3日(木)にオンラインの閣僚級会合を開催します。

     同会合では、小泉環境大臣が全体議長を務め、世界各国の大臣や代表をはじめ、若者、市民、産業界、自治体といったノンステートアクターの代表等が参加する予定です。

     また、会合に合わせ、各国の「新型コロナウイルスからの復興×気候変動・環境対策」に関する取組の状況・予定などの情報を共有する情報プラットフォーム「Platform for Redesign 2020」を立ち上げました。各国の大臣さらには国際機関、地方自治体、産業界、市民などからのビデオメッセージの提出を呼びかけており、同サイトに順次掲載していきます。

    Platform for Redesign 2020:<https://platform2020redesign.org/>

     

     

     

    2 閣僚級オンライン会合について

    日時:令和2年9月3日(木) 20:00~23:00(日本時間)

        ※スケジュール詳細は別添のとおり

    言語:英語(日本語同時通訳あり)

    会合の様子はライブ配信され、上記Platformウェブサイト、又は下記のwebサイトから視聴可能です。

    日本語:<https://vimeo.com/446674358/dafff991d0>

    英語:<https://vimeo.com/446674498/a0b8760ed9>

     

     

    添付資料

    https://www.env.go.jp/press/108341.html

     

    連絡先

    環境省地球環境局国際連携課

    • 代表03-3581-3351
    • 直通03-5521-8243

     

    platform for redesign 2020

    環境省_新型コロナウィルスからの復興と気候変動・環境対策に関する「オンライン・プラットフォーム」閣僚会合の開催及び「Platform for Redesign 2020」の立ち上げについて
    https://www.env.go.jp/press/108341.html

     

     

     

  • 【NPO】内閣府による新型コロナウイルス感染症関連情報の掲載

    内閣府のNPOホームページでは、新型コロナウイルス感染症に関連した情報が公開されています。

    「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」等における各種支援措置や、NPO法Q&Aが掲載されています。

    NPOに携わられている方は、ぜひご確認ください。

     

    新型コロナウイルス感染症に関連した情報 | NPOホームページ

    https://www.npo-homepage.go.jp/news/coronavirus

     

     

  • 【募集】環境省「国立公園等への誘客・ワーケーション推進事業」及びアドベンチャートラベルに関する説明会(オンライン 5/20)

    環境省「国立公園等への誘客・ワーケーション推進事業」は、新型コロナウイルス感染症収束までの間の地域の雇用を維持・確保し、地域経済の再活性化に寄与することを目的とした補助事業です。また、この事業に関連して言及されているアドベンチャートラベルについては、令和3年(2021年)9月に札幌市で国際会議が開催される予定となっており、世界の旅行関係者を迎え入れる本格的な準備が始まっています。

    今回はこうした状況を踏まえて「国立公園等への誘客・ワーケーション推進事業」及びアドベンチャートラベルに関する理解と事業の活用を促進するため、オンラインによる説明会を開催いたします。

     

    [日時] 令和2年5月20日(水)13:30~16:30

    [配信] オンライン会議システム「Zoom」及びネットメディア「YouTube」を利用

    [対象] 補助事業への応募やアドベンチャートラベルへの参画をお考えの方

    [参加費] 無料

    [プログラム]

    【第1部】13:30 開始
     環境省「国立公園等への誘客・ワーケーション推進事業」について
      情報提供:環境省自然環境局 国立公園課課長補佐 三宅悠介氏
    【第2部】15:00 開始
     アドベンチャー・トラベル・ワールド・サミット(ATWS)について
      情報提供:(公社)北海道観光振興機構 アドベンチャートラベル(AT)
           推進本部 事業2部長 菊地敏孝氏

    [申込み期限] 5月20日(水)午前10時

    [申込み方法] WEBの申込みフォーム( https://epohok.jp/event/11728 )を
     ご利用いただくか、こちらのメールアドレス(
     まで必要事項を記載の上、お申し込みください。

    [申込み先・問い合わせ先]
     環境省北海道環境パートナーシップオフィス(EPO北海道)担当:溝渕
     代表メールアドレス:epoh-webadmin@epohok.jp
     〒060-0042 札幌市中央区大通西5丁目 大五ビル7階
     TEL 011-596-0921 FAX 011-596-0931 URL http://www.epohok.jp

    [主催] 環境省北海道環境パートナーシップオフィス

     

    ☆詳しくはこちらをご覧ください
     https://epohok.jp/event/11728

    epohokworkation

     

  • 【結果公表】環境省 新型コロナウイルス感染症対策における市民の自発的な行動変容を促す取組(ナッジ等)選定結果

    環境省は日本版ナッジ・ユニットBEST(Behavioral Sciences Team)の事務局として、行動科学の知見に基づく取組が早期に社会実装され、自立的に普及することを推進しています。

    その一環として募集されていた新型コロナウイルス感染症対策に関して、ナッジ等による市民の自発的な行動変容を促す取組募集について、有識者による審査を実施し、優良事例1件が公表されました。

     

    【参考】新型コロナウイルス感染症対策における市民の自発的な行動変容を促す取組(ナッジ等)の募集について

    https://epo-kyushu.jp/news-list/related-news/1564-2020-05-02-08-43-40.html

     


     

    新型コロナウイルス感染症対策における市民の自発的な行動変容を促す取組(ナッジ等)の募集について(結果)

     

    環境省では、産学政官民連携・関係府省等連携のオールジャパンの体制による日本版ナッジ・ユニットBEST(Behavioral Sciences Team)の事務局として、ナッジ(英語nudge:そっと後押しする)やブースト(英語boost:ぐっと後押しする)を含む行動科学の知見に基づく取組が早期に社会実装され、自立的に普及することを推進しています。
    このたび、行動変容に資する啓発を基本的対処方針の重要事項に掲げる新型コロナウイルス感染症対策に関して、ナッジ等による市民の自発的な行動変容を促す取組を募集し、行動経済学や社会心理学等の行動科学の有識者による審査を実施した結果、優良事例を1件選定しましたので、お知らせします。

    1. 審査の結果


    以下の(1)のフィジカル・ディスタンシングに係る取組が優良事例として選定されました。

    (1)実施主体:東かがわ市立引田小中学校


    ・ 取組内容:地元名産「引田ぶり」を用いたソーシャルディスタンス啓発

    ・ 実施場所:東かがわ市立引田小中学校(香川県東かがわ市)

    ・ 自薦・他薦の別:自薦

    ・ 取組概要

    • 人と人との距離の目安(2m)を特産の「引田ぶり」2尾分で表して低学年の児童にもわかりやすくしている。
    • 人の往来が多く、目につきやすい場所に設置している。
    • 「引田ぶり」養殖発祥の地であり、毎年の初出荷式には小学3年生が参加するなど、普段から地元の住民の愛着や親しみがあって、ふるさとを感じることのできる魚を用いることで、新型コロナウイルス対策に対して必要となる行動への理解や意識の醸成を図っている。
    • 「わたし・ぶり・ぶり・あなた」を合い言葉として印象付けをしたところ、取組を始めた日から「ぶり、ぶり」や「ぶり間隔」といった言葉が児童・生徒や教職員から出るようになった。
    • コミュニティの特性に配慮しながら、コミュニティの構成員に受け入れられやすいナッジになるように改良が加えられている。
    • 他の地方公共団体にとっても、自らの地域の特産品等で代替することにより同様の取組を行うことができ、波及効果や他地域への展開可能性の高い取組である。

    なお、以下の(2)については、募集時にすでに多くの事業者が同様の取組を実施していたため、取組内容のみ記します。また、地方公共団体等が実施している取組についても応募がありましたが、すでに類似の取組が他の地方公共団体等で実施されているため、参考として以下のリンク先の資料に整理しています。

    <http://www.env.go.jp/earth/ondanka/nudge/COVID-19_r.pdf>

    (2)実施主体:Eコマース事業者や飲食店等


    ・ 取組内容:宅配や出前で置き配を選択できるようにし、わかりやすく提示すること

    2.応募全般に対する主な有識者のコメント

    • オリジナリティ溢れるものが多く、何よりも社会実装したという点で素晴らしい
    • 目指す意識変革や行動変容が何であるのかを明確にする必要がある
    • 良いと思うのでやってみた、ではなく、なぜ良いと思ったのか、なぜそれで人を動かすことができると考えたのか、背後にある行動科学の知見やメカニズムを明確にすること
    • 特に評価の高かった(上記の)取組は、既存のナッジをそのまま活用するのではなく、地域等のコミュニティの特性を配慮しながら、コミュニティの方々に受け入れられやすいナッジになるように改良が加えられている、という特徴があった
    • ナッジの効果には文化差があり、ある地域で効果が確認されたナッジを別の地域に適用しても、必ずしも同様の効果が確認されるわけではないことが知られており、既存のナッジの知見を活用する際に、それぞれの現場の特性に即するように調整を加えることが重要である
    • 現場の特性に即したナッジの実践事例が増え、その結果として、現場に深く根付くナッジが増えることを期待する

    3.取組の効果について

    募集に当たっては、効果の測定は必須としませんでしたが、日本版ナッジ・ユニット連絡会議では、新型コロナウイルス感染症予防に対するナッジ等の効果について議論をしています。例えば石鹸手洗いを促進するナッジについては、感染予防に加え、エネルギー起源CO2排出削減にも貢献し、その削減量は、「ナッジにより感染を回避する人が感染した場合の医療行為に伴うCO2排出量(主に換気等に伴うエネルギー増加分相当)」と「感染を回避する人が日常生活を送る際に発生するCO2排出量」の差分に近似されます。上記の事例のうち(3)については、再配達により発生するCO2排出量や労働時間の削減に寄与するものです。また、上記の取組を含め、実施に要する費用がわずかであることが多く、感染した場合に発生する医療費の削減分も考慮すれば、費用対効果の高い取組であるとの指摘もなされています。詳細については、今後の日本版ナッジ・ユニット連絡会議での議論を経て、紹介することとしています。

     

     

    その他参考資料については下記よりご確認下さい。

    moe covid19 nudge kohyo

    環境省_新型コロナウイルス感染症対策における市民の自発的な行動変容を促す取組(ナッジ等)の募集について(結果)
    https://www.env.go.jp/press/108269.html

     

  • 【資料公表】新型コロナウィルスからの復興と気候変動・環境対策に関する「オンライン・プラットフォーム」閣僚級会合の結果

    令和2年9月3日(木)、新型コロナウィルスからの復興と気候変動・環境対策に関する「オンライン・プラットフォーム」閣僚級会合が開催されました。

    小泉環境大臣は会議の議長として、全体の統括を行い、会合の結果は議長サマリーとしてまとめられ、この度公表されました。

     

    【参考】

    環境省 新型コロナウィルスからの復興と気候変動・環境対策に関する「オンライン・プラットフォーム」閣僚会合の開催
    及び「Platform for Redesign 2020」の立ち上げ | EPO九州 九州地方環境パートナーシップオフィス
    https://epo-kyushu.jp/news-list/related-news/1859-9-3-platform-for-redesign-2020.html

     


     

    新型コロナウィルスからの復興と気候変動・環境対策に関する「オンライン・プラットフォーム」閣僚級会合の結果について

    令和2年9月3日(木)にオンラインで開催された、新型コロナウィルスからの復興と気候変動・環境対策に関する「オンライン・プラットフォーム」閣僚級会合について、閣僚級会合の成果、各国等から共有された方向性等をまとめた議長サマリーを発出しましたので、以下のとおりお知らせします。

     

     

     

    1 会合の概要

     本閣僚級会合は、各国における新型コロナ対策と気候変動・環境対策に関する具体的な行動や知見を共有すること、コロナ禍においても、気候変動対策が後退しないよう、世界の機運を高めていくことを目的として、日本主催によって開催された。セッション1では、各界からの有識者による「3つの移行」をテーマにしたパネルディスカッション、2つ目のセッションでは、閣僚級ラウンドテーブルで、具体的な取組や知見の共有、セッション3では、若者、産業界、自治体の代表によるパネルディスカッションが行われ、小泉大臣は会議の議長として、全体の統括を行いました。会合の結果は、議長サマリーとしてまとめられました。

     また、会合に合わせ、各国の「新型コロナウィルスからの復興×気候変動・環境対策」に関する取組、さらには各国の大臣、国際機関、地方自治体、産業界、市民などからのビデオメッセージ等を、以下のウェブサイト「Platform for Redesign 2020」に掲載しています。

    Platform for Redesign 2020:<https://platform2020redesign.org/>

     

    (1)日程・場所
    令和2年9月3日(木)電子開催

    アジェンダ

    (20:00-20:10)オープニング

    (20:10-20:55)セッション1:パネルディスカッション「社会経済のリデザイン(再設計)と三つの移行」

    (20:55-22:55)セッション2:閣僚間の議論「コロナ復興×環境・気候変動に関する各国の取組」

    (22:55-23:25)セッション3:パネルディスカッション「非国家主体の関心」

    (23:25-23:30)閉会式

    (2)出席者
     日本(議長国)及び気候変動関連条約事務局(共同議長)、英国(COP26議長国)並びに、46か国の大臣・副大臣が発言したほか、書面での情報提出等を含め計96カ国が参加。

     日本からは、小泉環境大臣、小野環境省地球環境局長、瀬川大臣官房審議官、髙杉外務省国際協力局審議官、矢作経産省環境問題審議官他が出席しました。

    2 議長サマリー

    別添資料御確認ください。

    添付資料

    連絡先

    環境省地球環境局国際連携課

    • 代表03-3581-3351
    • 直通03-5521-8243

    環境省地球環境局地球温暖化対策課市場メカニズム室

    • 直通03-5521-8246

     

    環境省_新型コロナウィルスからの復興と気候変動・環境対策に関する「オンライン・プラットフォーム」閣僚級会合の結果について
    http://www.env.go.jp/press/108421.html

    covid19 cc onlineplatform

  • 【連続講座】 長崎大学オンライン公開講座 「ポストコロナの地域社会について考える」開催

     

    長崎大学オンライン公開講座

    「ポストコロナの地域社会について考える」

     

    nagasaki u kokaikoza

    ポストコロナの地域社会のあり方を、皆さんはどのように描かれていますか?

    個人、企業、NPO、地域コミュニティや行政など、個人や組織を問わず、将来像を再構築して、新しい時代を拓くことが求められています。

    しかも、私たちが日々痛感しているように、これから描く未来には、自身の視点に多様な視点を加えて思考、行動することが必須となりそうです。

    そこで、今年度は、自治体経営、消費行動、公共空間、教育、山村やNPOなどの視点から、ポストコロナの地域社会を考えるために必要な多様な視点に触れる講座を企画しました。

    講座の内容に関係のない人はいませんが、特に、自分の生活や仕事から遠いと思われた人ほど受講いただければと考えています。

    この講座は全回オンラインとなっています。場所を問わず受講が可能ですので、時間が許されましたら是非ご参加ください。

     

    講師プロフィール等はこちらから。
    http://www.nagasaki-u.ac.jp/ja/about/info/event/event1255.html

     

     

    【日時】

    2020年10月7日(水)~11月4日(水)
    毎週水曜(全5回) 19:40~21:10

     

    【対象】

    本講座のテーマに関心のある方 (定員50名)

     

    【開催方式】

    Zoomによるオンライン講義
    (カメラとマイクを備えたデバイス、Wi-Fiなどの通信環境が必要です。また、欠席された場合の録画視聴はありません)

     

    第1回 (10月7日) 山口 純哉 (経済学部 准教授)

    第2回 (10月14日) 園田 裕史 氏(大村市長)

    第3回 (10月21日) 末吉 里花 氏(一般社団法人エシカル協会代表理事/日本ユネスコ国内委員会広報大使)

    第4回 (10月28日) 山下 裕子 氏(広場ニスト/ひと・ネットワーククリエイター)

    第5回 (11月4日) 辻 英之 氏(NPO法人グリーンウッド自然体験教育センター代表理事)

     

    【講習料】

    5,000円 (5回分)
    (講習料は、お申し込み後にご案内します銀行口座へ事前振込となります)

     

    【申込方法】

    以下の専用サイトよりお申込みください。
    https://forms.gle/uwXb5r1Hv6VYPf9U9   
    (開講が近づきましたら、「Zoomミーティングの招待状」をメールでお送りします)

     

    【受付期間】

    2020年2年9月11日(金)~10月2日(金)
    (受付期間を過ぎた場合は、電話にてお問い合わせください)

     

    【お問い合わせ先】

    〒850-8506 
    長崎市片淵4-2-1長崎大学経済学部総務係
    TEL: 095-820-6305  FAX: 095-820-6370
    E-mail: ecso*ml.nagasaki-u.ac.jp(*を@に変換して下さい)

     

    *講座内容についてのお問い合わせは下記まで。

    長崎大学経済学部・准教授・山口純哉
    junya-y*nagasaki-u.ac.jp(*を@に変換して下さい)

     

    長崎大学オンライン公開講座「ポストコロナの地域社会について考える」開催のご案内|長崎大学
    http://www.nagasaki-u.ac.jp/ja/about/info/event/event1255.html

     

  • 【重要・更新】新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う施設利用についてのお知らせ

    7/29 update!

    EPO九州が入居しております熊本市国際交流会館2階フロアは、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点より閉鎖していましたが、2階交流ラウンジが7月14日(火)より利用可能となっています。
    フロアをご利用の場合、新型コロナウイルス感染防止の為、入館時の手洗い消毒、利用者チェックシートへの記入等条件があります。詳しくは熊本市国際交流振興事業団の下記リンクをご参照下さい。

    開所時間につきましては引き続き下記のとおりとなっております。

    通 常:10:00-19:00

    変更後:9:00-18:00


    【重要なお知らせ】2階交流ラウンジの利用再開につい
    http://www.kumamoto-if.or.jp/topics/topics_detail.asp?PageID=6&ID=11420&pg=1&sort=0&LC=j

     

  • 【重要】施設臨時休館に伴う開所時間変更のお知らせ

    新型コロナウイルス感染拡大防止のため、九州地方環境パートナーシップオフィスが入居する熊本市国際交流会館では、令和2年4月25日(土)~同年5月6日(水)まで臨時休館となり、九州地方環境パートナーシップオフィス及び九州地方ESD活動支援センターへの立ち入りができません。

    この臨時休館に伴い、開所時間を下記の通り変更いたします。

     

    通 常:10:00-19:00

    変更後:9:00-18:00


    ご連絡等ございましたら、下記連絡先よりご連絡ください。
    何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

    【連絡先】
    九州地方環境パートナーシップオフィス
     


    【ご参考】
    (一財)熊本市国際交流振興事業団 ホームページ
    http://www.kumamoto-if.or.jp/kcic/news/topics_detail.asp?LC=j&PageID=6&ID=10731&type=1

  • 【随時更新】令和2年7月豪雨に関する情報

    last updated_2020_08_29

     

    この度の令和2年7月豪雨による大雨災害により犠牲になられた方々のご冥福を心からお祈りし、被災された皆さまにお見舞い申し上げます。

    九州地方環境パートナーシップオフィスでは、環境省及び各県の被災、支援に関する情報を収集し、集約して公開いたしました。

    被災地のみなさまの生活再建や、その他の地域のみなさまの被災地支援に、少しでもご活用いただけますと幸いです。

    ※情報追加の際はhttps://www.facebook.com/EPOkyushu/でもお知らせいたします。

     

     r2julygouu2

     

    ★ご注意
    ※災害の状況により情報が変更される可能性があります。
     詳細はリンク先ほか、自治体防災ポータルサイト等を併せて必ずご確認ください。

    ※公開が終了している場合もございます。
    ※各情報はEPO九州で選択したものを公開しています

     

    環境省

     

    福岡県

    佐賀県

    長崎県

    熊本県

    大分県

    宮崎県

    鹿児島県

    沖縄県

     

    その他の支援

     

    環境省

    環境省_令和2年7月豪雨について
    https://www.env.go.jp/saigai/ooame202007/index.html

     

    環境省_災害廃棄物対策情報サイト_令和2年7月豪雨における災害廃棄物対策について
    http://kouikishori.env.go.jp/archive/r02_suigai/

     

    環境省_ペットの災害対策 [動物の愛護と適切な管理]
    https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/1_law/disaster.html 

     

    環境省_公害医療手帳等がなくても、受診、療養の給付等を受けられます
    https://www.env.go.jp/chemi/chemi/kogai/post_151.html

     

     アスベスト対策(PDF)
    令和2年7月3日からの大雨により発生した災害廃棄物の処理等に係る石綿飛散防止対策について(周知)

     

     

    福岡県

    令和2年7月豪雨で被災された方への支援情報を掲載しています - 福岡県庁ホームページ
    https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/hisaisyashien20200705.html

     

    ●生活再建
    令和2年7月豪雨において被災された児童生徒の皆さんへの教育支援について - 福岡県庁ホームページ
    https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/saigai-kyouikushien.html
     
    被災者の方を対象とした住宅再建経費の助成(利子負担の軽減)を行っています。 - 福岡県庁ホームページ
    https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/hisaisya-jyuutakusaiken-hojyokin.html
     
    令和2年7月豪雨災害に係る被災者生活再建支援制度についてのご案内 - 福岡県庁ホームページ
    https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/seikatusaiken2.html
     
    福岡県災害見舞金・弔慰金の支給についてのご案内 - 福岡県庁ホームページ
    https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/mimaikin2020.html
     
    7月3日からの大雨による被災者に対して住宅支援を実施します - 福岡県庁ホームページ
    https://www.pref.fukuoka.lg.jp/press-release/oamesaigai-73.html

     

    令和2年7月豪雨による被災生徒に学校納付金軽減補助金の支給対象を拡大します - 福岡県庁ホームページ
    https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/202007keigen.html

     

    ●行政サービス
    福岡県災害時多言語支援センターを設置しました - 福岡県庁ホームページ
    https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/tagengoshiencenter-828.html
     
    令和2年7月3日からの大雨による災害による被災者に係る公費負担医療の取扱い 及び 妊産婦健康診査等の各種母子保健サービスの取扱い について - 福岡県庁ホームページ
    https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/reiwa2nenooame-boshi.html
     

    令和2年7月3日からの大雨による災害による被災者に係る公費負担医療の取扱い 及び 妊産婦健康診査等の各種母子保健サービスの取扱い について - 福岡県庁ホームページ
    https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/reiwa2nenooame-boshi.html

     

    令和2年7月3日からの大雨による災害に対して災害救助法を適用しました(追加) - 福岡県庁ホームページ
    https://www.pref.fukuoka.lg.jp/press-release/saigaikyujo0706-2.html
     
    ●注意喚起
    災害に便乗した悪質商法にご注意ください! - 福岡県庁ホームページ
    https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/saigai-akushitsu.html
     
    今、考え備えたい! 新型コロナ×災害避難 - 福岡県庁ホームページ
    https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/covid19-saigaihinann.html

     

    令和2年7月豪雨により流出したLPガス容器による事故防止について(地域住民の方へ) - 福岡県庁ホームページ
    https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/reiwa2ne7gatsugouu.html

     

    安全・安心のために注意していただきたいこと! 2020年7月 - 福岡県庁ホームページ
    https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/shinchaku202007.html

     

    被災住民等の熱中症対策について - 福岡県庁ホームページ
    https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/netu-saigai.html

     

    ●事業者支援
    令和2年7月豪雨により被災した中小企業に対し、県制度融資「緊急経済対策資金」による金融支援を行います。 - 福岡県庁ホームページ
    https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/0207gouu-kinnkyuukeizai.html
     
    令和2年7月5日からの大雨により被災した中小企業に対し、県制度融資「緊急経済対策資金」による金融支援を行います。 - 福岡県庁ホームページ
    https://www.pref.fukuoka.lg.jp/press-release/tizisitei0708.html
     
    令和2年7月5日からの大雨災害に関する農林漁業者の相談窓口について - 福岡県庁ホームページ
    https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/r2-saigaisienseido.html
     
    令和2年7月5日からの大雨により被災した中小企業に対する金融相談窓口を設置しました - 福岡県庁ホームページ
    https://www.pref.fukuoka.lg.jp/press-release/r2kinyuusoudan-madoguchi.html

     

    【食品等事業者の方へ】水害時の営業再開に向けた準備のご案内 - 福岡県庁ホームページ
    https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/syokuhin-suigai.html

     

     

    ●被災地支援

    「令和2年7月豪雨災害義援金」を募集しています(7/31更新) - 福岡県庁ホームページ
    https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/giennkinn3.html

     

    「令和2年7月豪雨災害義援金」の募集について - 福岡県庁ホームページ
    https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/reiwa2gouu.html

     

    ●その他

     江藤拓農林水産大臣との「令和2年7月豪雨による農林水産関係被害に関する意見交換会」(Web会議)に出席しました - 福岡県庁ホームページ
    https://www.pref.fukuoka.lg.jp/site/chiji-top/reiwa2-7nourinsiusansaigai-webkaigi.html

     

     

     

    佐賀県

    防災・緊急情報 / 防災・減災さがTOP / 佐賀県
    https://www.pref.saga.lg.jp/bousai/list01984.html

     

    ●生活再建

     令和2年7月3日からの大雨により住宅被害を受けた方の県営住宅一時入居について | 長崎県
    http://www.pref.nagasaki.jp/press-contents/449463/

     

    ●行政サービス

     

    ●注意喚起

     

    ●事業者支援

    大雨による浸冠水害に関する農業技術対策について / 防災・減災さがTOP / 佐賀県
    https://www.pref.saga.lg.jp/bousai/kiji00375847/index.html

     

    ●被災地支援

    令和2年7月豪雨災害義援金を受付けています / 佐賀県
    https://www.pref.saga.lg.jp/kiji00376045/index.html

     

    ●その他

    県内道路における通行規制情報(7月11日 5時40分現在) / 防災・減災さがTOP / 佐賀県
    https://www.pref.saga.lg.jp/bousai/kiji00311424/index.html

     

     

     

     

    長崎県

    長崎県|長崎県総合防災ポータル
    https://www.pref.nagasaki.jp/sb/

     

    ●生活再建

    令和2年7月豪雨により住宅被害を受けた方への県営住宅の一時入居について | 長崎県
    http://www.pref.nagasaki.jp/object/kenkaranooshirase/oshirase/449380.html

     

    被災された方に関する県税の減免制度について | 長崎県
    http://www.pref.nagasaki.jp/bunrui/kurashi-kankyo/zeikin/osirase-ken/448574.html

     

     令和2年7月豪雨により住宅被害を受けた方への県営住宅の一時入居について | 長崎県
    https://www.pref.nagasaki.jp/object/kenkaranooshirase/oshirase/449380.html

     

    ●行政サービス

     

    ●注意喚起
    感染症対策へのご協力について | 長崎県
    http://www.pref.nagasaki.jp/object/kenkaranooshirase/oshirase/449132.html
     
    新型コロナウイルス感染症について~家族が濃厚接触者、職場で感染した方がいたら~ | 長崎県
    http://www.pref.nagasaki.jp/bunrui/hukushi-hoken/iryo/oshirase-iki/448365.html

     

    ●事業者支援

     

    ●被災地支援

    災害義援金募金箱の設置について | 長崎県
    http://www.pref.nagasaki.jp/object/kenkaranooshirase/oshirase/448484.html

     

    ●その他

    令和2年7月豪雨災害にかかるDHEAT(ディーヒート)派遣について | 長崎県
    http://www.pref.nagasaki.jp/press-contents/448507/

     

     

     

     

    熊本県

    令和2年7月豪雨に係る情報について / 熊本県
    https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_34110.html

     

    ●生活再建
    【熊本県】令和2年7月豪雨災害対応融資制度について / 熊本県
    https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_35624.html?type=top
     
    【熊本県】令和2年7月豪雨により被災された皆様へ「自然災害による被災者の債務整理に関するガイドライン」のご案内 / 熊本県
    https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_35673.html?type=top
     
    「熊本県なりわい再建支援事業補助金」交付申請受付等の開始について / 熊本県
    https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_35641.html?type=top
     
    令和2年7月豪雨により被災した方へ「住まいの再建ガイドブック」について / 熊本県
    https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_35475.html?type=top

     

    令和2年7月豪雨の被害者の方々について条例等に基づく許可等の有効期間の延長等が認められる場合があります / 熊本県
    https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_35105.html?type=top
     
    令和2年7月豪雨による被災者の皆様へ 生活福祉資金特例貸付のご案内 / 熊本県
    https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_35248.html?type=top
     
    【事務連絡】令和2年7月3日からの大雨による災害に係る介護報酬等の請求等の取扱いについて(7月サービス提供分) / 熊本県
    https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_35257.html?type=top

     

    令和2年7月豪雨による応急仮設住宅に整備する「みんなの家」について / 熊本県
    https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_35004.html?type=top
     
    水害で濡れた写真の応急処置についてのご紹介 / 熊本県
    https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_34791.html?type=top
     
    【介護保険最新情報Vol.858】令和2年7月2日からの大雨による災害に対処するための要介護認定有効期間及び要支援認定有効期間の特例に関する省令の施行について / 熊本県
    https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_34713.html?type=top
     
    浸水した住宅の復旧のために <かたづけ・掃除のポイントなど> / 熊本県
    https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_35018.html?type=top
     
    令和2年7月豪雨災害被災者への支援策等に係るリーフレットについて / 熊本県
    https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_34987.html?type=top

     

    令和2年7月豪雨により被害を受けられた方へ(県税の申告納付期限等の延長について) / 熊本県
    https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_35066.html?type=top
     
    「給付金・豪雨関連消費者ホットライン<土日祝日も対応>」が開設されました / 熊本県
    https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_32765.html?type=top
     
    「令和2年7月豪雨」による応急仮設住宅の進捗状況について (令和2年7月18日時点) / 熊本県
    https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_34457.html?type=top
     
    災害による自動車税種別割・環境性能割の減免の手続きのご案内 / 熊本県
    https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_34509.html?type=top
     
    各種損害保険に御加入の方へ(自然災害への補償がある場合があります) / 熊本県
    https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_34594.html?type=top

     

     被災された方は病院等の窓口負担なしで受診できます / 熊本県
    https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_34569.html?type=top

     

    令和2年7月豪雨に伴う住家被害認定調査・罹災証明書について / 熊本県
    https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_34559.html?type=top

     

    令和2年7月豪雨に係る被災者生活再建支援金について / 熊本県
    https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_34374.html?type=top

     

    【令和2年7月3日からの大雨による災害】応急給水ポイントについて / 熊本県
    https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_34251.html?type=top
     
    【緊急開催】「浸水住宅復旧のための講習会」のご案内 / 熊本県
    https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_34272.html?type=top
     
    豪雨により住宅被害を受けた方への県営住宅の無償提供(一時入居)について / 熊本県
    https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_34273.html?type=top
     

    令和2年7月豪雨により被災した住宅の応急修理について / 熊本県
    https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_34424.html?type=top

     

    令和2年7月豪雨の影響による特別労働相談窓口および特別就労支援窓口について / 熊本県
    https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_34417.html?type=top

     

    令和2年7月豪雨に伴う文化財レスキュー事業を開始しました / 熊本県
    https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_34440.html?type=top

     

    ●行政サービス
     「給付金・豪雨関連消費者ホットライン<土日祝日も対応>」が開設されました / 熊本県
    https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_32765.html
     
    令和2年度(2020年度)都市農村交流対策事業の2次募集を行います。 / 熊本県
    https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_34562.html?type=top

     

    令和2年7月豪雨に関する厚生労働省事務連絡(令和2年7月14日付)について / 熊本県
    https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_34531.html?type=top

     

    「令和2年7月豪雨に係る安否情報確認等コールセンター」の開設について / 熊本県
    https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_34263.html?type=top
     
    令和2年7月豪雨に関する多言語情報の発信について / 熊本県
    https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_34242.html?type=top
     
    【厚労省事務連絡】新型コロナウイルス感染症対応に係る介護報酬等の請求(7月提出分及び8月提出分)の取扱いについて / 熊本県
    https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_34074.html?type=top
     
    【事務連絡】令和2年7月3日からの大雨による災害により被災した要介護高齢者等への対応について ・ 被災者に係る被保険者証の提示等について / 熊本県
    https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_34159.html?type=top
     
    【厚労省事務連絡】令和2年7月3日からの大雨による災害に係る介護報酬等の請求等の取扱いについて、令和2年7月3日からの大雨による災害における介護報酬等の取扱いについて / 熊本県
    https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_34179.html?type=top
     
    令和2年(2020年)7月3日からの大雨に係る通知について / 熊本県
    https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_34142.html?type=top

     

    災害等による県内各学校の休校等情報(7月31日9時00分現在) / 熊本県
    https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_35088.html

     

    【厚生労働省事務連絡】令和2年7月豪雨に伴う介護サービス事業所の人員基準等の取扱いについて / 熊本県
    https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_34474.html?type=top

     

    ●注意喚起

    令和2年7月豪雨により発生した災害廃棄物の処理等に係る石綿飛散防止対策について / 熊本県
    https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_34378.html?type=top

     

    令和2年(2020年)7月豪雨に係る被害地域における感染症予防対策について / 熊本県
    https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_34208.html?type=top
     
    【注意喚起】水没した太陽光発電設備にはむやみに近づかないでください / 熊本県
    https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_34147.html?type=top
     
    災害に便乗した悪質な勧誘・商法に注意! / 熊本県
    https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_34240.html?type=top

     

    応急危険度判定や被害認定を装った者に注意! / 熊本県
    https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_34435.html?type=top

     

    ●事業者支援

    令和2年7月豪雨により被災した農林水産業者への支援について - 大分県ホームページ
    http://www.pref.oita.jp/soshiki/15000/reiwa2nen7gatuouusienn.html

     

    「なりわい再建支援補助金」の申請書作成等に関する相談窓口の開設等について / 熊本県
    https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_35453.html?type=top
     
    「令和2年7月豪雨」で被災された方への銃砲刀剣類登録証再交付手数料免除のお知らせ / 熊本県
    https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_35518.html?type=top

     

    令和2年7月豪雨災害における宗教法人事務取扱について / 熊本県
    https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_34797.html?type=top
     
    令和2年7月豪雨による被災農林漁業者の皆様への支援策一覧 / 熊本県
    https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_35269.html?type=top

     

    令和2年7月豪雨被害に伴う農林漁業者向け金融支援制度の創設について / 熊本県
    https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_34906.html?type=top
     
    【介護保険最新情報859】令和2年7月豪雨に係る介護サービス事業所の指定・開設の許可等の期間満了日の延長について / 熊本県
    https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_34714.html?type=top
     
    令和2年豪雨災害被害者の権利利益の保全を図るための廃棄物処理法の許可に係る満了日の延長に関する措置の適用について / 熊本県
    https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_34786.html?type=top
     
    令和2年7月豪雨に伴う不動産鑑定業関係事務の取扱いについて / 熊本県
    https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_34761.html?type=top
     
    令和2年7月豪雨による災害に伴う診療録等の文書の保存に係る取扱いについて / 熊本県
    https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_35025.html?type=top
     
    【令和2年7月豪雨災害】「なりわい再建補助金(新グループ補助金)」等に係る説明会の実施について / 熊本県
    https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_35084.html?type=top

     

    食品営業施設における被災後の衛生対策について / 熊本県
    https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_34812.html?type=top
     
    障害者支援施設等の災害復旧にかかる補助金等について / 熊本県
    https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_34448.html?type=top
     
    ご確認ください(令和2年7月豪雨災害に係る宅地建物取引業者免許等の有効期間の延長措置) / 熊本県
    https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_34527.html?type=top
     
    【厚生労働省事務連絡】令和2年7月豪雨による被災者に係る利用料等の介護サービス事業所等における取扱いについて(その2) / 熊本県
    https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_34601.html?type=top
     
    令和2年7月豪雨に伴う建築士事務所の更新登録の期限の延長について / 熊本県
    https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_34544.html?type=top

     

    令和2年度(2020年度)に発生した自然災害により被災した医療施設等に係る災害復旧費補助金の活用意向の調査について / 熊本県
    https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_34466.html?type=top

     

    令和2年7月豪雨による災害にかかる福祉避難所等に対する福祉関係職員等の派遣に係る費用について / 熊本県
    https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_34570.html?type=top

     

    ご確認ください(令和2年7月豪雨災害に係る宅地建物取引業者免許等の有効期間の延長措置) / 熊本県
    https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_34527.html?type=top

     

    障害者支援施設等の災害復旧にかかる補助金等について / 熊本県
    https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_34448.html?type=top

     

    【被災中小企業・小規模事業者】令和2年7月3日からの大雨による災害に関する対策について / 熊本県
    https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_34182.html?type=top

     

    令和2年7月豪雨災害に係る「営農相談窓口」の設置について / 熊本県
    https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_34468.html?type=top

     

    ●被災地支援
    新着情報 - お盆期間中の災害ボランティアセンターについて  / 熊本県社会福祉協議会ホームページ
    http://www.fukushi-kumamoto.or.jp/kiji/pub/detail.asp?c_id=52&id=1421&pg=2&wd=&SelY=0&SelM=0&SelD=0&bkc_id=15&type=new
     
    熊本県内市町村の災害支援ボランティアバス運行状況について / 熊本県
    https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_35117.html?type=top
     
    八代市、芦北町行きボランティアバスの運行を開始します / 熊本県
    https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_35162.html?type=top

     

    熊本県内の被災地でボランティアなどの活動を行う際にはチェックリストを活用してください / 熊本県
    https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_34592.html?type=top

     

    令和2年7月豪雨に関する「ふるさと納税」について / 熊本県
    https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_34155.html?type=top
     
    被災地等で活動される他県からの応援の皆さまへ / 熊本県
    https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_34364.html?type=top
     
    7月4日の大雨の災害に係るボランティアの受け入れについて / 熊本県
    https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_34177.html?type=top
     
    7月4日からの大雨に伴う義援金の受付について / 熊本県
    https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_34171.html?type=top
     
    令和2年7月豪雨に伴うボランティア活動のために使用する車両の取扱いについて / 熊本県
    https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_34314.html?type=top
     
    令和2年7月豪雨災害における修学支援(熊本県育英資金・熊本県奨学のための給付金) / 熊本県
    https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_34252.html?type=top
     
    くまモンイラストの支援活動におけるご利用について / 熊本県
    https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_34128.html?type=top

     

    令和2年7月豪雨の被害に伴う支援物資のお申し出について / 熊本県
    https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_34143.html?type=top

     

     

    ●その他
    令和2年豪雨災害の発生に伴う屋外広告物許可等の有効期間の延長等について / 熊本県
    https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_35356.html?type=top
     
    第1回 「令和2年7月球磨川豪雨検証委員会」の開催について / 熊本県
    https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_35412.html?type=top

     

    令和2年7月豪雨災害支援に対する感謝メッセージの掲示について / 県南広域本部 / 熊本県
    https://www.pref.kumamoto.jp/kennan/kiji_35310.html?type=top

     

    令和2年7月豪雨災害の大規模災害からの復興に関する法律の非常災害指定について(知事コメント) / 熊本県
    https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_35060.html?type=top

     

    球磨川中流部支川の災害復旧に係る国の権限代行決定について(知事コメント) / 熊本県
    https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_34966.html?type=top

     

    天皇皇后両陛下からのお見舞い / 熊本県
    https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_34816.html?type=top

     

    知事からのメッセージ(ボランティアの力を被災地へ) / 熊本県
    https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_34792.html?type=top

     

     【7月13日】臨時記者会見(激甚災害指定について) / 熊本県
    https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_34461.html?type=top

     

     令和2年7月豪雨集落被災・復旧状況台帳について / 熊本県
    https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_34412.html?type=top

     

    【7月14日】令和2年7月豪雨に係る熊本県災害対策本部会議(第12回) / 熊本県
    https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_34511.html?type=top

     

    令和2年7月3日からの豪雨に関する熊本県管理ダムの洪水調節効果 / 熊本県
    https://www.pref.kumamoto.jp/kiji_34120.html?type=top

     

     

    大分県

    おおいた防災ポータル - 大分県ホームページ
    https://www.pref.oita.jp/site/bosaiportal/

     

    令和2年7月24日からの大雨に関する災害情報について(第1報~最終報) - 大分県ホームページ
    http://www.pref.oita.jp/site/bosaiportal/ooame0724.html

     

    ●生活再建

    令和2年7月豪雨災害により被災した住宅等の相談 - 大分県ホームページ
    http://www.pref.oita.jp/soshiki/18500/1.html

     

    令和2年7月3日からの大雨による災害による被災者に係る公費負担医療(育成医療・更生医療・精神通院医療)の取扱いについて - 大分県ホームページ
    http://www.pref.oita.jp/soshiki/12500/saigainiyoruhisaisyanikakarutoriatukai.html
     
     生活福祉資金の貸付について(令和2年7月豪雨災害関連) - 大分県ホームページ
    http://www.pref.oita.jp/soshiki/12000/seikatuhukushishikinsaigai.html

     

    ●行政サービス

    「令和2年7月豪雨」に係る被害状況等について - 大分県ホームページ
    http://www.pref.oita.jp/site/202007saigaiinfo/r0207gouuhigaijoukyou.html

     

    「令和2年7月豪雨」に関する災害情報について(第1報~第18報) - 大分県ホームページ
    http://www.pref.oita.jp/site/bosaiportal/ooame0706.html
     
    多言語災害情報について/About multilingual disaster information/关于多种语言的灾害信息/다언어 재해 정보에 대해서 - 大分県ホームページ
    http://www.pref.oita.jp/soshiki/10140/saigai-tagengo.html
     
    令和2年7月豪雨により被災された皆さまへ 県税減免のお知らせ - 大分県ホームページ
    http://www.pref.oita.jp/site/zei/hisai.html

     

    ●注意喚起

    災害時の石綿(アスベスト)ばく露防止・飛散防止について - 大分県ホームページ
    http://www.pref.oita.jp/soshiki/13350/disaster-asbestos.html

     

    令和2年7月豪雨により流出したLpガス容器等による事故防止について - 大分県ホームページ
    http://www.pref.oita.jp/soshiki/13560/lpgasyoukizikoboushi.html

     

    災害に便乗した悪質商法にご注意ください! - 大分県ホームページ
    http://www.pref.oita.jp/site/seihinjiko/saigaiakushitusyouhou.html

     

    ●事業者支援
    令和2年7月九州豪雨による被災者に対する危険物取扱者免状・消防設備士免状の再交付申請に係る手数料の減免について - 大分県ホームページ
    http://www.pref.oita.jp/soshiki/13560/tesuuryougenmen.html
     
    令和2年7月3日からの大雨災害に関する経営・金融相談窓口の開設について - 大分県ホームページ
    http://www.pref.oita.jp/soshiki/14040/ooamesaigai0703.html
     
    令和2年7月の大雨災害に関する農林水産事業者向け相談窓口の設置について - 大分県ホームページ
    http://www.pref.oita.jp/site/bosaiportal/r2-ooame-nourinsui.html

     

    ●被災地支援
    大分県災害ボランティアセンターの設置について - 大分県ホームページ
    http://www.pref.oita.jp/soshiki/13100/saibora0706.html
     
    令和2年7月豪雨にかかる災害ボランティアの募集について - 大分県ホームページ
    http://www.pref.oita.jp/soshiki/13100/saibora020710.html
     
    〈7月13日受付開始〉令和2年7月豪雨災害義援金を募集します - 大分県ホームページ
    http://www.pref.oita.jp/soshiki/12000/reiwa2nen7gatugouugienkin.html

     

    【災害ボランティア】日田市天瀬・九重町へ災害ボランティアに行かれる方は高速道路の無料措置が利用できます - 大分県ホームページ
    http://www.pref.oita.jp/soshiki/13100/kousokumuryo.html

     

    ●その他

    「令和2年7月大分県豪雨災害被災者義援金配分委員会」の審議結果について - 大分県ホームページ
    http://www.pref.oita.jp/soshiki/12000/reiwa2nengouugienkinhaibunkekka.html

     

    令和2年7月豪雨災害に係る道路のう回路に関する問い合わせ - 大分県ホームページ
    http://www.pref.oita.jp/soshiki/17140/douroukai.html
     
    くじゅう連山登山道の通行止めのお知らせ - 大分県ホームページ
    http://www.pref.oita.jp/soshiki/13070/kuju-tozando.html

     

     

     

     

    宮崎県

    宮崎県:宮崎県防災・危機管理情報
    https://www.pref.miyazaki.lg.jp/kiki-kikikanri/kurashi/bosai/bosai_kikikanri_joho.html

     

    ●生活再建

    宮崎県:令和2年7月豪雨に係る県税の申告・納付等の期限の延長について
    http://www.pref.miyazaki.lg.jp/zeimu/kurashi/zekin/20200730142146.html

     

    宮崎県:令和2年7月豪雨被災者への住宅支援について
    http://www.pref.miyazaki.lg.jp/kenchikujutaku/shakaikiban/sumai/koueijyutaku/20200710160832.html

     

    ●行政サービス
    宮崎県:「令和2年7月豪雨」による熊本県の被害に対する応援・支援について
    http://www.pref.miyazaki.lg.jp/kiki-kikikanri/kurashi/bosai/20200706154244.html
     
    宮崎県:令和2年7月5日からの大雨による被害状況について(7月8日15時30分時点(最終報))
    http://www.pref.miyazaki.lg.jp/kiki-kikikanri/kurashi/bosai/20200707111412.html
     
    宮崎県:県管理の公共土木施設の主な被災状況
    http://www.pref.miyazaki.lg.jp/kanri/kurashi/bosai/fuusuigai/20200707_1.html

     

    ●注意喚起

     

    ●事業者支援
    宮崎県:「令和2年7月豪雨」による林業関係被害について(第2報)
    http://www.pref.miyazaki.lg.jp/kankyoshinrin/kurashi/bosai/20200805161937.html
     
    宮崎県:「令和2年7月豪雨」による農水産業関係の被害状況について(確報)
    http://www.pref.miyazaki.lg.jp/noseikikaku/kurashi/bosai/20200804143544.html

     

    宮崎県:(宅地建物取引業者向け)水害ハザードマップに関するご案内
    http://www.pref.miyazaki.lg.jp/kenchikujutaku/shakaikiban/sumai/takken/2020suiboutanntou.html

     

    ●被災地支援
    宮崎県:令和2年7月福岡県豪雨災害義援金の受付についてお知らせします
    http://www.pref.miyazaki.lg.jp/fukushihoken/kenko/shakaifukushi/20200710131838.html
     
    宮崎県:令和2年7月岐阜県豪雨災害義援金の受付についてお知らせします
    http://www.pref.miyazaki.lg.jp/fukushihoken/kenko/shakaifukushi/20200715202616.html
     
    宮崎県:令和2年7月大分県豪雨災害義援金の受付についてお知らせします
    http://www.pref.miyazaki.lg.jp/fukushihoken/kenko/shakaifukushi/20200715194533.html
     
    宮崎県:令和2年7月鹿児島県豪雨災害義援金の受付についてお知らせします
    http://www.pref.miyazaki.lg.jp/fukushihoken/kenko/shakaifukushi/20200715205455.html

     

    宮崎県:令和2年7月豪雨災害義援金の受付についてお知らせします
    http://www.pref.miyazaki.lg.jp/fukushihoken/kenko/shakaifukushi/20200707125506.html
     
    宮崎県:7月の豪雨災害へのボランティア活動について(7月10日時点情報)
    http://www.pref.miyazaki.lg.jp/seikatsu-kyodo-danjo/kurashi/npo/20200706160251.html

     

    ●その他

    宮崎県:令和2年7月3日から9日にかけての梅雨前線豪雨による県内の公共土木施設の被害状況について(最終版)
    http://www.pref.miyazaki.lg.jp/kasen/kurashi/bosai/20200805130912.html

     

     宮崎県:令和2年7月豪雨(7月3日から12日の大雨)による被害状況等について
    http://www.pref.miyazaki.lg.jp/kiki-kikikanri/kurashi/bosai/20200721090058.html

     

     宮崎県:令和2年7月3日から9日にかけての梅雨前線豪雨による県内の公共土木施設の被害状況について
    http://www.pref.miyazaki.lg.jp/kasen/kurashi/bosai/20200721094145.html
     
    宮崎県:「令和2年7月豪雨」による林業関係被害について
    http://www.pref.miyazaki.lg.jp/kankyoshinrin/kurashi/bosai/20200721153948.html
     
    宮崎県:「令和2年7月豪雨」による農水産業関係の被害状況について
    http://www.pref.miyazaki.lg.jp/noseikikaku/kurashi/bosai/20200722113158.html

     

     

     

    鹿児島県

    鹿児島県/令和2年7月3日からの大雨に関する防災・くらしなどの情報
    http://www.pref.kagoshima.jp/aj01/bosai/saigai/r02/r0207ooame.html

     

    ●生活再建
    鹿児島県/給付金・豪雨関連消費者ホットライン
    http://www.pref.kagoshima.jp/ab11/kurashi-kankyo/syohi/madoguchi/hotline2020.html
     
    鹿児島県/令和2年7月3日からの大雨による被災者への県営住宅の一時提供について
    https://www.pref.kagoshima.jp/ah14/kenjyu-hisaisya.html
     
    鹿児島県/災害に伴う建築基準法関係手数料の免除について
    https://www.pref.kagoshima.jp/ah12/kenchikutesuuryoumennzyo.html
     
    鹿児島県/災害を受けられた方に対する県税の軽減措置などについて
    https://www.pref.kagoshima.jp/ab07/kurashi-kankyo/zei/info/zei.html

     

    ●行政サービス

    鹿児島県/災害対策本部の設置
    https://www.pref.kagoshima.jp/aj02/20200704saigaitaisakuhonbu.html

     

    鹿児島県/災害救助法を適用しました。【第2報】
    http://www.pref.kagoshima.jp/ae04/20200706.html

     

    ●注意喚起
    鹿児島県/避難所における新型コロナウイルス感染症への対応について
    https://www.pref.kagoshima.jp/bosai/saigai/korona.html
     
    鹿児島県/災害発生時の避難所における食中毒予防について
    https://www.pref.kagoshima.jp/ae09/saigaizi.html

     

    ●事業者支援
    鹿児島県/令和2年7月3日からの大雨により経営に影響を受けている中小企業者への支援について
    https://www.pref.kagoshima.jp/af02/sangyo-rodo/syoko/yushi/saishin/r20703~ooame.html
     
    令和2年7月3日からの大雨による災害に関する特別相談窓口の設置について - 鹿児島県信用保証協会
    https://www.kagoshima-cgc.or.jp/news/4713/
     
    鹿児島県/6月下旬から7月上旬の台風に対する農作物等の事前・事後対策について
    https://www.pref.kagoshima.jp/ag01/sangyo-rodo/nogyo/gizyutu/taisaku/6gatugejyun.html
     
    鹿児島県/7月中旬から7月下旬の台風に対する農作物等の事前・事後対策について
    https://www.pref.kagoshima.jp/ag01/sangyo-rodo/nogyo/gizyutu/taisaku/7gatugejyun.html

     

    ●被災地支援
    鹿児島県/かごしま応援寄附金(ふるさと納税)
    https://www.pref.kagoshima.jp/kensei/zaisei/hurusatonouzei/index.html
     
    鹿児島県/自然災害に伴う災害救助のために使用する車両の取扱いについて
    https://www.pref.kagoshima.jp/aj07/syaryou.html

     

    ●その他

     

     

     

     

    沖縄県

    沖縄防災情報ポータル ハイサイ!防災で~びる
    http://www.bousai.okinawa.jp/

     

    ●生活再建

     

    ●行政サービス
     
    ●注意喚起
     
    ●事業者支援
     
    ●被災地支援
     
    ●その他

     

     

    その他の支援

     

    ●子どもたちへの支援

    令和2年7月豪雨で被災した子どもの学びや育ちの支援活動助成/助成制度詳細 | CANPAN
    http://fields.canpan.info/grant/detail/1574

     

  • JEEFによる「新型コロナウイルス感染拡大に関する自然学校等への影響調査レポート」の結果公表

    公益社団法人日本環境教育フォーラム(JEEF)は、4月23日に共同緊急調査「新型コロナウイルス感染拡大に関する自然学校等への影響調査レポート」の結果を公表しました。

     

    新型コロナウイルス感染拡大に関する自然学校等への影響調査レポートの公表 | JEEF 公益社団法人日本環境教育フォーラム
    https://www.jeef.or.jp/2020/04/30094/

     

    □九州・沖縄地域から34団体が回答されています。

     

     

     

    本調査は、自然体験・環境教育・野外教育に関するネットワーク団体が協力し、4月14日(火)〜4月21日の期間にウェブアンケートで実施しました。日本全国の自然学校等を対象に行われ、236件の回答が寄せられました。

    調査結果によると、新型コロナウィルスの感染拡大の影響により、4月末までに自然学校等が中止・延期したプログラム・イベントの参加予定者数は、197,806人にのぼり、被害総額は約5億9,200万円となったことがわかりました。
    また、5月以降も活動の自粛が続いた場合、プログラム・イベントの中止・延期によって、382,926人に影響が及び、被害総額は約12億1,800万円となるとしています。
    5月以降の野外での活動が増えるシーズンを迎え、長期化することで被害はさらに拡大することが予想されるとしています。

     【引用元】新型コロナによる影響で存続の危機に直面する自然学校-被害総額は約18億円。6割超の団体が経営に影響。 / Eduwell Journal
    https://children.publishers.fm/article/22076/?fbclid=IwAR3qxzNknEJBVbX4HzU9E7ATP3sctf09ZIyYK6qgkWCJzyJguGCX0i9rS6k

     

EasyTagCloud v2.8

Default Image
2020年10月28日

【12/2締切】「慶良間諸島国立公園の海…

環境省では、「慶良間諸島国立公園の海域公園地域内における行為の許可基準の特例 」を定めるに当たり、 広く国民からの意見を募集するパブリックコメントを実施します。…
2020年10月28日

【11/11開催】「体験の機会…

環境省は「体験の機会の場」の充実・拡大に関する協定を踏まえ、「体験の機会の場」研究機構と連携し、高知…
2020年10月28日

【12/21締切】「環境…

環境省は、環境配慮経営を目的とした社員育成を行う企業の取り組みと、その成果を表彰する顕彰事業を行いま…
2020年10月28日

【結果公表】中小企業の中長期の…

環境省は公募を行った「令和2年度中小企業の中長期の削減目標に向けた取組可能な対策行動の可視化モデル事…
2020年10月28日

【11/10締切】中小企業の中…

パリ協定において企業等の排出削減が求められ、大企業を中心に脱炭素経営の取組が広がる一方、目標達成のた…