94 対象のタグ "SDGs未来都市"

  • 【10/25まで】 熊本県立大学による「プラスチックごみに関するアンケート」の実施

     熊本市と熊本県立大学は連携してプラスチック資源の循環についての研究を行っており、現在プラスチックごみについての市民意識に関するアンケートを実施しています。
    熊本市民のみなさまは、ぜひこの機会にご意見をお寄せください。

     


     

    熊本県立大学による「プラスチックごみに関するアンケート」について

    熊本県立大学では、本市と連携し「プラスチック資源循環を推進するための市民意識の変革について」をテーマとして地域連携型卒業研究に取り組んでおり、その一環としてプラスチックごみに関する意識等を調査するためアンケートを実施しています。

    現在、熊本県立大学ではアンケートにご協力いただける方を募集しておりますので、ご協力いただける方は以下のリンク先よりご協力のほどよろしくお願いいたします。 

     アンケートの詳細・回答はこちらから 

    ※アンケートについては、約5分程度(20問程度)でご回答いただけます。
     
    ※アンケート実施期間 10月11日(月)~10月25日(月)

    【アンケートに関する問い合わせ先】
     熊本県立大学 環境共生学部 
     環境資源学科 資源循環化学研究室
     電話番号:096-321-6713
     メールアドレス: 

    熊本県立大学による学生GP制度(地域連携型卒業研究)とは

     熊本県立大学では、地域企業・地域社会から研究テーマを募集し、そのテーマに対し、学生が卒業研究として取り組むことで、実社会と学生とを結びつけ、学生の自律と自立に向け就業力の育成を図る「学生GP制度(地域連携型卒業研究)」に取り組んでいます。

     学生GP制度(地域連携型卒業研究)の詳細についてはこちらをご確認下さい。

    お問い合わせ先

    環境局 資源循環部 廃棄物計画課
    電話:096-328-2359
    ファックス:096-359-9945
     

     

    kenritsudai plagomi

     

    熊本市 熊本県立大学による「プラスチックごみに関するアンケート」について
    https://www.city.kumamoto.jp/hpkiji/pub/detail.aspx?c_id=5&type=top&id=37792

  • 【1/19締切】第二次鹿児島市まちと緑のハーモニープラン(素案)に係る市民意見募集

    鹿児島市は、「第二次まちと緑のハーモニープラン」の策定に向けてパブリックコメントの募集を開始しました。
    「第二次鹿児島市まちと緑のハーモニープラン」は、共公益施設・民有地における緑地保全や緑化、さらには、緑化意識の普及啓発などのソフト面の施策も含めた、都市の「緑」全般に関する幅広い総合計画です。
    鹿児島市にお住いの皆さまはぜひご意見をお寄せください。

     


     

    本市では、平成23年3月に策定した「鹿児島市まちと緑のハーモニープラン」が目標年次を迎えることから、緑を取り巻く社会情勢の変化や、上位・関連計画の見直し等を踏まえ、「第二次まちと緑のハーモニープラン」の策定に取り組んでおり、この度、「素案」がまとまりました。そこで、皆さんのご意見を参考にさせていただきながら、策定に向けて取り組んでまいりたいと考えておりますので、募集案内(PDF:244KB)をご確認いただき、ご意見をお寄せください。

    意見の募集期間

    令和3年12月15日水曜日から令和4年1月19日水曜日(当日消印有効)

    意見の提出方法及び提出先

    ご意見の提出の際は、意見の記入用紙(任意の様式でも結構です)に住所、氏名、電話番号、素案に対するご意見をご記入のうえ、郵送、ファックス、電子メールなどで下記提出先へ提出をお願いします。

    [意見の提出先]
    郵送:〒892-8677鹿児島市山下町11番1号[鹿児島市役所公園緑化課]
    ファックス:099-216-1352
    電子メール:
    電子申請:電子申請システム(外部サイトへリンク)

    意見の提出に際しての留意事項

    対象となる方

    1.本市内に住所を有する方
    2.本市内に事務所又は事業所を有する方
    3.本市内に通勤・通学する方

    意見提出時の記載事項

    ご意見の提出にあたっては、住所、氏名(法人又は団体の場合は、所在地及び法人名等)及びご連絡先を必ず記載してください。また、住所が市外の場合は、市内に通勤・通学している旨を記載してください。

    その他

    1.匿名によるご意見は受付できません。
    2.電話や口頭によるご意見の提出はできませんので、書面で提出してください。
    3.期限を過ぎて提出されたご意見につきましては、パブリックコメント手続による意見としての取扱はできませんので、提出期限にご留意ください。

    提出いただいた意見の取扱

    提出いただいたご意見については、一覧表にまとめて、その概要とご意見に対する検討結果を市のホームページ、市政情報コーナー(みなと大通別館1階)等で公表します。なお、意見募集結果の公表の際は、ご意見の内容以外(住所や氏名等)は公表いたしません。

    お問い合わせ先

    建設局建設管理部公園緑化課
    〒892-8677 鹿児島市山下町11-1
    電話番号:099-216-1368
    ファクス:099-216-1352

     

    kagoshimashi pc

     

    鹿児島市 第二次鹿児島市まちと緑のハーモニープラン(素案)に係る市民意見募集(パブリックコメント)
    http://www.city.kagoshima.lg.jp/kensetu/kensetukanri/kouenryokuka/midorinokihonnkeikaku/soan2.html

  • 【1/21締切】「沖縄県クリーンエネルギー・イニシアティブ」の改定案に係る意見募集について

    沖縄県は、「沖縄県クリーンエネルギー・イニシアティブ」の改定に向けてパブリックコメントの募集を開始しました。
    改定案は、脱炭素に向けた国際的な潮流を踏まえ、沖縄の特性を念頭に置きながら数値目標の見直しやアクションプランの取組強化を図るものです。
    沖縄県の皆さまはぜひご意見をお寄せください。

     


     

    沖縄県では、令和3年3月に策定した「沖縄県クリーンエネルギー・イニシアティブ」について、脱炭素に向けた世界的な潮流や国の動向を踏まえ、より高い目標の設定等に向け、改定案を取りまとめました。
    つきましては、本イニシアティブ改定の参考とするため、県民の皆様から幅広くご意見を募集します。

    募集期間

    令和3年12月21日(火)から令和4年1月21日(金)

    計画案等の入手方法

    (1)沖縄県ホームページ
    (2)沖縄県商工労働部産業政策課(県庁8階)
    (3)行政情報センター(県庁2階)
    (4)宮古行政情報センター(宮古合同庁舎1階)
    (5)八重山行政情報コーナー(八重山合同庁舎1階)

    募集内容詳細

    1 意見の提出方法
     電子メール、FAX及び郵送により受け付けします。
     下記の関連資料からダウンロードできる「意見提出様式」に必要事項を記入の上、提出をお願いします。
     御意見の受付は、募集期間最終日の令和4年1月21日(金)17時15分到着分までとさせていただきます。
    (1)電子メールの場合
     件名を「沖縄県クリーンエネルギー・イニシアティブ改定案に関する意見」とし、「意見提出様式」を添付の上、次のアドレスあて送信をお願いします。
     電子メール:
    (2)FAXの場合
     「意見提出様式」を次のあて先に送信をお願いします。
     沖縄県 商工労働部 産業政策課 産業基盤班あて
     FAX:098(866)2440
    (3)郵送の場合 
     「意見提出様式」を次のあて先に送付をお願いします。
     〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 
     沖縄県商工労働部 産業政策課 産業基盤班

    2 意見を提出する際の留意点
    (1)住所、氏名、連絡先は必ず記載するようお願いします。
    (2)提出していただいた御意見の内容について、電話、メール等で詳細を確認させていただく場合があります。
    (3)御意見を正確に把握する必要があるため、電話や口頭による意見はお受けできませんので、予めご了承お願いします。
    (4)新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、ご持参による提出はご遠慮ください。

    3 御意見の取扱い
    (1)提出された御意見は、イニシアティブ改定を行う際の参考にさせていただきます。
    (2)提出された御意見の概要と御意見に対する県の考え方については、公表を予定しています。但し、公表することにより個人又は法人の権利等を害するおそれがあるものについては、公表しない場合がございます。
    (3)趣旨が不明瞭な御意見の場合、考え方を示すことができない場合があります。
    (4)御意見を提出された個人又は団体に対して県から直接の回答は行いませんので、予めご了承ください。

    関連資料


    お問い合わせ

    沖縄県商工労働部産業政策課
    沖縄県 商工労働部 産業政策課 産業基盤班
    〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟8階(北側)
    電話番号:098-866-2330
    ファックス:098-866-2440
    メール:

    okinawa clean energy

     

    沖縄県 「沖縄県クリーンエネルギー・イニシアチブ」の改定案に係る意見募集について
    https://www.pref.okinawa.lg.jp/site/iken/r3/cleanenergyinitiativerevise.html

  • 【1/21締切】山都町の食と農の未来を考えるシンポジウムの開催について

    山都町は令和3年度にSDGs未来都市の選定を受けたことを記念し、『山都町の食と農の未来を考えるシンポジウム』を開催します。
    「くまもとグリーン農業推進宣言の町」を掲げ、有機農業を推進しており、今回のシンポジウムでは山都町の農産物の魅力を再発見する内容となっています。
    現地とオンライン両方で開催されますので、ぜひこの機会にご参加ください。

     


     

    山都町では令和3年度に内閣府から「2021SDGs未来都市」の選定を受け、「有機農業で持続可能なまちづくり」をテーマに、様々な取り組みを進めているところです。
     今回は、人が生きていくうえで欠かすことのできない「食」、それを支える「農」について、町民の皆様へお伝えし、本町の農産物のすばらしさを伝えるため、別添シンポジウムを開催します。
     山都町は「くまもとグリーン農業推進宣言の町」として、土づくりを基本に化学肥料や化学農薬の使用を減らし、熊本の宝である「地下水」と「土」を守り育てる農業を推進しています。山都町の食と農をみんなで考えましょう。

    日程等

    1 開催日時  令和4年1月29日(土曜日) 午後1時から午後4時
    2 開催場所  矢部保健福祉センター「千寿苑」
    3 申込方法  電話、メール、専用フォームからお申込みください。
    4 申込URL  https://logoform.jp/form/Fpx6/2022/Yamato-Symposium
    5 定  員  会場:100名 オンライン:100名
    6 申込期限  1月21日(金曜日)

    プログラム

    13:00-13:05 開会
    13:05-14:05 基調講演 東京農業大学 教授 上岡美保 氏
             テーマ『食・農・環境の未来を育む食農教育』
    14:05-14:30 事例発表 山都町地方創生アドバイザー 下田美鈴 氏
    14:30-14:40 休憩
    14:40-15:55 パネルディスカッション
                【パネラー】
                 ・有機農業協議会 会長 堀豊生 氏
                 ・株式会社やまとでしか 代表 八田祥吾 氏
                 ・山都町教育委員、やまんまの会 坂梨理恵子 氏
                 ・ゆずの木ねむの木みずたまの木経営 小坂寛 氏
                 ・山都町地方創生アドバイザー 下田美鈴 氏
    15:55-16:00 閉会

    チラシ

     山都町SDGsシンポジウムチラシ(PDF:1.01メガバイト)

    お問い合わせ

    企画政策課
    電話:0967-72-1214
    ファックス:0967-72-1080

     

    yamato food agri

     

    山都町 【SDGs未来都市選定記念『山都町の食と農の未来を考えるシンポジウム』開催(企画政策課)】
    https://www.town.kumamoto-yamato.lg.jp/kiji0037349/index.html

  • 【1/26締切】熊本市SDGs未来都市計画(素案)に関するパブリックコメント(意見公募)について

    SDGs未来都市である熊本市では、令和4年度以降のSDGs未来都市計画改定に向けて素案を作成し、その内容について市民からの意見を求めるパブリックコメントを募集しています。
    熊本市民の皆さまは、素案をご確認のうえ、ぜひ積極的にご意見をお寄せください。

     


     

    熊本市は、令和元年度にSDGs未来都市に選定されており、これまで令和元年度から令和3年度を計画期間とする熊本市SDGs未来都市計画に基づき、取組を推進してきました。今後も持続可能なまちづくりを推進していくため、令和4年度以降の計画へ改定することとしており、このたび、その素案を作成いたしました。 そこで、本計画について、次のとおり市民の皆様からのご意見を募集します。

    1 素案内容の入手方法

    (1)熊本市のホームページによる閲覧  
       熊本市SDGs未来都市計画(2022~2024)(素案) (PDF:1.72メガバイト)
       熊本市SDGs未来都市計画(2022~2024)(素案)(概要版) (PDF:1.8メガバイト)

    (2)印刷物での閲覧
      ・政策企画課窓口(本庁舎4階)
      ・区役所総務企画課
      ・まちづくりセンター(中央区まちづくりセンターを除く。)
      ・中央公民館
      ・中央区まちづくりセンター大江交流室
      ・中央区まちづくりセンター五福交流室
      ・河内まちづくりセンター河内交流室
      ・河内まちづくりセンター芳野分室
      ・城南まちづくりセンター城南交流室
      ・総合保健福祉センター(ウェルパルくまもと)
      ・各地域コミュニティセンター

    2 意見の提出期間

     令和3年(2021年)12月27日(月)~ 令和4年(2022年)1月26日(水) ※必着

    3 意見の提出先・提出方法

     意見提出用紙に、氏名、住所、電話番号を明記の上、次のいずれかの方法で送付してください。
     なお、匿名や電話でのご意見については受け付けかねますので、あらかじめご了承ください。
      《意見提出用紙》
      意見提出用紙 (PDF:81.4キロバイト) 

       【電子メールでの送付】 

       【郵送での送付】 〒860-8601 熊本市中央区手取本町1番1号 政策企画課あて
              各区役所等に設置している意見提出用封筒をご利用いただき郵送してください。

       【ファクスでの送付】    ファクス番号 096-324-1713

    4 その他

     住所、氏名などの個人情報については公開しませんが、ご意見については公開する予定です。 なお、いただいたご意見については、意見のまとまりごとに本市の考えを公開いたします。

    お問い合わせ

    熊本市政策局 総合政策部 政策企画課
    電話:096-328-2035
    ファックス:096-324-1713

     

    kumamotoshi miraitoshi

     

    熊本市 熊本市SDGs未来都市計画(2022~2024)(素案)に関するパブリックコメント(意見公募)について
    https://www.city.kumamoto.jp/hpkiji/pub/detail.aspx?c_id=5&type=top&id=38967

  • 【1/28締切】対馬市・SDGs人材育成セミナーの開催について

    SDGs未来都市である対馬市にてSDGs人材育成セミナーが開催されます。
    本セミナーでは海洋プラスチック問題を切り口として、国境の島対馬ならではのSDGsの取組について考えます。
    なお、申込期日は1月28日ですが、会場定員は先着50名ですのでお早めにお申込みください。

     


     

    九州と朝鮮半島の間に飛び石的に存在する国境離島・対馬は、海を通じて東アジア、東南アジア諸国と通じています。海岸には、私たちの暮らしや産業から出るごみに混じって、諸外国から流れついたごみも目立ちます。
    一方で海岸を埋め尽くすほどの、おびただしい量の流木。近年急速に増えた海岸の流木は、森が既に危機的状況であることを物語っています。

    対馬の海岸から、森、里、世界につながる様々な問題が見えてくるのです。さあ、何から始めたら良いのでしょう?私たち一人ひとりは、何ができるのでしょう?地道に情報発信に努めながら、出来ることをひとつずつ。対馬の若者の挑戦を紹介しながら、国際交流や産業間の連携の大切さについて議論します。

    ◆日時 2022年1月29日(土)14:00〜16:00
    ◆開催場所 対馬市交流センター、及びオンライン〔Zoomウェビナー〕
    ◆定員 会場は50名程度(定員に達し次第、締め切ります)

    ■プログラム
    1. 開会の挨拶
    2. インタビューダイアログ
      国境の島・対馬からみるSDGsローカルアクション
      ~海岸の漂着ごみを調べてみたら、森と里と世界がみえてきた~
      講師:堅達 京子さん
      講師:松井 秀明さん
      関係案内人:川口 幹子さん
    3. 質疑応答・ふりかえり
      (講師の話を基に、WEB参加者の皆様にもご参加いただきながら、質疑応答を行います。)
    4. 閉会の挨拶

    ■主催:環境省

    ■協力:対馬市
    一般社団法人対馬里山繋営塾

    ◆お申し込み(開催前日の13時締め切り)
    申し込みサイト

    ◆チラシ
    九州セミナーチラシPDF

    ■お問い合わせ:
    特定非営利活動法人持続可能な開発のための教育推進会議(ESD-J)
    TEL:03-5834-2061(月・木 10:00~18:00)
    E-mail:

     

    tsushima sdgsjinzai

     

    特定非営利活動法人持続可能な開発のための教育推進会議 【参加者募集】ローカルSDGs人材育成地方セミナー 1/29 九州地方【長崎県対馬市】
    https://www.esd-j.org/news/8624

  • 【10/15開催】第353回RISTフォーラム熊本の地域課題を産学官で考える

    RIST(くまもと技術革新・融合研究会)は、下記の通りフォーラムを開催します。

    研究会では「地域課題シリーズ」と称して複数回にわたる月例フォーラムを展開しており、3回目は「SDGs未来都市」に選定されている熊本県小国町に焦点を当て、豊かな自然環境を活用したまちづくりについての内容が情報提供されます。

    ぜひ参加をご検討ください。

     

     


     

    第353回RISTフォーラム
    熊本の地域課題を産学官で考える

    ~小国町における持続的開発目標を学ぶ~

     

    2016年4月の熊本地震と、2020年7月の豪雨が県内に甚大な被害をもたらしたことは、熊本で生きるわたしたちにとって決して忘れることのできない歴史となりました。今年も、県外で大雨による災害が発生しており、海外を見渡しても自然災害が多発しています。したがって、これまでにも増して防災・減災対策が重要になる一方、被災後、いかに復旧・復興し、そして持続的に発展していくかもまた大きな課題と言えましょう。

    そこでRISTでは、わたしたち地域民がその中心的な役割を担う県内各自治体の取り組みを知り、分かり合い、ともに推進していく必要性を、産学官連携の立場から考える機会として、「地域課題シリーズ」と称して複数回にわたる月例フォーラムを展開することを企画し、初回は昨年11月に八代・人吉・球磨地域、2回目の前回は今年5月に南阿蘇村について実施してまいりました。

    3回目の今回は、県内自治体として最も早い2018年度に「SDGs未来都市」に選定された小国町に焦点を当て、町の木でもあるスギや、クリーンエネルギーとして期待される地熱など、同町の豊かな自然環境を活用したまちづくりについて、そのビジョンを学ぶとともに困りごとを洗い出し、産学官が連携して解決していくためのきっかけを提供できればと考えております。

    1.日    令和3年10月15日(金) 10:00~12:00

     

    2.場  所  Zoomによるオンライン開催

     

    3.主 催 等  

    主催 くまもと技術革新・融合研究会(RIST)、(公財)くまもと産業支援財団
    後援 九州地方環境事務所

     

    4.内   容

    〇開 会 挨 拶                            10:00~10:05

    1)SDGs未来都市小国町の取り組みについて                                          10:05~10:35

    小国町政策課 SDGs推進係長 長谷部 公博 氏
    2018年SDGs未来都市の選定を受けた小国町のまちづくりについてご紹介します。

     

    2)あるものを活かすまちづくり-共創人材育成とSDGs-             10:35~11:25

    熊本大学熊本創生推進機構 准教授 田中 尚人 氏
    2017年10月に小国中学校の全校生徒を対象として実施した特別授業『地熱発電とまちづくり』を事例に、激甚災害が頻発し人口減少社会を迎えた地方都市や中山間地におけるまちづくりに資する共創の場、それを支える人材育成についてSDGsの観点から解説します。

     

    3)温泉旅館を支援するマイクロ発電で地域おこし                            11:25~11:55

    ふるさと熱電株式会社 代表取締役 赤石 和幸 氏
    わいた地区の方々が皆で立ち上げた『わいた発電所』や温泉旅館の新たな収益源となる『山翠バイナリ ー』の取り組みなどを紹介します。地熱発電という形で地域の財源を生み出し、温泉地という伝統への基盤を強化つつ、新たな人を惹きつけ、地域産業の育成や雇用を創出していく活動を紹介していきます。

     

    〇閉 会 

    挨 拶・閉 会                       11:55~12:00

     

    5.参加料  無料

     

    6.お申し込み 

    WEB申し込み か、メールにご氏名・会社名(ご所属・ご役職)を記入の上RIST事務局()までご連絡をお願いいたします。
     
    ■WEB申し込みからお申し込みをいただきましたら、すぐに自動返信メールにて、当日参加用のURLをお送りいたします。
    ■事務局までメールでお申込みいただいた場合は、別途事務局よりURLをお知らせいたします。
    ※ご記入いただきました個人情報は,本フォーラムの申込処理及び講師との共有、今後のRISTの催しの案内に限定して使用します。

     

     

    rist 353rd forum

    第353回RISTフォーラム熊本の地域課題を産学官で考える~小国町における持続的開発目標を学ぶ~ | RIST - くまもと技術革新・融合研究会 -
    http://www.rist.gr.jp/archives/event/3267

     

  • 【10/22~】対馬野生生物保護センター開館のお知らせ

    新型コロナウイルス感染拡大のため、4月から臨時休館となっていた長崎県対馬市の対馬野生生物保護センターは、令和3年10月22日より開館となりました。
    入館の際にはマスクの着用や手指のアルコール消毒など感染予防をしたうえで、ぜひごゆっくりとツシマヤマネコの生態展示等をご覧ください。

     


     

    新型コロナウイルス感染拡大予防のため、令和3年4月29日(木)より臨時休館としておりました対馬野生生物保護センターについて、令和3年10月22日(金)より開館いたします。
    なお、当面の間は施設内の同時滞在人数を20名とさせていただきます。来館状況によっては入館をお待ちいただく場合がありますのでご了承願います。

    〇10名以上の団体利用を予定されているみなさまへ

    ツアー等による団体利用が同時刻に重なると、入館待機時間が長くなるとともに、車両の交錯による駐車場やアクセス路での渋滞発生等の混乱も予想されます。

    10名以上の団体利用を予定されている場合には、来訪予定の1週間前までに到着日時や人数を対馬野生生物保護センターへ事前連絡いただきますようお願いいたします。
    なお、状況によりツアー等による団体利用の受け入れを制限させていただく場合があります。

    〇ご来館される全ての方へ

    入館にあたり以下の対応についてお願いいたします。

    マスクを着用してご来館ください
    入館時はモニターによる検温と手指のアルコール消毒をお願いします
    できる限り短時間・少人数での利用をお願いします
    館内での飲食はお控えいただき、他の方と十分な距離を保つようお願いします
    発熱、せき等で体調がすぐれない場合は入館をご遠慮ください
    センタースタッフの案内・指示に沿ってご利用ください

    当施設へ来館される皆様、来館を予定されている皆様には引き続きご迷惑をおかけしますが、上記の事項についてご理解とご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

    ※ツシマヤマネコの生態展示については通常どおりです。
    ・ヤマネコの体調がすぐれない場合等、展示を休止させていただく場合があります。
    ・時間帯などによりツシマヤマネコが視認できないことがあります。
    ・飼育・健康管理のため、活動量計付き首輪を着けて運動量調査を行っています。
     装着は、令和3年6月から令和4年6月にかけての一年間を予定しています。

    問い合わせ先:対馬野生生物保護センター
    長崎県対馬市上県町棹崎公園内
    TEL 0920845577
    FAX 0920845578

     

    tsushima yaseiseibutsu

     

    九州地方環境事務所 対馬野生生物保護センター開館のお知らせ
    http://kyushu.env.go.jp/to_2021/1022.html

  • 【10/29締切】沖縄県・令和3年度美ら島おきなわ花と緑の名所100選の候補地について県民意見の募集

    沖縄県は、地域住民や来訪者が地域の花と緑に親しむとともに地域の活性化や産業の振興に寄与する活動として「美ら島おきなわ・花と緑の名所100選」事業を実施しています。
    今般、「美ら島おきなわ・花と緑の名所100選」の候補地について、県民の意見を公募しておりますので、沖縄県民の皆様はぜひご意見をお寄せください。

     


     

    花や緑は、私たちに潤いや安らぎを与えてくれるとともに、花や緑あふれる環境は、景観の形成はもとより豊かな生活環境の創出や自然環境の保全として欠くことのできないものです。
    地域住民や来訪者が地域の花と緑に親しみ、花と緑を慈しむ心をかん養させ、一人一人が自ら取り組む県土の緑化を推進するとともに、地域の活性化や産業の振興に寄与するため、県では平成23年度から「美ら島おきなわ・花と緑の名所100選」事業を実施しています。


    【名所の認定までの流れ】
    「事務局による1次審査」→「県民意見の募集」→「選考委員会による2次審査」→「県承認(名所に認定)」

    令和3年度「美ら島おきなわ・花と緑の名所100選」の県民意見の募集について

     令和3年度「美ら島おきなわ・花と緑の名所100選」候補地について、県民の御意見を募集いたします。
     下記の4箇所について推薦、批評等の県民の意見を募集します。今回いただいた御意見は2次審査等の参考にさせていただきます。
     なお、一次審査は、実施要領の(名所の選定)第4の2の要件と基準に基づき審査いたしました。

    実施要領(PDF:54KB)
    実施要綱(PDF:63KB)
    名所100選候補地 4か所・地図あり(PDF:1,403KB)

    候補001_末吉公園(那覇市)
    候補002_アーラ林道の桜並木(久米島町)
    候補003_だるま山公園と遊歩道の桜・椿・ツツジ(久米島町)
    候補004_ナガタケ松並木のショウキズイセン(久米島町)

    県民意見募集の方法について

    (1)意見募集対象
    令和3年度に実施する、美ら島おきなわ・花と緑の名所100選の名所候補地について、推薦、批評等の意見の募集

    (2)受付締切期間
    令和3年10月29日(金)

    (3)提出方法
    「ご意見提出用紙」の様式により、以下のいずれかの方法で提出してください。
    ● 郵送、FAX :意見用紙(様式)に記入の上、下記の提出先へ提出
    ● Eメール   :ご意見提出用紙の内容をメール本文に記載してテキスト形式で送信

    県民意見提出方法と提出用紙(PDF:140KB)
    県民意見提出方法と提出用紙(ワード:56KB)

    (4)提出先
    ● 郵送 : 〒900-8570沖縄県那覇市泉崎1-2-2環境再生課(緑化推進班)あて
    ● FAX : Fax098-866-2497
    ● 電子メール_

    下記事務所において、名所候補やご意見提出用紙等の資料を掲示予定
    ● 北部農林水産振興センター(森林整備保全課)
      〒905-0015名護市大南1-13-11(2階)TEL:0980-52-2832
    ● 南部林業事務所
      〒900-0029那覇市旭町116-37(5階)TEL:098-941-2583
    ● 宮古農林水産振興センター(農林水産整備課)
      〒906-0012宮古島市平良西里1125番地(4階)TEL:0980-72-2365
    ● 八重山農林水産振興センター(農林水産整備課)
      〒907-0002石垣市真栄里438-1(4階)TEL:0980-82-2342

    (6)注意事項
     ● ご意見は、日本語でご提出下さい。
     ● 電話でのご意見の提出には対応できません。
     ● ご意見に対する個別の回答は、しておりませんので御了承願います。
     ● いただいたご意見に関しては、意見部分のみを公開する可能性がありますのでご了承願います。

    名所認定地の一覧

    これまで認定した名所の一覧は
    こちらをクリック→名所一覧表(PDF:125KB)

    お問い合わせ

    環境部環境再生課(代表)
    〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟4階(北側)
    電話番号:098-866-2064
    FAX番号:098-866-2497

     

    okinawa hanatomidori

     

    沖縄県 令和3年度美ら島おきなわ花と緑の名所100選の候補地について県民意見の募集
    https://www.pref.okinawa.lg.jp/site/kankyo/saisei/ryokuka/meisyo100/2021meishoikenboshu.html

  • 【10/30締切】「北九州市環境首都検定」Web受検開始

     

    「北九州市環境首都検定」Web受検開始で、全国各地から受検しやすくなりました

    北九州市環境首都検定は、世界の環境首都を目指す北九州市の取り組みや魅力を再発見し、実践的な環境行動につながるきっかけづくりとして平成20年度から始めました。

    今年からWeb受検を導入して、全国各地からぐっと受検しやすくなりました。

    10月30日まで申し込み受付中です。

    多くの皆様の受検をお待ちしています!

     

    【概要・申込】   

    https://www.city.kitakyushu.lg.jp/kankyou/00300270.html

     

    【検定実施日】   

    令和2年12月6日(日)10時開始

     

    【申込方法・期間】 

    インターネット、郵送、FAX
    令和2年10月1日(木)~10月30日(金)

     

    【受検料】

    無料

     

    【対象者】

    どなたでも

     

    【受検区分】

    1 ジュニア編
    2 中高生編
    3 一般編
    4 上級編

    ※定員になり次第締め切らせていただきますのでご了承ください。
    ※過去問題を、各年度の開催報告ページで公表しています。 

     

    【主催・お問合せ】 

    北九州市環境局環境学習課
    メールアドレス .jp

     

     

    受験区分、出題内容、例題等は下記よりご確認ください。

     

    r2kankyoshuto kentei

    令和2年度 北九州市環境首都検定について(概要・申込) - 北九州市
    https://www.city.kitakyushu.lg.jp/kankyou/00300270.html

     

     

  • 【10/31申込締切】令和3年度 北九州市環境首都検定の受検者募集

    SDGs未来都市に選定されている北九州市は、環境首都を目指す取り組みや魅力の再発見、実践的な環境行動のきっかけづくりとして「北九州市環境首都検定」を実施します。2021年10月31日まで、受験者の募集が行われています。

    今年度から、全受検区分でWeb受検も可能となっております。

    小学生から大人まで、広く受験が可能となっておりますので、環境分野にご関心のあるみなさま、ぜひお申し込みください。

     

    また受験のための公式テキストも販売中です。

    【ご参考】

     令和3年度「北九州市環境首都検定」公式テキストを販売しています - 北九州市
    https://www.city.kitakyushu.lg.jp/kankyou/00300312.html

     


     

    令和3年度 北九州市環境首都検定の受検者募集を開始します


    r3 kitakyushu syutokentei


     北九州市環境首都検定は、世界の環境首都を目指す北九州市の取り組みや魅力を再発見し、実践的な環境行動につながるきっかけづくりとして平成20年度から始まり、今年で開催14回目になります。本年度から、全受検区分(ジュニア編・中高生編・一般編・上級編)Web受検が始まります。

    (注)新型コロナウイルス感染症等の状況によっては、変更・中止になる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。また、会場受検が中止になった場合、会場受検にお申込みの方も、Web受検に変更して受検することができます。その際のお手続きは不要です。


    令和3年度 北九州市環境首都検定の概要

     

    令和3年度北九州市環境首都検定について

     

    項目内容
    タイトル 令和3年度 北九州市環境首都検定
    実施日 令和3年12月12日(日曜日)10時開始
    受検方法 新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、ご自宅で受検できるWeb受検を推奨しています。3密を避けるためにも、可能な方はWeb受検をお願いします。

    Web受検(推奨)(全受検区分)

    会場受検

    Web受検 本年度より自宅で気軽に受検ができるWeb受検がすべての受検区分で、できるようになりました。

    詳しくは令和3年度「北九州市環境首都検定」Web受検のやり方(PDF形式:247KB)を参照ください。

    会場受検 ・西日本総合展示場新館
    ・北九州市環境ミュージアム
    ・志井市民センター
    ・島郷市民センター

    市民センターと環境ミュージアムには、人数制限を設けています。そのためWeb受検、または他の会場への移行をお願いする場合があります。その際は、受検票にて会場をお知らせします。

    申込 ・郵送、FAX
    募集要項は10月1日から、市内各所に設置します。
    令和3年度募集要項(PDF形式:1.15MB)をクリック・ダウンロード後、記入して郵送かFAXでも申込できます。
    ・インターネットの場合は、下記リンクをクリックして申込ができます。
    【個人で申し込み】(外部リンク)
    【グループで申し込み】(外部リンク)

    申込期間 令和3年10月1日(金曜日)から10月31日(日曜日)
    受検料 無料
    対象者 どなたでも
    受検区分 1.ジュニア編(小学校5・6年生レベル)
    ・問題数  25問
    ・45分(4択マークシート形式)
    ・出題範囲
    「みんなで守ろう!!きれいな地球」 第7版 北九州市小学校高学年用環境教育副読本

    みどりのノート高学年用

    時事問題 1問 

    ・小学校受検も実施しています。
    学校の授業時間などを使って受検が可能です。
    詳しくは、環境学習課までお問い合わせください。

    2.中高生編(主に中学生・高校生向け)

    ・問題数  40問 
    ・45分(4択マークシート形式)
    ・出題範囲
    (1)「みんなで守ろう!!きれいな地球」 第7版 北九州市小学校高学年用環境教育副読本

    (2)「北九州市環境首都検定公式テキスト2021年改訂版」

    (3)時事問題 3問程度

    ・学校受検も実施しています。
    学校の授業時間などを使って受検が可能です。詳しくは、環境学習課までお問い合わせください。

    3.一般編(主に高校生以上向け)
    ・問題数  40問 

    ・60分(4択マークシート形式)
    ・出題範囲
    「北九州市環境首都検定公式テキスト2021年改訂版」

    4.上級編(一般編合格者向け)
    ・問題数  50問 
    ・60分(4択マークシート形式)
    ・出題範囲
    (1)「北九州市環境首都検定公式テキスト2021年改訂版」
    (2)環境省ホームページ
    (3)北九州市ホームページ

    35問/50問は、一般編と共通問題で(1)から出題します。
    15問/50問は、(1)(2)(3)の中から出題します。

    合格証 北九州市環境首都検定オリジナル合格証
    表彰 令和4年2月下旬以後の日曜日をを予定しています。 

    ・合格は70点以上です。
    ・受検すると、ていたんポイントなどの特典があります!
    ・合格すると、検定応援団(参考:令和2年度)から特典やサービスを受けることができます!
    ・昨年度の検定結果は令和2年度北九州市環境首都検定 結果報告をクリック! 

     

     

    【情報引用元】

    令和3年度 北九州市環境首都検定の受検者募集を開始します - 北九州市
    https://www.city.kitakyushu.lg.jp/kankyou/00300306.html

     

  • 【10/8締切】 SDGs未来都市水俣 水俣環境アカデミアシンポジウム「地域資源を活用した持続可能な地域社会づくり」開催のお知らせ

    水俣環境アカデミアは、水俣市のSDGs未来都市認定を受け、現在行われている地域資源を活用したSDGs活動の紹介や今後SDGs未来都市としてやっていくべき取組について検討するシンポジウムを開催します。
    開催地現地のほか、どなたでも閲覧可能なオンラインでもご参加いただけますので、ぜひこの機会にご参加ください。

     


     

    水俣環境アカデミアでは、令和2年7月、水俣市がSDGs未来都市に選定されたことを受け、SDGsの概要を学び、SDGs未来都市として何を行っていくことができるのかをテーマとしたシンポジウムを開催します。
     お誘いあわせの上、ぜひ御参加ください。
     参加は無料ですが、事前申込みが必要です。
     

    日時

      令和3年10月21日(木曜日) 午後1時30分~午後4時00分

    場所

     水俣環境アカデミア(水俣市南福寺6番1号 旧水俣高校跡) 
     

    定員

     現地開催 50人(水俣市民限定)
     オンライン開催 100人(誰でも参加可) 
      ※オンライン開催で使用するアプリは、Webexとなります。
      ※アカデミアが利用停止の場合は、現地参加はできません。オンライン参加のみとなります。

    基調講演

      テーマ「SDGsに基づく地域社会づくり」
     藤野 純一氏 (公益財団法人地球環境戦略研究機関 サスティナビリティ統合センター プログラムディレクター/上席研究員) 

    パネルディスカッション

     ●コーディネーター
     篠原 亮太氏(熊本県環境センター館長(熊本県立大学名誉教授)) 

      ●パネリスト
     髙岡 利治(水俣市長)          
     嶋田 誠氏(生活協同組合くまもと理事長) 
     鶴山 幸樹氏(熊本県立水俣高等学校長)   
     坂口 和憲氏(みなまた和紅茶実行委員会委員長、お茶の坂口園) 

      ●コメンテーター
     藤野 純一氏 (公益財団法人地球環境戦略研究機関 サスティナビリティ統合センター プログラムディレクター/上席研究員)  
     古賀  実(水俣環境アカデミア所長(熊本県立大学名誉教授)) 

    参加費

     無料

    募集期間 

     9月6日(月曜日)~10月8日(金曜日) 

    参加申込方法

     チラシ裏面の参加申込用紙に記入の上、メールまたはFAXでお申し込みください。
     または、必要事項を記入の上、メールまたはFAXで申し込むこともできます。

     «必要事項»
     ・氏名
     ・住所
     ・電話番号
     ・参加方法
     (1)アカデミアでの参加
     (2)アカデミアでの参加を希望するが、アカデミアが利用停止の場合はオンラインでの参加
     (3)オンラインでの参加
     ・メールアドレス

    ≪アカデミアで参加される方へ≫
    新型コロナウイルス感染症の影響等によりアカデミアが利用停止となっている場合は、現地参加はできません。
    ・当日、御自宅で検温をしてきてください。
    ・マスクを必ず着用してください。
    ・添付の   感染防止対策チェックリスト(PDF:80.7キロバイト) を提出してください。
     
    ≪オンラインで参加される方へ≫
    ・パソコン、スマートフォン、タブレット等を使い、インターネットとメールを使えるようにしておいてください。
    ・データ通信量が多くなりますので、Wi-Fiや有線LANの利用をおすすめします。

    詳しくは、 R3アカデミアシンポジウムちらし(PDF:805.7キロバイト) をご覧ください。

     

    水俣市  SDGs未来都市水俣 水俣環境アカデミアシンポジウム「地域資源を活用した持続可能な地域社会づくり」開催のお知らせ
    https://www.city.minamata.lg.jp/kiji0032441/index.html

  • 【11/15締切】(福岡都市圏)海洋ごみ問題シンポジウムを開催します

    福岡都市圏では、11月29日に海洋ごみ問題を取り上げたシンポジウムが開催し、河川・海を共有する市民・企業・行政が自治体の境を越えて協力していくことを呼びかけています。
    会場は福岡市天神のアクロス福岡ですが、福津市市役所と糸島市市役所にて会場の様子が中継されます。また、Youtubeでもライブ配信されます。
    福岡都市圏にお住まいの方は、ぜひお近くの会場・またはオンラインでご参加ください。

     


     

    海洋ごみ問題の解決には、河川・海を共有する市民・企業・行政が自治体の境を越えて協力していくことが必要です。そこで、ラブアース・クリーンアップ福岡地区実行委員会、福岡都市圏広域行政推進協議会では、国連ハビタット福岡本部と協力し、福岡都市圏(17市・町)の住民を対象にした海洋ごみ問題シンポジウムを開催します。

    福岡都市圏 海洋ごみ問題シンポジウム ~同じ川、同じ海で私たちはつながっている

    1.日時

    令和3年11月29日 月曜日
    午後1時30分から午後3時(午後1時 受付開始)

    2.場所

    アクロス福岡 7階 大会議室 (福岡市中央区天神1-1-1)
    糸島市役所と福津市役所で、アクロス会場の様子を中継します。

    ※新型コロナウイルス感染症拡大状況に応じオンライン開催に変更となる場合があります。

    3.定員

    福岡市会場(アクロス福岡) 70名
    糸島市会場(糸島市役所) 30名
    福津市会場(福津市役所) 15名
    ※いずれも先着順

    4.申込方法

    応募フォーム
    https://www.shinsei.elg-front.jp/fukuoka-City/uketsuke/sform.do?id=1634200233450
    より、必要事項をご入力のうえお申し込みください。

    申込期間:令和3年11月1日から11月15日まで

    ※応募フォームでのお申し込みができない場合は、「氏名」「フリガナ」「電話番号」
    「希望の会場」「お住まいの市町名」を明記のうえ、シンポジウム事務局
    )宛てにメールにてお申し込みください。

    5.オンライン配信について

    シンポジウムの様子はYouTube Liveでも配信します。(11月中旬頃にリンク先を追加します。)

    出演講師、講演内容

    国際連合人間居住計画(ハビタット)福岡本部 本部長補佐官 星野 幸代 氏
    「世界からみた海洋ごみ問題」

    九州大学大学院工学研究院 准教授 清野 聡子 氏
    「福岡都市圏はアジアの海洋ごみ問題解決のホットスポット ~九州・福岡の海洋ごみ問題とその発生源~」

    一般社団法人ふくおかFUN 代表 大神 弘太朗 氏
    「今日からあなたも!海を伝える現場から~福岡での海洋ごみ問題への取り組み~」

     

    fukuoka fukutsu kaiyougomi

     

    福津市 (福岡都市圏)海洋ごみ問題シンポジウムを開催します
    https://www.city.fukutsu.lg.jp/soshiki/machi/keiei/9116.html

  • 【11/17開催】小国町『SDGsの日』の開催について

    SDGs未来都市である熊本県小国町は、町民の方を中心に身近な取り組みやSDGsについて周知するイベントとして、11月17日に『SDGsの日』を開催します。
    ローカルSDGs第一人者の法政大学川久保教授登壇の基調講演や小国中学校でのSDGsに関する取組紹介など、豊富な催しが用意されています。
    SDGsに関心がある人もそうでない人も、ぜひこの機会にご参加ください。

     


     

    最近ではテレビなどでもよく耳にする『SDGs』。今では全国様々なところでSDGsへの取組が始まり、ここ小国町でもSDGsを推進しています。小国町ではSDGsのゴールである、ゴール11「住み続けられるまちづくりを」とゴール17「パートナーシップで目標を達成しよう」にちなんで、11月17日に『SDGsの日』を開催します。

     身近に動き出した取り組みや、『SDGs』のことについて知ってもらい参加してもらう・・。
     それが『SDGs』への第一歩です。みなさまのご参加をお待ちしています。

     日時

     2021年11月17日(水) 14時から

     会場

     おぐに町民センター 2階:展示 3階:イベントフロア

     基調講演 「法政大学デザイン工学部建築学科 川久保俊教授」

     ローカルSDGsや自治体SDGsの第一人者で、昨年は小国小学校と小国中学校で特別授業を行っていただきました。今回は『SDGsって・・なに?』などの疑問を解決していただきます。

     小国中学校によるSDGsの取組を知ろう!

     小国町で一番『SDGs』に詳しく、そして取り組んでいるのが小国中学校です。
     7年生は「知る」、8年生は「動く」、9年生は「広げる」をテーマにみんなでSDGsを学び、そして課題解決のための研究や実践につなげています。
     今回はSDGsの日のために動画を撮影しましたので、ぜひご覧ください。

     小国町SDGsパートナー企業の紹介

     小国町では、持続可能なまちづくりを目指すため、個人や企業、団体の方々と共に『SDGs』の目標達成に向けて取り組むパートナーシップ制度を進めています。
     今回は小国町とパートナーになられた方々のご紹介をします。

     小国町大字別勝手にSDGsランキング

     SDGsのゴールにつながる取り組みを勝手にピックアップし、その達成状況を大字毎に勝手に数値化し勝手にランキング!いろんな機会に参加していただくことがSDGsへの取組スタートです。

     展示(2階フロア)

      ●九州内ほかのSDGs未来都市の紹介(パネル展示)
      ●北里柴三郎博士の功績等の紹介(パネル展示)
      ●「おぐにはみんなでSDGs!」放映 などなど・・・

     ※イベント内容については予告なしに変更となる場合があります。
     ※来場される場合は、マスクの着用、入り口での手指消毒にご協力ください。

     

    oguni sdgsday

     

    小国町 小国町SDGsの日!
    https://www.town.kumamoto-oguni.lg.jp/q/aview/1/2064.html

  • 【11/19オンライン開催】南九州SDGs交流会のご案内

     

    この度、南九州エリアのSDGs活動推進に向けて、「南九州SDGs交流会」を開催いたします。

    話題提供としまして、積極的にSDGsを活用し、循環型のまちづくりを展開するSDGs未来都市、大崎町(鹿児島県)の取組をご紹介いただきます。

    自治会レベルでの理解づくりと合意形成のプロセスを経た大崎町SDGs推進協議会の先駆的な事例を学び、あわせて、宮崎県内の多様なステークホルダーによりスタートした「みやざきSDGsプラットフォーム」の活動紹介とともに意見交換を行います。

    南九州エリアでSDGs推進に向けたプラットフォームとしての活動づくり、広域的なネットワークづくりにご関心をお持ちの自治体、企業、団体の皆様のご参加をお待ちしております。

    minami kyushu sdgs

    ※画像をクリックしてPDFが開きます。

     

    【開催日時】

    11月19日(金)13:30~15:15

    【開催方法】

     オンライン(zoom)

    【参加費】

     無料

    【プログラム】

     ■話題提供
    「SDGs未来都市 大崎町の取組」
      大崎町SDGs推進協議会/大崎町企画調整課
      中村 健児 氏

     ■活動紹介
    「みやざきSDGsプラットフォームの取組」

     ■意見交換会  

    【申込方法】

    「お申込フォーム」https://forms.gle/G4GMECspx5wL5NyQ7よりお申込下さい。
    お申込みの皆さまにZoom接続情報をお知らせいたします。

    【申込締切】

    11月15日(月)

    ■共同主催
    九州地方環境パートナーシップオフィス
    みやざきSDGsプラットフォーム

    ■ お問合せ
     九州地方環境パートナーシップオフィス(EPO九州)
      〒860-0806熊本市中央区花畑町4-18 熊本市国際交流会館F
      TEL :096-312-1884    FAX :096-312-1894 
      URL:https://epo-kyushu.jp/
      E-mail:

  • 【11/25締切】沖縄県食品ロス削減県民運動ロゴマーク及びキャッチフレーズの募集

    沖縄県は、食品ロス削減県民運動の一環として、認知度向上を目的に、県民から「ロゴマーク」と「キャッチフレーズ」を募集します。
    沖縄在住の方であればどなたでもご応募できますので、ぜひご自身のアイデアを考えてみてください。

     


     

    沖縄県では、行政、事業者、消費者等の多様な主体が連携・協働し、県民運動として食品ロスの削減(まだ食べることができる食品が廃棄されないようにするための取組)に取り組む食品ロス削減県民運動を展開しています。
    食品ロス削減県民運動が、より多くの企業や県民の身近な存在となり、効果的に推進できるよう、認知度向上のために使用する「ロゴマーク」と「キャッチフレーズ」を募集します。採用したロゴマーク及びキャッチフレーズは、各種印刷物、ウェブサイトをはじめ、広報活動等に広く活用します。
    ロゴマークとキャッチフレーズ、両方に応募いただけます。多くの皆様のご応募お待ちしています。

    募集期間

    令和3年10月25日(月)~令和3年11月25日(木)必着

    募集要項及び応募用紙

    沖縄県食品ロス削減県民運動ロゴマーク及びキャッチフレーズ募集要項(PDF:19KB) 
    沖縄県食品ロス削減ロゴマーク・キャッチフレーズ 応募用紙ワード版(ワード:24KB)
    沖縄県食品ロス削減ロゴマーク・キャッチフレーズ 応募用紙PDF版(PDF:39KB)

    お問い合わせ

    子ども生活福祉部消費・くらし安全課(代表)
    〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟3階(南側)
    電話番号:098-866-2187
    FAX番号:098-866-2789

    okinawa foodloss

     

    沖縄県 沖縄県食品ロス削減県民運動ロゴマーク及びキャッチフレーズの募集について
    https://www.pref.okinawa.lg.jp/site/kodomo/shohikurashi/syokuhinnrosu/logo.html

  • 【11/5締切】第二次鹿児島市生物多様性地域戦略(素案)に関する意見募集

    鹿児島市は、生物多様性保全活動の一環として、「鹿児島市生物多様性地域戦略」を策定し取組を行ってきました。
    今般、令和4年度以降の「第二次鹿児島市生物多様性地域戦略」策定のため、鹿児島市民よりパブリックコメントを募集しています。
    市民のみなさまはぜひご意見をお願いいたします。

     


     

    鹿児島市では、平成25(2013)年度に策定した「鹿児島市生物多様性地域戦略」に基づき、生物多様性の保全と持続可能な利用に向け、取組を推進しています。
    この計画が令和3(2021)年度末に終了することから、現在、令和4年度以降の「第二次鹿児島市生物多様性地域戦略」の策定に取り組んでいます。
    このたび、計画の素案がまとまりましたので、市民の皆様方のご意見を募集します。

    多数の皆様からのご意見をお待ちしております。

    第二次鹿児島市生物多様性地域戦略(素案)

    意見等の募集期間

    令和3年10月1日(金曜日)から11月5日(金曜日)まで(当日消印有効)

    意見等の提出方法

    意見記入用紙(任意の用紙でも結構です。)に住所、氏名、電話番号、年代(任意)、素案に対するご意見等をご記入のうえ(注1)、郵便、ファックス、電子メール、電子申請(注2)などで提出してください。

    (注1)ご意見の提出には、氏名、住所、電話番号の記載が必要です。

    (注2)オンラインで所定のフォームに入力いただくことで意見等を提出することができます。

    電子申請(外部サイトへリンク)

    意見等の提出先

    鹿児島市環境局環境部環境保全課自然共生係

    • 郵送先住所:〒892-8677 鹿児島市山下町11-1
    • ファックス:099-216-1292
    • 電子メール:

    意見等の提出に際しての留意事項

    意見等の提出ができる方(次の1から3のいずれかに該当する方)

    1. 本市内に住所を有する方
    2. 本市内に通勤・通学する方
    3. 本市内に事務所又は事業所を有する方

    意見提出時の注意事項

    1. 住所、氏名及び電話番号を必ず記載してください。住所が市外の場合は、市内に通勤・通学等をしている旨を記載してください。
    2. 電話や口頭による意見提出は受付できませんので、書面、電子申請又は電子メールで提出してください。
    3. 匿名の場合は、書面で提出されても受付できません。
    4. 期限を過ぎて提出されたご意見等は、パブリックコメント手続による意見としての取扱いはできませんので、提出期限にご留意ください。

     

    kagoshimashi tayousei pc

     

    鹿児島市 第二次鹿児島市生物多様性地域戦略(素案)に関する意見募集(10月1日から11月5日まで)
    http://www.city.kagoshima.lg.jp/kankyo/kankyo/hozen/pabukome/tiikisennryaku_2021.html

  • 【12/27締切】熊本市開催 「第4回アジア・太平洋水サミット」協賛企業募集について

    熊本市は、2022年4月に開催される「第4回アジア・太平洋水サミット」に賛同し、協賛する企業を募集しています。
    アジア・太平洋水サミットは、各国首脳が水問題について具体的な資源動員や行動を促すことにより、水問題を解決しようとする国際会議です。
    協賛企業には様々な特典が用意されていますので、熊本の事業者の皆さまはぜひご検討ください。

     


     

    令和4年(2022年)4月23日(土)~24日(日)に、アジア・太平洋水フォーラムと熊本市の共催により「第4回アジア・太平洋水サミット」を開催します。
     第4回アジア・太平洋水サミット熊本市運営委員会事務局では、本サミットの趣意にご賛同いただき、協賛していただける企業を募集します。
     多様な広報プロモーションの展開や各種特典を組み合わせた協賛パッケージをご用意しておりますので、ぜひご検討ください。

    アジア・太平洋水サミットとは

     アジア太平洋地域における首脳級が一堂に会し、水問題を国家開発における重要な政策の一つであると認識し、各国首脳による具体的な資源動員や行動を促すことにより、水問題を解決しようとする国際会議です。国内での開催は2回目で、熊本では初開催となります。

    「第4回アジア・太平洋水サミット」熊本市ホームページはこちら↓↓↓
    https://www.city.kumamoto.jp/kankyo/hpkiji/pub/list.aspx?c_id=5&class_set_id=20&class_id=3062 

     協賛特典

    協賛いただいた企業様に対しては、主に下記のような協賛パッケージをご用意しております。

    1.事前広報における企業ロゴ掲載や企業紹介
    ・プレイベントにおける企業ロゴ掲載・企業紹介
    ・雑誌、機関紙等での開催紹介記事へのロゴ掲載など

    2.街なかにおける掲出
    ・熊本市内中心市街地アーケード内の歓迎看板など

    3.会場周辺における掲出
    ・熊本城ホール周辺の歓迎看板など

    4.サミット会場内における掲出
    ・会場内のスポンサー看板(企業ロゴ掲載)
    ・当日配布のプログラムの企業名掲載
    ・開会式、閉会式へのご招待など

    5.地元協賛特典
    ・第4回アジア・太平洋水サミットのポスターやリーフレット等への企業ロゴ掲載
    ・熊本市HPでの企業様紹介など

     詳細は、協賛募集要項をご覧ください。
     協賛募集要項 (PDF:2.81メガバイト)

    協賛申込方法

     第4回アジア・太平洋水サミット協賛申込書をメール・郵送のいずれかの方法により、第4回アジア・太平洋水サミット熊本市運営委員会事務局に提出してください。
     
     協賛申込書 (ワード:80.8キロバイト)

    提出期限

    令和3年(2021年)12月27日(月)

    お申込み・お問合せ先

    第4回アジア・太平洋水サミット熊本市運営委員会事務局
    〒860-8601
    熊本市中央区手取本町1番1号(熊本市水保全課アジア・太平洋水サミット推進室内)
    TEL:096-328-2437
    e-mail: 

    kumamotoshi mizu sumit

     

    熊本市 「第4回アジア・太平洋水サミット」協賛企業募集のお知らせ
    https://www.city.kumamoto.jp/hpkiji/pub/detail.aspx?c_id=5&type=top&id=38814

  • 【12/3締切】「おきなわSDGsアクションプラン」県民アンケートの実施について

    沖縄県は、令和3年5月にSDGs未来都市に選定され、さらに沖縄県の「誰一人取り残さない持続可能な美ら島「沖縄モデル」推進プロジェクト」が「自治体SDGsモデル事業」に選出されました。
    県民の皆様とSDGsを推進するため、皆で目指すSDGsの目標やアクション等をまとめた「おきなわSDGsアクションプラン」を策定する予定です。
    上記アクションプランについて、沖縄県ホームページにて県民のみなさまのご意見を広く集めるアンケートが実施されていますので、ぜひご参加ください。

     

    【ご参考】
    沖縄県HP 沖縄県は「SDGs未来都市」に選定されました。
    https://www.pref.okinawa.lg.jp/site/kikaku/chosei/chosei/sdgs/miraitoshi.html

     


     

     ~~ みなさんの ”声” を聴かせてください ~~

     世界中が協力して目指すSDGsに沖縄はどう取り組むべきなのか。。。

     県では、具体的なアクションプランを検討中です。
     沖縄県として ”やるべきこと” ”取り組んでほしいこと” など、
     県民の皆様のご意見を取り入れながら進めてまいります!!

    「おきなわSDGsアクションプラン」県民アンケート

     アンケートにご協力ください 

     WEB入力フォーム
       https://forms.office.com/r/q12EyQqc4h     

     anke-to

     実施期間

     令和3年9月27日(月)から令和3年12月3日(金)まで

    アンケート問い合せ先

     〒904-0115 沖縄県北谷町美浜16-2  美浜メディアステーション 2F
     沖縄県SDGs県民意見事務局(株式会社ラソナ 沖縄事業所内)
     電話:098-923-1549


    SDGsアクションプランミーティング(WEB)

      SDGsの基礎知識や沖縄県の現状、県民アンケートについてわかりやすく解説します。

      詳しくは↓↓↓こちら↓↓↓
    https://www.pref.okinawa.lg.jp/site/kikaku/chosei/sdgs/akushonpuranmeeting.html

     

    okinawa actionplan


    沖縄県 「おきなわSDGsアクションプラン」県民アンケート
    https://www.pref.okinawa.lg.jp/site/kikaku/chosei/sdgs/actionplan.html

     

  • 【12/8締切】沖縄県・軽石の利活用に関するアイディア募集について

    沖縄県は、現在県内沿岸に漂着している軽石の利活用方法について、民間団体や企業から意見を募集しています。
    応募者が実施可能なアイディアに限るようですが、軽石の利活用について意見をお持ちの事業者・団体の皆さまはぜひご応募ください。

     


     

    沖縄県環境部では、海底火山の噴火に伴う漂流軽石の利活用について、民間事業者等が有するアイディアを募集します。

    募集期間

     令和3年11月24日(水)~令和3年12月8日(水)

    募集内容

     軽石の利活用方法に関するアイディア
     (但し、応募者において実施可能なものに限ります。)

    募集対象

     民間事業者、団体に限ります。

    提出先

     以下のメールアドレスあてご提出ください。
     電話やFAX等による提案は受け付けられませんので、あらかじめご了承ください。
     メールアドレス: 
       ※メール件名は、「軽石利活用アイディア」としてください。

    様式等

      次のとおり。  
      様式(ワード:13KB)   様式(PDF)(PDF:269KB)
      なお、データの形式は、ワード、エクセル、パワーポイント、一太郎のいずれかに限ります。 
      アイディアの根拠となる科学的データがある場合は、別添資料として添付してください。

    留意事項

       以下の事項についてご了承の上、ご応募ください。
     (1) 会社名等を含む応募資料は、後日作成する「アイディア集」において公表されます(根拠データに関する添付資料は除きます)。公表方法は、沖縄県ホームページへの掲載を予定しています。
    (2) 応募されたアイディアについて、実現性が低いと判断される場合などは、「アイディア集」への集録を見送る可能性があります。
    (3) 「アイディア集」に集録することをもって、沖縄県が当該アイディアの内容について責任を負うものではありません。
    (4) 「アイディア集」に集録された内容に関する問合わせについては、応募した者の責任において対応してください。
    (5) サンプルとしての軽石の提供には対応しておりません。 成分分析データについては、沖縄県ホームページをご確認ください。
    (6) 「アイディア集」に集録されたことにより損害、紛争等が生じた場合でも、沖縄県は一切の責任を負いません。

    関連リンク

     

    お問い合わせ
    環境部環境整備課
    (代表)
    〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟4階(北側)
    電話番号:098-866-2231
    FAX番号:098-866-2235

     

    okinawa karuishi

     

    沖縄県 軽石の利活用に関するアイディア募集について
    https://www.pref.okinawa.lg.jp/site/kankyo/seibi/karuishirikatsuyo.html

EasyTagCloud v2.8

foodloss award r04
2022年07月02日

【8/12締切】令和4年度食品ロス削減推…

食品ロスの削減については「持続可能な開発目標」(SDGs)のターゲットの一つとされているなど、国際的にも重要な課題となっています。そのなかで、環境省及び消費者庁が連携して、食品ロス削減の取組を広く国民…
2022年07月02日

令和3年度における家電リサイク…

環境省は、令和3年度の家電リサイクル法に基づく家電リサイクル実績について公表しました。令和3年度の廃…
2022年07月01日

【7/21締切】令和4年度ロー…

環境省は、海洋ごみ対策について自治体と企業が連携したモデル事業の二次募集を開始しました。令和3年度の…
2022年07月01日

【7/13締切】令和4年度「令…

環境省は、閉鎖性海域での里海づくりを推進するモデル事業を実施する団体の公募を行っています。閉鎖性海域…
2022年06月30日

【参加募集】地球緑化センター…

特定非営利活動法人地球緑化センターは、4泊5日の短期農山村ボランティアプログラム「若葉のふるさと協力…