45 対象のタグ "北九州"

  • 環境省 「令和2年度脱炭素型金属リサイクルシステムの早期社会実装化に向けた実証事業」の公募結果

    環境省では金属リサイクル推進し、業種横断的な技術検証による脱炭素型金属リサイクルシステムの有効性を検証する事業の公募を行い、この度採択事業が決定しました。

    採択された事業においては九州地方に本拠地を置く企業もあり、今後の技術実証が期待されます。

     


     

    「令和2年度脱炭素型金属リサイクルシステムの早期社会実装化に向けた実証事業」の公募結果について

    環境省では、金属リサイクル(破砕・選別、金属回収等)の脱炭素化を進めるとともに、全体最適の観点で、装置開発、リサイクル工程から金属回収工程にわたり業種横断的に技術実証を行い、二酸化炭素排出削減に向けた脱炭素型金属リサイクルシステムの有効性を検証することを目的とした「令和2年度脱炭素型金属リサイクルシステムの早期社会実装化に向けた実証事業」の公募を実施しました。この度、申請書類による事前審査及び有識者で構成される評価審査委員会において申請者からのヒアリングを行い、採択事業を決定しました。

    1.「令和2年度脱炭素型金属リサイクルシステムの早期社会実装化に向けた実証事業」の公募概要


    スマート社会の進展により、自動化製品やIoT機器、電動化製品の需要が増加しており、これに伴い、センサーや電子基板類、バッテリーといった製品・部品の廃棄量についても増加することが見込まれています。こうした製品・部品には、非鉄金属・レアメタルが含有されていることから、適切にリユース、リサイクルすることによって、天然資源の節約、資源の海外依存度の低下、二酸化炭素排出量の削減、最終処分場の延命等の環境負荷低減が期待できます。

    我が国は、廃棄物処理法や各種リサイクル制度による廃棄物収集システムや制度的・物理的インフラ、破砕・選別技術、人的リソースが発達してきている上、製錬等の金属回収技術は世界に冠たる水準にある一方、破砕・選別機器メーカー、リサイクル(破砕・選別)事業者、金属回収事業者等それぞれの主体間の連携・協調は未だ改善の余地があります。例えば、リサイクル事業者の選別プロセスにAIロボットを導入し選別産物の品位(純度)を向上させることによって、当該プロセスの省エネルギー化に加えて、金属回収事業者での前処理工程(熱処理等)においても合理化・省エネルギー化につながることが考えられます。

    そのため、環境省では、金属リサイクル(破砕・選別、金属回収等)の脱炭素化を進めるとともに、全体最適の観点で、装置開発、リサイクル工程から金属回収工程にわたり業種横断的に技術実証を行い、二酸化炭素排出削減に向けた脱炭素型金属リサイクルシステムの有効性を検証することを目的とした実証事業を実施することとし、令和2年5月11日(月)から5月29日(金)までの間に対象事業の公募を行いました。

    2.選定結果


    本事業の公募に対し、16件の応募があり、事業における環境改善効果の評価方法、実現した場合の環境改善効果の見込み、事業終了後の出口戦略等の観点から、申請書類による事前審査及び有識者で構成される評価審査委員会による審査を行った結果、6件の事業を選定しました。

    申請者名/申請事業名/事業の概要については下記リンクよりご確認下さい。

    https://www.env.go.jp/press/108149.html

     

    連絡先

    環境省環境再生・資源循環局総務課リサイクル推進室

    代表03-3581-3351 直通03-6205-4946

     

    環境省_「令和2年度脱炭素型金属リサイクルシステムの早期社会実装化に向けた実証事業」の公募結果について
    https://www.env.go.jp/press/108149.html

    r2lcrecyclekekka

  • 第1回 環境首都北九州SDGsアワードESD表彰

    SDGs未来都市に選定された北九州市と、地域ESD拠点に登録されている北九州ESD協議会の主催で、SDGsアワードESD表彰が募集されています。

    北九州を中心に活動する団体を対象に、環境活動、地域づくり活動を表彰するものです。

     

    第1回 環境首都北九州SDGsアワードESD表彰 - 北九州市
    http://www.city.kitakyushu.lg.jp/kankyou/00300192.html

     

     

    000817267 001



    事業について

    ESD(Education for Sustainable Development:持続可能な開発のための教育)は、持続可能な未来や社会づくりのために行動できる人を育む教育です。北九州市には、深刻な公害を、婦人会の取組をきっかけに、市民・企業・行政が協働して克服した歴史があります。そして、この歴史を「ESDの原点」と位置づけ、様々な立場の人が、持続可能な社会づくりのための活動を推進してきました。

    そのような中、2015年に「誰一人取り残さない」という理念のもと、国連加盟国193か国の全会一致で、SDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)が採択されました。SDGsという世界共通の目標を達成するためにも、人材育成を担うESDはますます重要になってきています。

    こうした世界的な動きをうけ、この度、北九州市と北九州ESD協議会は、ESD活動者の意欲の向上を図り、本市のESD推進をより一層発展させるため、「環境首都北九州SDGsアワード ESD表彰」を創設しました。

    北九州をもっと元気に、魅力ある街を未来へ!皆様の素晴らしい活動を、ぜひご応募下さい!!





    表彰の対象

    北九州市内を中心に活動し、その取組に次に掲げる全ての項目が含まれている、団体・企業等の活動。

    (1)環境

    (2)人材育成(活動をとおした教育や学び合い)

    (3)持続可能な社会づくり

    ※応募は、1団体につき1つの活動に限ります。
    ※2018年4月時点で、2年以上継続している活動に限ります。
    ※受賞者には、原則として2月の授賞式にて活動発表をしていただきます。





    例えば、こんな活動・・・

    〇地域の自然学習や世代間交流などを通した、災害時に強い街づくり活動
    〇食ロス食材を活用した支援や啓発活動、街中や河川等の清掃活動等を通した様々な市民の連携・学び合いの創出
    〇省エネ技術やリサイクル技術について、工業見学や出前授業を積極的に行うなど、地域に学びの場を提供





    授賞数及び副賞

    最優秀賞1件(副賞10万円)、優秀賞2件(副賞5万円)
    ※副賞の使途は、ESD活動(持続可能な社会づくりを担う人づくり活動)の拡充に資するものとします。





    応募期間

    平成30年10月5日(金曜日)から平成30年11月30日(金曜日)まで



    応募方法

    以下の応募用紙をダウンロードし、必要事項をご記入の上ご応募ください。
    なお、提出方法、提出先等、募集に関する詳細は、募集要項をご参照ください。



    スケジュール

    【書類選考及び選考会議】
     
    平成30年12月~平成31年1月中旬

    【受賞者への報告】
     平成31年1月下旬

    【授賞式及び活動発表】
     平成31年2月9日(土曜日)(予定)



    授賞式及び活動発表

    【開催日】
     平成31年2月9日(土曜日)(予定)

    【開催場所】
     北九州市立商工貿易会館 多目的ホール(予定)
     (北九州市小倉北区古船場町1番35号)

    【内 容】
     ・表彰状の授与
     ・受賞者による活動発表
     ・ESD・SDGs有識者及び活動者によるワークショップ

     

    詳細はこちらから

    第1回 環境首都北九州SDGsアワードESD表彰 - 北九州市
    http://www.city.kitakyushu.lg.jp/kankyou/00300192.html

  • 第27回アジア女性会議―北九州「"誰一人取り残さない"世界の実現~SDGs(持続可能な開発目標)の達成のために何ができるか」のご案内

    2015年9月、国連は、持続可能な環境や社会を実現するために「持続可能な開発のための2030アジェンダ」を全会一致で採択しました。
    「2030アジェンダ」は、貧困を撲滅し、持続可能な世界を実現するために、17の目標からなる「SDGs(持続可能な開発目標)」を掲げており、取り組みの過程で地球上の誰一人として取り残さないことを誓っています。
     日本は、「2030アジェンダ」の議論や交渉に一貫して貢献してきた国として、アジェンダの採択を心から歓迎し、今後のアジェンダの実施に最大限努力していくこととしています。
     基調講演では、日本人として初めて国連女子差別撤廃委員会の委員長に就任した林陽子氏が、いま、世界で取り組むべき目標である「SDGs」(持続可能な開発目標)の概要や、「SDGs」のゴール5(ジェンダー平等の実現)と国連女子差別撤廃条約の関わりや取り組みについて講演します。
     また、パネルディスカッションでは「SDGs」の達成に向けて、パネリストが日本やアジアの現状や課題、今後の行動などについて意見交換を行います。

    seminor woman※イメージ画像

     

  • 第7回環境カウンセラー全国交流会における『学校での環境教育に関する講演』等のご案内

    特定非営利活動法人環境カウンセラー全国連合会主催の『平成28年度 第7回環境カウンセラー全国交流会』が、北九州市で開催されます。カウンセラー会員、環境保全活動や環境教育に従事している方々に広く呼びかけるもので、1日目の基調講演・事例紹介は、一般の方もご参加できます。

    環境カウンセラー全国交流会ちらし

  • 貫山展望登山のお知らせ

    平尾台自然観察センターを出発し、途中九州自然歩道を歩いて、貫山(ぬきさん)(企救富士、きくふじ)までの景観を楽しむ登山です。

EasyTagCloud v2.8

taisei shizen rekishi2021
2021年05月06日

【7/30必着】公益信託…

公益信託 大成建設自然・歴史環境基金は、自然・歴史環境の保全活動や研究を行う非営利団体への助成を行っています。 今年度の募集は令和3年5月11日に要項が基金のWebサイトへ情報掲載予定です。…
2021年05月01日

九州・沖縄各県の環境政策情報(…

令和3年4月下旬の九州、沖縄各県の環境に関する行政情報を掲載しています。 ぜひ御覧ください。…
2021年05月01日

【8/31締切】環境生活文化機…

公益社団法人…
2021年05月01日

【結果公表】環境省…

環境省では、エコツーリズムを活用した地域活性化を推進する活動に対して「エコツーリズム地域活性化支援事…
2021年05月01日

【資料公表】環境省…

農林水産省と環境省は、令和2年度の「コロナ後の経済社会の再設計(Redesign)に向けた「農林水産…