49 対象のタグ "北九州"

  • 「ESDコーディネーター」の募集について

    この度、北九州ESD協議会では「ESDコーディネーター」を募集します。
    本協議会は設立から10周年を迎え、さらに活発にESDに取組んでいこうとしています。また、4月からはプロジェクトチームも一新し、新体制での活動を始める予定です。

    そこで、新体制の中で、北九州の様々な人や団体・まなびとESDステーション(学生)・企業など多様な主体をつなぎ、協力し、楽しく「持続可能なまちづくり」に取組んでいただく「ESDコーディネーター(1名)」を募集しています!

    3月末まで募集を行い、4月に選考、5月ごろからお仕事を始めていただく予定です。

    仕事の内容、勤務条件等は下記のホームページをご覧ください。
    http://drive.media/career/job/14815
  • 「PCB処理完遂への展望」in 北九州(一般社団法人廃棄物資源循環学会 主催 シンポジウム)のご案内

    (一社)廃棄物資源循環学会の主催シンポジウム「PCB処理完遂への展望」in北九州が下記のとおり開催されますのでお知らせします。

    (1)日時:平成29年7月25日(火)13:30~17:30 (受付は13:00開始)
    (2)開催場所:北九州国際会議場(北九州市小倉北区浅野3丁目9番30号) 地図 http://convention-a.jp/access/
    (3)参加費:無料(定員500名)
    (4)参加方法:申込フォーム(下記URL)からの申込み(先着順)
              http://jsmcwm.or.jp/?page_id=11507
    (5)プログラム:以下のチラシご覧ください。
    ※詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
    http://jsmcwm.or.jp/?page_id=11491/

             

  • 「北九州市地球温暖化対策実行計画・環境モデル都市行動計画~北九州ニューグリーンフロンティアプラン~」の策定について

    北九州市では、環境モデル都市への選定を受け、「北九州市環境モデル都市行動計画~北九州グリーンフロンティアプラン~(平成21年3月策定、平成26年3月改定)」を策定し、低炭素社会の実現に向け、市民、企業、行政等と連携して取組みを進めてきたところです。

  • 【10/11開催】エコテクノ2018「SDGsセミナー」参加者募集

    2018年10月10日(水)から12日(金)まで、北九州市で開催される『エコテクノ2018~地球環境ソリューション展/エネルギー先端技術展~』。九州地域の特徴ある環境・エネルギー関連企業や先進的製品・技術を一堂に紹介するほか、SDGs達成への取り組みに関する情報発信やさまざまな専門技術のセミナー、イベントなどが実施されます。

    10月11日(木)には、「SDGsセミナー 」が開催。EPO九州が環境省SDGs活用ガイドの紹介をするほか、九州のSDGs未来都市である福岡県北九州市、長崎県壱岐市、熊本県小国町の取組が発表されます。この3自治体はいずれも、特に先導的な取組をしている「自治体SDGsモデル事業」としても選定されています。
    九州におけるSDGsの達成に向けた取り組みについて一度に聴講できる機会、ぜひお誘いあわせの上ご参加ください。

     

    主旨

    環境技術企業、自治体、研究機関などが出展するエコテクノ展において、SDGsの普及啓発と実践主体による先駆的な取組を紹介し、中小企業をはじめとする各主体によるSDGsの推進に向けた取組みのすそ野を広げる。
    一般企業におけるSDGsに関する認知、ビジネスへの活用はこれからの段階であり、行政(SDGs未来都市)の動向、民間団体における人材育成など、取組みの参考となる情報提供を行う場づくりとする。

     

    開催日時

    平成30年10月11日(木) 10:30から12:20

     

    会  場 

    エコテクノ2018会場内 セミナー会場B
    西日本総合展示場 新館 〒802-0001 北九州市小倉北区浅野3-8-1)

     

    対  象

    環境技術企業、各種団体、大学機関等

     

    プログラム

    10:30 開会 九州地方環境事務所
    10:35 環境省SDGs活用ガイドの紹介 EPO九州
    10:45 SDGs未来都市(自治体)の取組みについて
    10:50 北九州市の取組:北九州市企画調整局政策調整課長 酒井 俊哉 氏
    11:10 小国町の取組:小国町政策課 審議員 白浜 真治 氏
    11:30 壱岐市の取組:壱岐市企画振興部政策企画課 主幹 小川 和伸 氏
    11:50 意見交換
    12:20 閉会

     

    セミナー申込

    下記URLから、「SDGsセミナー」内の「このセミナーを申し込む」をクリックください。
    http://www.eco-t.net/seminar.html?aLink=semi02

     

    実施主体

    主  催 環境省九州地方環境事務所
    共  催 公益財団法人北九州観光コンベンション協会
    協  力 九州地方環境パートナーシップオフィス

    ecotechno2018

  • 【10/1から】北九州市 エコライフステージ2020開催

    西日本最大の環境イベント

    「エコライフステージ」今年はWebで開催します

     

    kitakyushu ecolifestage

     

    環境活動に取り組む市民団体・NPO・企業・行政などが、さまざまなエコライフを提案する「北九州エコライフステージ」は、19回目を迎える今年、大小さまざまなエコイベントを10月~11月の期間中にオンラインで開催します。

    ぜひ、特設Webサイトをごらんください。

     

    【特設サイト】

    https://ecolife-stage.org/

     

    【イベント実施期間】

    2020年10月1日(木)~11月30日(月)

     

    【主な企画】

    〇 約60の出展団体の活動をオンラインでご紹介
    〇 さかなクンのオンラインセミナー『ギョギョ!北九州で会える「川や海の生き物」たち』
    〇 ロバート馬場ちゃんが紹介!食品ロス”ゼロ”レシピ
    〇 つながる 広がる バジルプロジェクト

     

    【主催】

    北九州エコライフステージ実行委員会

     

    【お問合せ】

    北九州市 環境局 環境学習課
    メールアドレス .jp

     

    北九州エコライフステージ|北九州の環境ポータルサイト
    https://ecolife-stage.org/

     

  • 【10/30締切】「北九州市環境首都検定」Web受検開始

     

    「北九州市環境首都検定」Web受検開始で、全国各地から受検しやすくなりました

    北九州市環境首都検定は、世界の環境首都を目指す北九州市の取り組みや魅力を再発見し、実践的な環境行動につながるきっかけづくりとして平成20年度から始めました。

    今年からWeb受検を導入して、全国各地からぐっと受検しやすくなりました。

    10月30日まで申し込み受付中です。

    多くの皆様の受検をお待ちしています!

     

    【概要・申込】   

    https://www.city.kitakyushu.lg.jp/kankyou/00300270.html

     

    【検定実施日】   

    令和2年12月6日(日)10時開始

     

    【申込方法・期間】 

    インターネット、郵送、FAX
    令和2年10月1日(木)~10月30日(金)

     

    【受検料】

    無料

     

    【対象者】

    どなたでも

     

    【受検区分】

    1 ジュニア編
    2 中高生編
    3 一般編
    4 上級編

    ※定員になり次第締め切らせていただきますのでご了承ください。
    ※過去問題を、各年度の開催報告ページで公表しています。 

     

    【主催・お問合せ】 

    北九州市環境局環境学習課
    メールアドレス .jp

     

     

    受験区分、出題内容、例題等は下記よりご確認ください。

     

    r2kankyoshuto kentei

    令和2年度 北九州市環境首都検定について(概要・申込) - 北九州市
    https://www.city.kitakyushu.lg.jp/kankyou/00300270.html

     

     

  • 【6/14開催】公開シンポジウム2019「変わりゆく環境と私たちの健康」

    kokken kitakyushu symposium 2019

    情報元:国立環境研究所 http://www.nies.go.jp/event/sympo/2019/index.html

     

     

     国立環境研究所では、毎年環境月間に合わせて、研究で得られた最新の知見を広く一般の方に知っていただくために、公開シンポジウムを開催しています。
     私たちの健康は、遺伝やライフスタイルによっても影響を受けますが、それらと同程度あるいはそれ以上に環境の影響を受けます。人間の活動が発展・拡大し続ける現在において、私たち自身の様々な活動は気候変動、化学物質による大気や水の汚染、生態系の異変など、時には地球規模に及ぶ環境問題を引き起こし、その結果として私たちの健康にも影響が及んだり、及ぶことが予想されたりしています。
     本シンポジウムでは、私たちの活動がどのようにして環境の(急速で大規模な)変化を招くのか、また、環境変化は子供から大人まで私たちの健康にどんな影響を与えているのか、研究所で実施されてきた研究の成果を中心にお話し、皆さんとともに考えてみたいと思います。多くの皆様のご参加を心よりお待ちいたします。

     

     

    開催日時

    6月14日(金) 11:30~17:30

     

    会場

    福岡県北九州市小倉北区大手町 11-4
    北九州市立男女共同参画センター ムーブ
    TEL:093-583-3939

     

    アクセス

    ・JR「西小倉駅」から徒歩約15分
    ・西鉄バス「ソレイユホール・ムーブ前」下車

     

     

    プログラム

    ポスターセッション1

    11:40~12:45

    http://www.nies.go.jp/event/sympo/2019/#tab2

     

    開会挨拶 国立環境研究所理事長 渡辺 知保

    12:45~12:55

     

     

    講演

    12:55~15:55

     http://www.nies.go.jp/event/sympo/2019/#tab1

     

    1.子どもの環境保健 -わたしたちの未来について-

    環境リスク・健康研究センター 中山 祥嗣

     

    2.子どもの健康と環境に関する全国調査 -エコチル調査から研究成果の紹介-

    環境リスク・健康研究センター 山崎 新

     

    3.身の回りの製品に含まれる化学物質のちょっと気になる話

    資源循環・廃棄物研究センター 梶原 夏子

     

    4.人の温度と地球の温度 -私たちは地球温暖化の暑さに適応できるか?-

    社会環境システム研究センター 高倉 潤也

     

    5.外来生物および人獣共通感染症がもたらす健康リスクとその管理 -ヒアリとマダニを例に-

    生物・生態系環境研究センター 五箇 公一

     

    パネルディスカッション

    15:55~16:45

     

    閉会挨拶 国立環境研究所理事 森口 祐一

    16:45~16:50

     

    ポスターセッション2

    16:50~17:30

    (内容はポスターセッションⅠと同じですが、この回には講演者も参加します)

     

     

    参加申し込み

    シンポジウムの参加には2019年6月13日(木)までに申し込みが必要です。

    下記からご確認ください。

    http://www.nies.go.jp/event/sympo/2019/#tab4

     

     

    問い合わせ先

    報道関係、講演内容に関するお問い合わせ

    国立環境研究所 企画部 広報室
    〒305-8506
    茨城県つくば市小野川16-2
    TEL:029-850-2309 FAX:029-850-2716

     

    参加申し込みに関するお問い合わせ

    国立環境研究所公開シンポジウム2019登録事務局
    〒541-0051
    大阪市中央区備後町1-7-3 ENDO堺筋ビル3F・4F サクラインターナショナル(株)
    TEL : 050-5804-1338【平日10:00~17:00(12:00~13:00は除く)】
    FAX : 06-4708-5454
    E-mail :

  • 【7/1開催】エコテクノ展2021 「ローカルSDGs推進セミナー~地域と連携したSDGsの推進~」

    エコテクノ展2021
    「ローカルSDGs推進セミナー~地域と連携したSDGsの推進~」
    セミナー開催

     

    この度、九州地方環境事務所ならびにEPO九州では、北九州市で開催されるエコテクノ展2021において、セミナーを開催します。

    九州地域のローカルSDGs推進の機会として企画しました。

    セミナー参加につきまして、下記フォームよりお申し込みお願いいたします。

    ※ZOOMを利用したオンラインでのご参加も可能です。

     

    ◎対面(会場にて参加)ご希望のみなさまへ

    会場にてご参加の場合は、セミナー申込みとは別途、エコテクノ2021の事前来場登録が必要です。
    ご自身でのご登録作業をお願いいたします。
    https://eco-t.solution-expo.jp/moshikomi.php

     

    セミナー申込フォーム

    https://forms.gle/WTqfnQoYCStxCcHf8

     

    〇エコテクノ展とは
    福岡県、北九州市、公益財団法人北九州観光コンベンション協会の3者による主催のもと、地球環境時代にふさわしい低炭素・温暖化防止技術、浄化・汚染防止技術などの環境ソリューション製品・技術と、創エネ・省エネ・蓄エネによる新たなエネルギー社会の実現に向けたエネルギー関連製品・技術を一堂に紹介し、環境・エネルギー産業への新規参入やビジネスマッチング、開発製品の市場化等を支援することにより、新たな環境・エネルギー産業を育成し、産業・地域振興に寄与することを目的に開催します。

    ご参考:エコテクノ2021 ~地球環境ソリューション展/エネルギー先端技術展~
    https://eco-t.solution-expo.jp/

     

    et2021 epok

  • 【7/1開催】エコテクノ展2021 「ローカルSDGs推進セミナー~地域と連携したSDGsの推進~」

    エコテクノ展2021
    「ローカルSDGs推進セミナー~地域と連携したSDGsの推進~」
    セミナー開催

     

    この度、九州地方環境事務所ならびにEPO九州では、北九州市で開催されるエコテクノ展2021において、セミナーを開催します。

    九州地域のローカルSDGs推進の機会として企画しました。

    セミナー参加につきまして、下記フォームよりお申し込みお願いいたします。

    ※ZOOMを利用したオンラインでのご参加も可能です。

     

    ◎対面(会場にて参加)ご希望のみなさまへ

    会場にてご参加の場合は、セミナー申込みとは別途、エコテクノ2021の事前来場登録が必要です。
    ご自身でのご登録作業をお願いいたします。
    https://eco-t.solution-expo.jp/moshikomi.php

     

    セミナー申込フォーム

    https://forms.gle/WTqfnQoYCStxCcHf8

     

    〇エコテクノ展とは
    福岡県、北九州市、公益財団法人北九州観光コンベンション協会の3者による主催のもと、地球環境時代にふさわしい低炭素・温暖化防止技術、浄化・汚染防止技術などの環境ソリューション製品・技術と、創エネ・省エネ・蓄エネによる新たなエネルギー社会の実現に向けたエネルギー関連製品・技術を一堂に紹介し、環境・エネルギー産業への新規参入やビジネスマッチング、開発製品の市場化等を支援することにより、新たな環境・エネルギー産業を育成し、産業・地域振興に寄与することを目的に開催します。

    ご参考:エコテクノ2021 ~地球環境ソリューション展/エネルギー先端技術展~
    https://eco-t.solution-expo.jp/

     

    et2021 epok

  • 【ご案内】「J-クレジット制度説明会 in 北九州」をエコテクノ2017で開催!!

    “J-クレジット”が大きな注目を浴びています。
     九州経済産業局では、より多くの方々にJ-クレジット制度を活用していただくことを目的として、エコテクノ2017の最終日(10/13)に説明会を開催します。本制度の概要や最新情報、支援策の紹介に加え、農業分野での創出事例や、新電力、リサイクル分野での活用事例を紹介します。また、制度の概要、最新情報等に関しては制度事務局(みずほ情報総研)から話をいただきますので、より有益な情報が得られるものと思います。
     省エネ設備の導入や、再生可能エネルギーの活用などをお考えの事業者様だけでなく、CSR・環境活動に関心のある事業者、地方自治体の皆様方にも関連の深い内容となっておりますので、是非ご参加下さい。
    なお、説明会終了後には、制度に関する無料相談会も実施いたします。
     
  • 【参加者募集】みんなで創る、ジブンの未来!ESDフォーラム2017を開催いたします!

    ESDフォーラムとは

    「持続可能な開発のための教育」を表わす英語の略称がESDです。
    公害があった街から環境再生を果たした北九州の中で、ESDを実践・推進する拠点が北九州まなびとESDステーションです。ESDフォーラムでは「持続可能な社会の実現」
    に向け、高校生・大学生・大人たちが主体的に活動する“アクション”をお披露目し、ESDの理解と意識の醸成を図ります。


    ※平成28年度・環境教育における「ESD推進」のための実践拠点支援事業

    esd forum 北九州

  • 【登録情報】ローカルSDGs企業登録制度 社会福祉法人悠久会、西日本オートリサイクル株式会社の登録

    環境省ローカルSDGsの理念に賛同する企業等の登録制度に、長崎県島原市、南島原市で活動する「社会福祉法人悠久会」、北部九州、福岡県、北九州市で活動する「西日本オートリサイクル株式会社」にご登録いただきました。

     

    この企業登録サイトでは、事業概要や連絡先のほか、 「環境省ローカルSDGsを通じて実現したい社会像」、「ローカルSDGs実現に貢献できるソリューション」などの詳細が確認できます。

     

    localsdgs kigyo 04

     

    環境省ローカルSDGs -地域循環共生圏づくり プラットフォーム- | 「環境省ローカルSDGs」企業等登録制度 - であう
    http://chiikijunkan.env.go.jp/deau/kigyo_list/#n90

     

     

     

  • 【登録情報】ローカルSDGs企業登録制度 社会福祉法人悠久会、西日本オートリサイクル株式会社の登録

    環境省ローカルSDGsの理念に賛同する企業等の登録制度に、長崎県島原市、南島原市で活動する「社会福祉法人悠久会」、北部九州、福岡県、北九州市で活動する「西日本オートリサイクル株式会社」にご登録いただきました。

     

    この企業登録サイトでは、事業概要や連絡先のほか、 「環境省ローカルSDGsを通じて実現したい社会像」、「ローカルSDGs実現に貢献できるソリューション」などの詳細が確認できます。

     

    localsdgs kigyo 04

     

    環境省ローカルSDGs -地域循環共生圏づくり プラットフォーム- | 「環境省ローカルSDGs」企業等登録制度 - であう
    http://chiikijunkan.env.go.jp/deau/kigyo_list/#n90

     

     

     

  • 【福岡】気候変動影響への適応セミナー

    例年、自然災害が多発している日本。そして、全世界で気候変動の影響が顕著に表れています。
    当セミナーでは、異常気象や自然災害への対処や対策などの適応策について、レクチャーされます。
    今後の異常気象や自然災害について備え、意識を深めるためにも、ぜひ、当セミナーへのご参加をご検討ください。

    気候変動影響への適応セミナー~異常気象や自然災害から日々の暮らし・健康を守るには~

    leaflet page 0001

     世界各地で気温の上昇などが起こり、異常気象や自然災害の発生などの気候変動の影響が現れています。気候変動は私たちの暮らしや健康にも様々な影響を与えます。こうした気候変動の影響に対処し、被害を少なくする対策「適応策」について、セミナーで分かりやすく説明します。

    1.開催日時
    令和元年11月23日(土) 13:00~15:30
    ※12:30受付開始

    2.会場
    TKP小倉シティセンター6階 KOKURAホール
    (北九州市小倉北区馬借1-3-9 クエスト第二ビル)

    3.プログラム(案)
    13:00 開会
    13:05 「気候変動による身近な生活への影響」(仮題)
        日本気象協会 気象予報士 松井 渉
             「気候変動影響への適応に向けた住民の役割」(仮題)
               福岡大学名誉教授 浅野 直人
             「気候変動と身近な防災対策」
              九州大学名誉教授 小松 利光
    14:50 休憩
    15:05 意見交換・質疑応答
    15:30 閉会
    ※敬称略
    ※プログラムは変更となる可能性があります。

    4.定員
    100名(参加費無料)

    5.主催
    九州地方環境事務所

    6.申込方法
    (1)申込締切
    令和元年11月18日(月)必着

    (2)申込方法
    参加申込書に記入いただき、Eメール又はFAXでお申込みください。あるいは申込専用WEBサイト(現在準備中)でお申込みください。
    参加申込書(PDF)(Wordファイルはこちらのページの申込方法の欄からダウンロードしてください)
    申込専用WEBサイト(11月5日12時開設予定)。

    (3)申込先
    一般財団法人 九州環境管理協会 環境計画課
    担当:保田(やすだ)
    TEL:092-662-0448
    FAX:092-662-0424
    Eメール:

    (4)留意事項
    ・当日の資料は会場で準備します。
    ・受付票の発送等の事前連絡はいたしません。申込後、当日会場へお越しください。申込多数につきご参加いただけない場合に限り、事務局からご連絡いたします。

  • 【終了】令和元年度環境技術実証事業 説明会および研修会

    環境技術を有するメーカー、販売者及び環境技術のユーザー並びに実証機関に興味のある方を対象とした、令和元年度環境技術実証事業説明会及び研修会が北九州市にて開催されます。ぜひ、ご参加ください。

    ~令和元年度環境技術実証事業 説明会および研修会の開催について~

    環境技術実証事業は、既に適用可能な段階にありながら普及が進んでいない先進的環境技術について、環境保全効果等を第三者が客観的に実証して普及を図ることを目的とした事業で、モデル事業を含め平成15年度より実施しています。また、平成28年11月にはISO14034として国際標準化されました。

     本事業は令和元年度から制度が見直されたことから、新たな制度での環境技術実証事業の流れを説明すると共に、本事業の更なる普及促進を目的とし、説明会及び研修会を開催することとしました。説明会では実際に実証を行った実証機関や申請者からの事例紹介もあり、具体的な内容を聞くことができます。また、説明会及び研修会の後には、技術相談会を開催し、個別に相談を承ります。

     

    令和元年 環境省ETV説明会研修会 開催案内5オモテ min

    令和元年 環境省ETV説明会研修会 開催案内5 ウラ ※東京、大阪でも開催されます。

     

    1.開催日時及び開催場所

    【第2回】北九州 令和元年10月1日(火)

    (公財)北九州観光コンベンション協会AIM3F311-313会議室、314会議室


    〈開催時間〉

    第1部:説明会及び技術相談会 9時30分~12時00分

    第2部:研修会及び技術相談会 13時30分~16時30分



    2.プログラム

    【第1部】説明会及び技術相談会

    ・環境技術実証(ETV)事業の流れについて

    (環境省 大臣官房 総合政策課 環境研究技術室)

    ・実証のプロセスについて

    (実証機関 3機関程度による事例紹介*

    ・実証済技術の事例紹介(ETV事業のメリット)

    (実証申請者 2事業者程度による事例紹介*

    ・事業の普及依頼について

    (環境省 大臣官房 総合政策課 環境研究技術室)

    ・技術相談会

    *:実証機関及び実証申請者による事例紹介は、会場により異なる可能性があります。

    【第2部】研修会及び技術相談会

    ・環境技術申請書を作成する際のポイント

    (技術調査機関 一般社団法人 産業環境管理協会)

    ・実証機関における実証の流れについて

    ~ 実証機関の役割、実証要領の留意点、よく受ける質問等~

    (実証機関 一般社団法人 埼玉県環境検査研究協会)

    ETV事業におけるISO14034等の役割とETV取得技術の海外展開方法

    (実証運営機関 いであ株式会社)



    3.対象者

     有用な環境技術をお持ちのメーカー、販売者、環境技術に関係するユーザー(購入者、貿易業者、施工業者、地方自治体の環境担当者等)、実証機関や実証試験を実施する試験機関に興味のある方等

     


    4.申込方法

     説明会及び研修会への参加を希望される方は、下記 「参加申込記載事項」 を記載の上、申込締切日までに電子メールにて以下の申込先()まで御送信ください。お申し込みいただいた方には、後日事務局より電子メールにて参加票をお送りいたします。なお、各回とも申込先着順で定員(200 名)になり次第締め切らせていただきます。

    <参加申込記載事項>

    件名:メールの件名を 「ETV 説明会及び研修会参加申込み」 としてください。

    ① 氏名(フリガナ)

    ② 貴社名 <申込先>

    ③ 御所属部署及び役職名

    ④ 御所属先住所

    ⑤ 電子メールアドレス

    ⑥ 電話番号

    ⑦ FAX 番号

    ⑧ 参加を希望される会場

    (東京、大阪、北九州の記載。また、①第1部のみ参加 ②第2部のみ参加 ③第1部・第2部の両方参加のいずれかを記載)


    ★申込締切

    【北九州】 令和元年9月26日(木) 17 時まで


    5.申込先及び問合わせ先

    いであ株式会社 担当:川岸、安間、河野、宮田、矢光、工藤

    TEL:045-593-7604,FAX:045-593-7623 ,MAIL:



    6.その他

     本事業全般については、環境技術実証事業のウェブサイト(http://www.env.go.jp/policy/etv/)を参照してください。

     

  • 【終了】北九州SDGs未来都市アワードの募集

    北九州市を中心とした活動団体を対象とする、SDGs/ESD活動者の意欲の向上と、本市のSDGs/ESDのさらなる推進を図るための、アワードが開催されます。
    北九州市内を中心にSDGs/ESDの普及に貢献し、SDGs達成に寄与する活動を展開している学校・団体・企業の皆様!
    ぜひご応募下さい。

    ~2019北九州SDGs未来都市アワード~

    ■事業について

    本市には、市民・企業・行政等が協働して深刻な公害を克服した歴史があり、この歴史を「ESD(Education for Sustainable Development:持続可能な開発のための教育)の原点」と位置づけ、さまざまな立場の人が、持続可能な社会づくりのための活動を推進してきました。
    そのような中、2015年に「誰一人取り残さない」という理念のもと、国連加盟国193か国の全会一致で、SDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)が採択されました。本市も、2018年6月に国の「SDGs未来都市」に選定され、今後はSDGs推進のトップランナーとして、市全体で取組を推進していくことが求められています。
    そこで、この度、2018年度に市と北九州ESD協議会が創設した「環境首都北九州SDGsアワード ESD表彰」を「北九州SDGs未来都市アワード」として発展させ、両者の活動を共に顕彰することで、SDGs/ESD活動者の意欲の向上と、本市のSDGs/ESDのさらなる推進を図ることとしました。
    SDGsは地球への願い・未来への願い!皆様の素晴らしい活動を、ぜひご応募下さい!
    2019北九州SDGs未来都市アワードチラシ page 0001 min

    ■表彰の対象

    北九州市内を中心にSDGs/ESDの普及に貢献し、SDGs達成に寄与する活動を展開している
    学校・団体・企業の活動。


    (注1)応募は、1団体につき1つの活動に限ります。
    (注2)2019年4月時点で、2年以上継続している活動に限ります。
    (注3)受賞者には、原則として3月の授賞式にて活動発表をしていただきます

    ■表彰部門

    ・年代別部門


     (1)小学校・中学校 (2)高等学校等 (3)大学 (4)一般

    ・企業部門


    ■賞の種類

    ・SDGs大賞

     SDGs達成にあたり、他者のモデルとなる極めて優れた活動と認められるもの

    ・SDGs賞
     SDGs達成にあたり、他者のモデルとなる優れた活動と認められるもの

    ・ESD賞
     SDGs達成にあたり、他者のモデルとなる優れた活動のうち、教育や人材育成の観点において
     極めて優れた活動と認められるもの

     

    授賞数及び副賞(年代別部門のみ)

    ・年代別部門
       授賞数:各年代SDGs大賞1件、SDGs賞3件、ESD賞1件
     副賞:5万円

    ・企業部門
       授賞数:SDGs賞10件、ESD賞1件

    (注1)年代別部門のみ、副賞を授与いたします。また、SDGsやESD活動(持続可能な社会づくり、あるいはそれを担う人づくり活動)を拡充するために活用していただき、後日、使途をご報告いただきます。
    (注2)審査の結果によっては、授賞数が変動することもあります。

     

    応募期間

    令和元年9月2日(月曜日)から令和元年10月31日(木曜日)
    (注1)17時必着。なお、郵送の場合は令和元年10月31日(木曜日)の消印有効

    ■応募方法

    下記のページから応募用紙をダウンロードし、必要事項をご記入の上ご応募ください。
    なお、提出方法、提出先等、募集に関する詳細は、募集要項をご参照ください。
    https://www.city.kitakyushu.lg.jp/kankyou/00300222.html

    ■スケジュール(予定)

    【選考・受賞者決定】
    令和元年11月~令和2年2月

    【授賞式】
    令和2年3月



    ■お問合せ先

    環境局総務政策部環境学習課
    〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
    電話:093-582-2784 FAX:093-582-2196
  • 【結果公表】令和2年度「我が国循環産業の海外展開事業化促進業務」及び「二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金」対象事業の選定

    環境省は、循環産業の育成・海外展開促進に積極的に取り組んでおり、海外展開を計画する事業への実現可能性調査等を実施する事業公募を行った結果、その対象事業を選定しました。

    九州沖縄地域からは、北九州市が共同事業者として参加する下記事業が選定されています。

     

    【申請者】九州メタル産業株式会社
    【案件】マレーシアにおける廃自動車100%リサイクルに向けた最適化検討事業(R1年度事業からの継続事業)
    【協働事業者】共同実施:BPJ-Berjaya Sdn. Bhd.、北九州市、AZUSA SE&E(HK)Co.,Ltd/、外注先:株式会社NTTデータ経営研究所
    【対象国】マレーシア
    【事業概要】マレーシア半島西海岸都市等 (クアラルンプール、ペナン、ジョホール等を含む)を対象地域として、現地企業との合弁で自動車リサイクル企業を設立し、廃自動車の破砕、選別・回収、原燃料化利用、金属の再資源化等のシステムを導入

     

    【参考】

    環境省_令和2年度「我が国循環産業の海外展開事業化促進業務」及び「二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(我が国循環産業の戦略的国際展開による海外でのCO2削減支援事業)」の公募について
    https://www.env.go.jp/press/108181.html

     

     


    令和2年度「我が国循環産業の海外展開事業化促進業務」及び「二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(我が国循環産業の戦略的国際展開による海外でのCO2削減支援事業)」対象事業の選定結果について

     環境省では、平成23年度より、循環産業を我が国の優れたインフラ関連産業の一つとして捉え、その育成・海外展開促進に積極的に取り組んでおります。
     この度、具体的な海外展開を計画する事業への実現可能性調査等を実施する事業の公募を行い、厳正な審査の結果、対象事業として「我が国循環産業の海外展開事業化促進業務」3件及び「二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(我が国循環産業の戦略的国際展開による海外でのCO2削減支援事業)」3件を選定しましたのでお知らせします。
     なお、「二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(我が国循環産業の戦略的国際展開による海外でのCO2削減支援事業)」は引き続き公募を行っています(令和2年11月30日(月)17時必着)。

     環境省では、平成23年度より、我が国自治体や関係機関と連携しつつ、廃棄物処理やリサイクルに係る二国間・多国間の協力と有機的に結びつけ、我が国の優れたインフラ関連産業の一つとして循環産業の海外展開を積極的に促進しています。

     この度、この事業の一環として、我が国の循環産業による廃棄物処理・リサイクル分野における具体的な海外展開を計画する事業について実現可能性調査等を実施するため、令和2年度における「我が国循環産業の海外展開事業化促進業務」及び「二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(我が国循環産業の戦略的国際展開による海外でのCO2削減支援事業)」の公募を行いました(「二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(我が国循環産業の戦略的国際展開による海外でのCO2削減支援事業)」は引き続き、令和2年11月30日(月)(17時まで)公募を行っています。)。

     公募の結果、8月3日(月)までに両事業で合計8件の応募があり、有識者による厳正な審査を行った結果、対象事業として「我が国循環産業の海外展開事業化促進業務」で3件、「二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(我が国循環産業の戦略的国際展開による海外でのCO2削減支援事業)」も3件を採択しました。このうち、「我が国循環産業の海外展開事業化促進業務」における対象事業の詳細については別紙を御参照ください。

     なお、「二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(我が国循環産業の戦略的国際展開による海外でのCO2削減支援事業)」は間接補助金であり、詳細は執行団体である「公益財団法人廃棄物・3R研究財団」のWEBサイトを御確認ください。

    https://www.jwrf.or.jp/subsidiary/oversea/current/index.html

    添付資料

    連絡先

    環境省環境再生・資源循環局総務課循環型社会推進室

    • 代表03-3581-3351
    • 直通03-5521-8336

    環境省_令和2年度「我が国循環産業の海外展開事業化促進業務」及び「二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(我が国循環産業の戦略的国際展開による海外でのCO2削減支援事業)」対象事業の選定結果について
    https://www.env.go.jp/press/108489.html

     

  • 【結果公表】北九州市 2020北九州SDGs未来都市アワードの受賞者について

    北九州市では「2020 北九州SDGs未来都市アワード」として、SDGsやESDの活動を顕彰することで、SDGsやESD活動者の意欲の向上と、地域のSDGsやESDのさらなる推進を図る事業を募集、この度受賞者が決定し公表されました。

     


     

    2020北九州SDGs未来都市アワードの受賞者の決定及び授賞式について

     

    受賞者の決定について

    今年度は49件の応募をいただき、13件を受賞者として決定しました。
    受賞者の皆様、おめでとうございます!

    市民部門受賞者一覧

    賞の種類団体名
    SDGs大賞 福岡教育大学附属小倉中学校生徒会
    ESD賞 学校法人本城学園認定こども園本城東幼稚園
    ESD賞 北九州市立大里柳小学校
    SDGs賞 北九州市立菊陵中学校
    SDGs賞 北九州市立則松中学校生徒会
    SDGs賞 福岡県立小倉西高等学校
    SDGs賞 421Lab.平和の駅運動プロジェクト
    (太鼓と平和を考える学生連絡協議会)
    奨励賞 北九州市立合馬小学校
    奨励賞 槻田まちづくり協議会



    企業部門受賞者一覧

    賞の種類団体名
    SDGs大賞 九州電力株式会社 北九州支店
    ESD賞 株式会社エコウッド
    SDGs賞 東京海上日動火災保険株式会社 北九州支店
    SDGs賞 大英産業株式会社

     

    過去の受賞者一覧

     

    環境局総務政策部環境学習課
    〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
    電話:093-582-2784 FAX:093-582-2196

     

    2020 kitakyushu award

     

    2020北九州SDGs未来都市アワードの受賞者の決定及び授賞式について - 北九州市
    https://www.city.kitakyushu.lg.jp/kankyou/00300263.html

     

     

     

  • 【結果公表】環境省 「令和3年度地域におけるESG金融促進事業委託業務」における支援先金融機関の採択

    環境省は、地域の持続可能性の向上や地域循環共生圏の創出に資するESG金融促進を図るため「令和3年度地域におけるESG金融促進事業委託業務」に参加する支援先金融機関(地域金融機関)の公募を実施し、以下の金融機関採択結果を公表しました。

    九州地域からは、福岡県の福岡ひびき信用金庫が、案件名称「北九州市と地域民間団体との連携によるESGを考慮した伴走型支援の仕組化」として採択されています。

     

    【ご参考】環境省_ESG金融解説動画
    https://www.env.go.jp/policy/esg/kinyukaisetsu/index.html

     

     


     

    「令和3年度地域におけるESG金融促進事業委託業務」における支援先金融機関の採択について

    「令和3年度地域におけるESG金融促進事業委託業務」における支援先金融機関の公募結果についてお知らせいたします。

    1.概要


     環境・社会にインパクトがあり、地域の持続可能性の向上や地域循環共生圏の創出に資するESG金融促進を図るべく、「令和3年度地域におけるESG金融促進事業委託業務」に参加する支援先金融機関(地域金融機関)の公募を実施いたしました。

    2.公募の結果


     令和3年5月17日(月)から6月18日(金)まで公募を行い、厳正なる審査を行った結果、以下の金融機関を採択いたしました。

    支援先金融機関(五十音順)

    案件名称

    愛媛銀行

    地域特性を活かしたESG金融の構築

    京都銀行

    地域における上場メーカー・サプライヤーが一体

    となったESG/SDGsの取組促進

    第四北越銀行

    千葉銀行

    北洋銀行

    持続可能な食産業の実現に向けた3行連携による

    ESG地域金融の実践

    玉島信用金庫

    カーボンニュートラルに向けた水島地区の2次産業の

    持続可能性の検討と支援体制構築に向けた研究

    栃木銀行※

    北那須3市町の連携による持続可能な地域を考える

    プラットフォーム構築事業

    八十二銀行

    気候リスク/機会分析を通じた持続可能な農業のための支援策の検討・実施

    広島銀行

    自動車関連サプライヤーに対するESG 要素を考慮した

    新事業創出支援スキームの検討

    福岡ひびき信用金庫

    北九州市と地域民間団体との連携によるESGを考慮した伴走型支援の仕組化

    北都銀行

    再エネ(風力)を軸とした地方創生に向けて

    ~脱炭素社会実現へのマイルストーン~

    米子信用金庫

    再エネ普及による脱炭素社会の実現と地域経済の持続

    可能性向上に向けた取組

    ※ 本案件に関しては、さがみ信用金庫、はくさん信用金庫も各地域でのプラットフォーム構築に向け知見の蓄積を行います。

    連絡先

    環境省大臣官房環境経済課環境金融推進室
    • 代表03-3581-3351
    • 直通03-5521-8240

     

    r3 moe local finance esg

    環境省_「令和3年度地域におけるESG金融促進事業委託業務」における支援先金融機関の採択について
    https://www.env.go.jp/press/109753.html

     

  • 【資料公表】環境省 北九州空港滑走路延長事業に係る計画段階環境配慮書に対する環境大臣意見の提出

    環境省は、「北九州空港滑走路延長事業に係る計画段階環境配慮書」に対する環境大臣意見を国土交通大臣に提出しました。

     

    【ご参考】環境大臣による意見提出について

    評価書とは、事業者が準備書に対する環境保全の見地からの意見を有する者、都道府県知事等からの意見の内容について検討し、必要に応じて準備書の内容を修正したものです。

    1. 評価書は、事業の免許等を行う者等と環境大臣に送付され、環境の保全の見地からの審査が行われます。
    2. 審査の結果、環境大臣は必要に応じて事業の免許等を行う者等に環境の保全の見地からの意見を述べます。免許等を行う者等が地方公共団体の場合については、必要に応じて環境大臣に助言を求めるように努めなければならないこととされています。
    3. 事業の免許等を行う者等は、環境大臣の意見を踏まえて環境の保全の見地から事業者に意見を述べます。
    4. 事業者は意見の内容をよく検討し、必要に応じて評価書の内容を補正した最終的な評価書を作成し、都道府県知事、市町村長、事業の免許等を行う者等に送付します。
    5. 事業者は、評価書を作成したことを公表(公告といいます)し、地方公共団体の庁舎や事業者のウェブサイトなどで1ヶ月間、誰でも見られるようにしておきます(縦覧といいます)。

     なお事業者は、最終的な評価書の公告を行うまでは、事業を実施することはできません。

    環境省 環境影響評価情報支援ネットワーク
    http://assess.env.go.jp/1_seido/1-1_guide/2-7.html

     

     

     


     

    北九州空港滑走路延長事業に係る計画段階環境配慮書に対する環境大臣意見の提出について

     令和3年4月16日、環境省は「北九州空港滑走路延長事業に係る計画段階環境配慮書」に対する環境大臣意見を国土交通大臣に提出した。
     本事業は、国土交通省大阪航空局及び国土交通省九州地方整備局が、北九州空港の滑走路の長さを2,500mから3,000mに延長するものである。
     環境大臣意見では
     (1)事業実施想定区域は、土砂埋立処分事業により造成された土地であり、動植物の生息状況につ
       いては、十分な知見がないことから、重要な動物又は生態系への影響を回避又は極力低減するた
       め、今後、専門家等からの意見を踏まえ、事業実施想定区域及びその周辺における動植物の生息
       又は生育状況を詳細に調査し、その結果に基づき、適切な環境保全措置を検討すること
     (2)「2050年カーボンニュートラル」の実現に向け、温室効果ガスの削減のために、ターミナルビ
       ル等の空港施設における省エネルギー化の推進や再生可能エネルギーの活用促進、空港利用事業
       者における脱炭素経営の促進等に取り組むこと
     等を求めている。

    1.背景

     環境影響評価法は、滑走路の新設(2,500m以上)又は延長(延長後の滑走路2,500m以上かつ延長500m以上)を伴う飛行場及びその施設の変更の事業を対象事業としており、環境大臣は、送付された計画段階環境配慮書※について、国土交通大臣からの照会に対して意見を述べることができる。
     今後、国土交通大臣から事業者である国土交通省大阪航空局及び国土交通省九州地方整備局に対して、環境大臣意見を勘案した意見が述べられ、事業者は、意見の内容を検討した上で事業計画を決定し、事業段階の環境影響評価(環境影響評価方法書、準備書、評価書)を行うこととなる。

    ※計画段階環境配慮書:配置・構造又は位置・規模に係る事業の計画段階において、重大な環境影響の回避・低減についての評価を記載した文書。

    2.事業の概要

     ・名称     北九州空港滑走路延長事業

     ・事業者    国土交通省大阪航空局及び国土交通省九州地方整備局

     ・事業地    福岡県北九州市、京都郡(みやこぐん)苅田町(かんだまち)

     ・事業規模   滑走路の延長(延長後の滑走路3,000m、延長500m)

    3.環境大臣意見

     別紙のとおり。

     (参考)環境影響評価に係る手続

     ・令和3年3月 9日  国土交通大臣から環境大臣に意見照会

     ・令和3年4月16日  環境大臣から国土交通大臣に意見提出

    添付資料

    連絡先

    環境省大臣官房環境影響評価課環境影響審査室
    • 代表03-3581-3351
    • 直通03-5521-8237

     

    kitakyushu airport moe

    環境省_北九州空港滑走路延長事業に係る計画段階環境配慮書に対する環境大臣意見の提出について
    https://www.env.go.jp/press/109484.html

     

EasyTagCloud v2.8

Default Image
2021年07月31日

九州・沖縄各県の環境政策情報(7月下旬)…

令和3年7月下旬の九州、沖縄各県の環境に関する行政情報を掲載しています。 ぜひ御覧ください。 ★ご注意 ※詳細はリンク先を必ずご確認ください。 ※公開が終了している場合があります。…
2021年07月31日

【8/29締切】環境省…

環境省は、自然公園法の一部を改正する法律の施行に向け、自然公園法施行令の一部を改正することを検討して…
2021年07月31日

【資料公表】環境省…

環境省では、科学的・計画的な鳥獣の保護及び管理についての専門的な知見を有する職員の都道府県ごとの配置…
2021年07月31日

【結果公表】環境省…

環境省は、地域の持続可能性の向上や地域循環共生圏の創出に資するESG金融促進を図るため「令和3年度地…
2021年07月31日

「奄美大島、徳之島、沖縄島北部…

2021年7月26日、オンラインで開催された「第44回世界遺産委員会拡大会合」にて、日本が世界遺産に…