1 対象のタグ "CO2"

  • 「家庭からの二酸化炭素排出量の推計に係る実態調査 全国試験調査」の結果(速報値)について

    環境省では、家庭からのCO2排出実態を把握し、削減対策の検討等に幅広く活用すること等を目的として、政府統計の整備に向けた検討を進めています。
      この度、平成26年10月から27年9月まで、統計法に基づく一般統計調査として、全国10地方の約16,000世帯を対象とした全国試験調査を実施し、その結果(速報値)をとりまとめました。

    ■全国試験調査の主な結果

    ○政府統計としては初めて全国規模で家庭からのCO2排出実態等を把握しました。
     ・電気・ガス・灯油の使用に伴うCO2排出量は世帯当たり年間約3.5t(電気からが約7割、ガスからが約2割、灯油からが約1割)
     ・自動車用燃料(ガソリン・軽油)の使用に伴うCO2排出量は、世帯当たり年間約1.3t

    ○地方別のCO2排出量などを推計しました。
     ・全国10地方の中で、世帯当たりのCO2排出量が最も多いのは北陸地方、最も少ないのは関東甲信地方
     ・世帯当たりのエネルギー消費量が最も多いのは北海道地方、最も少ないのは沖縄地方

    ○省エネ行動の実施率が高い世帯ほどCO2排出量が少なく、削減可能性が分かりました。

    ■報道発表資料
    http://www.env.go.jp/press/102283.html

EasyTagCloud v2.8

kyushumizuforum ss
2017年12月05日

【お知らせ】「九州水フォーラム2017」…

水は、天からの恵みを受け、森や川、地下水を通じて海まで流れ、再び天につながる循環を持っています。水循環の背景には、自然の力に加え、地域の人や技術があり、そうした人の営みと技術を後世に伝えていくことが必…
2017年12月02日

熊本県沿岸域再生官民連携フォー…

熊本県沿岸域再生官民連携フォーラム(以下「熊本フォーラム」という。)の設立総会が開催されました。平成…
2017年11月10日

【お知らせ】「熊本県沿岸域再生…

近年、豊かな漁場として有名な有明海や八代海の水質の悪化などにより、漁業への影響が見られるようになりま…
2017年11月08日

【募集】自然資源を活かすエコツ…

環境省では、「国立公園満喫プロジェクト」の先導的役割を果たす8つの国立公園をはじめとする自然公園地域…
2017年10月20日

【開催案内】公開セミナー「気候…

10月22日(日)に福岡市で公開セミナー「気候変動による生活への影響」(九州地方環境事務所及び福岡市…