27 対象のタグ "エネルギー"

  • 【ご案内】 第109回エコ塾 in 宮崎 「未来へつながるバイオマス活用の取り組み」

    K-RIP(ケイリップ)及び九州経済産業局では、環境ビジネスの創出、ビジネスマッチング、人脈形成を目的として、定期的に環境ビジネスに特化した異業種交流会「エコ塾」を開催しています。
    第109回エコ塾は8月に宮崎市内で開催します。
    「未来へつながるバイオマス活用の取り組み」をテーマに取り上げ、関連企業4社の取り組みを紹介するとともに懇親会を開催します。懇親会では先着申込による1分間スピーチも行います。
    今回は、基調講演として、資源エネルギー庁による改正FITの説明もございます。
    翌日は宮崎県内の施設をバス見学いたします.申込先着順 定員20名 参加無料(昼食代1,080円別途)

    開催概要

    【日 時】平成29年8月31日(木)講演会:14時00分~17時20分(交流会:17時30分~19時00分)
    【場 所】講演会 : HOTELスカイタワー 3階 ターコイズ・マリン(宮崎県宮崎市高千穂通2-1-26)
    【参加費】講演会 : 無料(懇親会 : 4千円/人)

    プログラム

    【基調講演】資源エネルギー庁 「改正FIT法と再生可能エネルギー政策の今後の展望」
            資源エネルギー庁 省エネルギー・新エネルギー部 新エネルギー課
    【プレゼン1】バイオマス発電燃料としての木質チップ生産について
            中山リサイクル産業(株) 常務取締役 堀 文弘 氏
    【プレゼン2】木質バイオマス活用による地域エネルギー事業について
             篠田(株) 環境事業部 武谷 歩 氏
    【プレゼン3】資源循環で皆が楽しく活躍できる社会を ~食品廃棄物の低コスト地域循環~
            楽しい(株) 代表取締役 松尾 康志 氏
    【プレゼン4】木質ペレットのポテンシャル
            (株)フォレストエナジー門川 取締役 事業統括部長 日吉 淳 氏

    お申し込みや詳細についてはこちら http://www.k-rip.gr.jp/news/?p=9009
    k rip

  •  平成30年度長崎県再生可能エネルギー推進フォーラム 

    長崎県では、再生可能エネルギーを活かした産業振興、雇用創出や低炭素化、グリーン化に向け、県内各地域における再生可能エネルギーの活用を推進しております。
     今回、その一環としてJSC-A(日本サステイナブルコミュニティ協会)による、「地域課題解決のための企業等の先進的な取組による再生可能エネルギー活用事例」についての講演、県内の自治体と企業の現状の再生可能エネルギーに関する課題や取組内容についての紹介を行う再生可能エネルギー推進フォーラムを開催いたします。

    <開催日時>
     平成31年3月20日(水) 14:30~16:45(13時30分受付開始)
     ※17:00から交流会も予定しています。

    <開催場所>
     ザ・ホテル長崎BWプレミアコレクション(3階 プレミアホール)
     長崎市宝町2番26号

    <開催内容>
     ●開会挨拶 14:30~14:35
     ●基調講演 14:35~15:25
      JSC-A(日本サステイナブルコミュニティ協会)講師
      「地域課題解決のための企業等の先進的な取組による再生可能エネルギーの活用事例」
     ●取組事例紹介 15:25~16:45
      (1)壱岐市 「水素・再生可能エネルギー導入ビジョン策定事業と課題」
      (2)雲仙市 「地域のバイオガス発電導入等の状況と課題」
      (3)ハウステンボス株式会社 「農業とソーラーシェアリングに関する取組み」
      (4)株式会社イワテック 「バイオガス発電、水素に関する取組み」
      発表後 JSC-A講師からの総評・質疑応答
     ●交流会 17:00~18:30

    <参加費>
     無料(ただし、交流会は会費制 5,000円/1名)

    <申し込み方法>
      下記の再生可能エネルギー推進フォーラム申込みフォームよりお申込みください。

    ●申請URL: http://eap.pref.nagasaki.lg.jp/kv2/?42000v00003219ZDt

    電子メール、FAXでも受付いたします。次の項目を明記の上、
     件名を「長崎県再生可能エネルギー推進申込み」として、申込みください。
     申込み受付先の電子メールアドレス及びFAX番号(※申込みフォーム以外から申し込む場合)
     電子メールアドレス:   FAX番号:095-895-2544
     ●記載事項
      1.氏名(ふりがな)2.勤務先/所属 3.部署名 4.役職
      5.勤務先/所属住所 6.電話番号 7.メールアドレス
      8.交流会出欠 
     ●申込期限
      平成31年3月15日(金)

    <詳細はこちらから> 
     長崎県ホームページ
     https://www.pref.nagasaki.jp/object/shikaku-shiken-bosyu/boshu/378349.html

  • 「エコライフ・フェア2019」出展者募集開始

    環境省は6月の環境月間にあわせて、幅広い年齢層の方が環境問題について楽しみながら学び、体験する場を提供することを通じ、環境問題への理解を深め、日々の暮らし中で行動に移していただくことを目的にエコライフフェアを開催します。

    現在、出店者を募集しています。

     

    今年のテーマは「『気づき』から『行動』へ~地球の未来のために~」です。

     

    ・日時

    6月1日(土)10:30~17:00 2日(日)10:00~16:30

    ・場所

    代々木公園ケヤキ並木/イベント広場(東京都渋谷区)

    eco life fair

    http://ecolifefair.env.go.jp/index.html

     

  • 「家庭からの二酸化炭素排出量の推計に係る実態調査 全国試験調査」の結果(速報値)について

    環境省では、家庭からのCO2排出実態を把握し、削減対策の検討等に幅広く活用すること等を目的として、政府統計の整備に向けた検討を進めています。
      この度、平成26年10月から27年9月まで、統計法に基づく一般統計調査として、全国10地方の約16,000世帯を対象とした全国試験調査を実施し、その結果(速報値)をとりまとめました。

    ■全国試験調査の主な結果

    ○政府統計としては初めて全国規模で家庭からのCO2排出実態等を把握しました。
     ・電気・ガス・灯油の使用に伴うCO2排出量は世帯当たり年間約3.5t(電気からが約7割、ガスからが約2割、灯油からが約1割)
     ・自動車用燃料(ガソリン・軽油)の使用に伴うCO2排出量は、世帯当たり年間約1.3t

    ○地方別のCO2排出量などを推計しました。
     ・全国10地方の中で、世帯当たりのCO2排出量が最も多いのは北陸地方、最も少ないのは関東甲信地方
     ・世帯当たりのエネルギー消費量が最も多いのは北海道地方、最も少ないのは沖縄地方

    ○省エネ行動の実施率が高い世帯ほどCO2排出量が少なく、削減可能性が分かりました。

    ■報道発表資料
    http://www.env.go.jp/press/102283.html
  • 「平成28年度九州省エネキャラバン」を開催します

    九州経済産業局では、昨年(2015年)7月に策定された「長期エネルギー需給見通し(※)」の目標の実現を目指し、九州管内の更なる省エネの推進を目的に、九州管内の自治体や関係機関と協力して、「平成28年度九州省エネキャラバン」を8月~9月にかけて北九州市、鹿児島県、長崎県及び佐賀県において開催します。
    本キャラバンでは、事業者、特に中小企業者等が取り組む省エネの具体的な方法、取組事例の紹介等を実施する予定です。
    省エネによるコスト削減対策は、直接経費削減につながります。効果的な省エネに取り組みたいとお考えの皆様のご参加を是非お待ちしております。


    主催 九州経済産業局、開催地自治体(北九州市、鹿児島県、長崎県、佐賀県)

    参加費 無料

     

    開催日時・場所
    北九州市     

    平成28年8月24日(水)     13:30~17:00     
    北九州市立商工貿易会館2階 多目的ホール

     

    鹿児島県

    平成28年8月31日(水)     13:30~17:00
    かごしま県民交流センター 大研修室第4(鹿児島市)

     

    長崎県
    平成28年9月6日(火)     13:30~17:00
    長崎県勤労福祉会館 第2・第3中会議室(長崎市)

    佐賀県

    平成28年9月7日(水)     13:30~17:00     
    アバンセ 第1研修室(佐賀市)

     

    protect 450596 180※イメージ写真

    詳細はこちら http://www.kyushu.meti.go.jp/press/1608/160802_1.html

  • 【募集】国土緑化推進機構「緑の募金」「緑と水の森林ファンド」助成事業の公募(2/1~3/15締切)

    公益社団法人国土緑化推進機構から2つの助成金情報のお知らせです。
    また、助成プログラム紹介と個別相談会等の助成セミナーも大阪で開催されます。
    皆様、ぜひこの機会に、応募&ご参加をご検討ください。


    国土緑化推進機構「緑の募金」「緑と水の森林ファンド」助成事業の公募(2/1~3/15締切)
    【緑のボランティア応援! 助成する活動を募集します】

    midorinobokin joseiguide2020 page 0001

    国土緑化推進機構の「緑の募金」「緑と水の森林ファンド」では、国民参加の森林づくり運動を推進するため、国内・海外の森林に関わる先進的で波及効果のある市民の自主的な活動を一般公募し、助成支援しています。
    令和2年度は、重点項目に次世代育成と一体となった森づくり活動や健康に寄与する森林とのふれあい活動なども含め支援します。

    1. 募集期間
    2020年2月1日(土)~3月15日(日)まで(当日消印有効)

    2. 助成対象者
    民間の非営利団体、非営利の法人
    (「緑と水の森林ファンド」は「個人」も対象とする)

    3. 事業期間
    2020年7月1日~2021年6月30日

    4. 対象活動
    「緑の募金」
     森林ボランティア、里山保全団体およびNPO等による以下の活動
    ・国内外の森と人を元気にする活動
    ・地球の緑を増やし、地球温暖化防止や生物多様性保全に貢献する活動
    ・森づくりのリーダーを育てる活動
    ・森や里山で子どもたちを育むことができる活動

    「緑と水の森林ファンド」
    ・普及啓発:森林・緑・水に対する国民の認識を深めるための普及啓発活動
    ・調査研究:地域材の利用・山村資源の有効活用や森林の公益的機能の増進に係る調査研究
    ・活動基盤の整備:森林づくり活動を通した農山村と都市住民等との交流促進
    ・国際交流:国内で開催される森林に関する国際会議への支援、海外情報の収集

    5.  助成対象経費
    事業実施に直接必要となる経費。詳しくは実施要領・募集規則をご確認ください。

    【対象経費の例】
    ・交通費、保険、会場費、保険費
    ・事業に伴う資材費、機材のレンタル経費、外部委託経費
    ・資材運搬費、指導謝金、
    ・事務費、印刷・通信費、人件費(上限額あり)

    【対象外経費の例】
    ・作業労賃、内部人材への謝金、食材・飲食費
    ・国際協力事業の渡航費
    ・記念品、団体の通常運営経費、資産形成に繋がる経費
    ・必要以上の外部委託経費

    6. 助成の限度額
    「緑の募金」
    ・一般公募事業「森林整備・緑化推進」200万円、「国際協力」300万円
    ・特定公募事業「国民参加による災害に強い森林づくり事業」300万円
    ・都道府県緑推推薦事業 「子どもたちの未来の森づくり事業」100万円

    「緑と水の森林ファンド」
    ・団体100万円、個人70万円

    7.  応募方法
    応募申請書に必要事項を記入し、押印の上、補足資料とともに郵送にてご応募ください。
    また、「緑の募金」国際協力事業は郵送とともに、申請書データ(エクセル)をメールで送信してください。

    8. 審査の流れ
    協力企業、有識者および理事会により事業審査、査定します。

    詳しくは各HPをご確認ください。ご応募お待ちしております。

    ◆緑の募金(募集規則、様式、助成ガイド 等ご案内中)
    http://www.green.or.jp/bokin/volunteer/activity-support
    http://www.green.or.jp/bokin/cms/wp-content/uploads/midorinobokin_joseiguide2020.pdf

    ◆緑と水の森林ファンド(2月1日ホームページで公開予定)
    http://www.green.or.jp/news/news-green-fund/

    ───────

    また、これらの助成プログラム紹介と個別相談会等の助成セミナーを大阪で開催します。
    重点項目の説明とその事例紹介も予定しています。
    http://www.green.or.jp/event/shinrinesd_osaka_sympo-seminar/

    ◆『緑のボランティア助成セミナー2020 in 大阪』

    image 200216 01
    【日時】2020年2月16日(日) 14:00~18:30
    【場所】「近畿中国森林管理局」大会議室
    【主催】国土緑化推進機構
    【共催】近畿中国森林管理局、大阪みどりのトラスト協会

    【プログラム】
     事例報告(次世代育成と一体となった森づくり等)、
     「緑の募金」「緑と水の森林ファンド」助成プログラム紹介
     助成金個別相談会、ポスターセッション、情報交換会

    【詳細】 http://www.green.or.jp/bokin/200216bokin


    <問い合わせ先>
      公益社団法人 国土緑化推進機構(担当:募金部)
    〒102-0093 東京都千代田区平河町2-7-4 砂防会館別館(B棟5階)
    TEL:03-3262-8457 FAX:03-3264-3974
    E-mail:

  • 【熊本】令和元年度RISTシンポジウム「熊本のSDGs推進に向けて」

    ~令和元年度RISTシンポジウム「熊本のSDGs推進に向けて」~

     熊本市の「熊本地震の経験と教訓をいかした地域(防災)力の向上事業」*が、内閣府が進めるSDGs未来都市及び自治体SDGsモデル事業に選定されました。また、熊本市近隣の13市町村が連携して長期的な地球温暖化対策を推進する「熊本連携中枢都市圏地球温暖化対策実行計画」の検討が開始されています。
    このような熊本を舞台とした地球温暖化、エネルギー、防災をはじめとする先導的なSDGsの取り組みについて、情報を共有し、将来を語り、アイデアや意見を募って、熊本のSDGsのさらなる推進の契機にしたいと考えております。
    (今回はSDGsの中でも、地球温暖化対策とエネルギーを主軸とし、防災や地域産業の発展にも波及するテーマも取り上げます)
    皆様の奮ってのご参加をよろしくお願い致します。

    *地域単位の防災力を高めるとともに、地域エネルギーの地産地消、EVによる電力供給、EVバス導入促進等による電力を核としたライフライン強靭化を促進するもの

    1.日 時 令和元年11月22日(金) シンポジウム 13:30〜17:30(13:00開場)
                       交流会      18:00〜20:00

    2.場 所 ホテル日航熊本(熊本県熊本市中央区上通町2-1)
         

    3.主 催 くまもと技術革新・融合研究会(RIST)、(公財)くまもと産業支援財団

    4.共 催 熊本市

    5.後 援 熊本県、熊本県工業連合会、熊本県情報サービス産業協会、
          熊本県産業振興協議会、熊本日日新聞社 (以上、予定)

    6.内 容

    ○受付開始              13:00
    ○開会  主催者挨拶         13:30
    ○講演
      第1部 熊本市のSDGsの取り組みと技術革新への対応  13:35〜14:15
      熊本市長 大西 一史氏
     (熊本市が提案したSDGs未来都市計画の概要、重点的な取組、SDGsの達成に不可欠な
      技術革新への対応等について、その内容と今後の想いを大西市長に語って頂きます)

      第2部 将来のSDGsロードマップについて 14:20〜14:50
      1)温暖化とエネルギーの今後
        熊本大学大学院 先端科学研究部 教授 鳥居 修一 氏
      2)未来都市熊本の交通システム
        熊本学園大学 シニア客員教授 坂本 正 氏

      第3部 先導的な取り組みや研究/ビジネス事例について  15:00〜16:50

       1)人口75億!適応しなければ生きられない不都合な現実と未来
        熊本県地球温暖化防止活動推進センター  センター長 田邉 裕正 氏
        ―温暖化対策センターの取り組みSDGs評価ー

      2)ゼロエネルギー住宅(ZEH) 実現にむけた技術開発の役割
        熊本県立大学環境共生学部居住環境学専攻 准教授  田中 昭雄 氏

      3)熊本市地域エネルギー事業の今後の展開について
        スマートエナジー熊本株式会社 代表取締役  横尾 将 氏

      4)合志市の大規模ソーラー事業について
        自然電力株式会社 太陽光事業部 部長 佐々木 周 氏

      5)電気自動車によるSDGs推進の取り組み(日本電動化アクション)
        日産自動車株式会社 日本事業広報渉外部 担当部長 大神 希保 氏

      6)EVバス技術によるSDGsへの新たな貢献
        熊本大学大学院先端科学研究部 准教授 松田 俊郎 氏

      7)ESG金融とSDGsの取り組み
        株式会社肥後銀行 経営企画部 サスティナビリティ推進室 副企画役 高田 賢治 氏

      第4部 SDGs推進に向けたパネルディスカッション  16:55〜17:25
      モデレータ    熊本大学大学院先端科学研究部 教授 鳥居 修一 氏
      パネラー (講演者、民間、熊本市等)

    ○閉会挨拶          17:25
    ○閉会


    7.参加料   シンポジウム:無料
            交流会:有料(RIST会員:3,000円、一般:5,000円)

    8.定 員    200名

    9.申込締切  11月18日(月)

    10.お申込み  WEB申し込み 

    ※ページへ接続できない等、上記フォームでのお申し込みができない場合は、大変お手数ですがメールにてお申し込みをお願いいたします。(お申し込み先 RIST事務局:)
    ※お申込みに際して記載いただいた内容は当シンポジウムの運営のみに使用いたします。

    ★詳細は、下記ページをご確認ください。
    http://www.rist.gr.jp/archives/event/2704

  • 【終了】第7回 地球温暖化に関する九州カンファレンス

    「第7回 地球温暖化に関する九州カンファレンス」が熊本県にて開催されます。
    みなさま、ぜひご参加ください。
    前日には、「環境白書を読む会」が開催されます。

    第7回 地球温暖化に関する九州カンファレンス

    パリ協定の発効により、今後、世界は脱炭素社会に移行していくものと見込まれています。脱炭素社会を実現し、経済・社会全体の転換を成し遂げたうえで、国民生活の質の向上を目指すために、各主体の行動を変え、イノベーションを誘発する可能性のあるカーボンプライシング(炭素の価格付け)について、日本においても協議が進められています。
    本カンファレンスではカーボンプライシングに関する国内外の状況やその意義及び影響について、取組事例を含めた情報提供を行うとともにカーボンプライシングによるイノベーションの可能性についてパネルディスカッションを行います。

    ■日 時:令和元年10月4日(金)13:30~17:00
    ■会 場:熊本地方合同庁舎A棟 1F 共用会議室
        (熊本市西区春日2-10-1)
    ■主 催:九州地方環境事務所 
     ※参加費無料、会場にお越しの際は公共交通機関をご利用ください


    ■プログラム案:
    1.開会挨拶  九州地方環境事務所
    2.世界と日本の動向と環境省の取組について(仮題)
      環境省地球環境局 地球温暖化対策課市場メカニズム室 室長補佐 新原 修一郎 氏
    3.JCLP及び積水ハウスのカーボンプライシングに対する対応
      日本気候リーダーズ・パートナーシップ(JCLP)共同代表
      積水ハウス株式会社丈夫執行役員 石田  建一 氏
    4.リコーグループの取組について
      株式会社リコー  リコー経済社会研究所
      環境・資源・エネルギー研究室 主席研究員 則武 祐二 氏
    5.埼玉県の目標設定型排出量取引制度について(仮題)
      埼玉県 環境部 温暖化対策課 小西 まどか 氏
    6.パネルディスカッション 
      モデレーター:福岡大学名誉教授(前中央環境審議会会長) 浅野 直人 氏
      パネリスト:石田 建一 氏、則武 祐二 氏、小西 まどか 氏


    ■申込み方法等:
    <申込み方法>
     次のウェブサイトに掲載の参加申込書に必要事項を記載し、電子メール又はFAXでお申込みください。
     http://kyushu.env.go.jp/to_2019/7.html  
    <申込み期限>
     令和元年10月1日(火)17時
    <問合せ、申込み先>
     九州地方環境事務所環境対策課(担当:黒田・大嶋)
     メール:
     電話: 096-322-2411  FAX: 096-322-2446


    ■留意事項:
     本カンファレンスはペーパーレスで実施いたします。講演資料の配付はいたしません。
     講演資料は10月1日をめどに以下のページに掲載いたしますので事前にご準備の上ご来場ください。
     http://kyushu.env.go.jp/to_2019/7.html

    カーボンプライシング

  • 【長崎】ながさきエコライフ・フェスタ2019

    EPO九州も後援として携わっております、「ながさきエコライフ・フェスタ2019」が長崎県の長崎水辺の森公園・三角広場で開催されます。
    同時開催で長崎で作られた旬の農水産物に出会える「ながさき実り・恵みの感謝祭2019」も催されます。
    ぜひ、皆様、足をお運びください!

    ながさきエコライフ・フェスタ2019

    「だれでも」「いつでも」「簡単に」実践できる市民のエコ行動を推進するため、身近なエコ行動を提案し、気軽に楽しめる環境イベント「ながさきエコライフ・フェスタ2019」を開催します!
    本年度は開催から10年目という節目の年になり、昨年度に引き続き、2日間開催するとともに、食のイベント「ながさき実り・恵みの感謝祭2019」と初の同会場(長崎水辺の森公園)での同時開催を行います!
    また、「ながさきエコライフ・フェスタ2019」の一角として、三角広場で「エコカー展示」等も実施します。
    ぜひお越しください。
    なお、11月30日(土曜日)から12月6日(金曜日)までの1週間を「ながさきエコライフ・ウィーク」とし、家庭や職場、学校などさまざまな場所で、普段の生活の中で身近にできる地球温暖化対策に取り組んでいただく期間を設けます。
    ぜひ積極的にエコ行動を実践してください!

    日時

    令和元年11月30日(土曜日)、12月1日(日曜日)午前10時~午後4時(小雨決行)

    場所

    長崎水辺の森公園、三角広場(長崎市常盤町)
    ※専用駐車場はございませんので、公共交通機関でお越しください。

    内容

    ステージイベント

    11月30日(土曜日)
    • (10時00分) 開会式(環境ポスター展及び環境活動表彰式など)
    • (11時00分) オープニングミュージック
    • (11時15分、14時00分)MilkShake(ミルクセーキ)エコステージ
    • (11時45分、15時30分) 「ながさき実り・恵みの感謝祭」によるお楽しみ抽選会
    • (12時30分)龍踊ステージ
    • (13時00分)大声大会(上位者にプレゼントあり)
    • (13時30分)みかん詰め放題
    • (14時30分)エコライフミュージック&ダンス

    12月1日(日曜日)
    • (10時00分) サステナな○×クイズ大会&ゆるキャラ大集合 (正解者にプレゼントあり)
    • (11時00分、15時00分) 「はなかっぱ」キャラクターショー
    • (11時30分、15時30分)  「ながさき実り・恵みの感謝祭」によるお楽しみ抽選会
    • (12時00分)エコライフミュージック
    • (12時30分)長崎県地球温暖化防止活動推進員によるエコ寸劇 
    • (13時00分)新米すくい取り
    • (14時00分)リユース品抽選会 [受付]10時30分~13時30分
    • (14時30分)エコライフダンス 

    ばってんリサイクルゾーン

    • 1日100店舗のガレージセール (フリーマーケット) ※出店者の募集は終了しています。

    中央テント

    • エコバッグのかえっこ ※ご自宅にある不用になったエコバッグをお持ちください!
    • SDGsエコさがしラリー(会場に散らばった「SDGs」を探そう!(1日につき200名まで、参加賞あり))

    いきものゾーン

    • ペンギンの来場!(30日10時~12時のみ)
    • 海のいきものタッチング 
    • いきものの観察コーナー(ホタルの幼虫、カエル など)

    エコカー展示&ソーラーボート乗船

    • 各メーカーの環境に配慮した車の展示
    • 緊急車両の展示、乗車体験
    • ソーラーボートの試乗会(通常1,800円→500円!)

    ガラポン抽選会

    『ながさきエコライフ・フェスタ』会場本部(長崎水辺の森公園)、『ながさき実り・恵みの感謝祭』会場本部(長崎水辺の森公園)、『エコカー展示&ソーラーボート乗船』会場(三角広場)で3種類のスタンプをもらい、<ガラポン抽選会>にご参加ください!
    ※抽選会は11月30日(土曜日)、12月1日(日曜日)に『ながさきエコライフ・フェスタ』会場本部で行います。
    ※景品がなくなり次第終了します。

    その他

    • エコクイズラリー (参加賞あり) [受付] 11時~、14時~
    • ミニ電車[運行時間]11時00分~12時00分、12時30分~13時30分、14時00分~15時00分 (雨天中止)
    • フードドライブ ※ご家庭で眠っている“もったいない”食品をお持ちください!
    • 資源物回収受付 ※ご家庭で不用になった小型家電(縦10センチ、横25センチの搬入口に入る大きさのもの)、古着を回収します。

     

    お問い合わせ先

    長崎市環境部 環境政策課
    電話番号:095-829-1156
    ファックス番号:095-829-1218
    住所:長崎市桜町6-3(別館4階)

  • 【開催報告】平成29年度 協働取組フォーラム

    kyodo forum2017 1

    平成29年12月14日(木)、福岡市中央区にて「平成29年度協働取組フォーラム」を開催しました。

    環境省では、環境教育等促進法に基づく協働取組を推進していくために、平成25年度より地域活性化に向けた協働取組加速化事業を行っています。今回のフォーラムは5カ年のモデル事業の成果をふまえて、協働取組を実践した団体、行政担当者による、ノウハウの共有や、政策提案・支援のあり方について意見交換を行うことを目的としています。

    フォーラムでは、九州・沖縄地域の5つの特徴的な協働取組が、活動団体と行政担当者からのコメントと共に紹介されました。

    それぞれ「ネットワーク型政策協働の取組」「未利用資源活用型政策協働の取組」「マルチステークホルダー型政策協働の取組」として、3つのタイプに分けてセッションを展開しました。

    3名のアドバイザーからは、各取組に対し様々な意見交換や質問がなされ、参加者にたくさんの新しい気づきが生まれたフォーラムとなりました。

    今後もそれぞれの地域で生まれた取組が、多様なステークホルダーにより継続され、大きな波となって展開していくことと思います。

     

    ■日時   平成29年12月14日(木)14:00~17:00
    ■会場 久留米大学福岡サテライト 会議室
        (福岡県福岡市中央区天神1-4-2 エルガーラオフィス6階)


    ■セッション1 ネットワーク型政策協働の取組
     ・NPO法人グリーンシティ福岡  × 福岡県広域地域振興課
     ・NPO法人くすの木自然館    × 鹿児島県霧島市環境衛生課
    ■セッション2 未利用資源活用型政策協働の取組
     ・一般社団法人小浜温泉エネルギー   × 長崎県雲仙市環境政策課
     ・NPO法人筑後川流域連携倶楽部   × 久留米市新産業創出支援課
    ■セッション3 マルチステークホルダー型政策協働の取組
     ・NPO法人おきなわグリーンネットワーク × 沖縄県営農支援課

     

    パネルディスカッションでは、3名のアドバイザーから「政策協働の勘所」として下記のようなご意見が挙がりました。

    ・得意分野を活かす、信頼関係を築く
    ・もう一歩「川上」のことを話しあう
    ・ソーシャルキャピタルのプラットフォーム

     

    また、会場の参加者の皆様からは下記のような「政策協働の勘所」が寄せられました。
    ・実際に地域を歩いてみること
    ・楽しむ
    ・進化+協働
    ・お互いを認める余裕を持ち、持続可能な関係づくり
    ・思いを形に各々のスキルをシンプルに合体
    ・「行政のやって欲しいこと」が好きな人を見つけてつなげる!!
    ・民間にとって継続の動機は「利益」を明確にできること。
    ・ミッション
    ・独りよがりでない共有可能な課題の設定
    ・相談→共有できる解決策・課題、明確化・共有→ゆるい協働からスタート、情報の共有
    ・庁内の情報共有(行政の協働)
    ・課題の共有、行政が取り組む理屈づけ
    ・共通の目標、ビジョンの共有
    ・共有(情報・課題・地域の思い)

     

    kyodo forum2017 1

     

    kyodo forum2017 1

     

    kyodo forum2017 1

  • 【開催情報】地域と再生可能エネルギーに関するセミナー

    「地域と再生可能エネルギー」をテーマにしたセミナーが福岡市にて開催されます。
    皆様、ぜひご参加ください。

    「地域と再生可能エネルギーに関するセミナー」の開催について

    農山漁村に再生可能エネルギーを導入することは、従来未利用となっていた土地、水、バイオマス等の資源に新たな価値を生む他、地域内に経済循環を生み出すことで、地域の自立、農林漁業の課題解決を図ることが可能となります。
    また、近年ではSDGsの考えに基づく世界的な脱炭素社会への移行等も踏まえ、より積極的な再生可能エネルギーの活用推進が求められています。

    こうした状況を踏まえ、再生可能エネルギーの導入、持続可能な循環共生型社会の構築などに関連する施策や、再生可能エネルギーの導入による地域活性化の取組事例について情報提供を行い、「地域と再生可能エネルギー」の方向性について考えていただくことを目的として、セミナーを開催します。

    バイオマス
    ■日時:令和元年11月7日(木曜日)13時30分~16時00分  ※13時00分から受付を開始します。

    ■開催場所:九経交流プラザ大会議室(福岡市博多区博多駅東2丁目11-1 福岡合同庁舎 本館1階

    ■主催:農林水産省食料産業局バイオマス循環資源課、環境省、九州地域バイオマス関係連絡会議

    ■参集範囲、定員

     ・参集範囲:県、市町村、農林漁業者(団体)、再生可能エネルギー関連事業者(団体)

     ・定員:60名程度(参加費は無料)

    ■内容

     (1) 情報提供(農林水産省・環境省)

    • 農山漁村再生可能エネルギー法基本方針の見直しについて

    • 地域循環共生圏の構築について

    • 令和2年度再生可能エネルギー関連予算概算要求の概要について

    (2) 講演(事例紹介)

    • 「唐津市の再生可能エネルギー導入の取り組みについて」

        講演者:唐津市役所 政策部市政戦略課 新エネルギー対策係   係長    小田 信也   氏

    • 「バイオマス発電事業による森林再生と持続可能な地域づくりへの貢献について」

        講演者:株式会社グリーン発電大分   代表取締役社長    石田 博   氏

    ■申込方法

    本説明会への参加を希望される方は、事前の申込みが必要です。以下のアドレスから参加申込フォームに必要事項を入力の上、10月31日(木曜日)までにお申し込みください。

    ※直接、電話での申込みについてはご遠慮願います。

     

    詳細につきましては、下記のページからご確認ください。
    http://www.maff.go.jp/kyusyu/syokuryou/saiene_seminar.html

     

    ■お問合せ先

    経営・事業支援部 食品企業課

    担当:再生可能エネルギー推進係

    TEL:096-300-6330

    FAX番号:096-211-9825

  • 【開催案内】小浜温泉発電プロジェクト10周年 記念講演会「小浜温泉の地学的背景」

    長崎県雲仙市において、下記の通り講演会が開催されます。

    地熱、温泉熱、地域エネルギーなどにご関心のある方は、ぜひご参加ください。



     長崎大学と小浜温泉,産学官が連携してスタートした未利用温泉水による温泉発電プロジェクトは,着手から10年が経過しました。この間,2011年東北地方太平洋沖地震の原発事故を受け国内の再生可能エネルギー導入に向けた動きが活発化,小浜温泉では全国に先駆けて温泉バイナリー発電が稼働を始めました。このプロジェクト開始10年を記念し,雲仙火山のホームドクターであり,また島原半島の温泉研究の第一人者でもある九州大学名誉教授の太田一也先生をお招きし,プロジェクトの原点ともいえる国内屈指の豊富な湯量と熱量を誇る小浜温泉の地学的背景をテーマに講演していただきます。また同時開催として,小浜温泉発電プロジェクト10年のあゆみをパネル・写真展示により振り返ります。

    (1)日時:2018年3月18日(日)14:00-16:10(13:30開場)

       開会14:00記念講演14:30-16:10(※休憩・質疑含む)

       【同時開催(13:30-17:00)】

        ~パネル・写真展示~「小浜温泉発電プロジェクト10年のあゆみ」

    (2)講師:太田一也 九州大学名誉教授(元九州大学理学部附属島原地震火山観測所長)

       主催:長崎大学、共催:小浜温泉エネルギー活用推進協議会

    (3)開催場所:雲仙Eキャンレッジ交流センター(雲仙市小浜町北本町862-2島鉄バス小浜バスターミナル2階)

       駐車場:夕日の広場駐車場

      ※駐車場受付にて,講演会参加の旨をお申し出ください。(無料,但し台数制限有)

    (4)参加方法:以下のお問合せ先にお申込みください。

    ※ 当日の参加も可能ですが、会場準備のためできるだけ事前申し込みをお願いいたします。

    (5)お問合せ・お申込先:

     長崎大学環境科学部総務班(担当:冨工)Tel 095-819-2713/ E-mail

     雲仙Eキャンレッジ交流センター(担当:佐々木)Tel0957-74-3345/ E-mail

     

    2018 3 18小浜講演会チラシ 001

  • 【開催終了】地球環境基金助成金説明会 鹿児島会場

    鹿児島県で開催される2020年度地球環境基金の助成金説明会がいよいよ本日開催となりました!
    日頃、環境保全活動を実践している団体や環境問題などに意識的に動かれている方には、助成金について詳しく知るチャンスです!
    当日は、今注目の「SDGs(持続可能な開発目標)」や鹿児島県での環境活動をされている団体のお話、活動計画の立て方など、
    充実した内容を聞くことができます。
    また、ご自身の団体の活動に関する個別相談会も承ります。

    s 地球環境基金 NEW pages to jpg 0001

    詳細は、下記ページをご確認ください。
    https://epo-kyushu.jp/epo-topix/news-of-epo-kyushu/1371-2020.html

    ご予約は、下記フォームから可能です。
    https://forms.gle/3XqGEz52SZUCpp4H8

    ぜひ、この機会にぜひご参加ください。

     

    ■お問合せ
    九州地方環境パートナーシップオフィス(EPO九州)
    TEL:096-312-1884 FAX:096-312-1894

    主催:独立行政法人 環境再生保全機構 地球環境基金部
    協力:九州地方環境パートナーシップオフィス(EPO九州)
           一般社団法人 九州環境地域づくり

  • EPO九州 メールマガジン 「えぽねっと九州」vol.114

    ESDあるある#
    異なる見方や意見から広がる新しい可能性
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     九州・沖縄のタイムリーな環境情報をお届けする
                    「EPOねっと九州」vol.114

    ◇今月のPICK UP!
    ◆宮崎県の高校生が子ども用木製おもちゃを市に贈呈(ESD拠点支援事業)
    ◆国立公園「雲仙」と島原半島世界ジオパーク ~雲仙岳の秘めたるパワー~
    のホームページ掲載について(お知らせ)
    ◆「第2回全国ユース環境活動発表大会」開催結果について

    ◇EPO九州より
    いよいよ桜の季節。熊本地震で被害を受けた熊本城では、桜並木の行幸坂が
    特別に一般公開されています。熊本城周辺は、毎年多くの花見客でにぎわっていた
    ため、今年はどうなるのかと心配していましたが、特別公開されとてもうれしいです。
    また、桜と人のにぎわいによって、地域がもっと元気になればと思います。

    さて、本年度は本号が最後となります。
    EPO九州は今後も地域の環境団体の活動サポートをとおして、引き続き地域づくり
    に貢献してまいります。次年度もどうぞよろしくお願いいたします。

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    発行日:平成29年 3月28日
    発 行:九州環境パートナーシップオフィス EPO九州
    URL:http://epo-kyushu.jp   E-mail:
    Facebook:http://www.facebook.com/epokyushu
    協 力:環境省 九州地方環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/
        環境省 九州・沖縄管内ビジターセンター 他
    -------------------------------------------------------------

    【もくじ】
    ■EPO九州からのご案内
    □ 宮崎県の高校生が子ども用木製おもちゃを市に贈呈(ESD拠点支援事業)
    □ 2017九州環境教育ミーティングin九十九島 開催報告

    ■九州地方環境事務所からのご案内
    <九州地方環境事務所からのお知らせ>
    □ 国立公園「雲仙」と島原半島世界ジオパーク ~雲仙岳の秘めたるパワー~
    のホームページ掲載について(お知らせ)

    <環境省本省からのお知らせ>
    □ 34カ所目となる国立公園「奄美群島国立公園」が誕生
    □ 「第2回全国ユース環境活動発表大会」開催結果について
    □ 各種調査結果の公表について






    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃EPO九州からのご案内
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □ 宮崎県の高校生が子ども用木製おもちゃを市に贈呈(ESD拠点支援事業)

    平成29年4月にオープン予定の宮崎県日南市子育て支援センター「ことこと」。その
    開設にあたり、市では市のシンボル飫肥杉(おびすぎ)の利活用促進と木育の
    推進による子育て支援に取組んでいます。
    そのような中で、施設に置く“木製おもちゃ”を高校生が提案する「高校生木育
    デザイン・プロジェクト」が発足し、県内の高校生が挑みました。

    詳細はこちら
    http://epo-kyushu.jp/epo-topix/environment-partnership/esd-promotion-business/992-esd-8.html


    ________________________________

    □ 2017九州環境教育ミーティングin九十九島 開催報告

    「九州環境教育ミーティング」は、九州において環境教育、環境保全、地域づくりに
    関心のある個人・団体の経験交流・出会いの場として、毎年3月に開催しており今年
    で21回目を迎えました。今回の舞台である佐世保市の歴史的特徴や九十九島周辺
    の自然の恵みなどをテーマとしたそれぞれの分科会をとおして、環境教育への
    理解を深め、様々な団体や個人と交流しました。
    EPO九州は第7分科会「ユースがつながる、ひろがる、高めあうエコ・アクション!」
    を担当。ESDの視点から、学生・ユースの環境団体が活動発表を通じた情報共有・
    意見交換する場を設けました。

    当日の様子はこちら
    http://epo-kyushu.jp/epo-topix/environment-partnership/esd-promotion-business/989-2017-in.html


    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃九州地方環境事務所からのご案内
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    <九州地方環境事務所からのお知らせ>━━━━━━
    □ 国立公園「雲仙」と島原半島世界ジオパーク ~雲仙岳の秘めたるパワー~
    のホームページ掲載について(お知らせ)

     長崎県、島原半島の中央部に位置する雲仙岳は、様々な方角、場所から眺める
    事のできる山です。島原半島が3方を海に囲まれているため、山麓から・海を越え
    て・更に陸を越えて、様々な眺めを楽しむことができます。その「水陸の大展望」が
    評価され、雲仙地域は昭和9年3月16日に日本初の国立公園に指定されました。
    また、平成21年8月22日には日本初の世界ジオパークにも認定されています。
     【国立公園「雲仙」と島原半島世界ジオパーク~雲仙岳の秘めたるパワー~】
    では、雲仙岳の火山活動・生物多様性・美しい自然・食文化・歴史・伝承等、これ
    まであまり知られていなかったことも含め、様々な角度から雲仙岳を紹介しています。

     以下のリンクより、ぜひ、ご覧ください。
     http://www.env.go.jp/park/unzen/data/index.html

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://kyushu.env.go.jp/to_2017/post_87.html


    <環境省本省からのお知らせ>━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    □ 34カ所目となる国立公園「奄美群島国立公園」が誕生

     平成29年3月7日(火)、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、喜界島、徳之島、
    沖永良部島及び与論島で構成される奄美群島が国内で34カ所目の国立公園「奄美
    群島国立公園」として、新たに指定されました。
     奄美群島は、国内最大規模の亜熱帯照葉樹林が広がり、大陸や日本本土との
    分離・結合を繰り返した島々の地史を背景に、アマミノクロウサギをはじめとする
    多種多様な固有で希少な動植物が生息・生育するとともに、世界有数の速度で今も
    隆起するサンゴ礁段丘、琉球石灰岩の海食崖やカルスト地形、世界的北限に位置
    するサンゴ礁のほか、マングローブや干潟など多様な自然環境を有する地域です。
     また、奄美群島国立公園に含まれる奄美大島及び徳之島は、昨年4月に公園
    区域の大規模拡張を行った西表石垣国立公園の西表島、昨年9月に新たにやん
    ばる国立公園として指定した沖縄島北部とともに、世界自然遺産候補地にもなって
    います。
     魅力あふれる「奄美群島国立公園」に、ぜひ、足を運んでみてはいかがでしょうか。

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://www.env.go.jp/press/103716.html

    ________________________________
    □ 「第2回全国ユース環境活動発表大会」開催結果について

     第2回全国ユース環境活動発表大会(主催:環境省、独立行政法人環境再生
    保全機構、国連大学サステイナビリティ高等研究所)を平成29年2月4日(土)~
    5日(日)に国連大学にて開催しました。
     特に優れた環境活動を行う高校生・大学生の発表に山本環境大臣より環境大臣
    賞が授与されましたので、お知らせします。
     九州・沖縄地域では、長崎県立諫早農業高等学校 食品科学部が環境大臣賞を
    受賞されました。

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://www.env.go.jp/press/103724.html

    ________________________________
    □ 各種調査結果の公表について

      環境省が実施している各種調査結果について以下のとおり公表しております
    ので、お知らせします。

     ■政府実行計画に基づく温室効果ガス総排出量削減の取組の実施結果(平成26年度)
    http://www.env.go.jp/press/103834.html
     ■平成26年度大気汚染物質排出量総合調査結果
    http://www.env.go.jp/press/103715.html
     ■平成27年度大気汚染防止法施行状況調査結果
    http://www.env.go.jp/press/103755.html
     ■平成27年度PRTRデータの概要等について -化学物質の排出量・移動量の
    集計結果等-
    http://www.env.go.jp/press/103698.html
     ■平成27年度海洋ごみ調査結果 http://www.env.go.jp/press/103845.html
     ■日本海沿岸地域等への廃ポリタンク等の漂着状況調査結果(平成27年度分)
     http://www.env.go.jp/press/103844.html
     ■平成27年度容器包装リサイクル法に基づく市町村の分別収集及び再商品化実績
    http://www.env.go.jp/press/103766.html
     ■平成28年度地中熱利用状況調査結果 http://www.env.go.jp/press/103827.html
     ■平成28年度電気事業分野における地球温暖化対策の進捗状況の評価結果
    http://www.env.go.jp/press/103850.html
     ■環境経済観測調査(環境短観)平成28年12月調査結果
    http://www.env.go.jp/press/103673.html
     ■平成28年熊本地震の被災地におけるアスベスト大気濃度調査(第4次)結果
     http://www.env.go.jp/press/103823.html







    ----------------------------------------------------------------
    当メルマガへの登録・退会は、
    http://epo-kyushu.jp/about/magazine.html
    もしくは、退会用URL: http://epo-kyushu.jp/xmailinglist/eponews/
    のフォームからお願いいたします。
    ----------------------------------------------------------------
    環境パートナーシップに関するご質問、当メルマガへのご意見、ご感想
    どうぞ!
    ----------------------------------------------------------------


    【発行】
    九州環境パートナーシップオフィス EPO九州
    〒860-0806 熊本市中央区花畑町4-18 熊本市国際交流会館2F
    http://epo-kyushu.jp
    E-mail:
    TEL:096-312-1884  FAX:096-312-1894
    開館日 火~土曜日(10:00~19:00)
    休業日 日・月曜日、祝日、年末年始。熊本市国際交流会館休館日。



    【リンク】
    九州地方環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/

    那覇自然環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/naha/

    国立公園 http://www.env.go.jp/park/

    地球環境基金の情報館 http://www.erca.go.jp/jfge/index.html

    地球環境パートナーシッププラザ http://www.geoc.jp/

    環境らしんばん http://www.geoc.jp/rashinban/

    九十九島ビジターセンター http://www.kujukushima-visitorcenter.jp/

    雲仙お山の情報館 http://unzenvc.com/

    平成新山ネイチャーセンター http://heiseinc.com/

    雲仙諏訪の池ビジターセンター http://suwanoikevc.web.fc2.com/

    長者原ビジターセンター  http://kyushu.env.go.jp/nature/tyojyabaru/

    阿蘇草原保全活動センター 草原学習館 http://aso-sougencenter.jp/

    南阿蘇ビジターセンター http://www.minamiaso-vc.go.jp/

    えびのエコミュージアムセンター http://www.ebino-ecomuseum.go.jp/

    重富海岸自然ふれあい館 なぎさミュージアム http://www.nagisa-museum.com/

    対馬野生生物保護センター http://kyushu.env.go.jp/twcc/
  • EPO九州 メールマガジン 「えぽねっと九州」vol.125

    中間支援あるある#
    アンテナを高く・広く、多彩な分野で幅広い情報収集を。
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     九州・沖縄のタイムリーな環境情報をお届けする
                    「EPOねっと九州」vol.125

    ◇地域拠点からの情報
    ◆ Pic up! 平成新山ネイチャーセンター
    ◆ 九十九島ビジターセンター
    ◆ 雲仙諏訪の池ビジターセンター
    ◆ 長者原ビジターセンター
    ◆ 漫湖水鳥・湿地センター
    ◆ 西表野生生物保護センター

    ◇EPO九州より
    秋風が例年より冷たく感じるこの頃です。
    台風18号も近づいています。進路・警報に注意しお過ごしください。
    天候の急変は活動に影響します。最新の気象情報を常に確認しましょう。

    【もくじ】
    ■EPO九州からのお知らせ
    □【参加報告】対馬市 第1回ESD教育人材育成事業研修会
    □【開催報告】Green Gift 地球元気プログラム in 熊本

    ■ビジターセンター等のご紹介
    □ Pic up! <平成新山ネイチャーセンター>

    <九十九島ビジターセンター>
    □ 九十九島の日メモリアル企画「九十九島ありがとう」
      第1部 特別講座『九十九島の自然のお話し会』
    □ 安満岳春日コーストレッキング

    <雲仙諏訪の池ビジターセンター>
    □ 星空観察会
    □ 諏訪の池で散歩

    <長者原ビジターセンター>
    □ もっと楽しい山歩き(登山教室)
    □ タデ原の自然観察会

    <漫湖水鳥・湿地センター>
    □ 特別企画展「漫湖水族館」
    □ 〜関連ワークショップ〜 「漫湖の魚類図鑑をつくろう!!」

    <西表野生生物保護センター>
    □ 動物愛護週間 ミニ講座

    ■九州地方環境事務所からのご案内
    □アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]を随時更新しています!

    ■関連情報
    □ 肥後の水とみどりの愛護基金「環境講座」の開催(参加費無料)
    「野生生物業務の取組、ラムサール条約の取組、阿蘇地域の希少動植物」
    □ 九州環境エネルギー産業推進機構(K-RIP)よりセミナーのご案内
    1.環境ビジネスアライアンスマッチングセミナー in 九州
    2.水素・燃料電池技術セミナー
    3.太陽光発電市場の未来と新たなビジネスチャンス

    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃EPO九州・ESD活動支援センターからのお知らせ
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □【参加報告】対馬市 第1回ESD教育人材育成事業研修会

     平成29年8月29日(火)、平成29年度第1回ESD教育人材育成
    事業研修会が長崎県対馬市にて開催され、当日は、対馬市北部の7つの
    小中学校の先生方が参加し、昨年度の実践内容の報告と今年度の活動内容
    の共有等が行われました。
     対馬には国の天然記念物に指定されているツシマヤマネコをはじめ、
    希少な動植物が多数生息していますが、そのような自然や動植物、文化、
    歴史をテーマとしたESD教育の取組が進められています。
    https://epo-kyushu.jp/epo-topix/news-of-epo-kyushu/1036-esd-3.html

    ________________________________
    □【開催報告】Green Gift 地球元気プログラム in 熊本

     平成29年9月10日(日)、NPO法人みずのとらベル隊の主催による体験プ
    ログラム「Eボートで川の観察ツアーと簡単な水質調査体験」が熊本県嘉
    島町で開催されました。会場は加勢川の河川敷にあるリバーパーク「鯰の
    学校」で、小学生とその保護者約20名が参加しました。

    Green Gift地球元気プログラム HP:
    http://www.tokiomarine-nichido.co.jp/world/greengift/internal_activity/


    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃ビジターセンター等からのお知らせ
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    Pic up!
    <平成新山ネイチャーセンター>━━━━━━━━━━━━━━━━━

     平成新山ネイチャーセンターの秋は、ハギのピンクとクズの紫に彩られ
    ます。マツムシやスズムシの声も聞かれ、市街地よりも冷たい風が吹き、
    季節が鮮明に感じられます。10月なかばになるとシマバライチゴの花も
    咲き始め、いよいよ自然も冬支度を始めます。
     静かに深まる秋を、ネイチャーセンターで感じてみてください。館内
    では遊歩道で見られる季節の植物の紹介も行っています。
     9月のイベントは「ジオガイドと歩く・小浜ヘルスツーリズム」
    10月は「眉山登山会」を予定しています。

    ■平成新山ネイチャーセンター
    〒855-0077 長崎県島原市南千本木町甲2683
    TEL 0957-63-6752 FAX 0957-63-6753
    http://heiseinc.com/


    <九十九島ビジターセンター>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    □ 九十九島の日メモリアル企画「九十九島ありがとう」
      第1部 特別講座『九十九島の自然のお話し会』
    ■日 時 9月19日(火)13:00〜14:00
    ■場 所 九十九島ビジターセンター
    ■講 師 川内野善治氏(ふるさと自然の会 会長)
    ■参加費 無料
    ■対 象 どなたでも
    ※事前申込み不要

    □ 安満岳春日コーストレッキング
    安満岳の登山口から山頂まで登り、下山は春日の潜伏キリシタンが通った
    ちょっとハードな古道を歩きます。
    ■日  時 10月21日(土)9:00〜16:15
    ■集合場所 安満岳登山口駐車場
    ■参 加 費 300円/人
    ■対  象 高校生以上
    ■定  員 20名
    ■募集締切 10月6日(金)

    ■お問合せ 九十九島ビジターセンター
    TEL 0956-28-7919
    http://www.kujukushima-visitorcenter.jp/


    <雲仙諏訪の池ビジターセンター>━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □ 星空観察会
    ■日 程 毎週土曜日の晴天時
         9月17日(日)10月8日(日)の晴天時
    ■時 間 19:30〜21:30
         ※雨天・曇天・雷の場合中止
    ■参加費 無料
    ■対 象 どなたでも
    ■予 約 不要(21:00までに受付をすませてください)

    □ 諏訪の池で散歩
     ビジターセンター周辺の林や諏訪の池周辺でスタッフと一緒に、
    いろんな自然を楽しみながらゆっくりと散歩しませんか?

    ■日 程 9月17日(日)・24日(日)・30日(土)
         10月1日(日)・7日(土)・8日(日)・15日(日)
         21日(土)28日(土)
         ※雨天中止
    ■時 間 9:30〜16:00の好きな時間(※受付は15:00まで)
    ■コース 30分、60分の好きなコースをお選びください
    ■参加費 無料
    ■定 員 1回1グループ 2名より実施
         (10名以上は、事前申し込み)
    ■申 込 スタッフ駐在中は、随時開催しています。
         カウンターで直接お申し込み下さい。
     ※団体が入っている場合は、お断りすることがあります。事前予約が確実です。

    ■お問合せ 雲仙諏訪の池ビジターセンター
    TEL 0957-76-5010
    http://suwanoikevc.web.fc2.com/


    <長者原ビジターセンター>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    □ もっと楽しい山歩き(登山教室)
     好評の初心者向け登山教室、今年最終回のテーマは「地形図の読み方と
    楽しみ?」。1時間程度の机上講座のあと、地図を見ながら指山自然観察
    路を歩く予定です。参加者にはちょっとした記念品も準備しています。
    登山初心者の方も、ココから始めてみませんか?
     ■主 催 長者原ビジターセンター(くじゅう地区管理運営協議会)
     ■協 力 特定非営利活動法人くじゅうネイチャーガイドクラブ
     ■日 時 9月30日(土)10:00〜15:00
     ■受 付 9:30〜9:50 長者原ビジターセンターにて
     ■定 員 20名(小学校高学年以上)
          ※定員に達し次第締め切ります。
     ■参加費 1人1500円(資料代・保険料込み)
     ■持ち物 申し込み時にご確認ください。

    □ タデ原の自然観察会
     秋のタデ原を風に吹かれながらのんびり歩きませんか。ラムサール条約
    登録湿地・タデ原から森林に続く木道を、ボランティアガイドの方と一緒
    に、草花やくじゅうの歴史・文化などいろいろな話をしながら約2時間か
    けて歩きます。年間700人以上の参加者がいる、人気のイベントです。
    ■主 催 九重の自然を守る会・長者原ビジターセンター
    ■日 時 9月17日(日)、18日(月祝)、23日(土祝)、
         24日(日)10月1日(日)、8日(日)、9日(月祝)
         15日(日)、22日(日)
         いずれも10:00〜12:00
    ■受 付 10:00までに受付にお越しください。
         個人参加の場合、予約は不要です。
         団体参加の場合は事前にご相談ください。
    ■参加費 無料
    ■申し込み・お問合せ 長者原ビジターセンター
         TEL:0973-79-2154
         http://kyushu.env.go.jp/nature/tyojyabaru/


    <漫湖水鳥・湿地センター>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    □ 特別企画展「漫湖水族館」
     漫湖のお魚が湿地センターに大集合 !!今年も2週間限定でセンター
    1Fのスペースが小さな水族館に変身します。10円玉より小さなハゼから、
    ガーラやエーグワーなどのおいしい海のお魚まで、普段は見ることができ
    ない水の中の魚たちの様子をお楽しみください!!
    ■開催期間:平成29年9月9日(土)〜24日(日)
          開館時間内は自由に見学できます。
    ■費  用:無料

    □ 〜関連ワークショップ〜 「漫湖の魚類図鑑をつくろう!!」
    魚の採取方法から魚類検索図鑑を活用した魚の名前の調べ方(同定方法)
    記録用の撮影方法まで実践形式で学びます。最後はワークショップで学ん
    だことを活かして、みんなで漫湖だけのオリジナル魚類図鑑を作ります。
    ■開催日時:平成29年9月23日(土)10:00〜16:00(昼食時間有り)
    ■講  師:國島大河先生
         (琉球大学大学院生・日本学術振興会特別研究員)
    ■対  象:中学生以上〜一般(魚が好きな大人の方大歓迎)
    ■定  員:15名
    ■参 加 費:100円(保険料として)
    ■持 ち 物:帽子、動きやすい服装、長靴、筆記用具、、お弁当、飲み物
         (長靴は貸出し有り)
    ※10月は酉年関連企画展として、バードカービング展や講座を計画してい
    ます。詳細についてはHPでお知らせいたします。
    ※イベント日時や内容は天候や講師の都合等により一部変更や中止になる
    場合があります。
    ■お問合せ 漫湖水鳥・湿地センター
     Tel:098-840-5121
     http://www.manko-mizudori.net/


    <西表野生生物保護センター>━━━━━━━━━━━━━━━━

    □ 動物愛護週間 ミニ講座
    西表島の獣医さんに野生動物やペットの適正飼養についてお話しいただきます。
    ■開催日時:平成29年9月20日(水)夜
    ■開催場所:西表野生生物保護センター 視聴覚室
    ■定  員:20名程度
    ■費  用:無料
    ■持 ち 物:なし
    ■事前申込:不要、開催時間に直接センターへお越し下さい
    ■問合せ先:西表野生生物保護センター
          TEL 0980-85-5581(10時〜16時)
    本件の最新情報については、以下ホームページやブログで発信予定
     http://iwcc.a.la9.jp/
     http://iwcc2.seesaa.net/


    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃九州地方環境事務所からのご案内
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □ アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]を随時更新しています!

    アクティブ・レンジャーとは、自然保護官の補佐役として、国立公園等
    のパトロール、調査、利用者指導、自然解説などの業務を担う環境省の
    職員です。管内には、瀬戸内海、西海、雲仙天草、阿蘇くじゅう、霧島
    錦江湾、屋久島、慶良間諸島、西表石垣、やんばる、奄美群島国立公園
    があります。

    アクティブ・レンジャー日記では、各国立公園での活動情報などを
    担当官が紹介しています。最新の掲載記事は次のとおりです。
    http://kyushu.env.go.jp/blog/index.html

    ※随時更新されています。過去の記事は上記ウェブサイトにアクセス
    していただき、ページ右側のカレンダー等から閲覧することができます。

    ■「クリーン阿蘇」公園のゴミ拾いを行いました!【阿蘇地域】
    (阿蘇くじゅう)
    ■仁田峠にて。 【雲仙地域】(雲仙天草)
    ■お散歩観察会ダイジェスト〜春・夏編〜(やんばる)
    ■「重富なぎさミュージアム」来館者数3万人突破!(霧島・錦江湾)
    ■根子岳登山道ルート点検【阿蘇地域】(阿蘇くじゅう)
    ■五島の夏休み企画パート?:ぼくたちわたしたち「福江川探索隊」
    (西海)
    ■今年も実施しました人工島オオヒキガエル捕獲活動【石垣地域】
    (西表石垣)
    ■「ヘビと仲良くなろう!」イベントを開催しました(やんばる)
    ■アクティブレンジャーってどんな仕事? in 対馬(対馬)
    ■雲仙のミヤマキリシマを守る。【雲仙地域】(雲仙天草)
    ■霧島山モンテフェス2017!! 【霧島地域】(霧島・錦江湾)
    ■五島の夏休み企画パート?:鐙瀬溶岩海岸の生きものさがし(西海)
    ■今年のくじゅう子どもパークレンジャーは「草原体験学習」
    【くじゅう地域】(阿蘇くじゅう)
    ■オオハンゴンソウ駆除活動(阿蘇くじゅう)

    アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]トップページ
    http://kyushu.env.go.jp/blog/index.html


    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃関連情報
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □ 肥後の水とみどりの愛護基金「環境講座」の開催(参加費無料)

     公益財団法人 肥後の水とみどりの愛護基金では、環境省九州地方環境
    事務所と連携し、主に阿蘇がテーマの「環境講座」を開催しております。

    ■第2回:テーマ
    「野生生物業務の取組、ラムサール条約の取組、阿蘇地域の希少動植物」
    講師:鑪 雅哉氏(野生生物課長)
       古賀 いずみ氏(自然保護官補佐・アクティブレンジャー)

    ■日 時 平成29年10月6日(金)13:30−15:00
    ■場 所 肥後の里山ギャラリー(肥後銀行本店1階RKK通り側)
    ■申込・問合せ先:公益財団法人 肥後の水とみどりの愛護基金
     TEL096-351-3882、096-351-3885
     e-mail:
     http://www.mizutomidori.jp/

    ________________________________
    □ 九州環境エネルギー産業推進機構(K-RIP)よりセミナーのご案内

    1.環境ビジネスアライアンスマッチングセミナー in 九州

    全国各地の経済産業局等により構成された運営協議会によるセミナーです。
    環境分野で優れた商品や技術を持つ全国各地から参加する企業が、九州
    域内企業との連携を目的として、自社事業(商品・技術・システム等)
    のプレゼンテーションを行うほか、隣接する会場にて商談会を実施しま
    す。
    ■日 時 平成29年10月12日(木)
         企業プレゼン:13:10〜14:40、商談:14:45〜17:00まで
    ■場 所 エコテクノ2017会場内 セミナー会場A
         (北九州市小倉北区浅野3丁目8-1)
    ■主 催 環境ビジネスアライアンスマッチングセミナー運営協議会
    ■申込・問合せ先:九州環境エネルギー産業推進機構(K-RIP)
     統括マネージャー 嶋田
     e-mail:
     TEL 092-474-0042 FAX 092-472-6609
    詳細は、http://www.k-rip.gr.jp/news/?p=9362


    2.水素・燃料電池技術セミナー

    究極のクリーンエネルギーである水素を広く活用する水素社会の早期到来
    に向けて、「エコテクノ2017」会場内にて、「水素・燃料電池技術
    セミナー」を開催します。
    本セミナーでは、最新の政策・市場動向に関する情報とともに、地域企業
    による水素・燃料電池分野への先進的な挑戦事例を紹介し、同分野の大き
    な可能性について展望します。

    ■日 時 平成29年10月13日(金)
    ■場 所 エコテクノ2017会場内 セミナー会場A
    ■主 催 九州経済産業局
         (一財)九州地域産業活性化センター
         九州環境エネルギー産業推進機構(K-RIP)
    ■申込・問合せ先:九州経済産業局 資源エネルギー環境課
     TEL 092-482-5499(担当:稲場、鶴丸)
    詳細は、http://www.k-rip.gr.jp/news/?p=9638

    3.太陽光発電市場の未来と新たなビジネスチャンス

    FIT法施行から5年。太陽光発電バブル、九電ショック、出力抑制、
    そしてFIT法の改正・・・。激しく揺れ動き続けた太陽光発電市場の
    行方と、そこから見えてくる新たなビジネスチャンス、市場の見通しに
    ついて、各分野の専門家が解説!

    ■日 時 平成29年10月4日(水) 13:30〜16:30 (受付13:00〜)
    ■場 所 博多バスターミナル 9階 大ホール
            (福岡市博多区博多駅中央街2-1)
    ■主 催 九州環境エネルギー産業推進機構(K-RIP)
    ■参加費 K-RIP正会員 無料 (非正会員:1万円/人)
    *参加費はセミナー当日、会場にて現金でお支払いください。
    ■申込・問合せ先:(公財)九州経済調査協会 調査研究部
     TEL 092-721-4905(担当:松嶋、藤井)
    詳細は、http://www.k-rip.gr.jp/news/?p=9613
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    【発 行】
    九州地方環境パートナーシップオフィス EPO九州
    https://epo-kyushu.jp    E-mail:

    九州地方ESD活動支援センター
    http://kyushu.esdcenter.jp  E-mail:

    〒860−0806 熊本市中央区花畑町4-18 熊本市国際交流会館2F
    TEL:096-312-1884  FAX:096-312-1894
    開所日 火〜土曜日(10:00〜19:00)
    休所日 日・月曜日、祝日、年末年始。熊本市国際交流会館休館日。



    【リンク】
    九州地方環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/

    那覇自然環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/naha/

    国立公園 http://www.env.go.jp/park/

    地球環境基金の情報館 http://www.erca.go.jp/jfge/index.html

    地球環境パートナーシッププラザ http://www.geoc.jp/

    環境らしんばん http://www.geoc.jp/rashinban/

    九十九島ビジターセンター http://www.kujukushima-visitorcenter.jp/

    雲仙お山の情報館 http://unzenvc.com/

    平成新山ネイチャーセンター http://heiseinc.com/

    雲仙諏訪の池ビジターセンター http://suwanoikevc.web.fc2.com/

    長者原ビジターセンター  http://kyushu.env.go.jp/nature/tyojyabaru/

    阿蘇草原保全活動センター 草原学習館 http://aso-sougencenter.jp/

    南阿蘇ビジターセンター http://www.minamiaso-vc.go.jp/

    えびのエコミュージアムセンター http://www.ebino-ecomuseum.go.jp/

    重富海岸自然ふれあい館 なぎさミュージアム http://www.nagisa-museum.com/

    対馬野生生物保護センター http://kyushu.env.go.jp/twcc/

    漫湖水鳥・湿地センター http://www.manko-mizudori.net/

    やんばる野生生物保護センター http://www.ufugi-yambaru.com/

    西表野生生物保護センター http://iwcc.a.la9.jp/

    ----------------------------------------------------------------
    当メルマガへの登録・退会は、
    http://epo-kyushu.jp/about/magazine.html
    もしくは、退会用URL: http://epo-kyushu.jp/xmailinglist/eponews/
    のフォームからお願いいたします。
    ----------------------------------------------------------------
    環境パートナーシップに関するご質問、当メルマガへのご意見、ご感想
    などがございましたらまでどうぞ!
    ----------------------------------------------------------------
  • EPO九州 メールマガジン 「えぽねっと九州」vol.126

    ESDあるある♯
    実りの秋。学びとつながりの継続が収穫をもたらす。
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     九州・沖縄のタイムリーな環境情報をお届けする
                    「EPOねっと九州」vol.126
    ◇今月のPICK UP!
    ◆開催案内 平成30年度 地球環境基金 助成金説明会(宮崎会場)
    ◆平成29年度「白書を読む会」(九州・沖縄地域)の開催
    ◆地球温暖化に関する九州カンファレンス公開セミナー開催(福岡)

    ◇EPO九州より
    10月4日は中秋の名月。しかし、満月は翌々日の10月6日です。
    "中秋の名月は満月とは限らない"ってご存知でしたか?
    旧暦にちなんだ歳時と、月の公転軌道をもとにした天文学的な
    月齢のずれが変化をもたらします。
    秋の夜長、月の満ち欠けを楽しむ余裕を持ちたいものです。
    (参考)
    国立天文台 http://www.nao.ac.jp/astro/sky/2017/10-topics02.html
     


    【もくじ】
    ■EPO九州・ESD活動支援センターからのお知らせ
    □【開催案内】平成30年度 地球環境基金 助成金説明会(宮崎会場)

    ■九州地方環境事務所からのご案内
    <九州地方環境事務所からのお知らせ>
    □ 平成29年度「白書を読む会」(九州・沖縄地域)の開催(参加者募集)
    □ 地球温暖化に関する九州カンファレンス公開セミナーを開催します
    □ 北九州港におけるヒアリの確認について
    □ 平成29年度全国自然歩道を歩こう月間「高森殿の杉と史跡等を訪ねて」
    のお知らせ
    □ 九州版の環境経済観測調査(平成29年6月)を公表します
    <那覇自然環境事務所からのお知らせ>
    □「第12回3R推進全国大会」開催について
    < 公募 >
    □ 平成29年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金等の公募について
    <環境省本省からのお知らせ>
    □ ヒアリ相談ダイヤルの開設について
    □ 各種調査結果の公表について

    ■関連情報
    □ J-クレジット制度説明会 in 北九州(エコテクノ2017)
    □ ながさきエコライフフェスタ2017
    □ 肥後の水とみどりの愛護基金「環境講座」の開催(参加費無料)
    「野生生物業務の取組、ラムサール条約の取組、阿蘇地域の希少動植物」
    □ 九州環境エネルギー産業推進機構(K-RIP)よりセミナーのご案内
    1.環境ビジネスアライアンスマッチングセミナー in 九州
    2.水素・燃料電池技術セミナー
    3.太陽光発電市場の未来と新たなビジネスチャンス

    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃EPO九州・ESD活動支援センターからのお知らせ
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □【開催案内】平成30年度 地球環境基金 助成金説明会(宮崎会場)

    地球環境基金では、環境保全活動を行う環境NGO・NPOへ資金の助成や活動
    の振興に必要な情報提供、調査研究、研修事業を行っています。
    九州・沖縄地域では宮崎で説明会を開催します。助成メニューの概要や
    要望書作成のポイント、活動計画のの立て方などの紹介を行います。
    環境活動の資金獲得に向けて、ぜひこの機会をご利用ください。

    ■日  時 11月8日(水)18:30〜20:30
    ■会  場 みやざきNPO・協働支援センター (KITEN 3F)
          (宮崎市錦町1番10号 TEL0985-74-7075)
    ■定  員 40名(参加無料、要事前申込み)
    ■対  象 NPO等の資金獲得に関心のある方(任意団体も可)
    ■主  催 独立行政法人 環境再生保全機構 地球環境基金部
    ■協  力 九州地方環境パートナーシップオフィス(EPO九州)
          (一社)九州環境地域づくり
    ■申込方法 下記URLから申込みフォームをダウンロードし、メールか
          FAXでお申し込みください。
               参加人数把握のため、事前の参加お申込みをお願いします。
           https://goo.gl/forms/xm1iKNBMGc4DSXQq1
    ■お問合せ EPO九州
          TEL:096-312-1884 FAX:096-312-1894
          メール:




    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃九州地方環境事務所からのご案内
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    <九州地方環境事務所からのお知らせ>━━━━━━━━━━━━━━
    □ 平成29年度「白書を読む会」(九州・沖縄地域)の開催(参加者募集)

    九州地方環境事務所では、北九州市及び北九州ESD協議会と共催(申請中)
    で、10月18日(水)14時から「北九州まなびとESDステーション」において
    「白書を読む会」を開催します。関心のある方はぜひご参加ください。

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://kyushu.env.go.jp/pre_2017/29hakusho.html
    ________________________________
    □ 地球温暖化に関する九州カンファレンス公開セミナーを開催します

    九州地方環境事務所では、福岡市地球温暖化防止市民協議会と共同で、
    10月22日(日)13時30分から福岡市役所において公開セミナーを開催しま
    すのでお知らせします(NHK福岡放送局「はっけんTV」で気象キャス
    ターを務める松井渉気象予報士による解説あり)。

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://kyushu.env.go.jp/pre_2017/post_71.html
    ________________________________
    □ 北九州港におけるヒアリの確認について

    環境省では、本年7月よりヒアリ確認地点及びヒアリ発見コンテナの陸
    揚げ港において、周辺2km程度に規模を拡大した調査を実施しています。
    そのうちの北九州港周辺の調査においてヒアリが確認されましたので、
    お知らせします。

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://kyushu.env.go.jp/pre_2017/post_70.html
    ________________________________
    □ 平成29年度全国自然歩道を歩こう月間「高森殿の杉と史跡等を訪ねて」
    のお知らせ

    環境省では、毎年10月を「全国・自然歩道を歩こう月間」としています。
    その一環として、阿蘇くじゅう国立公園管理事務所では、今年度は「高森
    殿の杉」や史跡等を散策し、高森町の歴史文化に親しむ機会を設けること
    としましたので、お知らせします。

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://kyushu.env.go.jp/pre_2017/29_3.html
    ________________________________
    □ 九州版の環境経済観測調査(平成29年6月)を公表します

    九州地方環境事務所では、全国的に実施されている「環境経済観測調査」
    の平成29年6月調査結果を活用し、九州地域(沖縄を含む。)の企業の
    環境ビジネス動向に特化した調査結果を取りまとめましたので、お知らせ
    します。

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://kyushu.env.go.jp/pre_2017/29_2.html

    <那覇自然環境事務所からのお知らせ>━━━━━━━━━━━━━━
    □「第12回3R推進全国大会」開催について

    ごみ減量・再資源化など3R推進に関する理解を深め、ごみゼロ社会の
    実現や循環型社会の形成に向けた取組をさらに推進することを目的に
    「第12回3R推進全国大会」開催します。
    関心のある方はぜひご参加ください。

    開催日時:平成29年10月24日(火)13:00〜16:50
    開催場所:沖縄コンベンションセンター(沖縄県宜野湾市真志喜4-3-1)
    主  催:環境省、九州地方環境事務所、沖縄県、3R活動推進フォーラム

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください(※後日掲載予定)。
     http://www.env.go.jp/press/index.html

    < 公募 >━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □ 平成29年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金等の公募について

    環境省では、平成29年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金等として
    複数の公募を受け付けておりますので、お知らせします。
    なお、公募締切までの期間が短いものもありますので、ご注意ください。

    (LED照明)http://www.env.go.jp/press/104560.html
    (上下水道システム)http://www.env.go.jp/press/104559.html
    (公共交通機関)http://www.env.go.jp/press/104537.html
    (CO2排出削減 技術開発・実証事業)http://www.env.go.jp/press/104540.html

    <環境省本省からのお知らせ>━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □ ヒアリ相談ダイヤルの開設について

    環境省では、国民の皆様への正確な情報発信及び不安の解消のため、
    ヒアリ相談ダイヤルを開設しましたのでお知らせします。

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://www.env.go.jp/press/104475.html
    ________________________________
    □ 各種調査結果の公表について

    環境省が実施している各種調査結果を以下のとおり公表しておりますので、お知らせします。

    ■PCB特別措置法に基づくPCB廃棄物の保管等の届出の全国集計結果(平成27年度)
     http://www.env.go.jp/press/104573.html
    ■大気中水銀バックグラウンド濃度等のモニタリング調査結果(平成28年度)
     http://www.env.go.jp/press/104568.html
    ■ゴルフ場で使用される農薬に係る水質調査結果(平成28年度)
     http://www.env.go.jp/press/104529.html
    ■2014年度及び2015年度の地球温暖化対策及び施策の進捗状況について
     http://www.env.go.jp/press/104484.html
    ■オゾン層等の監視結果に関する年次報告書(平成28年度)
     http://www.env.go.jp/press/104470.html



    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃関連情報
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □ J-クレジット制度説明会 in 北九州(エコテクノ2017)

    J−クレジット制度の概要や最新情報、支援策の紹介に加え、農業分野
    での創出事例や、新電力、リサイクル分野での活用事例を紹介します。
    省エネ設備の導入や、再生可能エネルギーの活用などをお考えの事業者様
    だけでなく、CSR・環境活動に関心のある事業者、地方自治体の皆様方
    にも関連の深い内容となっておりますので、是非ご参加下さい。

    ■日  時 10月13日(金)14:00〜16:00
    ■場  所 西日本総合展示場新館 セミナー会場B
         (北九州市小倉北区浅野3-8-1)
    ■定  員 100名(先着順)
    ■参 加 費 無料
    ■申し込み方法(詳細・講演内容等含む)
       http://www.eco-t.net/seminar.html?aLink=semi03
    ■お問合せ
    《委託事業者》環境テクノス株式会社 コンサルタント事業部
      担当:蓮井、岩本
     電話:093−883−0982 FAX:093−883−0701

    九州経済産業局 資源エネルギー環境部 環境・リサイクル課
     担当:久保、西
     電話:092−482−5544

    ________________________________
    □ ながさきエコライフフェスタ2017

    「だれでも」「いつでも」「かんたんに」実践できる市民のエコ行動
    を推進するため、身近なエコ行動を提案し、気軽に楽しめる環境イベント
    「ながさきエコライフ・フェスタ2017」を開催します。
    【イベントページ】
    http://www.city.nagasaki.lg.jp/shimin/170000/171000/p027568.html

    ■日  時 10月22日(日)10:00〜16:00
    ■場  所 長崎水辺の森公園(長崎市常盤町)
          ※専用の駐車場がありませんので、公共交通機関をご利用
           ください。
    ■主  催 ながさきエコライフ実行委員会
    ■後  援 九州地方環境事務所、EPO九州他
    ■お問合せ 長崎市 環境部 環境政策課 
          電話:095-829-1156 FAX:095-829-1218

    _______________________________ 
    □ 肥後の水とみどりの愛護基金「環境講座」の開催(参加費無料)

    公益財団法人 肥後の水とみどりの愛護基金では、環境省九州地方環境
    事務所と連携し、主に阿蘇がテーマの「環境講座」を開催しております。
     
    ■第2回:テーマ
    「野生生物業務の取組、ラムサール条約の取組、阿蘇地域の希少動植物」
    講師:鑪 雅哉氏(野生生物課長)
       古賀 いずみ氏(自然保護官補佐・アクティブレンジャー)

    ■日 時 平成29年10月6日(金)13:30−15:00
    ■場 所 肥後の里山ギャラリー(肥後銀行本店1階RKK通り側)
    ■申込・問合せ先 公益財団法人 肥後の水とみどりの愛護基金
         TEL096-351-3882、096-351-3885
         e-mail:
         http://www.mizutomidori.jp/

    ________________________________
    □ 九州環境エネルギー産業推進機構(K-RIP)よりセミナーのご案内

    1.環境ビジネスアライアンスマッチングセミナー in 九州

    全国各地の経済産業局等により構成された運営協議会によるセミナーです。
    環境分野で優れた商品や技術を持つ全国各地から参加する企業が、九州
    域内企業との連携を目的として、自社事業(商品・技術・システム等)
    のプレゼンテーションを行うほか隣接する会場にて商談会を実施します。

    ■日 時 平成29年10月12日(木)
         企業プレゼン:13:10〜14:40、商談:14:45〜17:00まで
    ■場 所 エコテクノ2017会場内 セミナー会場A
         (北九州市小倉北区浅野3丁目8-1)
    ■主 催 環境ビジネスアライアンスマッチングセミナー運営協議会
    ■申込・問合せ先 九州環境エネルギー産業推進機構(K-RIP)
             統括マネージャー 嶋田 
         e-mail:
         TEL 092-474-0042 FAX 092-472-6609
         詳細は、http://www.k-rip.gr.jp/news/?p=9362


    2.水素・燃料電池技術セミナー

    究極のクリーンエネルギーである水素を広く活用する水素社会の早期到来
    に向けて、「エコテクノ2017」会場内にて、「水素・燃料電池技術
    セミナー」を開催します。
    本セミナーでは、最新の政策・市場動向に関する情報とともに、地域企業
    による水素・燃料電池分野への先進的な挑戦事例を紹介し、同分野の大き
    な可能性について展望します。

    ■日 時 平成29年10月13日(金)
    ■場 所 エコテクノ2017会場内 セミナー会場A
    ■主 催 九州経済産業局
         (一財)九州地域産業活性化センター
         九州環境エネルギー産業推進機構(K-RIP)
    ■申込・問合せ先 九州経済産業局 資源エネルギー環境課
         TEL 092-482-5499(担当:稲場、鶴丸)
         詳細は、http://www.k-rip.gr.jp/news/?p=9638


    3.太陽光発電市場の未来と新たなビジネスチャンス

    FIT法施行から5年。太陽光発電バブル、九電ショック、出力抑制、
    そしてFIT法の改正・・・。激しく揺れ動き続けた太陽光発電市場の
    行方と、そこから見えてくる新たなビジネスチャンス、市場の見通しに
    ついて、各分野の専門家が解説!

    ■日 時 平成29年10月4日(水) 13:30〜16:30 (受付13:00〜)
    ■場 所 博多バスターミナル 9階 大ホール
            (福岡市博多区博多駅中央街2-1)
    ■主 催 九州環境エネルギー産業推進機構(K-RIP)
    ■参加費 K-RIP正会員 無料 (非正会員:1万円/人)
    *参加費はセミナー当日、会場にて現金でお支払いください。
    ■申込・問合せ先 (公財)九州経済調査協会 調査研究部
         TEL 092-721-4905(担当:松嶋、藤井)
         詳細は、http://www.k-rip.gr.jp/news/?p=9613

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    【発 行】
    九州地方環境パートナーシップオフィス EPO九州
    https://epo-kyushu.jp    E-mail:

    九州地方ESD活動支援センター
    http://kyushu.esdcenter.jp  E-mail:

    〒860−0806 熊本市中央区花畑町4-18 熊本市国際交流会館2F
    TEL:096-312-1884  FAX:096-312-1894
    開所日 火〜土曜日(10:00〜19:00)
    休所日 日・月曜日、祝日、年末年始。熊本市国際交流会館休館日。



    【リンク】
    九州地方環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/

    那覇自然環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/naha/

    国立公園 http://www.env.go.jp/park/

    地球環境基金の情報館 http://www.erca.go.jp/jfge/index.html

    地球環境パートナーシッププラザ http://www.geoc.jp/

    環境らしんばん http://www.geoc.jp/rashinban/

    九十九島ビジターセンター http://www.kujukushima-visitorcenter.jp/

    雲仙お山の情報館 http://unzenvc.com/

    平成新山ネイチャーセンター http://heiseinc.com/

    雲仙諏訪の池ビジターセンター http://suwanoikevc.web.fc2.com/

    長者原ビジターセンター  http://kyushu.env.go.jp/nature/tyojyabaru/

    阿蘇草原保全活動センター 草原学習館 http://aso-sougencenter.jp/

    南阿蘇ビジターセンター http://www.minamiaso-vc.go.jp/

    えびのエコミュージアムセンター http://www.ebino-ecomuseum.go.jp/

    重富海岸自然ふれあい館 なぎさミュージアム http://www.nagisa-museum.com/

    対馬野生生物保護センター http://kyushu.env.go.jp/twcc/

    漫湖水鳥・湿地センター http://www.manko-mizudori.net/

    やんばる野生生物保護センター http://www.ufugi-yambaru.com/

    西表野生生物保護センター http://iwcc.a.la9.jp/

    ----------------------------------------------------------------
    当メルマガへの登録・退会は、
    http://epo-kyushu.jp/about/magazine.html
    もしくは、退会用URL: http://epo-kyushu.jp/xmailinglist/eponews/
    のフォームからお願いいたします。
    ----------------------------------------------------------------
    環境パートナーシップに関するご質問、当メルマガへのご意見、ご感想
    などがございましたらまでどうぞ!
    ----------------------------------------------------------------
  • EPO九州 メールマガジン 「えぽねっと九州」vol.128

    中間支援あるある♯
    ステークホルダーと理解を深め、すそ野を広げる。
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     九州・沖縄のタイムリーな環境情報をお届けする
                    「EPOねっと九州」vol.128
    ◇今月のPICK UP!
    ◆「第3回 全国ユース環境活動発表大会」募集のお知らせ
    ◆開催案内 平成30年度 地球環境基金 助成金説明会(宮崎会場)
    ◆霧島山の登山道規制について

    ◇EPO九州より
    早いもので本年度も折り返し。
    取組みを振り返り、中間成果や課題を取りまとめる時期です。
    できたこと、できなかったことを棚卸して、事業後半に備えましょう。


    【もくじ】
    ■EPO九州・ESD活動支援センターからのお知らせ
    □「第3回 全国ユース環境活動発表大会」募集のお知らせ
    □【開催案内】平成30年度 地球環境基金 助成金説明会(宮崎会場)

    ■九州地方環境事務所からのご案内
    <九州地方環境事務所からのお知らせ>
    □対馬におけるカワウソ痕跡調査の結果について
    □霧島山の登山道規制について
    □えびの高原・えびのエコミュージアムセンター等の施設の開館状況に
    ついて
    □平成29年度 阿蘇の自然に親しむ集い 「参勤交代の道(石畳)を
    歩こう!」のお知らせ(11/12(日)開催)
    < 公募 >
    □平成29年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金等の公募について
    <環境省本省からのお知らせ>
    □北九州港におけるヒアリの確認について(続報)
    □長崎県壱岐市におけるツマアカスズメバチの確認について
    □平成29年度「ウォームビズ」について
    □水環境保全活動「こどもホタレンジャー2017」の参加団体募集について
    □(仮称)苓北風力発電事業に係る計画段階環境配慮書に対する環境大臣
    意見の提出について
    □各種調査結果の公表について

    ■関連情報
    □「地域エネルギーと水素の利活用セミナー」開催のお知らせ(唐津市)
    □木質バイオマス発電の最前線
     宮崎県の木質バイオマス視察研修ツアー


    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃EPO九州・ESD活動支援センターからのお知らせ
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □「第3回 全国ユース環境活動発表大会」募集のお知らせ

    「全国ユース環境活動発表大会」は、高校生の活動充実及び将来の活動
    ビジョン具体化を支援することを目的して、高校生の環境活動を全国
    から募集し、各地の選考を経た上で、その活動成果を発表する機会を提供
    するものです。特に優れた活動発表に対しては、環境大臣賞等の授与を
    行います。

    ■対  象 高校生の環境活動
    ■応募締切 2017年11月6日(月) 
    ■応募方法 独立行政法人 環境保全機構 地球環境基金部内
          全国ユース環境ネットワーク事務局HPをご覧ください。
          https://www.erca.go.jp/jfge/youth/form/
    ______________________________

    □【開催案内】平成30年度 地球環境基金 助成金説明会(宮崎会場)

    地球環境基金では、環境保全活動を行う環境NGO・NPOへ資金の助成や活動
    の振興に必要な情報提供、調査研究、研修事業を行っています。
    九州・沖縄地域では宮崎で説明会を開催します。助成メニューの概要や
    要望書作成のポイント、活動計画のの立て方などの紹介を行います。
    環境活動の資金獲得に向けて、ぜひこの機会をご利用ください。

    ■日  時 11月8日(水)18:30〜20:30
    ■会  場 みやざきNPO・協働支援センター (KITEN 3F)
          (宮崎市錦町1番10号 TEL0985-74-7075)
    ■定  員 40名(参加無料、要事前申込み)
    ■対  象 NPO等の資金獲得に関心のある方(任意団体も可)
    ■主  催 独立行政法人 環境再生保全機構 地球環境基金部
    ■協  力 九州地方環境パートナーシップオフィス(EPO九州)
          (一社)九州環境地域づくり
    ■申込方法 下記URLから申込みフォームをダウンロードし、メールか
          FAXでお申し込みください。
               参加人数把握のため、事前の参加お申込みをお願いします。
           https://goo.gl/forms/xm1iKNBMGc4DSXQq1
    ■お問合せ EPO九州
          TEL:096-312-1884 FAX:096-312-1894
          メール:
    _____________________________

    □ ESD推進ネットワーク全国フォーラム2017
     〜地域におけるESDのさらなる展開に向けて〜 開催のご案内

    ESDを広げ実践の質を高めていくために、昨年に引き続きESD推進ネット
    ワーク全国フォーラムを開催します。
    持続可能な地域づくりと人づくりにご関心を持つ、教育関係者、自治体
    関係者、NGO/NPO、公益法人等、企業、産業界、学生をはじめとする
    若者、メディア等、皆様のご参加をお待ちしております。

    ■日  時 平成29年11月24日(金) 13:00-18:00、25日(土) 9:30-13:00
    ■会  場 立教大学池袋キャンパス大刀洗記念館、5号館
          https://www.rikkyo.ac.jp/
    ■定  員 150名(参加無料)
    ■参加申込み専用フォーム(外部サイト)
          https://business.form-mailer.jp/fms/617d312e76814
    ■申込締切 11月13日(月)12時
    ■主  催  ESD活動支援センター、文部科学省、環境省 


    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃九州地方環境事務所からのご案内
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    <九州地方環境事務所からのお知らせ>━━━━━━━━━━━━
    □ 対馬におけるカワウソ痕跡調査の結果について

    本年2月に、琉球大学の調査により対馬市で生息が確認されたカワウソに
    ついて、環境省の調査によりユーラシアカワウソの糞6個、カワウソの
    足跡1個を発見し、対馬では少数の個体が生息していることが確認できた
    ので、お知らせします。

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://kyushu.env.go.jp/to_2017/post_106.html
    ______________________________
    □ 霧島山の登山道規制について

    霧島山(新燃岳)は登山道規制範囲が拡大されていますので、お知らせします。
    最新の登山道規制をご参照の上、引き続き火山情報に注意してください。

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://kyushu.env.go.jp/emergency/2017/10/post-26.html
    ______________________________
    □ えびの高原・えびのエコミュージアムセンター等の施設の開館状況に
    ついて

    えびの高原にある施設は火山ガスの検出状況により臨時閉鎖することが
    あります。気象台や宮崎県の提供する火山ガスに関する情報に注意して
    ください。

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://kyushu.env.go.jp/emergency/2017/10/post-25.html
    ______________________________
    □ 平成29年度 阿蘇の自然に親しむ集い 「参勤交代の道(石畳)を
    歩こう!」のお知らせ(11/12(日)開催)

    阿蘇くじゅう国立公園管理事務所では、「二重の峠の石畳」を散策し、
    また秋の野の花など自然とふれあう機会として自然に親しむ集いを
    開催します。ぜひご参加ください。

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://kyushu.env.go.jp/pre_2017/29_5.html

    < 公募 >━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □ 平成29年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金等の公募について

    環境省では、平成29年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金等として
    複数の公募を受け付けておりますので、お知らせします。
    なお、公募締切までの期間が短いものもありますので、ご注意ください。

    (業務用施設)http://www.env.go.jp/press/104719.html
    (グリーンボンド発行モデル)http://www.env.go.jp/press/104687.html
    (木材利用による業務用施設)http://www.env.go.jp/press/104670.html
    (廃棄物焼却施設)http://www.env.go.jp/press/104584.html

    <環境省本省からのお知らせ>━━━━━━━━━━━━━━━━
    □ 北九州港におけるヒアリの確認について(続報)

    北九州港の太刀浦第1コンテナターミナルにおいて、専門家による現地調
    査を10月19日に行ったところ、ヒアリが確認されたのでお知らせします。

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://www.env.go.jp/press/104729.html
    ______________________________
    □ 長崎県壱岐市におけるツマアカスズメバチの確認について

    壱岐市において、外来生物法で特定外来生物に指定されているツマアカ
    スズメバチが初めて確認されましたので、お知らせします。

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://www.env.go.jp/press/104637.html
    ______________________________
    □ 平成29年度「ウォームビズ」について

    環境省では、今年度も冬期の室温設定の適正化とその温度に適した取組を
    促す「ウォームビズ」(11月1日から3月31日まで)を推進します。
    皆様も取り組んでいただきますようお願いします。

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://www.env.go.jp/press/104681.html
    ______________________________
    □水環境保全活動「こどもホタレンジャー2017」参加団体募集について

    環境省では、今年も水辺のいきものの観察などを通じたこどもたちを中心
    とした水環境保全活動を広く公募し、優秀な取組を表彰する「こども
    ホタレンジャー」の参加団体を募集しますので、お知らせします。

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://www.env.go.jp/press/104676.html
    ______________________________
    □ (仮称)苓北風力発電事業に係る計画段階環境配慮書に対する環境大臣
    意見の提出について


    環境省は、熊本県で実施予定の「(仮称)苓北風力発電事業に係る計画
    段階環境配慮書」(株式会社レノバ)に対する環境大臣意見を経済産業
    大臣に提出しましたので、お知らせします。

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://www.env.go.jp/press/104673.html
    ______________________________
    □ 各種調査結果の公表について

    環境省が実施している各種調査結果を以下のとおり公表しておりますので
    お知らせします。

    ■日本沿岸地域等への廃ポリタンク等の漂着状況について(平成28年度分)
    http://www.env.go.jp/press/104401.html


    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃関連情報
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □「地域エネルギーと水素の利活用セミナー」開催のお知らせ(唐津市)

    唐津市では、「地域エネルギーと水素の利活用セミナー」を開催いたしま
    す。再生可能エネルギー導入による地産地消のエネルギー循環を目指し、
    脱化石燃料社会の実現に向けて取り組むとともに、エネルギーの切り口で
    地域の課題を地域で解決できる地域エネルギー創出の必要性を考えます。

    ■日  時 11月14日(水)13:30〜16:35
    ■場  所 大手口センタービル3階 多目的ホール
         (唐津市南城内1−1)
    ■参 加 費 無料(定員130名)
    ■申込締切 11月7日(火)まで
    ■主  催 九州経済産業局、佐賀県、唐津市、
          (一財)九州地域産業活性化センター
          九州環境エネルギー産業推進機構(K-RIP)
    ■申し込み 
          もしくはFAX:0955−72−9180
    ※申込み用紙は、唐津市ホームページからも可能
    http://www.city.karatsu.lg.jp/kikaku/sangyo/sangyo/energy/tiikiene.html

    ■お問合せ 唐津市役所 企画政策課 新エネルギー対策係
        担当:小田、生方、松永
        TEL:0955-72-9207 FAX:0955-72-9180
        E-mail:
    ______________________________
     
    □ 木質バイオマス発電の最前線
      宮崎県の木質バイオマス視察研修ツアー

    九州薪・木質ペレット活用協議会(KFWA)は、木質バイオマス事例の視察
    研修を、一般社団法人日本有機資源協会(JORA)と共催で実施します。

    ■期 日 平成29年11月29から12月1日開催
    ■費 用 詳細はWEB参照(会員割引価格あり)
    ■定 員  45名(但し、定員になり次第、締め切らせていただきます)

    お申し込み・詳細は、以下のサイトをご覧ください。
    https://goo.gl/uCuFZL

    ■お問合せ
    <視察先・内容に関するお問い合わせ>
    NPO法人九州バイオマスフォーラム 事務局 森本・中坊
     TEL:0967-22-1013  FAX:0967-22-1014  E-mail:
    <航空券・宿泊先・金額に関するお問い合わせ>
     山一観光 大津営業所 担当:松富・城野

     TEL:096-293-1334 FAX:096-293-127

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    【発 行】
    九州地方環境パートナーシップオフィス EPO九州
    https://epo-kyushu.jp    E-mail:

    九州地方ESD活動支援センター
    http://kyushu.esdcenter.jp  E-mail:

    〒860−0806 熊本市中央区花畑町4-18 熊本市国際交流会館2F
    TEL:096-312-1884  FAX:096-312-1894
    開所日 火〜土曜日(10:00〜19:00)
    休所日 日・月曜日、祝日、年末年始。熊本市国際交流会館休館日。



    【リンク】
    九州地方環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/

    那覇自然環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/naha/

    国立公園 http://www.env.go.jp/park/

    地球環境基金の情報館 http://www.erca.go.jp/jfge/index.html

    地球環境パートナーシッププラザ http://www.geoc.jp/

    環境らしんばん http://www.geoc.jp/rashinban/

    九十九島ビジターセンター http://www.kujukushima-visitorcenter.jp/

    雲仙お山の情報館 http://unzenvc.com/

    平成新山ネイチャーセンター http://heiseinc.com/

    雲仙諏訪の池ビジターセンター http://suwanoikevc.web.fc2.com/

    長者原ビジターセンター  http://kyushu.env.go.jp/nature/tyojyabaru/

    阿蘇草原保全活動センター 草原学習館 http://aso-sougencenter.jp/

    南阿蘇ビジターセンター http://www.minamiaso-vc.go.jp/

    えびのエコミュージアムセンター http://www.ebino-ecomuseum.go.jp/

    重富海岸自然ふれあい館 なぎさミュージアム http://www.nagisa-museum.com/

    対馬野生生物保護センター http://kyushu.env.go.jp/twcc/

    漫湖水鳥・湿地センター http://www.manko-mizudori.net/

    やんばる野生生物保護センター http://www.ufugi-yambaru.com/

    西表野生生物保護センター http://iwcc.a.la9.jp/

    ----------------------------------------------------------------
    当メルマガへの登録・退会は、
    http://epo-kyushu.jp/about/magazine.html
    もしくは、退会用URL: http://epo-kyushu.jp/xmailinglist/eponews/
    のフォームからお願いいたします。
    ----------------------------------------------------------------
    環境パートナーシップに関するご質問、当メルマガへのご意見、ご感想
    などがございましたらまでどうぞ!
    ----------------------------------------------------------------
  • EPO九州 メールマガジン 「えぽねっと九州」vol.129

    ESDあるある♯
    本人の気づきが行動を変える第一歩
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     九州・沖縄のタイムリーな環境情報をお届けする
                    「EPOねっと九州」vol.129

    ◇地域拠点からの情報
    ◆ Pick up! 長者原ビジターセンター
    ◆ 九十九島ビジターセンター
    ◆ 雲仙諏訪の池ビジターセンター
    ◆ やんばる野生生物保護センター
    ◆ 黒島ビジターセンター

    ◇EPO九州より
    旧暦の和風月名(わふうげつめい)では、11月は「霜月」です。
    主な由来は文字通り「霜が降る月」ですが、みのりの秋に穀物を
    収穫して新米を食べる時期であることから「食物月(おしものづき)」
    とする説もあります。
    豊かな実りに感謝し、自然の恵みをおいしくいただきましょう。
    参考:国立国会図書館 National Diet Library, Japan


    【もくじ】
    ■EPO九州・ESD活動支援センターからのお知らせ
    □【開催案内】協働取組フォーラム(NPOと行政による政策協働の展開)

    ■ビジターセンター等からのお知らせ
    □ Pick up! <長者原ビジターセンター>
    □ タデ原の自然観察会
    □ タデ原のミニガイドウォーク

    <九十九島ビジターセンター>
    □ 九十九島サロン?
    『どうする?海洋プラスチックごみ 長崎県の海岸漂着ごみ』

    <雲仙諏訪の池ビジターセンター>
    □ お手軽バードウォッチング
    □ 星空観察会

    <やんばる野生生物保護センター>
    □ 森のお散歩観察会(11月)〜秋の森でシイの実を探そう!〜

    <黒島ビジターセンター>
    □ 星空観察会in黒島

    ■九州地方環境事務所からのご案内
    □【お知らせ】「熊本県沿岸域再生官民連携フォーラム」設立総会ご案内
    □ アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]を随時更新しています!

    ■関連情報
    □ 楽しく学ぶ・考える 未来を拓く!次世代エネルギーシンポジウム
    □ 第111回エコ塾 in 熊本『地域におけるエネルギー・資源循環』


    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃EPO九州・ESD活動支援センターからのお知らせ
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □【開催案内】協働取組フォーラム(NPOと行政による政策協働の展開)

     環境省では協働取組を推進していくため、平成25年度より地域活性化に
    向けた協働取組の加速化事業を行い、九州・沖縄地域では5年間で5団体が
    採択され、モデル事業の実証に取り組んできました。
     この度、本事業において協働取組を実践した団体、および関係自治体に
    よる活動の歩みと現在の取組を発信するフォーラムを開催いたします。

    ■日  時 12月14日(木)14:00〜17:00
    ■会  場 久留米大学福岡サテライト 会議室
          (福岡県福岡市中央区天神1-4-2 エルガーラオフィス6階)
    ■内  容 平成25〜29年度の採択団体・関係自治体などの活動紹介
    ■定  員 40名(参加無料、要事前申込み)
    ■対  象 自治体関係者、NPO団体など
    ■参 加 費 無料
    ■主  催 環境省九州地方環境パートナーシップオフィス(EPO九州)
    ■後  援 久留米大学 経済社会研究所
    ■申込方法 下記申込フォーム、もしくは下記内容を明記の上、FAXで

          お申し込みください。
    申込フォーム:https://goo.gl/forms/u6Gsm4SS7WyHGV892
         (氏名、所属、連絡先TEL、メールアドレスを明記ください)

    ■お問合せ EPO九州
          TEL:096-312-1884 FAX:096-312-1894
          メール:

    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃ビジターセンター等からのお知らせ
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    Pick up!
    <長者原ビジターセンター>━━━━━━━━━━━━━━━━

     長者原ビジターセンターは、三俣山を望むくじゅう連山長者原登山
    (標高約1,030m)にあります。目の前のラムサール条約登録湿地・タデ原
    湿原では、春から秋までいろいろな花が咲き乱れ、木道を歩く人でにぎわ
    います。が、今は一面銀色のススキにおおわれ、近づく冬をまっていると
    いう感じです。館内はあまり広くはありませんが、毎月更新されている
    職員の手作り展示・ハンズオンコーナーや、ハイビジョンシアターやクイ
    ズラリーなどを合わせて、半日は十分楽しめるのではないでしょうか。
     くじゅうを愛し、くじゅうを守る人たちの拠点として、環境保全活動や
    環境教育などの取り組みにも力を入れています。

    ■長者原ビジターセンター
    〒879−4911 大分県玖珠郡九重町大字田野255-33
     TEL・FAX:0973-79-2154
     http://kyushu.env.go.jp/nature/tyojyabaru/
    運営:くじゅう地区管理運営協議会(くじゅうファンクラブ)
     http://kujufanclub.com/


    □ タデ原の自然観察会

    ラムサール条約登録湿地・タデ原(たでわら)から森林に続く木道を、
    自然の話をしながらゆっくり歩きます。案内人は「九重の自然を守る会」
    のボランティアガイドの方々。年間700人以上の参加者がいる、人気の
    イベントです。

    ■日 時 11月19日(日)、23日(木・祝)、26日(日)、
         12月3日(日)12月17日(日)
         いずれも10:00〜12:00
    ■申込み 朝10:00までに長者原ビジターセンターの受付まで
         お越しください。個人参加の場合、予約は不要です。
         団体参加の場合は事前にご相談ください。
    ■参加費 無料
    ■主 催 九重の自然を守る会・長者原ビジターセンター


    □ タデ原のミニガイドウォーク

    長者原ビジターセンターの職員が、木道約800mのコースを歩きながら、
    タデ原湿原やくじゅう連山の季節ごとの見どころなどをギュッと詰め込ん
    でお伝えします。短い時間でタデ原湿原を楽しみたい人におすすめです。

    ■日 時 毎日11:00〜/14:00〜 各30分程度
    ■申込み 当日出発時刻までに、長者原ビジターセンターの受付まで
         お越しください。都合により中止にすることもありますので、
         参加希望の方はなるべく事前にお問い合わせください。
    ■参加費 1人100円(保険料込み)


    ■申込み・お問合せ 長者原ビジターセンター
         TEL:0973-79-2154
         http://kyushu.env.go.jp/nature/tyojyabaru/

    <九十九島ビジターセンター>━━━━━━━━━━━━━━━

    □ 九十九島サロン?
    『どうする?海洋プラスチックごみ 長崎県の海岸漂着ごみ』

    不思議がいっぱいの西海国立公園のことを、専門家がわかりやすく解説
    します。
    今年度第5回目は「漂着物」をテーマにお話しをしていただきます。
     
    ■日 時 12月17日(日)14:00〜16:00
    ■場 所 九十九島ビジターセンター
    ■講 師 矢野博巳氏(長崎県環境保健研究センター 所長)
    ■参加費 無料
    ■対 象 どなたでも
    ※事前申込み不要

    ■お問合せ 九十九島ビジターセンター
    TEL 0956-28-7919 
    http://www.kujukushima-visitorcenter.jp/

    <雲仙諏訪の池ビジターセンター>━━━━━━━━━━━━━━

    □ お手軽バードウォッチング

    諏訪の池ビジターセンター周辺で、ビジターセンターのスタッフと一緒に
    お散歩をしませんか?身近な自然がたっぷりの諏訪の池で、いろいろな
    野鳥をさがしましょう!
    30分〜120分コースの好きなコースを選んでくださいね。
    ※団体やイベントが入っている場合は、お断りする事もあります。
    (お申込みは3日前まで。)
    ※開催時間内の好きな時間を選んで頂けますが、1グループずつのガイド
     となり、先着順になります(同時間に2つ以上の開催はできません。)

    ■日 程 平成29年11月17日(金)〜19日(日) 23日(木)
         25日(土)、12月1日(金) 3日(日) 8日(金)〜10日(日)
         5日(金)〜7日(日) 22日(金) 23日(土) 28日(木)  
         30日(土) 31日(日)、
         平成30年1月1日(月)〜3日(水) 5日(金)〜8日(月)
    ■時 間 9:30〜16:00の好きな時間(受付は15:00まで)
         ※雨天、降雪時の場合は中止 
    ■コース 60分、90分、120分の好きなコースをお選びください。
    ■参加費 無料
    ■定  員 1回1グループ 2名より実施
    ■申込み 3日前までに、お電話かカウンターで直接お申し込み下さい。
    ■備 考 団体が入っている場合は、お断りすることがあります。事前に
         予約していただくと、確実にお伺いすることができます。
         ※雨天、降雪時の場合は中止


    □ 星空観察会

    ■日 程 毎週土曜日の晴天時
         12月31日(日)〜1月3日(水) 7日(日)の晴天時
    ■時 間 19:30〜21:30
         ※雨天・曇天・雷の場合中止
    ■参加費 無料
    ■対 象 どなたでも
    ■予 約 不要(21:00までに受付をすませてください)


    ■お問合せ 雲仙諏訪の池ビジターセンター
    TEL 0957-76-5010 FAX 0957-74-9051
    http://suwanoikevc.web.fc2.com/

    <やんばる野生生物保護センター>━━━━━━━━━━━━━

    □ 森のお散歩観察会(11月)〜秋の森でシイの実を探そう!〜

    やんばるの森をゆっくり歩きながら鳥の声や生きものの様子を観察します。

    ■開催日時:平成29年11月19日(日)8:30〜11:00
    ■開催場所:国頭村森林公園または大国林道(国頭村内、長尾橋付近)
    ■集合場所:やんばる野生生物保護センター ウフギー自然館
    ■定  員:25人(先着順)
    ■費  用:100円(保険料として)
    ■持 ち 物:帽子、飲み物、ウィンドブレーカー、虫除け対策、靴または
               長靴(サンダル不可)、雨具(小雨決行)、(あれば双眼鏡、
          ルーペ)
    ■主  催:環境省やんばる自然保護官事務所

    ※本件の詳細については、以下のウェブサイトを御参照願います。
     http://www.ufugi-yambaru.com/

    ■参加申込・問合せ先:
    やんばる野生生物保護センター ウフギー自然館
    TEL 0980-50-1025

    <黒島ビジターセンター>━━━━━━━━━━━━━━━━━

    □ 星空観察会in黒島

    前石垣島天文台所長と一緒に、星空を観察しましょう。
    今年3月にリニューアルしたばかりの黒島ビジターセンターも同時に
    お楽しみ下さい。

    ■開催日時:平成29年11月25日(土) 20:00〜21:30
    ■開催場所:黒島ビジターセンター及び宮里海岸
    ■集合場所:黒島ビジターセンター
    ■費  用:無料
    ■持 ち 物:懐中電灯、星座表(持っている方のみ)
    ■事前申込:不要
    ※なお、雨天時は、黒島ビジターセンター内でスライド上映会とします。

    ■問合せ先 黒島ビジターセンター運営協議会事務局
          (環境省石垣自然保護官事務所)
          TEL 0980−82−4768(平日9時〜17時)

    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃九州地方環境事務所からのご案内
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □【お知らせ】「熊本県沿岸域再生官民連携フォーラム」設立総会の
     ご案内〜再生に向けた新たな取り組みが始まります〜

     近年、豊かな漁場として有名な有明海や八代海の水質の悪化などにより
    漁業への影響が見られるようになりました。このため、「有明海及び八代
    海等を再生するための特別措置法」を制定し、国、自治体、大学などは
    調査・研究等を実施し、有明海及び八代海等の再生に取り組んでいます。
     これらの動きを踏まえ、有明海・八代海のうち熊本県沿岸域を対象に、
    官民が連携した新たな取り組みとして、『熊本県沿岸域再生官民連携
    フォーラム』を設立し、(1)地域環境の保全と改善(2)環境と防災の
    調和(3)水産資源の回復と漁業振興(4)沿岸地域の活性化のテーマを
    中心に活動していきます。

    設立総会のご案内
    (どなたでも参加できますので、ふるって、ご参加願います。)
    ■日時:平成29年12月1日 (金) (15:00〜17:30)
    ■場所:熊本テルサ1階「ホール」(熊本市中央区水前寺公園28-51)
    ■内容:(1)設立総会 (2)特別講演
        (3)記念パーティ(18:00〜20:00)
         特別講演では、「THE!鉄腕!ダッシュ!!」のDASH海岸に
         出演されているNPO海辺つくり研究会理事の木村 尚 氏が登壇
         されます。

    ※(3)記念パーティー(会費:5,000円)に参加を希望される方は、
    事前の申し込みが必要です。
    申込方法:下記送付先まで、件名を「設立総会記念パーティー事前申込」
         としていただき、お名前、ご職業、連絡先を記載のうえ、電子
         メールで申込ください。
    送付先:
        「熊本県沿岸域再生官民連携フォーラム事務局」

    お問合せについては、お手数ですが、上記メール宛てご連絡ください。

    ______________________________

    □ アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]を随時更新しています!

    アクティブ・レンジャーとは、自然保護官の補佐役として、国立公園等
    のパトロール、調査、利用者指導、自然解説などの業務を担う環境省の
    職員です。管内には、瀬戸内海、西海、雲仙天草、阿蘇くじゅう、霧島
    錦江湾、屋久島、慶良間諸島、西表石垣、やんばる、奄美群島国立公園
    があります。

    アクティブ・レンジャー日記では、各国立公園での活動情報などを
    担当官が紹介しています。最新の掲載記事は次のとおりです。
    http://kyushu.env.go.jp/blog/index.html
    ※随時更新されています。過去の記事は上記ウェブサイトにアクセス
    していただき、ページ右側のカレンダー等から閲覧することができます。

    【11月】
    ■くじゅう紅葉シーズン 秋の深まり(阿蘇くじゅう)
    ■パークボランティアで口永良部島へ!?(屋久島)
    ■今年も出前授業を実施しました!(屋久島)
    ■IUCN視察が終わりました!(徳之島)
    【10月】
    ■やんばるならではの環境学習【やんばる地域】(やんばる)
    ■秋の長雨から紅葉シーズンへ(阿蘇くじゅう)
    ■平成29年度 サンゴ礁モニタリング調査(慶良間)
    ■みんなで応援!「やんばる」を世界自然遺産へ!(やんばる)
    ■石垣島北部子どもパークレンジャー!吹通川たんけんたい★(西表石垣)
    ■雲仙天草国立公園雲仙地域パークボランティア新規募集!! (雲仙天草)


    アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]トップページ
    http://kyushu.env.go.jp/blog/index.html


    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃関連情報
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
    □ 楽しく学ぶ・考える 未来を拓く!次世代エネルギーシンポジウム

    私たちの生活に欠かせないエネルギー。その資源には限りがあり、未来の
    エネルギー社会のあり方について、日本のみならず世界が動き出していま
    す。
    次世代のエネルギーについて楽しく学び、未来のエネルギー社会を一緒に
    考えましょう。

    ■開催日 平成29年11月26日(日) 13:30 開場・受付
    ■会 場 鹿児島市民文化ホール 第2ホール
         (鹿児島市与次郎二丁目3番1号)
    ■主 催 薩摩川内市・南日本新聞社
    ■後 援 経済産業省九州経済産業局・鹿児島県

    詳しくはコチラ
    https://jisedai-energy-satsumasendai.jp/

    ■問合せ先 「未来を拓く!次世代エネルギーシンポジウム」事務局
          TEL 099−267−8490(平日10時〜17時) 

    _____________________________

    □ 第111回エコ塾 in 熊本『地域におけるエネルギー・資源循環』

    ・平成29年12月4日(月)14:00〜 ホテル熊本テルサ
    ・平成29年12月5日(火) 9:00〜 バス見学ツアー

    K-RIP及び九州経済産業局では、九州の環境・エネルギー産業の振興を
    目的に、人脈形成・ビジネスマッチングを図るため、毎月一回程度、
    環境・エネルギー分野に特化した異業種交流会「エコ塾」を開催してい
    ます。
    12月の第111回エコ塾は「地域におけるエネルギー・資源循環」をテーマ
    に、基調講演のほか、4社と大学による取組事例等をご紹介致します。

    詳細・講演内容等はコチラ!
    http://www.k-rip.gr.jp/news/?p=10557

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    【発 行】
    九州地方環境パートナーシップオフィス EPO九州
    https://epo-kyushu.jp    E-mail:

    九州地方ESD活動支援センター
    http://kyushu.esdcenter.jp  E-mail:

    〒860−0806 熊本市中央区花畑町4-18 熊本市国際交流会館2F
    TEL:096-312-1884  FAX:096-312-1894
    開所日 火〜土曜日(10:00〜19:00)
    休所日 日・月曜日、祝日、年末年始。熊本市国際交流会館休館日。



    【リンク】
    九州地方環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/

    那覇自然環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/naha/

    国立公園 http://www.env.go.jp/park/

    地球環境基金の情報館 http://www.erca.go.jp/jfge/index.html

    地球環境パートナーシッププラザ http://www.geoc.jp/

    環境らしんばん http://www.geoc.jp/rashinban/

    九十九島ビジターセンター http://www.kujukushima-visitorcenter.jp/

    雲仙お山の情報館 http://unzenvc.com/

    平成新山ネイチャーセンター http://heiseinc.com/

    雲仙諏訪の池ビジターセンター http://suwanoikevc.web.fc2.com/

    長者原ビジターセンター  http://kyushu.env.go.jp/nature/tyojyabaru/

    阿蘇草原保全活動センター 草原学習館 http://aso-sougencenter.jp/

    南阿蘇ビジターセンター http://www.minamiaso-vc.go.jp/

    えびのエコミュージアムセンター http://www.ebino-ecomuseum.go.jp/

    重富海岸自然ふれあい館 なぎさミュージアム http://www.nagisa-museum.com/

    対馬野生生物保護センター http://kyushu.env.go.jp/twcc/

    漫湖水鳥・湿地センター http://www.manko-mizudori.net/

    やんばる野生生物保護センター http://www.ufugi-yambaru.com/

    西表野生生物保護センター http://iwcc.a.la9.jp/

    ----------------------------------------------------------------
    当メルマガへの登録・退会は、
    http://epo-kyushu.jp/about/magazine.html
    もしくは、退会用URL: http://epo-kyushu.jp/xmailinglist/eponews/
    のフォームからお願いいたします。
    ----------------------------------------------------------------
    環境パートナーシップに関するご質問、当メルマガへのご意見、ご感想
    などがございましたらまでどうぞ!
    ----------------------------------------------------------------
  • EPO九州 メールマガジン 「えぽねっと九州」vol.136, Wed Feb 28

    環境団体あるある♯
    芽吹きへの準備時期、今年度の総括・次年度計画。
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     九州・沖縄のタイムリーな環境情報をお届けする
                    「EPOねっと九州」vol.136
    ◇今月のPICK UP!
    ◆【登録開始】地域ESD活動推進拠点(地域ESD拠点)登録について
    ◆【開催案内】島にまなぶ持続可能な地域づくり交流フォーラム
    ◆【開催案内】SDGsの現状と展望セミナー開催

    ◇EPO九州より
    3月8日は国際女性デー。女性の生き方を考える日です。
    女性の視点で、くらし・しごとのあり方(ワークライフバランス)、持続可能な社会を考えたいですね。
    東京・大阪・愛知・宮城では「HAPPY WOMAN FESTA 2018」も開催されます。
    ジェトロ(日本貿易振興機構)も後援するなど、少子・高齢化が進む中、女性活力に熱い期待が寄せられています。
    https://happywoman.online/festa/festa2018/


    ◆EPO九州より「メールマガジンに関するアンケート」協力のお願い◆
    この度、メルマガをご購読いただいている皆様へ情報発信についてのアンケートを実施することとなりました。
    お手数ですが、下記のリンク先から回答へのご協力お願い申し上げます。
    https://goo.gl/forms/oFSc65DtmM79Pc4O2
    ※Googleフォームを利用しています。
    セキュリティ等で回答ができない場合は、下記アドレスまでご連絡ください。



    【もくじ】
    ■EPO九州・ESD活動支援センターからのお知らせ
    □【開催案内】島にまなぶ持続可能な地域づくり交流フォーラム
    □【開催案内】SDGsの現状と展望セミナー開催
    □【開催報告】沖縄地域ESD交流会
    □【開催報告】九州環境教育ミーティング2018「自然災害と生きるための環境教育 〜経験を学び、次世代へ伝える〜」
    □【開催報告】協働ギャザリング2018 〜環境×協働の未来を考える〜
    □【登録開始】地域ESD活動推進拠点(地域ESD拠点)登録について

    ■九州地方環境事務所からのご案内
    <お知らせ>
    □「気候変動の観測・予測・影響評価に関する統合レポート2018〜日本の気候変動とその影響〜」の公表
    <公募>
    □ 平成30年度低炭素社会実現のための都市間連携事業委託業務について
    <セミナー等>
    □ 平成29年度 国立公園満喫プロジェクト 九州地区ビジネスマッチング情報交換会(3/14(水) 福岡市で開催)
    □ 象牙等取扱事業者向け改正種の保存法に関する説明会(3/14(水) 福岡市、3/19(月) 那覇市で開催)
    □ グリーンボンド支援施策等に関する説明会(3/9(金) 福岡市で開催)
    <各種調査結果>
    □ 長崎県壱岐市におけるツマアカスズメバチ生息状況等緊急調査の結果等

    ■関連情報
    □ 第6回 前海を考えるシンポジウム 有明海をみつめる市民調査
    □ K−RIP 第114回エコ塾 in 福岡


    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃EPO九州・ESD活動支援センターからのお知らせ
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □【開催案内】島にまなぶ持続可能な地域づくり交流フォーラム

    九州・沖縄地域の特色である島しょ地域の文化、くらしに根づいた学びに関する共有と、主体の交流を目的としたフォーラムを実施します。
    地域ぐるみでのESD推進と、地域・活動分野を超えた共有の場として開催するものです。
    フォーラムに関する最新のご案内については九州地方ESD活動支援センターのホームページをご覧いただくか、下記の問合せ先までお願いいたします。

    ■お問合せ 九州地方ESD活動支援センター
          TEL 096-223-7422 FAX 096-312-1894
          E-mail
          http://kyushu.esdcenter.jp/
    (〒860-0806 熊本市中央区花畑町4-18 熊本市国際交流会館2F EPO九州内 )
    __________________________
    □【開催案内】SDGsの現状と展望セミナー開催

    「持続可能な開発目標(SDGs)」は、2015年9月に国連で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」の具体的な行動計画として示されたものです。
    世界において企業活動の行動基準となっており、課題解決のための市場は今後大きく変化・成長していくとしていくと見込まれています。
    SDGsで企業の価値を高め、良き将来を実現しませんか。参加無料です。お気軽にご参加ください。

    ■日 程 3月12日(月) 14:00〜16:30
    ■会 場 AIMビル3階 311、312会議室(北九州市小倉北区浅野3-8-1)
    ■対 象 企業、自治体、大学等
    ■主 催 北九州市立大学、北九州ESD協議会
    ■問合せ 公立大学法人 北九州市立大学
         就職支援室COC+担当 TEL 093-964-4035
         地域・研究支援課    TEL 093-964-4221

    詳細・お申込み方法はこちらご覧ください。
    https://manabitopia.jp/program/index.php?topicid=156
    ______________________________
    □【開催報告】沖縄地域ESD交流会

    平成30年2月9日(金)、沖縄県地域環境センターにて、沖縄地域のESD推進ネットワーク構築を目的とした沖縄地域ESD交流会を開催しました。
    琉球大学の大島准教授からは、世界的なSDGsの潮流と、それをふまえてESDの動向について講義していただきました。
    参加者の中には、ESD・SDGsの概念や特色への理解に不安をお持ちの方もあり、詳しい内容に興味深く聞き入っておられました。
    また、ユネスコスクールからのESD活動の取組紹介も行われ、北谷町立北谷中学校や金武町立中川小学校、KBC学園未来高等学校の取組が紹介されました。
    意見交換ワークショップ等をとおし、ESD活動を実践されている方をはじめ、学校、自治体、有識者など多様な主体による交流の場となり、ESDの要素が豊富な沖縄県において、各々がどのように持続可能な地域づくりについて考えるべきか、大きなヒントとなる会になりました。

    詳しくはこちらをご覧ください。
    http://kyushu.esdcenter.jp/2018/02/14/【開催報告】沖縄地域ESD交流会
    ______________________________
    □【開催報告】九州環境教育ミーティング2018「自然災害と生きるための環境教育 〜経験を学び、次世代へ伝える〜」

    2月3日(土)・4日(日)、熊本、大分の震災や九州北部豪雨を始めとして、九州における自然災害の可能性、そしてそこからどのような教訓を得て地域を繋いだか、その経験から学び伝える場として、第22回目九州環境教育ミーティングが熊本市の火の国ハイツで開催されました。
    (主催:九州環境教育ミーティング、共催:九州地方環境パートナーシップオフィス、九州地方ESD活動支援センター)
    単に環境について考えようということだけでなく、災害と共に生きるという大きなテーマのもと、九州という地域の中で環境に留意しながら生き続けていくために受け継いでいかなくてはいけない視点について、深い内容となり若い世代との貴重なミーティングの機会にもなりました。
    ______________________________
    □【開催報告】協働ギャザリング2018 〜環境×協働の未来を考える〜
    (環境省「平成29年度地域活性化に向けた協働取組の加速化事業」)

    「協働取組」とは市民、NPO、企業、行政など様々なセクターが共通の目的を持ち、対等の立場でパートナーシップを組み、課題解決にあたることです。
    平成29年度、環境省は協働取組のモデル事例として全国で8事業を選定し、各地で実践が行われました。
    2月17日(土)、この8事業についての報告および「環境分野における協働取組の未来」について考える場が、渋谷区の国連大学にて催されました。
    九州からは、おきなわグリーンネットワークさんの「赤土流出対策」の事例が報告されました。
    ______________________________
    □【登録開始】地域ESD活動推進拠点(地域ESD拠点)登録について

    地域や社会の課題解決に関する学びや活動に取り組んでいらっしゃる学校現場・社会教育の現場等の皆様へ、ESDを支援・推進する団体として、「地域ESD活動推進拠点(以下「地域 ESD拠点」)のご登録を募っております。
    九州地方ESD活動支援センターでは、ご登録いただいた団体をパートナーとして、当センターや他の地域ESD拠点と連携し、各地域・各分野で取り組まれるESDの支援やこれからESD活動を始められる主体への支援を「ESD推進ネットワーク」の中で果たしていきたいと考えています。
    ご関心をお持ちの団体様は、まずは下記へご連絡ください。

    ESD(Education for Susutainaobl Developmante)とは、持続可能な開発のための人と地域を育てる教育をさします。

    ■お問合せ 九州地方ESD活動支援センター
          TEL 096-223-7422 FAX 096-312-1894
          E-mail
    (〒860-0806 熊本市中央区花畑町4-18 熊本市国際交流会館2F EPO九州内 )


    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃九州地方環境事務所からのご案内
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    <お知らせ>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □「気候変動の観測・予測・影響評価に関する統合レポート2018〜日本の気候変動とその影響〜」の公表

    環境省では、複数の省庁と共に、日本を対象とした気候変動の観測・予測・影響評価に関する知見を取りまとめたレポート「気候変動の観測・予測・影響評価に関する統合レポート2018〜日本の気候変動とその影響〜」を作成しましたので、お知らせします。

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://www.env.go.jp/press/105129.html

    <公 募>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □ 平成30年度低炭素社会実現のための都市間連携事業委託業務について

    環境省では日本の都市が有する低炭素社会形成に関わる経験やノウハウ等を活用して、途上国における低炭素化を推進するための「低炭素社会実現のための都市間連携事業委託業務」を公募しておりますのでお知らせします。

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://www.env.go.jp/press/105122.html
       
    <セミナー等>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □ 平成29年度 国立公園満喫プロジェクト 九州地区ビジネスマッチング情報交換会
     (3/14(水) 福岡市で開催)

    当事務所では、国立公園満喫プロジェクトのさらなる推進を図るため、九州のインバウンド誘致に取り組む関係者の皆様との情報共有の場並びにビジネスにつなげる場として、情報交換会を開催します。
    インバウンド誘致に取り組んでおられる企業・団体等の関係者の皆様、ぜひご参加ください。

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://kyushu.env.go.jp/pre_2018/29_6.html
    ______________________________
    □ 象牙等取扱事業者向け改正種の保存法に関する説明会
     (3/14(水) 福岡市、3/19(月) 那覇市で開催)

    経済産業省及び環境省は、象牙、象牙製品又はうみがめ科の甲の取引を行う事業者向けに、「絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律」(種の保存法)の改正内容に関する説明会を開催します。
    締切は3月2日(金) 17時ですので、お早めにお申し込みください。

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://kyushu.env.go.jp/to_2018/post_133.html
    ______________________________
    □ グリーンボンド支援施策等に関する説明会
     (3/9(金) 福岡市で開催)

    環境省では、全国各地の地方自治体・金融機関・地域企業等を対象に、「グリーンボンド支援施策等」に関する説明会」を開催します。先着順で受け付けておりますので、お早めにお申し込みください。

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://www.env.go.jp/press/105081.html

    <各種調査結果>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    環境省が実施している各種調査結果を以下のとおり公表しておりますのでお知らせします。

    ■長崎県壱岐市におけるツマアカスズメバチ生息状況等緊急調査の結果
    http://kyushu.env.go.jp/pre_2018/post_78.html
    ■環境測定分析統一精度管理調査に関する調査結果(平成29年度)
    http://www.env.go.jp/press/105103.html
    ■自動車交通騒音の常時監視結果(平成28年度)
    https://www.env.go.jp/press/105068.html


    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃関連情報
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □ 第6回 前海を考えるシンポジウム 有明海をみつめる市民調査

    有明海は多くの特徴的な生物が生息し、日本を代表する魅力のある海です。
    様々な環境問題や社会問題がピックアップされたり漁業が衰退するにつれ、市民が有明海にふれあう機会が減少しつつあります。
    一方、荒尾干潟・東よか干潟・肥前鹿島干潟が「ラムサール条約登録湿地」となり、関連した活動の展開で市民の関心が高まり、有明海を見直す契機になっています。
    有明海を見直すには、有明海を理解し、実際に海に触れ、見続けることが重要です。その手段のひとつに「市民調査」があります。
    そこで第6回「前海を考えるシンポジウム」では、「市民調査」の取り組みについて情報交換し、今後の方策を考える機会にしたいと考えます。

    ■日 時 平成30年3月3日(土) 13:30〜16:00
    ■場 所 鹿島新世紀センター 2階 会議室(佐賀県鹿島市納富分2643−1)
    ■主 催 佐賀大学低平地沿岸海域研究センター,鹿島市ラムサール条約推進室

    詳細はこちらご覧ください。
    http://www.ilt.saga-u.ac.jp/event.html
    ______________________________
    □ K−RIP 第114回エコ塾 in 福岡

    K-RIP及び九州経済産業局では、九州の環境・エネルギー産業の振興を目的に、人脈形成・ビジネスマッチングを図るため、毎月一回程度、環境・エネルギー分野に特化した異業種交流会「エコ塾」を開催しています。
    第114回エコ塾は「K-RIPの活用事例及び成果」をテーマに、K-RIP会員企業4社による取り組みをご紹介します。
    今年度を中心とした支援事業のほか、ネットワークの活用事例もご発表いただきます。

    ■日 時 平成30年3月13日(火)15:30〜
         講演会:15:30〜17時20分、懇親会:17時30分〜19時00分
    ■場 所 ハイアットリージェンシー福岡  リージェンシー?(福岡市博多区博多駅東2-14-1)
    ■参加費 講演会:無料(懇親会は4千円)

    詳細・講演内容等はこちらご覧ください。
    https://k-rip.gr.jp/event/2018/02/05/14129/

    ■お問合せ先
     九州環境エネルギー産業推進機構(K-RIP) 担当:杉迫
      TEL:092-474-0042  FAX:092-472-6609
     九州経済産業局 資源エネルギー環境課 担当:清水、岡田
      TEL:092-482-5499



    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    【発 行】
    九州地方環境パートナーシップオフィス EPO九州
    https://epo-kyushu.jp    E-mail:

    九州地方ESD活動支援センター
    http://kyushu.esdcenter.jp  E-mail:

    〒860−0806 熊本市中央区花畑町4-18 熊本市国際交流会館2F
    TEL:096-312-1884  FAX:096-312-1894
    開所日 火〜土曜日(10:00〜19:00)
    休所日 日・月曜日、祝日、年末年始。熊本市国際交流会館休館日。



    【リンク】
    九州地方環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/

    那覇自然環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/naha/

    国立公園 http://www.env.go.jp/park/

    地球環境基金の情報館 http://www.erca.go.jp/jfge/index.html

    地球環境パートナーシッププラザ http://www.geoc.jp/

    環境らしんばん http://www.geoc.jp/rashinban/

    九十九島ビジターセンター http://www.kujukushima-visitorcenter.jp/

    雲仙お山の情報館 http://unzenvc.com/

    平成新山ネイチャーセンター http://heiseinc.com/

    雲仙諏訪の池ビジターセンター http://suwanoikevc.web.fc2.com/

    長者原ビジターセンター  http://kyushu.env.go.jp/nature/tyojyabaru/

    阿蘇草原保全活動センター 草原学習館 http://aso-sougencenter.jp/

    南阿蘇ビジターセンター http://www.minamiaso-vc.go.jp/

    えびのエコミュージアムセンター http://www.ebino-ecomuseum.go.jp/

    重富海岸自然ふれあい館 なぎさミュージアム http://www.nagisa-museum.com/

    対馬野生生物保護センター http://kyushu.env.go.jp/twcc/

    漫湖水鳥・湿地センター http://www.manko-mizudori.net/

    やんばる野生生物保護センター http://www.ufugi-yambaru.com/

    西表野生生物保護センター http://iwcc.a.la9.jp/

    ----------------------------------------------------------------
    当メルマガへの登録・退会は、
    http://epo-kyushu.jp/about/magazine.html
    もしくは、退会用URL: http://epo-kyushu.jp/xmailinglist/eponews/
    のフォームからお願いいたします。
    ----------------------------------------------------------------
    環境パートナーシップに関するご質問、当メルマガへのご意見、ご感想
    などがございましたらまでどうぞ!
    ----------------------------------------------------------------
  • EPO九州 メールマガジン 「えぽねっと九州」vol.137, Thu Mar 15

    中間支援あるある♯
    持続社会づくりの最新トレンド、SDGsをキャッチアップ!
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     九州・沖縄のタイムリーな環境情報をお届けする
                    「EPOねっと九州」vol.137

    ◇地域拠点からの情報
    ◆ ピックアップ!重富海岸自然ふれあい館 なぎさミュージアム
    ◆ 九十九島ビジターセンター
    ◆ 平成新山ネイチャーセンター
    ◆ 雲仙諏訪の池ビジターセンター
    ◆ 長者原ビジターセンター
    ◆ 南阿蘇ビジターセンター

    ◇EPO九州より
     3月24日に開催する「島に学ぶ持続可能地域づくりフォーラム」では、北は対馬から南は石垣島まで、島々の自然、文化、くらしの視点で取組を紹介いただきます。
    持続可能な社会づくりにむけた国際的な目標であるSDGs(Sustainable Development Goals)の原点にもつながる島ごとの取組や課題を共有します。


    【もくじ】
    ■EPO九州・ESD活動支援センターからのお知らせ
    □【公募案内】平成30年度持続可能な開発目標(SDGs)を活用した地域の環境課題と社会課題を同時解決するための民間活動支援事業
    □【開催案内】島にまなぶ持続可能な地域づくり交流フォーラム
    □【開催報告】熊本市SDGsセミナー
    □【開催中】くまもと県民交流館パレア ロビー展のお知らせ
    □【登録開始】地域ESD活動推進拠点(地域ESD拠点)登録について

    ■ビジターセンター等からのお知らせ
    □ ピックアップ! <重富海岸自然ふれあい館 なぎさミュージアム >

    <九十九島ビジターセンター>
    □ トビカズラウォーク 〜神秘の花を歩いて発見!〜
    □ カヤックで長尾半島 〜親子の絆を深めよう〜

    <平成新山ネイチャーセンター>
    □ 眉山登山会
    □ 焼山登山会

    <雲仙諏訪の池ビジターセンター>
    □ 星空観察会
    □ お手軽バードウォッチング

    <長者原ビジターセンター>
    □ タデ原の自然観察会
    □ タデ原のミニガイドウォーク

    <南阿蘇ビジターセンター>
    □ 南阿蘇ガイドウォーク「春はビジターがおもしろい!!」
    □ 館内ワークショップ等

    ■九州地方環境事務所からのご案内
    □ アクティブ・レンジャー日記

    ■関連情報
    □【ご案内】小浜温泉発電プロジェクト10周年記念講演会「小浜温泉の地学的背景」


    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃EPO九州・ESD活動支援センターからのお知らせ
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □【公募案内】平成30年度持続可能な開発目標(SDGs)を活用した地域の環境課題と社会課題を同時解決するための民間活動支援事業

    環境省では、地域における環境課題への取組を、SDGsを活用することにより他の社会課題の取組と統合的に進めることで、それぞれの課題との関係の深化、ステークホルダーの拡大、課題解決の加速化等を促進することを目的に「平成30年度持続可能な開発目標(SDGs)を活用した地域の環境課題と社会課題を同時解決するための民間活動支援事業」を実施します。

    公募内容等、詳細は下記EPO九州のHPをご覧ください。
    https://epo-kyushu.jp/news-list/grant-recruitment/1092-30-sdgs.html
    ___________________________
    □【開催案内】島にまなぶ持続可能な地域づくり交流フォーラム
     (先月「島しょ地域ESD交流会」としてご案内していたものです)

    環境省と文部科学省では、ESDを推進するためのネットワークの構築のため、民間団体と連携し、平成28年に「ESD活動支援センター」(東京都)を開設、平成29年度には全国8地域に「地方ESD活動支援センター」を設置しました。
    九州ブロックでは、九州地方環境事務所により「九州地方ESD活動支援センター」(熊本市)が開設されました。
    本センターは、九州・沖縄地域におけるESDを推進するためのネットワークの構築を目指しています。
    今交流会は、島しょ地域においてESD活動に取り組む多様な主体が、地域や分野を超えて交流し、取組を共有することを目的に開催します。

    ■日 時 平成30年3月24日(土) 13:30〜16:30
    ■会 場 福岡県中小企業振興センター401会議室A(JR吉塚駅すぐ)
    ■対 象 ESD活動実践者、有識者、および自治体・教育委員会関係者
    ■参加費 無料
    ■内 容 (1)当センターからのESDについての話題提供
         (2)島しょ地域における活動紹介(1地域20分程度)
         (3)意見交換ワークショップ
         (4)「地域ESD拠点」登録制度の紹介
    ■備 考 参加地域(予定);対馬・五島列島(長崎)、甑島・奄美大島(鹿児島)、石垣島(沖縄)

    詳しくは、こちらをご覧ください。
    http://kyushu.esdcenter.jp/2018/03/13/392/

    ■お問合せ 九州地方ESD活動支援センター
          TEL:096-223-7422 FAX:096-312-1894
          E-mail
    (〒860-0806 熊本市中央区花畑町4-18 熊本市国際交流会館2F EPO九州内 )
    ___________________________
    □【開催報告】熊本市SDGsセミナー

    3月8日(木)、九州地方ESD活動支援センターでは、熊本市民会館第9会議室にて、地域におけるSDGsの活用に向けたセミナーを開催いたしました。参加32名。
    講師の法政大学 准教授 川久保俊先生からSDGsへの経緯や考え方のレクチャーを受けた後、コクリエーションデザイン 平田裕之氏をファシリテーターにSDGsを地域に活かすワークショップを実施。
    熊本地震からの復興に取組む中で策定された復興計画やこれを含む総合計画をひもときながら、身近なテーマとSDGsの関係について、参加者との意見交換ができました。
    結果は熊本市へもお知らせし、さらなる市民参加の可能性を探ります。
    ___________________________
    □【開催中】くまもと県民交流館パレア ロビー展のお知らせ

    現在、水道町交差点にあるパレア10階ロビーにて、環境省九州地方環境事務所の取組、および九州環境パートナーシップオフィス(EPO九州)の取組をパネル紹介しています(環境保全活動を行う団体の支援やESD推進活動など)。
    お近くまでおいでの際は、どうぞご覧ください。

    ■期間:平成30年3月9日(金)〜3月23日(金)
    ■場所:くまもと県民交流館パレア10階(熊本市中央区手取本町8-9)

    くまもと県民交流館パレア
    http://www.parea.pref.kumamoto.jp/index.asp
    ___________________________
    □【登録開始】地域ESD活動推進拠点(地域ESD拠点)登録について

    地域や社会の課題解決に関する学びや活動に取り組んでいらっしゃる学校現場・社会教育の現場等の皆様へ、ESDを支援・推進する団体として、「地域ESD活動推進拠点(以下「地域 ESD拠点」)のご登録を募っております。
    九州地方ESD活動支援センターでは、ご登録いただいた団体をパートナーとして、当センターや他の地域ESD拠点と連携し、各地域・各分野で取り組まれるESDの支援やこれからESD活動を始められる主体への支援を「ESD推進ネットワーク」の中で果たしていきたいと考えています。
    ご関心をお持ちの団体様は、まずは下記へご連絡ください。

    ESD(Education for Sustainable Development)とは、持続可能な開発のための人と地域を育てる教育をさします。

    ■お問合せ 九州地方ESD活動支援センター
          TEL:096-223-7422 FAX:096-312-1894
          E-mail
    (〒860-0806 熊本市中央区花畑町4-18 熊本市国際交流会館2F EPO九州内 )


    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃ビジターセンター等からのお知らせ
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    Pick up!
    <重富海岸自然ふれあい館 なぎさミュージアム>━━━━━━

    重富海岸自然ふれあい館「なぎさミュージアム」は、重富海岸を中心とした錦江湾奥部の自然環境の情報提供や、自然とのふれあいの場として設置された施設です。
    錦江湾奥のなりたちがわかるパネルや模型、干潟の生き物を観察できる水槽などが展示されていて、錦江湾の魅力をいろいろな角度から知ることがきます。
    干潟の生き物や野鳥の調査や干潟の体験活動などもおこなっています。
    なぎさミュージアムがある重富海岸は、大河ドラマ「西郷どん」のロケ地にもなった風光明媚な場所です。
    海岸の景色も是非ご覧ください。


    □ 特別展「クロツラヘラサギ」 開催中!

    11月から5月にかけて九州や台湾等に飛来する、絶滅危惧種の渡り鳥クロツラヘラサギに関する展示をしています。
    詳しい解説パネルやはく製、写真集も展示しています。

    ■開催期間 2018年5月頃まで
    ■会館時間 9:00〜17:00


    ■重富海岸自然ふれあい館 なぎさミュージアム
     〒899-5652 鹿児島県姶良市平松7675
     TEL/Fax:0995-73-3146
     http://www.nagisa-museum.com/


    <九十九島ビジターセンター>━━━━━━━━━━━━━━━
    □ トビカズラウォーク 〜神秘の花を歩いて発見!〜

    トビカズラは日本では4か所でしか自生株が見つかっていない植物で、その1か所が九十九島のトコイ島です。
    海を渡らず島の自然を楽しめる長尾半島で、手塩にかけて育てた株がこの時期満開!
    ぜひ見に行きましょう。
     
    ■日  時 4月21日(土) 10:00〜12:00
    ■集合場所 九十九島ビジターセンター
    ■参 加 費 200円/人
    ■対  象 小学生以上(小学3年生以下は保護者も参加)
    ■定  員 20名
    ■申込締切 4月10日(火) 必着
     
     
    □ カヤックで長尾半島 〜親子の絆を深めよう〜

    親子2人1組でカヤックに乗って九十九島に漕ぎ出そう!
    ビジターセンター対岸の長尾半島上陸後はお弁当を食べて、ゆっくり自然の不思議を楽しみます。
     
    ■日  時 5月12日(土) 10:00〜16:00
    ■集合場所 九十九島ビジターセンター
    ■参 加 費 2,000円/人
    ■対  象 小学3年生以上の親子ペア
    ■定  員 10組20名
    ■申込締切 4月27日(金) 必着


    ■お問合せ 九十九島ビジターセンター
          TEL 0956-28-7919 
          http://www.kujukushima-visitorcenter.jp/


    <平成新山ネイチャーセンター>━━━━━━━━━━━━━━
    □ 眉山登山会

    眉山の七面山へご案内します。片道約1時間の行程を少人数で登ります。

    ■日  時 平成30年3月24日(土) 10:30〜13:00
    ■参 加 費 大人600円 子ども400円
    ■コ ー ス センター集合(各自移動)→眉山登山口→山頂(昼食)→登山口(解散)
    ■定  員 10名
    ■参加予約 平成30年3月10日(土) 9:00〜(電話予約のみ、定員になり次第締め切り)
    ■持 ち 物 動きやすい服装、帽子、タオル、お弁当、飲み物、雨具など
    ■備  考 雨天中止


    □ 焼山登山会

    事前学習にて簡単な地図読みを学習し、焼山へ登ります。昼過ぎに終わるコースです。

    ■日  時 平成30年4月14日(土) 10:00〜12:10
    ■参 加 費 大人600円 子ども400円
    ■コ ー ス センター(事前学習の後各自移動)→焼山登山口→展望休憩所→登山口(解散)
    ■定  員 10名
    ■参加予約 平成30年3月31日(土) 9:00〜(電話予約のみ、定員になり次第締め切り)
    ■持 ち 物 動きやすい服装、帽子、タオル、飲み物、雨具など
    ■備  考 雨天時は座学(希望者のみ)


    ■お問合せ 平成新山ネイチャーセンター
          TEL 0957-63-6752 FAX 0957-63-6753
          http://heiseinc.com/


    <雲仙諏訪の池ビジターセンター>━━━━━━━━━━━━━
    □星空観察会

    ■日 程 毎週土曜日の晴天時
    ■時 間 19:30〜21:30
         ※雨天・曇天・雷の場合中止
    ■参加費 無料
    ■対 象 どなたでも
    ■予 約 不要(21:00までに受付をすませてください)


    □ お手軽バードウォッチング

    諏訪の池ビジターセンター周辺で、ビジターセンターのスタッフと一緒にお散歩をしませんか?
    身近な自然がたっぷりの諏訪の池で、いろいろな野鳥をさがしましょう!
    30分〜120分コースの好きなコースを選んでくださいね。

    ■日 程 平成30年3月16日(金)、18日(日)、23日(金)〜25日(日)
         ※雨天、降雪時中止
    ■時 間 19:30〜16:00の好きな時間(受付は15:00まで)
    ■コース 60分、90分、120分より好きなコースをお選びください。
    ■参加費 無料
    ■定  員 1回1グループ 2名より実施
    ■申込み 3日前までに、お電話かカウンターで直接お申し込み下さい。
    ■備 考 団体やイベントが入っている場合は、お断りする事もあります(事前予約が確実です)。
         開催時間内の好きな時間を選んで頂けますが、1グループずつのガイドになり、先着順となります。
         (イベントは、同時に2つ以上の開催はできません。)


    ■お問合せ 雲仙諏訪の池ビジターセンター
          TEL 0957-76-5010 FAX 0957-74-9051
          http://suwanoikevc.web.fc2.com/


    <長者原ビジターセンター>━━━━━━━━━━━━━━━━
    □ タデ原の自然観察会

    ラムサール条約登録湿地・タデ原(たでわら)の木道やその周辺を、くじゅうの自然や歴史の話をしながらゆっくり歩きます。案内人は「九重の自然を守る会」のボランティアガイドの方々。
    野焼きを終えたタデ原は、草花も芽吹きはじめて、日々様子を変えていきます。その日ならではの「春」を感じながら歩きませんか?

    ■主 催 九重の自然を守る会・長者原ビジターセンター
    ■日 時 3月18日(日)、25日(日)、4月1日(日)、8日(日)、15日(日)、22(日)、29日(日)、30日(月・祝日振休)
         いずれも10:00〜12:00
    ■申込み 朝10:00までに長者原ビジターセンターの受付までお越しください。
         個人参加の場合、予約は不要です。
         団体参加の場合は事前にご相談ください。
    ■参加費 無料
     

    □ タデ原のミニガイドウォーク
     
    長者原ビジターセンターの職員といっしょに、タデ原湿原の木道約800mのコースを30分ほどかけて歩きます。
    普段は気が付かないタデ原の見どころや、一年を通した移り変わりなど、いろいろな話が満載です。

    ■主 催 長者原ビジターセンター
    ■日 時 毎日11:00〜 / 14:00〜 各30分程度
    ■申込み 当日出発時刻までに、長者原ビジターセンターの受付までお越しください。
         都合により中止にすることもありますので、参加希望の方はなるべく事前にお問い合わせください。
    ■参加費 1人100円(保険料込み)


    ■お問合せ 長者原ビジターセンター
          TEL 0973-79-2154
          http://kyushu.env.go.jp/nature/tyojyabaru/


    <南阿蘇ビジターセンター>━━━━━━━━━━━
    □ 南阿蘇ガイドウォーク「春はビジターがおもしろい!!」

    春は動植物がいろいろ観察できる時期です。
    南阿蘇ビジターセンターでは、バードウオッチング、阿蘇野草園散策、上色見熊野座神社詣り、奇岩ジオサイトのらくだ山歩き、高森殿の杉見学を実施予定です。
    どうぞお越しください。

    ■日  時 3月25日からの毎日曜日
    ■集合場所 休暇村南阿蘇 玄関(阿蘇郡高森町高森3219)
    ■参 加 費 無料
    ■準 備 物 らくだ山歩き・高森殿の杉見学の方は、運動靴でお越しください。
    ※ご希望のコースによって、所要時間などが異なります。詳細はビジターセンターへご連絡ください。


    □ 館内ワークショップ等

    南阿蘇ビジターセンターの館内では、カルデラ実験、DVDなどで阿蘇の自然をご紹介しています。
    以下のワークショップも常時を行っていますので、ご希望の方は受付にてお申込みください。

    ・木の実などを使ったクラフト作り(100円)
    ・本格的に墨と顔彩で描く絵手紙 (100円)
    ・折り紙(50円)
    ・ロープワーク(無料)


    ■申込み・お問合せ 南阿蘇ビジターセンター
              TEL 0967-62-0911
              http://www.minamiaso-vc.go.jp/


    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃九州地方環境事務所からのご案内
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □ アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]を随時更新しています!

    アクティブ・レンジャーとは、自然保護官の補佐役として、国立公園等のパトロール、調査、利用者指導、自然解説などの業務を担う環境省の職員です。
    管内には、瀬戸内海、西海、雲仙天草、阿蘇くじゅう、霧島錦江湾、屋久島、慶良間諸島、西表石垣、やんばる、奄美群島国立公園があります。
    アクティブ・レンジャー日記では、各国立公園での活動情報などを担当官が紹介しています。
    最新の掲載記事は次のとおりです。

    【3月】
    ■屋久島国立公園パークボランティア活動報告!【屋久島地域】(屋久島)
    ■ツルと人との共生のあり方を探る!ツル越冬地マイカー規制の社会実験(出水)
    ■サンゴの日イベント☆(西表石垣)
    ■阿蘇の野焼きシーズン到来! (阿蘇くじゅう)
    ■鹿児島地区パークボランティア募集中!!(霧島・錦江湾)
    ■九州管内アクティブレンジャー会議!【屋久島地域】(屋久島)
    【2月】
    ■今日の巡視・回収(漂着油関係)(徳之島、奄美)
    ■屋久島国立公園パークボランティア 普通救命講習受講(屋久島)
    ■特定外来種オオフサモ防除作業【屋久島地域】(屋久島)
    ■バードセイバーで野鳥にやさしい環境づくり【屋久島地域】(屋久島)
    ■くじゅうの冬〜大船山〜(阿蘇くじゅう)
    ■冬のやんばると小学校とのクイナ調査【やんばる地域】(やんばる)
    ■用海岸(笠利)で漂着油の海岸清掃を実施!(奄美)
    ■くくりわなかかるツシマヤマネコたち(対馬)

    アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]トップページ
    http://kyushu.env.go.jp/blog/index.html
    ※随時更新されています。過去の記事は上記ウェブサイトにアクセスしていただき、ページ右側のカレンダー等から閲覧することができます。


    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃関連情報
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □【ご案内】小浜温泉発電プロジェクト10周年記念講演会「小浜温泉の地学的背景」
     
    長崎大学と小浜温泉,産学官が連携してスタートした未利用温泉水による温泉発電プロジェクトは,着手から10年が経過しました。
    プロジェクトの原点ともいえる国内屈指の豊富な湯量と熱量を誇る小浜温泉の地学的背景をテーマに、九州大学名誉教授の太田一也先生に講演していただきます。
    また同時開催として,小浜温泉発電プロジェクト10年のあゆみをパネル・写真展示により振り返ります。

    ■日 時 平成30年3月18日(日)14:00-16:10(13:30開場)
    ■場 所 雲仙Eキャンレッジ交流センター
        (雲仙市小浜町北本町862-2 島鉄バス小浜バスターミナル2階)
    ■参 加  下記のお問合せ先にお申込みください。(事前申し込みをお願いします。)

    詳しくはこちらをご覧ください。
    https://epo-kyushu.jp/news-list/kyushu-news/1090-10.html

    ■お問合せ・お申込先
    長崎大学環境科学部総務班(担当:冨工)
    Tel 095-819-2713 / E-mail

    雲仙Eキャンレッジ交流センター(担当:佐々木)
    Tel0957-74-3345 / E-mail


    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    【発 行】
    九州地方環境パートナーシップオフィス EPO九州
    https://epo-kyushu.jp    E-mail:

    九州地方ESD活動支援センター
    http://kyushu.esdcenter.jp  E-mail:

    〒860−0806 熊本市中央区花畑町4-18 熊本市国際交流会館2F
    TEL:096-312-1884  FAX:096-312-1894
    開所日 火〜土曜日(10:00〜19:00)
    休所日 日・月曜日、祝日、年末年始。熊本市国際交流会館休館日。



    【リンク】
    九州地方環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/

    那覇自然環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/naha/

    国立公園 http://www.env.go.jp/park/

    地球環境基金の情報館 http://www.erca.go.jp/jfge/index.html

    地球環境パートナーシッププラザ http://www.geoc.jp/

    環境らしんばん http://www.geoc.jp/rashinban/

    九十九島ビジターセンター http://www.kujukushima-visitorcenter.jp/

    雲仙お山の情報館 http://unzenvc.com/

    平成新山ネイチャーセンター http://heiseinc.com/

    雲仙諏訪の池ビジターセンター http://suwanoikevc.web.fc2.com/

    長者原ビジターセンター  http://kyushu.env.go.jp/nature/tyojyabaru/

    阿蘇草原保全活動センター 草原学習館 http://aso-sougencenter.jp/

    南阿蘇ビジターセンター http://www.minamiaso-vc.go.jp/

    えびのエコミュージアムセンター http://www.ebino-ecomuseum.go.jp/

    重富海岸自然ふれあい館 なぎさミュージアム http://www.nagisa-museum.com/

    対馬野生生物保護センター http://kyushu.env.go.jp/twcc/

    漫湖水鳥・湿地センター http://www.manko-mizudori.net/

    やんばる野生生物保護センター http://www.ufugi-yambaru.com/

    西表野生生物保護センター http://iwcc.a.la9.jp/

    ----------------------------------------------------------------
    当メルマガへの登録・退会は、
    http://epo-kyushu.jp/about/magazine.html
    もしくは、退会用URL: http://epo-kyushu.jp/xmailinglist/eponews/
    のフォームからお願いいたします。
    ----------------------------------------------------------------
    環境パートナーシップに関するご質問、当メルマガへのご意見、ご感想
    などがございましたらまでどうぞ!
    ----------------------------------------------------------------

EasyTagCloud v2.8

地域循環共生圏公募
2020年01月28日

令和2年度 地域循環共生圏づくりプラット…

令和2年度 地域循環共生圏づくりプラットフォームの構築に向けた地域循環共生圏の創造に取り組む活動団体の公募について…
2020年01月28日

【佐賀】唐津市版脱炭素イノベー…

唐津市版脱炭素イノベーションによる地域循環共生圏を考える地域エネルギーセミナー…
2020年01月22日

【募集】国土緑化推進機構「緑の…

公益社団法人国土緑化推進機構から2つの助成金情報のお知らせです。また、助成プログラム紹介と個別相談会…
2020年01月21日

令和2年度期間業務職員の募集に…

九州地方環境事務所では、令和2年度の期間業務職員の募集を行っております。…
2020年01月18日

【鹿児島】パーク&ライド出水ツ…

九州地方環境事務所では、ツルの渡来地である鹿児島県出水市において、関係機関と協力の下、ツルとの共生に…