93 対象のタグ "鹿児島県"

  • 「島にまなぶ持続可能な地域づくり交流フォーラム」開催のお知らせ

    今回、当センターでは初の企画として、九州・沖縄の島しょ地域でESD活動を実践する自治体・NPO・ビジターセンター等を招いた交流会を開催いたします。
    各島しょ部の多様な主体による、地域や活動分野を超えた情報共有の場となりますので、皆様のご参加お待ちしております。

    ご参加希望の方はメール本文に、お名前、ご所属、連絡先を明記の上、info@epo-kyushu.jp までお送りください。


    ◆ 日 時  平成30年3月24日(土)13:30開会~16:30閉会
    ◆ 会 場 福岡県中小企業振興センター 401会議室A
    〒812-0046 福岡県福岡市博多区吉塚本町9番15号 (福岡市吉塚駅すぐ)
    ◆ 対 象  ESD活動実践者、有識者、および自治体・教育委員会関係者
    ◆ 内 容  ・当センターからのESDについての話題提供
    ・各島しょ部団体からの活動紹介・意見交換
    ・参加地域(予定)
        対馬(長崎)・石垣島(沖縄)・奄美大島(鹿児島)

        五島列島(長崎)・甑島(鹿児島)

    プログラム
    13:30 開会挨拶、趣旨説明
    13:40 話題提供
         島しょ地域とESDについて
    14:15 島しょ地域の活動紹介と意見交換
        〇島での学び・教育活動について
         対馬市教育委員会(対馬)、NPO夏花(石垣)
        〇島の環境保全
         奄美猫部(奄美)
        〇島のツーリズム
         鐙瀬ビジターセンター(五島)、甑島
    16:20 「地域ESD拠点」登録制度の紹介
    16:30 閉会

    ilovepdf com

    プログラム

    13:30 開会挨拶、趣旨説明

    13:40 話題提供

         島しょ地域とESDについて

    14:15 島しょ地域の活動紹介と意見交換

        〇島での学び・教育活動について

         対馬市教育委員会(対馬)、NPO夏花(石垣)

        〇島の環境保全

         奄美猫部(奄美)

        〇島のツーリズム

         鐙瀬ビジターセンター(五島)、甑島

    16:20 「地域ESD拠点」登録制度の紹介

    16:30 閉会

    ESDとは:ESDは、Education for Sustainable Developmentの略で「持続可能な開発のための教育」と訳されています。現在、世界には、環境・貧困・人権・平和・開発といった様々な地球規模の課題があります。
    ESDとは、地球に存在する人間を含めた命ある生物が、遠い未来までその営みを続けていくために、これらの課題を自らの問題として捉え、一人ひとりが自分にできることを考え、実践していくこと(think globally, act locally)を身につけ、課題解決につながる価値観や行動を生み出し、持続可能な社会を創造していくことを目指す学習や活動です。つまり、ESDは持続可能な社会づくりの担い手を育む教育です。

  • 【3/19参加募集】島しょ地域ESD交流会

    九州地方環境パートナーシップオフィスでは下記の通りESD交流会を企画いたしました。

    【3/8UPDATE】ご登壇の皆様の紹介を追加しました!

     

    20190319島しょESD交流会

    pdf20190319島しょESD交流会.pdf678 KB

     

     

     

    九州・沖縄地域の特色である、島(とう)しょの文化。
    島々のくらしに根付いた学びや、地域活動に取組むみなさんがアイデアを共有する交流会です。
    また、SDGsについての基本的な考え方を共有し、
    島しょ地域への活用について意見交換を行います。

     

    日 時:平成31年3月19日
    会 場:鹿児島県共生・協働センター(かごしま県民交流センター1階東棟)

    住所:鹿児島市山下町14番50号
    アクセス:市電「水族館口電停」下車 徒歩4分

     

    プログラム

     

    13:00

    開会

     

    13:10

    話題提供

    ・島しょの地域づくりとSDGs
    福岡教育大学 石丸 哲史先生

     

    13:50

    島のくらし・文化とSDGs

    ・島しょ地域の活動紹介

    ●屋久島     OYAKOLABO 代表             福元 豪士様 
    ●沖永良部島 和泊町役場 地域おこし協力隊  金城 真幸様
    ●奄美大島 HUB a nice d! オーナー   山本 美帆様
         


    ・メディアによる離島との連携

    ●メディア          MBC南日本放送 ネットワーク局ラジオ部  七枝 大典様   


    コーディネーター
    NPO法人くすの木自然館 代表理事 浜本 奈鼓さん

     

    15:30

    意見交換

     

     

    参加申込

    お名前、ご所属、連絡先を までお知らせください。
    お問合せ:096-312-1884(EPO九州)

     

    主催:九州地方環境パートナーシップオフィス
    共催:九州地方ESD活動支援センター
    後援:鹿児島県

  • 【ピックアップ】重富海岸自然ふれあい館 なぎさミュージアム

    重富海岸自然ふれあい館なぎさミュージアムは、干潟が広がる重富海岸を中心に錦江湾奥部の自然環境についてご案内している施設です。
    今年で5年目を迎えた新しい施設です。館内ではパネル展示に加えて、錦江湾にすむ魚やカニなどを水槽で飼育しています。
    夏は重富海岸がもっともにぎわう季節です。満潮時には海水浴を、干潮時には干潟のいきもの観察を楽しむことができます。
    夏休みには毎日プログラムとして、干潟のいきものツアーをおこなっています。
    マメコブシガニやウミニナ、ヤドカリやチクゼンハゼなどのいきものたちに会えますよ♪
    また、今年度より通年、お客様のご希望に合わせた日程での干潟のいきものツアーやウェーダーウォークなどのツアーを実施しておりますのでお気軽にお問い合わせください。
    桜島をのぞむ海岸の松林の中でゆったり過ごすのもおすすめです。

     

     

    錦江湾学習会第1回 「錦江湾に漂う海洋ごみって?」

    gakushukai shigetomi

     

    ■日 程 6月15日(土)
    ■時 間 19:00~21:00
    ■参加費 1,000円
    ■申込方法 メールか電話でお申し込みください
    ■準備物 筆記用具、懐中電灯
    ■備 考 
    ■申込・問合せ先
    施設名 重富海岸自然ふれあい館なぎさミュージアム
    ℡・FAX 0995-73-3146

    URLはこちら

     

     

    □錦江湾学習会第2回 フィールド講座「魚類標本庫へ行ってみよう」

    ■日 程 7月27日(土)
    ■時 間 10:00~12:00
    ■参加費 2,000円
    ■申込方法 メールか電話でお申し込みください
    ■準備物 筆記用具
    ■備 考 開催場所:鹿児島大学総合研究博物館
    ■申込・問合せ先
    施設名 重富海岸自然ふれあい館なぎさミュージアム
    ℡・FAX 0995-73-3146

    URLはこちら

     

    □ブルーサンタでごみ拾いin重富海岸

    ■日 程 7月15日(月)
    ■時 間 10:30~11:30
    ■参加費 無料
    ■申込方法 メールか電話でお申し込みください
    ■準備物 雨靴かかかとが固定できる靴またはサンダル、ブルーサンタTシャツをお持ちの方はご持参ください
    ■備 考 
    ■申込・問合せ先
    施設名 重富海岸自然ふれあい館なぎさミュージアム
    ℡・FAX 0995-73-3146
    URL等 https://blueshipjapan.com/event/4192

     

     

  • 【参加募集】重富海岸なぎさミュージアム 錦江湾学習会&いきものツアー

    鹿児島県姶良市の重富海岸なぎさミュージアムからイベントのお知らせです。

    ぜひご参加ください!

     

     

    DSC 0639 002

     

    □錦江湾学習会第3回「謎の寄生生物カイアシ類を探そう」

    ■日 程 8月17日(土)
    ■時 間 19:00~21:00
    ■参加費 1,000円
    ■申込方法 電話またはメール 
    ■準備物 特にありません
    ■備 考 
    ■申込・問合せ先
    施設名 重富海岸自然ふれあい館なぎさミュージアム
    ℡・FAX 0995-73-3146
    URL等 http://www.nagisa-museum.com/795-2/

     

     

    □夏休み(ほぼ)毎日プログラム 干潟のいきものツアー

    ■日 程 9月1日(日)まで
    ■時 間 干潮時間
    ■参加費 1時間大人1,000円、子ども500円
    ■申込方法 電話またはメール
    ■準備物 長靴又はかかとが固定できるサンダル、帽子、タオル、飲み物、着替え
    ■備 考 
    ■申込・問合せ先
    施設名 重富海岸自然ふれあい館なぎさミュージアム
    ℡・FAX 0995-73-3146
    ■URL等
    http://www.nagisa-museum.com/%e5%a4%8f%e4%bc%91%e3%81%bf%ef%bc%88%e3%81%bb%e3%81%bc%ef%bc%89%e6%af%8e%e6%97%a5%e3%83%97%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%a0%e3%80%80%e5%b9%b2%e6%bd%9f%e3%81%ae%e3%81%84%e3%81%8d%e3%82%82%e3%81%ae/

  • 【参加募集】重富海岸自然ふれあい館なぎさミュージアム 錦江湾学習会

    鹿児島県姶良市の 重富海岸自然ふれあい館なぎさミュージアムにて下記の通り学習会が開催されます。

     

    DSC 0639 002

     

    □錦江湾学習会第4回「錦江湾の海藻」


    ■日 程 10月13日(土)
    ■時 間 19:00~21:00
    ■参加費 1,000円
    ■申込方法 電話かメールでお申し込みください
    ■準備物  筆記用具
    ■備 考 中学生以下は保護者同伴でご参加ください


    ■申込・問合せ先
    施設名 重富海岸自然ふれあい館なぎさミュージアム
    ℡・FAX 0995-73-3146
    URL等 http://www.nagisa-museum.com/

  • 【参加者募集】錦江湾学習会 第2回「南九州の昆虫~ライフワークとして楽しむ生物観察~」

    平成30年6月~3月まで、毎月1回、土曜の夜に開催している錦江湾学習会。
    第2回は、一般財団法人自然公園財団えびの支部 須田 淳氏を講師に迎え、「南九州の昆虫~ライフワークとして楽しむ生物観察~」を開催します。

    ■日 程:7月14日(土)
    ■時 間:19:00~21:00
    ■参加費:1,000円
    ■申込方法:電話、メール、メッセージ等で申し込み
    ■準備物:特になし
    ■申込・問合せ先:
     施設名 重富海岸自然ふれあい館なぎさミュージアム 
     MAIL:
     TEL:0995-67-6042(NPO法人くすの木自然館)
     FAX:0995-73-3146

    平成30年度錦江湾学習会開催予定一覧
    ec54541b679866a241e8bc16b703b3e6
  • 【更新】重富干潟自然ふれあい館なぎさミュージアムからのお知らせ(11月~)

    重富海岸自然ふれあい館 なぎさミュージアム http://www.nagisa-museum.com/

    〒899-5652 鹿児島県姶良市平松7675 Tel/Fax:0995-73-3146
    下記イベントの詳細は、上記センターへお問い合わせください。

     なぎさミュージアム

     

  • 【開催報告】島にまなぶ持続可能な地域づくり交流フォーラム

    P3240016

     

    平成30年3月24日㈯、福岡市博多区におきまして、「島にまなぶ持続可能な地域づくり交流フォーラム」を開催いたしました。

    島しょ部のESD実践者による交流と、情報の共有を目的としたフォーラムです。

    島ごとに自然環境や地域課題は異なるものの、島という限定された環境ならではの共通の課題やテーマもあり、島という視点で課題意識を共有することで、島固有の地域資源や自然環境を守りながら、活用していくための手がかりを共有する機会となりました。

    フォーラム詳細のレポートは下記のリンクからどうぞ。

    【開催報告】島にまなぶ持続可能な地域づくり交流フォーラム(福岡市)

     

  • 【開催報告】平成29年度 協働取組フォーラム

    kyodo forum2017 1

    平成29年12月14日(木)、福岡市中央区にて「平成29年度協働取組フォーラム」を開催しました。

    環境省では、環境教育等促進法に基づく協働取組を推進していくために、平成25年度より地域活性化に向けた協働取組加速化事業を行っています。今回のフォーラムは5カ年のモデル事業の成果をふまえて、協働取組を実践した団体、行政担当者による、ノウハウの共有や、政策提案・支援のあり方について意見交換を行うことを目的としています。

    フォーラムでは、九州・沖縄地域の5つの特徴的な協働取組が、活動団体と行政担当者からのコメントと共に紹介されました。

    それぞれ「ネットワーク型政策協働の取組」「未利用資源活用型政策協働の取組」「マルチステークホルダー型政策協働の取組」として、3つのタイプに分けてセッションを展開しました。

    3名のアドバイザーからは、各取組に対し様々な意見交換や質問がなされ、参加者にたくさんの新しい気づきが生まれたフォーラムとなりました。

    今後もそれぞれの地域で生まれた取組が、多様なステークホルダーにより継続され、大きな波となって展開していくことと思います。

     

    ■日時   平成29年12月14日(木)14:00~17:00
    ■会場 久留米大学福岡サテライト 会議室
        (福岡県福岡市中央区天神1-4-2 エルガーラオフィス6階)


    ■セッション1 ネットワーク型政策協働の取組
     ・NPO法人グリーンシティ福岡  × 福岡県広域地域振興課
     ・NPO法人くすの木自然館    × 鹿児島県霧島市環境衛生課
    ■セッション2 未利用資源活用型政策協働の取組
     ・一般社団法人小浜温泉エネルギー   × 長崎県雲仙市環境政策課
     ・NPO法人筑後川流域連携倶楽部   × 久留米市新産業創出支援課
    ■セッション3 マルチステークホルダー型政策協働の取組
     ・NPO法人おきなわグリーンネットワーク × 沖縄県営農支援課

     

    パネルディスカッションでは、3名のアドバイザーから「政策協働の勘所」として下記のようなご意見が挙がりました。

    ・得意分野を活かす、信頼関係を築く
    ・もう一歩「川上」のことを話しあう
    ・ソーシャルキャピタルのプラットフォーム

     

    また、会場の参加者の皆様からは下記のような「政策協働の勘所」が寄せられました。
    ・実際に地域を歩いてみること
    ・楽しむ
    ・進化+協働
    ・お互いを認める余裕を持ち、持続可能な関係づくり
    ・思いを形に各々のスキルをシンプルに合体
    ・「行政のやって欲しいこと」が好きな人を見つけてつなげる!!
    ・民間にとって継続の動機は「利益」を明確にできること。
    ・ミッション
    ・独りよがりでない共有可能な課題の設定
    ・相談→共有できる解決策・課題、明確化・共有→ゆるい協働からスタート、情報の共有
    ・庁内の情報共有(行政の協働)
    ・課題の共有、行政が取り組む理屈づけ
    ・共通の目標、ビジョンの共有
    ・共有(情報・課題・地域の思い)

     

    kyodo forum2017 1

     

    kyodo forum2017 1

     

    kyodo forum2017 1

  • 【開催報告】平成29年度ビジターセンター意見交換会

    平成29年12月18日㈰・19日㈪の2日間に渡り、鹿児島県姶良市・鹿児島市をフィールドにビジターセンター意見交換会を実施しました。

    九州各県のビジターセンター等施設の職員の皆様を対象に、ESD推進についての周知ならびに連携、博物館等専門機関等との連携についての情報交換・交流の場とすることを目的としました。

    1日目の会場は「重富海岸自然ふれあい館 なぎさミュージアム」です。

    錦江湾奥部は、日本随一の海域カルデラ景観を有する姶良カルデラからなり、平成24年には周辺のカルデラ壁や錦江湾を眺望する展望地とともに、霧島錦江湾国立公園に指定されました。

    公園内にある重富海岸では、雄大な桜島を臨み、希少なクロツラヘラサギをはじめ、独特な地形の中で育まれた豊かな生態系を見ることができます。

    PC180100

     

  • 【開催終了】2020年度地球環境基金助成金説明会 鹿児島会場

    (独)環境再生保全機構は、環境保全活動を行う環境NGO・NPOへ、地球環境基金の交付を行っています。
    この度、2020年度地球環境基金の助成金募集に関する説明会を鹿児島県にて開催します。
    基金の説明に加え、助成金申請のポイントや、注目されるSDGs(持続可能な開発目標)についても紹介します。
    地域の環境保全活動に関心のある方は、この機会にぜひご参加ください。

    s 地球環境基金 NEW pages to jpg 0001
    プログラム
    ●SDGs(持続可能な開発目標)の紹介
    ●鹿児島での環境活動について
    ●助成メニューの紹介、説明
    ●活動計画の立て方について
    ●申請・要望書作成のポイント解説
    ●地球環境基金による質疑応答
    ●活動に関する個別相談会


    ■日時:2019年10月18日(金)18:30~20:45
    ■会場:かごしま県民交流センター 中研修室第2
        鹿児島市山下町14番50号 
        【鹿児島市電「水族館口電停」下車 徒歩4分】
    ■定員:40名(参加無料、要事前申込み)
    ■対象:環境NPO等、資金獲得に関心のある方
        ★任意団体のみなさんにもおすすめです!

    ■お申込み方法(下記のいずれかの方法でお申込みください)
     ◆申込フォームに必要事項を入力
     https://forms.gle/3XqGEz52SZUCpp4H8
     ◆チラシ裏面のフォームに記入してFAX・郵送
     こちらのリンクから保存してください。 
     https://drive.google.com/file/d/1SrqFsbQjwmlMzSl4ezRRqqpSigyfoWqp/view?usp=sharing

     

    【地球環境基金について】
    この基金は、環境省所管の独立行政法人 環境再生保全機構により運用され、環境保全活動を行う環境NGO・NPOへ、
    資金の助成と活動の振興に必要な情報提供、調査研究、研修事業を行っています。
    助成金は、国からの出資金および運営費交付金、また民間からの寄付金によって提供されています。
    助成には、地域に根付いた活動や新たなモデル・制度を生み出すための支援など多様なメニューがあります。
    また、若手人材育成のための若手プロジェクトリーダー育成支援プログラムにも取り組んでいます。

    ★地球環境基金の助成金の詳細につきましては、下記をご確認ください。
    https://www.erca.go.jp/jfge/subsidy/application/index.html

    ■お問合せ
    九州地方環境パートナーシップオフィス(EPO九州)
    TEL:096-312-1884 FAX:096-312-1894

    主催:独立行政法人 環境再生保全機構 地球環境基金部
    協力:九州地方環境パートナーシップオフィス(EPO九州)
           一般社団法人 九州環境地域づくり


  • 【開催終了】2020年度地球環境基金助成金説明会 鹿児島会場

    (独)環境再生保全機構は、環境保全活動を行う環境NGO・NPOへ、地球環境基金の交付を行っています。
    この度、2020年度地球環境基金の助成金募集に関する説明会を鹿児島県にて開催します。
    基金の説明に加え、助成金申請のポイントや、注目されるSDGs(持続可能な開発目標)についても紹介します。
    地域の環境保全活動に関心のある方は、この機会にぜひご参加ください。

    s 地球環境基金 NEW pages to jpg 0001
    プログラム
    ●SDGs(持続可能な開発目標)の紹介
    ●鹿児島での環境活動について
    ●助成メニューの紹介、説明
    ●活動計画の立て方について
    ●申請・要望書作成のポイント解説
    ●地球環境基金による質疑応答
    ●活動に関する個別相談会


    ■日時:2019年10月18日(金)18:30~20:45
    ■会場:かごしま県民交流センター 中研修室第2
        鹿児島市山下町14番50号 
        【鹿児島市電「水族館口電停」下車 徒歩4分】
    ■定員:40名(参加無料、要事前申込み)
    ■対象:環境NPO等、資金獲得に関心のある方
        ★任意団体のみなさんにもおすすめです!

    ■お申込み方法(下記のいずれかの方法でお申込みください)
     ◆申込フォームに必要事項を入力
     https://forms.gle/3XqGEz52SZUCpp4H8
     ◆チラシ裏面のフォームに記入してFAX・郵送
     こちらのリンクから保存してください。 
     https://drive.google.com/file/d/1SrqFsbQjwmlMzSl4ezRRqqpSigyfoWqp/view?usp=sharing

     

    【地球環境基金について】
    この基金は、環境省所管の独立行政法人 環境再生保全機構により運用され、環境保全活動を行う環境NGO・NPOへ、
    資金の助成と活動の振興に必要な情報提供、調査研究、研修事業を行っています。
    助成金は、国からの出資金および運営費交付金、また民間からの寄付金によって提供されています。
    助成には、地域に根付いた活動や新たなモデル・制度を生み出すための支援など多様なメニューがあります。
    また、若手人材育成のための若手プロジェクトリーダー育成支援プログラムにも取り組んでいます。

    ★地球環境基金の助成金の詳細につきましては、下記をご確認ください。
    https://www.erca.go.jp/jfge/subsidy/application/index.html

    ■お問合せ
    九州地方環境パートナーシップオフィス(EPO九州)
    TEL:096-312-1884 FAX:096-312-1894

    主催:独立行政法人 環境再生保全機構 地球環境基金部
    協力:九州地方環境パートナーシップオフィス(EPO九州)
           一般社団法人 九州環境地域づくり


  • 【開催終了】地球環境基金助成金説明会 鹿児島会場

    鹿児島県で開催される2020年度地球環境基金の助成金説明会がいよいよ本日開催となりました!
    日頃、環境保全活動を実践している団体や環境問題などに意識的に動かれている方には、助成金について詳しく知るチャンスです!
    当日は、今注目の「SDGs(持続可能な開発目標)」や鹿児島県での環境活動をされている団体のお話、活動計画の立て方など、
    充実した内容を聞くことができます。
    また、ご自身の団体の活動に関する個別相談会も承ります。

    s 地球環境基金 NEW pages to jpg 0001

    詳細は、下記ページをご確認ください。
    https://epo-kyushu.jp/epo-topix/news-of-epo-kyushu/1371-2020.html

    ご予約は、下記フォームから可能です。
    https://forms.gle/3XqGEz52SZUCpp4H8

    ぜひ、この機会にぜひご参加ください。

     

    ■お問合せ
    九州地方環境パートナーシップオフィス(EPO九州)
    TEL:096-312-1884 FAX:096-312-1894

    主催:独立行政法人 環境再生保全機構 地球環境基金部
    協力:九州地方環境パートナーシップオフィス(EPO九州)
           一般社団法人 九州環境地域づくり

  • EPO九州 メールマガジン 「えぽねっと九州」vol.105

    ESDあるある#
    同じものでも、いろんな見方があるから面白い
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     九州・沖縄のタイムリーな環境情報をお届けする
                    「EPOねっと九州」vol.105

    ◇今月の施設情報
    ◆南阿蘇ビジターセンター(施設紹介)
    ◆九十九島ビジターセンター
    ◆雲仙諏訪の池ビジターセンター
    ◆長者原ビジターセンター
    ◆阿蘇草原保全活動センター 草原学習館
    ◆重富干潟自然ふれあい館 なぎさミュージアム
    ◆やんばる野生生物保護センター ウフギー自然館

    ◇EPO九州より
    国立公園の公式Instagram(インスタグラム)が先月、開設されました。
    環境省が推進する「国立公園満喫プロジェクト」の一環として、
    国立公園の「感動」をアクティブレンジャーが中心となり配信しています。
    現在は、秋の紅葉から冬の雪化粧、タンチョウの舞う姿などの優美な姿が
    投稿されています。ぜひご覧ください。

    ■公式ページはこちら https://www.instagram.com/nationalpark_japan/
    ■報道発表資料 http://www.env.go.jp/press/103024.html
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    発行日:平成28年11月15日発行
    発 行:九州環境パートナーシップオフィス EPO九州
    URL:http://epo-kyushu.jp   E-mail:
    Facebook:http://www.facebook.com/epokyushu
    協 力:環境省 九州地方環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/
        環境省 九州・沖縄管内ビジターセンター 他
    -------------------------------------------------------------
    【お詫びと訂正】
    10月末発行のvol.104にて、一部正しくリンクできていない記事がございましたので、
    修正してお詫びいたします。

    □平成28年度 白書を読む会 開催報告
    正しいリンク先は、こちらです
    http://epo-kyushu.jp/epo-topix/environment-partnership/868-28.html


    【もくじ】
    ■EPO九州からのご案内
    □ 平成29年度地球環境基金助成金説明会(熊本会場)開催のお知らせ
    □ 平成28年度「環境教育・ESD カリキュラムデザイン研修会」のご案内
    □「自主簡易アセスde持続可能な地域づくり」のご案内

    ■ビジターセンターのご紹介
    □ 南阿蘇ビジターセンター

    ■ビジターセンターからのお知らせ
    <九十九島ビジターセンター>
    □ 平戸・歴史ウォーク
    □ 九十九島サロン5『西海に浮かぶ小さな島 小値賀』

    <雲仙諏訪の池ビジターセンター>
    □ 天体イベント情報
    □ 見つけよう!探そう!諏訪の池の野鳥たち~お手軽バードウォッチング~

    <長者原ビジターセンター>
    □ タデ原の自然観察会のお知らせ
    □ 九重町主催 生物多様性シンポジウムのお知らせ

    <阿蘇草原保全活動センター 草原学習館>
    □ 日本野鳥の会写真展@草原学習館
    □ 水辺の鳥観察会@内牧遊水池

    <重富干潟自然ふれあい館 なぎさミュージアム>
    □ 錦江湾学習会 第6回 錦江湾の地魚を食べる
    □ 錦江湾学習会 第7回 津波と火山噴火に備える

    <やんばる野生生物保護センター ウフギー自然館>
    □ 森のお散歩観察会(12月) ~冬の森の彩りを探そう!~

    ■九州地方環境事務所からのご案内
    □ アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]を随時更新しています!


    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃EPO九州からのご案内
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □ 平成29年度地球環境基金助成金説明会(熊本会場)開催のお知らせ

    独立行政法人環境再生保全機構 地球環境基金部では、環境保全活動を行う
    環境NGO・NPOへ、資金の助成などの支援を行っています。
    九州・沖縄地域では熊本で説明会を開催し、平成29年度の地球環境基金助成金
    の説明や要望書作成のポイント、活動計画のの立て方などの紹介を行います。
    NPOの資金獲得に向けて、ぜひこの機会をご利用ください。

    ■日 時 平成28年12月 9日(金) 18:30~20:30
    ■会 場 熊本市国際交流会館 第3会議室(熊本県熊本市、花畑町駅より徒歩1分)
    ■定 員 40名(参加無料)
    ■対 象 NPOの資金獲得に関心のある方ならどなたでも。
    ■主 催 独立行政法人環境再生保全機構 地球環境基金部
    ■協 力 九州環境パートナーシップオフィス(EPO九州)、(一社)九州環境地域づくり

    ■内容
    ◆地球環境基金助成金について:
    平成29年度地球環境基金助成金について説明。要望書作成のポイントも紹介します。
    (特徴、スケジュール、申請のポイントなど)
    ◆プロジェクトの立て方について:
    活動計画の立て方について例を交えながら紹介。
    ◆質疑応答:事例などの質疑応答も行います。

    地球環境基金についてはこちら https://www.erca.go.jp/jfge/

    参加人数把握のため、事前の参加お申込みをお願いします。
    お申込みはこちら https://goo.gl/forms/GnwZWkO9PorL4YdQ2

    ■お問合せ
    EPO九州   メール:
    TEL:096-312-1884 FAX:096-312-1894


    _________________________________

    □ 平成28年度「環境教育・ESD カリキュラムデザイン研修会」のご案内

    本研修会は、学校の教員等、学校や地域において環境教育に関わる方を対象として、
    学校の授業や地域の活動において相互が連携し、ESDの視点を踏まえた環境教育の
    カリキュラムデザイン力・実践力を向上させることを目的とするものです。

    ■主催 環境省、協力 文部科学省

    ■福岡会場
     日 時 平成28年12月17日(土) 9:30~17:00
     会 場 福岡県立社会教育総合センター(福岡県糟屋郡篠栗町大字金出3350-2)
    東京、大阪会場もあります。

    ■定  員  各会場、最大100名
    ■申込期限   研修会開催日の1週間前まで  ※定員に達し次第、募集を締め切り
    ■受  講  料   無料
    ■募集の対象
    学校や地域において環境教育を実践している・実践しようとしている方


    ■お問合せ
    研修会運営事務局(担当:清水(しみず)、小堀(こぼり))
    〒116-0013 東京都荒川区西日暮里5-38-5 日能研ビル1階
    公益社団法人日本環境教育フォーラム内
    TEL 03-5834-2897  FAX 03-5834-2898
    E-mail 

    詳細はこちら http://www.jeef.or.jp/activities/esd_teacher/


    _________________________________

    □「自主簡易アセスde持続可能な地域づくり」のご案内

    地域の持続的な発展・開発はどのように進めたらよいでしょうか? 環境アセス
    メント(環境影響評価)はどのように行われているでしょうか。
    本セミナーでは、国や自治体の環境影響評価(アセス)制度の対象とならない
    中小規模の開発事業においても、自ら評価できるように、自主簡易アセスメント
    の手法や事例、支援ツールをご紹介し、地域で実践する仲間を広げます。

    ■日 時 平成28年12月22日(木)17時30分~19時30分
    ※セミナー終了後、講師を交えた交流会を開催いたします(会費制)
    ■会 場  熊本市国際交流会館2F国際交流ラウンジ
    ■参加費  無料
    ■対 象 地域に根ざして活動する環境NGO・NPO、環境系コンサルタント事業
    者、地方自治体の環境対策またはまちづくり等の担当者、環境政策に関する研究
    者・学生

    1)話題提供「自主簡易アセスの実践と支援ツールの開発」(60分)
      講師:傘木宏夫(NPO地域づくり工房代表理事、環境アセスメント学会常務理事)
    2)意見交換 協力団体等の活動紹介、質疑応答など(45分)

    ■主催:NPO地域づくり工房、一般社団法人九州環境地域づくり
    ■共催:一般財団法人国際交流振興事業団
    ■協力:九州環境パートナーシップオフィス、一般社団法人環境パートナーシップ会議

    ■お申込・問合せ https://goo.gl/4uRy22
     
     お名前・ご所属・E-mailをお知らせ下さい。


    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃ビジターセンターのご紹介
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    <南阿蘇ビジターセンター>

    南阿蘇ビジターセンターは、阿蘇の火山の成り立ちや草原と人との営み、阿蘇
    の生き物について楽しみながら学べる施設です。
    ガイドウォークやクイズラリー、火山実験、クラフト体験等、わくわくいっぱいの
    阿蘇を体験できるプログラムを提供しています。
    隣接する阿蘇野草園は、阿蘇の自然をぎゅぎゅっと凝縮した生き物たちの宝庫!
    四季折々の野の花や野鳥、昆虫などにふれあえるおすすめのフィールドです。
    この時期遠見塚展望所からみる、らくだ山のススキは絶景ですよ。阿蘇地区
    パークボランティアの拠点施設でもあり、阿蘇野草園の自然情報の提供やガイド、
    清掃活動など多方面で活躍しています。是非気軽に声をかけてみてくださいね。


    ■南阿蘇ビジターセンター
    〒869-1602 熊本県阿蘇郡高森町高森3219 TEL/FAX 0967-62-0911
    http://www.minamiaso-vc.go.jp/

         <次回は、えびのエコミュージアムセンターをご紹介します>



    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃ビジターセンターからのお知らせ
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    <九十九島ビジターセンター>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    □ 平戸・歴史ウォーク

    西海国立公園特別保護地区で国指定天然記念物になっている黒子島
    をながめつつ、歴史の町・平戸を奥深く散策します。

    ■日  程 平成28年12月4日(日)
    ■時  間 10:00~12:00
    ■開催場所 平戸港交流広場(観光案内所前)集合
    ■参 加 費 無料
    ■対  象 小学3年生以上(小学3年生は保護者も参加)
    ■定  員 20名

    ■募集締切 平成28年11月21日(月)必着

    ________________________________

    □ 九十九島サロン5『西海に浮かぶ小さな島 小値賀』

    五島列島の北部に位置する小値賀諸島の歴史や文化についての話を聞き、
    語り合います。

    ■日  程 平成28年12月11日(日)
    ■時  間 13:00~15:00
    ■開催場所 九十九島ビジターセンター
    ■参 加 費 無料
    ■対  象 どなたでもお気軽にご参加ください
    ■講  師 平田賢明 氏(小値賀町歴史民俗資料館 学芸員)

    ----------------------------------------------------------------
    ■お問合せ 九十九島ビジターセンター
    http://www.kujukushima-visitorcenter.jp/
    TEL 0956-28-7919

    <雲仙諏訪の池ビジターセンター>━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □ 天体イベント情報

    ■星空観察会
     日  程 毎週土曜日及び12月23日(金)
          12月30日(金)31日(土)~1月3日(火)晴天時
     時  間 19:30~21:30
          ※雨天・曇天・雪・積雪の場合中止
     参 加 費  無料
     対  象 どなたでも
     予  約 不要(21:00までに受付をすませてください)

    ■太陽観察会
     日  程 平成28年12月17日(土)平成29年 1月 1日(日)
     時  間 14:00~15:30
           ※雨天・曇天・雪・積雪の場合中止
     参 加 費  無料
     対  象 どなたでも
     予  約 不要(15:15までに受付をすませてください)


    ________________________________

    □ 見つけよう!探そう!諏訪の池の野鳥たち~お手軽バードウォッチング~

    ビジターセンター周辺の林や諏訪の池周辺でスタッフと一緒に、いろいろな野鳥
    を探しませんか?
     双眼鏡が無くても大丈夫!初心者や親子連れにピッタリの内容です。
    諏訪の池 観察
    ■日  程 平成28年12月3日(土)4日(日)10日(土)18日(日)
          23日(金)~27日(火)30日(金)31日(土)
          平成29年 1月2日(月)3日(火)5日(木)~8日(日)
          ※雨天中止
    ■時  間 10:00~15:00の好きな時間
    ■コ ー ス 60分、90分、120分の好きなコースをお選びください
    ■参 加 費 無料
    ■定    員 1回1グループ 2名より(10名以上は、事前申し込み)
    ■お申込み 前日までにお電話、カウンターにてお申し込み下さい。


    -------------------------------------------------------------------
    ■お問合せ 雲仙諏訪の池ビジターセンター
    http://suwanoikevc.web.fc2.com/
    TEL 0957-76-5010


    <長者原ビジターセンター>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □ タデ原の自然観察会のお知らせ

    いよいよ冬本番。雪が降ったタデ原湿原には、動物の足跡がいっぱい。
    冬芽を観察しながら、動物たちの息遣いを感じてみませんか?

    ■日時 平成28年12月4日(日)、18日(日)、23日(祝)
    ■時間 10:00~12:00
    ■場所 タデ原湿原~長者原自然研究路 約2.5?
    ■申込方法 個人は事前予約不要。当日朝10時までに、
     長者原ビジターセンターで受付をお願いします。
    ■参加費 無料
    ■お問合せ 長者原ビジターセンター TEL:0973-79-2154

    ________________________________

    □ 九重町主催 生物多様性シンポジウムのお知らせ

    九重町では、現在、生物多様性戦略の策定中ですが、生物多様性について、
    普及啓発をすすめるために、作家のCW.ニコルさんを招き、シンポジウムを
    行います。シンポジウムでは、「人と自然との共生~自然が育むもの」と
    題して、基調講演を行っていただき、続けてニコルさんや九重町長、九重町
    生物多様性保全対策協議会のメンバーによるパネルディスカッションで、
    生物多様性でつくる理想の20年後について、議論します。

    ■日時 平成28年12月18日(日) 9:30~12:30
    ■場所 大分県玖珠郡九重町 九重文化センター
    (大分県玖珠郡九重町後野上17-4)
    ■内容
    ■参加費 無料、事前予約不要
    ■参加対象者:「生物多様性ってなんだろう?」という方から、「生物
    多様性に寄り添った教育やまちづくりを行っていくにはどうしたらよい
    のか」という方まで、興味のある方は、市町村問わず、どなたでもご
    参加いただけます。

    ■主催 九重町
    ■共催 九重町生物多様性保全対策協議会
    長者原ビジターセンターも開催に協力しています。


    ■お問合せ
    九重町役場商工観光・自然環境課 TEL0973-76-3150
    MAIL:

    詳細は、下記九重町役場ホームページをご覧ください
    http://www.town.kokonoe.oita.jp/?contentid=1006


    <阿蘇草原保全活動センター 草原学習館>━━━━━━━━━━━━━━

    □ 日本野鳥の会写真展@草原学習館

    日本野鳥の会熊本県支部の巡回写真展が開催されます。
    熊本県内で見られる野鳥たちを対象に、いきいきとした採食のようす
    を写した写真52枚を展示します。ぜひ、ご覧ください。


    ■日 時 平成28年11月12日(土)~12月11日(日)
    開館時間 午前9時~午後5時
    ■場 所 阿蘇草原保全活動センター 草原学習館(熊本県阿蘇市)
    ■入館料 無料
    ■主 催 日本野鳥の会熊本県支部(協力:草原学習館)
    ■お問合せ 阿蘇草原保全活動センター 草原学習館
     電話 0967-32-4193

    詳細はこちら http://aso-sougencenter.jp/category/exhibitions/


    ________________________________

    □ 水辺の鳥観察会@内牧遊水池

    草原学習館横の内牧遊水池で水辺の鳥を中心に、野鳥を観察します。
    冬を過ごしに阿蘇にやってきた渡り鳥も見られます。

    ※雨天時は中止

    ■日 時 平成28年11月23日(水・祝)午前10時~正午
    ■集 合 阿蘇草原保全活動センター 草原学習館(熊本県阿蘇市)
    ■参加費 100円(保険料等)
    ■主 催 日本野鳥の会熊本県支部 (協力:草原学習館)
    ■お申込み 不要
    ■お問合せ 阿蘇草原保全活動センター 草原学習館
    電話 0967-32-4193


    詳細はこちら http://aso-sougencenter.jp/category/observation/


    <重富海岸自然ふれあい館 なぎさミュージアム>━━━━━━━━━━━━━

    □ 錦江湾学習会 第6回 錦江湾の地魚を食べる

    第6回は、鹿児島大学水産学部教授の大富潤氏に錦江湾にいるおいしい地魚の
    お話を伺います。
    錦江湾には約700種の魚がすんでいますが、私たちが食べているのはほんの
    わずかな種類です。近年話題のおいしい『深海魚』もたくさんすんでいます。

    ■講題 「錦江湾の地魚を食べる」
    ■講師 鹿児島大学水産学部 教授 大富 潤氏
    ■日時 平成28年11月16日(水)19:00~21:00

    ________________________________

    □ 錦江湾学習会 第7回 津波と火山噴火に備える

    第7回は、鹿児島大学大学院理工学研究科 准教授の井村先生に防災の面から、
    錦江湾岸で起こりうる津波と火山噴火について教えていただきます

    ■講題 「津波と火山噴火に備える」
    ■講師 鹿児島大学大学院理工学研究科 准教授 井村隆介氏
    ■日時 平成28年12月14日(水)19:00~21:00

    -------------------------------------------------------------------
    ■各回共通

    定員:30名
    料金:1,000円
    場所:重富海岸自然ふれあい館なぎさミュージアム
    お申込み:0995-67-6042

    特定非営利活動法人くすの木自然館  〒899-5652 姶良市平松7703



    <やんばる野生生物保護センター ウフギー自然館>━━━━━━━━━━━

    □ 森のお散歩観察会(12月) ~冬の森の彩りを探そう!~

    やんばるの森をゆっくり歩きながら鳥の声や生きもの様子を観察します。

    ■開催日時 平成28年12月18日(日)8:30~11:00
    ■開催場所 国頭村森林公園または大国林道(国頭村内、長尾橋付近)
    ■集合場所 やんばる野生生物保護センター ウフギー自然館
    ■主  催 環境省やんばる自然保護官事務所
    ■定  員 20人(先着順)
    ■費  用 100円(保険料として)
    ■持 ち 物 帽子、飲み物、ウィンドブレーカー、虫除け対策、(あれば双眼鏡、ルーペ)
         雨具(小雨決行)

    ■参加申込・問合せ
     やんばる野生生物保護センター ウフギー自然館
    http://www.ufugi-yambaru.com/
     tel  0980-50-1025

    ※詳細はセンターへお問合せください。



    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃九州地方環境事務所からのご案内
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]を随時更新しています!

    アクティブ・レンジャーとは、自然保護官の補佐役として、国立公園等のパトロール、
    調査、利用者指導、自然解説などの業務を担う環境省の職員です。
    管内には、瀬戸内海、西海、雲仙天草、阿蘇くじゅう、霧島錦江湾、屋久島、
    慶良間諸島、西表石垣、やんばる国立公園があります。

    アクティブ・レンジャー日記では、各国立公園での活動情報などを担当官が紹介しています。
    最新の掲載記事は次のとおりです。
    http://kyushu.env.go.jp/blog/index.html
    ※随時更新されています。過去の記事は上記ウェブサイトにアクセス
    していただき、ページ右側のカレンダー等から閲覧することができます。

    ■第10回 ひらどツーデーウオーク2016エコトレッキング(西海)
    ■九州特産物リレー 10月 ~地トウキビ~【阿蘇地域】(阿蘇くじゅう)
    ■九州特産物リレー 10月 ~火山のめぐみ『シラス』~(霧島錦江湾)
    ■秋色のくじゅう ~パトロールにいってきました!(阿蘇くじゅう)
    ■自然が生み出した神秘の島「嵯峨島」(西海)
    ■平戸市安満岳トレッキング(西海)

    アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]トップページ
    http://kyushu.env.go.jp/blog/index.html




    ----------------------------------------------------------------
    当メルマガへの登録・退会は、
    http://epo-kyushu.jp/about/magazine.html
    もしくは、退会用URL: http://epo-kyushu.jp/xmailinglist/eponews/
    のフォームからお願いいたします。
    ----------------------------------------------------------------
    環境パートナーシップに関するご質問、当メルマガへのご意見、ご感想
    などがございましたらまでどうぞ!
    ----------------------------------------------------------------


    【発行】
    九州環境パートナーシップオフィス EPO九州
    〒860-0806 熊本市中央区花畑町4-18 熊本市国際交流会館2F
    http://epo-kyushu.jp
    E-mail:
    TEL:096-312-1884  FAX:096-312-1894
    開館日 火~土曜日(10:00~19:00)
    休業日 日・月曜日、祝日、年末年始。熊本市国際交流会館休館日。



    【リンク】
    九州地方環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/

    那覇自然環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/naha/

    国立公園 http://www.env.go.jp/park/

    地球環境基金の情報館 http://www.erca.go.jp/jfge/index.html

    地球環境パートナーシッププラザ http://www.geoc.jp/

    環境らしんばん http://www.geoc.jp/rashinban/

    九十九島ビジターセンター http://www.kujukushima-visitorcenter.jp/

    雲仙お山の情報館 http://unzenvc.com/

    平成新山ネイチャーセンター http://heiseinc.com/

    雲仙諏訪の池ビジターセンター http://suwanoikevc.web.fc2.com/

    長者原ビジターセンター  http://kyushu.env.go.jp/nature/tyojyabaru/

    阿蘇草原保全活動センター 草原学習館 http://aso-sougencenter.jp/

    南阿蘇ビジターセンター http://www.minamiaso-vc.go.jp/

    えびのエコミュージアムセンター http://www.ebino-ecomuseum.go.jp/

    重富海岸自然ふれあい館 なぎさミュージアム http://www.nagisa-museum.com/

    対馬野生生物保護センター http://kyushu.env.go.jp/twcc/
  • EPO九州 メールマガジン 「えぽねっと九州」vol.107

    中間支援あるある#
    活動すると関係が広がる。関係が広がると活動が進む。
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     九州・沖縄のタイムリーな環境情報をお届けする
                    「EPOねっと九州」vol.107

    ◇今月の施設情報
    びのコミュージアムセンター(施設紹介)
    ◆九十九島ビジターセンター
    ◆雲仙諏訪の池ビジターセンター
    ◆阿蘇草原保全活動センター 草原学習館
    ◆漫湖水鳥湿地センター

    EPO九州より
    EPO九州では、ESDを推進する取組の一つとして、今年度も
    「ビジターセンター意見交換会」を開催しました。
    ビジターセンター同士の連携した取組みや、発信についての意見
    交換を行い、ビジターセンターの役割の重要性を再認識しました。

    詳細は、個別記事をご覧ください。
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    発行日:平成28年12月15日発行
    発 行:九州環境パートナーシップオフィス EPO九州
    URL:http://epo-kyushu.jp   E-mail:info@epo-kyushu.jp
    Facebook:http://www.facebook.com/epokyushu
    協 力:環境省 九州地方環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/
        環境省 九州・沖縄管内ビジターセンター 他
    -------------------------------------------------------------


    【もくじ】
    EPO九州からのご案内
    □ ビジターセンター意見交換会 開催報告


    ■ビジターセンターのご紹介
    □ びのコミュージアムセンター


    ■ビジターセンターからのお知らせ
    <九十九島ビジターセンター>
    □ 九十九島サロン『九十九島の水産業』
    □ うみかぜガイドウォーク

    <雲仙諏訪の池ビジターセンター>
    □ 星空観察会
    □ 見つけよう!探そう!諏訪の池の野鳥たち~お手軽バードウォッチング~

    <阿蘇草原保全活動センター 草原学習館>
    □ ススキのモビールをつくろう!@草原学習館
    □ 冬休みお楽しみ企画@草原学習館

    びのコミュージアムセンター>
    □ おもしろ生態写真展

    <漫湖水鳥・湿地センター>
    □ 新春野鳥観察会『ムーチービーサーで、ちゅううがなびら』


    九州地方環境事務所からのご案内
    □ アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]を随時更新しています!

    ■関連情報
    □ 自治体・地域住民のための 『竹林徹底活用術』 ~経済林としての適正管理を
    通じた、豊かな生物多様性の保全と継承~のご案内



    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    EPO九州からのご案内
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □ ビジターセンター意見交換会 開催報告

    EPO九州では、ESDの考方を実践する拠点としてビジターセンターを位置づけ
    昨年度に続き、九州管内の環境省ビジターセンター等の皆さんにお集まり
    いただき、11月28日(月)に、阿蘇草原保全活動センター 草原学習館
    で意見交換会を開催しました。

    意見交換会では、事前アンケートをもとに情報発信や
    活動への参加呼びかけなどについての意見交換のほか、阿蘇地域での被災対応を
    もとにした今後のセンターの役割、国立公園満喫プロジェクト、自然歩道での
    協働事例などの情報提供がありました。
    また、熊本地震後の阿蘇の様子、避難者受け入れなどの事例を地域の方から
    直接伺うことができました。

    詳細はこちら
    http://epo-kyushu.jp/epo-topix/environment-partnership/esd-promotion-business/918-2016-12-15-08-44-01.html


    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃ビジターセンターのご紹介
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    びのコミュージアムセンター>

    当センターは、霧島錦江湾国立公園、霧島ジオパークのビジターセンターとして、
    霧島山の韓国岳の中腹、標高約1200mのびの高原にあります。
    霧島山の自然や歴史、登山情報についてパネル、映像、標本などで紹介して
    います。登山や自然観察に出発される前やフィールドで出会った生き物について
    調べたいとき、ドライブの途中の情報収集など、霧島山の自然に親しむ拠点として
    お立ち寄りください。
    これからの時期は、気温が下がり樹氷が発生し始めます。センターから韓国岳を
    望むと一面真っ白になっていることも。込んで風の少ない朝が狙い目です。
    ぜひ南国宮崎へ、美しい樹氷を見にきませんか。

    びのコミュージアムセンター
    〒889-4302 宮崎県びの市末永1495-5 TEL 0984-33-3002
    http://www.ebino-ecomuseum.go.jp/

    <次回は、重富海岸自然ふれあい館 なぎさミュージアムをご紹介します。>



    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃ビジターセンターからのお知らせ
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    <九十九島ビジターセンター>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    □ 九十九島サロン『九十九島の水産業』

    九十九島の海での水産業について、市の水産課の方からお話しをしていただきます。

    ■日  程 平成29年1月22日(日)
    ■時  間 13:00~15:00
    ■開催場所 西海国立公園九十九島ビジターセンター
    ■参 加 費 無料(事前申し込み不要)
    ■対  象 どなたでもお気軽にご参加ください
    ■講  師 高増 剛氏(佐世保市役所農林水産部水産課)

    ________________________________
    □ うみかぜガイドウォーク

    冬のうみかぜ広場をのんびり歩きながら自然観察を行います。

    ■日  程 平成29年1月29日(日)
    ■時  間 10:00~12:00
    ■開催場所 九十九島パールシーリゾート内 うみかぜ広場
    ■参 加 費 100円/人
    ■対  象 小学生以上(3年生以下は保護者も参加)
    ■定  員 20名
    ■申込締切 平成29年1月20日(金)必着

    ----------------------------------------------------------------
    ■お問合せ 九十九島ビジターセンター
    http://www.kujukushima-visitorcenter.jp/
    TEL 0956-28-7919

    <雲仙諏訪の池ビジターセンター>━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □ 星空観察会

    ■日  程 毎週土曜日及び平成28年12月23日(金)、
          12月30日(金)~平成29年1月3日(火)、8日(日)の晴天時
          ※雨天・曇天・雪・積雪の場合中止
    ■時  間 19:30~21:30
    ■参 加 費  無料
    ■対  象 どなたでも
    ■予  約 不要(21:00までに受付をすませてください)
    ■会  場 雲仙諏訪の池ビジターセンター


    ________________________________
    □ 見つけよう!探そう!諏訪の池の野鳥たち~お手軽バードウォッチング~

     ビジターセンター周辺の林や諏訪の池周辺でスタッフと一緒に、
    いろいろな野鳥を探しませんか?
     双眼鏡が無くても大丈夫!初心者や親子連れにピッタリの内容です。


    ■日  程 平成28年12月18日(日)23日(金)~27日(火)30日(金)31日(土)
          平成29年 1月2日(月)3日(火)5日(木)~9日(月)14日(土)15日(日)
    21日(土)22日(日)28日(土)29日(日)
             ※雨天中止

    ■時  間 10:00~15:00の好きな時間
    ■コ ー ス 60分、90分、120分の好きなコースをお選びください
    ■参 加 費 無料
    ■定    員 1回1グループ 2名より(10名以上は、事前申し込み)
    ■お申込み 前日までにお電話、カウンターにてお申込み下さい。
    ■会  場 雲仙諏訪の池ビジターセンター


    -------------------------------------------------------------------
    ■お問合せ 雲仙諏訪の池ビジターセンター
    http://suwanoikevc.web.fc2.com/
    TEL 0957-76-5010




    <阿蘇草原保全活動センター 草原学習館>━━━━━━━━━━━━━━

    □ ススキのモビールをつくろう!@草原学習館

    ススキのクキを使って、ユラユラゆれるモビールをつくろう。

    ■日 時  平成28年12月24日(土)、平成29年1月7日(土)
    開始時間 午後1時30分、午後2時30分
    ■場 所  阿蘇草原保全活動センター 草原学習館(熊本県阿蘇市)
    ■参加費  無料
    ■お申込み 不要
    ■お問合せ 阿蘇草原保全活動センター 草原学習館
    電話 0967-32-4193
    詳細はこちら http://aso-sougencenter.jp/category/events/

    ________________________________
    □ 冬休みお楽しみ企画@草原学習館

    草原学習館の展示を巡りながらクイズの答を探すクイズラリーや
    秋から冬の草原を描いたぬりに挑戦しよう!完成させると、ミニ
    プレゼントのクジが引けるよ。

    ■日 時  平成28年12月23日(金)~12月27日(火)
    平成29年1月4日(水)~1月9日(月)
    開館時間:午前9時~午後5時
    <ご注意>
    12月24日と1月7日の午後はモビールづくりのためお休みにします。
    12月29日~1月3日は休館日です。

    ■場 所  阿蘇草原保全活動センター 草原学習館(熊本県阿蘇市)
    ■参加費  無料
    ■お申込み 不要
    ■お問合せ 阿蘇草原保全活動センター 草原学習館
    電話 0967-32-4193
    詳細はこちら http://aso-sougencenter.jp/category/events/


    びのコミュージアムセンター>━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □ おもしろ生態写真展

    霧島山に住んでいる動物たちはとっても愉快。彼らが一瞬見せるおもしろい
    行動、生態を写真で紹介します。

    ■会場:びのコミュージアムセンター
    ■期間:平成28年10月29日(土)~12月25日(日)

     http://www.ebino-ecomuseum.go.jp/news/archives/988


    <漫湖水鳥・湿地センター>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □ 新春野鳥観察会『ムーチービーサーで、ちゅううがなびら』

     ムーチービーサーの吹く季節、漫湖は絶好の観察日和。とてもとても寒い漫湖
    では、珍しい鳥に出会るかもしれない。観察会のあとは、みんなでムーチーを
    食べて一年の健康祈願をしよう。

    ■開催日時:平成29年1月14日(土)10:00-12:30
    ■開催場所:漫湖水鳥・湿地センター及び漫湖周辺
    ■主  催:漫湖水鳥・湿地センター、環境省沖縄南部自然保護官事務所 共催
    ■定  員:20人(要申込み)
    ■対  象:小学生~一般(小学校低学年は保護者同伴、幼児は要相談)
    ■参 加 費:100円(保険料として)
    ■持 ち 物:防寒具、飲み物、筆記用具、プロン、頭巾、手拭き、雨ガッパ
    ■お申込み・お問合せ:
     漫湖水鳥・湿地センター(沖縄県豊見城市字豊見城982)TEL:098-840-5121


    ※本件の詳細については、以下のウェブサイトをご参照頂くか、センターまで
    お問合せください。
     http://www.manko-mizudori.net/

    プログラムは天候や講師の都合等により一部変更や中止になる場合があります。



    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    九州地方環境事務所からのご案内
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]を随時更新しています!

    アクティブ・レンジャーとは、自然保護官の補佐役として、国立公園等のパトロール、
    調査、利用者指導、自然解説などの業務を担う環境省の職員です。
    管内には、瀬戸内海、西海、雲仙天草、阿蘇くじゅう、霧島錦江湾、屋久島、
    慶良間諸島、西表石垣、やんばる国立公園があります。

    アクティブ・レンジャー日記では、各国立公園での活動情報などを担当官が紹介
    しています。
    最新の掲載記事は次のとおりです。
    http://kyushu.env.go.jp/blog/index.html
    ※随時更新されています。過去の記事は上記ウェブサイトにアクセス
    していただき、ページ右側のカレンダー等から閲覧することができます。

    ■平戸市中津良小学校 若宮浦干潟の観察会(西海)
    ■レンジャーの強い味方、子どもパークレンジャー!【石垣地域】(西表石垣)
    九州特産物リレー11月 ~「椿」東の大島、西の五島~(西海)
    ■H28年度「イリオモテヤマネコと希少動物たちを守ろう 画コンクール」表彰式(西表石垣)
    九州特産物リレー11月 ~おいしい温泉の恵み~ 【くじゅう地域】(阿蘇くじゅう)
    ■島の小学校で出前授業!【屋久島地域】(屋久島)
    ■パークボランティア活動報告!【屋久島地域】(屋久島)
    ■西海国立公園平戸・九十九島地域子どもパークレンジャー(西海)
    九州百名山~七ッ岳登山にチャレンジしよう!~(西海)
    ■開聞岳(霧島・錦江湾)
    ■出水にツルがやってきました!(出水)
    ■大原小学校3年生の保護センター見学(西表石垣)

    アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]トップページ
    http://kyushu.env.go.jp/blog/index.html



    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃関連情報
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    □ 自治体・地域住民のための 『竹林徹底活用術』 ~経済林としての適正管理を
    通じた、豊かな生物多様性の保全と継承~のご案内

    山林や農地の厄介者と思われている竹林は、放置すれば数年の短期間で
    大きく面積拡大します。
    視点を変ると、肥料/手入れ不要で成長する有用かつ多様な用途を持つ
    バイオマス資源として利用可能です。 国内産の貴重な資源を活用し、新た
    な産業と雇用の確保に結びつけることを考ます。

    環境省平成28年度地域活性化に向けた協働取組の加速化事業の一環で実施
    されています)

    ■日時 平成29年1月28日(土) 15:00~17:55
    ■場所 久留米大学学生会館3階大ホール (福岡県久留米市)
    ※参加無料。閉会後、懇親会を開催します(会費制・2,000 円/人)。

    ■主催・共催
    [主催]特定非営利活動法人 筑後川流域連携倶楽部
    「くるめ竹資源活用推進協議会」事務局



    ■お申込み
    リンク先の申込書ファイルをダウンロードいただき、ご記入後、メールまたはFAX
    にてお申込みください。
    「くるめ竹資源活用推進協議会」事務局 担当:山村
    メール
    FAX 020-4624-2402、又は0942-21-1324

    詳細はこちら http://epo-kyushu.jp/news-list/kyushu-news/909-2016-12-08-08-23-03.html



    ----------------------------------------------------------------
    当メルマガへの登録・退会は、
    http://epo-kyushu.jp/about/magazine.html
    もしくは、退会用URL: http://epo-kyushu.jp/xmailinglist/eponews/
    のフォームからお願いいたします。
    ----------------------------------------------------------------
    環境パートナーシップに関するご質問、当メルマガへのご意見、ご感想
    などがございましたらinfo@epo-kyushu.jpまでどうぞ!
    ----------------------------------------------------------------


    【発行】
    九州環境パートナーシップオフィス EPO九州
    〒860-0806 熊本市中央区花畑町4-18 熊本市国際交流会館2F
    http://epo-kyushu.jp
    E-mail:info@epo-kyushu.jp
    TEL:096-312-1884  FAX:096-312-1894
    開館日 火~土曜日(10:00~19:00)
    休業日 日・月曜日、祝日、年末年始。熊本市国際交流会館休館日。



    【リンク】
    九州地方環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/

    那覇自然環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/naha/

    国立公園 http://www.env.go.jp/park/

    地球環境基金の情報館 http://www.erca.go.jp/jfge/index.html

    地球環境パートナーシッププラザ http://www.geoc.jp/

    環境らしんばん http://www.geoc.jp/rashinban/

    九十九島ビジターセンター http://www.kujukushima-visitorcenter.jp/

    雲仙お山の情報館 http://unzenvc.com/

    平成新山ネイチャーセンター http://heiseinc.com/

    雲仙諏訪の池ビジターセンター http://suwanoikevc.web.fc2.com/

    長者原ビジターセンター  http://kyushu.env.go.jp/nature/tyojyabaru/

    阿蘇草原保全活動センター 草原学習館 http://aso-sougencenter.jp/

    南阿蘇ビジターセンター http://www.minamiaso-vc.go.jp/

    びのコミュージアムセンター http://www.ebino-ecomuseum.go.jp/

    重富海岸自然ふれあい館 なぎさミュージアム http://www.nagisa-museum.com/

    対馬野生生物保護センター http://kyushu.env.go.jp/twcc/
  • EPO九州 メールマガジン 「えぽねっと九州」vol.109

    環境団体あるある#
    スタッフの七変化。その場にあわせた立ち居振る舞い、役割分担。
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     九州・沖縄のタイムリーな環境情報をお届けする
                    「EPOねっと九州」vol.109

    ◇今月の施設情報
    ◆重富海岸自然ふれあい館 なぎさミュージアム(施設紹介)
    ◆九十九島ビジターセンター
    ◆雲仙諏訪の池ビジターセンター

    ◇EPO九州より
    皆様、あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

    さて、EPO九州が毎年共催している「九州環境教育ミーティング」のお知らせです。
    今年度は九十九島ビジターセンターをはじめとした佐世保市内での開催となり、
    海がテーマの分科会などが予定されています。
    EPO九州は大会への企画協力のほか、今年度はESDをテーマとした分科会で、
    ユースの環境活動について意見交換などを企画しています。

    詳細はぜひ、フェイスブックページをご覧ください。
    https://www.facebook.com/keem1997/
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    発行日:平成29年 1月17日発行
    発 行:九州環境パートナーシップオフィス EPO九州
    URL:http://epo-kyushu.jp   E-mail:
    Facebook:http://www.facebook.com/epokyushu
    協 力:環境省 九州地方環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/
        環境省 九州・沖縄管内ビジターセンター 他
    -------------------------------------------------------------


    【もくじ】
    ■ビジターセンターのご紹介
    □ 重富海岸自然ふれあい館 なぎさミュージアム


    ■ビジターセンターからのお知らせ
    <九十九島ビジターセンター>
    □ 九十九島サロン6『九十九島の水産業』
    □ うみかぜガイドウォーク

    <雲仙諏訪の池ビジターセンター>
    □ 星空観察会
    □ 冬の星座教室

    <重富海岸自然ふれあい館 なぎさミュージアム>
    □ 錦江湾学習会 第8回 錦江湾の野鳥とクロツラヘラサギ
    □ 錦江湾学習会 第9回 錦江湾の星砂の仲間たち

    ■九州地方環境事務所からのご案内
    □ アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]を随時更新しています!


    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃ビジターセンターのご紹介
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    <重富海岸自然ふれあい館 なぎさミュージアム>

    重富海岸自然ふれあい館「なぎさミュージアム」は、重富海岸を中
    心とした錦江湾奥部の自然環境の情報提供や、自然とのふれあいの
    場として設置された施設です。
    約3万年前に噴火をした姶良カルデラからなる錦江湾奥部は、平成
    24年3月16日に「霧島錦江湾国立公園」に指定されました。なぎさ
    ミュージアムはこれをきっかけに計画され、平成27年4月にオープン
    しました。

    錦江湾奥のなりたちがわかるパネルや模型、干潟の生き物を観察で
    きる水槽などが展示されていて、錦江湾の魅力をいろいろな角度か
    ら知ることがきます。干潟の生き物や野鳥の調査や干潟の体験活動
    などもおこなっています。ぜひお越し下さいませ。


    ■重富海岸自然ふれあい館 なぎさミュージアム
    〒899-5652 鹿児島県姶良市平松7675 Tel/Fax:0995-73-3146
    http://www.nagisa-museum.com/

     


    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃ビジターセンターからのお知らせ
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    <九十九島ビジターセンター>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    □九十九島サロン6『九十九島の水産業』

    不思議がいっぱいの西海国立公園のことを専門家がわかりやすく解説します。
    第6回目は「水産業」をテーマにお話しをしていただきます。

    ■日  程 平成29年1月22日(日)
    ■時  間 13:00~15:00
    ■開催場所 九十九島ビジターセンター
    ■参 加 費 無料
    ■対  象 どなたでもお気軽にご参加ください
    ■講  師 高増 剛氏(佐世保市役所農林水産部水産課)
     
    ________________________________
    □うみかぜガイドウォーク

    冬のうみかぜ広場を自然観察しながら、ゆっくりお散歩します。

    ■日  程 平成29年1月29日(日)
    ■時  間 13:30~14:30
    ■開催場所 うみかぜ広場(九十九島パールシーリゾート内)
    ■参 加 費 100円/人
    ■対  象 小学生以上(小学3年生以下は保護者も参加)
    ■定  員 20名
    ■募集締切 平成29年1月20日(金)必着

     
    ----------------------------------------------------------------
    ■お問合せ 九十九島ビジターセンター
    http://www.kujukushima-visitorcenter.jp/
    TEL 0956-28-7919 



    <雲仙諏訪の池ビジターセンター>━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    □ 星空観察会

    ■日  程 毎週土曜日及び3月19日(日)の晴天時 
    ■時  間 19:30~21:30
           ※雨天・曇天・雪・積雪の場合中止
    ■参 加 費  無料
    ■対  象 どなたでも
    ■予  約 不要(21:00までに受付をすませてください)

     
    ________________________________
    □ 冬の星座教室

     1年で1番星空が美しいこの季節に、諏訪の池で星空を楽しみませんか?
     星座のお話や実際の星空を使って星座を探しましょう!
     大型望遠鏡で星雲や星団も観察します。

    ■日  程 平成29年1月27日(金)

           ※雨天・曇天の場合は、星座のお話のみになります。

    ■時  間 20:00~21:30
    ■参 加 費 200円
    ■定  員 20名(要予約)
    ■お申込み 1月20日までにお電話にてお申込み下さいませ。


    -------------------------------------------------------------------
    ■お問合せ 雲仙諏訪の池ビジターセンター
    http://suwanoikevc.web.fc2.com/
    TEL 0957-76-5010



    <重富海岸自然ふれあい館 なぎさミュージアム>━━━━━━━━━━━━

    □ 錦江湾学習会 第8回 錦江湾の野鳥とクロツラヘラサギ

     第8回は、NPO法人くすの木自然館専門研究員の小野田剛氏が、錦江湾の野鳥と
    冬に錦江湾奥に飛来する絶滅危惧種のクロツラヘラサギについて解説します。

    ■講  題:「錦江湾の野鳥とクロツラヘラサギ」
    ■講  師:NPO法人くすの木自然館 専門研究員  小野田 剛氏
    ■日  時:平成29年1月18日(水)19:00~21:00

     ________________________________
    □ 錦江湾学習会 第9回 錦江湾の星砂の仲間たち

    第9回は、鹿児島大学名誉教授の大木公彦氏に錦江湾の星砂の仲間たちについて
    伺います。星の形をした砂、「星砂」をご存知の方は多いと思いますが、これは
    有孔虫という小さな生き物の殻です。有孔虫は世界の海にすむ小さな原生生物で、
    有孔虫を知ることは太古の昔からの海の秘密を知ることにもつながります。

    ■講  題:「錦江湾の星砂の仲間たち」
    ■講  師:鹿児島大学名誉教授 大木 公彦氏
    ■日  時:平成29年2月15日(水)19:00~21:00

     
    -------------------------------------------------------------------
    第8回・第9回とも詳細は下記のとおりです。

    ■場  所:重富海岸自然ふれあい館なぎさミュージアム
    ■定  員:30名
    ■料  金:1,000円

    ■お申込み:TEL 0995-67-6042
         MAIL 
     特定非営利活動法人くすの木自然館

              〒899-5652 姶良市平松7703



    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃九州地方環境事務所からのご案内
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]を随時更新しています!

    アクティブ・レンジャーとは、自然保護官の補佐役として、国立公園等のパトロール、
    調査、利用者指導、自然解説などの業務を担う環境省の職員です。
    管内には、瀬戸内海、西海、雲仙天草、阿蘇くじゅう、霧島錦江湾、屋久島、
    慶良間諸島、西表石垣、やんばる国立公園があります。

    アクティブ・レンジャー日記では、各国立公園での活動情報などを担当官が紹介しています。
    最新の掲載記事は次のとおりです。
    http://kyushu.env.go.jp/blog/index.html
    ※随時更新されています。過去の記事は上記ウェブサイトにアクセス
    していただき、ページ右側のカレンダー等から閲覧することができます。

    ■穏やかな初日の出と阿蘇の道路状況【阿蘇地域】(阿蘇くじゅう)
    ■えびの高原、冬景色が綺麗ですよ 【霧島地域】(霧島・錦江湾)
    ■360°のパノラマ絶景!辻岳&野首岳(霧島・錦江湾)
    ■日の出の雲海 日暮れの草原 【阿蘇地域】(阿蘇くじゅう)
    ■黒子島保全普及啓発活動関係者の研修活動支援(西海)

    アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]トップページ
    http://kyushu.env.go.jp/blog/index.html

    ----------------------------------------------------------------
    当メルマガへの登録・退会は、
    http://epo-kyushu.jp/about/magazine.html
    のフォームからお願いいたします。
    ----------------------------------------------------------------
    環境パートナーシップに関するご質問、当メルマガへのご意見、ご感想

    ----------------------------------------------------------------

    【発行】
    九州環境パートナーシップオフィス EPO九州
    〒860-0806 熊本市中央区花畑町4-18 熊本市国際交流会館2F
    http://epo-kyushu.jp
    E-mail:
    TEL:096-312-1884  FAX:096-312-1894
    開館日 火~土曜日(10:00~19:00)
    休業日 日・月曜日、祝日、年末年始。熊本市国際交流会館休館日。

    【リンク】
    九州地方環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/

    那覇自然環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/naha/

    国立公園 http://www.env.go.jp/park/

    九十九島ビジターセンター http://www.kujukushima-visitorcenter.jp/

    雲仙お山の情報館 http://unzenvc.com/

    平成新山ネイチャーセンター http://heiseinc.com/

    雲仙諏訪の池ビジターセンター http://suwanoikevc.web.fc2.com/

    長者原ビジターセンター  http://kyushu.env.go.jp/nature/tyojyabaru/

    阿蘇草原保全活動センター 草原学習館 http://aso-sougencenter.jp/

    南阿蘇ビジターセンター http://www.minamiaso-vc.go.jp/

    えびのエコミュージアムセンター http://www.ebino-ecomuseum.go.jp/

    重富海岸自然ふれあい館 なぎさミュージアム http://www.nagisa-museum.com/

    対馬野生生物保護センター http://kyushu.env.go.jp/twcc/

  • EPO九州 メールマガジン 「えぽねっと九州」vol.110

    中間支援あるある#
    密なコミュニケーションで協働が進む。まずは相手を知るところから。
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     九州・沖縄のタイムリーな環境情報をお届けする
                    「EPOねっと九州」vol.110

    ◇今月のPICK UP!
    ◆ 協働ギャザリング2017 「環境×協働=どんな未来?」 開催案内
    ◆ 第1回九州地方ESD活動支援センター設置準備委員会の開催結果(概要)について
    ◆ 国立公園満喫プロジェクト
    「阿蘇くじゅう国立公園ステップアッププログラム2020」、
    「霧島錦江湾国立公園 ステップアッププログラム2020」、
    「慶良間諸島国立公園ステップアッププログラム2020」の策定について

    EPO九州より
    地域の環境課題の解決に向けた協働を後押しする「環境省 平成28年度地域活性
    化に向けた協働取組の加速化事業」について、本事業の成果報告会が東京で
    開催されます(2月18日)。
    EPO九州は地方支援事務局として、沖縄と福岡の取組を支援してまいりました。
    本報告会では、九州沖縄地域も含む全国で16の事業が紹介され、事業ごとに
    意見交換も行われます。
    地域での様々な取組に関心のある方、自治体や企業、NPO等多様な主体との
    協働を考られている方のご参加をお待ちしています。

    詳細はメルマガ内の記事「協働ギャザリング2017」をご覧ください。
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    発行日:平成29年 1月31日
    発 行:九州環境パートナーシップオフィス EPO九州
    URL:http://epo-kyushu.jp   E-mail:info@epo-kyushu.jp
    Facebook:http://www.facebook.com/epokyushu
    協 力:環境省 九州地方環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/
        環境省 九州・沖縄管内ビジターセンター 他
    -------------------------------------------------------------

    【もくじ】
    EPO九州からのご案内
    □ 協働ギャザリング2017 「環境×協働=どんな未来?」 開催案内
    □ コカフェ ~あたたかいお金の巡らせ方~のご案内
    □ 2017九州環境教育ミーティングin九十九島 開催のご案内


    九州地方環境事務所からのご案内
    九州地方環境事務所・那覇自然環境事務所からのお知らせ>
    □ 第1回九州地方ESD活動支援センター設置準備委員会の開催結果(概要)について
    □ 国立公園満喫プロジェクト
    「阿蘇くじゅう国立公園ステップアッププログラム2020」、
    「霧島錦江湾国立公園 ステップアッププログラム2020」、
    「慶良間諸島国立公園ステップアッププログラム2020」の策定について

    < 公募 >
    □ 平成28年度「グリーン購入法」及び「環境配慮契約法」基本方針説明会の開催について
    □ 平成29年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金等に係る補助事業者
    (執行団体)の募集について

    <環境省本省からのお知らせ>
    □ 国立公園公式Facebookの開設について
    □ ダウンロード用「2017年国立公園カレンダー」の掲載について
    □ 「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」の世界自然遺産推薦に係る
    推薦書(正式版)のユネスコへの提出について
    □ 奄美群島国立公園の新規指定に係る中央環境審議会の答申について
    □ 平成27年度の電気事業者ごとの実排出係数・調整後排出係数等の公表について
    □ 平成28年度大気環境保全活動功労者表彰及び水・土壌環境保全活動功労者
    表彰の受賞者の決定について
    □ PM2.5モニタリング体制の強化について
    □ 各種調査結果の公表について


    ■関連情報
    □ 第104回 コ塾  未来へつなぐ環境ビジネス
     ~バイオマス、リサイクル、ネルギー~ のご案内


    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    EPO九州からのご案内
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □ 協働ギャザリング2017 「環境×協働=どんな未来?」 開催案内

    平成28年度、環境省は協働取組のモデル事例として全国で16事業を選定し、
    各地で実践が行われてまいりました。 この度、全16団体が東京に一堂に会す
    報告会と合わせて、“環境分野における協働取組の未来”について議論する場
    を開催いたします。
    すでにNPO、行政、企業等において協働事業に取り組まれている方、これから
    協働事業を始めようと考られている方、取組そのものに関心のある方、多くの
    方々のご参加をお待ちしています。

    ■日 時 平成29年2月18日(土)10:00~18:00 (開場9:30、懇親会 18:15~19:45)
    ■会 場 ベルサール西新宿 Room4(東京都新宿区西新宿4丁目15-3)
    ■費 用 参加費無料(懇親会は実費1,000円)
    ■定 員 120名

    ■紹介事例(九州ブロック)
    ・特定非営利活動法人 おきなわグリーンネットワーク
     「やんばる地域“美ら島・美ら海”連携プロジェクト-2」

    ・特定非営利活動法人 筑後川流域連携倶楽部
     「放置竹林伐採と竹資源の有効活用を通じた、地域における環境保全と
    地域活性化のための協働取組事業」

    ■お問合せ
    地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)
    東京都渋谷区神宮前5-53-70国連大学1F
    TEL:03-3407-8107 FAX:03-3407-8164 E-mail:
    担当:江口、山本、山口

    詳細はこちら http://www.geoc.jp/activity/domestic/26434.html


    ________________________________
    □ コカフェ ~あたたかいお金の巡らせ方~のご案内

     地域や他者、次世代のために使う「温かいお金」が流れる仕組みとは?
    講師に一般社団法人ゆずり葉 代表理事 清水 菜保子さんをお迎し、温かい
    お金がめぐる「クラウドファンディング」の仕組みや、地域に根差した
    実際のプロジェクト例などをご紹介いただきます。
     市民活動やものづくりをされている方はもちろん、支援をお考の方も、活動を
    進めるひとつの支援の形として「クラウドファンディング」を学んでみませんか。
    多くのみなさまのご参加、お待ちしています。
     EPO九州も本講座に協力しています。

    ■日 時  平成29年2月15日(水) 10:00~11:30
    ■場 所  熊本市国際交流会館3F 研修室3(熊本市)
    ■対 象  どなたでも
    ■参加費  1,000円(フェアトレードのコーヒーか紅茶付き)

    ■講師 一般社団法人ゆずり葉 代表理事 清水 菜保子氏
    ■お問合せ
    一般財団法人 熊本市国際交流振興事業団 企画チーム
    TEL 096-359-2121 FAX  096-359-5783
    メール 

    詳細はこちら
     http://www.kumamoto-if.or.jp/event/event_detail.asp?id=2&kiji_id=9042&LC=j


    ________________________________
    □ 2017九州環境教育ミーティングin九十九島 開催のご案内

    KEEMでは、環境教育、環境保全、地域づくりなどに関心のある個人・団体・企業・
    行政などが交流し、お互いに学びあうことを目的として、九州各地で年1回大会を
    開催しています。
    今年は長崎県佐世保市にて、分科会のテーマごとに地域への学びを深める活動
    を行います。

    ■テーマ
    「きこるかい 波のささやき 木々のうた ~未来に残そう島々の森と海~」

    ■日時:平成29年3月4日(土)12:30~ 3月5日(日)12:30 (1泊2日)

    ■活動場所:長崎県佐世保市内
    ■主催:九州環境教育ミーティング
    ■共催:九州環境パートナーシップオフィス、公益社団法人日本環境教育フォーラム

    ■参加費 14,800円
     (宿泊費、交流会費、資料代等大会経費一式を含む)
    ※別途参加費のかかる分科会もございます。

    ■分科会
    分科会1 九十九島の人とのかかわり方を長尾半島から考る (別途 700円程度)
    分科会2 カブトガニを通した環境地域づくり        (別途 700円程度)
    分科会3 軍港の現在そして過去未来            (別途2,000円程度)
    分科会4 美しい海岸を未来に
    分科会5 循環型共生社会をめざして いのちをつなぐ    (別途1,000円程度)後日追記
    分科会6 環境教育プログラム体験会
    分科会7 ユースがつながる、ひろがる、高めあうコ・アクション!

    ■お申込み
    下記Webフォームにて必要事項を記載の上、
    お申し込みください(申込締切:平成29年2月5日(日))。
    http://my.formman.com/form/pc/I8miktu7wzJungHI/
    締切後のキャンセルは、キャンセル料を申し受けます。

    ■お問合せ
    KEEM事務局(九州環境パートナーシッップオフォス内)
    TEL:096-312-1884
    メール:

    詳細はこちら http://www.keem.info/index.html


    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    九州地方環境事務所からのご案内
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    九州地方環境事務所・那覇自然環境事務所からのお知らせ>━━━━━━
    □ 第1回九州地方ESD活動支援センター設置準備委員会の開催結果(概要)について

     環境省と文部科学省は、平成26年11月に開催された「国連ESDに関するユネ
    スコ世界会議」での成果等を踏まESDを推進するためのネットワークの構築
    のため、28年4月22日、ESD活動支援センター(以下「全国センター」という。)を
    開設しました。
     また、全国の各ブロック(8地域)では、全国センターと協働・連携を図るとともに、
    地域における広域的なハブ機能を果たすための「地方ESD活動支援センター」
    (仮称)を平成29年度に設置する予定となっております。
     これを受け、九州地方環境事務所は、専門家等で構成される九州地方ESD活動
    支援センター設置準備委員会を設置し、同委員会の議論を踏ま平成29年度に
    九州・沖縄地域の九州地方ESD活動支援センター(仮称)を設置する予定にして
    おります。
     このたび、第1回九州地方ESD活動支援センター設置準備委員会の開催結果
    を公表しましたので、お知らせします(委員会は計3回を予定)。

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://kyushu.env.go.jp/to_2017/esd.html

    ________________________________
    □ 国立公園満喫プロジェクト
    「阿蘇くじゅう国立公園ステップアッププログラム2020」、
    「霧島錦江湾国立公園 ステップアッププログラム2020」、
    「慶良間諸島国立公園ステップアッププログラム2020」の策定について

     環境省では、政府が2016年3月30日にとりまとめた「明日の日本を支る観光
    ビジョン」に基づき、日本の国立公園を世界水準の「ナショナルパーク」としての
    ブランド化を図ることを目標に、2020年までに、訪日外国人を惹きつける上質な
    体験や大胆な利用拡大の取組を計画的、集中的に実施する「国立公園満喫プロ
    ジェクト」に取り組むことになりました。
     阿蘇くじゅう国立公園、霧島錦江湾国立公園及び慶良間諸島国立公園は、先行
    的、集中的に取組を実施する国立公園として選定され(全国ではほかに5か所
    選定)、各地域協議会において協議が進められた結果、この度、プロジェクトの
    具体的な取組を示すロードマップとして、各地域におけるステップアッププログラム
    2020が策定されましたので、お知らせします。

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     ■阿蘇くじゅう http://kyushu.env.go.jp/pre_2016/2020.html
     ■霧島錦江湾 http://kyushu.env.go.jp/pre_2016/_2020.html
     ■慶良間諸島 http://kyushu.env.go.jp/naha/pre_2016/2020.html
     ■環境省本省報道発表 http://www.env.go.jp/press/103550.html
     ■各公園のステップアッププログラム2020掲載URL
      http://www.env.go.jp/nature/mankitsu-project/index.html


    < 公募 >━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □ 平成28年度「グリーン購入法」及び「環境配慮契約法」基本方針説明会の開催について

     国や独立行政法人等の公的機関は、「国等による環境物品等の調達の推進等
    に関する法律」(グリーン購入法)及び「国及び独立行政法人等における温室効果
    ガス等の排出の削減に配慮した契約の推進に関する法律」(環境配慮契約法)に
    基づき閣議決定された基本方針に則して、環境に配慮した物品・サービス等の
    購入(グリーン購入)や、温室効果ガス等の排出の削減に配慮した契約(環境
    配慮契約)を推進することが義務づけられています。また、これらの法律では
    地方公共団体等においてもグリーン購入や環境配慮契約の推進に努めることが
    地方公共団体等の責務として定められています。
     この度、グリーン購入及び環境配慮契約の取組の普及を図るため、全国8箇所
    において、国の機関、独立行政法人等、国立大学法人等、地方公共団体等及び
    事業者等の皆様を対象とした説明会を開催いたしますので、お知らせいたします
    (以下は、九州・沖縄地方の内容を抜粋)。

     ■会場:福岡市役所 15階 講堂
     ■日時:平成29 年3月6日(月)13:30~16:50
     ■申込締切:平成29年2月20日(月)
     ■申込方法:以下のウェブサイトをご覧ください。

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://www.env.go.jp/press/103515.html

    ________________________________
    □ 平成29年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金等に係る補助事業者
    (執行団体)の募集について

     環境省では、平成29年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金や地域
    低炭素投資促進ファンド事業費補助金等に係る補助事業者(執行団体)を募集
    しています。

     申込方法など詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://www.env.go.jp/guide/kobo.html


    <環境省本省からのお知らせ>━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □ 国立公園公式Facebookの開設について

     環境省が推進する「国立公園満喫プロジェクト」の一環として、全国33の国立
    公園で活躍するパークレンジャーが国立公園の魅力を世界に向けて発信する
    「国立公園公式Facebook」を開設いたします。
     日本の国立公園は、雄大な自然景観のみだけではなく、生息する動植物や
    文化、人々の暮らし、温泉、食など、様々な魅力に富んでいます。
     既に2000人以上の方にフォローいただいている「国立公園公式Instagram」
    では、主に、パークレンジャーが撮影した写真で国立公園の魅力を伝ています
    が、「国立公園公式Facebook」では、環境省職員が季節に応じた記事を執筆し、
    日英の二言語でその魅力を伝てまいります。
     国立公園公式インスタグラムと併せて、国立公園公式Facebookもフォロー
    いただき、国立公園の魅力に触れるとともに、国立公園にぜひお出かけください。
     アカウント名: National Parks of Japan
     https://www.facebook.com/NationalParksOfJapan/

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://www.env.go.jp/press/103547.html

    ________________________________
    □ ダウンロード用「2017年国立公園カレンダー」の掲載について

     環境省では、国立公園満喫プロジェクトの一環として、「2017年国立公園カレ
    ンダー」を作成いたしました。カレンダーの写真は、全国33か所ある国立公園から
    12か所の景観を選び、日本の国立公園の魅力を紹介しています。
     多くの方々に国立公園カレンダーを利用して頂けるように、環境省ホームページ
    に掲載しましたので、パソコンの壁紙用等にぜひご利用ください。
    <ダウンロードURL>
     http://www.env.go.jp/park/doc/calendar.html

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://www.env.go.jp/press/103393.html

    ________________________________
    □ 「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」の世界自然遺産推薦に係る
    推薦書(正式版)のユネスコへの提出について

     1月20日の閣議において、「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」の
    世界遺産登録推薦書(正式版)のユネスコへの提出が了解されましたので、
    お知らせします。

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://www.env.go.jp/press/103491.html

    ________________________________
    □ 奄美群島国立公園の新規指定に係る中央環境審議会の答申について

     平成28年12月26日(月)に開催された中央環境審議会自然環境部会において、
    「奄美群島国立公園」を34番目の国立公園として指定することについて審議され、
    中央環境審議会会長から環境大臣に対して、諮問のとおりとすることが適当で
    ある旨答申がなされたので、お知らせします。

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://www.env.go.jp/press/103403.html

    ________________________________
    □ 平成27年度の電気事業者ごとの実排出係数・調整後排出係数等の公表について

     温暖化対策法に基づく温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度における
    温室効果ガス排出量算定に用いる平成27年度の電気事業者ごとの実排出
    係数及び調整後排出係数等について、また、温暖化対策法に基づく政府及び
    地方公共団体実行計画における温室効果ガス総排出量算定に用いる平成27
    年度の電気事業者別排出係数及び代替値について、各電気事業者から提出
    された資料等に基づき、経済産業省及び環境省で確認し、平成28年12月27日
    付の官報に掲載しましたので、お知らせします。

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     ■温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度 http://www.env.go.jp/press/103407.html
     ■政府及び地方公共団体実行計画 http://www.env.go.jp/press/103406.html

    ________________________________
    □ 平成28年度大気環境保全活動功労者表彰及び水・土壌環境保全活動功労者
    表彰の受賞者の決定について

     環境省では、大気環境及び水・土壌環境の保全に関し顕著な功績のあった団体
    や個人に対し、その功績を讃るため、環境省水・大気環境局長から表彰状を
    授与しています。
     この度、平成28年度大気環境保全活動功労者表彰及び水・土壌環境保全活動
    功労者表彰の受賞者が決定しましたので、お知らせします。
     なお、九州・沖縄地域では3名(個人)、2団体(団体)が受賞しております。

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://www.env.go.jp/press/103395.html

    ________________________________
    □ PM2.5モニタリング体制の強化について

     環境省では、微小粒子状物質(PM2.5)のモニタリング体制を強化すべく、福岡
    大学キャンパスなど全国10ヵ所にPM2.5の成分を連続的に測定する機器を設置
    します。これにより、PM2.5の組成を正確かつ迅速に把握することが可能になり、
    汚染の原因究明や効果的な対策の進展が期待されます。平成28年度中に機器
    の設置を終、平成29年4月からPM2.5成分の連続測定を開始する予定です。

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://www.env.go.jp/press/103378.html

    ________________________________
    □ 各種調査結果の公表について

      環境省が実施している各種調査結果について以下のとおり公表しております
    ので、お知らせします。

     ■西表石垣国立公園 石西礁湖のサンゴ白化現象の調査結果
      http://www.env.go.jp/press/103439.html
     ■平成27年度廃家電の不法投棄等の状況 http://www.env.go.jp/press/103506.html
     ■平成27年度産業廃棄物の不法投棄等の状況 http://www.env.go.jp/press/103219.html
     ■平成26年度産業廃棄物の排出及び処理状況等 http://www.env.go.jp/press/103381.html
     ■平成27年度水質汚濁防止法等の施行状況 http://www.env.go.jp/press/103449.html
     ■平成27年度浄化槽の設置状況等 http://www.env.go.jp/press/103420.html
     ■平成27年度地下水質測定結果 http://www.env.go.jp/press/103397.html
     ■平成27年度公共用水域水質測定結果 http://www.env.go.jp/press/103387.html
     ■平成28年度スギ雄花花芽調査結果 http://www.env.go.jp/press/103386.html




    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃関連情報
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □ 第104回 コ塾  未来へつなぐ環境ビジネス
     ~バイオマス、リサイクル、ネルギー~ のご案内

    K-RIP(ケイリップ)及び九州経済産業局では、環境ビジネスの創出、ビジネス
    マッチング、人脈形成を目的として、毎月一回程度環境ビジネスに特化した
    異業種交流会「コ塾」を開催しています。
    2月のコ塾は佐賀市内で開催し、「未来へつなぐ環境ビジネス~バイオマス、
    リサイクル、ネルギー~」をテーマに、この分野における企業の取り組みを
    紹介するとともに(株)ユーグレナによる基調講演を行います。
    翌日はコ塾キャラバンとして佐賀市内の環境関連施設をバス見学いたします。

    講演会のみ、バス見学のみの参加も可能です!
    各分野企業・団体、行政関係、学生等どなたでもご参加できます!
    皆様のご参加を心よりお待ちしております!

    <講演会>
     ■日時 平成29年2月9日(木)
     講演会:14時30分~17時35分 交流会:18時00分~19時00分
     ■場所 講演会:佐賀市コプラザ2階(佐賀市高木瀬町大字長瀬2369)
        交流会:ロイヤルチェスター佐賀(佐賀市天神1-1-28)
     ■参加費 無料(交流会三千円)

     ■概要
     ・基調講演
      講演者 :株式会社ユーグレナ 取締役 研究開発部長 鈴木 健吾氏
     ・プレゼン1 :ファインバブル事業への取り組み紹介
      講演者 :株式会社ワイビーム ファインバブル事業開発部  主事 田中 ひとみ氏
     ・プレゼン2 :ハニカムロータを用いた二酸化炭素分離回収技術
      講演者 :株式会社西部技研 技術開発本部 開発部 吉田 和行氏
     ・プレゼン3 :「植物系バイオマスからの有用物質抽出と商品化」について
      講演者 :株式会社ミゾタ 環境技術研究所 理事・所長 土井 研一氏

    <バス見学>
     ■日時 平成29年2月10日(金)
      9時00分~15時00分(9:00 佐賀駅集合-12:20 昼食-15:00 佐賀駅着解散予定)
      (定員約28名:参加者多数の場合、1社1名等の調整を行います)
     ■見学先
            ・佐賀市清掃工場、CO2分離回収装置・アルビータ培養施設等
            ・佐賀市下水浄化センター
             (ガス発電、藻類培養(ユーグレナ)、堆肥化施設)
            ・他調整中
     ■参加費 バス見学参加費無料(昼食代別)


    ■お申込み
     WEB: 下記URLから申込フォームをご記入のう、お申込み下さい。
         https://entry.k-rip.gr.jp/k-rip/reserves/input/4541
     FAX: 下記URLから「ご案内&申込書」をダウンロードの上お申込み下さい。
         http://www.k-rip.gr.jp/news/?p=7598

    ■詳細・講演内容等はこちら    http://www.k-rip.gr.jp/news/?p=7598
    ■お問合せ
     ▼九州環境ネルギー産業推進機構(K-RIP) 担当:杉迫
      TEL:092-474-0042  FAX:092-472-6609
      ▼九州経済産業局 資源ネルギー環境課 担当:栢田(かやだ)
      TEL:092-482-5499












    ----------------------------------------------------------------
    当メルマガへの登録・退会は、
    http://epo-kyushu.jp/about/magazine.html
    もしくは、退会用URL: http://epo-kyushu.jp/xmailinglist/eponews/
    のフォームからお願いいたします。
    ----------------------------------------------------------------
    環境パートナーシップに関するご質問、当メルマガへのご意見、ご感想
    などがございましたらinfo@epo-kyushu.jpまでどうぞ!
    ----------------------------------------------------------------


    【発行】
    九州環境パートナーシップオフィス EPO九州
    〒860-0806 熊本市中央区花畑町4-18 熊本市国際交流会館2F
    http://epo-kyushu.jp
    E-mail:info@epo-kyushu.jp
    TEL:096-312-1884  FAX:096-312-1894
    開館日 火~土曜日(10:00~19:00)
    休業日 日・月曜日、祝日、年末年始。熊本市国際交流会館休館日。



    【リンク】
    九州地方環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/

    那覇自然環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/naha/

    国立公園 http://www.env.go.jp/park/

    地球環境基金の情報館 http://www.erca.go.jp/jfge/index.html

    地球環境パートナーシッププラザ http://www.geoc.jp/

    環境らしんばん http://www.geoc.jp/rashinban/

    九十九島ビジターセンター http://www.kujukushima-visitorcenter.jp/

    雲仙お山の情報館 http://unzenvc.com/

    平成新山ネイチャーセンター http://heiseinc.com/

    雲仙諏訪の池ビジターセンター http://suwanoikevc.web.fc2.com/

    長者原ビジターセンター  http://kyushu.env.go.jp/nature/tyojyabaru/

    阿蘇草原保全活動センター 草原学習館 http://aso-sougencenter.jp/

    南阿蘇ビジターセンター http://www.minamiaso-vc.go.jp/

    びのコミュージアムセンター http://www.ebino-ecomuseum.go.jp/

    重富海岸自然ふれあい館 なぎさミュージアム http://www.nagisa-museum.com/

    対馬野生生物保護センター http://kyushu.env.go.jp/twcc/
  • EPO九州 メールマガジン 「えぽねっと九州」vol.111

    ESDあるある#
    講師・活動団体・参加者、一緒に活動することでそれぞれの”学び”につながる
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     九州・沖縄のタイムリーな環境情報をお届けする
                    「EPOねっと九州」vol.111

    ◇今月の施設情報
    ◆対馬野生生物保護センター(施設紹介)
    ◆九十九島ビジターセンター
    ◆雲仙諏訪の池ビジターセンター
    ◆阿蘇草原保全活動センター 草原学習館
    びのコミュージアムセンター
    ◆重富海岸自然ふれあい館 なぎさミュージアム

    EPO九州より
    最近、野鳥を教ていただく機会があり、それまで気づけなかった鳥たちに、
    身近なところにたくさんの種類がいることに気がつくようになりました。
    さて、渡り鳥が増るこの時期、多くの場所で野鳥観察会が行われています。
    注意深く観察することで、鳥だけでなく、季節の小さな変化なども見つけられ
    るかもしれません。
    本メルマガでもご紹介していますので、ぜひ一度、地域の野鳥観察や自然観察会
    へ行ってみませんか。
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    発行日:平成29年 2月15日発行
    発 行:九州環境パートナーシップオフィス EPO九州
    URL:http://epo-kyushu.jp   E-mail:info@epo-kyushu.jp
    Facebook:http://www.facebook.com/epokyushu
    協 力:環境省 九州地方環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/
        環境省 九州・沖縄管内ビジターセンター 他
    -------------------------------------------------------------


    【もくじ】
    EPO九州からのご案内
    □ 平成29年度地域活性化に向けた協働取組の加速化事業の公募について


    ■ビジターセンター等のご紹介
    □ 対馬野生生物保護センター


    ■ビジターセンターからのお知らせ
    <九十九島ビジターセンター>
    □ 九十九島サロン7『海の武士団松浦党から平戸藩へ』
    □ 弓張岳~将冠岳 春のトレッキング

    <雲仙諏訪の池ビジターセンター>
    □ 第9回島原半島ユネスコ世界ジオパークセミナー
    「みんなで探そう!色んな野鳥in諏訪の池」
    □ 星空観察会

    <阿蘇草原保全活動センター 草原学習館>
    □ 野鳥の巣箱をつくろう!@草原学習館

    びのコミュージアムセンター>
    □ 冬の生きもの講座参加者募集中
    □ 企画展「霧島ジオパーク 火口めぐり」

    <重富海岸自然ふれあい館 なぎさミュージアム>
    □ 錦江湾学習会
    □ ゴカイ達の命をかけた一夜~真夜中のランデブー~


    九州地方環境事務所からのご案内
    □ アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]を随時更新しています!


    ■関連情報
    □ みんなで創る、ジブンの未来!ESDフォーラム2017の開催について
    □「ESDコーディネーター」の募集について



    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    EPO九州からのご案内
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □ 平成29年度地域活性化に向けた協働取組の加速化事業の公募について

    環境省では、地域における課題解決や地域活性化の上で重要な役割を果たして
    いるNPO等の活動、中間支援組織の体制強化や地域における協力・連携体制の
    整備等を促進し、協働取組を実証するための「地域活性化に向けた協働取組の
    加速化事業」を実施しています。
    平成29年度の新たな事業が募集されていますので、お知らせします。

    ■公募対象事業
    地域を対象とした地方事業(8事業程度)について協働取組の進行状況に合わせ、
    AタイプとBタイプに分けて応募します。また、該当するテーマについて低炭素
    社会・循環型社会・自然共生社会・その他に該当するものを選んでください。

    ■事業地域 【地方事業】 8事業(請負額250万円未満)

    ■応募締切 平成29年3月31日(金)17時必着

    詳細はこちら http://www.env.go.jp/press/103620.html


    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃ビジターセンター等のご紹介
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    <対馬野生生物保護センター>

     当センターは、環境省・長崎県・対馬市が共同運営する対馬の野生生物保護
    の拠点施設です。対馬野生生物保護センターではツシマヤマネコを初めとする
    対馬の野生生物の生態やその現状についての普及啓発活動や希少野生生物
    の保護事業などを実施しています。

    当センター展示の目玉は、何と行っても実物の生きたツシマヤマネコを見られる
    点です。野生のツシマヤマネコは対馬の住民でさ見たことがある人はとて
    少ないので、ツシマヤマネコを身近に感じて頂けるよう、当センターでは2003年
    より飼育ツシマヤマネコの一般公開を行っています。現在の公開ヤマネコは
    “福馬(ふくま)”という名前の12才のオスのヤマネコです。福馬もおじいちゃん
    ヤマネコになってきましたが、まだまだ元気いっぱいです。ぜひ福馬に会いに
    対馬にいらして下さい!


    ■対馬野生生物保護センター
    〒817-1603 長崎県対馬市上県町棹崎公園 Tel:0920-84-5577
    http://kyushu.env.go.jp/twcc/

             <次回は、漫湖水鳥・湿地センターをご紹介します。>


    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃ビジターセンターからのお知らせ
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    <九十九島ビジターセンター>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □ 九十九島サロン7『海の武士団松浦党から平戸藩へ』

    不思議がいっぱいの西海国立公園のことを専門家がわかりやすく解説します。
    第7回目は源平合戦の時代に活躍した松浦党が平戸藩となるまでの歴史について
    お話をしていただきます。

    ■日  程 平成29年2月19日(日)
    ■時  間 13:00~15:00
    ■開催場所 たびら活性化施設(平戸市)
    ■参 加 費 無料
    ■対  象 どなたでもお気軽にご参加ください
    ■講  師 久家 孝史氏(公益財団法人松浦史料博物館 学芸員)


    ________________________________

    □ 弓張岳~将冠岳 春のトレッキング

    春の弓張岳~将冠岳をゆっくり歩いて自然を満喫。
    お弁当を持ってピクニック気分で出かけませんか?

    ■日  程 平成29年3月25日(土)
    ■時  間 10:00~15:00
    ■開催場所 弓張岳~将冠岳(弓張岳展望台駐車場(佐世保市) 集合)
    ■参 加 費 300円/人
    ■対  象 小学3年生以上(小学3年生は保護者も参加)
    ■定  員 20名
    ■募集締切 平成29年3月13日(月)必着
    ■備  考 昼食持参


    ----------------------------------------------------------------
    ■お問合せ 九十九島ビジターセンター
    http://www.kujukushima-visitorcenter.jp/
    TEL 0956-28-7919



    <雲仙諏訪の池ビジターセンター>━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    □ 第9回島原半島ユネスコ世界ジオパークセミナー
    「みんなで探そう!色んな野鳥in諏訪の池」

    島原半島の歴史、文化、自然、そしてそれらを支るジオの魅力を専門家が毎月
    やさしく紹介する、「島原半島ジオパークセミナー」第9回目を下記の通り開催します。

    ■日  時 平成29年2月18日(土) 10:00~12:00
    ※セミナー終了後、「ジオCafe」を開催します。
    詳しい内容は、島原半島ジオパーク協議会までお問い合わせください。

    ■場  所 雲仙諏訪の池ビジターセンター

    ■講  師 大向あぐり氏(雲仙諏訪の池ビジターセンター自然観察指導員)
    ■参加料金 無料
    ■お申込み 不要

    ■お問合せ:島原半島ジオパーク協議会
    TEL:0957-65-5540 Mail:


    詳細はこちら
    http://www.unzen-geopark.jp/c-event/6707

     ________________________________

    □ 星空観察会

    ■日  程 毎週土曜日及び3月19日(日)の晴天時
    ■場  所 雲仙諏訪の池ビジターセンター
    ■時  間 19:30~21:30
          ※雨天・曇天・雷・雪・積雪の場合中止

    ■参 加 費  無料
    ■対  象 どなたでも
    ■予  約 不要(21時までに受付をすませてください)

    ■お問合せ 雲仙諏訪の池ビジターセンター
    http://suwanoikevc.web.fc2.com/
    TEL 0957-76-5010


    <阿蘇草原保全活動センター 草原学習館>━━━━━━━━━━━━━━━

    □ 野鳥の巣箱をつくろう!@草原学習館

    小鳥のための木製巣箱をつくって、センターの周りの木に設置します。あわせて、
    身近に見られる野鳥について紹介します。

    ■日 時  平成29年2月26日(日)13:00~15:30
    ■場 所  阿蘇草原保全活動センター 草原学習館(熊本県阿蘇市)
    ■参加費  無料
    ■お申込み 事前申し込みが必要(2月22日まで。先着10組)
          ※小学生以下は保護者同伴
    ■お問合せ 阿蘇草原保全活動センター 草原学習館
     電話 0967-32-4193

    詳細はこちら http://aso-sougencenter.jp/category/events/



    びのコミュージアムセンター>━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    □ 冬の生きもの講座参加者募集中

    <野鳥観察入門講座>

    「野鳥について知りたいけどなにから始めればいいの?」と思っている方オススメです。
    観察の仕方、双眼鏡の使い方、マナー等お伝します。

    ■開 催 日 平成29年2月19日(日)
    ■時  間 9:00~11:00
    ■集合解散 びのコミュジアムセンター
    ■定  員 20名
    ■持 ち 物 手袋等の防寒対策 双眼鏡(あれば)
    ■参 加 費 無料(駐車料金普通乗用車500円)
    ■お申込み びのコミュジアムセンター TEL 0984-33-3002


    <冬の植物観察講座>
    花だけじゃない植物の素敵な魅力をお伝します。
    冬しか見れない木々の新芽は、フワフワだったり、お顔があったり、とっても
    おもしろいですよ!

    ■開 催 日 平成29年2月26日(日)
    ■時  間 9:00~11:00
    ■集合解散 びのコミュージアムセンター
    ■定  員 20名
    ■持 ち 物 手袋等の防寒対策 ルーペ等の観察道具(あれば)
    ■参 加 費 無料(駐車料金普通乗用車500円)
    ■お申込み びのコミュジアムセンター TEL 0984-33-3002

     上記2つのイベントのリンクはこちら
    http://www.ebino-ecomuseum.go.jp/news/archives/1041

    ________________________________

    □ 企画展「霧島ジオパーク 火口めぐり」

    20あまりの火山の集まりである霧島山、その代表的な火山の
    「火口」にスットライトを当てました。
    火山の荒々しさとは対照的に一面のミヤマキリシマによって
    美しく彩られた山体。冬の白銀の火口湖。火山は四季を通じて
    様々な表情を見せてくれます。

    ■開催会場 びのコミュージアムセンター
    ■開催期間 平成29年2月1日(水)~3月20日(月祝)

     上記企画展リンクはこちら
    http://www.ebino-ecomuseum.go.jp/news/archives/1045



    <重富海岸自然ふれあい館 なぎさミュージアム>━━━━━━━━━━━━

    □ 錦江湾学習会

    <第9回 錦江湾の星砂の仲間たち>

    第9回は、鹿児島大学名誉教授の大木公彦氏に錦江湾の星砂の仲間たちについ
    伺います。
    星の形をした砂、「星砂」をご存知の方は多いと思いますが、これは
    有孔虫という小さな生き物からできています。
    有孔虫は世界中の海にすむ小さな原生生物で、有孔虫の研究を通して
    海の秘密を知ることができます。
    膨大な調査と研究によりわかった、錦江湾の環境や特徴についてのお話です。

    ■講  題 「錦江湾の星砂の仲間たち」
    ■講  師 鹿児島大学名誉教授 大木 公彦氏
    ■日  時 平成29年2月15日(水)19:00~21:00
    ※当日のお申込みも可能です

    <第10回 姶良カルデラと桜島>

    錦江湾学習会最終回の第10回は、NPO法人桜島ミュージアム理事長の
    福島大輔氏に、錦江湾をつくった姶良カルデラと世界有数の活火山で
    ある桜島について詳しく解説していただきます。

    ■講  題 「姶良カルデラと桜島」
    ■講  師 NPO法人桜島ミュージアム 理事長 福島 大輔氏
    ■日  時 平成29年3月8日(水)19:00~21:00

    -----------------------------------------------------------------
    第9回・第10回とも下記は共通です。
    ■場  所 重富海岸自然ふれあい館なぎさミュージアム
    ■定  員 30名
    ■料  金 1,000円
    ■お申込み TEL 0995-67-6042 MAIL 
    特定非営利活動法人くすの木自然館 〒899-5652 姶良市平松7703
     ________________________________

    □ ゴカイ達の命をかけた一夜~真夜中のランデブー~


    魚釣りに使われる「ゴカイ」は、1年に1度とても面白い方法で繁殖します。
    みずからの体を変身させ、早春の夜に大群で卵を産むのです。
    不思議なゴカイの世界をのぞいてみませんか?

    ■日  時 平成29年3月13日(月)19:00~21:00
                  3月27日(月)19:30~21:30
                  3月28日(火)19:30~21:30

    ■対  象 小学生以上 (中学生以下は保護者同伴)
    ■料  金 500円

    ■場  所 重富海岸自然ふれあい館なぎさミュージアム、重富海岸
    ■お申込み TEL 0995-67-6042 MAIL 
    特定非営利活動法人くすの木自然館 〒899-5652 姶良市平松7703



    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    九州地方環境事務所からのご案内
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □ アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]を随時更新しています!

    アクティブ・レンジャーとは、自然保護官の補佐役として、国立公園等のパトロール、
    調査、利用者指導、自然解説などの業務を担う環境省の職員です。
    管内には、瀬戸内海、西海、雲仙天草、阿蘇くじゅう、霧島錦江湾、屋久島、
    慶良間諸島、西表石垣、やんばる国立公園があります。

    アクティブ・レンジャー日記では、各国立公園での活動情報などを担当官が紹介しています。
    最新の掲載記事は次のとおりです。
    http://kyushu.env.go.jp/blog/index.html
    ※随時更新されています。過去の記事は上記ウェブサイトにアクセス
    していただき、ページ右側のカレンダー等から閲覧することができます。

    ■カンムリワシ週間【石垣地域】(西表石垣)
    ■イリオモテヤマネコ調査体験会(西表石垣)
    九州特産物リレー ~対馬の蜂蜜~【対馬地域】
    ■島原半島で行われているの環境保全の取り組みのご紹介(雲仙天草)
    ■「最西端・化石ウォーク」活動支援(西海)
    ■ヨナグニマルバネクワガタの生息木調査【石垣地域】(西表石垣)
    九州特産物リレー1月~ヤクスギ~【屋久島地域】(屋久島)
    ■冬山くじゅう【くじゅう地域】(阿蘇くじゅう)
    ■自然がつくりだす氷の芸術 古閑の滝【阿蘇地域】(阿蘇くじゅう)
    ■野草堆肥づくりのための採草・草集め ~草原に暮らすカヤネズミ発見!
    ~【阿蘇地域】(阿蘇くじゅう)
    画コンクール作品展@西表野生生物保護センター(西表石垣)
    ■ツルヒヨドリについて(やんばる)
    ■「上段の野トレッキング」活動支援(西海)
    ■全国・自然歩道歩こう月間「佐志岳トレッキング」活動支援(西海)
    ■錦江湾から湯気がっ!!(霧島・錦江湾)
    ■正月行事~鬼火(おにび)たき~【屋久島地域】(屋久島)

    アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]トップページ
    http://kyushu.env.go.jp/blog/index.html



    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃関連情報
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □ みんなで創る、ジブンの未来!ESDフォーラム2017の開催について

    本フォーラムでは、北九州のESDを実践・推進する拠点「九州まなびとESD
    ステーション」から、「持続可能な社会の実現」に向け、高校生・大学生・大人たち
    が主体的に活動する“アクション”を発表し、ESDの理解と意識の醸成を図ります。


    ■日  時 平成29年2月25日(土) 13:30~17:00(受付13:00~)
    ■会  場 西日本工業大学 小倉キャンパス3F
     (北九州市小倉北区室町1-2-11 リバーウォーク北九州横にキャンパスがあります)
    ■対  象 活動に関心のある高校生・大学生、話を聞いてみたい一般の方
    ■参 加 費 無料
    ■定  員 先着100名 (先着順のため定員に達し次第、締切)
    ■締  切 平成29年2月22日(水)24:00まで
    ■主  催 北九州まなびとESDステーション

    ■内  容
    基調講演:
     社会の課題をビジネスで解決する“ソーシャルビジネス”を聞いてみよう!
     株式会社ボーダレス・ジャパン 代表取締役社長 田口 一成氏

    高校生・大学生による活動報告会:
     アクションを起こした高校生や大学生の話を聞いてみよう!
     ・高校生の「マイプロジェクト」
     ・大学生の「ミライ創造塾」

    ※平成28年度・環境教育における「ESD推進」のための実践拠点支援事業
    の一環です。
    詳細・お申込みはこちら http://manabito.kitakyu-u.ac.jp/news/909


    ________________________________

    □「ESDコーディネーター」の募集について

    この度、北九州ESD協議会では「ESDコーディネーター」を募集します。
    本協議会は設立から10周年を迎さらに活発にESDに取組んでいこうとして
    います。また、4月からはプロジェクトチームも一新し、新体制での活動を始める
    予定です。

    そこで、新体制の中で、北九州の様々な人や団体・まなびとESDステーション(学生)・
    企業など多様な主体をつなぎ、協力し、楽しく「持続可能なまちづくり」に取組んで
    いただく「ESDコーディネーター(1名)」を募集しています!

    3月末まで募集を行い、4月に選考、5月ごろからお仕事を始めていただく予定です。

    仕事の内容、勤務条件等は下記のホームページをご覧ください。
    http://drive.media/career/job/14815





    ----------------------------------------------------------------
    当メルマガへの登録・退会は、
    http://epo-kyushu.jp/about/magazine.html
    もしくは、退会用URL: http://epo-kyushu.jp/xmailinglist/eponews/
    のフォームからお願いいたします。
    ----------------------------------------------------------------
    環境パートナーシップに関するご質問、当メルマガへのご意見、ご感想
    などがございましたらinfo@epo-kyushu.jpまでどうぞ!
    ----------------------------------------------------------------


    【発行】
    九州環境パートナーシップオフィス EPO九州
    〒860-0806 熊本市中央区花畑町4-18 熊本市国際交流会館2F
    http://epo-kyushu.jp
    E-mail:info@epo-kyushu.jp
    TEL:096-312-1884  FAX:096-312-1894
    開館日 火~土曜日(10:00~19:00)
    休業日 日・月曜日、祝日、年末年始。熊本市国際交流会館休館日。



    【リンク】
    九州地方環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/

    那覇自然環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/naha/

    国立公園 http://www.env.go.jp/park/

    地球環境基金の情報館 http://www.erca.go.jp/jfge/index.html

    地球環境パートナーシッププラザ http://www.geoc.jp/

    環境らしんばん http://www.geoc.jp/rashinban/

    九十九島ビジターセンター http://www.kujukushima-visitorcenter.jp/

    雲仙お山の情報館 http://unzenvc.com/

    平成新山ネイチャーセンター http://heiseinc.com/

    雲仙諏訪の池ビジターセンター http://suwanoikevc.web.fc2.com/

    長者原ビジターセンター  http://kyushu.env.go.jp/nature/tyojyabaru/

    阿蘇草原保全活動センター 草原学習館 http://aso-sougencenter.jp/

    南阿蘇ビジターセンター http://www.minamiaso-vc.go.jp/

    びのコミュージアムセンター http://www.ebino-ecomuseum.go.jp/

    重富海岸自然ふれあい館 なぎさミュージアム http://www.nagisa-museum.com/

    対馬野生生物保護センター http://kyushu.env.go.jp/twcc/
  • EPO九州 メールマガジン 「えぽねっと九州」vol.112

    環境団体あるある#
    若者・ユースの巻き込みが活動と団体を盛り上げる
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     九州・沖縄のタイムリーな環境情報をお届けする
                    「EPOねっと九州」vol.112

    ◇今月のPICK UP!
    ◆協働取組加速化事業 協働ギャザリング(成果報告会) 開催報告
    第2回九州地方ESD活動支援センター設置準備委員会の開催結果(概要)について
    ◆国連生物多様性の10年「グリーンウェイブ2017」の実施について

    ◇EPO九州より
    本年度、EPO九州では「ESD実践拠点支援事業」に取組み、北九州、水俣、宮崎の3つの
    地域にて、ネットワークづくりや人材育成などの実践を支援してまいりました
    北九州では「ESDフォーラム2017」、水俣では「継ぎの学びフォーラム」が開催され、
    事業の成果や学びの共有がありました。宮?でも3月に発表会が予定されています。
    EPO九州ではこれらの情報をはじめ、各種イベントの様子もフェイスブックで積極的に
    発信していますので、ぜひご覧ください。
    https://www.facebook.com/epokyushu/
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    発行日:平成29年 2月28日
    発 行:九州環境パートナーシップオフィス EPO九州
    URL:http://epo-kyushu.jp   E-mail:
    Facebook:http://www.facebook.com/epokyushu
    協 力:環境省 九州地方環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/
        環境省 九州・沖縄管内ビジターセンター 他
    -------------------------------------------------------------

    【もくじ】
    ■EPO九州からのご案内
    □ 協働取組加速化事業 協働ギャザリング(成果報告会) 開催報告
    □ 平成29年度地域活性化に向けた協働取組の加速化事業の公募について

    ■九州地方環境事務所からのご案内
    <九州地方環境事務所からのお知らせ>
    □ 第2回九州地方ESD活動支援センター設置準備委員会の開催結果(概要)について
    □ 霧島錦江湾国立公園 重富海岸自然ふれあい館(なぎさミュージアム)の第4回
    「かごしま・人・まち・デザイン賞」大賞受賞について
    □ 平成29年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金等に係る補助事業者(執行団体)の
    募集について
    □ 平成29年度生物多様性保全推進支援事業の公募について
    □ 平成29年度学校給食の実施に伴い発生する廃棄物の3R促進モデル事業に
    係る実施市区町村の公募について
    □ 国連生物多様性の10年「グリーンウェイブ2017」の実施について
    □ COOL CHOICE連携事業について(バス連携ポスター、鉄道連携ポスター)
    □ 第20回環境コミュニケーション大賞の受賞作が決定しました!受賞ロゴマークの発表も
    □ 第12回エコツーリズム大賞の決定について
    □ 第11回「みどり香るまちづくり」企画コンテストの選考結果及び表彰式の開催について
    □ エコツーリズム推進法に基づく全体構想の認定について
    □ 環境省花粉観測システム(愛称:はなこさん)の稼働について
    □ (仮称)五島福江島風力発電事業に係る計画段階環境配慮書に対する環境大臣意見の提出について
    □ 光害啓発パンフレットの作成について(ひと・まち・地球にやさしい「光」)
    □ 食品リサイクル法の判断基準省令等の改正及び食品関連事業者向けガイドラインの公表について
    □ 各種調査結果の公表について
    □ 中央環境審議会委員の任命について




    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃EPO九州からのご案内
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □ 協働取組加速化事業 協働ギャザリング(成果報告会) 開催報告

    ■開催日:平成29年2月18日(土)
    ■会 場:ベルサール西新宿(東京都)

    「協働取組」は、市民、NPO、企業、行政など様々なセクターが共通の目的で、
    ともに力を合わせて課題解決をめざす新しい連携の形です。環境省は協働取組
    加速化事業を始めて4年目になります。
    平成28年度は、モデル事業として全国で16事業が選定、実践されました。 その
    活動成果を持ちより、さらにブラッシュアップするための報告会(ギャザリング)が
    東京で開催されました。
    今回は、過去最高の123名が参加。各団体による事例報告後、団体ごとのブース
    に分かれ、参加者と事業担当者が直接質疑応答、意見交換を行いました。協働
    取組の価値を再認識し、今後に向けた実践的な報告会となりました。

    ________________________________

    □ 平成29年度地域活性化に向けた協働取組の加速化事業の公募について

    環境省では、地域における課題解決や地域活性化の上で重要な役割を果たして
    いるNPO等の活動、中間支援組織の体制強化や地域における協力・連携体制の
    整備等を促進し、協働取組を実証するための「地域活性化に向けた協働取組の
    加速化事業」を実施しています。
    平成29年度の新たな事業が募集されていますので、お知らせします。

    ■公募対象事業
    地域を対象とした地方事業(8事業程度)について協働取組の進行状況に合わせ、
    AタイプとBタイプに分けて応募します。また、該当するテーマについて低炭素
    社会・循環型社会・自然共生社会・その他に該当するものを選んでください。

    ■事業地域 【地方事業】 8事業(請負額250万円未満)

    ■応募締切 平成29年3月31日(金)17時必着

    詳細はこちら http://www.env.go.jp/press/103620.html



    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃九州地方環境事務所からのご案内
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    <九州地方環境事務所からのお知らせ>━━━━━━
    □ 第2回九州地方ESD活動支援センター設置準備委員会の開催結果(概要)について

     環境省と文部科学省は、平成26年11月に開催された「国連ESDに関するユネスコ
    世界会議」での成果等を踏まえ、ESDを推進するためのネットワークの構築のた
    め、平成28年4月22日、ESD活動支援センター(以下「全国センター」という。)を開設
    しました(所在地:東京都渋谷区)。
     また、全国の各ブロック(8地域)では、全国センターと協働・連携を図るとともに、
    地域における広域的なハブ機能を果たすための「地方ESD活動支援センター」
    (仮称)を平成29年度に設置する予定となっております。
     これを受け、九州地方環境事務所は、専門家等で構成される九州地方ESD活動
    支援センター設置準備委員会を設置し、同委員会の議論を踏まえ、平成29年度に
    九州・沖縄地域の九州地方ESD活動支援センター(仮称)を設置する予定にしており
    ます。
     このたび、第2回九州地方ESD活動支援センター設置準備委員会の開催結果
    概要を掲載しましたので、お知らせします(委員会は計3回開催)

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://kyushu.env.go.jp/to_2017/esdjunbi2gaiyou.html

    ________________________________
    □ 霧島錦江湾国立公園 重富海岸自然ふれあい館(なぎさミュージアム)の第4回
    「かごしま・人・まち・デザイン賞」大賞受賞について

     環境省の施設である霧島錦江湾国立公園重富海岸自然ふれあい館(なぎさ
    ミュージアム)が、第4回「かごしま・人・まち・デザイン賞」都市デザイン部門大賞を
    受賞しましたので、お知らせします。
     第3回(平成27年度)では、都市デザイン部門において奄美野生生物保護センター
    が大賞を受賞しており、環境省施設が2年連続で同部門大賞を受賞しました。

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://kyushu.env.go.jp/pre_2017/post_59.html


    < 公募 >━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □ 平成29年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金等に係る補助事業者(執行団体)
    の募集について

     環境省では、平成29年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金等として、
    「エコリース促進事業」、「我が国循環産業の戦略的国際展開による海外でのCO2
    削減支援事業」など複数の事業に係る公募を開始しておりますので、お知らせします。
     http://www.env.go.jp/press/103623.html
     http://www.env.go.jp/press/103604.html

    ________________________________
    □ 平成29年度生物多様性保全推進支援事業の公募について

     環境省では、地域における生物多様性の保全・再生に資する活動等を支援する
    「生物多様性保全推進支援事業」を実施しており、自然共生社会づくりを着実に進
    めていくため、地域における生物多様性の保全再生に資する活動等に対し、活動等
    に必要な経費の一部を国が交付します(国費1/2以内)。
     今般、平成29年度の新たな事業について募集しますので、お知らせします。

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://www.env.go.jp/press/103621.html

    ________________________________
    □ 平成29年度学校給食の実施に伴い発生する廃棄物の3R促進モデル事業に
    係る実施市区町村の公募について

     環境省では、平成27年度から、学校給食の実施に伴い発生する廃棄物の3Rの
    促進及び、食育・環境教育の観点から学校における学習教材としての利用を促進
    するためのモデル事業を実施しております。
     今般、平成29年度分について募集しますので、お知らせします。

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://www.env.go.jp/press/103625.html


    <環境省本省からのお知らせ>━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □ 国連生物多様性の10年「グリーンウェイブ2017」の実施について

     生物多様性条約事務局は、国連が定める「国際生物多様性の日」(5月22日)に、
    世界各地の青少年、子どもたちの手でそれぞれの学校や地域等で植樹等を行う
    「グリーンウェイブ」への参加を呼びかけています。
     このため、環境省、農林水産省、国土交通省及び国連生物多様性の10年日本
    委員会(UNDB-J)では、生物多様性に関する理解が社会に浸透するように、植樹
    等をきっかけとした生物多様性の広報、教育、普及啓発を推進するため、3月1日
    から6月15日までの期間を国連生物多様性の10年「グリーンウェイブ2017」として
    広く本活動への参加を呼びかけます。
    ※世界各地において、5月22日の午前10時(現地時間)に植樹などを行うことによ
    り、この活動が地球上の東から西へ波のように広がっていく様子を、「緑の波(グ
    リーンウェイブ)」と表現しています。

    ■参加方法
      以下のウェブサイトから登録してください。
      http://greenwave.undb.jp/
    ■グリーンウェイブ活動内容
     森林や樹木等とのふれあいを通じて生物多様性の理解や普及啓発につながる
    グループ・団体活動です。具体的には以下の通りです。
     (1) 植樹、(2) 森林や樹木等の保全、手入れ(植樹した樹木への水やり、里山
    の管理等)、(3) 森林や樹木等とふれあう活動(イベント等)、(4) (1)から(3)まで
    の活動のための苗木・資材の提供 など

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://www.env.go.jp/press/103525.html

    ________________________________
    □ COOL CHOICE連携事業について(バス連携ポスター、鉄道連携ポスター)

     環境省では、関係省庁をはじめ様々な企業・団体・自治体等と連携しながら、
    低炭素型の「製品」「サービス」「ライフスタイル」など、温暖化対策に資するあらゆる
    「賢い選択」を促す国民運動「COOL CHOICE」に取り組んでいます。
     また、"「移動」を「エコ」に。"をテーマに、公共交通等、エコで賢い移動方法を選択
    し、CO2排出量の少ない移動を推進する「smart move(スマートムーブ)」キャンペー
    ンを展開していますが、このスマートムーブも「COOL CHOICE」(賢い選択)のアク
    ションのひとつです。
     この度、公益社団法人日本バス協会とCOOL CHOICE連携事業として、スマート
    ムーブを呼び掛けるポスター及びステッカーを作成しました。全国の乗合バス事業
    者各社の関連施設及び車両内で掲出予定です。
     また、国土交通省鉄道局とのCOOL CHOICE連携事業として、スマートムーブを
    呼び掛けるポスターを作成しました。全国の駅や関連施設及び鉄道車両内で掲出
    予定です。

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     ■バス http://www.env.go.jp/press/103574.html
     ■鉄道 http://www.env.go.jp/press/103573.html

    ________________________________
    □ 第20回環境コミュニケーション大賞の受賞作が決定しました!受賞ロゴマークの発表も

     優れた環境コミュニケーションを表彰する「第20回環境コミュニケーション大賞
    (環境省と一般財団法人地球・人間環境フォーラムの共催)」が今年も行われ、
    多数の応募者の中から、受賞作を決定しましたので、お知らせします。
     今回は制定20回を記念し、中長期的な視点で、優れた環境戦略を掲げ、実践して
    いる事業者を表彰する「環境コミュニケーション大賞制定20回記念大賞」を特設しま
    した。また、受賞のPRにご活用いただける受賞ロゴマークを策定しました。

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://www.env.go.jp/press/103582.html

    ________________________________
    □ 第12回エコツーリズム大賞の決定について

     環境省では、エコツーリズムを実践する地域や事業者の優れた取組を表彰する
    「エコツーリズム大賞」を平成17年度から実施しています。
     この度、第12回エコツーリズム大賞に応募のあった51件を対象に、審査委員に
    よる審査が行われ、合計11件の受賞が決まりましたのでお知らせします。

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://www.env.go.jp/press/103618.html

    ________________________________
    □ 第11回「みどり香るまちづくり」企画コンテストの選考結果及び表彰式の開催について

     環境省では、「かおりの樹木・草花」を用いて、良好なかおり環境を創出しようと
    する地域の取組を支援することを目指し、平成18年度から「みどり香るまちづくり」
    企画コンテストを実施しています。
     今年度のコンテストでは18件の応募があり、この度、厳正な審査により環境大臣
    賞等8点の受賞企画が決まりましたので、お知らせします。

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://www.env.go.jp/press/103564.html

    ________________________________
    □ エコツーリズム推進法に基づく全体構想の認定について

     エコツーリズム推進法(平成19年法律第105号)第6条第1項に基づき、宮崎県
    串間市(串間エコツーリズム推進全体構想)、鹿児島県奄美市(奄美群島エコツー
    リズム推進全体構想)等から主務大臣(環境大臣、国土交通大臣、文部科学大臣、
    農林水産大臣)宛てにエコツーリズム推進全体構想の認定に係る申請書の提出が
    あり、同法で準用する同条第2項各号の基準に適合すると認められるため、平成
    29年2月7日付けで全て認定されました。これにより、全国の全体構想認定数は、
    12件となりました。

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://www.env.go.jp/press/103614.html

    ________________________________
    □ 環境省花粉観測システム(愛称:はなこさん)の稼働について

     環境省では、花粉自動計測器を全国120地点に配置し、リアルタイムで観測した
    花粉の飛散状況について、毎年、情報提供しています。
     本年は2月1日(水)から「環境省花粉観測システム(愛称:はなこさん)」を稼働し、
    ホームページ(http://kafun.taiki.go.jp/)にて花粉飛散の情報提供を開始しています。

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://www.env.go.jp/press/103598.html

    ________________________________
    □ (仮称)五島福江島風力発電事業に係る計画段階環境配慮書に対する環境大
    意見の提出について

     環境省は、1月27日、長崎県で計画されている「(仮称)五島福江島風力発電事業
    に係る計画段階環境配慮書」(株式会社レノバ)に対する環境大臣意見を経済産業
    大臣に提出しましたので、お知らせします。
     本事業は、長崎県五島市において、最大で総出力38,500kWの風力発電所を設置
    するものです。

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://www.env.go.jp/press/103526.html

    ________________________________
    □ 光害啓発パンフレットの作成について(ひと・まち・地球にやさしい「光」)

     光害(ひかりがい)とは、照明の設置方法や配光が不適切で、景観や周辺環境へ
    の配慮が不十分なために起こるさまざまな影響をいいます。
     このたび、環境省では、屋外照明を対象とした光害防止のため、LED照明に関
    する留意点も含む新たなパンフレットを作成しましたので、お知らせします。

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://www.env.go.jp/press/103634.html

    ________________________________
    □ 食品リサイクル法の判断基準省令等の改正及び食品関連事業者向けガイドラインの公表について

     平成28年1月に発覚した産業廃棄物処分業者による食品廃棄物の不適正な転売事案を
    受けた再発防止策の一環として、1月26日(木)に、食品リサイクル法の判断基準省令等
    を改正し、食用と誤認されないよう適切な措置を講ずる旨等を新たに盛り込むとともに、
    食品関連事業者向けの不適正な転売防止の取組強化のためのガイドラインを公表しまし
    たので、お知らせします。

     詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://www.env.go.jp/press/103553.html

    ________________________________
    □ 各種調査結果の公表について

      環境省が実施している各種調査結果について以下のとおり公表しておりますので、お知らせします。

     ■平成27(2015)年度フロン類算定漏えい量の集計結果
    http://www.env.go.jp/press/103668.html
     ■平成27年度自動車交通騒音の状況 http://www.env.go.jp/press/103655.html
     ■平成28年熊本地震の被災地におけるアスベスト大気濃度調査(第3次)結果 http://www.env.go.jp/press/103633.html
     ■平成27年度振動規制法施行状況調査結果 http://www.env.go.jp/press/103552.html
     ■平成27年度騒音規制法等施行状況調査結果 http://www.env.go.jp/press/103551.html
     ■平成27年度悪臭防止法施行状況調査結果 http://www.env.go.jp/press/103535.html

    ________________________________
    □ 中央環境審議会委員の任命について

     平成29年2月8日付けで、中央環境審議会の委員が任命されましたので、お知らせします。
     中央環境審議会は、環境基本法第41条の規定に基づき設置されている審議会です。委員は
    環境の保全に関し学識経験のある者のうちから環境大臣が任命することとされ、任期は2年
    とされています。

     委員名簿など詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。
     http://www.env.go.jp/press/103628.html









    ----------------------------------------------------------------
    当メルマガへの登録・退会は、
    http://epo-kyushu.jp/about/magazine.html
    もしくは、退会用URL: http://epo-kyushu.jp/xmailinglist/eponews/
    のフォームからお願いいたします。
    ----------------------------------------------------------------
    環境パートナーシップに関するご質問、当メルマガへのご意見、ご感想
    などがございましたらまでどうぞ!
    ----------------------------------------------------------------


    【発行】
    九州環境パートナーシップオフィス EPO九州
    〒860-0806 熊本市中央区花畑町4-18 熊本市国際交流会館2F
    http://epo-kyushu.jp
    E-mail:
    TEL:096-312-1884  FAX:096-312-1894
    開館日 火~土曜日(10:00~19:00)
    休業日 日・月曜日、祝日、年末年始。熊本市国際交流会館休館日。



    【リンク】
    九州地方環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/

    那覇自然環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/naha/

    国立公園 http://www.env.go.jp/park/

    地球環境基金の情報館 http://www.erca.go.jp/jfge/index.html

    地球環境パートナーシッププラザ http://www.geoc.jp/

    環境らしんばん http://www.geoc.jp/rashinban/

    九十九島ビジターセンター http://www.kujukushima-visitorcenter.jp/

    雲仙お山の情報館 http://unzenvc.com/

    平成新山ネイチャーセンター http://heiseinc.com/

    雲仙諏訪の池ビジターセンター http://suwanoikevc.web.fc2.com/

    長者原ビジターセンター  http://kyushu.env.go.jp/nature/tyojyabaru/

    阿蘇草原保全活動センター 草原学習館 http://aso-sougencenter.jp/

    南阿蘇ビジターセンター http://www.minamiaso-vc.go.jp/

    えびのエコミュージアムセンター http://www.ebino-ecomuseum.go.jp/

    重富海岸自然ふれあい館 なぎさミュージアム http://www.nagisa-museum.com/

    対馬野生生物保護センター http://kyushu.env.go.jp/twcc/
  • EPO九州 メールマガジン 「えぽねっと九州」vol.113

    中間支援あるある#
    いろんな立場で見ることが、仲介役の第一歩。
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     九州・沖縄のタイムリーな環境情報をお届けする
                    「EPOねっと九州」vol.113

    ◇今月の施設情報
    ◆漫湖水鳥・湿地センター(施設紹介)
    ◆九十九島ビジターセンター
    ◆雲仙諏訪の池ビジターセンター
    ◆阿蘇草原保全活動センター 草原学習館
    ◆重富海岸自然ふれあい館 なぎさミュージアム


    ◇EPO九州より
    3月7日、国内34カ所目の国立公園として「奄美群島国立公園」が新たに誕生しました。
    奄美群島は鹿児島県南部に位置する8つの有人島及びその周辺の無人島のことで、
    照葉樹林照葉樹林、アマミノクロウサギなどの固有種、海岸部のサンゴ礁、それらの
    自然から生まれたくらしや風習などが特長です。この機会に、ぜひ奄美群島国立公園に
    ついて調べてみませんか。
    http://www.env.go.jp/nature/np/amamigunto.html

    また、九州地区の国立公園については、「アクティブ・レンジャー日記」からも知ること
    ができます。
    九州地方環境事務所からの記事に紹介されていますので、こちらもぜひご覧ください。

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    発行日:平成29年 3月15日発行
    発 行:九州環境パートナーシップオフィス EPO九州
    URL:http://epo-kyushu.jp   E-mail:
    Facebook:http://www.facebook.com/epokyushu
    協 力:環境省 九州地方環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/
        環境省 九州・沖縄管内ビジターセンター 他
    -------------------------------------------------------------


    【もくじ】
    ■EPO九州からのご案内
    □ 平成29年度地域活性化に向けた協働取組の加速化事業の公募について

    ■ビジターセンター等のご紹介
    □ 漫湖水鳥・湿地センター

    ■ビジターセンターからのお知らせ
    <九十九島ビジターセンター>
    □ トビカズラウォーク~神秘の花を歩いて発見!~

    <雲仙諏訪の池ビジターセンター>
    □ 星空観察会

    <阿蘇草原保全活動センター 草原学習館>
    □ はなとちょうのモビールづくり@草原学習館
    □ 春休みお楽しみ企画@草原学習館

    <重富海岸自然ふれあい館 なぎさミュージアム>
    □ 真夜中のランデブー(ゴカイの生殖行動観察会)

    ■九州地方環境事務所からのご案内
    □ アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]を随時更新しています!




    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃EPO九州からのご案内
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □ 平成29年度地域活性化に向けた協働取組の加速化事業の公募について

    環境省では、地域における課題解決や地域活性化の上で重要な役割を果たして
    いるNPO等の活動、中間支援組織の体制強化や地域における協力・連携体制の
    整備等を促進し、協働取組を実証するための「地域活性化に向けた協働取組の
    加速化事業」を実施しています。
    平成29年度の新たな事業が募集されていますので、お知らせします。

    ■公募対象事業
    地域を対象とした地方事業(8事業程度)について協働取組の進行状況に合わせ、
    AタイプとBタイプに分けて応募します。また、該当するテーマについて低炭素
    社会・循環型社会・自然共生社会・その他に該当するものを選んでください。

    ■事業地域 【地方事業】 8事業(請負額250万円未満)

    ■応募締切 平成29年3月31日(金)17時必着

    詳細はこちら http://www.env.go.jp/press/103620.html


    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃ビジターセンター等のご紹介
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    <漫湖水鳥・湿地センター>

    ラムサール条約登録湿地である漫湖は、那覇の中心街に近く、都会の中にある
    貴重な湿地です。鳥類は、約200種がこれまで観察されています。この中には、
    絶滅が心配されるクロツラヘラサギなどの種も含まれます。1年をとおして、多く
    の渡り鳥が訪れ100羽近くのムナグロやギンムクドリの群れが見られることもあり
    ます。水鳥たちの餌となるカニや貝、ゴカイなどの底生生物も豊富で、夏の時期、
    干潟一面のカニの群れは圧巻です。マングローブ林を通る木道は、環境教育や
    自然観察などのフィールド、市民の憩いの場として、幅広く利用されています。


    ■漫湖水鳥・湿地センター
    〒901-0241 沖縄県豊見城市字豊見城982
    Tel:098-840-5121
    http://www.manko-mizudori.net/




    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃ビジターセンターからのお知らせ
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    <九十九島ビジターセンター>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    □ トビカズラウォーク~神秘の花を歩いて発見!~

    トビカズラは、日本では4か所での生育が確認されている植物で、そのうち1か所が
    九十九島のトコイ島です。
    トコイ島の種から育てた花を長尾半島へ見に行きませんか?

    ■日  程 平成29年4月23日(日)
    ■時  間 10:00~12:00
    ■開催場所 長尾半島(九十九島ビジターセンター 集合)
    ■参 加 費 200円/人
    ■対  象 小学生以上(小学3年生以下は保護者も参加)
    ■定  員 20名
    ■募集締切 平成29年4月14日(金)必着
    ■備  考 小雨決行

    ■お問合せ 九十九島ビジターセンター
    http://www.kujukushima-visitorcenter.jp/
    TEL 0956-28-7919



    <雲仙諏訪の池ビジターセンター>━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    □ 星空観察会

    ■日  程 毎週土曜日及び3月19日(日)の晴天時
    ■時  間 19:30~21:30
           ※雨天・曇天・雪・積雪の場合中止

    ■参加費  無料
    ■対  象 どなたでも
    ■予  約 不要(21:00までに受付をすませてください)

    ■お問合せ 雲仙諏訪の池ビジターセンター
    http://suwanoikevc.web.fc2.com/
    TEL 0957-76-5010


    <阿蘇草原保全活動センター 草原学習館>━━━━━━━━━━━━━━━

    □ はなとちょうのモビールづくり@草原学習館

    ススキのクキを使った、ユラユラゆれるモビールをづくり。つるすのは、はなとちょう
    のイラスト。イラストにはきれいな色をぬろう。

    ■日 時  平成29年3月25日(土)開始時間 13:30、15:00
    ■場 所  阿蘇草原保全活動センター 草原学習館(熊本県阿蘇市)
    ■参加費  無料
    ■お申込み 不要
    ■お問合せ 阿蘇草原保全活動センター 草原学習館
     電話 0967-32-4193

    詳細はこちら http://aso-sougencenter.jp/category/events/


    ________________________________

    □ 春休みお楽しみ企画@草原学習館

    草原学習館の展示を巡りながらクイズの答えを探すクイズラリーや、春の野の花や
    草原を描いたぬりえに挑戦しよう!完成させると、ミニプレゼントのクジが引けるよ。

    ■日 時  平成29年3月26日(日)~4月9日(日)開館時間:9:00~17:00
    ■場 所  阿蘇草原保全活動センター 草原学習館(熊本県阿蘇市)
    ■参加費  無料
    ■お申込み 不要
    ■お問合せ 阿蘇草原保全活動センター 草原学習館
     電話 0967-32-4193
    詳細はこちら http://aso-sougencenter.jp/category/events/


    <重富海岸自然ふれあい館 なぎさミュージアム>━━━━━━━━━━━━

    □ 真夜中のランデブー(ゴカイの生殖行動観察会)

    今年もやってきました!
    くすの木自然館のエコツアー「真夜中のランデブー」、春の大潮の夜にいつもは
    砂の中にいるゴカイ達が泳ぎ出て生殖群泳をおこないます。
    ゴカイたちの真夜中のランデブーをそっと観察してみませんか?


    ■日  時 平成29年3月27日(月) 19:00~21:00、 3月28日(火) 19:30~21:30
    ■料  金 500円
    ■対  象 小学生以上※中学生以下は保護者同伴
    ■定  員 10名(先着順)
    ■集合場所 重富海岸自然ふれあい館なぎさミュージアム

    ■お申込み
    NPO法人くすの木自然館
    電話  0995-67-6042 メール 



    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ┃九州地方環境事務所からのご案内
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □ アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]を随時更新しています!

    アクティブ・レンジャーとは、自然保護官の補佐役として、国立公園等のパトロール、
    調査、利用者指導、自然解説などの業務を担う環境省の職員です。
    管内には、瀬戸内海、西海、雲仙天草、阿蘇くじゅう、霧島錦江湾、屋久島、
    慶良間諸島、西表石垣、やんばる、奄美群島国立公園があります。

    アクティブ・レンジャー日記では、各国立公園での活動情報などを担当官が紹介
    しています。
    最新の掲載記事は次のとおりです。
    http://kyushu.env.go.jp/blog/index.html
    ※随時更新されています。過去の記事は上記ウェブサイトにアクセス
    していただき、ページ右側のカレンダー等から閲覧することができます。

    ■やんばる国立公園指定記念行事が開催されました!【やんばる地域】(やんばる)
    ■渡嘉敷島 見花原遊歩道開通式典(慶良間)
    ■春の訪れ~猪の瀬戸湿原野焼き~【くじゅう地域】(阿蘇くじゅう)
    ■出前授業に行ってきました!【石垣地域】(西表石垣)
    ■案内標識の塗装【石垣地域】(西表石垣)
    ■九州特産物リレー 出水の海苔【出水地域】(出水)
    ■阿蘇中岳噴火警戒レベル1へ引き下げについて【阿蘇地域】(阿蘇くじゅう)
    ■平久保エコロード自然観察会【石垣地域】(西表石垣)
    ■冬の五島は快適な居場所!「野鳥たちの住まい拝見」(西海)
    ■祝!!重富なぎさミュージアム「第4回かごしま・人・まち・デザイン賞」大賞
    受賞!!(霧島・錦江湾)


    アクティブ・レンジャー日記 [九州地区]トップページ
    http://kyushu.env.go.jp/blog/index.html







    ----------------------------------------------------------------
    当メルマガへの登録・退会は、
    http://epo-kyushu.jp/about/magazine.html
    もしくは、退会用URL: http://epo-kyushu.jp/xmailinglist/eponews/
    のフォームからお願いいたします。
    ----------------------------------------------------------------
    環境パートナーシップに関するご質問、当メルマガへのご意見、ご感想
    どうぞ!
    ----------------------------------------------------------------


    【発行】
    九州環境パートナーシップオフィス EPO九州
    〒860-0806 熊本市中央区花畑町4-18 熊本市国際交流会館2F
    http://epo-kyushu.jp
    E-mail:
    TEL:096-312-1884  FAX:096-312-1894
    開館日 火~土曜日(10:00~19:00)
    休業日 日・月曜日、祝日、年末年始。熊本市国際交流会館休館日。



    【リンク】
    九州地方環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/

    那覇自然環境事務所 http://kyushu.env.go.jp/naha/

    国立公園 http://www.env.go.jp/park/

    地球環境基金の情報館 http://www.erca.go.jp/jfge/index.html

    地球環境パートナーシッププラザ http://www.geoc.jp/

    環境らしんばん http://www.geoc.jp/rashinban/

    九十九島ビジターセンター http://www.kujukushima-visitorcenter.jp/

    雲仙お山の情報館 http://unzenvc.com/

    平成新山ネイチャーセンター http://heiseinc.com/

    雲仙諏訪の池ビジターセンター http://suwanoikevc.web.fc2.com/

    長者原ビジターセンター  http://kyushu.env.go.jp/nature/tyojyabaru/

    阿蘇草原保全活動センター 草原学習館 http://aso-sougencenter.jp/

    南阿蘇ビジターセンター http://www.minamiaso-vc.go.jp/

    えびのエコミュージアムセンター http://www.ebino-ecomuseum.go.jp/

    重富海岸自然ふれあい館 なぎさミュージアム http://www.nagisa-museum.com/

    対馬野生生物保護センター http://kyushu.env.go.jp/twcc/

EasyTagCloud v2.8

有八シンポ2019チラシ最終 191017サイズ調整 page 0001
2019年11月21日

【熊本】シンポジウム「水環境が支える熊本…

河川流域の抱える多くの問題に取り組んでいる、熊本大学の「くまもと水循環・減災研究教育センター」。 今回、河川流域に関するシンポジウム「水環境が支える熊本のまちづくり」を開催されます。…
2019年11月20日

【募集】生物多様性ユースアンバ…

来年中国で開かれる生物多様性条約のCOP15は、2010年名古屋のCOP10において採択された愛知目…
2019年11月20日

【福岡】フォトジャーナリスト安…

地域ESD活動推進拠点である特定非営利法人NGO福岡ネットワークからのご案内です。…
2019年11月19日

【福岡】2019年水フォーラム…

水をめぐる国際と地域のつながりを考える「九州水フォーラム2019」が福岡県にて開催されます。水に関す…
2019年11月16日

【宮崎】公開フォーラムin綾町…

宮崎県綾町にて、公開フォーラム「綾照葉樹林の生物多様性と恵み」が開催されます。…