251 対象のタグ "長崎県"

  •  平成30年度長崎県再生可能エネルギー推進フォーラム 

    長崎県では、再生可能エネルギーを活かした産業振興、雇用創出や低炭素化、グリーン化に向け、県内各地域における再生可能エネルギーの活用を推進しております。
     今回、その一環としてJSC-A(日本サステイナブルコミュニティ協会)による、「地域課題解決のための企業等の先進的な取組による再生可能エネルギー活用事例」についての講演、県内の自治体と企業の現状の再生可能エネルギーに関する課題や取組内容についての紹介を行う再生可能エネルギー推進フォーラムを開催いたします。

    <開催日時>
     平成31年3月20日(水) 14:30~16:45(13時30分受付開始)
     ※17:00から交流会も予定しています。

    <開催場所>
     ザ・ホテル長崎BWプレミアコレクション(3階 プレミアホール)
     長崎市宝町2番26号

    <開催内容>
     ●開会挨拶 14:30~14:35
     ●基調講演 14:35~15:25
      JSC-A(日本サステイナブルコミュニティ協会)講師
      「地域課題解決のための企業等の先進的な取組による再生可能エネルギーの活用事例」
     ●取組事例紹介 15:25~16:45
      (1)壱岐市 「水素・再生可能エネルギー導入ビジョン策定事業と課題」
      (2)雲仙市 「地域のバイオガス発電導入等の状況と課題」
      (3)ハウステンボス株式会社 「農業とソーラーシェアリングに関する取組み」
      (4)株式会社イワテック 「バイオガス発電、水素に関する取組み」
      発表後 JSC-A講師からの総評・質疑応答
     ●交流会 17:00~18:30

    <参加費>
     無料(ただし、交流会は会費制 5,000円/1名)

    <申し込み方法>
      下記の再生可能エネルギー推進フォーラム申込みフォームよりお申込みください。

    ●申請URL: http://eap.pref.nagasaki.lg.jp/kv2/?42000v00003219ZDt

    電子メール、FAXでも受付いたします。次の項目を明記の上、
     件名を「長崎県再生可能エネルギー推進申込み」として、申込みください。
     申込み受付先の電子メールアドレス及びFAX番号(※申込みフォーム以外から申し込む場合)
     電子メールアドレス:   FAX番号:095-895-2544
     ●記載事項
      1.氏名(ふりがな)2.勤務先/所属 3.部署名 4.役職
      5.勤務先/所属住所 6.電話番号 7.メールアドレス
      8.交流会出欠 
     ●申込期限
      平成31年3月15日(金)

    <詳細はこちらから> 
     長崎県ホームページ
     https://www.pref.nagasaki.jp/object/shikaku-shiken-bosyu/boshu/378349.html

  • 「GreenGiftプロジェクト 手づくりの門松でお正月を迎えよう!」のご案内~門松づくりの体験を通して、里山の豊かな資源について学ぼう!~

    長崎でのGreen Giftプロジェクトが長崎市いこいの里 あぐりの丘で開催されます。「里山保全の大事さ、豊かな資源」、「門松の由来」などの学びを行った後、実際に自然の素材を使って、親子で協力して門松を作ります。みなさまご家族で、ふるってご参加ください。

     

    【開催日】2015年12月12日(土)
    【集合・開催場所】長崎市いこいの里あぐりの丘(街のエリア休憩所)(長崎市四杖町2671-1)

    【主な交通手段】自家用車駐車場(無料)乗用車1,700台収容可
    【持ち物・服装】動きやすく、多少汚れても大丈夫な服装
    【募集対象】3歳~中学生、保護者
    【募集人数】100名(親子約50組)※定員になり次第、締切とします。

    【募集締切】2015年12月4日(金)
    【参加費】無料

    【雨天時の対応】会場が屋根つきの為、開催致します。

    スケジュール等詳細は、下記HPよりご確認ください。

    ■主催:特定非営利活動法人環境保全教育研究所
    ■共催:認定NPO法人日本NPOセンター
    ■協賛:東京海上日動火災保険株式会社


    【お問合せ】
    特定非営利活動法人環境保全教育研究所(へんちくりん)
    〒851-0252 長崎県長崎市田手原町646番地
    ☆メール:
    ☆電話:095-807-2279(事務所) 080-5264-4871(携帯)

    http://henchikurin-2010.org/
    https://www.facebook.com/henchikurin.kankyouhozenkyouikukenkyusyo/


    【申込み方法】
    下記の申込フォームより、お申込み下さい。
    http://henchikurin-2010.org/115-2/

  • 「スマートコミュニティフォーラムin 長崎」の開催について

    長崎市では、環境負荷の少ない循環型で持続可能な低炭素社会の実現に向けて、地域に必要なエネルギーを地域のエネルギー資源によってまかなう「エネルギーの地産地消」に取り組むこととしています。

    本フォーラムでは、再生可能エネルギーなどを地域で上手に利活用する「スマートコミュニティ」や環境にやさしい未来型都市をつくる「東長崎エコタウン構想」の理解促進を目的として、エネルギーの地産地消とまちづくりに関する先進的な取組みを紹介し、東長崎地区における「スマートコミュニティ」の今後の展開について議論します。

     solar panel※イメージ画像

  • 「島にまなぶ持続可能な地域づくり交流フォーラム」開催のお知らせ

    今回、当センターでは初の企画として、九州・沖縄の島しょ地域でESD活動を実践する自治体・NPO・ビジターセンター等を招いた交流会を開催いたします。
    各島しょ部の多様な主体による、地域や活動分野を超えた情報共有の場となりますので、皆様のご参加お待ちしております。

    ご参加希望の方はメール本文に、お名前、ご所属、連絡先を明記の上、info@epo-kyushu.jp までお送りください。


    ◆ 日 時  平成30年3月24日(土)13:30開会~16:30閉会
    ◆ 会 場 福岡県中小企業振興センター 401会議室A
    〒812-0046 福岡県福岡市博多区吉塚本町9番15号 (福岡市吉塚駅すぐ)
    ◆ 対 象  ESD活動実践者、有識者、および自治体・教育委員会関係者
    ◆ 内 容  ・当センターからのESDについての話題提供
    ・各島しょ部団体からの活動紹介・意見交換
    ・参加地域(予定)
        対馬(長崎)・石垣島(沖縄)・奄美大島(鹿児島)

        五島列島(長崎)・甑島(鹿児島)

    プログラム
    13:30 開会挨拶、趣旨説明
    13:40 話題提供
         島しょ地域とESDについて
    14:15 島しょ地域の活動紹介と意見交換
        〇島での学び・教育活動について
         対馬市教育委員会(対馬)、NPO夏花(石垣)
        〇島の環境保全
         奄美猫部(奄美)
        〇島のツーリズム
         鐙瀬ビジターセンター(五島)、甑島
    16:20 「地域ESD拠点」登録制度の紹介
    16:30 閉会

    ilovepdf com

    プログラム

    13:30 開会挨拶、趣旨説明

    13:40 話題提供

         島しょ地域とESDについて

    14:15 島しょ地域の活動紹介と意見交換

        〇島での学び・教育活動について

         対馬市教育委員会(対馬)、NPO夏花(石垣)

        〇島の環境保全

         奄美猫部(奄美)

        〇島のツーリズム

         鐙瀬ビジターセンター(五島)、甑島

    16:20 「地域ESD拠点」登録制度の紹介

    16:30 閉会

    ESDとは:ESDは、Education for Sustainable Developmentの略で「持続可能な開発のための教育」と訳されています。現在、世界には、環境・貧困・人権・平和・開発といった様々な地球規模の課題があります。
    ESDとは、地球に存在する人間を含めた命ある生物が、遠い未来までその営みを続けていくために、これらの課題を自らの問題として捉え、一人ひとりが自分にできることを考え、実践していくこと(think globally, act locally)を身につけ、課題解決につながる価値観や行動を生み出し、持続可能な社会を創造していくことを目指す学習や活動です。つまり、ESDは持続可能な社会づくりの担い手を育む教育です。

  • 「長崎県環境教育等行動計画」に関するアンケート調査結果

    長崎県では、「長崎県環境教育等行動計画」を策定し、環境保全活動や環境教育等の取組を推進しています。
    このたび、地域の活動団体や事業者、学校などにご協力いただき、同計画の実施状況を把握するためのアンケート調査が行われました。

    詳細はこちら 

    http://www.pref.nagasaki.jp/bunrui/kurashi-kankyo/kankyohozen-ondankataisaku/education/edu-plan/277723.html

  • 【10/13から】長崎県県下一斉スマートムーブウィークの参加者募集のお知らせ

    長崎県は、10月13日(水)から19日(火)まで、「県下一斉スマートムーブウィーク」を開催します。
    スマートムーブとは、自家用車の使用などCO2排出量の大きい移動手段を見直し、公共交通機関や自転車など環境負荷の小さい移動手段を利用したり、長距離移動の工夫などを推奨する取り組みです。「スマートムーブ」の実践はCO2排出の抑制だけでなく、ちょっとした移動に徒歩や自転車を取り入れれば、自身の健康づくりにも効果的です。
    長崎県県下一斉スマートムーブウィークへの参加には「スマートムーブ参加宣言」が必要ですので、ぜひお早めにお申し込みください。


    【ご参考】
    環境省クールチョイスポータルサイト スマートムーブとは
    https://ondankataisaku.env.go.jp/coolchoice/smartmove/about_smartmove/index.html

     


     

    ながさき環境県民会議では、運輸部門における地球温暖化対策として「県下一斉スマートムーブ」に取り組んでおり、その取組の一環として、10月に、環境負荷の高いマイカー利用を自粛し、徒歩、自転車や公共交通機関の利用あるいはエコドライブの励行等に重点的に取り組んでいただくことを目的とした「県下一斉スマートムーブウィーク」を実施します。

     私たち県民の一人ひとり、あるいは県内の企業や団体が自主的にこの取組に参加することにより、将来の低炭素型のまちの在り方について主体的に考えていただくきっかけになることを期待しています。

     広く県民の皆様の参加を募集していますので、参加いただける方は、下記により「スマートムーブ参加宣言」を県地域環境課あてご提出ください。

    スマートムーブとは?

     『スマートムーブ』とは、普段から利用している様々な移動手段を工夫してCO2排出量を削減しようという取り組みです。
     CO2を減らすだけでなく、体を動かすことで健康や快適さにも繋がります。

     《推進する5つの取組》

    【取組1】公共交通機関を利用しよう
      (電車・バス等の公共交通機関の利用)

    【取組2】自転車、徒歩を見直そう     
      (自転車や徒歩での移動の推奨)

    【取組3】自動車の利用を工夫しよう
      (エコドライブの推奨、エコカーへの乗り換え)

    【取組4】長距離移動を工夫しよう
      (エコ旅行やエコ出張等の実施)

    【取組5】地域や企業の移動・交通におけるCO2削減の取組に参加しよう
      (カーシェアリング、コミュニティサイクル等の利用促進)

    県下一斉スマートムーブウィーク実施期間

     令和3年10月13日(水曜日)から19日(火曜日)まで

    県下一斉スマートムーブウィークの実施方法

     期間中に、以下に取り組むものとします。

    (1) ノーマイカーの実践

     徒歩、自転車、公共交通機関の利用などにより、できる範囲でマイカー利用を自粛します。

    (2) エコドライブの実践

     やむを得ず、マイカーを利用する必要がある場合は、乗り合わせや、エコドライブの実施により、マイカー運転に伴い排出される二酸化炭素の削減に取り組みます。

    参加方法

    (1) 個人の参加方法

    【STEP1】 参加宣言の提出


      参加する方は、まず環境アプリ(エコふぁみ)の「アンケート」により「スマートムーブ参加宣言」を提出してください。
      エコふぁみのご登録がまだの方は、こちらから登録をお願いいたします。

        ◆九州エコファミリー応援アプリ(エコふぁみ)HP 
          https://fukuoka.karada.live/kyusyu_ecofami/

      ※ エコふぁみでポイントを貯めると、九州各県の特産品が抽選で当たるくじに参加できます。
        今回エコふぁみを通して参加宣言を提出していただいた場合、30ポイントがプレゼントされます。
        お得ですので、エコふぁみのご登録がまだの方は、この機会に是非ご登録ください。

      エコふぁみでの提出が出来ない場合は、「スマートムーブ参加宣言(様式1)」を記入のうえ、県民会議温暖化防止部会事務局(以下の(3)参照)へFAX、メールまたは郵送で提出してください。

      参加宣言期間は、令和3年9月29日(水曜日)から令和3年10月12日(火曜日)までです。
      ※ 参加宣言については、取下げ等の申し出がない限り、翌年度以降も有効なものとして取り扱わせていただきます。

     【STEP2】 スマートムーブの実践

      実施期間中に、「ノーマイカーの実践」・「エコドライブの実践」を行いましょう。
      実施期間中に「ノーマイカーの実践」・「エコドライブの実践」を行い、実績報告を提出していただいた方が、後日集計に計上されます。

      【STEP3】 実績報告

      参加者は、実施期間中のスマートムーブの実施状況を取りまとめ、令和3年11月2日(火曜日)までにエコふぁみの「アンケート」によって実績を事務局に報告してください。

      エコふぁみでの報告が出来ない場合は、「県下一斉スマートムーブウィーク実施状況調査(様式3)」を記入のうえ、県民会議温暖化防止部会事務局(以下の(3)参照)へFAX、メールまたは郵送で提出してください。

     いただいた調査結果は、取組結果の集計のために活用いたしますので、皆様のご協力をお願いします。
     この集計結果については、後日、県のHP等で公表します。

    (2) 企業・団体の参加方法

    【STEP1】  参加宣言の提出

      取組の趣旨に賛同いただき、県下一斉スマートムーブウィークに参加する企業、団体等は、「スマートムーブ参加宣言(様式2)」を記入のうえ、県民会議温暖化防止部会事務局(以下の(3)参照)へメール、FAXまたは郵送で提出してください。

      参加宣言期間は、令和3年9月29日(水曜日)から令和3年10月12日(火曜日)までです。
      参加宣言については、取下げ等の申し出がない限り、翌年度以降も有効なものとして取り扱わせていただきます。

    【STEP2】 スマートムーブの実践

      事業所内で所属職員等にスマートムーブの実施を呼びかけ、「ノーマイカーの実践」・「エコドライブの実践」を行いま  しょう。
      実施期間中に「ノーマイカーの実践」・「エコドライブの実践」を行い、実績報告を提出していただいた方が、後日集計に計上されます。

    【STEP3】 実績報告

      参加者(企業、団体)は、実施期間中のスマートムーブの実施状況を取りまとめ、「県下一斉スマートムーブ実施状況調査(様式4)」を記載のうえ、県民会議温暖化防止部会事務局(以下の(3)参照)へFAX、メールまたは郵送で提出してください。
      いただいた調査結果は、取組結果の集計のために活用いたしますので、皆様のご協力をお願いします。
      この集計結果については、後日、県のHP等で公表します。

    (3) お問合わせ先・送付先

      ながさき環境県民会議 温暖化防止部会事務局
      (長崎県 県民生活環境部 地域環境課 )
         〒850-8570 長崎市尾上町3-1
         TEL:095-895-2512
         FAX:095-895-2572
         E-mail:

      詳しくは「実施要領」をご覧ください。

     

    nagasaki smartmove

     

    長崎県 令和3年度 県下一斉スマートムーブウィークの参加者募集
    https://www.pref.nagasaki.jp/bunrui/kurashi-kankyo/kankyohozen-ondankataisaku/ondanka/ondankabukai/516426.html

  • 【10/22~】対馬野生生物保護センター開館のお知らせ

    新型コロナウイルス感染拡大のため、4月から臨時休館となっていた長崎県対馬市の対馬野生生物保護センターは、令和3年10月22日より開館となりました。
    入館の際にはマスクの着用や手指のアルコール消毒など感染予防をしたうえで、ぜひごゆっくりとツシマヤマネコの生態展示等をご覧ください。

     


     

    新型コロナウイルス感染拡大予防のため、令和3年4月29日(木)より臨時休館としておりました対馬野生生物保護センターについて、令和3年10月22日(金)より開館いたします。
    なお、当面の間は施設内の同時滞在人数を20名とさせていただきます。来館状況によっては入館をお待ちいただく場合がありますのでご了承願います。

    〇10名以上の団体利用を予定されているみなさまへ

    ツアー等による団体利用が同時刻に重なると、入館待機時間が長くなるとともに、車両の交錯による駐車場やアクセス路での渋滞発生等の混乱も予想されます。

    10名以上の団体利用を予定されている場合には、来訪予定の1週間前までに到着日時や人数を対馬野生生物保護センターへ事前連絡いただきますようお願いいたします。
    なお、状況によりツアー等による団体利用の受け入れを制限させていただく場合があります。

    〇ご来館される全ての方へ

    入館にあたり以下の対応についてお願いいたします。

    マスクを着用してご来館ください
    入館時はモニターによる検温と手指のアルコール消毒をお願いします
    できる限り短時間・少人数での利用をお願いします
    館内での飲食はお控えいただき、他の方と十分な距離を保つようお願いします
    発熱、せき等で体調がすぐれない場合は入館をご遠慮ください
    センタースタッフの案内・指示に沿ってご利用ください

    当施設へ来館される皆様、来館を予定されている皆様には引き続きご迷惑をおかけしますが、上記の事項についてご理解とご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

    ※ツシマヤマネコの生態展示については通常どおりです。
    ・ヤマネコの体調がすぐれない場合等、展示を休止させていただく場合があります。
    ・時間帯などによりツシマヤマネコが視認できないことがあります。
    ・飼育・健康管理のため、活動量計付き首輪を着けて運動量調査を行っています。
     装着は、令和3年6月から令和4年6月にかけての一年間を予定しています。

    問い合わせ先:対馬野生生物保護センター
    長崎県対馬市上県町棹崎公園内
    TEL 0920845577
    FAX 0920845578

     

    tsushima yaseiseibutsu

     

    九州地方環境事務所 対馬野生生物保護センター開館のお知らせ
    http://kyushu.env.go.jp/to_2021/1022.html

  • 【10/23から】長崎エコライフフェスタ2021が開催されます

    「だれでも」「いつでも」「簡単に」実践できる市民のエコ行動を推進し、みんなで楽しくエコについて学んだり、体験することができるイベントが長崎市で開催されます。
    イベント初日からの1週間でエコを実践して取り組む「ながさきエコライフ・ウィーク」やスタンプラリーなど、楽しみながら環境について学び、考えるイベントになっています。
    ぜひお気軽にご参加ください。

     


     

    みんなでめざそう!ゼロカーボンシティ長崎

    「だれでも」「いつでも」「簡単に」実践できる市民のエコ行動を推進するため、身近なエコ行動を提案し、気軽に楽しめる環境イベント「ながさきエコライフ・フェスタ2021」を開催します!

    今年度は新型コロナウイルス感染症防止の観点から、会場を分散して実施します!メイン会場の長崎市民会館2階と近くの3箇所のサテライト会場を巡る「わくわくスタンプラリー」に参加して、みんなで楽しくエコしよう!
    最近ニュース等で紹介されている「ゼロカーボン」についての情報もありますよ。

    参加は無料です!
    イベントの詳細はこちら

    イベント初日からの1週間(2021年10月23日(土)〜29日(金))でエコを実践して「ながさきエコライフ・ウィーク」にも取り組もう!Webでエコチェックシートを記入し報告してくれた市民のみなさまの中から抽選で合計300名に豪華賞品が当たるよ!詳しくはこちらへ(※長崎市民であることが条件です)

    ※会場では新型コロナウイルス感染症対策(検温、手指の消毒、入場制限等)を実施しておりますので、ご協力をお願いいたします。

    日時

    令和3年10月23日(土曜日)、24日(日曜日)
    午前10時~午後4時

    場所

    ・長崎市民会館2階
    ・男女共同参画推進センターアマランス
    ・中島川公園(小雨決行)
    ・ベルナード観光通り

    参加費

    無料

     

    nagasaki ecolifefesta
    ※画像をクリックするとPDFが開きます。

     

    サステナプラザながさき ながさきエコライフ・フェスタ2021を開催します
    https://sustaina-n.com/econet.html#festa

  • 【11/16締切】長崎大学経済学部オンライン公開講座「地域~地球社会の未来を拓く企業の取り組み」開催について

    長崎大学経済学部では、山口准教授のもと全4回のオンライン公開講座を開催します。
    この講座では、SDGsに関する取り組みを行っているビジネスパーソンを講師として招き、「地域~地球社会の未来を拓く企業の取り組み」というテーマでこれからの企業のあり方、消費者の行動について考えていきます。
    年齢や居住地域を問わずご参加いただけるプログラムですので、ぜひこの機会にご参加ください。

    nagasaki uni online※画像クリックでPDFが開きます。

     


     

    本年度も下記の概要にてオンライン公開講座を開催することになりました。今回は、洋服やペットボトルのリサイクルで先端を走る日本環境設計株式会社の岩元会長、マグロ遠洋漁業における水産資源の保全や乗組員の操業環境改善などに取り組む株式会社臼福本店の臼井社長の講義を始め、受講生同士のディスカッションで進められる回も用意しました。

    他業種の経営戦略に学びたい方、企業によるSDGsの取り組みを知りたい方、多様な受講生と新しい企業のあり方や消費者として行動すべきことについて考えてみたい方など、属性を問わず参加できるプログラムとなっています。

    本講座に興味・関心のある皆さんのお申し込みはもちろん、周りの皆さまへの転送も大歓迎です。
    皆さんとオンラインにてお目にかかれることを楽しみにしています

    よろしくお願いいたします。

    1.テーマ:地域~地球社会の未来を拓く企業の取り組み

    個人や組織が社会問題の解決に取り組む背景や事例(第1回)、地域~地球社会
    の未来を拓こうとする企業の取り組み(第2・3回)を踏まえて、受講生が自ら
    の属性に応じた行動変容について考える(第4回)、全4回の講座です。

    2.日時・講師・内容

    (1)第1回
    日時:2021年11月19日(金)19:30-21:00
    講師:山口純哉(長崎大学経済学部・准教授)
    内容:公開講座のガイダンス、地域経済の観点から、個人や組織が社会問題を引き起こさない、社会問題を解決することの重要性について講義します。

    (2)第2回
    日時:2021年11月22日(月)19:30~21:00
    講師:岩元美智彦氏(日本環境設計株式会社・取締役会長)
    内容:「あらゆるものが循環するサステナブルな社会」を目指し、多様な主体と連携しながら取り組む洋服やペットボトルのリサイクルなどの事業について講義します。
    https://www.jeplan.co.jp/

    (3)第3回
    日時:2021年12月2日(木)19:30~21:00
    講師:臼井壯太朗氏(株式会社臼福本店・代表取締役社長)
    内容:「日本のフラッグを掲げて漁に出て、日本の誇りを守り続ける」をミッションに、遠洋マグロ漁業会社として取り組む船内環境の改善、MSC認証や魚食の啓発などの事業について講義します。
    https://usufuku.jp/

    (4)第4回
    日時:2021年12月10日(金)19:30~21:00
    講師:山口純哉(長崎大学経済学部・准教授)
    内容:第1~3回の講義の感想、今後、自らが取り組むべきことなどについて、オンライン上でグループに分かれて意見交換します。

    3.場所

    全4回、Zoomによるオンライン講座です。カメラとマイクを備えたPCやスマートフォンなどのデバイスとWi-Fiなどの通信環境が必要です。

    4.対象・定員

    上記のテーマに関心のある高校生や一般の皆さま50名

    5.講習料

    高校生:無料、一般:4,000円(4回分)講習料は、お申し込み後にご案内します銀行口座への事前振込となります。また、全4回を受講されない場合も講習料の調整や返金はできません。

    6.申込み方法

    申込期間:2021年10月20日(水)~11月16日(火)
    申込期間を過ぎた場合は、問い合わせ先までご連絡ください。
    申込先:以下の専用サイト(右記コード)よりお申し込みください。
    https://forms.gle/6LCPJBdJajuwTnsL9

    7.問い合わせ先

    〇申し込みについて
    長崎大学南地区事務課(経済学部総務係)
    TEL:095-820-6305
    E-mail:.jp

    〇内容について
    長崎大学経済学部・准教授・山口純哉

  • 【11/20開催】地域防災力充実強化大会in長崎2021の開催について

    消防庁、長崎県、島原市、長崎県消防協会は、雲仙普賢岳噴火から30年の節目を機に、共同で地域防災力充実強化大会を開催します。
    この大会では、大規模災害への対策のため、消防団や地域住民の連携が主体となった地域防災力向上を図ります。
    消防や防災に携わるみなさまはぜひご参加ください。

     


     

    日時 

    令和3年11月20日(土曜日)13時00分から17時00分まで(予定)

    場所

    島原復興アリーナ 島原市平成町2番地1

    主催

     消防庁、長崎県、島原市、公益財団法人 長崎県消防協会

    目的

    消防団員を含む43名の尊い生命を奪った、雲仙普賢岳噴火災害から30年。噴火災害の影響で、現在も山頂には巨大な溶岩ドームが堆積しており、島原市は今なお崩落や土石流による大きな災害の危険にさらされている。
    近年、全国各地で頻発している自然災害は、年々その被害が甚大化しており、こうした大規模災害に対処していくためには、消防団や自主防災組織などの地域住民が主体となった活動をはじめ、教育、医療等多くの関係者の連携が必要である。
    この大会は、消防団と自主防災組織との連携などについての意見発表、パネルディスカッション等を通して、地域防災力の充実強化を図ることを目的として開催する。

    参加予定人員

       約750名 (自主防災組織関係者、消防団員等)

    大会次第   

      別紙のとおり 大会チラシ[PDFファイル/681KB] 

     (1)主催者、来賓あいさつ
     (2)基調講演
     (3)事例発表
     (4)パネルディスカッション
     (5)総括
     (6)閉会

    感染防止対策

      ・新型コロナウィルス感染症等の影響により変更や中止する場合がございます。
      ・発熱や風邪の症状がある方は,参加をお控えください。
      ・マスクを着用のうえ、お越しください。
      ・会場受付において非接触型体温計にて体温を測定します。37.5℃以上の場合には、入場をお断りさせていただく場合がございます。
      ・接触確認アプリ(COCOA)のダウンロードをお勧めします。
      ・本大会参加後14日以内に、新型コロナウィルス感染症への感染が確認された場合は、下記へご連絡ください。
      ・旅行の途中及び宿泊施設においても、マスクの着用など感染防止対策を講じてください。

    お問い合わせ・連絡先

    地域防災力充実強化大会運営事務局
    電話:03-5408-1013(10:00~17:30 土日祝祭日を除く)
     メール:

     

    bousaitaikai nagasaki

     

    長崎県 地域防災力充実強化大会in長崎2021について
    https://www.pref.nagasaki.jp/press-contents/520617/

  • 【11/4ハイブリッド開催】2022年度地球環境基金助成金説明会(長崎会場)

    「地球環境基金」は、民間団体(NGO・NPO)による環境保全活動に対し助成を行うことを目的に、              独立行政法人環境再生保全機構により運営されています。

    2022年度地球環境基金の助成金募集に際し、九州・沖縄地域では、長崎にて助成金説明会を開催します。
    オンライン参加も可能となりますので、助成金の活用をお考えの方は、この機会にぜひご参加下さい。

    主催:独立行政法人 環境再生保全機構 地球環境基金部
    協力:九州地方環境パートナーシップオフィス(EPO九州)
       一般社団法人九州環境地域づくり

     

    2022 ※画像をクリックするとPDFが開きます。

     

    【事前動画視聴のお願い】
    「地球環境基金の制度」、「要望書の書き方講座」については、解説資料・解説動画を事前に必ずご覧の上ご参加下さい。
    erca movie※クリックすると解説資料・動画が掲載されているリンク先に飛びます。

     

    開催概要

    2022年度地球環境基金助成金説明会(長崎会場)

     
    会場: 【対面】      長崎ブリックホール 第3・4会議室
                〒852-8104 長崎市茂里町2-38
        【オンライン】 Zoom(後日配信URLをお送りいたします)

    日時: 2021年11月4日(木)18:30~20:00

    定員: 対面20名程度 ※オンラインは定員なし
        (要事前申込み、先着順)

    プログラム

    【第1部】 助成先団体の活動事例紹介
          公害資料館ネットワーク https://kougai.info/

    【第2部】 地球環境基金 助成金制度や要望書の書き方について
          ・地球環境基金の担当者より説明
          ・質疑応答(※事前に受付けた一般的な質問への回答)

    申込方法

    こちらの「お申込フォーム」よりお申込下さい。

    ※地球環境基金助成金説明会(オンライン)は全国8ブロックで開催され、上記以外に、
     他地域の説明会にもご参加いただます。詳しくは地球環境基金HPをご覧ください。
     https://www.erca.go.jp/jfge/subsidy/application/schedule/index.html
     

    個別相談会について

    助成金制度に関する個別のご相談に対面、オンラインにて対応いたします。
    事前登録制となりますので、本説明会のお申し込みの際にご入力をお願いいたします。

    ※“個別相談会のみ”のお申し込みはできません。
    ※一般的なご質問には助成金説明会にてお答えします。個別相談は団体固有のご相談にご利用下さい。

     
    【対面個別相談会】
     11/4当日、説明会終了後、同会場にて個別相談会を開催します。

    <注意事項>
    ・先着順にて4団体程度お受付します。
    ・相談時間は、1団体15分以内とします。

     

    【オンライン個別説明会】
     個別相談会日程:11月8日(月)または 9日(火)
     1.10:00~12:00、 2.15:00~17:00、 3.18:30~19:30

    <注意事項>
    ・助成金説明会お申込の際にご記入頂いた情報は、オンライン個別相談会事務局に提供します。
    ・オンライン個別相談会はzoomを使用しますので、通信環境の良い場所からご参加ください。
    ・相談時間は15分以内とし、実施日時は、事務局より個別にご連絡し、調整の上決定します。

     

    ■オンライン個別相談会事務局

    関東地方環境パートナーシップオフィス(関東 EPO)
    TEL:03-3406-5180  E-mail:

     

    お問合せ

    ●「Zoom」を初めてご利用される方は、以下URL先の
     公式ホームページより使い方をご確認ください。 
     Zoomヘルプセンター
      

    ●九州地方環境パートナーシップオフィス(EPO九州)
      〒860-0806熊本市中央区花畑町4-18 熊本市国際交流会館2F
      TEL :096-312-1884
      URL:https://epo-kyushu.jp/
      E-mail:  
      担当:坂本、佐藤

  • 【12/11締切】「とことんバードウォッチング~まるごと諏訪の池~」開催のお知らせ

    九州地方環境事務所は、雲仙諏訪の池ビジターセンターとの共催で初心者や子ども向けの野鳥観察会を開催します。
    諏訪の池周辺の林や水辺でバードウォッチングを行い、今の季節ならではの野鳥と出会うイベントです。
    募集人数5組10名程度と小規模なイベントですので、ぜひお早めにお申し込みください。

     


     

    環境省では、全国の自然公園等において、自然とふれあい、自然に対する興味と理解を養うことなどを目的に、自然に親しむ行事を実施しています。
     その一環として九州地方環境事務所では、雲仙諏訪の池ビジターセンター等管理運営協議会との共催により、初心者や子ども向けの野鳥の観察会「とことんバードウォッチング~まるごと諏訪の池~」を令和3年12月18日(土)に開催します。

    1.名 称

    「とことんバードウォッチング~まるごと諏訪の池~」

    2.主催・共催

    主 催:環境省九州地方環境事務所
    共 催:雲仙諏訪の池ビジターセンター等管理運営協議会、雲仙地域パークボランティアの会

    3.概要

    1)開催日時:令和3年12月18日(土)10:00~12:00

    2)集合場所:雲仙諏訪の池ビジターセンター(9:40より受付開始)

    3)講  師:大向 あぐり氏(雲仙諏訪の池ビジターセンター)

    4)対  象:小学生以上(但し、小学生は保護者同伴)

    5)定  員:5組10名程度(先着順)

    6)参 加 費:300円(資料代、保険代等)

    7)持 ち 物:動きやすい服装・マスク・筆記用具・運動靴・防寒具・帽子・雨具・水筒・タオル等 

    8)申込方法: 12月11日(土)まで電話にてお申し込み下さい。

    9)備  考:
    小雨決行。大雨や降雪時は中止とし、前日17時以降に電話にてご連絡します。
    新型コロナウィルス感染症拡大の状況次第では、中止になる場合があります。

    (記録写真の使用について)
     今回のプログラム中に撮影した写真をホームページやパンフレット等に使用させていただく場合があります。
    (個人情報の取り扱いについて)参加申し込みの際にいただいた個人情報につきましては本行事のみに使用いたします。

    4.別添資料

    チラシ

    お申し込み・お問い合わせ先
    雲仙諏訪の池ビジターセンター(担当:大向)
    電話:0957-76-5010(9:00-17:00) 毎週水曜日休館

     

    suwanoike vc birdwatching

     

    九州地方環境事務所 「とことんバードウォッチング~まるごと諏訪の池~」開催のお知らせ
    http://kyushu.env.go.jp/pre_2021/post_143.html

  • 【2/16】まるごと百花台!野鳥観察会

    長崎県立百花台公園にて野鳥観察会が開かれます。

    今回は雲仙諏訪の池ビジターセンターの大向あぐりさんを講師に招き、散策と勉強会を組み合わせた内容になるようです。

    ぜひご参加ください。

     

    日時:2月16日 土曜日 

       9:50受付 10:00開始

    定員:30名

    参加費:100円(保険料) 

     

    お申込み方法など、下記からご確認ください。

    野鳥観察会を開催します! | 百花台公園【公式】
    http://hyakkadai.jp/yachoukansatukai0216

     

    野鳥観察会チラシ

     

  • 【3/13開催】「日本自然保護大賞2021」授賞記念シンポジウム

    自然保護と生物多様性保全に貢献した、個人と団体、企業、自治体等を表彰する「日本自然保護大賞の各表彰、入選者が決定の授賞を決定、2021年3月13日(土)に「授賞記念シンポジウム」がオンライン開催されます。

    シンポジウムの模様は、YouTube ライブで配信され申込みは不要です。

    九州地域から保護実践部門大賞を熊本県の吉崎和美さん、特別賞を長崎県諫早農業高等学校食品科学部が受賞されています。

    また、入選者として筑後川まるごと博物館運営委員会(福岡県)、熊本県が選定されています。

     

     

    ●九州地域からの受賞者

    【大賞:保護実践部門】
     吉崎 和美(熊本県)

    【特別賞:選考委員特別賞】
     長崎県立諫早農業高等学校食品科学部(長崎県)
     森林環境の保護を目指した放置竹林削減へ向けた取り組み

    【入選】
     筑後川まるごと博物館運営委員会(福岡県)子ども学芸員による「高良川昆虫図鑑」を活用した自然体験活動
     熊本県(熊本県)「レッドデータブックくまもと2019」を10年ぶりに発刊

    https://www.nacsj.or.jp/award/result_2021.php

     


     

    B0115

     

    「日本自然保護大賞2021」授賞記念シンポジウム

     

    2021年3月13日(土)14:00~17:00 【YouTubeオンライン配信】
    https://youtu.be/FRyD_SxrOus

    自然保護と生物多様性保全に大きく貢献した、すべての個人や団体、企業、自治体等を表彰する「日本自然保護大賞」。

    第7回授賞者のみなさんから、地域の自然に根ざした、新しい発想や多様な協働による活動の成果をご発表いただきます。各地の魅力あふれる取り組みについてお話が聴ける、とっておきの機会です。

    ぜひ、お気軽にご視聴ください。

     

    日本自然保護大賞2021授賞記念シンポジウム

     

    開催日
    2021年 3月 13日(土)14:00~17:00

     

    参加方法
    日本自然保護大賞2021授賞記念シンポジウムQRコード 下記YouTubeライブ配信をご視聴ください(無料、申込不要)
    https://youtu.be/FRyD_SxrOus

     

    パンフレット
    日本自然保護大賞2021 授賞記念シンポジウム パンフレット(PDF/3.7MB)

     

    主 催
    公益財団法人 日本自然保護協会

    協 賛
    経団連自然保護協議会

    後 援
    環境省/国際自然保護連合日本委員会(IUCN-J)/ 国連生物多様性の10年日本委員会(UNDB-J)/自然保護憲章普及協議会
    経団連自然保護協議会 環境省 国際自然保護連合日本委員会(IUCN-J) 国連生物多様性の10年日本委員会(UNDB-J)

    プログラム(予定)

    14:00
    開会挨拶、総評

     

    14:10

    受賞者による活動発表(大賞3件)


    【大賞:保護実践部門】

    吉崎 和美(熊本県)
    天草における長期的かつ総合的な自然環境保全活動

     

    【大賞:教育普及部門】

    生物多様性びわ湖ネットワーク(滋賀県)
    トンボ100大作戦~滋賀のトンボを救え!

     

    【大賞:子ども・学生部門】

    あいおいカニカニブラザーズ(兵庫県)
    兵庫県相生湾のカニたち~僕らの住むまちのカニを知りたくて

     

    15:30 休憩

     

    15:35 受賞者による活動発表(特別賞3件)

     

    【特別賞:沼田眞賞】

    畠島海岸生物群集一世紀間調査グループ(和歌山県)
    畠島における海岸生物群集一世紀間調査活動~半世紀を終えて

     

    【特別賞:選考委員特別賞】

    豊橋市教育委員会/豊橋湿原保護の会/豊橋自然歩道推進協議会(愛知県)
    土壌シードバンクの埋土種子を活用し、森林化した湿地を再生・保護する

     

    【特別賞:選考委員特別賞】

    長崎県立諫早農業高等学校食品科学部(長崎県)
    森林環境の保護を目指した放置竹林削減へ向けた取り組み

     

    16:50 閉会挨拶

    *受賞活動発表は約25分ずつ。選考委員による講評および質疑応答を含みます。
    *プログラム(発表順番など)に変更が生じる場合がございます。
        ウェブサイトに随時アップしていきます。

     

    <プレゼンター>
    亀山 章 日本自然保護大賞選考委員長/日本自然保護協会理事長/東京農工大学名誉教授
    イルカ IUCN親善大使/シンガーソングライター/絵本作家
    神谷 有ニ 株式会社山と溪谷社 自然図書出版部部長
    谷口 雅保 積水化学工業㈱政策調査室
    中静 透 国立研究開発法人森林研究・整備機構理事長/森林総合研究所所長
    吉田 正人 日本自然保護協会専務理事/筑波大学大学院教授

    <お問合せ先>
    公益財団法人日本自然保護協会・日本自然保護大賞担当
    〒104-0033 東京都中央区新川1-16-10 ミトヨビル2F
      03-3553-4102(平日10:00~18:30)

    主催/公益財団法人日本自然保護協会
    協賛/経団連自然保護協議会
    後援/環境省、国際自然保護連合日本委員会(IUCN-J)、国連生物多様性の10年日本委員会(UNDB-J)、自然保護憲章普及協議会


     

    nacsj award 2020 symposium

    「日本自然保護大賞2021」授賞記念シンポジウム|日本自然保護協会「日本自然保護大賞」
    https://www.nacsj.or.jp/award/symposium.php

     

  • 【3/22締切】長崎県地球温暖化防止活動推進員の募集について

    長崎県は、地球地球温暖化防止推進員の募集を行っています。
    現役で環境保全活動、地球温暖化防止活動に取り組んでいる方はもちろん、研修会等でスキルアップしていきたい方もぜひご応募ください。

     


     

    県では、「長崎県地球温暖化防止活動推進員」(以下「推進員」という。)として、省エネルギーなど地球温暖化防止のための取組を自ら実践するとともに、温暖化防止に関する取組の普及啓発や地域住民への情報提供を進めてくださる方を募集します。

    長崎県地球温暖化防止活動推進員設置要綱[PDFファイル/9KB]
    長崎県地球温暖化防止活動推進員募集要領[PDFファイル/121KB]
    募集チラシ[PDFファイル/372KB]

    1.募集定員

    50名程度

    2.推進員の任期

    令和4年4月1日から令和6年3月31日まで。(2年間)

    3.応募資格

    県内に居住している満18歳以上(令和4年4月1日現在。高校生を除く。)で、「8.推進員の活動等」に掲げる活動等を実施し、県や長崎県地球温暖化防止活動推進センター(以下「センター」という。)が開催する研修会(※)や催しに積極的に参加できる方を対象とします。
    ※推進員のスキルアップを目的とする地区研修会が開催されます。また、活動や交流が活発に行われるよう、推進員を対象とした全体セミナーも開催予定です。

    4.応募方法

    「長崎県地球温暖化防止活動推進員応募申込書」に必要事項を記入し、持参、郵送、ファクシミリ又はメールによりお申し込みください。
    なお、応募申込書は、以下のファイルをダウンロードするほか、長崎県地域環境課又は最寄りの県立保健所、市町(環境保全担当課)でも配布しております。

    長崎県地球温暖化防止活動推進員応募申込書[PDFファイル/63KB]
    長崎県地球温暖化防止活動推進員応募申込書[Wordファイル/38KB]

    5.募集期間

    令和4年3月22日(火曜日)まで。(必着)

    6.応募先(問合せ先)

    〒850-8570
    長崎市尾上町3-1
    長崎県地域環境課(温暖化対策班)
    電話:095-895-2512
    ファクシミリ:095-895-2572
    メール:

    7.選考・通知

    提出いただいた応募申込書の内容に基づき審査・選考を行い、推進員を決定します。選考結果は、別途郵送により通知します。

    8.推進員の活動等

    (1)活動内容
    1. 自ら地球温暖化防止に資する行動を実践するとともに、推進員としての資質の向上に努める。
    2. 市町や住民などの依頼に基づき、住民に対する普及啓発活動を行うほか、自ら活動計画を企画し、自主的な普及啓発活動を行う。
    3. 県内の各種団体等が行う地球温暖化防止に関する活動について、協力依頼を受けた時は、積極的に協力する。
    4. 地球温暖化対策に関する情報、事例、意見等を県・市町及び住民へ提供する。
    5. 県及び市町等が開催する研修会や講演会等へ積極的に出席する。
    6. 年2回(上半期、下半期)活動報告書を事務局に提出する。

     

    (2)活動区域
     原則として、居住されている市町が含まれる地区を活動区域とします。

    1. 長崎地区(長崎市)
    2. 佐世保地区(佐世保市)
    3. 西彼地区(西海市、長与町、時津町)
    4. 県央地区(諫早市、大村市、東彼杵町、川棚町、波佐見町)
    5. 県南地区(島原市、雲仙市、南島原市)
    6. 県北地区(平戸市、松浦市、佐々町)
    7. 五島地区(五島市)
    8. 上五島地区(新上五島町、小値賀町)
    9. 壱岐地区(壱岐市)
    10. 対馬地区(対馬市)

     

    (3)ボランティア活動保険への加入
    推進員は、長崎県社会福祉協議会のボランティア活動保険に加入します。手続き及び加入費用の負担は、県で行います。

    (4)推進員研修会等の旅費
    推進員地区研修会やセミナーについては、必要に応じて会場までの旅費、宿泊費をお支払いします。ただし、原則として開始から終了まで全て参加することが必要で、遅刻や途中退出等で参加時間が短い場合はお支払いできない場合もあります。

    (5)謝金
    活動状況を報告いただいた推進員の方に対しては、「長崎県地球温暖化防止活動推進員設置要綱」に基づき予算の範囲内でそれぞれ謝金をお支払いします。

    9.留意事項

    推進員の活動支援については、委託先のセンターが行っております。
    予算や内容等により必要な支援が受けられない場合もありますので、活動の際は事前にセンターと協議・調整してください。
    なお、推進員として不適任と認められる場合等については、設置要綱に基づき委嘱の取消等を行うこともありますのでご了承ください。

     

    nagasaki ondankaboshi

     

    長崎県 長崎県地球温暖化防止活動推進員を募集します
    https://www.pref.nagasaki.jp/object/shikaku-shiken-bosyu/boshu/543236.html

  • 【4/18・26開催】長崎県NPO・ボランティア関係事業説明会の開催

    長崎県は、4月18日(長崎市・オンライン会場)と4月26日(佐世保会場)にてNPOやボランティア団体向けの支援制度に関する説明会を開催します。
    この説明会では、長崎県や県民ボランティア振興基金から事業の説明や支援制度について詳しく説明し、さらに第2部として参加者同士が情報交換、活動紹介を行う懇親の場も用意しています。
    長崎で活動しているNPOやボランティア団体の皆さまは、ぜひこの機会にご参加ください。

     


     

    令和4年度に長崎県県民生活環境課と県民ボランティア振興基金が実施する各種事業の説明会を次のとおり開催します。
    助成金事業や資金調達のセミナーなどを説明しますので、興味のある方や活用を検討される方は、是非ご参加ください。

    日時・場所

    1. 長崎会場
      日時:令和4年4月18日(月曜日)14時から16時まで
      場所:長崎県庁308会議室(長崎市尾上町3-1)
      ※オンラインでも同時開催します。

    2. 佐世保会場
      日時:令和4年4月26日(火曜日)13時30分から15時30分まで
      場所:アルカスSASEBO大会議室A(佐世保市三浦町2-3)

    内容

    <第1部>
    (1)県民生活環境課事業の説明
    • 「地域・若者・NPO」つながる協働推進事業
    • 協働サポートデスク事業 など

    (2)県民ボランティア振興基金事業の説明
    • NPO育成専門相談等事業
    • NPO・ボランティア活動支援事業
    • NPOスタートアップ等支援事業

    <第2部>
    ・懇話会(参加者同士の情報交換や活動紹介 など)

    申込方法・申込期限

    参加は無料です。
    チラシ裏面の申込書に必要事項を記入して、4月13日(水曜日)までに、下記申込先へファックスするか、必要事項を
    メールで送信してください。
    ※ファクシミリ、メールの使用ができない場合は電話にてお申込みください。

    04 R4事業説明会チラシ[PDFファイル/351KB]


    参加申込先

    長崎県県民生活環境課(長崎市尾上町3-1)
    電話:(095)895-2314 ファクシミリ:(095)895-2564
    E-mail:

    nagasaki npo volunteer

     

    長崎県 【参加者募集】NPO・ボランティア関係事業説明会の開催
    https://www.pref.nagasaki.jp/object/event-koza/event/546229.html

  • 【5/27締切】長崎県・緑といきもの賑わい事業の公募について

    長崎県は、自治体や民間団体による生物多様性に資する事業を募集し、緑化や生物多様性保全に関する幅広い内容を対象に補助金を供出しています。
    本年度から中小企業も応募可能団体に追加され、幅広い団体が申請できるようになりました。
    募集要項をご確認のうえ、積極的にご応募ください。

     


     

    事業の目的

    令和2年度に策定した「長崎県生物多様性保全戦略 2021-2025」に基づき、
    多様な主体が保全地域等の保全事業、希少野生動植物の保護増殖事業等に積極的に取り組むことにより生物の多様性を保全し、未来につながるよりよい環境づくりを目指します。

    事業の概要

    市町及び民間団体(中小企業者、社会福祉法人、学校法人、医療法人、商工会議所、動物園、NPO法人、
    任意団体等)が行う、次の対象事業を募集し、その事業を補助します。

    • 条例に基づく保全地域等の保全事業(湿地の保護、外来種の除去、草原の維持活動等)
    • 希少野生動植物の保護増殖事業(ツシマヤマネコの生息地保護等)
    • 生物の生息・生育空間の創出事業(ビオトープ等)
    • 保全活動に資する普及啓発事業(普及啓発イベントの開催等)
    • 組織基盤強化事業(持続的な活動のための施設整備、資材購入等)

    補助内容(民間団体事業)

    事業期間 : 事業採択を受けた当該年度内(単年度事業のみ)
    補助率 : 2分の1以内
          (NPO法人等が行う生物多様性保全事業については10分の9以内)
    補助金の額 : 上限120万円、下限15万円
             (NPO法人等が行う生物多様性保全事業については上限30万円、下限10万円)
    対象となる経費 : 工事請負費、賃金、資材購入費等の事業実施に直接必要な経費
               (詳しくは、補助金実施要綱、実施要領を参照してください)

     

    スケジュール

    • 5月2日(月)から5月27日(金)まで:補助事業の公募
    • 6月中旬頃 :検討委員会、内示(採択事業決定)
    • 6月下旬頃:交付決定(事業着手は交付決定後となります。また、事業期間は翌年3月までです。)

     

    応募方法

    提出書類
    次の1から7を提出してください。サイズはA4版、提出部数は各1部です。

    1. 応募書(応募様式第1号)
    2. 応募者概要書(応募様式第2号)
    3. 事業内容書(実施要領様式1)
    4. 収支予算書
    5. 概算設計書、仕様書または概算見積書の写
    6. 関係図面(位置図・配置図)及び現況写真
    7. その他(参考資料)

    募集期間
    令和4年5月2日から令和4年5月27日まで

    提出先
    〒850-8570
     長崎市尾上町3番1号
     長崎県自然環境課生物多様性保全班
     Email:
    ※事前に募集要項と応募書作成要領をよくお読みいただき、持参、郵送又はメールにて応募書を提出してください。

     

    問い合わせ先

    • 自然環境課
    • 郵便番号 850-8570  長崎県長崎市尾上町3番1号
    • 電話番号 095-895-2381
    • ファックス番号 095-895-2569
    • メールアドレス

     

    nagasaki nigiwai

     

    長崎県 令和4年度緑といきもの賑わい事業の公募(募集)
    https://www.pref.nagasaki.jp/object/shikaku-shiken-bosyu/boshu/551594.html

  • 【6/11締切】対馬市 令和3年度対馬市SDGs研究奨励補助金

    対馬市は、対馬市民等を対象に対馬の環境、社会、経済及び総合的なテーマについての調査研究を奨励する目的から、活動に必要な経費を補助する「SDGs研究奨励補助金」事業を行います。

     

     


     

    令和3年度対馬市SDGs研究奨励補助金


    対馬市では、対馬における持続可能な開発目標(以下「SDGs」という。)の達成に向け、市民、大学生等、共同研究グループが行う調査・研究を奨励しています。

    本補助制度では、SDGsの推進に資する以下のテーマに対して公募選考し、採択された方には、調査研究活動に必要な経費を補助します。

    • 対馬の環境に関する研究テーマ
    • 対馬の社会に関する研究テーマ
    • 対馬の経済に関する研究テーマ
    • 対馬の環境・社会・経済の総合的な研究テーマ



    補助対象者

    1. 対馬市民
    2. 対馬市民が共同で研究を行うグループ
    3. 学生等(学校教育法(昭和22年法律第26号)に基づく、大学、大学院、大学院大学、短期大学、高等専門学校、専修学校に所属する大学生、大学院生、短期大学生、高等専門学校生、専門学校生、研究生)
    4. 対馬市民と大学生等又は大学教員が共同で研究を行うグループ



    補助金の額

    • 個人研究    補助対象経費の5分の4以内で、上限15万円
    • グループ研究    補助対象経費の5分の4以内で、上限50万円



    応募の方法

    次の書類を直接提出するか郵送してください。E-mailでの応募は不可としますので、ご注意ください。応募締切は令和3年6月11日17時30分までです(必着)

    • 対馬市SDGs研究奨励補助金交付申請書
    • 実施計画書
    • 収支予算書
    • 研究メンバーの構成
    • 指導教員の推薦状(大学生等のみ添付)
    • 在学証明書又は学生証の写し(大学生等のみ添付)
    • 在職証明書又は教員証の写し(大学教員のみ添付)

    【応募先】

    対馬市役所 しまづくり推進部 SDGs推進室(担当:前田・高田)

    〒817-8510 長崎県対馬市厳原町国分1441番地



    申請様式 (Wordファイル: 91.5KB)

    申請様式 (PDFファイル: 93.6KB)

    詳細

    以下のリンクから募集要項をご覧ください。

    募集要項 (PDFファイル: 192.4KB)

    r3 tsuhima sdgs hojo

    令和3年度対馬市SDGs研究奨励補助金/対馬市
    https://www.city.tsushima.nagasaki.jp/gyousei/soshiki/shimadukuri/sdgs/saiyo/3530.html

     

  • 【6/20再開】対馬野生生物保護センター開館のお知らせ

    長崎県対馬市の対馬野生生物保護センターが、6月20日から開館しています。

    同時滞在人数の制限、来館に際しての留意点等ありますので、ご確認の上訪問をお願いいたします。

     


     

    新型コロナウイルス感染拡大防止のため、3月14日より臨時休館としておりました対馬野生生物保護センターについて、620日(土)より再開いたします。
    なお、当面の間は施設内の同時滞在人数を20とさせていただきます。来館状況によっては入館をお待ちいただく場合がありますのでご了承願います。

    また、入館にあたり以下の対応についてお願いいたします。

     

    ▶マスクを着用してご来館ください

    ▶入館時に手指のアルコール消毒をお願いします(入り口等に消毒液を設置しています)

    ▶できる限り短時間・少人数での利用をお願いします

    ▶館内では他の方と十分な距離を保つようお願いします

    ▶発熱、せき等で体調がすぐれない場合は入館をご遠慮ください

     

    当施設へ来館される皆様、来館を予定されている皆様には引き続きご迷惑おかけしますが、上記の事項についてご理解とご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

     

    ※ツシマヤマネコの生態展示につきましては通常通り行う予定です。
     ・ヤマネコの体調がすぐれない場合等、展示を休止させていただく場合があります。
     ・時間帯によりツシマヤマネコが視認できないことがあります。

     

    問い合わせ先:対馬野生生物保護センター
    長﨑県対馬市上県町棹崎公園内
    TEL 0920-84-5577
    FAX 0920-84-5578

     

     九州地方環境事務所_対馬野生生物保護センター開館のお知らせ【6月19日】
    http://kyushu.env.go.jp/to_2020/619.html

     

     

  • 【ピックアップ】平成新山ネイチャーセンター

    IMG 7900

     

    平成新山ネイチャーセンターの冬は、多くの赤い木の実で彩られます。

    中でも、シマバライチゴはブドウの房状に実をつける、とても可愛らしい植物です。

    このシマバライチゴは、絶滅危惧種に指定されており、雲仙普賢岳平成噴火の際、一度は存在の危機に面しましたが、現在は毎年たくさんの実をつけています。

    平成新山ネイチャーセンターが建っている垂木台地は標高550mあり、平地より高いため雪が積もることも多く、雪景色も楽しむこともできます。

     

    平成新山ネイチャーセンター

    〒855-0077 長崎県島原市南千本木町甲2683
    TEL 0957-63-6752 FAX 0957-63-6753
    http://heiseinc.com/

     

EasyTagCloud v2.8

tsushima action plan
2022年05月20日

対馬市SDGsアクションプランの策定につ…

SDGs未来都市である対馬市は、市民に対してSDGsの具体的な取り組みの方向性や行動などを示すロードマップとして、SDGsアクションプラン案を取りまとめました。今般、対馬市ウェブサイトにて公開され、ま…
2022年05月20日

【6/3締切】令和4年度ローカ…

環境省は、海洋ごみ問題について一層の対策を進めていくにあたり、自治体と企業等が連携した海洋ごみ対策の…
2022年05月14日

九州・沖縄地域SDGs未来都市…

内閣府地方創生推進室は、…
2022年05月14日

九州・沖縄各県の環境政策情報(…

令和4年5月上旬の九州、沖縄各県の環境に関する行政情報を掲載しています。ぜひ御覧ください。★ご注意※…
2022年05月14日

【5/25開催】第139回エコ…

九州環境エネルギー産業推進機構は、環境ビジネスの創出・ビジネスマッチング・人脈形成を目的に、九州経済…