【開催報告】Green Gift 地球元気プログラム in 熊本

P4290006

 

平成30年4月29日㈰、Green Gift 地球元気プログラム「Eボートで川の観察ツアーと環境美化活動」を実施しました。

主催は熊本で活動するNPO法人「水のとらベル隊」です。

東京海上日動によるGreen Giftプロジェクトでは、日本各地域のNPO等と協働し、市民参加型の環境保護イベントの開催サポートが行われています。

詳細はこちら

 

今回の活動場所は、熊本県上益城郡嘉島町犬渕の緑川犬淵スロープ(緑川水上スポーツエリア)です。

同日に緑川犬渕スロープでは、「緑川流域会議」発足イベントが行われ、多数の市民でにぎわう中での実施となりました。

P4290001

 

まず主催である「水のとらベル隊」と東京海上日動熊本支店スタッフによる挨拶が行われました。

KIMG2923

 

続いてはメインプログラムであるEボート登場体験です。

Eボートは10人乗りの自然体験用ボートで、このボートでツーリングをしながら、 絶滅危惧種のヒラモやコウホネ、特定外来種のブラジルチドメグサ等の観察を行います。

KIMG2934

 

搭乗前に、水上での注意事項や、パドルの操作についてレクチャーを受けました。


KIMG2941
 

いよいよ乗船です。

会場となった緑川水上スポーツエリアは水面への昇降場所が整備されており、スロープからEボートに乗り込みます。

KIMG2943

乗り込んだ後は、事前に説明を受けたようにパドルを操作し、水面をすべるように移動していきます。

P4290004

P4290007

 

約30分間をかけて水上から水草の観察を行いました。

スロープに戻る際には参加者の皆さんもすっかり操船に慣れ、達成感たっぷりの表情です。

 

 

続いて、河川敷に落ちているゴミを皆で集める清掃活動を実施しました。

P4290034

 

河川敷をくまなく歩いて、たくさんのゴミが集まりました。

P4290034

 

その後、主催の「水のとらベル隊」から、ゴミが捨てられることによって、どんな影響が川や生き物にあるのかについて説明がありました。

P4290034

 

続いては「水のオリンピック」プログラムです。

水の表面張力を使って水面にクリップを浮かせたり、スポイトで1円玉に水滴をたらしたりと、3つの班が多彩な協議で競いました。

同時に家庭用洗剤で表面張力が簡単に失われてしまうことも学びました。

P4290034

 

緑川の状況が改善されて、外来の水生植物が減っていました。

そこで、外国からやってきた水生生物について更に知るため、「緑川流域会議発足イベント」のブースで、実際に植物を観察しながら説明を受けました。

水槽のために購入した水草をむやみに捨てないなど、これ以上外来の植物を広げないための注意点を学びました。

P4290034

 

最後に、Eボート体験や環境美化活動体験を通し自然と触れ合って、どのような気持ちが芽生えたかについて皆で共有を行いました。

ふるさとの自然を大切にする心、水の大切さ、生態系を守る重要さなどたくさんの意見が上がりました。

子どもたちには、これからも身近な水環境を大切にして、安全で楽しく遊べる緑川を守っていただきたいと思います。

P4290034



worcationhoukoku
2020年05月30日

EPO北海道…

全国の環境パートナーシップオフィスネットワークの一員であるEPO北海道から、去る5月20日に開催された国立公園等への誘客・ワーケーション推進事業」及び…
2020年05月30日

環境省…

海洋プラスチックごみ対策アクションプランの実施の一環として、平成3年に作成された漁業系廃棄物処理ガイ…
2020年05月30日

環境省…

 環境省では、エネルギー起源二酸化炭素の排出削減に最大の効果をもたらすL2-Tech※(エルツーテッ…
2020年05月30日

環境省…

 株式会社講談社の絵本「もったいないばあさん」シリーズの6か国語(日本語、英語、フランス語、スペイン…
2020年05月30日

環境省…

 国内における海洋ごみの発生抑制対策の一層の推進を図ることを目的とし、地方自治体、民間団体等沿岸域の…