【開催報告】Green Gift 地球元気プログラム in 熊本

平成29年9月10日(日)、NPO法人みずのとらベル隊の主催による体験プログラム「Eボートで川の観察ツアーと簡単な水質調査体験」が熊本県嘉島町で開催されました。会場は加勢川の河川敷にあるリバーパーク「鯰の学校」で、小学生とその保護者約20名が参加しました。
開会式終了後、さっそくライフジャケットを着て、パドルの漕ぎ方や注意事項の説明を受けました。その後、3艇のボートに分かれて乗船し、川の観察や水質テストのための採水を行いました。

091001練習

水草の観察では、講師の方より絶滅危惧種のヒラモやコウホネ、特定外来種のブラジルチドメグサやナガエツルノゲイトウなど、普段見ることのできない水草を間近に見ながら説明を聞きました。

091003説明

水質パックテストでは①加勢川の源流である江津湖の水、②江津湖と加勢川の合流地点の水、③加勢川の水の3種類の水のきれいさを測る実験をし、水がいかに汚れやすいか、そして水を汚さないために自分に何ができるのかということを一人ひとり考えました。

091004パックテスト
今回の活動地である嘉島町は平成の名水百選に選定された六嘉湧水群・浮島をはじめ、10数箇所の湧水群が点在する非常に水の豊かな地域です。しかし近年、外来水草の増加や水質の悪化等の理由により在来水草の減少など生態系への影響が現れ始めています。
今回の体験活動をとおして、水や自然環境の大切さを実感するとともに、毎日の生活の中で環境を意識するきっかけになることを願っています。
 091005集合写真

worcationhoukoku
2020年05月30日

EPO北海道…

全国の環境パートナーシップオフィスネットワークの一員であるEPO北海道から、去る5月20日に開催された国立公園等への誘客・ワーケーション推進事業」及び…
2020年05月30日

環境省…

海洋プラスチックごみ対策アクションプランの実施の一環として、平成3年に作成された漁業系廃棄物処理ガイ…
2020年05月30日

環境省…

 環境省では、エネルギー起源二酸化炭素の排出削減に最大の効果をもたらすL2-Tech※(エルツーテッ…
2020年05月30日

環境省…

 株式会社講談社の絵本「もったいないばあさん」シリーズの6か国語(日本語、英語、フランス語、スペイン…
2020年05月30日

環境省…

 国内における海洋ごみの発生抑制対策の一層の推進を図ることを目的とし、地方自治体、民間団体等沿岸域の…