epohedimg002

EPOは、環境省が全国8ブロックに設置し、地域の非営利団体によって運営されています。

地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)および全国8ヶ所のEPOがネットワークしています。

epo-net2.jpg

「環境パートナーシップオフィス」(略称「EPO」)とは、環境省が環境教育等促進法第19条に基づき全国8カ所に設置する、環境教育や環境保全活動の推進拠点です。EPO九州(環境省九州地方環境パートナーシップオフィス)は、環境省九州地方環境事務所と民間非営利団体が協働で運営しています。環境問題が多様化・複雑化していくなかで、その解決のためには地域・立場・分野を越えた協働=パートナーシップが不可欠です。

NGO/NPO、企業、行政、学校、専門家がつながり、地域での環境パートナーシップづくりの支援拠点としてEPO九州を平成19年9月に設置しました。

 環境省では、平成14年12月に出された中央環境審議会の「環境保全活動の活性化方策 について(中間答申)」及び平成15年7月に議員立法により成立した「環境保全活動・環境教育推進法」を踏まえ、地域での環境パートナーシップづくりの支援拠点としてEPO九州を平成19年9月に設置しました。

メールマガジンを配信しています。

EPO 九州は市民、NPO、企業、行政などの相互の連携・協働による環境保全活動(環境パートナーシップ)を支援することを目指し、2007年9月 に環境省が設置しました。 EPO九州のメールマガジン「えぽねっと九州」ではEPO九州、九州地方環境事務所、様々な主体のイベントや案内を毎月1回程度お届けします。



■バックナンバー

環境省 九州地方環境パートナーシップオフィス(EPO九州)

住  所:〒860-0806 熊本市中央区花畑町4-18 熊本市国際交流会館2階
E-mail:info@epo-kyushu.jp
TEL/FAX Tel:096-312-1884  Fax:096-312-1894
業務時間 10:00~19:00(火~土曜日)
休 業 日:日・月曜日、祝日、年末年始。熊本市国際交流会館休館日。

(臨時閉所する場合もあります。)

  • 熊本交通センターより徒歩約3分
  • JR熊本駅より
    熊本市電にて約10分、花畑町電停下車、徒歩約3分
    バスにて約10分、熊本交通センター下車、徒歩約3分
  • 熊本空港より
    バスにて約45分、熊本交通センター下車、徒歩約3分
  • 九州自動車道より
    益城熊本空港ICまたは熊本ICより、バスまたは車にて約30
    (バスの場合、熊本交通センター下車、徒歩約3分)
    ◎環境負荷の少ない公共交通機関を利用しましょう。
Default Image
2019年03月15日

九州・沖縄各県の環境政策情報(3月上旬)…

3月上旬の九州・沖縄各県の環境政策情報の一覧です。…
2019年03月14日

【参加募集】長者原ビジターセン…

大分県の長者原ビジターセンターから、春のイベント情報が届きました。 ぜひご参加ください!…
2019年03月13日

『野焼き支援ボランティア活動2…

野焼き支援ボランティア活動20周年記念祭~阿蘇の大草原を永遠に~…
2019年03月13日

 平成30年度長崎県再生可能エ…

長崎県では、再生可能エネルギーを活かした産業振興、雇用創出や低炭素化、グリーン化に向け、県内各地域に…
2019年03月13日

「エコライフ・フェア2019」…

環境省は6月の環境月間にあわせて、幅広い年齢層の方が環境問題について楽しみながら学び、体験する場を提…