農林水産省 外国人旅行者受入体制構築事業 ニッポン・グリーンツーリズム2014 九州セミナー

農山漁村での体験交流活動-ニッポンの“グリーンツーリズム”を世界へ。グリーンツーリズムの先進事例と海外旅行者の動向をもとに、効果的なインバウンド受け入れ体制をつくり、元気なニッポンを世界に発信する、プロジェクトを九州で開催します。

開催概要

【日 時】2014年10月9日(木)10:00〜17:00

【スケジュール】

 9:30  開場・受付開始
10:00 基調講演
 「九州における外国人向けのグリーンツーリズムの可能性について(仮)」
 養父信夫氏(九州ムラたび応援団団長、「九州のムラ」編集長)
11:00 実践報告
 ①「国際交流・協力事業とグリーンツーリズム事業 ―九州とアジアを結ぶ!! (仮)」
 大野博之氏(認定NPO法人地球市民の会(TPA)専務理事)

 ②「阿蘇における外国人向け滞在・交流型観光とグリーンツーリーズムの可能性(仮)」
 吉澤寿康氏(ゲスト・ハウス「阿蘇び心」主宰)

 ③「南阿蘇で農業者が実践する国際交流とグリーンツーリズム(仮)」
 大津愛梨氏(O2Farm、NPO法人田舎のヒロインズ理事長)

12:00 昼休憩
13:00 フォーラムその1.
 <テーマ>九州でのグリーンツーリズムの魅力を海外へ売る!!
 各実践者らがパネリストとなり、課題やインバウンド導入に向けての展望について話します。
 パネラー:養父氏、大野氏、吉澤氏、大津氏、梅崎靖志(日本エコツーリズムセンター)
 コーディネーター:浜本奈鼓氏(NPO法人くすの木自然館代表理事)

14:00 ワークショップ
 各パネリストごとに参加者がグループに分かれ分科会形式で。

15:00 フォーラムその2.
 各ディスカッションをまとめ、九州GTとインバウンドの展望を見据えます。

16:00 外国人受入グリーン・ツーリズム実践相談会
 個別に、地域での状況や課題について、専門家・実践者へ直接相談できます。

 


【会 場】 国立阿蘇青少年交流の家本館 2F 大研修室
熊本県阿蘇市一の宮町宮地6029−1

【参加費】無料(定員・先着100名)

【セミナーの対象者】
 ◎グリーンツーリズムに取り組む自治体、地域協議会、観光協会
 ◎宿泊施設・体験施設、NPO団体
 ◎田舎で働き隊員、地域おこし協力隊員
 など、現在グリーンツーリズムに関わる事業を企画・実施・コーディネートし、現在または今後、インバウンド受け入れを行ないたい団体・個人の皆さまです。

【お問合せ】日本エコツーリズムセンター
 TEL:03-5834-7966 Fax:03-5834-7972

【お申込み】下記のお申込みフォームから、お名前、住所、性別、住所、ご連絡先電話番号、所属・肩書き、メールアドレスを入力の上、お申込ください。
 http://www.ecotourism-center.jp/article.php/sympo_gt2014kyushu

このプロジェクトは農林水産省都市農村共生・対流総合対策交付金共生・対流促進計画 (広域ネットワーク推進対策)外国人旅行者向けの受入体制の構築事業です。

Tags:
有八シンポ2019チラシ最終 191017サイズ調整 page 0001
2019年11月21日

【熊本】シンポジウム「水環境が支える熊本…

河川流域の抱える多くの問題に取り組んでいる、熊本大学の「くまもと水循環・減災研究教育センター」。 今回、河川流域に関するシンポジウム「水環境が支える熊本のまちづくり」を開催されます。…
2019年11月20日

【11/24〆】生物多様性ユー…

来年中国で開かれる生物多様性条約のCOP15は、2010年名古屋のCOP10において採択された愛知目…
2019年11月20日

【福岡】フォトジャーナリスト安…

地域ESD活動推進拠点である特定非営利法人NGO福岡ネットワークからのご案内です。…
2019年11月19日

【福岡】2019年九州水フォー…

水をめぐる国際と地域のつながりを考える「九州水フォーラム2019」が福岡県にて開催されます。水に関す…
2019年11月16日

【宮崎】公開フォーラムin綾町…

宮崎県綾町にて、公開フォーラム「綾照葉樹林の生物多様性と恵み」が開催されます。…