epohedimg001

未来の環境はこどもたちの手で!(平成28年度おおいたこども探険団発表会)

平成28年4月から本格スタートした「おおいたうつくし作戦」。
この取組を次世代に引き継ぐためには、子どもたちが環境問題への関心や理解を深め、解決に向けて自ら考え行動する力を育むことが大事です。
大分県では、県内の子どもたちに対する自然体験活動など実体験を伴う年間を通じた環境学習を行うおおいたこども探検団推進事業を実施し、子どもたちへの環境教育の推進を図っています。

本年度「おおいたこども探険団推進事業」に参加した11団体のうち、3団体のこどもたちが自然体験や環境学習に取り組んだことなど活動発表をしました。

詳細はこちら http://www.pref.oita.jp/soshiki/13060/hapyoukai.html

Tags:
sdgsワークショップ
2017年04月07日

感じる!SDGsワークショップで世界のキ…

SDGsとは、「持続可能な開発目標」のことで、2015年国連サミットで採択された、2030 年に向けて国際社会が協働して取り組むべき17 の目標と 169 のターゲットです。…
2017年04月07日

沖縄県地域づくり団体表彰の募集…

沖縄県では、地域への貢献度が高く、創意工夫された地道な地域づくり活動を通して、地域の活性化に取り組ん…
2017年04月07日

平成29年度環境共生型観光推進…

沖縄県より、下記の「平成29年度環境共生型観光推進業務委託」の公募が行われています。■業務の目的:保…
2017年04月07日

熊本県 復興祈念シンポジウ…

熊本の宝である地下水は、“熊本地震後どのような変化や影響があったのか”、“熊本地震後の地下水を守り継…
2017年04月07日

大分県 第2次大分県環境教育等…

大分県では、「環境教育等による環境保全の取組の促進に関する法律」第8条の行動計画並びに「第3次大分県…