epohedimg003

アースウィークくまもと2017、 ”熊本地震から復興へ ~エコでつながる安心・安全なまちづくり~” パネルセッション参加募集のご案内

 熊本県内20を超える自治体と県民の暮らしに未曾有の被害をもたらした熊本地震から1年。深い傷を負いながらも、私たちのまち“熊本”は着実に復興へ歩み始めています。
 28年にわたり市民主体で環境負荷の少ないエコな暮らしとまちづくりを訴えてきたアースウィークくまもとは、今年、復興の先も見据えて、将来予想される大きな震災にも耐え得る「安心・安全で、環境にもやさしい持続可能なまちづくり」を力強く提唱したいと思います。
 世界では、昨年11月、急激な気候変動がもたらす危機を可能な限り回避するためにパリ協定が発効し、今世紀末までにCO2排出量ゼロにすることを目標に“脱炭素”へと大きく舵を切りました。熊本地震から復興へと立ち上がった私たちのまちや暮らしのあり方も、そして経済も、脱炭素の社会づくりと連動して大きく変わろうとしています。
 脱炭素のまちづくりとは、アースウィークくまもとが提唱し続けてきたエネルギー効率の高い地域づくりと目標を同じくするもので、その実現には地域のあらゆる人々による協力した取り組みが不可欠です。気候変動にも適応できて、安心・安全な持続可能なまちづくりに取り組まれている皆さまの活動を紹介していただくパネルセッションにぜひご参加ください。

 

 

◆日時:2017年4月23日(日)12:30開場 16:30終了
◆会場:熊本学園大学高橋守雄記念ホール
◆主催:アースウィークくまもと実行委員会、CAN-Japan

【第1部】講演会(13:30~14:30)
演題:排出ゼロ"をめざすパリ協定~私たちの地域はどう変わる?どう変える?
講師:伊予田昌慶氏(気候ネットワーク研究員、CAN-Japan事務局)

【第2部】パネルセッション(14:40~16:30)
「エコでつなぐ安心・安全なまちづくり」パネル展示と活動紹介
・パネル展示団体による5分程度の活動紹介。
・市民団体・企業・行政等:15団体予定(申し込み先着順)
*)展示パネルは12時半の開場時から自由にご覧いただけます。
*パネル展参加費:3000円(アースウィーク協力金)

アースウィークは毎年市民のボランティアで運営しています。
ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。お支払い方法は添付ファイルをご覧ください。

 

Attachments:
Download this file (EWパネルセッション170423.pdf)EWパネルセッション170423.pdf[ ]228 kB
Tags: ,
sdgsワークショップ
2017年04月07日

感じる!SDGsワークショップで世界のキ…

SDGsとは、「持続可能な開発目標」のことで、2015年国連サミットで採択された、2030 年に向けて国際社会が協働して取り組むべき17 の目標と 169 のターゲットです。…
2017年04月07日

沖縄県地域づくり団体表彰の募集…

沖縄県では、地域への貢献度が高く、創意工夫された地道な地域づくり活動を通して、地域の活性化に取り組ん…
2017年04月07日

平成29年度環境共生型観光推進…

沖縄県より、下記の「平成29年度環境共生型観光推進業務委託」の公募が行われています。■業務の目的:保…
2017年04月07日

熊本県 復興祈念シンポジウ…

熊本の宝である地下水は、“熊本地震後どのような変化や影響があったのか”、“熊本地震後の地下水を守り継…
2017年04月07日

大分県 第2次大分県環境教育等…

大分県では、「環境教育等による環境保全の取組の促進に関する法律」第8条の行動計画並びに「第3次大分県…