epohedimg003

11月21日(月)、22日(火)に、久留米大学御井キャンパスの千歳会館にて、H28年度協働取組加速化事業 第2回連絡会が行われました。
今回の連絡会は、採択団体、九州地方環境事務所、地方支援事務局(EPO九州)に全国アドバイザリー委員、審査委員、全国支援事務局(GEOC)も加わり、採択団体からの事業進捗報告と参加者との意見交換等を行いました。

協働取組 連絡会② 会議

「地域活性化に向けた協働取組の加速化事業」の第1回連絡会が6月24日(金)に開催されました。


本事業は、地域における課題解決や地域活性化のために、異なる主体が相互に協力して取組む協働事業で、九州・沖縄地域からは福岡と沖縄の2団体が採択されました。この第1回連絡会を機に、事業がいよいよスタートします。採択団体の活動や事業内容をご紹介しますので、ぜひともご覧ください。

20160624協働取組 第1回連絡会

 

~採択団体・事業紹介~

Default Image
2017年03月17日

未来の環境はこどもたちの手で!(平成28…

平成28年4月から本格スタートした「おおいたうつくし作戦」。この取組を次世代に引き継ぐためには、子どもたちが環境問題への関心や理解を深め、解決に向けて自ら考え行動する力を育むことが大事です。大分県では…
2017年03月17日

九州エコライフポイント『低炭素…

九州エコライフポイント制度とは…
2017年03月15日

大牟田市「ゆめタウン大牟田」に…

 大牟田市は、平成24年1月17日をもって全ての市立学校がユネスコスクールに加盟し、ESD(持続可能…
2017年03月11日

大分市地球環境保全基金について

大分市は、市民や事業者の皆さまからの寄附金や、国からの補助金を受け入れ、地球環境保全の事業に活用する…
2017年03月11日

「スマートコミュニティフォーラ…

長崎市では、環境負荷の少ない循環型で持続可能な低炭素社会の実現に向けて、地域に必要なエネルギーを地域…