epohedimg003

平成28年12月21日に開催された「エコカフェ(主催:熊本市国際交流振興事業団)」では、NPO法人くまもと温暖化対策センター「エコ診断士」の前本昭雄氏をお招きし、「ここまでやるか 家庭省エネ カイゼン!」と題した講座が行われました。前本氏より、家庭でできる省エネ対策を楽しく、賢く、格好良く、がっちり(TKKG作戦)をモットーに分かりやすく面白いお話を伺いました。
エコカフェ 前本さん

Tags: ,

「白書を読む会」とは、環境白書について、担当者から内容のポイントを紹介する場で、毎年地区ごとに開催されています。「環境白書(以下、白書)」とは、環境省が毎年度発行している国が進める環境への取組や環境の現状などをとりまとめた冊子で、環境白書、循環型社会白書、生物多様性白書から構成されています。
今年度の白書を読む会は、熊本県立水俣高等学校で開催されました。当日は、水俣高校の1年生約160名と一般の参加者約20名、計約180名がこの白書を読む会に参加しました。
なお、水俣高校は、文部科学省の推進するスーパー・グローバル・ハイスクールに指定されています。

P1220169

平成28年9月10日(土)、姶良市立山田小学校(鹿児島県)にて景観学習の授業が行われました。山田小学校では環境省ESD環境教育プログラム実証事業の実証校として平成25年度から27年度まで3年間、ESDの視点を取り入れた環境教育プログラムの実践に取組んできましたが、今年度は鹿児島県が推進する景観学習(※)のモデル校として、身近な景観をテーマに体験型の環境学習に取組んでいます。

Tags: ,

6月8日(水)~9日(木)、平戸市生月島にある生月町博物館「島の館(やかた)」で、自然体験施設ネットワーク交流会・研修会が開催されました。 本研修会は九州内の自然体験施設間の交流とスタッフのスキルアップを目的に平成21年に始まり、第12回目となる今回は12施設から15名の参加がありま した。EPO九州は今回が初めての参加です。

■開催日:平成28年3月14日(月)
■会 場:熊本地方合同庁舎A棟1階 共用会議室A


 九州・沖縄管内に9箇所ある環境省直轄のビジターセンターより担当者が出席し、各センターでの取組を共有するとともに、ビジターセンター間の連携等について協議することを目的に意見交換会が開催されました。

Default Image
2017年03月17日

未来の環境はこどもたちの手で!(平成28…

平成28年4月から本格スタートした「おおいたうつくし作戦」。この取組を次世代に引き継ぐためには、子どもたちが環境問題への関心や理解を深め、解決に向けて自ら考え行動する力を育むことが大事です。大分県では…
2017年03月17日

九州エコライフポイント『低炭素…

九州エコライフポイント制度とは…
2017年03月15日

大牟田市「ゆめタウン大牟田」に…

 大牟田市は、平成24年1月17日をもって全ての市立学校がユネスコスクールに加盟し、ESD(持続可能…
2017年03月11日

大分市地球環境保全基金について

大分市は、市民や事業者の皆さまからの寄附金や、国からの補助金を受け入れ、地球環境保全の事業に活用する…
2017年03月11日

「スマートコミュニティフォーラ…

長崎市では、環境負荷の少ない循環型で持続可能な低炭素社会の実現に向けて、地域に必要なエネルギーを地域…