epohedimg003

 熊本県内20を超える自治体と県民の暮らしに未曾有の被害をもたらした熊本地震から1年。深い傷を負いながらも、私たちのまち“熊本”は着実に復興へ歩み始めています。
 28年にわたり市民主体で環境負荷の少ないエコな暮らしとまちづくりを訴えてきたアースウィークくまもとは、今年、復興の先も見据えて、将来予想される大きな震災にも耐え得る「安心・安全で、環境にもやさしい持続可能なまちづくり」を力強く提唱したいと思います。
 世界では、昨年11月、急激な気候変動がもたらす危機を可能な限り回避するためにパリ協定が発効し、今世紀末までにCO2排出量ゼロにすることを目標に“脱炭素”へと大きく舵を切りました。熊本地震から復興へと立ち上がった私たちのまちや暮らしのあり方も、そして経済も、脱炭素の社会づくりと連動して大きく変わろうとしています。
 脱炭素のまちづくりとは、アースウィークくまもとが提唱し続けてきたエネルギー効率の高い地域づくりと目標を同じくするもので、その実現には地域のあらゆる人々による協力した取り組みが不可欠です。気候変動にも適応できて、安心・安全な持続可能なまちづくりに取り組まれている皆さまの活動を紹介していただくパネルセッションにぜひご参加ください。

 

Attachments:
Download this file (EWパネルセッション170423.pdf)EWパネルセッション170423.pdf[ ]228 kB

Tags: ,

ESDフォーラムとは

「持続可能な開発のための教育」を表わす英語の略称がESDです。
公害があった街から環境再生を果たした北九州の中で、ESDを実践・推進する拠点が北九州まなびとESDステーションです。ESDフォーラムでは「持続可能な社会の実現」
に向け、高校生・大学生・大人たちが主体的に活動する“アクション”をお披露目し、ESDの理解と意識の醸成を図ります。


※平成28年度・環境教育における「ESD推進」のための実践拠点支援事業

esd forum 北九州

Tags: , ,

次のとおり、企画書の募集が行われます。
なお、本企画競争に係る契約締結は、当該業務に係る平成29年度予算が成立し、予算示達がなされることを条件とするものです。

 

業務名

平成29年度九州地方環境パートナーシップオフィス運営業務

 

Tags: ,

地域や熊本を元気にするためのアイデアの種には、実現させるためのあたたかな支援(お金)が必要な時もあります。

その種と、小さな力でも誰かを後押ししたい人とを結びつける仕組みを、熊本でつくった方を講師にお招きします。

 

開催概要

■日 時  平成29年2月15日 水曜日 10時00分~11時30分
■場 所  熊本市国際交流会館(3F 研修室3)
■対 象  どなたでも
■参加費  1,000円(フェアトレードのコーヒーか紅茶付き)

■講師 一般社団法人ゆずり葉 代表理事 清水 菜保子氏

Attachments:
Download this file (エコカフェ2.15(最新).pdf)エコカフェ2.15(最新).pdf[ ]928 kB

Tags: ,
Default Image
2017年03月17日

未来の環境はこどもたちの手で!(平成28…

平成28年4月から本格スタートした「おおいたうつくし作戦」。この取組を次世代に引き継ぐためには、子どもたちが環境問題への関心や理解を深め、解決に向けて自ら考え行動する力を育むことが大事です。大分県では…
2017年03月17日

九州エコライフポイント『低炭素…

九州エコライフポイント制度とは…
2017年03月15日

大牟田市「ゆめタウン大牟田」に…

 大牟田市は、平成24年1月17日をもって全ての市立学校がユネスコスクールに加盟し、ESD(持続可能…
2017年03月11日

大分市地球環境保全基金について

大分市は、市民や事業者の皆さまからの寄附金や、国からの補助金を受け入れ、地球環境保全の事業に活用する…
2017年03月11日

「スマートコミュニティフォーラ…

長崎市では、環境負荷の少ない循環型で持続可能な低炭素社会の実現に向けて、地域に必要なエネルギーを地域…