epohedimg002

持続可能な環境・地域づくりを応援します!

 環境省では、平成14年12月に出された中央環境審議会の「環境保全活動の活性化方策 について(中間答申)」及び平成15年7月に議員立法により成立した「環境保全活動・環境教育推進法」を踏まえ、地域での環境パートナーシップづくりの支援拠点としてEPO九州を平成19年9月に設置しました。

EPO九州に期待される役割

EPO九州は、パートナーシップに よる課題解決を目指し、地域におけるNPO、企業、行政、市民の主体的参加によるパートナーシップづくりに役立つ拠点として、

①環境省 や国の行政と、地域の市民、NPO、企業、地方公共団体などとの間の情報の共有・交流、パートナーシップでの取組を推進する役割。
②地域の拠点と して、行政単位を超えた各主体の協働での取組を支援する役割
を担います。

EPO九州の目指すもの

 

EPO九州の取組む事業

EPO九州は、持続可能な九州をつくりだす環境パートナーシップの力を「九州の環境力」と位置づけ、次の取組をしています。

1.環境活動に関する情報の収集、整理、発信

・各主体と連携を取り、地域の環境に関わる情報の収集・提供
・政府や地球環境パートナーシッププラザなどと協力し、国レベ ルや国際的な環境に関わる情報を地域に発信
・地域の取組の状況、意見を政府などにつなぐ

2.対話・連携・学習の場づくり

・行政、市民、NPO、企業など様々な主体間での意見交換会、ワークショップを開催。

3.九州地域の環境課題の理解と改善活動

・ 地域でのNPO活動を、パートナーシップでの取り組みの側面から支援

EPOの取組図版.jpg

 

EPO九州運営業務計画(平成26年~28年)

EPO九州では、年間の業務計画を作成し、九州・沖縄地域の協働取組やESDのさらなる推進を目指して活動しています。
EPO九州は第3期中期目標を次のように定め、協働取組、ESD、発信の項目ごとに目標を設定しました。


□第3期中期目標(平成26年度~28年度)
「環境分野を超えたつながりと、九州・沖縄ならではの価値創造に向けた事業をとおして、九州・沖縄の持続性を高める」


平成28年度運営業務計画書

Default Image
2017年03月17日

未来の環境はこどもたちの手で!(平成28…

平成28年4月から本格スタートした「おおいたうつくし作戦」。この取組を次世代に引き継ぐためには、子どもたちが環境問題への関心や理解を深め、解決に向けて自ら考え行動する力を育むことが大事です。大分県では…
2017年03月17日

九州エコライフポイント『低炭素…

九州エコライフポイント制度とは…
2017年03月15日

大牟田市「ゆめタウン大牟田」に…

 大牟田市は、平成24年1月17日をもって全ての市立学校がユネスコスクールに加盟し、ESD(持続可能…
2017年03月11日

大分市地球環境保全基金について

大分市は、市民や事業者の皆さまからの寄附金や、国からの補助金を受け入れ、地球環境保全の事業に活用する…
2017年03月11日

「スマートコミュニティフォーラ…

長崎市では、環境負荷の少ない循環型で持続可能な低炭素社会の実現に向けて、地域に必要なエネルギーを地域…